がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>局所投与法(動注、門脈内、2チャンネルetc)

1 名前: UTAKA 投稿日:2001/03/26(月) 00:18
抗ガン剤の投与方法の一つに 全身投与に対して「局所投与法」があります。
 転移性の癌(主に肝転移)や、腫瘍そのものに対して行われる、
 動脈内注入化学療法、
 門脈内抗ガン剤投与、TAE
 2チャンネル化学療法etc.    のスレッドです。

2 名前: UTAKA 投稿日:2001/03/26(月) 00:18
 私は、あまり知識がないので、どうなるか不安です。

3 名前: 名無しさん 投稿日:2001/03/26(月) 00:18
動脈内注入化学療法で有名な
 三浦病院。
 http://www.miura-hospital.gr.jp/
 胆・膵の方は一応必ず見て下さい。 
 温熱治療にも書かれています。
 http://www.jbbs.net/sports/bbs/read.cgi?BBS=134&KEY=972663313&START=2&END=2

 動注療法 は、「リザーバー、動注ポート」を用いるタイプのようです。

4 名前: 名無しさん 投稿日:2001/03/26(月) 00:18
リザーバーに関しては
 「リザーバー研究会」が参考になります。
 http://www2.biglobe.ne.jp/~msojiro/index.html

第18回リザーバー研究会抄録集
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/surg1st/rizakenHome2.html





5 名前: 名無しさん 投稿日:2001/03/26(月) 00:19
膵癌に対する新しい診断と治療戦略
  http://square.umin.ac.jp/jsco37/abstract/E50285.htm
   2チャンネル免疫化学動注療法(2-ICA)
膵癌切除成績向上を目指した拡大郭清及び集学的治療の意義と限界
 術後2チャンネル化学療法
 http://www.jss.h.u-tokyo.ac.jp/JSS/Abstracts/D-23.htm

6 名前: 名無しさん 投稿日:2001/03/26(月) 00:19
2チャンネル化学療法
大阪府立成人病センター
http://www.iph.pref.osaka.jp/omc/hospital/kabetu/syoukaki-geka.html

7 名前: YOKO 投稿日:2001/03/27(火) 00:09
リザーバーについてもっと詳しく知りたいのです。
 教えて下さい。

8 名前: 名無しさん 投稿日:2001/03/27(火) 00:12
日本癌局所療法研究会
 http://www5.ocn.ne.jp/~jft/gakkai.htm

「動注化学療法における種々の工夫」ってあります。
 誰か探ってください

9 名前: UTAKA 投稿日:2001/04/03(火) 00:18
中心静脈リザーバーを用いた消化器癌化学療法
  http://jsco.umin.ac.jp/~jsco/syoroku/data/abstract/1012.htm
動注リザーバからのCDDP+5FU投与を行った切除不能及び再発膵癌、胆道癌に対する検討
  http://square.umin.ac.jp/jsco37/abstract/E11239.htm

10 名前: UTAKA 投稿日:2001/05/01(火) 00:17
第101回 日本外科学会総会 http://www2.convention.co.jp/jss2001/より

膵癌術後肝転移再発予防をめざした術後持続肝動注療法の評価
 http://www3.convention.co.jp/dbase/jss01/sr25H02473.html

11 名前: 名無しさん 投稿日:2001/08/21(火) 00:21
>>6の 大阪府立成人病センターで有名な
 対膵臓癌の 2チャンネル化学療法の情報です。

 http://www.ne.jp/asahi/web/oki/health/suigan.html

12 名前: 2-チャンネル化学療法 投稿日:2002/02/23(土) 00:17
膵癌拡大手術と補助化学療法-方法と成績- 
大阪府立成人病センター外科・同 内科・同 放射線治療科 
石川  治・大東 弘明・山田 晃正・佐々木 洋・
古河  洋・今岡 真義・中泉 明彦・上原 宏之・西山 謹司 
要約:膵癌切除成績を向上させるためには,
2大再発形式である局所再発と肝転移の両者を制御することが必要である。
これまでわれわれが施行してきた拡大郭清は局所再発死亡減少に有効で,
さらに術後肝動脈と門脈の両ルートから抗癌剤を持続注入する2-チャンネル化学療法を併用すると
肝転移予防にも有効で5年生存率は38%に達した。
また,これまではほとんど長期生存が期待できなかった進行癌(t3)症例からも
長期生存が得られつつある。本稿では拡大郭清と2-チャンネル化学療法のための手技を中心に紹介した。

13 名前: 名無しさん 投稿日:2002/07/13(土) 06:05
>>4のアドレス変わってます

第18回リザーバー研究会抄録集
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/surg1st/rizakenHome2.html

14 名前: 名無しさん 投稿日:2003/01/23(木) 12:39
診療所で「がん動注化学療法」 元兵医大助教授

                                             2003/01/21
 動脈内に細い管(カテーテル)を通し、がんに侵された患部に直接薬を注入する動注(動脈注入)化学療法の指
導医がこのほど、神戸市灘区に念願の診療所を開いた。同療法を看板にした外来無床診療所は極めて異例で、新
しいがん治療のかたちの試金石として全国的な注目を集めている。(森本尚樹)

 神戸市灘区深田町四のたかやすクリニック。高安幸生院長(53)はカテーテルを使って詰まった血管を広げたり、
血流を変えたりする低侵襲治療(IVR)に熟達、特に肝がんなどの動注化学療法で、兵庫医大助教授(放射線)時
代から全国的に知られてきた。

 同療法は鎖骨の下や足の付け根に挿入したカテーテルを、動脈を通して患部手前に持っていき、薬を注入する。
患者は治療期間中、カテーテルを体内にとどめたままで生活し、通院して薬を投与してもらう。

 臓器の全体にがんが点在し、切除が難しくなった状態などに有効で、副作用が少ないため、患者は仕事や家庭
生活を続けられる。しかし、がんが全身に広がってしまった場合には適さない。

 IVR医は設備などの問題から、外来患者を対象とした独立開業は難しいとされてきたが、高安院長は、大学と、
続く市立芦屋病院での経験を経て、「精神的にも細かいケアが必要ながん患者一人一人に向き合うには、大病院
では難しい」と開業を決意した。

 診療所に入院用の病床はないが、カテーテル挿入時には近くの病院の開放型病床に入ってもらい、主治医とし
て病院に出向く。生活習慣病その他の一般内科、画像診断、がん検診にも対応。TEL078・845・2828

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/030121ke92770.html

15 名前: 名無しさん 投稿日:2003/02/11(火) 22:43
大阪府立成人病センター
第1外科
切除可能膵癌に対しては、局所再発予防のための拡大郭清と肝転移予防を目指した2チャンネル化学療法の併用。
微小膵癌を安全に縮小手術するための術中分割細胞診。
進行肝臓癌に対する術前サンドイッチ療法と再発後のラップ療法などである。
http://www.mc.pref.osaka.jp/kabetsu-shoukai/shoukakigeka/shoukai.htm

16 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/31(土) 08:15
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

17 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/03(木) 18:03
リザーバー研究会のホームページ
http://www.reservoir-jp.com/

18 名前: <削除) 投稿日:2005/09/19(月) 18:40
<削除)
IP : p15205-ipbffx02marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp

19 名前: 名無しさん 投稿日:2005/11/05(土) 12:18
ヨード禁忌の患者に対して、肝動脈塞栓術を実施する手段は無いものでしょうか。
大腸がんの肝転移、卵巣、肺転移で全身化学療法を実施してきました。
5-FU/LV、FOLFIRI、CPT-11単剤、FOLFOXなどの治療を経てきました。
肝臓に6cm大が2つ、それより小さいものが数個あり肝臓が
クリティカルになっています。T.Bilは0.8程度、LDH 1000、GOT 170
γGTP 130 PLT基準以下です。
主治医から肝動脈塞栓術を試す価値があるもののヨードアレルギが
呼吸困難を引き起こすほどのため、(CO2を使用した場合の確実性で)
迷うと言われています。

20 名前: おちゃ 投稿日:2005/11/06(日) 17:04
CO2やMR造影剤を使用して行うことが一般的です。
確実性はやや劣りますが、肝動脈塞栓術自体、ヨードを使えば確実かという
問題もあります。

21 名前: 名無しさん 投稿日:2005/11/12(土) 12:13
おちゃ先生
ありがとうございました。
時期をみて肝動脈塞栓術をトライしていただけることに
なりました。しかし心配なこともあります。
延命の効果があるというデータが無いとのことですが、
塞栓によって血管新生が促進されてしまって効果が少ないということが
あるのでしょうか。それとも他に原因があるのでしょうか。
塞栓術による身体への負担が原因で平均すると延命の効果が出ないデータに
なってしまうということでしょうか。

レス違いかもしれませんが、
6cmのように大きくなった肝臓がんでも効果がある方法として
調べたところMRI対応冷凍治療というのがあるようなのですが、
適用できるケースは限られるのでしょうか。

22 名前: ぶう 投稿日:2006/01/13(金) 22:44
肝臓に1センチ大の腫瘍あり、血小板は基準値をきってます。場所が悪いらしく医者もどうしたものか?と、???どこかに肝臓癌のスペシャリストはいないでしょうか?助けてください。

23 名前: ことり 投稿日:2006/06/08(木) 00:03
はじめまして。 依然違うスレに掲載していたのですが
再掲です。
うちの主人は1ヶ月前に腹部痛と胃がむかむかするということで
検査したところ 肝臓の左側に2箇所と 右側に1つ(10センチ大)の
腫瘍が見つかりました。 
門脈の中にまで癌が入り込んでいるため 手術不可能、残る治療は
足の付け根からの動注(リザーバー)治療のみという事で 現在3クール目の治療中です。
母子感染からのB型肝炎です・・・。

全時点での治療としましては 月曜日にシスプラチンを2時間かけて動注、その5FU(?)を動注し、動注したまま
金曜日まで過ごしています。  そして金曜日に針を抜きにいっております。
その他の治療として インターフエロンを 月・水・金に自宅でうってます。

いろいろなサイトで調べてみたのですが やはりこの方法しかないという事でした・・・。
しかしこの治療は臨床試験の段階なのではっきりとした効果は分かっていないようです。。

動注前の数値としましては 腫瘍マーカーAFP500000超です・・・。

先週肝機能の検査をしたところ肝機能自体は問題がないようでした。
アルブミンの数値も4.0と以上ないようです。
その他の数値にも今のところ問題はないようです。

黄疸もなく腹水もたまっておりません。
治療の副作用のせいかもしれませんが 食欲はほとんどないようです。

医師がいうには まだ3クールめだからなんともいえないという事。
とりあえず 来週に腫瘍マーカーの数値を測ってみるとのことです。

B型肝炎→肝硬変→肝がん ではなく いきなりB型肝炎→肝がん になってしまいました。
そういう事もあるのでしょうか???

それと今の治療しか本当にないのでしょうか???
動注の効果というものはどれくらいの割合で効くものなのでしょうか???

いろいろと心配ばかりしてます。

動注について 詳しい方がいらっしゃいましたら ご教授ください。
うちには4歳の娘と13歳の息子がいます。
まだまだ主人にはがんばってほしいです。

だれか助けてください。

24 名前: 平凡な医師 投稿日:2006/06/18(日) 20:37
B型肝炎からび慢性肝細胞がんに直接移行することはあります。肝動注カテーテルを留置しているならlow dose FP療法をおすすめします。結構効果ありますよ。がん治療学会の標準治療には私は疑問をもっています。QOLが一番大事である、というのが私の信念です。

25 名前: <削除> 投稿日:2006/07/10(月) 08:39
<削除>

26 名前: <削除> 投稿日:2006/07/10(月) 08:40
<削除>

27 名前: 名無しさん 投稿日:2006/08/07(月) 20:00
りんくうIGTクリニックも肝動注と塞栓療法の専門病院らしいですが
どうでしょうか?

28 名前: とおりすがり 投稿日:2006/08/09(水) 01:58
腹部外科医がいつでも手術スタンバイできる病院でないところでのカテーテル治療
には、医療の安全に対する姿勢として疑問を持ちます。
通常は問題ありませんが....。

29 名前: 名無しさん 投稿日:2006/08/09(水) 20:45
近畿で肝臓動注をやってもらおうと思ったら
どこがいいのですか?

30 名前: 冬桜 投稿日:2006/08/16(水) 21:27
はじめまして。肝癌から骨転移、肺転移をしている状態です。治療としては、カテーテルを使用して行う エンボリ、放射線、全身治療として ティーエスワンを服用しましたが、あまり効果が認められず 医師から見放されました。本当にもう治療方法はないのでしょうか?諦めたくないのです。教えて下さい。

31 名前: 名無しさん 投稿日:2007/03/01(木) 18:05
まずは肝硬変を発祥しないように食事療法や投薬治療を続ける事を考え予防に専念される事をお勧めいたします。インターフェロンの副作用により躁鬱病の精神疾患がでます頑張って治療を乗り越えられて下さい。

32 名前: noiki 投稿日:2007/03/05(月) 22:17
肝癌で骨と肺転移で化学療法を10月からしているのですが
4くーるめでけっこう肺と肝臓にはきいているようです。ts1も60g3週間のんでいますが

33 名前: 坊ちゃま 投稿日:2010/12/14(火) 11:54
私は、大腸癌から仙骨に転移して右足完全に麻痺状態です。誰か治療出来る病院教えて下さい。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]