がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が270を超えています。300を超えると表示できなくなるよ。

癌掲示板..>血管内治療について

1 名前: しゃろーむ 投稿日:2000/11/22(水) 00:00
血管内治療の『奥野神経放射線クリニック』、現在は名を改め『クリニ
カET』での治療を考えています。体験した方の声を聞きたいのですが
体験された方いらっしゃいませんか??

229 名前: 名無しさん 投稿日:2008/11/03(月) 18:01
医学に無知な患者・家族に適当な医学言葉を並べれば、さもそれらしく聞こえ、
言いくるめることは簡単です

いかがわしい代物ほど、患者を直接、説得しようとします。
己の信じる医学や術式であるなら、無知な患者家族を口説き落とすより、まっとうな医学学会、医療関係者を口説いてほしいものです。

一般的に、否定的な投稿が多い中、「百聞は一見にしかず」「直接尋ねろ」といわれる代物にマトモな物はありません。

230 名前: ゆき 投稿日:2008/11/04(火) 01:28
>>228
レスありがとうございます。
クリニックには電話をかけてみたんですが、出たのがおそらく単なる受付の女性で、肺がんの症例数すら答えられませんでした。
再度電話をかけたりデータを持ってオピニオンを聞きに行ったりはする予定ですが、実際に治療を受けるのは標準治療が終わってからになると思いますので、それまでに少しでも情報をと思いまして・・・

>>225
延命もしくはQOLの向上につながる可能性は低くても、できる限りの情報を集めて検討していきたいと思います。

>>229
>マトモな物はありません
と断言なさる根拠は分かりませんが、実際に「末期がんビジネス」という言葉もあるくらいですから、疑ってかかるのは当然だと思います。
その上で父に効果の見込めそうな物をこれからも探していくつもりですので、皆さんよろしくお願いします。

231 名前: ゆき 投稿日:2008/11/04(火) 14:14
>>225
>>229
私の説明が不足していたかと思いますので、補足させてください。
テレビで大阪のIGTクリニックが紹介されてたのを父が見て、「これなら治りそう」と期待を持ったみたいなのですが、私も含め家族は懐疑的というか、情報が少ないので安全面に不安を持っています。
でも何より本人が乗り気であることから、ある程度の安全性が確認できれば治療を受けさせたいと思っています。(もちろん、100%安全な治療法などないことも承知しています)

ですので効果の有無よりも、安全性やそのクリニックの評判など、何かご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。
よろしくお願いします。

232 名前: ハンフリー 投稿日:2008/11/04(火) 17:53
 ゆきさん

 私もTVの紹介を知ってIGTクリニックとコンタクトしました。

 肺腺がんIV期で、多発性・胸膜播種。胸水あり、呼吸切迫ときどきという内容の
造影CTフィルムと相談メールを送りました(有料20000円)。
私は関東圏在住です。

 反応は早く貰いました、その内容について1回メールのやり取りを
しました。

 結論は「この治療の対象にはならない、化学療法だけである」という
いうことになりました。本人としては残念ながら「そうなのか」です。

 腫この相談から判ったのは腫瘍部位、病期などで大きくかわります。
 この程度ではおすすめって書けませんが、もう一歩コンタクトされても
 よいと思います。

233 名前: IGT治療経験者 投稿日:2008/11/04(火) 21:53
父が春に治療しました。
血管内治療ではクリニカETが日本一だと聞きます。
いろんな病院の先生も知ってるぐらい奥野先生は有名です。
抗がん剤も海外の未認可を使う為保険外治療で高額ですが、
末期の肝臓がんではかなりの有効性を発揮されてるようです。
ただかなりの患者で去年は3ヶ月待ちで諦めました。

父は大腸癌で肝臓(2箇所)、肺(多発的)、骨2箇所に転移しております。

IGTクリニックでは塞栓剤を院長が独自で開発し、以前と違い
ほぼ漏れることがないようです。
ですので、以前では不可能だった胸椎の治療も可能です。
しかも首から下はどこでも治療可能です。

しかし転移が無く原発巣が大きくて手術不能のケースや、
転移してるが数箇所である、転移が単体だがサイズが大きいといった癌には有効ですが、
多発的に転移してる癌には非対象になります。
なぜならそこだけ治療しても他に転移する可能性が高いからです。
しかも多発的であればそれだけ治療時間もかかり、
逆に患者の体力を奪い逆効果であるからだそうです。

そして、血管内治療だけでは転移した癌は他にも出てくるので、
転移性の癌の場合、単独では治療されないほうがいいと思います。
あくまで転移を防ぐ治療と併用という形ではかなり効果はあると思います。
そしてクリニック自体も入院できる日数は3日~1週間と決まっており、
(患者が多すぎる為)また元の病院に戻ることになると思います。

父の場合は肝臓と骨に治療を施しましたが、1ヵ月後の検査では
腫瘍縮小と不変の部分があり、腫瘍マーカーも2000から1200まで下がりました。
直接高濃度の抗がん剤を注入して塞栓するので効果は絶大です。
しかし、塞栓剤も1ヶ月で溶けるので、1~2ヶ月に1回の治療が必要になります。
父の場合3時間の治療でした。副作用は当日に吐き気がありましたが、
以後はありませんでした。
ご飯も普通の病院食より美味しかったと言ってました。
入院も3日で退院で保険診療の為安い治療費で済みます。
先生も非常に良心的で患者に優しい病院だと思います。
そして治療後温熱治療をされると効果が上がると思います。
父も温熱治療をしましたが、腫瘍マーカーが700まで下がりました。
春でさえ混んでいたのに、テレビで放送され多分かなり混んでるとは思いますが…。

アバスチンは全身の点滴のみ承認されてる為、使って貰えませんでしたが、
(使えるようになればかなり効果は上がると思います。)
来年承認を取れるよう製薬会社が現在交渉中で、来年認可を予定されてるようです。

234 名前: IGT治療経験者 投稿日:2008/11/05(水) 01:08
補足させて頂きます。
温熱治療をすると効果が上がると申しましたが、父の場合効果はありましたが、
全ての癌に効果があるかは分りませんので、先生に相談してください。
不適切な発言お許し下さい。
一般的に考えて塞栓された癌は血管の逃げ道が無い為42℃以上で温めることで癌は死滅または弱ってしまう。
という論点から申し上げました。
アバスチンの効果も特定された癌だけでしょうが…。

IGTの堀院長は元々血管内治療が専門の方で何年も研究を重ね、塞栓剤を開発されました。
(癌の治療最前線にも載ってます。)
ヨーロッパの医療界からもオファーを受けて、提供されてるようです。
 
人それぞれ中傷する意見はあると思いますが、一治療経験者として述べさせて頂きますと
父の場合は抗がん剤の全身投与ではあまり効果は上がりませんでしたが、
血管内治療では効果があったと述べるに留めさせて頂きます。
迷われてる方は一度セカンドオピニオンされ、どうされるか決められると良いと思います。

235 名前: ゆき 投稿日:2008/11/05(水) 02:21
>>ハンフリーさん
御自身も大変な時にレス下さって本当にありがとうございます。
割と丁寧に対応してくれて、適応になるかならないかきちんと判断して下さるみたいですね。少し安心しました。
私は関西圏なので、直接コンタクトを取ってみるつもりです。

お体、大事になさって下さい。


>>IGT治療経験者さん
大変詳しいレス、本当にありがとうございます。とても参考になりました。
ちなみにお父様は何回治療なさったのか、また、なぜ治療を終えられたのか教えて頂けませんでしょうか? 
うちの父の場合は進行が早く転移しやすいがんな上、肝臓に転移が多発しているので難しいかもしれませんが、あきらめずにオピニオンは聞きに行きます。

IGT治療経験者さんも大変な状況でしょうが、がんばって下さい。
お父様のがんが治ることを祈っております。

236 名前: IGT治療経験者 投稿日:2008/11/05(水) 23:51
ゆきさん
父は肝臓と骨は治療出来ましたが、肺の腫瘍が無数にあり、徐々に大きくなってきていたので、
先に肺の癌を抑えなければいけないと思いました。
骨の腫瘍にも効果はありましたが、痛みが急速に取れるといった事は無いようだったので、
痛みを取る為にも別の病院を探しました。

現在は岡山の病院で少量抗がん剤+ハイパーサーミアを受けてます。
肺と肝臓の腫瘍の縮小があったのでしばらくこっちの治療を続けています。
骨の痛みもすぐましになり、現在では岡山から神戸まで電車で一人で帰ってこれる位まで回復しました。

IGTへは治療をしてから4ヵ月後に再度経過観察の検査をしにいきましたが、
「今岡山での治療経過が良好なので、このまま様子を見て、
腫瘍が大きくなったり、何か変化があった時は再度こちらでも治療しましょうか。」
と担当の医師におっしゃって頂き、無理強いのされない病院だなと感心しました。

2ヶ月経ち、骨の痛みが徐々に増してるようなので、
再度IGTでの治療をしながら、温熱を続けようと検討してます。

父のIGTでの治療は1度だけでしたがある程度の効果はあったと思います。

多発というと何箇所ぐらいでしょうか?
現在治療したい部位は肝臓だけですか?数えれるぐらいだとして頂けるとは思いますが…。
ただセカンドオピニオンされてもすぐ入院はできないので、
急がれたほうがいいと思いますよ。
まだまだ治療法はあると思いますので、お互いがんばりましょうね。

237 名前: ゆき 投稿日:2008/11/06(木) 00:49
>>IGT治療経験者さん
父の肝臓に現在腫瘍が何個あるかはちょっと把握していないのですが、小さいのが点々と散らばってる感じです。化学療法を行う前は肝臓全体が無数の水玉模様って感じだったので、抗がん剤がだいぶ効いてはいるんですが・・・
原発の肺が、心臓に近い位置に腫瘍があるので心膜などに浸潤しないか心配ですし、1個だけなので、そちらの治療だけならしてもらえるかなと勝手に思ってます。
ハイパーサーミアや免疫療法も検討していますが、いずれにしても標準治療が終わってからということになりそうです。
でもIGTは結構混んでるっぽいので、ご助言通り早めにオピニオンとりに行こうと思います。
ありがとうございました。

引き続き、IGTクリニックのことをご存知の方がいらっしゃいましたら、どんなことでも良いのでお教え下さいますようお願いします。

238 名前: ゆき 投稿日:2008/11/07(金) 02:22
>>IGT治療経験者さん
ちょっとお伺いしたいのですが、骨の治療ってどうやってするんでしょうか?
骨には血管ってないですよね、多分・・・
骨の腫瘍の周辺の血管を塞栓するんでしょうか?

239 名前: IGT治療経験者 投稿日:2008/11/07(金) 17:58
ゆきさん
数えれるぐらいでしたら肝臓もして頂けると思いますが一度聞かれたほうが無難だと思います。
肺は1箇所ということですと出来る可能性は高いと思います。
抗がん剤が現在効果があるということですと、併用されることをお勧めします。
抗がん剤を辞めると転移する恐れもありますので…
他の転移を防ぐ為の治療を併用されるとなると別ですが…。

骨にもかなり細い血管は通ってるようです。
周りにも細い血管があり、それを餌に増殖していき、あるいは転移先を探してます。
それを防ぐことで腫瘍縮小の効果をはかるようです。
しかし、血管も栓をしていいものと悪いものがあるので(骨髄に繋がる血管もある為)それは熟練された医師じゃないと
下半身不随になったりするようです。
そして従来のように塞栓剤が漏れる可能性のあるものを使用した病院では、骨の治療は不可能になります。

240 名前: ゆき 投稿日:2008/11/08(土) 02:35
>>IGT治療経験者さん
骨にも血管通ってるんですか・・・全然知りませんでした。
父のがんは骨に転移しやすいタイプなので(今のところは大丈夫なんですが)、将来的に参考になりそうです。
ありがとうございました。

241 名前: ゆき 投稿日:2008/11/15(土) 03:11
>>IGT治療経験者さん
その後、お父様の具合はいかがでしょうか?
こちらは主治医の許可をもらえまして、検査をしてもらってから最新のデータを持って近々オピニオンとりに行く予定です。
お父様にまたIGTでの治療を考えてらっしゃるとのことでしたので、もし治療をお受けになったらその経過などをお教え頂きたくて書き込みさせてもらいました。
何かございましたらお教え下さいますようお願いします。

242 名前: ゆき 投稿日:2008/12/17(水) 02:47
結果のご報告です。

肝臓に加え骨にも多発転移しておりましたが、父のタイプ(小細胞肺癌)にはあまり効果は見込めないとのことでした。

243 名前: IGT治療経験者 投稿日:2009/01/30(金) 23:04
ゆきさん
骨にも多発的でしたか…。父と同じような情況ですね。
小細胞肺がんが効かないとは知らず失礼いたしました。
父の場合肺が致命傷だということで、血管内治療あきらめました。
明日から遺伝子治療を始めます。
効いてくれるといいのですが…。
最後のかけですが。
阪大でBCG-CWS+WT1ワクチンの臨床が始まるようですね。
それも興味がありますが…。
お互いがんばりましょうね。

244 名前: ゆき 投稿日:2009/02/03(火) 22:50
>>IGT治療経験者さん
色々と情報を頂き、本当にありがとうございました。
新しい治療がお父様に少しでも効いてくれるよう祈っております。

ちなみにテレビで紹介された肺癌の症例というのは、腺癌で転移していない状態の患者さんだったそうです。

245 名前: マサ 投稿日:2009/04/13(月) 20:03
悪性リンパ腫で頚部、腋の下、鼠頚部などに 3㎝前後の大きさに
リンパ節がしこりになっております。
これは血管内治療で治る可能性はありますでしょうか?
どなたか、経験談など聞かせていただけませんか?

246 名前: 名無しさん 投稿日:2009/04/14(火) 00:06
≥≥245
治る可能性はないでしょう。そもそも悪性リンパ腫は、どのような病気か調べましたか? 
血管内治療はどのような治療法か調べましたか?
このような脇道を調べるより、ご自身の病型(タイプ)をよく調べ、同じ病型の方の闘病記を
探して読まれることをお薦めします。

血管内治療をしている個人クリニックでも、良心的なところは「現在の化学療法をお薦めします」
「悪性リンパ腫は適応外です」といっているのをみれば、おのずと分かるはずです。
悪性リンパ腫は血液疾患で、血管疾患ではありません。

247 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/02(水) 22:43
血管内治療の治療中と治療後の痛みはどの程度なのでしょうか?
痛みを感じた場合、逐一対応していただけるのでしょうか?

248 名前: なな 投稿日:2009/09/16(水) 10:20
>>246さん
はじめまして。
率直なご意見をうかがいたく、質問させていただきます。
母が膀胱癌で今年1月に膀胱全摘除しました。
その後、医師に抗がん剤をすすめられましたが本人が拒否、
先月まで食事療法やサプリなどで、そこそこ元気に暮らしてきました。
しかし先月末、リンパ節転移が発覚し、
現在は入院、点滴での抗がん剤治療を受けています。
もとが膀胱癌ということは、どこに転移しても膀胱癌なのだと聞きましたが
「膀胱からリンパに転移」のようなワードで検索しても情報が見つかりません。
闘病記はいくつかありましたが、サプリの宣伝のようなもので治療法ではありませんでした。。
リンパ腫の治療とどう違うのでしょうか?
母はとても前向きなひとで、
もっと良い治療法があるのではないかと探しては
電話で聞いてみたり資料を取り寄せたりして、
これまでもいろいろな代替療法の病院に行きました。
そしていま、血管内治療をしたいと言っています。
効果があると思われますか?

249 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/16(水) 10:37
>膀胱癌ということは、どこに転移しても膀胱癌なのだと聞きましたが

そのとおりです。また、遠隔転移(リンパ節)が見つかっているということは、リンパ液の流れに乗って、検査ではわからないがんが全身にあるのが普通でしょうし、そのように考えられるべきです。

>「膀胱からリンパに転移」のようなワードで検索しても情報が見つかりません。

したがって、転移が見つかっている場所がリンパ節であろうと別の場所であろうと本質的な違いはありません。

>リンパ腫の治療とどう違うのでしょうか?

一方は膀胱がん、リンパ腫はリンパ腫なのですから、全く別物ですし、当然治療も異なります。

>これまでもいろいろな代替療法の病院に行きました。
>そしていま、血管内治療をしたいと言っています。
>効果があると思われますか?

まずもってないでしょう。
それよりも、いかがわしい代替医療を回る前に、最低限のきちんとした知識を身につけられることをお勧めします。
そのうえで、代替医療の類を自己責任のもと選択されるのは、日本は個人の意思を尊重する国(自殺をすることは罪ではありません)ですから自由です。

250 名前: なな 投稿日:2009/09/16(水) 11:04
ご意見ありがとうございます。
やはり効果は期待できませんか。。


>最低限のきちんとした知識・・

というのがどこまでのことなのかわかりませんが、
私も母も、かなり癌の本は読んでいます。
。。そもそもそういう本がいかがわしいのでしょうか。。

私は医学を学んだことがないので、
売られている本を信じるしかありませんでしたが、
医学書や論文を読んだほうが良いですか?

どこのどういう情報が正しい基礎知識なのか
ご存じなら教えてください。

英伊仏わかります。

251 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/16(水) 13:04
「癌の本」にも、いかがわしい本ときちんとした本があります。
そして、よく本屋で並んでいる「がんに効く○○」の類は、ほとんどがいかがわしい本です。

医学書や論文とはいいません。
まずは、例えば、国立がんセンターHPのがん対策情報センターの一般人向け情報をすみからすみまで読まれてはどうですか。
そして、それをもとに、一般人向けの膀胱がんについての解説書一冊(きちんとしたものか自信がなければ、この掲示板で意見を聞けば良いでしょう)を読む。
この辺から始められてはどうでしょうか。

252 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/16(水) 13:07
>>250
私は「これでガンが治った!」とかいう所謂「バイブル本」の類は信じません。
代替医療の本って大体がその類の本じゃありませんか?

ここに来られている方の大部分は、医学を学ばれたことはないと思います。
私の場合、公的機関からの情報を集めて、診察のときに主治医や看護師さんに訊いてみてます。

ご参考までに情報収集用のリンクを張っておきます。
他にもあるでしょうから色々探してみてください。
http://www.m-clinic.jp/
http://www.m-clinic.jp/boukoujinnunyoukanngann.htm

253 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/16(水) 13:28
>>250
誘導:膀胱がんのスレッドです。
http://www.gankeijiban.com/bbs/040hinyou/#4

254 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/16(水) 13:32
>>250
訂正 すみません
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/040hinyou/984238447/l50

255 名前: 名無しさん 投稿日:2009/10/26(月) 22:57
効き目は治療後からあらわれます。
ガン末期と宣告された母も総合病院と並行してお世話になりました。
治療直後からスーと体が軽くなると喜んでおりました。

抗がん剤は患部に血管からチューブを入れ微量にあてていきますので、
まったく使用しないということはありません。

ただ、点滴の量とは比べようもないほど少ないため、
髪の毛が抜けたり、気持ち悪くなったりはしないようです。

母は絶対に抗がん剤点滴をして、剥げてホースまみれになって
死ぬことだけは嫌だと言っていたので、この治療法には合ってあおりました。

治療中は治療の様子を院長と一緒に見れるようで、
院長とのお話も気が合うようで楽しそうでした。

末期でなければ完璧に消せるのではないでしょうか。

母は末期癌のため、自分が完ぺきに完治するとは思っていなかったでしょう
本人の希望により途中からは緩和ケアのみにしました。

ただ、治療後はかなり調子がいいので、末期癌中でも、家で生活したり
旅行に行ったり、遠出したり、買い物にいったり、
癌になる前よりも遊びにいきました。

治療中の中、これができたのは奥野親子のおかげだと思っております。
感謝の気持ちでいっぱいです。

合う合わないもあるでしょう。
ご自身やご家族の目で確かめて、やってみようと思ったら是非挑戦して
みてください。

嫌だな、信頼できない、合わないと思ったらやる必要はないと思います。
そう思っている時点であいません。

選択するのも自分、責任をとるのも自分、どう使われるかも
個人の選択です。

病院にいくつか通われていたら、色んなドクターにお会いするため、
治療方針が分かれることもあるでしょう。そんなとき、最終的に
選択をするのもご自身です。

患者さんに無理にさせるのではなく、是非いろんな治療方法を本人の
気持ちをご家族の方は受け入れてほしいと思います。

それが、受け入れがたいことでも。
これが闘病生活中の私の反省でもあります。

ご参考までに。

256 名前: 名無しさん 投稿日:2010/02/23(火) 05:06
最近受けてる方いますか?

257 名前: 名無しさん 投稿日:2010/03/13(土) 00:38
某診察室にあるけどアバスチンやハーセプチンを血管内治療に
使ってはいけないのはなんでなんですか?

258 名前: 名無しさん 投稿日:2010/03/13(土) 13:57
一般論として、
これらの薬は副作用が小さいことが多いので、全身投与で十分であり血管内治療の意味がない。
投与後の瞬間の薬剤の血液濃度がポイントの抗がん剤ならば、血管内治療は意味があるが、長時間での薬剤の血液濃度がポイントの薬剤ならば血管内投与の意味がない。

つまり、血管内投与で、標準量(に近い量)を投与するのであれば、そもそも全身投与で問題ない。
血管内投与は直後の濃度が高いという理由で投与量を減らすのであれば、それだけ効果が低くなる。

逆に言えば、血管内投与については、
ある局部の腫瘍のみをコントロールすることに大きな意味があるという特別な場合において
効果があると考えられる抗がん剤が、最大血液濃度がポイントというものであり
さらに、その抗がん剤が副作用のおそれにより、標準量を投与しにくい
という限定された場合のみに意味があるということです。

259 名前: 名無しさん 投稿日:2010/03/13(土) 20:46
>>258
誰も見てないかと思ってた
知り合いが血管内治療でハーセプチンを入れてたので
気になって書き込みました

説明ありがとう

260 名前: 会田 投稿日:2011/02/12(土) 15:13
やり方が変です。治療してからこの治療法の同意書を書いてくだ
さい。と言われました。
治療する前に同意書を書くのが当たり前と思っていましたが、
この病院のやり方は違っています。おかしいので私はこの病院に
行かないことにしました。1患者の感想です。

261 名前: 名無しさん 投稿日:2011/03/04(金) 02:00
>>260

こういうのはどこの病院でもありますよ。
うちの母も胃カメラの時も輸血の時も後から書かされました。

しかし、よく考えてみれば、そもそも同意書というのは病院のためにあるわけで、同意書なしでやってくれたら患者にとってはありがたいことですよ。
失敗した時に文句を言いやすいですからね。
だから、ラッキーと思って「もうやった後だから意味ないでしょ」と言って同意書を書くことを拒否すればよかったんですよ。

262 名前: 名無しさん 投稿日:2011/03/04(金) 12:02
3月19日(土)午後1時~
IGTクリニック堀院長の講演会
適応相談の個人面談もあり

http://ganwokataru.blog.so-net.ne.jp/

263 名前: jy 投稿日:2011/04/10(日) 20:12
jyです。
>>宝くじを自分は当たったからと言って、他人に薦めるのは無責任です。
抗がん剤を初めとした、標準治療は宝くじよりはるかに確率がいいと思います。
ステージによって違いますが数割の確率です。
抗がん剤治療しか選択肢しか無い患者さん、けして悲観しないでください。
数割の人は5年を生き延びています。
我が家は桜は見れないだろうと言われましたが、今日元気に花見をしました。
治療前は歩くことも出来なかったのが、いまは普通に過ごしています。
ちょっと油断気味ですが、21日にMRIとCTするので結果をまたご報告します。

264 名前: jy 投稿日:2011/04/13(水) 16:39
jyです
>>263の書き込みは温熱治療(ハイパーサーミア)その2への書き込みだったのですが、
板を間違えてしまいました。
申し訳ありません。

265 名前: 母さん大好き 投稿日:2012/09/11(火) 03:16
母が卵巣がん明細胞型(再再発、転移)で血管内治療(保険診療外)を受けています。
標準治療を一通り終えての上記状態です。
血管内治療(保険診療外)で使用する薬剤(抗がん剤に限らず)はどのようなものがあるのでしょうか?
特定のがん向け、全がん向けとあるのでしょうか?
1年以上この板に書き込みありませんがどなたかいませんか?

266 名前: 名無しさん 投稿日:2012/09/11(火) 09:43
リンパ球の類を使うのは聞いたことがありますよ

267 名前: 名無しさん 投稿日:2012/09/12(水) 16:39
>>265

>血管内治療(保険診療外)で使用する薬剤(抗がん剤に限らず)はどのようなものがあるのでしょうか?
>特定のがん向け、全がん向けとあるのでしょうか?

基本的には全身投与と同じですよ。
血管内治療だからといって、その人に効かない抗がん剤を投与しても意味はありません。
ただ、副作用の関係で、全身投与で使えない抗がん剤も使えるということです。

それにしても、既に、保険適用外の治療を受けているとのことですが、それでどのような薬剤が使われているのか教えてもらえないのですか?

268 名前: 癌難民家族 投稿日:2013/10/07(月) 23:13
自分の娘が肝臓に転移癌となり藁をもすがるおもいでここのクリニックにきて堀信一院長と出会い治療をお願いしました。
はじめて堀先生と会った印象は「優しい」でした。娘さんの癌は治ると言われ、治療費もそれほど高額ではなかったので治療をお願いしました。
3回治療した後、堀先生に言われたのは、「効いてるようなので後は今の地元の先生にみてもらいましょう」
娘と有頂天で地元の主治医のところに行ったのですが、
「これが効いてる? そこの先生はあたまがおかしいんじゃないですか?そもそもあちこと転移していて肝臓だけ治療するなんてばかげてる」
と一刀両断にされ、それから主治医との関係も悪化し、いま頼る病院がない状態です。
私たちは嘘をつかれたのですか?
こんなことなら大阪まで来なければ良かった。正直、今でもあそこのクリニックを恨んでいます。
こうなるならちゃんと最初から言って欲しかった。心底後悔しています。

269 名前: なつみ 投稿日:2013/10/21(月) 21:42
家族がどうしても治療を希望したのでカテーテル治療をお願いしました
数回分の入院と治療費は安くはありませんでしたが、
先生曰く、薬が良く聞いているとの事でしたので本人は安心していました
そんな中、大阪から帰ってきて数週間後に苦しみながら亡くなり
遠方から本人の体調も良くない中、通った意味はありませんでした。
余命が延びる事もなかったです

270 名前: スプリング 投稿日:2014/07/08(火) 09:31

この治療には学問がない。アメリカでいうevidence無し とういうやつでしょうか。
末期がんの患者さんでは時たま軽快することがあり、ほんの何人かの患者さんが治療により良くなっている
ように見えるだけで、実際は何もよくなっていない。
保険外の多額の治療料金を払って、亡くなっていく患者さんも何人も見ました。

まじめに診療にそんないい話など存在しません。
責任は取りません!訴えても勝てません!という、同意書を書かせて、法外な治療費を請求する。

同じ医師としてその神経が分からない。

271 名前: 癌難民家族 投稿日:2014/11/08(土) 00:57
ここのクリニックは本当に信用しないほうがいい。

院長や息子さんから、効いてる、効いてると言われて家族みんなんで喜んでいたのに、主治医(癌センタ)で資料をお見せすると、「これをきいているという医者は頭がおかしいのではないか?」と言われました。
たしかに家族の体調も改善しておらず、数ヶ月後に他界しました。

知り合いの医療関係者に聞いたのですが、ここの治療は科学的根拠がまったくない、いかさま治療なんですってね。
わたしたちは訴えることはしませんが、いい言葉だけを鵜呑みにしないほうがいいです。

癌が完璧に治るという医者は、偽物だと、信頼できる主治医に言われました(院長に言われました)。後悔ばかりです。

272 名前: 2130 投稿日:2014/12/31(水) 05:25
平成18年から24年まで
未公開株詐欺を繰り返し突如消えた  民間臍帯血バンク シービーシー
「CBC」の臍帯血検査体制
衛生保健所認可51号に必要な指導監督医の医師は
・21年2月12日から23年5月22日までの間いなかった。
もと「CBC」高崎所長で、群馬赤十字技術部長 亀山憲昭が
知り合いの医師の名前だけ利用していた。

・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出された
その後 中川泰一と「CBC」の代理店をしていた
「CBCサポート」=「FGK」=「SBS 」
はそれを隠蔽し消費者を騙し続け保管させた.
どんな検査がされたか不明です。
「CBC」の臍帯血は危険です、このような臍帯血を難病の子供さんの
移植に使えません。

273 名前: ただの係長 投稿日:2015/09/05(土) 00:26
今~ETクリニカに行っておりますが、メイクリニックの院長が、
奥野ドクターの弟子らしいですが、師匠が師匠なら弟子も弟子!
かなりの上目線で話すし、以前言った事、撤回するという ブレ方??
さぁ~どうでしょう!?相性もあるでしょうし。・。。
 私みたいに医者とかに"へーこら"しないので 奥野もやりづらいでしょうね(笑)
PS.医者も儲けなければ大変ですよね!
奥野は、ホテルもレストランも経営~かなりの税金対策をしてる!商売上手だが、
 下手に出ない京都人ですな・・・(笑).

274 名前: テレビに出たからって 投稿日:2015/10/04(日) 20:13
うちの家族もそうだったんんだけど、最初に行くと、ここの院長に「治ります」って言われるんですよね。
地元の病院では絶対に治らないって言われたから、有頂天になりました。
3回くらい治療受けて、「がんは小さくなったので、しばらく地元で様子をみてもらいましょう」といわれ、地元の主治医のところに有頂天で行ったら、「これが良くなった?この写真をみてそんなことを言う医者は頭がおかしいんじゃないの?」と一刀両断にされましたよ。
確かに素人目にみてもがんは大きくなっていたんだけど、なんか黒くなったから効いてると院長にいわれてました。
でもうちの家族、ここのクリニックで治療受けてから全く状態が良くならないまま、どんどん元気がなくなり、数ヶ月で他界しました。
進行癌だからしょうがないと思います。でも、患者にへんな期待をさせるのはやめてほしい。
そういう意味で、いかさまクリニックだと今でも悔やんでいます。こんなところで無駄な時間を費やすべきでなかった。

275 名前: 名無しさん 投稿日:2015/10/23(金) 20:21
末期で誰も治ると思ってないでしょうしテレビでも治るという表現はして無かったと思いますよ
負担を減らした治療でしょ。

276 名前: お世話になっていますよ。 投稿日:2017/01/10(火) 21:51
私は、海外のがん患者(末期の方)を日本へ招聘し、医療通訳を行う会社のものです。
松永先生には大変お世話になりましたが、現在は、大阪のCSクリニックの大井先生にお世
話になっています。今までこの3年余りで20人ほどのがん患者さまに対応して参りました。
この掲示版を見て、皆様本当によく熱心に勉強なされていると関心しきりです。
さて、皆様が気になされている血管内治療についてですが、手術不能な方にとっては、私の
経験上、理論上これしかないと思います。
がんの性質やDNAを勉強すると、この治療がどれだけすごいかわかります。
とくに、大阪にあるCSはCTガイドで確認しながら治療が出来るほど装備が充実しており、
薬剤がしっかりと入るところを肉眼で確認することが出来ます。
そして、治療前と治療後の比較が出来るのでとても素晴らしいですね。
がんは生活慢性病です。そして、細胞レベルの微小なものです。
とくに、胃がんや肝臓がんにおいては血管内治療のほうが優れていると思います。
胃がんの場合、70%~100%を切除しますが、予後は栄養管理が難しく大抵の人が再発します。
ですが、血管内治療では切除することなく胃を残すことができるので予後はいいと思います。
他の医師は、この治療を否定し、安易に抗がん剤と言いますが、この治療を否定している医師
ががん患者となった時抗がん剤なんて絶対に使いません。
そして、著名な医学部教授もこの治療を受けています。私のところの患者さんはみんな末期で
したが、この治療を行って未だご健在です。治療費はちょっと高くなりますが、良い治療法であると
経験、患者さまの声から100%の自信を持ってよい治療法だと言えます。

277 名前: マイコ 投稿日:2017/02/16(木) 23:46
癌患者本人です。

私の癌友さんも、がんセンターでもう治療法はありませんと言われ
その後、地元のガン拠点病院で全身抗ガン剤を受けていました。
がんセンターで余命3カ月と言われたのが、1年に延びたところで
肺やリンパに転移が発覚。
これ以上抗ガン剤を点滴しても効果がないと言われ
血管内カテーテル治療(動注塞栓)を受けました。

全身抗ガン剤治療では全く効果がなかったのに、結果は見事に縮小。
諦めていたら、肺の転移巣が肺を気管支を潰してしまうところだったのに
治療を受けた直後から楽に呼吸ができるようになりました。 

何度も同じ治療を受けられること、保険適用であることも
末期癌患者には希望の光です。

もちろん、どんな治療であっても100パーセントというものは
残念ながらないことも 
私自身も4期の患者なので理解しています。

ただ、だからと言って
こうして腫瘍が縮小して、少しの期間であっても
QOLをあげられる可能性のある治療を
インチキと一括りにしてしまうのは
どうなのかな、
末期癌患者は、諦めて何もせず
ただ苦しみを受け入れるだけなんてできないよな、
可能性が1パーセントでもあるなら
掛けてみたい、という権利を奪わないで、
と思っています。

278 名前: マイコ 投稿日:2017/02/16(木) 23:55
ちなみに、
癌友さんが治療を受けたのは
奥野...ではありません。

いろいろ勉強して調べましたが
堀先生、関先生は信頼できる医師と思います。

ご参考までに...


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]