aaaa

新201~

腹膜中皮腫の治療について情報交換しましょう

1 けんと
09/07/21(火) 22:51
2000年にこちらの掲示板で母のこと(膵臓がん)についてお世話に
なったけんと、と申します。

今回腹膜中皮腫についてスレッドを立てさせていただきます。
このスレッドは肺中皮腫を含まず、純粋に腹膜中皮腫に限らせて
頂きたいと思います。
ですので、あえて「肺」ではなく「消化器」のカテゴリーに
入れさせていただきました。

実は夫が腹膜中皮腫と診断されました。
現在手術(Peritonectomy)が適応になるのかどうかの検査中
なのですが、海外在住の為日本のように検査が進まず、待ち
が長くてイライラしているところです。

Peritonectomyについては、いろいろ論文があり読んでいます。
が、論文の対象疾患が腹膜中皮腫だけでなく、他の消化器がん
の腹膜転移も含まれているため、生存率など疾病間の有意差が
あるのかどうか、など細かい事はわかりません。
しかし、生存率2年以上が約50%というかなり希望の持てる
結果が術中温熱化学療法との併用によって可能になっている
ので、手術ができれば何とかなるかもしれない。
という期待を持っています。
省34
15 ひろ
12/05/02(水) 14:44
けっこう前のスレッドでしたが、すがる思いで相談します。

2011,10大学病院で卵巣腫瘍と子宮筋腫の手術をしました。
その際に腸と卵巣周辺に張り付いている腹膜に腫瘍があり、術後の病理の結果
腹膜中皮腫の境界型と診断されました。悪性度は低い、とのことでした。
ちなみにアスベストは関係していないそうです。


手術の際、腫瘍は一部分しか摘出しておらず、半年間様子を見る、とのことでしたが、
半年後、MRI,アイソトープで検査したところ、癌細胞が増えており、腹水も増えている
ことがわかりました。
手術の時の状況ですが、ほくろのように、腹膜に20・・30くらい腫瘍があるそうです。
このままだと、腹水がどんどん溜まり、転移はしないと言われているが、症例が少ないため、
転移しないとも言い切れない、と言われました。
境界型は、世界でも20数件しか症例がなく、悪性腫瘍についても日本語で書かれた文献もなく、
先生が「難しいなー」「どう判断したらいいんだろー」と言っている状況です。
今回、検査の結果が悪かったこともあり、抗がん剤治療を勧められています。

どなたか、私のように腹膜中皮腫で、境界型と診断された方はいないでしょうか?
どのような治
省16
16 なな
14/02/28(金) 10:48
母が腹膜中皮腫と診断されました。最初は卵巣癌が疑われたのですが、病理検査の結果腹膜中皮腫でした。珍しい病気なので、治療法がないみたいです。助けてください。どおしたらいいのでしょうか??
17 ちーちゃん
14/09/27(土) 15:08
たまたまこの掲示板を見つけたので投稿します。

>15
私の妻ですが、3年半前に卵巣がんの診断のもと、手術を受けました。
子宮・卵巣を摘出しましたが、腹膜に多数の小腫瘍病変があり、全てとりきれる状態ではない
ので手術は終了。
病理診断は悪性中皮腫でしたが、悪性度の低いものと言われました。
手術後、抗がん剤投与を受けましたが副作用が強く中途で断念。低悪性度のものだと抗がん剤の
効果もあまり期待できないとのことで以後無治療で経過観察しております。
他の臓器への転移はありませんが最近腹水の貯留が進行し、時々排液しながら様子を見ております。

おそらく ひろ さんと似た病態ではないかと思われ、ひろ さんのその後の経過を教えていただきたく
投稿させていただきました。
もう2年以上たっていますが ひろ さんがこの掲示板を見ていただけるのを期待しております。
他の方でも、低悪性度腹膜中皮腫について情報をおもちのかたは、ぜひ教えてください。
18 なな
14/12/12(金) 22:41
低悪性腹膜中皮腫とはどのような病気ですか?いまどのくらい闘病されているのですか?
19 ちーちゃん
14/12/15(月) 14:34
一般的に腹膜悪性中皮腫と診断され、無治療なら生命予後は2年以内と言われているのですが、悪性細胞のタイプによって悪性度の低い中皮腫というのがあるらしいです。
前述したように、手術からは約3年半経過しています。
20 ちーちゃん
14/12/15(月) 18:53
いまどのくらい闘病?というのは患者数のことだったでしょうか。
それでしたら、全くわかりかねます。主治医の先生も症例は少ないはずだけどよくわからないとおっしゃっていました。
ご質問が私の妻の闘病期間のことだと勘違いしたかもしれません。ごめんなさい。
21 名無しさん@癌掲示板
14/12/19(金) 15:35
手術で全てとりきれたのですか?
抗がん剤はアリムタをつかわれました?
22 ちーちゃん
14/12/22(月) 18:53
腹膜の小さい腫瘍はとりきることができなかったそうです。
諸事情で当初は卵巣がんとして治療を受けたので、アリムタは使っていません。
23 やっち
15/05/18(月) 17:59
今日、直腸がんの再発が告げられた。
恐れていたことだが、現実となってしまった。しかも、腹膜播種という最悪な状態である。
今、何もしたくない。何も手につかない。
24 たまご
16/04/05(火) 07:40
身内が悪性腹膜中皮腫にかかりました
抗がん剤を四回しました。

それから10ヶ月がたちました。
最近お腹がでてきて、に水がたまっているように感じます。
かっぷくは良い方なので私の思い過ごしなのかもしれませんが…。

今は毎月検査にいってますが安心できるときはありません。
薬も飲んでませんし、手術もしてません。
抗がん剤しか方法がありませんので、毎日ストレスがかからないように
生活することと、食事療法くらいしか方法がありません。
長生きしてほしいので、手術や方法が薬があればとおもうのですが
どうすれば良いのか…。
まだ、体力はあります。今のうちに出来ることがあればチャレンジしたいと思ってます。

何か情報があればいただきたいです。

大阪ですが、良い病院や先生についても教えていただきたいです。
25 ヤナギ
16/06/27(月) 12:05
上記の米村先生は、今は大阪府岸和田市の岸和田徳洲会病院で
腹膜播種センター長をされております。信頼できる医師だと思います。
私の家内は四年半前に胸膜中皮腫で左肺全摘し、この4月に腹膜の再発し、
腹膜中皮腫と診断され、今は米村先生の治療を受けております。
抗がん剤の副作用が大きくつらい闘病生活ですが、
米村先生のおかげで希望を持てるようになりました。
お互い、頑張りましょう。
26 misa
17/03/03(金) 18:23
父親が悪性腹膜中皮腫になりました。
これから抗がん剤治療を始めていくか、年齢を考えて
このまま抗がん剤治療をしないかを決めて欲しいと言われて
悩んでいます。父親は現在79歳です。 
ネットをいろいろ見ても、悪性腹膜上皮腫はあまり例が
ないようですので、 どう考えたらいいか検討がつきにくく、
投稿いたしいたしました。
27 ゆか
17/03/10(金) 00:03
私は20代で原発不明のリンパ節転移と腹膜播種でした。
生検手術で悪性腹膜中皮腫と診断されました。
肝臓や腸、卵巣や子宮なとにたくさん付いていました。
シスプラチンとアリムタ6回でPETで光るものは無くなりました
しかし、1〜2週間で腹水が1.5リットル貯留しました。
次にアバスチンとアリムタを4回したところ腹水もなく、
中皮腫の画像所見は消失しました。
関西の病院で見てもらうことができました。
先生方には本当に感謝しています。
28 ゆか
17/03/10(金) 00:12
治療の内容と、その副作用とまた個人差にもよるので、
しっかり医師からの説明内容を理解することが大切だと思います。
メリットとデメリットをたくさん言われるので一度家に持ち帰り、
内容を整理して、家族で相談される事が良いと思います。
家族の希望があるとは思いますが、辛い苦しい副作用と戦うのは
本人さんなので、強く言うことはあまり勧めません。
ただ、少しでも前向きな気持ちになれるよう、
話し合ってみてはいかがでしょうか?
29 にしやん
17/06/05(月) 09:20
何処に相談して良いのか分からないまま、webを色々と彷徨ってこちらの
掲示板を見つけました。
先週の金曜日に医者で腹膜中皮腫と診断されました。医者によると腹膜中皮腫は
非常に珍しい癌であり治療が確立されていないとのこと。
今後、どの様に症状が進むか判らないとのこと。他の臓器への転移は見られない
モノの腹膜内に広がっており手術の対象にはならないとの事でした。
治療法は化学療法になるとのことで、アリムタ+シスプラチンを3週間おきに
6回投与する事になるとの事です。ただし、治療法が確立していないとの事で、
保険の対象に成らず、高額な医療費になるとの事です。
現在、まだ現状を受け止めかねている状況です。
私の場合、現在、58歳ですが8年ほど前に会社の人間ドックで腹水を発見され、
重篤な病気(具体的には癌)の恐れが有るとの事で、数カ月おきにエコーやCT
、血液検査などを受けてきたのですが腹水の増減はあるものの、それ以外に特に
何もなく、今年の正月明けまでは異常なく過ごして来ていました。
ところが今年の正月、お腹が異常なほど膨れており、その後も腹水が増え続け、
医者にも色々とみて貰ったのです
省116
30 ミスター
17/06/27(火) 21:03
多摩南部地域病院 土岐先生による温熱療法がお勧めです
あとは国立国際医療センター病院の 腹腔内温熱化学療法もおすすめです
31 みぃ
17/12/03(日) 00:04
2005年に20代でびまん性腹膜中皮腫と診断されたものです。
情報提供させていただきます。
最初は腹痛とお腹がどんどん膨らんだため受診し、腹水が溜まってることが判明。
近所の病院でいろんな検査を受けるも原因が分からず、
その後大学病院に入院し、病名が判明するまでに半年かかりました。
最終的に腹腔鏡手術で細胞診をしてようやく悪性腹膜中皮腫と診断されました。
すでに腹膜に点々とびまんしていたため、手術では取り除くことができない、
抗がん剤治療となりました。
治療法が確立していないことと、若いので、進行が速いかもしれないと説明されました。
最初は腹腔内に薬剤を注入する治療を受けました。お腹の中に溶岩か硫酸でも入ったような焼け付く激しい痛み。3週間続けて効果が現れず中断。
次に通院で、ジェムザール(記憶が定かではないですが、多分シスプラチンも)の点滴投与を受けました。
頻度は週一だった気がします。段々腹水が止まり、抗がん剤投与は隔週、3週間に1回とどんどん間隔を開け、
治療を始めて約5年後の2010年頃に完全に投与を中止。その後しばらくはCT検査で経過観察。いつしかそれも行か
省29
32 寿
18/08/11(土) 00:38
今年の4月に父親が腹膜癌の診断を受けました。
手術は困難で余命1カ月といわれ、覚悟を決める父親に対し、
周囲は受け入れる事などできませんでした。
ホスピスケアが受けられなくなる事が困ると、
セカンドオピ二オンを頑なに拒否していました。
父親の実家にもあいさつ回りに行き、今まで書き溜めていた日記も
処分してしまいました。
黄疸が出始め、食欲が著しく低下。転移も覚悟せざる負えない状態でした。
息子である兄は何とかしようと、父親の受診に付き添い、
受診が終わる直後に「セカンドオピニオンしてもこちらのホスピスに入る事は出来ますか」と
急遽医師へ問いかけ、父親は困惑していました。
医師からは当院へのホスピス受け入れは可能だとの返答。
父親もその言葉に安心し、セカンドオピニオンに前向きな意向を見せ始めました。
調べたところ、千葉の専門病院をインターネットで見つけました。
診断を受けた病院は、急遽上記病院への診療情報提供書・紹介状を作成してくれました。
診断は変わらないし、言われることは一緒であろうとダメ元で受診しました。
しかし、電話口から聞こえた父親の発する言葉は予想外のもので、
「なんだか、急展開だ。明日にでも検査入院して、
手術すれば黄疸や食欲低下を軽快させ、抗
省312
33 羅イシャ辛い
20/02/14(金) 16:44
悪悪シイ辛い執刀医
34 瀾マチイ辛い
20/02/14(金) 16:46
瀾ゴール辛い
 
新20
.
名前 : E-mail(省略可) : 内容:
18歳未満利用禁止