aaaa

新201~

肺がん末期の呼吸困難

1 server12.janis.or.jp
05/02/16(水) 23:27
父が小細胞癌末期で呼吸困難に苦しんでいます。緊急時には気管挿管をお願いしてあったためか、14日晩には明日からでも挿管をと勧められショックを受けました。苦しいのが治まれば、まだ会話もできる状態なのです。もちろん断り、次の日には、ベットの上で手をまわして体操できるくらいになり、あの時、同意していたらと恐ろしくなりました。現在は吸引のための管をのどぼとけのところから入れたので少し楽になっていますが、これでも、一週間くらいで苦しくなるから、その時は眠ってもらいますイコール意識戻らずと言われてしまいました。モルヒネで一時的に眠ると言うことは肺がんでは即窒息死と言われています。それでは、苦しみを取るモルヒネ使用は安楽死と同義ではありませんか。それしか本当に方法はないのでしょうか。
226 まる
11/11/21(月) 21:44
りくさんへ。

うちの父も肺小細胞癌と診断されたとき、担当医に
余命が長くて1年といわれました。
その1年は、好きなことができますか?という私の質問に

「いやいや、まあこの先頭か肝臓か骨に転移して・・
あ、骨は痛いねー、尋常じゃなく。」と半笑で
言われました。

人間じゃないと思いました。

今、父は放射線治療による間質性肺炎でとても危険な状況に
あります。
苦しそうで見ていて本当に辛いです。毎日泣いています。

りくさんのお母様がどうか、少しでも苦痛のない
治療がありますように祈っています。

お互い辛いですが、がんばりましょうね
227 りく
11/11/23(水) 19:05
226 まるさん>>

お父様が危険な状況にあるとのこと、心配ですね。
家族が苦しい時、何もしてあげられない事がとても辛いです。
できる事なら代わってあげたいとさえ思います。

患者が痛い時、家族も同様に苦しいのだという事を
理解できていない医者が多いように思います。
慢性的な医師不足なのでしょうし、日々多くの患者を診ている医師の
感覚が麻痺してしまうのも、仕方のない事なのかもしれませんが
医師にとっては大勢いる患者の一人でも私たちにとっては
かけがえのない家族だって事を忘れないで欲しいものですね。

まるさんのお父様が肺炎を乗り越えてくれる事を祈っております。


228 レモン
11/11/25(金) 13:40
1週間ぐらい前にあたしの彼氏が癌で余命1ヶ月と宣告されました。

なかなか会える距離ぢゃなく、電話ぐらいしかできません

2、3日前から夜に喘息が出て意識なくなるとゆっていました

彼の家族によると彼の心拍数わ一回ゼロになったそうです

いつ喘息がでるかわからず
いつ死んでもおかしくない状態なんですが私わ彼を失いたくないです

でも何をしてあげればいいのかわかりません
229
11/11/25(金) 22:03
はじめまして。

祖父が余命あと1週間で入院中です。鼻カニューレに酸素マスク、心電図にサチュレーション、点滴にモルヒネのルート…。
もう辛そうで見てられない状態です。

毎日祖母とお見舞いに行きますが、ルートを引きちぎったり酸素マスクを外してしまったり、痛みと呼吸苦で暴れてしまい、医者からモルヒネの投与を進められ昨日から投与を始めました。
祖母も祖父のことで気がまいってしまい、鬱状態になってしまいました。

医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。
よかった。今日は起きてる。明日は起きてるかな?いつまで起きててくれるのかな?と思うと、モルヒネを了承した自分が祖父を殺してしまっている気分になりました。

祖父は早く治って家に帰りたいと言っており、このまま意識を無くしてしまうのは祖父の意思に反するのではないか、しかし痛みが強く、モルヒネを投与しなければどうしようもないという状況です。
祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。


明日は生きていてくれるでしょうか。明日はまだ起きていてくれるでしょうか。
自分の判断は間違っている気がしてなりません。
悔いが残らないようにと言
省83
230 名無しさん@癌掲示板
11/11/25(金) 23:16
>>229

>医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。

なんと申しましょうか、それが普通の判断だと思います。
ただ、

>祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。

これはまずいかも知れません。
おじさいさまとおばあさまは夫婦なのですから、話すべきではないでしょうか。

>来年から看護師として働くのですが、こんな辛い思いをする仕事とは思いませんでした。祖父に何もしてあげられず、何のために看護師になろうと思ったのか、何の役にも立っていないじゃないかと自責の念にかられます。

しかし、そういう経験を持った人が看護師になっていただくのは患者としてはありがたい話です。
この先、人の死に慣れてしまって感覚が鈍感にならないように注意していただきたいと思います。
231 りく
11/11/29(火) 02:00
>>229

私の母は余命3ヶ月と宣告されてから一ヶ月が経過しようとしています。
まだ抗がん剤の治療も始まっておらず、痛み止めを服用していますが
吐き気が強く、背中をさする事しかできない自分がもどかしく思う事が多いです。
いずれ、私もモルヒネ点滴の選択を強いられるのでしょうが
きっとMさんと同じ選択をするのだろうと思います。
痛みで苦しむ姿を見るのは辛いですし、あまりにも可愛そうですから。

それから、これはガンとは関係ありませんが
私自身腎不全を患い、入院、一生透析生活となった時
明るい看護師さんにどれだけ勇気付けられたかわかりませんし
泣いている私の母にもやさしい言葉で励ましてくださったそうです。
Mさんはご家族の気持ちも経験として分かってくださる
イイ看護師さんになられると思います。
どうか、頑張ってくださいね。
232 名無しさん@癌掲示板
11/11/30(水) 17:52
今日 最後の親孝行で 母の葬儀が終わりました   見るもの 触れるもの 母を思い出しては涙が止まらず 苦しいです
233 肉親は母一人
12/02/24(金) 06:47
数年前・・市町村健診で肺がんが発見され・高齢の為放射線知調も。抗がん剤の適用も無く、投薬と1~2度昔から見て頂いている診療所に通っています

癌が見つかりがんセンターでは入院放射線『ピンポイントの放射線が大阪で一か所だけあるそうです』保険適用外何で信じられない高額です

肺は放射線当たりにくく・・当てるなら『ピンポイント』が一番いいらしいですが・・

患者が身体的に受ける打撃も大きいらしく。。

『近くの主治医の先生は』高齢の母には向かないと・抗がん剤も母には耐えられないとのこと

『幸い高齢なので進行はそんなに早くないだろうから、緩和剤と健康維持の注射や点滴を週1~2回で様子を見守るのが一番いいとの意見でした』

一週間位前から母が幻聴、が聞こえ出し病院へ、薬1つ増やし

主治医から病気が頭・他にも回って来てるので後2~3カ月と・・・・

ギリギリまで自宅で暮らせるだけ暮させてあげて・最終的に入院をと・・・

入院イコール旅立の為の入院で5日~1週間で・・・

今私が何かできる事は無いのでしょうか、母に何をしてあげれば・・
省23
234 大まぬけ3号
12/02/24(金) 12:21
233 肉親は母一人様

お母様は、ご自身の状況については、体内サインでお判りのはずです。
自宅での療養は、大変なことです。
お勤めの関係で、病院での緩和治療についてのご相談を主治医になさって下さい。
やるべきことと悔いの無いように、励ます言葉掛けや好きな食べ物を
食べさせてあげたりなさって下さい。
頑張って下さい!
235 hiro
12/04/08(日) 07:26
MMSというサプリメントは御存知ですか?
判断は自己責任ですが、一応リンクを貼っておきます
http://www.vernisaj.com/wordpress/
236 名無しさん@癌掲示板
12/04/08(日) 14:27
サプリ禁止だから、ここは
237 名無しさん@癌掲示板
12/04/09(月) 00:22
>>235
注意喚起されているMMSを貼らないように。

カナダ保健省
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1423.html
米国FDA
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1493.html
238 名無しさん@癌掲示板
12/04/23(月) 20:36
母は肝臓癌で死に、今度は父が肺がんです。
これからどうしよう。
239 名無しさん@癌掲示板
12/05/27(日) 17:35
父がいるのが当たり前で、末期癌を宣告されても割と元気だった父に
何もしてあげることができなかった。
仕事も最後までやり遂げたいと、亡くなる数日前まで会社へ行っていた。
体調が急変して入院してお見舞いに行った時には、変わり果てた
父の苦しむ姿に涙が止まらず、しかしどこまでも前向きだった父に
涙は見せてはいけないと、暖かい言葉をかけたくても余りかけることができず
自分の無力さに後悔がつのるばかり。
いつものように玄関の鍵をガチャリと開けて、帰ってきてほしい。
240 ぽぽ
13/05/10(金) 09:35
昨日父の余命を聞きました。まだ父には告知していません。医師から治療はもう、何も出来ない、あとは痛みを取る事だけ…と言われました。昨年肺癌判明わ直ぐに1
~2カ月に渡る放射線治療して、腫瘍が小さくなったので退院。暫くは、元気に過ごしてきたが、昨年まつから、咳痰が増え、呼吸困難、肺炎発症し入院繰り返す。定期的に肺癌観察していて、今年の2月まではあまりかわらない診断、昨日の診察で腫瘍が大きくなってる。治療は何も出来ない!はぁ?なに?って感じでした。あげくのはてに余命宣告。父も薄々感じ取っているみたいでわ弱気な発言ばかり…元々、喘息持ちで、じん肺からの肺癌!他の病院に変わっても、治療はしてもらえないのか…痛み取るしかないのか…どうしたらいいのか、分かりません。父は76歳。母は17年前に乳癌で他界。
241 大まぬけ3号
13/05/10(金) 11:48
240 ぽぽ様

厳しい状況が続くかと思いますが、家族としてできることは
お父様が食べたい物を食べさせてあげたり、
体をさするなどのマッサージで、少しでも気分良くさせてあげてください。
最期までご本人は、精一杯生きることに頑張られるはずです。
病状が進んで意識不明になられたとしても、励ましの声掛けは大切です。
お辛いでしょうが、今を大切になさってください。
242 名無しさん@癌掲示板
13/05/10(金) 14:09
>>240

>今年の2月まではあまりかわらない診断、昨日の診察で腫瘍が大きくなってる。治療は何も出来ない!はぁ?なに?って感じでした。

どのような経過観察が行われてきたのかにもよりますが、残念ながら、その手の見落としの類いの話はよくある話です。

>他の病院に変わっても、治療はしてもらえないのか…痛み取るしかないのか…

病院にやる気がないなどの不信感をおぼえたのなら、当然、他の病院を探すべきでしょう。
ただ、日本のがん医療では早期発見された場合は世界でもトップクラスの医療が受けられるのですが、早期発見されなかった場合は一転して先進国でも最低水準の医療しか受けられません。
しかも、老人となると、さらに医者のやる気がなくなります。
さらに、呼吸器内科に回されているのなら、これまた、やる気のない医者が多い診療科なのです。
よって、やる気のある医者を探すには方々の病院を当ってみる必要があります。
内科医はやる気がない場合が多いので、内科的治療であっても、あえて、外科医
省9
243 ぽぽ
13/05/10(金) 14:35
424:名無しさんありがとう。兄とも話したのですが、まず、本人の意思を最優先、治療を希望するなら、他の病院連れて行こうとかんがえてます。ただ、現在じん肺訴訟して、国からの援助受けてる状況。資金具利は厳しい状況もあります。それに、今まで、じん肺の方で、長いこと苦しい思いをしてきた父にこれ以上は苦しい思いをさせるのも…私の意地で他の病院つれついってもと、悩んでます

余命に関してはまだ、父はしりません。伝えて身辺整理をさせるか、今まで、父一人でしてくたので、私達は何もわからず、施設に父の母も健在していて…
244 ぴぃちゃん
17/09/06(水) 22:50
はじめまして
夫が小細胞肺癌末期と診断受けました。
6月末に胸が苦しいと体調不良を訴え、すぐ総合病院に救急搬送されました。しばらくして病状も改善し医師からも異常なしと言われて帰宅。その時、レントゲンや血液検査等をしてもらいました。翌日、開業医で胃カメラなどで診てもらいましたが、これも以上なしでした。なんだったかよくわからないまま、通常の生活に戻り、仕事もそのまま継続しました。
8月始めに出張先で同じような症状にみまわれ、救急搬送されました。そこで初めて縦隔離に大きな腫瘍が確認され、癌の可能性があると言われました。すぐ帰るように伝えて翌日に帰宅させ、その次の日に初めて救急搬送された病院を受診しました。
検査、検査で診断されたのは8月末。
呼吸器癌専門の病院にかかり、やっと9月に抗がん剤治療開始の予定になりました。
余命宣告は受けていませんが、医師より厳しい状況だといわれてます。
この2カ月、悔やまれてなりません。
既にリンパに転移しており、呼吸困難などの症状が出現してます。6月の時点で予測されていたら・・違ったかも?と悔やまれます。
明日、抗がん剤治療で夫の身体状況に大きな変化がみられるでしょう。
不安でたまりません。夫はまだ66歳です。悔しい!
245 トト
17/10/01(日) 00:01
私の母も64歳で小細胞がん末期と分かりました。
7月末から違う病院に2度行きましたが、
呼吸が苦しいと言っても聴診器もあてられず、
肺はキレイですとまで言われ、大量の薬を出されました。
ガンが分かったのは8月末、
既に胸水が溜まり呼吸困難だったため、
即入院をして、ドレーンをしました。
検査を受けて化学治療をようやく今週始めたものの、
胸やお腹が焼けそうな感じや嘔吐の副作用に苦しんでいます。
ほとんど食べられなくなって1か月以上たち、体力も落ちています。

私は海外在住で、日々不安な日々を送っています。
1月後には休暇を利用して一時帰国できるのですが、
何も治療しなかったら余命は半年くらいと言われました。
仕事を辞めて帰るかどうか、決断に苦しむ毎日です。
こちらにいたパートナーとも別れ、何が自分にとって、
母にとっていいのか考えています。
治療が効いて良くなってくれればいいのですが、
相当副作用に苦しんでいるようで、
このまま急変したら後悔してしまうと思います。
担当医には治療が効けば1年以上生きられるとも言われたけど、
どの割合で急変するのか気になります。

私も始めと次の医者がちゃんと聴診器をあてていたら、
レント
省41
 
新20
.


名前 : E-mail(省略可) : 内容:
18歳未満利用禁止