がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>がん幹細胞を標的とした治療法

1 名前: CSC 投稿日:2013/07/07(日) 01:23
女王蜂である癌幹細胞を標的とする治療法は九大中山敬一教授や慶應佐谷秀行教授によって現在進行中であるが、実際のところ癌幹細胞を標的とする治療法がこれまでの働き蜂の癌娘細胞や周りの腫瘍随伴性の間質成分をより悪性化するのではないかということも懸念されている。
『参考文献』
BMC Cancer 2012、Li-Fraumeni syndrome with simultaneous osteosarcoma and liver cancer: Increased expression of a CD44 variant isoform after chemotherapy
http://www.biomedcentral.com/1471-2407/12/444

2 名前: SEG 投稿日:2013/08/05(月) 23:50
CD44v8-10の抗体がタカラバイオから商品化されたらしい…多分佐谷教授の特許の関係か。。。

3 名前: CD44v 投稿日:2013/08/18(日) 22:06
近年、がん組織の形成やその転移・再発など、がん化の根源ががん幹細胞によるものであることが明らかになってきています。このため、がんを根絶するためにはがん幹細胞の排除が必須であると考えられ、がん幹細胞は、がん治療の究極の標的として注目されています。
しかし、がん幹細胞は、がん組織中に、0.1~数%以下と極めて少ない量しか存在しないため、がん幹細胞を標的とした治療薬の開発やその機能解析研究はこれまで困難な状況にありました。

このたび販売を開始いたします「抗CD44v抗体」は、がん幹細胞の表面に高頻度で発現している膜抗原「CD44v8-10注1)」に高い親和性を持つモノクローナル抗体です。この抗体とセルソーター注2)などの実験機器を用いることにより、これまで困難であったがん幹細胞の濃縮が容易に実現可能となります。また、こうして集めたがん幹細胞を使用して、がんの発生・転移メカニズムの解明や、がん幹細胞に対する治療薬のスクリーニングが可能となり、今後、がん幹細胞をターゲットとした新たな治療薬開発のための有力なツールとなることが見込まれます。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22673910
http://www.biomedcentral.com/content/pdf/1471-2407-12-444.pdf
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21397861

当社は、このたび販売を開始するヒトおよびマウスのさまざまな臓器のがん幹細胞に対する2種類の抗体に加え、今後、これらの抗体に蛍光標識等を付した製品の発売も予定しており、研究者の皆様がより容易に研究に取り組める製品の開発を計画しております。
当社はこれを国内はもちろん、世界に向けて販売いたします。製薬会社をはじめ、臨床研究の場で大いにご活用いただくことを期待しています。



2.商品の名称、販売開始時期

(1)商品の名称 :
  Anti human CD44 v9 Rat Monoclonal Antibody
  Anti mouse CD44 v10-e16 Rat Monoclonal Antibody
(2)販売開始時期:2013年7月より

4 名前: Case Report 投稿日:2013/12/31(火) 00:51
医学症例報告論文(Case Report)というと日本内科学会の英文雑誌Internal Medicineが有名ですが、癌関連の症例報告だとBMC Cancerがお勧めです。

英文雑誌の偏差値であるIFも日本癌学会雑誌Cancer Scienceと同じかそれ以上を保つ英国の速報誌ですが、結構日本からの論文が多いですね。

研究論文、総説は圧倒的にアメリカ、中国、ヨーロッパからが多いですが症例報告については日本人に対する評価は世界的に高いようです。

参考:日本の大学、研究機関からの症例報告論文

Small-cell lung cancer with a rare epidermal growth factor receptor gene mutation showing “wax-and-wane” transformation
駒込病院
http://www.biomedcentral.com/1471-2407/13/529

Li-Fraumeni syndrome with simultaneous osteosarcoma and liver cancer: Increased expression of a CD44 variant isoform after chemotherapy
慶應義塾大学附属病院
http://www.biomedcentral.com/1471-2407/12/444

A rare case of primary clear cell sarcoma of the pubic bone resembling small round cell tumor: an unusual morphological variant
大阪医科大学
http://www.biomedcentral.com/1471-2407/12/538





5 名前: 2130 投稿日:2015/01/09(金) 05:48
平成18年から24年まで
未公開株詐欺を繰り返し突如消えた  民間臍帯血バンク シービーシー
「CBC」の臍帯血検査体制
衛生保健所認可51号に必要な指導監督医の医師は
・21年2月12日から23年5月22日までの間いなかった。
もと「CBC」高崎所長で、群馬赤十字技術部長 亀山憲昭が
知り合いの医師の名前だけ利用していた。

・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出された
その後 中川泰一と「CBC」の代理店をしていた
「CBCサポート」=「FGK」=「SBS 」
はそれを隠蔽し消費者を騙し続け保管させた.
どんな検査がされたか不明です。
「CBC」の臍帯血は危険です、このような臍帯血を難病の子供さんの
移植に使えません。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]