がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>陽子線治療について

1 名前: ももんが 投稿日:2002/08/25(日) 21:41
筑波大学病院等で行われている、陽子線・粒子線治療について、
費用等を知りたいのですが、だれかご存知の方いらっしゃいましたら
教えてください。

2 名前: 高橋 投稿日:2002/08/30(金) 19:41
筑波大学医学部附属病院では、治験段階ということで、無料ということが8月2日発行の週刊ポストの記事に載っていました。ただ人数制限とかいろいろと制限があるようです。また近くの千葉県柏市にある国立がんセンター東病院では、高度先進医療として認可されて、すべての患者を受け入れているようですが、健康保険適用外ですので、費用は約300万円かかるとのことです。
ほかに9月に完成予定の静岡がんセンターでも陽子線治療が始まる予定のようですが、おそらく実際に始まるのは、来年かもしれません。こちらも治験段階で無料らしいですが、制約はあるのではないでしょうか。

3 名前: ももんが 投稿日:2002/08/31(土) 21:46
高橋様
情報ありがとうございます。
さっそく各々の病院に問い合わせしてみたいと思います。

4 名前: 高橋 投稿日:2002/09/02(月) 11:42
ももんが様 追加情報です。
重粒子線については、千葉市にある独立行政法人・放射線医学総合研究所に日本で唯一の設備があります。陽子線治療より2-3倍の効果があると、週刊誌には書かれていました。詳しくは、ホームページをご覧下さい。http://www.nirs.go.jp  治療した患者数は、平成13年で241名、平成6年より延べ1187名。附属の病院ベッド数96床。ここも治験段階で費用は無料のようです(但し入院費用は必要)。週刊誌では、特に肝臓ガン、肺ガン、前立腺ガンに効果あり、15cm位までのガンが治療可能とありますが、臨床試験は、幅広い範囲のガンに対して行なわれているようです。私も昨年父を肺ガンで亡くし、今年は、母にも大腸ガンが発見され、幸い、手術して退院できましたが、
今、ガン対策のホームページを作っています。そこで、もし各病院へのお問合せされましたら、どんな条件で治療が受けられるか、どんな制約があるかなど、お聞かせいただけますと、ありがたいのですが。この掲示板への書き込みか、メールにてお知らせ下さいます様、お願い申し上げます。





5 名前: 名無しさん 投稿日:2002/09/02(月) 12:16
私も興味ありますから、
掲示板に書き込んで下さい。

6 名前: ももんが 投稿日:2002/09/04(水) 18:08
高橋様
筑波・放射線研究所共に問い合わせしてみました。
両者とも患者の受付はしていますが、今現在かかっている
主治医からの紹介という形で受付をしており、
その主治医から癌の現状を聞き、治療可能かどうか判断します。
との事です。
私の知人は、既に筑波のほうに担当医から資料を送り、
今月9日に筑波に出向き受付をするようなので、
そちらから連絡入り次第、お知らせさせて頂きます。
ちなみにその知人は、肺がん・扁平上皮癌・Ⅲa期です。

7 名前: 前立腺がんバスター 投稿日:2002/09/06(金) 23:48
ももんがさん、私も放医研に重粒子線について問い合わせたら、過去の放射線治療していたら一切受け付けられないと言われたのですが、ももんがさんのケースは過去に治療はされていないのですか。なんとかならないものでしょうか。お知恵拝借できませんか。因みに筑波は介助が必要な人はだめとこれまた冷たく断られました。私の父が要介助で前立腺癌をいろいろ治療してきてここにきて手詰まり感がきてしまい、大変悩んでいます。なにか良いアドバイスをいただけませんか。

8 名前: ももんが 投稿日:2002/09/07(土) 00:54
前立腺がんバスターさん
おっしゃるとおり、以前に放射線治療している場合は、受け付けていない
ようです。それに、ほかに転移している癌の場合も同じくです。
お父様の癌の進行具合によって、治療法などが変わってきますので
なんともいえないのですが・・・。
お力になれなくて申し訳ありません。

9 名前: ももんが 投稿日:2002/09/16(月) 22:16
その後の経過報告です。
9日に筑波の方に行ったのですが、癌の大きさの都合で最初はx線治療をし、
その後陽子線治療に切りかえると言われ、本人はあまり納得できず、
筑波での治療は断り帰って来たようです。
現在は、イレッサを服用し、放医研の重粒子線治療に問い合わせ中です。

10 名前: 前立腺癌バスター 投稿日:2002/09/16(月) 22:46
父の前立腺がんに、骨転移が見つかりました。残念でしかたありあません。胸椎に転移がある可能性があり、その場合、X線・陽子線では、脊髄に影響を与えるリスクがあります。放射線関係はあきらめかけています。今は免疫系の「活性化自己リンパ球移入療法」を調査・照会中です。時間がどんどんたっていきます。医者からは「あせらなくていい」と言われたりしますが、あせるって!!!

11 名前: ももんが 投稿日:2002/09/24(火) 00:49
経過報告です。
放医研の重粒子問い合わせて、行ってきたようなのですが、そこでもやはり
癌が大きすぎるとの理由により重粒子線での治療はできないとの事でした。
そこのお医者様は大変丁寧・親切に応対してくれたらしく癌センター東病院の方に紹介状を書いてくれました。
翌日、癌センターの方にも行ったのですが、やはり陽子線治療よりも
x線治療をと言われ帰ってきました。
どうも、病気がⅣ期に達しているためとみられます。
放医研に持っていった、現在かかっているT病院の資料を見て
そこのお医者様は「どうやら、反対側の肺にも転移しているような影がある。
そこの拡大写真もあるので向こうのお医者様もわかっているはずだ。
私なら手術は勧めないし、病気もⅣ期だと診断する。」という趣旨の事を言われたらしいです。
しかし、本人は反対側にそのような影があることすら聞いておらず、
おまけにT病院の医師は手術するという前提で治療を勧めていたのです。
その反対側の癌らしき腫瘍の検査もせずに・・・。T病院に入院するときも気管支炎と
うその診断書で入院させられ、入院した次の日に家族に癌だと言う始末。
後でその辺を聞くと、「癌の場合は基本的に本人告知はしないんです」
今時、そんな方針の病院あまり聞いたことがありません。
これらの理由から今週中に、大阪の阪大病院か癌センターに転院しようかと
話している状態です。
今までに費やした3ヶ月がもったいない気がしてたまりません。

12 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/13(日) 02:31
別の患者の家族です
病院って分かっていることを何も考えずにわかり次第
全て本人や家族に伝えるというところではないと思いました
言う言わない伝え方タイミング誰にだけ伝えるかなどよく計算されていると思います
もちろん訴訟もあるし余生をどう生きるで必要なのもあるので伝えてはくれますが
子供の口げんかじゃないし、何でもかんでも言ってすっきりではなく
告知することで患者や家族に何が得られるかを考えられているのだと思いました
だからつじつまのあわないことも結構出てきますが
本人はともかく家族や周囲はあら探しや突っ込みに情熱を燃やさないことです
あっちにもこっちにもそのほかにも新しくできていてさらに癌細胞が侵略してきましたよ、と
癌細胞観察日記ばりに逐次伝え、希望を失わせて余生が更に有意義になるとは思えない
あと、1分でも死期がのびればそれでよしとする患者周囲(本人はどうかな?)と
日常的に死を見て人はいつか死ぬのなら必要以上に苦しませず
死期をいたずらにいじくりまわして先送りするのは死を早めるのと同様に
倫理上問題があるということもあるのかも

かいかぶりすぎかな?

13 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/17(木) 04:08
筑波大陽子線医学利用研究センター(茨城県つくば市) 高エネルギー加速器研究機構の加速器で83年に臨床試験を始め、00年に専用の施設が誕生。
http://www.pmrc.tsukuba.ac.jp
放射線医学総合研究所(千葉市) 重粒子線を使った治療を研究する。高度先進医療の申請をする方針。
http://www.nirs.go.jp
兵庫県立粒子線医療センター(新宮町) 昨年5月に臨床試験開始。
http://www.hibmc.shingu.hyogo.jp
若狭湾エネルギー研究センター(福井県敦賀市) 5月末から臨床試験を始める。
http://www.werc.or.jp
静岡県立静岡がんセンター(長泉町) 臨床試験は来春始める予定。
http://www.pref.shizuoka.jp/kenhuku/kf-15


http://www.asahi.com/life/health/cancer/series/K2002061500365.html

14 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/20(日) 00:40
http://www.medcom.jp/mainwin.html

●2002年(平成14年)6月11日(火曜日) 日経新聞
 セコム損保はがん保険の加入者が指定病院で実施する、リンパ球の注入
 治療を保険対象に認定した。リンフォテックの技術を使えばがんの増殖
 を抑制でき、手術後の再発予防にも効果があると判断。
 まず東京女子医大での治療を保険の適用対象とする。~ ほか

●2002年(平成14年)6月11日(火曜日) がん治療最前線 7月号(がん専門誌)
 最先端の粒子線治療はこんなに楽チンかつ副作用が少ない
 治療中の苦痛はほぼゼロ、副作用もきわめて軽微という、
 がんの最先端医療、粒子線治療。
 自由診療保険メディコムは、粒子線治療費も補償の対象~ ほか

15 名前: 名無しさん 投稿日:2004/09/02(木) 18:45
板違いでしょう・・

16 名前: ミナミ 投稿日:2005/11/13(日) 20:34
田舎にいる伯父のことです。一年前に陽子線治療を勧められましたが、元々肺気腫があり受診することが辛いため断りました。今回肺癌が大きくなっているため再度進められたようです。家族にとって肺気腫があり、在宅酸素療法中の本人が陽子線治療の適応になるのか、適応の有無を判断するのに本人の受診が必要ですか。情報を教えてください。

17 名前: 名無しさん 投稿日:2006/02/25(土) 09:54
民間で国内初の陽子線治療施設できるようです。
http://www.minamitohoku.or.jp/

18 名前: 奈々子 投稿日:2006/05/27(土) 15:18
副作用も無く切除することもない舌癌治療を知っている方いませんか?

19 名前: YOSOKO 投稿日:2006/05/31(水) 13:32
数度にわたり、ご紹介があるように、”放射線総合医学研究所重粒子医科学センター病院”の
下記資料(PDF形式)
http://www.nirs.go.jp/hospital/result/pdf/01.pdf
の”部位”が”頭頚部”の個所に”舌”の治療実績があるようです。
この資料からでは予後がどうなったかは分かりませんが、ご相談
されるのもよいかと思います。
ホームページに医療相談日等の記載がありますので、ご参照ください。
私事ですが、3年前、この病院で前立腺癌(Tb3N0M0)の治療を受けています。
部位によっての後遺症(嚥下困難等)もお聞きになるのもよろしいかと
思います。

20 名前: momo 投稿日:2007/08/18(土) 11:45
後腹膜の肉腫について、陽子線治療を検討しているものです。
肉腫への陽子線治療を実施した方、その効果を教えてください。よろしくお願いいたします。

21 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/19(日) 16:18
ttp://www.nhk.or.jp/heart-net/support/board/00033/00033_2626.html

ここはご覧になりましたか?
参考になるかわかりませんが。

22 名前: momo 投稿日:2007/08/21(火) 15:44
名無しさん、アクセスがつながれません。もう一度、アドレスを教えてください。

23 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/21(火) 17:47
>>21のアドレスの最初にhを付け足しましたか?

httpにしないとみれませんよ。

24 名前: momo 投稿日:2007/08/24(金) 23:48
名無しさん、httpにしてもつながりません。もう一度教えていただけませんか。

25 名前: 名無しさん 投稿日:2007/08/25(土) 01:26
http://www.nhk.or.jp/heart-net/support/board/00033/00033_2626.html
でどうでしょうか?
 携帯?

26 名前: momo 投稿日:2007/08/25(土) 14:59
名無しさん、ありがとうございました。重粒子線だとよく効くということがわかりました。

27 名前: イサド 投稿日:2008/01/06(日) 00:44
はじめまして。母が扁平上皮がん+肺気腫で手術ができず、イレッサが失敗しての肺炎と、
八方ふさがりの状態です。肺炎が回復してきている今、すると重粒子線しかないと思います。
金額は288万3000円とのことです。手続き等を主治医と相談してやってみようかなあと思っ
ています。国立がんセンターに連絡してみたいです。ちなみに岩手県在住なので、その辺が
一番のネックです。入院ともなれば、私の仕事の関係もあり、工夫が必要です。
同じような境遇の方や情報をお持ちの方教えてください。何、決心さえすればやりますがね。

28 名前: 名無しさん 投稿日:2008/01/06(日) 14:12
重粒子線の再発率は高いんじゃないですか?
治療を受けた方々が患者会のようなものを作っておられるようですが、
皆さん再発転移に苦しんでいる、と仰っていましたが…。

29 名前: イサド 投稿日:2008/01/06(日) 21:28
うん。でも再発/転移というのは、どんな治療でもある程度起こると考え、治療
後にどんな生活・生き方をするかを工夫していきたい。
28くんの言う「再発率は高い」「皆さん再発転移に苦しんでいる」ということが
果して事実であるか問う。「重粒子線の」の「の」なのか、それとも治療しても
がんと言うのは再発転移することが少ない無いと思うので、「も」なのか。具体
的に他の治療と比べて君の答えは責任のある事が、統計的に調査されていること
なのか。それと「皆さん」というのは何を分母として言っているのか。

30 名前: イサド 投稿日:2008/01/06(日) 21:39
ねえ、生きると言うことを考えると、本人や家族にとって、わずかな時間がどれ
だけ大切なのか分かるだろうか。君は「高いんじゃない」ということを言うが、
それは君がどういう意見を言いたいから書くのだろうか。27に書いた私の言動
が気に食わないのか、反論が好きなのか、「でもね」式のおきまりの意見なのか。
それとも君自身の周囲に重粒子線の経験者がいらっしゃるのか。「患者会のよう
なもの」、うん、「ようなもの」とは君は実際は把握していないのではないかな。
患者会の目的は何かな?重粒子線治療の反対かな、転移再発の予防、治療なのか
な。では、その患者会のURL等を教えてほしいです。

31 名前: 名無しさん 投稿日:2008/01/06(日) 23:04
>29 >30
特に何が言いたいという訳ではありません。反論でもなく、あなたの書き込みが
気に入らなかった訳でも、もちろんありません。
誤解されるような書き方だったでしょうか?すみません。

あやふやな書き方になってしまったのは、その患者の方に、ここに書く許可を
もらった訳ではないので、もしその方の不利益になるようなことがあっては
ならないと思ってのことでした。
たまたま参加した講演会で、お話になっていらしたのを聞いた者です。

32 名前: 名無しさん 投稿日:2008/01/08(火) 14:15
母が重粒子線で治療を受けています(イサドさんとは違う部位です)。
重粒子線治療後の再発や転移はあるかもしれません。
しかし、それは、根治を目指せるということになっている手術でもありうることです。
手術と比べ、重粒子線がより再発や転移が多いのかどうかは、重粒子線という治療方法が始まってからまだ年数が少ないのでなんともいえないところだと思います。

母の場合は、手術はできないといわれました。放射線、抗がん剤は効きにくい癌だということでした。
何らかの治療をしたいと考えるなら、ほかに選択肢はないと思えましたので、重粒子線にかけようということになりました。
重粒子線の医師は「完治を目指す」と笑顔で言ってくれました。
希望が見出せなかった患者や家族にとって、どんなに励ましになったことか!
治るのだ、治療を受けるのだ、という気持ちで生きていきたいんです。
だから、治療を受けることにしました。

もしかしたら「とにかく何かの治療を受けさせたい」という家族のエゴかもしれません。
重粒子線の治療にも副作用がないわけではないようですが、つらい治療ではないようです。
母の入院先の病院では、どの患者さんもとても和やかに過ごされています。
つらい治療ではないのだから、家族のエゴだとしても母は許してくれるだろうと私個人は考えています。
でもやっぱり私は母が治ってくれることを期待し、信じています。信じさせてくれないと、私自身、つらくてとてもまともではいられません。

33 名前: 名無しさん 投稿日:2008/01/08(火) 16:52
>>30

気が立ってるのは分からなくもないけど、はっきりいって人にものを尋ねる態度じゃないね。

34 名前: 名無しさん 投稿日:2008/01/14(月) 17:03
こうゆう切羽詰まった状態になるとその人間の真の器と言う物が良くわかります。
些細な事を大げさに受け取り、相手に対して責任がどうのこうのと、
攻撃的なレスをして自分の不満を解消しようとする方がいます、
人格的に未熟な方、知能的に平均値より多少劣る方に多い様に思います。

35 名前: 名無しさん 投稿日:2008/01/23(水) 15:46
私は、昨年末重粒子治療を受けた者です。今、古口六郎氏が中心になって、新患者の会
を、立ち上げようとしています。放医研側は、山田医師、4F.5Fの婦長さんが、窓口
になって、NPO法人設立に向け動き出しています。重粒子治療室で、リハーサルの説明を
受けている患者さんの、あの不安そうな顔。会が動けば事前に色々な情報を入手出来、少しでも
不安を軽減できるのではと思います。当然事務局は放医研内にできるでしょうから。

36 名前: 顔無し 投稿日:2008/03/08(土) 23:14
本年2月に筑波大にて食道癌のため、陽子線治療を受けました。
 今年4月から有料となる事です。

37 名前: 葵照彦 投稿日:2010/02/16(火) 11:43
陽子線、重粒子線で治療後の再発者の記事がほしいのですが何処かに在りませんか?

38 名前: たれ 投稿日:2012/10/01(月) 13:01
なかにし礼さんの話があるのでもっと賑わってると思ってましたが…
実際痛くない通院しながら治療できるし失う部位もない夢の治療法ならなぜまだ認可されていないのでしょうか

39 名前: 名無しさん 投稿日:2012/10/01(月) 18:13
設備費用が膨大なのでしょう。
で、当然、人数に限りが出てきます
残念ながら医療は、必ずしも治る、治らないで決るのではなく、
そこに費用(Money)が加味されます。

 外来でお薬を処方して、同レベルもしくは、
多少は劣っていも、効果が得られるならそちらが優先されちゃいます。
はやく普及し、各都道府県に最低1台は、欲しいです。

なかにし礼さんのおかげで、多少なりとも話題になり、
設備設置を唱える政治家さんが出れくることを願う限りです。

40 名前: 名無しさん 投稿日:2012/10/02(火) 06:20
福島原発の事故で、放射線そのものを口にすることがタブー視された雰囲気がありまして
私の県内の自治体で、陽子線治療施設建設の話しが立ち消えしてしまいました。

少々、古い資料ですが、費用対効果についても書かれてます
http://www.ytakashi.net/CONTENTS/0.cancer/reports/060925jyuryusi.pdf

私は、費用対効果が無いからこそ、公費で造るのが政治・行政だと思うのですが..

41 名前: 名無しさん 投稿日:2012/10/02(火) 22:36
なかにし礼さん、退院したばかりで「ガンが消えた」「完治した」と公の場で言って
大丈夫なのだろうか?最低5年は生存率を調べるべきではないか?
手術の場合、切り口やリンパ郭清で病理に回して転移の可能性を見るのでしょう?
それをしなくて大丈夫なのか?
影響力の大きい人がドヤ顔で語られると現在標準治療を受けている、またはこれから受ける(手術・抗癌剤など)
人や家族に影響はないのだろうか。
もちろん完全無欠のがん治療で認可が下りることを期待はしていますが…

42 名前: 名無しさん 投稿日:2012/10/03(水) 17:05
がん難民、医療格差でしょう。
混合診療が始まれば尚更、格差は広がりますよ。

43 名前: 名無しさん 投稿日:2013/03/06(水) 00:50
従来の放射線治療を30回受ける予定でしたが、医師と相談の上、25回で止めました。(半年前)
1度でも放射線治療を受けた患者は陽子線治療は不可でしょうか?
両方の治療を併用された方が、もしいらっしゃればお話お聞かせください。

44 名前: 名無しさん 投稿日:2013/03/06(水) 10:54
>>43

>1度でも放射線治療を受けた患者は陽子線治療は不可でしょうか?

そんなことはないのですが、安全とされる合計線量の基準というのがあって、それから残りの線量を割り出すことになります。
ただ、既に25回受けたということですから厳しくはなると思います。
正確なところは粒子線に詳しい医師にお尋ねになって下さい。

45 名前: 名無しさん 投稿日:2013/03/06(水) 19:53
>>44さん

コメントありがとうございます。残りの線量が少ない場合、陽子線治療も少ししかできず、
効果が少ないということでしょうか。なかなか厳しそうです。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]