がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>癌のニュースを吟味する

1 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/04(月) 17:12
癌に関するニュース。
そのニュースを吟味してくださる方々のご解説。

以上を二本柱に、
明日に希望をつなぎながら、勉強するためのスレッド。

2 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/04(月) 17:23
ガン細胞のみを老化させて殺す治療法。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005040445838

「ガン細胞だけ狙う治療法」 延世大研究陣が開発
APRIL 04, 2005 00:22 

ガン細胞のみを老化させて殺す治療法を韓国の研究陣が世界に先駆けて開発した。
延世(ヨンセ)大学生物学科の鄭寅権(チョン・イングォン、47)、
李泰昊(イ・テホ、49)教授チームは
「人体内の『MKRN1』遺伝子をがん細胞に投与した際、ガン細胞が成長を止め、
すぐ老化して死ぬということをはじめて確認した」と3日発表した。

同遺伝子は数年前に発見されたが、
その作用原理と機能については今まで明らかにされていなかった。

鄭教授らは、人体から乳ガンと子宮頸部ガンの細胞を抜き取り、
一ヶ月間培養した後、MKRN1遺伝子を投入した。
その結果、細胞分裂を重ねて成長していたガン細胞が
老化して消滅することがわかった。
同遺伝子がガン細胞の成長を手助けする酵素である
「テロメラーゼ」の働きを抑制したからだ。
テロメラーゼはガン細胞だけに働く。

人の体細胞は46個の染色体から構成されているが、
各染色体の端の部分は「テロメア」という特殊な構造となっている。
テロメアは、細胞分裂が進むにつれてどんどん短くなる。
そうするうちに、もはや短くならない「老化点」に達すると、
細胞分裂が止まり、老化消滅することになる。

しかし、ガン細胞は異なる。
テロメラーゼがテロメアを老化点より短くならないように保護するからだ。
そこでガン細胞は老化せず細胞分裂を続け、他の臓器にまで広がるのだ。

今回の研究結果は、生命工学分野の権威である
『遺伝子と発生(Genes and Development)』の最近号に掲載された。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テロメラーゼ阻害剤の開発ニュースの続報がなくて、寂しい思いをしていたら、
こんなニュースが\(^O^)/。

遺伝子が酵素の働きを抑制する、という機序が素人には分かりませんが、
これは遺伝子治療の一つ、なんでしょうか?

3 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/11(月) 23:45
大腸ガンが肝臓に転移した動物モデルで、
vesicular stomatitis virus (VSV)が効果を示すとの研究結果 

http://mougi.exblog.jp/1452544/

「殺腫瘍ウィルスであるvesicular stomatitis virus (VSV)を、
大腸ガンが肝臓に転移(複数の病変)したモデル動物(ラット)に
肝動脈から注入したところ、生存期間が有意に延長されたとのこと。

具体的には、VSVを注入しなかったラットのグループは、19日で全部死滅したのに対し、
VSVを注入したグループは、最長24日まで生存した。
ベクターウィルス使用に伴う有害な作用は認められず、
肝実質へのダメージもなかったとのこと。
当該ウィルスに改善を加えて有効性を増す可能性もあるし、
大腸ガン以外のガンでも肝臓に転移したガンを治療するのに使用できるようになる
可能性があると研究者はコメント。
( 原典#01:OncoLink Cancer News )」

ウィルス治療と言えば、名古屋大学の単純ヘルペスウィルスによる
乳癌の治験が有名ですね。
乳癌は第1相のみで、第2相は膵臓癌になる予定らしいですが…。

上記のベクターウィルスによる治療は、大腸癌に効果があるのか、
肝臓に存在する癌細胞に効果があるのか…。
もし後者なら、肝転移の際にはダメモトでいいから
治験にでも参加させてほしいです!

4 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/12(火) 00:25
腫瘍細胞は受動的ではなく能動的にリンパ節に転移する 2005-04-09
http://www.biotoday.com/view.php?n=6833

「腫瘍細胞がリンパ節に転移する前に、VEGF-Aはセンチネルリンパ節での
リンパ管の新生を促進すると分かりました。」


VEGF-Aが、リンパ管の成長を促進させ、
ガンのリンパ節への転移を引き起こす機能を持つとの研究結果 
http://mougi.exblog.jp/1452518/

「VEGF-Aは腫瘍への栄養供給をする血管を新生させる機能を持っている
ということが知られている。
マウスを用いた今回の研究で、当該因子がリンパ管の成長を
促進するらしいことが分かったとのこと。
研究者によれば、これは、従来から言われている「種と土壌との関係」
(ガン(種)は、それぞれに適した土壌(転移先)で成長するという考えかた)
仮説に対して新しい曲がり角になるかも知れない、
つまり、種が土壌を自分に有利なように積極的に変えてしまう可能性が
見出されたとコメントしている。
又、今回の発見により、ガンの転移に対する新しい治療法が見つかる
可能性があるとも指摘している。」 (原典r09 MedicineNet Cancer General)

はい、そりゃもう、可能性だけなら掃いて捨てても有り余るほど…(T.T)





5 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/13(水) 18:30
東大医科研ががん幹細胞研究に一石、
幹細胞の自己複製能遺伝子を同定 2005年01月12日

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/353212

【 東京大学医科学研究所のグループが造血幹細胞の自己複製に
本質的な関りを持つ遺伝子を同定、Cell誌の2004年12月号に発表した。
幹細胞の特徴の1つである自己複製能は最近、
がん細胞にも共通するとの考えが広がっている。
今回の発見は、白血病治療薬開発の新しい標的になる可能性が
あるとともにがん幹細胞研究の進展としても注目される。】

6 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/14(木) 23:49
生存率左右する因子を解明 複数のがんに抑制効果
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050413-00000199-kyodo-soci

【 細胞のDNAと結び付くタンパク質「ATBF1」が
前立腺、乳、ぼうこう、胃のそれぞれのがんに共通に働くがん抑制因子で、
患者の生存率をも左右することを、名古屋市立大の三浦裕助教授らの
研究グループが突き止め、米科学誌ネイチャー・ジェネティクス4月号に発表した。

 実験結果からATBF1は、あらゆるがんの抑制因子として共通に働く可能性があり、
発がんのメカニズム解明やがん治療の効果アップも期待されるという。
 ATBF1は細胞分裂の際、16番染色体の核に出現。
これが核から細胞質に移動すると、がん抑制機能が失われる。
生体検査で核にATBF1の発現がみられたぼうこうがん患者の
10年後の生存率が80%なのに対し、発現がなかった患者は0%だった。
 同助教授は「予後を決定する因子にもなる」として、
ATBF1の異常を検出できる抗体キットを民間の研究所と共同開発、
近く実用化したいとしている。  (共同通信) - 4月13日20時46分更新

7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/16(土) 02:49
がん転移抑える遺伝子の働き、韓国内学者が初めて究明
http://japanese.joins.com/html/2005/0414/20050414142959400.html

【 がん転移を抑える遺伝子の働きが、韓国内科学者によって、世界初めて究明された。
ソウル大・生命科学部のベック・ソンヒ(35、女)教授チームは、13日、
がん転移を抑える遺伝子とされる「KAI1」がTip60やベーターカテニンという
タンパク質に影響される、との事実を確認した、と発表した。

 研究結果は、英科学雑誌「ネーチャー」の14日付に載せられた。

 ベック教授は「96年ごろ、KAI1に、前立せんがんの転移を抑える機能があることが
確認されたが、その働きはベールに包まれていた」とし「今回の研究結果は、
正常な細胞は傷付けずがん細胞だけを選んで攻撃する、新概念の抗ガン剤を
開発するうえで活用できる」と話した。

また「同研究結果は、前立せんがんなどといったステロイドホルモン系の乳がんにも適用でき、
胃がん・肝がんなど他のがんの転移と関連した働きについても、続けて研究する計画」だとした。

申成湜(シン・ソンシック)記者 < ssshin@joongang.co.kr > 2005.04.14 14:29 】

なんか最近、こういうニュースが多いような…。
最初の第一歩、のような発表ばかりですが、続報に期待(-人-)。

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/22(金) 20:32
中国:子宮頚がんワクチンの開発進む 2005年04月21日

[中国癌症研究基金の彭玉理事長によると、中国初のがんワクチンとなる
子宮頚がんワクチンの第3期臨床試験が2年後の実用化に向けて行われている。
これが成功すれば、子宮頚がんは人類が数種類の方法によって
予防・根絶できる初の悪性腫瘍となる。

上海復旦大学産婦人科医院の徐愛テイ教授によると、同ワクチンはすでに
臨床試験の認可を取得しており、第3期臨床試験が実施されている。
彭理事長は、2-3年で同ワクチンの実用化が期待できるとしている。

子宮頚がんは世界でも乳がんに次いで頻度の高い女性の悪性腫瘍。
世界で毎年新たに約50万人がかかり、うち80%の症例は発展途上国で発生している。
中国では毎年新たに約13万1500人がかかっており、世界全体の28.8%を占める。
(日中グローバル経済通信)]



9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/04/23(土) 17:49
2つのメカニズムからガンを攻撃する化合物の発表 
http://mougi.exblog.jp/1577151/

《最近カリフォルニアで開催のAmerican Association for Cancer Research
年次総会で発表されたFdUMP(10)という化合物で、
実験室の研究では前立腺ガンに対してfluorouracilの300~400倍の効力があり、
白血病や大腸ガンにも有効であるとのこと。
当該化合物は、ガンの増殖に必要な酵素であるthymidylate synthaseを
抑制するのと同時に、DNAトポイソメラーゼも抑制するとのこと。
研究者は、当該化合物の作用メカニズムがわかったことで、
他の治療方法との広範囲な併用療法が可能になるとコメントしている。
(原典r09 MedicineNet Cancer General)》

10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/04(水) 17:02
ある種の原虫からの蛋白質が抗腫瘍効果を持つとの動物実験結果 
http://mougi.exblog.jp/1683399/

標記蛋白質とは、Eimeriaという原虫から取り出したもので、
barrogenと命名されている。S-180 腫瘍モデルマウスに腹腔内投与
したところ、80%以上の治癒率が得られ、GM-CSFと併用した場合は、
100%の生存率が得られたとの実権データがあるとのこと。
この蛋白質は、数種類のサイトカイン、とくにIL-2の放出を促進し、
また、脾臓からの樹状細胞の放出も促進するとのこと。
現在Phase I臨床試験を実施中で、ガンをもったイヌでの実験も予定しており、
これらの研究によって、治療対象となり得る腫瘍を見つけていきたいとのこと。
( 参考資料#01:OncoLink Cancer News )

マジですか?! その上、100パーセントでPhase1?!

先生方!!是非是非ご解説をお願いします!!

11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/18(水) 20:59
北大の研究グループ、がん抑制の遺伝子発見 新治療法の開発に光
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050518&j=0047&k=200505182575
 2005/05/18 07:04

「北大遺伝子病制御研究所の畠山昌則教授ら分子腫瘍分野の研究グループが、
「ESXR1」というヒトの遺伝子に、治療の難しい膵臓がんをはじめ、
大腸や肺など多部位のがんの増殖を食い止める働きがあることを、
世界で初めて発見した。

がんの原因となる遺伝子だけに作用するため今後、
副作用の少ない遺伝子治療への応用が期待される。
十七日までに、英国のがん専門誌「オンコジーン」(電子版)で発表した。

 畠山教授らは、ESXR1が作るタンパク質が、
別の遺伝子の活動を抑える可能性があることに注目。
三万を超えるヒトの全遺伝子をコンピューターで照合した。
その結果、ESXR1タンパク質が、ヒトの細胞増殖に関係する遺伝子の一つ
「K-ras」に結合すると、K-ras遺伝子がタンパク質を
作らなくなることを突き止めた。

 同グループによると、正常なK-ras遺伝子が作るタンパク質
「K-Ras」は、外から刺激を受けて細胞増殖の開始や停止をつかさどる
スイッチの役割を果たす。
一方、何らかの原因で傷がついたK-ras遺伝子が作るタンパク質
「変異K-Ras」は、刺激に関係なく細胞増殖の信号を出し続け、
がん細胞を増殖させる。

 畠山教授によると、ヒトの代表的ながんはK-ras遺伝子の傷(変異)が
主な原因。その割合は、これまでの各種の研究データから膵臓がんの
70-90%、大腸がんの50%、肺がんの20-50%、
胃がんの5-10%を占める。

 同グループは、大腸がんや胃がんの細胞に遺伝子ESXR1を注入した実験で、
K-ras遺伝子に傷を持つがん細胞がそれ以上増殖しないことを確認した。
さらに、ESXR1はK-ras以外の細胞増殖にかかわるヒト遺伝子に
影響を及ぼさないことも分かった。

 畠山教授は「傷ついたK-ras遺伝子が原因のがんであれば、
どの部位のがんでも有効」と説明。

 早期発見が難しく、外科切除術以外に有効な治療法があまりない膵臓がんに、
その効果が最も期待されるという。

 同グループは、既に遺伝子治療の研究にも取り組んでおり、
畠山教授は「多くのがんに対して、がん細胞だけを選んで標的とする
新しい治療法の開発につなげたい」と話している。」

どんどんつなげちゃってくださいよ!遠慮はいらないから!

12 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/19(木) 13:31
東大医科研、がんペプチドワクチンで「セミオーダーメード」治療目指す
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/375741

「東京大学医科学研究所で、がんペプチドワクチンを患者に投与する
臨床研究が進んでいる。
同研究所外科・臓器細胞工学分野の田原秀晃教授が、2005年5月17日に
明らかにしたもの。将来は、がん組織の遺伝子発現に合わせて、
用意した抗原ペプチドの中から最適なペプチドを選び、
組み合わせて投与する「セミオーダーメード」のがんワクチンの
実現を目指す。   2005年05月19日 09時47分」

13 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/22(日) 10:16
がん細胞「自殺促進」の新化合物

 「治療の副作用低減へ

 医薬品研究開発ベンチャーのキャンバス(静岡県沼津市、河辺拓己社長)は、
抗がん剤治療の効果を高める基礎技術を開発した。
新しい化合物を使ってがん細胞の自殺を促進する仕組みで、
動物実験ではがん増殖の速度を従来の半分に抑えられた。
それだけ抗がん剤の使用量を減らせ、副作用を低減できる可能性があるという。

 細胞は分裂して増殖する前に、遺伝子に異常がないかをチェックし、修復する過程がある。
この修復ができない場合は通常、がん化などを防ぐために細胞が自殺する仕組みがあるが、
それがうまくいかずにがんにある場合もある。
いったんがんになった細胞は正常細胞に戻すような修復は起きないが、
がん細胞として増殖するための修復は続く。

 キャンバスが開発した技術は「CBP501」と呼ぶ化合物を使って、
がん細胞の修復機能を完全に抑える。治療では抗がん剤とともに投与する想定。
抗がん剤はがん細胞の遺伝子に異常を与えるので、ここで修復機能を抑えれば、
がん細胞は自殺する仕組みだ。

 人のすい臓がんをマウスに埋め込んで実験したところ、新手法はがん細胞の増殖速度を、
抗がん剤だけの場合と比べて約半分に抑えられた。
また、正常細胞にCBP501を与える実験では分裂にほとんど影響しないことが分かった。
同社は早ければ今年中にも米国で臨床試験を始める予定としている。
他の化合物の研究も進め、さまざまながんの治療法確立を目指すという。(日経産業新聞)」

14 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/22(日) 11:33
 ↑  http://www.canbas.co.jp/index.html
「キャンバス」のHPを見たら、すでに
「2005年5月 臨床試験第1相試験開始
Phase 1 clinical study has been initiated in the US.」
と、インフォメがありました。
特許なども、ヨーロッパや米国で取得しているようです。
ガンバレーーー!!


15 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/23(月) 11:20
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20050523002.htm

がん転移「犯人」見つけた 
金大・河原教授 原因酵素のひとつ特定

「人間の細胞内にある脱リン酸化酵素「フォスファターゼ」の一種が、
がん細胞の転移に関係していることを金大大学院医学系研究科保健学専攻の
河原栄教授(病理学)が突き止め、二十二日までにドイツの細胞生物学誌に発表した。

同教授はこの酵素の機能を抑制すると、がん細胞の運動が停滞することを確認した。
がん転移の原因酵素が絞り込まれたことで今後、単に転移を防ぐだけでなく、
正常細胞への副作用が少ない新薬開発にもつながるとみられる。

 がん細胞は、組織を破壊して血管に入り込み、他の臓器に転移するなど、
正常細胞に比べて活発に動く。がん細胞の動きを活発にする信号は、
大別すると二種類の酵素が次々と活性化することにより伝達される。

 フォスファターゼと、同じく細胞内にある「マップキナーゼ」といわれるリン酸化酵素で、
マップキナーゼががん細胞の運動に関わっていることは既に知られている。
しかし、フォスファターゼの働きについては不明な点が多く、
河原教授はフォスファターゼの中の「PP2A」というグループに属する
「Bβ」という酵素の働きに焦点を当て、がんの動きとの関連性を検証した。

 実験では、培養したヒトの食道がん細胞から「Bβ」の働きを完全に抑制した場合と
そうでない場合のマップキナーゼの活性化量を調べた。
その結果、十五―三十分後に後者は大幅に増加したのに対し、前者はほぼ一定値で保たれた。
このため、「Bβ」が何らかの形でマップキナーゼに影響を及ぼし、
がん活性化の信号伝達に重要な役割を果たしていることが証明されたという。

 がんを抑えるために百種類を超えるフォスファターゼのすべてを阻害する
薬も開発されているが、正常な細胞にも同様に働くため、患者への副作用が大きい。
がん転移に関連する酵素を絞り込んだ今回の研究成果が、
副作用を軽減した新薬の開発を後押しするといえそうである。

 河原教授は「年内にあと三種類の酵素について実験を進め、
どんな臓器のがんに働くのかも含めて明らかにしたい」としている。」

血液検査で調べる、ALPの値は無関係なんでしょうか??


16 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/11(土) 18:10
札医大グループががん細胞「自殺」剤の仕組み解明 
新薬開発に期待  2005/06/10 09:52
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050610&j=0030&k=200506109813

 札幌医大第一内科の安達正晃助教授らのグループは、
がん細胞を「自殺」させる新タイプの抗がん剤の仕組みを初めて解明した。
この薬剤が、がん細胞内で細胞を死なせるタンパク質の一種Bmfを
作り出すことを突き止めた。今後の抗がん剤開発に役立つ成果と期待される。
10日、米国の生命科学雑誌「セル・デス・アンド・ディファレンシエーション」
(電子版)に掲載される。

 安達助教授によると、現在使われている主な抗がん剤は、
がん細胞のDNAの合成や複製、細胞分裂を妨げて治療効果を生み出す。
今回研究したのはがん細胞の死を促す働きがあり、
「ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤」と呼ばれる。
数年後の実用化を目指して米国で開発中だが、
細胞が死ぬメカニズムは分かっていなかった。

 研究グループは、張予浜同大訪問研究員(ハルビン医科大医学博士)が
培養したさまざまながん細胞に同薬剤を投与し、
タンパク質を作るために必要な遺伝子の「転写」という作用を調べた。そ
の結果、細胞内のタンパク質の一つ、ヒストンが化学変化(アセチル化)すると、
「Bmf」という別のタンパク質の遺伝子転写因子(タンパク質の一種)が
DNAの一部に結合し、転写が活発に行われることが分かった。

 こうしてBmfが大量に作られると、がん細胞が自ら死に至ることが判明した。

 この転写は、大腸がんなどの腺がん、口腔(こうくう)がんなどの
扁平(へんぺい)上皮がん、多発性骨髄腫などの血液がんで確認され、
Bmfが多くの種類のがん細胞の死に関係していることがわかった。

 安達助教授は「今後、Bmfを抗がん剤の効き目を図る指標にして、
新薬や、複数の抗がん剤を組み合わせる化学療法を開発する可能性が高まった」
と話している。

多種で確認でき評価

 広橋説雄国立がんセンター研究所長の話 この研究で対象とした薬剤は、
遺伝子の働きを制御する新しい抗がん剤として注目されている。
Bmfが薬剤の働きの鍵になってることを特定し、
しかも多くの種類のがんで確認できた点が評価できる。

17 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/11(土) 20:21
大変希望が持てるニュースに心から感謝します。

ただ・・・これは>>16さんにだけではないのですが、無断転載はまずいですよ。
文章(たとえ掲示板の投稿でも)には、必ず著作権が発生します。
URLを貼るのは構わないけれど、文章をそのまま貼り付けるのは、やめましょう>みなさん。
あまり続くと、もしかしたら管理人さんにもご迷惑がかかるやもしれませんので。

18 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/11(土) 20:50
追記です。
引用だけでも、これだけのルールがあるのですから、文章丸ごとコピーは、やはりマズイです。
下記参照。
http://homepage2.nifty.com/hebicyan/main/cho1.html#ss13a

19 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/12(日) 19:23
>>17
希望にはならないよ。
だって実用化に何年かかると思う?
5年生存率に一喜一憂する癌患者には何の意味も無いでしょ。

20 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/12(日) 23:55
>>17>>18
なるほど
誰とは言わないけど
誰でもが簡単にコピーできないところから
文章を持ってくるってのは、なおさらまずいわけだね。
著作権だけでこれだから
会員制のところから持ってきちゃあ
こりゃまずいわな。
覚えのある人は注意しましょう。

こら、そこの君! 手をあげろとは言ってないぞ。

黙ってましょうね。みなさん。

21 名前: 20 投稿日:2005/06/13(月) 00:10
とは、言ったが今は Winny とか言うのがあって

おじさんには訳がわかりませんわな、あはは‥‥

22 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/14(火) 22:28
リンパ球増やしがんを攻撃 九大が新DNAワクチン (1) 
【2005年6月8日】
 がん細胞や感染症の病原体を攻撃するリンパ球の一種「キラーT細胞」を
大量に増やす新しいDNAワクチンの開発に、九州大大学院の姫野国祐
(ひめの・くにすけ)教授(感染免疫熱帯医学)と久枝一(ひさえだ・はじめ)
・助教授らが7日までに成功した。

 マウスを使った実験で、皮膚がんや肺がんのほか、エイズ患者らに重い感染症を
引き起こす寄生虫のトキソプラズマ、結核菌などに効果があることを確認した。
今後、国内の製薬会社と共同で人への応用を目指す。

 姫野教授らが開発したのは、細胞に存在するユビキチンというタンパク質の
遺伝子と、がん細胞や病原体の遺伝子とを融合させた人工遺伝子を用いたDNA
ワクチン。

 空気銃のような注射器で皮下に注入すると、がんや病原体の抗原を持った細胞
(抗原提示細胞)が作られ、キラーT細胞がその抗原で活性化して爆発的に増加。
その結果、体の免疫機能が高まり、がん細胞や病原体が排除されるという。

 皮膚がんの実験用マウスを使い、ユビキチンとがんの融合遺伝子を注入した場合と、
がん遺伝子だけを注入した場合を比較したところ、融合遺伝子ではがんの増殖が抑制
されたのに対し、がん遺伝子だけではがんが大きくなり、生存率も悪化した。
肺がんの実験でも融合遺伝子では転移が抑制された。

 病原体ではトキソプラズマと結核菌以外に、マラリアへのワクチンも開発中という。

 姫野教授は「従来のDNAワクチンはこうした効果がない。
タンパク質のワクチンでも、キラーT細胞の誘導が困難だったり、ショックを起こす可能性が
あるなど問題があったが、ユビキチン遺伝子の利用で解決できた。
安価で大量生産もできる」と話している。

>>20>>21 おじさん、と自分で仰っておれれるのでそう呼びますが
私のデータのことをおっしゃっておいでなら
ソースで「他の人に転送」は可 としているのですから 問題ないでしょう。
私がソースからこうして転送しているのかどうかは、関係ないですよね。
著作権の問題は、この一文でクリア出来るのではないですか? 異論 どーぞ


23 名前: ちゅらん 投稿日:2005/06/15(水) 00:31
ほら、いわんこっちゃない。家のポンツクが余計な事を言いまして
ほんとすみません。
削除をお願いしていたんですけど。
>>22さんの仰せの通りなのかどうかわかりませんけど
御議論はお偉い方々に任せます。
うちは見てるだけにします。   ごめんなんせ

24 名前: 腹腔鏡手術、半数が不合格 投稿日:2005/06/15(水) 04:42
お医者さん!がんばってください。
--------------------------------------
腹腔鏡手術、半数が不合格…一線の医師対象に初テスト
<削除>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050615-00000101-yom-soci


25 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/15(水) 08:40
>>24さん
だからぁ・・・URL貼るだけでいいでしょ?!
そのページの一番下に書いてあるでしょ↓

「Copyright (C) 2005 読売新聞社 記事の無断転用を禁じます。」

26 名前: だんなじゃ 投稿日:2005/06/19(日) 22:01
お前はだまっとれ、いいから、大丈夫やからな。

22さんや、あんたはんのいわはるソースとやらが
m3.com やったらちいとばかし、様子が違うんとちゃうんかい?
あそこでは「医療従事者以外」に転送するのはご遠慮ください。と
いってますがな。あんたはんは、医療従事者でおますか?
そうでっか? ほな、問題あらへん って ちゃいますがな。
ほんまに医療従事者かって いう問題が残りますがな。

そこまで言うてもって、いわなしゃあないやろが、おまいはいつもそう
だからなsくあpんbhんtfが

gじゃおyほ

27 名前: ちゅらん 投稿日:2005/06/19(日) 22:11
すみませんでした。まとめます。
家の旦那の言うことにはですね。m3.comであったなら
医療従事者以外への転送を認めていないので、やはり著作権などに
関する問題点は残るのではないかと言いたいらしいです。
第三者が医療従事者で無かった場合でも、やはり発送元が医療従事者に
限るとしている以上、ここに書き込む人が医療従事者で無かった場合に
問題があるのではないかとの言い分です。

でも、医療従事者ったっていろいろありますからねえ。
私だって、レセプト事務員ですから。いえ、これ以上はごめんなんせ。

お騒がせしました。

28 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/21(火) 01:16
ちゅらんさん、そうですね。
例えばここで書いた自分の文章が、勝手にどこか知らない掲示板にそっくり貼り付けられていたら嫌ですものね~。

たとえ掲示板の書き込みでも『書いた文章には著作権が発生するから、勝手によそにコピーしてはいけないんだぞ!』って、知らない人には解って欲しいですね。

29 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/22(水) 07:34
余命半年以内の患者への告知46%…初の全国調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050622-00000101-yom-soci
-------- 以下、「引用」----------------
・「10%未満」に告知:23・5%
・「100%」に告知: 2・2%
・患者本人に治療方針を確認する割合:47・2%
・患者本人に「延命処置」の希望を確認:15・2%
・患者本人に余命を告知:26・6%
・家族に告知:95・8%

30 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/23(木) 12:50
小児がん克服者に共済事業
治癒から7年以上たった小児がん経験者を対象に、
入院見舞金や死亡見舞金を支払う共済事業が8月からスタート
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/index.asp?id=2005062327113

団体名:「ハートリンク」。
8月1日から共済加入の募集を開始。
対象:治癒後、7年以上たった15歳から59歳まで

31 名前: <削除> 投稿日:2005/06/25(土) 14:44
<削除>
IP : client10.sumoto.gr.jp

32 名前: いのげ 投稿日:2005/07/13(水) 22:17
>30
この団体検索してみたら
同様の名前の団体が多数あるのはしょうがないとして
団体の経済的評価のデータがみつからなかった
裏づけとなる資本なり再保険の有無を
加入される前に検討しておくべきです

33 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/07/15(金) 19:32
がん攻撃細胞の“助っ人” Th1細胞を大量加工 北大・西村教授ら技術開発  2005/07/13 10:17
北大遺伝子病制御研究所の西村孝司教授ら免疫制御分野のグループが、
ヒトのリンパ球からがんにだけ反応する「タイプ1ヘルパーT細胞
(Th1細胞)」を短期間に大量加工する技術を世界で初めて開発した。
同細胞はがん細胞を攻撃して殺すキラーT細胞を増やしたり、機能
を強化するなどの役割を果たす“助っ人”で、新しいがん治療につな
がると期待される。十五日付の米国血液学会誌で発表する。

これってどうなんでしょ?

34 名前: K 投稿日:2005/07/29(金) 15:29
リンパ球による免疫療法のいつではないでしょうか?いわゆるナチュラルキラー細胞とよばれるものですね。まだ、研究段階だろうと思います。要は、動物実験段階なのか、臨床知見段階なのかですね。

35 名前: いのげ 投稿日:2005/07/29(金) 17:39
http://www.bloodjournal.org/cgi/content/abstract/106/2/470
動物実験にもまだいってません
細胞実験レベルです

36 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/09(金) 20:58
がん細胞抑制の光触媒微粒子をTOTOが開発
http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/ke_05090901.htm

抗がん作用のある光触媒微粒子を開発。
生体内に安全に投与でき、がん細胞の増殖を抑制する効果があるという。
医薬品メーカーなどと連携し、3年後をめどに、
新しいがん治療法としての実用化を目指す。

今回の研究成果は、今月14日に札幌市で開かれる
日本癌(がん)学会で報告する。

37 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/14(水) 12:00
経済産業省は06年度に、がん細胞を極めて早期に発見できる
診断機の研究開発プロジェクトを立ち上げる。

http://www.wakagaeri.com/topics/topics.php?page=1&VOLUME=00000509

これが実現すると、PETやヘリカルCTは不要になるの?

38 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/15(木) 18:31
特殊な免疫細胞で末期がん患者延命…理研・千葉大
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050915i307.htm

>従来の治療が効かない肺がん患者9人から、特殊な免疫細胞(樹状細胞)を採取。
これにNKT細胞を活性化する物質を取り込ませ、増やして患者の体に戻した。
樹状細胞1億個を戻した患者3人のうち2人で、がんの増殖が止まり、2年半が経過
した今も転移などがなく普通の生活を送っている。1人は肺がん以外の病気で死亡した。
樹状細胞が1000万個以下では、3年経過した現在、6人のうち、がんの増殖が
止まったのは1人だった。

39 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/15(木) 20:23
>>38

早期の実用化を大いに期待したいと思います。

40 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/23(金) 21:03
[がんを素早く発見・島津製作所などが血液解析装置

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050923AT1D2100R22092005.html

 がん細胞だけに現れるたんぱく質を探すための血液解析システムを開発した。
血液中のたんぱく質分布をコンピューターで表示する機能を持たせたのが特徴で、
がん患者と健常者の血液成分を図を使って比較できる。
これまで3カ月かかっていたデータ解析作業を1日に短縮できるという。]

部位の特定はできないのかな?



41 名前: sage 投稿日:2005/10/04(火) 18:34
朝日の夕刊一面。がん自滅の「鍵」発見。

42 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/04(火) 20:06
>>41
それ夕刊買わないと見れない?
読んでみたいです。詳細教えてください。

43 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/04(火) 21:38
もしかして、コレですか?

http://www.asahi.com/science/news/OSK200510030070.html

【がん細胞の増殖を止める鍵になるたんぱく質を、
米ハーバード大の中谷喜洋(なかたに・よしひろ)教授(分子生物学)らの研究チームが発見した。
がん細胞内で、このたんぱく質「p600」の合成を妨げたところ、がん細胞は増殖を止め、
次々と自滅したという。】

44 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/05(水) 09:34
P600の事でしょう。

45 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/08(土) 11:39
テレビ朝日でやってたけど、p600を減らす薬を創るのに
1~2年。その後、治験をして実用化までには数年かかる
そうだよ。ただ、うまくいけば将来的に手術が不要になる
かもしれないってさ。p600を減らしても正常細胞は死滅
しないので副作用の無い治療薬になるとか

46 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/09(日) 01:41
この手の話は、今までにも随分たくさん出てるよね?
でも、未だ実用化に至ったものはないみたいだけど…。

p600は、今までのとは、一線を画するのですか?

47 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/02/10(金) 15:11
がん登録は個人情報保護法の適用外
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060210-00000006-yom-soci

 ケア板にスレを立てさせて頂きました。
http://www.gankeijiban.com/bbs/read.cgi?bbs=kea&key=1139551712&ls=50

48 名前: 石榴 投稿日:2006/04/08(土) 03:33
確かに医療技術は進んでるけど、結局のところ
医療情報はストップのままだよ。生化学は進んでるみたいだけど・・・
抗がん剤より効くサプリメントって実際にあるからね。

49 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/08(土) 08:45
>>48

>抗がん剤より効くサプリメントって実際にあるからね

医師の処方箋や薬剤師のアドバイスを受けずに
抗癌剤以上の効果があるサプリが購入可能なのですか?
是非とも教えて下さい。

50 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/13(木) 15:49
>>48
根拠が皆無のカキコですか?


51 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/14(金) 05:02
「がん増大を抑制」 国内初の肺がん遺伝子治療

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060413-00000120-kyodo-soci

国内初。肺がん遺伝子治療。4大学計15人の患者で、
11人にがんの増大が止まる効果。副作用は問題ないレベル。
岡山大の田中紀章教授(消化器・腫瘍(しゅよう)外科)と
藤原俊義助教授らが、米専門誌に発表。共同通信

52 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/09(火) 23:41

3抗体併用で、大型がん消滅。 順大が動物実験で成功。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060507ik21.htm

マウスでは、5ミリ角の乳がんや腎臓がんが、10匹中7匹で消滅した。
人間だと、握り拳大のがんが消滅したことに匹敵するという。

奥村教授は「がん細胞を移植したマウスを治療したのでなく『自家がん』と
呼ばれる自然に近いがんを消滅させた点で、意義は大きい。
これらの抗体の作用は人間でも同じと考えられるため有望だ」と話している。


抗癌剤でも、3剤併用とかですよね。
1本なら折れる矢も、3本束ねたら折れない。

53 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/13(土) 00:24
>>48

ガンに効くといわれている健康食品やサプリメントを、医師が科学的に検証しているサイトもあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/anticancer/

54 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/18(木) 03:23
【膵臓がんに効果あり 4療法併用で治療

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20060517004.htm

立山町の藤木病院は手術ができない末期膵臓がん患者に対し、
温熱、高気圧酸素療法、抗がん剤と薬剤で血流を改善する補助療法の
四つを組み合わせることで治療の相乗効果を上げている。

ほかの臓器に比べて低酸素状態にある膵臓の特性を考慮した方法。
過去二年で余命半年から一年と診断された約三十例のうち、
四つが完全に併用できた患者五人はいずれも存命している。】

ハイパーサーミアと、高気圧酸素治療装置(濃度100%の酸素を
体内に取り入れることができる)、さらに血流完全薬の併用を、
化学療法と併用することでより抗がん剤の効果が高まり、
増殖停止につながっているとしているそうです。
成果を挙げているのは五十代から七十代の患者五人で、
「四つの療法を完全に実施できた場合、延命の効果が出る」そうです。

55 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/06/18(日) 19:09
ニンニク精製オリゴ糖+レクチン 副作用なく抗がん効果 

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/20060618/20060618_002.shtml

 炭水化物の一種でニンニクから精製した「オリゴ糖」と、
タンパクの一種である「レクチン」とオリゴ糖の混合物に
いずれも抗がん作用があることが、
九州工業大情報工学部(福岡県飯塚市)と産業医科大(北九州市八幡西区)の
共同研究班のマウス実験で分かった。
副作用もほとんどなく、研究班は本格的な臨床実験に取り組む。
第20回国際生化学・分子生物会議で発表する。

22日目には、腫瘍(しゅよう)部分の体積が、
オリゴ糖単独で89%、混合物で66%減少した。
実験では顕著な副作用はなかった。

抗がん作用は、結腸がんのほか、大腸がんや前立腺がんなどの
腺がん類の実験でも確認された。

前立腺がんについては、患者の協力を得てヒトへの投与も試みて、
抗がん効果が得られたという。


レクチンというと、先日の白インゲン豆ダイエット直中毒事件で

「白インゲン豆に含まれるたんぱく質の「レクチン」は、
加熱が不十分な まま食べると食中毒を起こすことがある。」

って、犯人にされてませんでしたっけ?

56 名前: 癌患者 投稿日:2006/06/19(月) 13:41
>54
少量抗癌剤+温熱+高気圧治療は、もう数年前(3~4年)から、岡山と福岡で実施されてましたよ!

57 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/06/24(土) 09:29
抗炎症剤で予防可?
「中皮腫」発症を解明…米大チーム

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060620-00000506-yom-soci

アスベストによる悪性中皮腫の発症には、体内で炎症を引き起こす
反応経路が主要な役割を果たしていることを、
米ロヨラ大などの研究チームが突き止め、発表した。

炎症状態では、アスベストによって傷ついた異常な細胞が
死なずに増殖するという。
研究者らは「抗炎症剤によって、悪性中皮腫を防げるのではないか」
と期待している。


58 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/06/25(日) 05:43
厚労省、痛み軽視見直し…「初期がん」から緩和ケア

 厚生労働省は、末期のがん患者の痛みや心労を取り除く「緩和ケア」を、
初期がんを含むがん治療の全段階に導入するため、
新しい医療体制を整備することを決めた。

 全国135か所の拠点病院に、2年以内に緩和ケア対応医療チームを
設置するよう求めると共に、
モデル地区から選んだがん患者5000人に対し、
緩和ケアを組み込んだ試験的な医療を開始する。

 緩和ケアの普及を目的とした基本計画を5年以内に策定することを目指す。

 国内でのがん発症者は、年間約60万人。がんと診断された患者は、
早い段階から、死への不安を抱えたり、がんや治療による苦痛を感じたりしている。
だが、国内の医療現場は、手術でがんを取りきるなど根治を重視しているため、
終末期を迎えるまで、ほとんど緩和ケアは行われていない。
(読売新聞) - 6月25日3時7分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060625-00000001-yom-soci

59 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/06/30(金) 06:24
免疫療法?!
http://www.usfl.com/Daily/News/06/05/0512_015.asp?id=48470

がんに対する免疫を先天的に持っているマウスから採取した白血球細胞が、
他のマウスにも半永久的な免疫作用をもたらすという研究結果が発表された。

がんに免疫のあるマウスから白血球細胞を採取し、
すでにがんを発症した他のマウスに注入したところ、
すべてのマウスでがん細胞が死滅し、その後も免疫を維持した。

 これに似たがん耐性は、人間にもあるかもしれないことが
すでに確認されていることから、今回の発見に期待する声もある。

国立がん研究所がん研究センターのハワード・ヤング氏は、
「腫瘍細胞を退治できる細胞というのは、非常にエキサイティングだ。
ただし、これはマウスの研究であり、人間に同じ遺伝子があるという保証はない」
と語っている。

この種のマウスは、最近になってようやく、
他の研究所に提供するほどの数に増やされてきた。

ウェイクフォレスト大学のゼン・クイ博士は、
今回の研究結果は非常に明確であるため、
他の研究所でもすぐに再現できるようになるだろうと予測している。
「本当に驚きの現象で、他の研究所でも確認される必要がある」という。

60 名前: いのげ 投稿日:2006/06/30(金) 19:21
>>59
単純に考えるとGVHD(移植物対宿主病)をきたす恐れがある
方法なので 臨床応用のためにはそのへんをクリアする必要がある
と思います.

あるいはウィルス遺伝子治療的手法を応用したらクリア
できるのかもしれません.

61 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/07/04(火) 12:22
膵がん増殖遺伝子発見 働き止めると速度半減

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20060704001.htm

金大がん研究所と金大ベンチャービジネスラボラトリーの研究チームが、
膵がんの増殖にかかわる遺伝子を発見し、米医学誌「キャンサーリサーチ」七月号に発表した。

患者の膵がん細胞でこの遺伝子が活性化していることを確認し、
細胞実験でこの遺伝子の働きを止めると、
増殖を二分の一に抑制することができた。

膵がん治療に向け、この遺伝子をターゲットにした薬剤や
治療法の開発が期待できる。

 研究チームは2003年、マウスの肝がん細胞で活性化している遺伝子
「Pim―3」を発見。
人の肝がん細胞でも発現していることを確認し、
肝臓がん治療に応用できる可能性があるとして特許を出願した。

 しかし、肝がんは既に多くの治療法が確立しているため、
治癒率わずか3%という難治性の膵がんで、
遺伝子を標的にした治療の確立を目指すことにした。

62 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/07/15(土) 01:12
http://www.sankei.co.jp/special/life/iryo/060712_001.htm

63 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/07/29(土) 18:08
抗がん剤に期待 がん細胞周囲の血管壊す化合物

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006072900061&genre=G1&area=K1J

【京都薬科大の林良雄助教授らの研究グループは28日、
がん細胞の周囲の血管を壊す化合物を開発したと発表した。
共同研究を進める米バイオベンチャー会社が米国で臨床試験を始める。

がん細胞はの新生血管の内皮細胞はチューブリンというタンパク質の繊維でできており、
繊維を壊せば、がん細胞を死滅させることができる。

 林助教授らは、土壌中の微生物が作る天然化合物フェニラヒスチンの
一部構造を変えた化合物を開発。

 チューブリンは細胞分裂にも不可欠で、その機能を阻害することで、
がん細胞の増殖を抑える抗がん剤はすでに臨床で用いられている。
林助教授らが開発した化合物は新生血管を壊す効果がより高いという。

 臨床試験は米国の医療機関で実施する。乳がんや大腸がんなどの患者の登録を始めており、
抗がん剤としての効果と安全性を確かめる。】

新生血管を破壊すれば、血管経由で癌細胞に届く抗癌剤も届かなくなるのでは?
抗癌剤は新生でない血管を通るのでしょうか?

64 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/08/16(水) 23:41
がん免疫細胞療法に係る樹状細胞加工プロセスの共同開発に着手

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=138344&lindID=4

メディネットは、8月、MaxCyte社と、樹状細胞の抗原提示能力向上を目的とした
独自の細胞加工プロセスに係る共同開発に着手。

M社は、独自の細胞加工技術を基に、あらゆる細胞に対して、様々な物質を効率的に
細胞内に導入することが可能な自動装置を開発し、その事業化に成功している。
同社の技術を用いて、より効率的に樹状細胞にがん組織を導入することにより、
従来の方法に比べて樹状細胞の高い抗原提示能が示され、がん細胞を特異的に攻撃する
Tリンパ球がより多く誘導されることが基礎実験において明らかとなってる。
また、既に動物実験では、同社の技術により加工した細胞を用いた樹状細胞療法で、
増殖、成長したがんに対する顕著な治療効果を示すデータが、学術論文として報告されている。

65 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/02(土) 10:26
米国立がん研究所の免疫療法
http://www.asahi.com/life/update/0902/004.html

免疫細胞を体外に取り出し、特定のがんを攻撃する「専門部隊」に育てたあと、
体内に戻してがんを縮小させる実験に、米国立がん研究所のグループが成功。
米科学誌サイエンス電子版で1日、発表。

同研究所のスティーブン・ローゼンバーグ博士らはメラノーマの患者の血液から
免疫細胞のT細胞を取り出し、特殊な遺伝子を組み込んでから患者に再注入した。

遺伝子には、メラノーマ細胞を識別するための情報が組み込まれており、
T細胞はこの情報をセンサーとして使い、メラノーマ細胞を見分けて攻撃する。

実験では、他の治療法では回復の見込みがない17人の患者のうち2人で
肝臓や肺に転移していたがんがほぼ消えるなど、一定の効果がみられた。

66 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/24(火) 23:38
がん細胞自殺の仕組み解明

http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/science/0000148258.shtml

 山形大医学部がんセンターの北中千史教授(腫瘍分子医科学)は24日、
がん細胞の代謝とアポトーシスに関する仕組みを解明したと発表した。
がん細胞の代謝メカニズムを利用することで難治性がんの治療に
つながる可能性もあるという。研究は米医学誌に発表された。

67 名前: ばんだら 投稿日:2006/12/01(金) 22:26
父親が小さな病院で、すでに転移した末期の肝臓がんだと言われました。今入院して3日目です。明日は腸検査、明後日は胃の検査です。家族にできることと、大阪府内で信頼できる大きな病院を教えて下さい。

68 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/20(火) 21:21
北大など、イノシトールとリン酸の結合で抗がん作用確認
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070316c3c1600v16.html

北大農学部の原博、松井博和両教授、北海道糖業の石川弘研究員らの研究グループは、
野菜などに含まれるビタミンの一種、イノシトールとリン酸が結合した物質に
抗がん作用があることを確認した。

人の大腸がん組織を取り出して投与したところ、増殖の進行が抑えられたという。
今後、臨床試験で効果を実証し、健康食品をはじめ医薬品などへの応用をめざす。

イノシトールはビートから砂糖を取った後の廃糖蜜やトウモロコシ、米ぬかなどに含まれる
ビタミンB1の一種。理論上、リン酸が結合する場所が6カ所ある。
結合の組み合わせを変えて実験を繰り返した結果、
特定の3カ所に結合した「イノシトール三リン酸」に抗がん作用があることを突き止めた。

69 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/04/07(土) 01:56
がん治療薬開発に道 名大グループが遺伝子特定
2007年4月6日 08時37分

 ショウジョウバエの全遺伝子を解析し、細胞分裂に必要な205の遺伝子を特定することに、
名古屋大高等研究院の五島剛太特任准教授(32)らの研究グループが成功した。
6日付米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。
がん細胞の分裂を阻止する治療薬開発につながる成果だという。

 五島氏らは、2006年のノーベル医学・生理学賞の受賞対象となった「RNA干渉法」を用い、
約1万4500あるショウジョウバエの遺伝子の機能を1つ1つ破壊し、
細胞分裂に必要な205遺伝子を特定した。

 膨大な数の遺伝子を分析するため、全自動顕微鏡とコンピューターによる自動画像解析の手法を確立。
従来は5年かかる分析を1年の短期で実現した。

 五島氏は「今回特定した205の遺伝子のほとんどは、人間にも存在し、
人間の細胞分裂にも重要と思われる。
がん細胞の分裂を止める遺伝子治療のターゲットとなりうる」と話した。

70 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/05/14(月) 20:28
タカラバイオ と 三重大学医学部
「がん免疫再建療法」の臨床研究開発を共同で開始

レトロネクチンによるリンパ球の拡大培養法を用いた「がん免疫再建療法」の
臨床研究開発を、三重大学医学部と共同で開始。

プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=159881&lindID=4

71 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/05/21(月) 23:52
阪大、ウイルスで抗がん剤の効果向上──遺伝子除去し投与
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/40032.html

 大阪大学の金田安史教授らは、遺伝子を除去したウイルスを投与し、
抗がん剤の効果を高める新しい治療法を開発した。
マウスを使った実験で、がんの成長を抑え込むことができた。
2年後にも実際の患者を対象に臨床研究を始める。

 大腸がんを移植したマウスに抗がん剤とウイルスの殻を同時に投与すると、
約6割のマウスでがんの成長が完全に止まった。
残りのマウスでもがんはほとんど大きくならなかった。
一方、抗がん剤だけを投与してもがんの成長は抑えられなかった。
投与後10カ月経過しても、効果は持続していることも確認した。

 がんは免疫の活性化を抑え込む作用がある。
新手法では従来の免疫療法よりも効果的にこの作用を打ち消し、
体本来の免疫力を取り戻し、抗がん剤との相乗効果が強まったとみられる。

72 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/05/23(水) 00:45
米国癌学会年次集会
癌ワクチンの有望性を裏付ける研究が多数報告

ピッツバーグ大学のAndrew Lepisto氏ら・免疫細胞を利用した膵癌ワクチン第I相試験。
手術を受けた患者膵癌患者12人にワクチンを投与した結果、
5人が長期生存し、5年生存率は42%以上に上昇。

同大学教授Theresa Whiteside氏らのチーム・p53を標的とするワクチンを開発し、
頭頸部癌の細胞に用いた結果を報告。
頭頸部癌患者を対象とする第I相臨床試験が開始されている。

同集会では、子宮頸癌ワクチンの有効性を示す2研究も発表された。

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=603796

73 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/26(火) 07:27
脳腫瘍細胞が劇的に死滅・Lovastatinとcyclopamine。(メディカルトリビューン)

〔米メリーランド州ボルティモア〕ジョンズホプキンス大学キンメル癌センターの病理学,
眼科学,腫瘍学のCharles Eberhart准教授と病理学研究員のEli E. Bar博士らは,
癌を発症させる複雑な生化学的シグナルの機構で新たに発見された遺伝的機序を用いて,
スタチンと実験段階の抗腫瘍薬によりこれらのシグナルを阻害し,脳腫瘍細胞を劇的に
死滅させたとAmerican Journal of Pathology(2007; 170: 347-355)に発表した。

脂質異常症の治療薬であるlovastatinとcyclopamineという意外な組み合わせを,
実験室で培養した髄芽腫細胞に投与したところ,63%が死滅したが,
一方のみを投与した場合は20%未満であった。

参照cyclopamine
http://www.cancerit.jp/archive32.html

74 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/07/02(月) 11:50
未承認薬の使用(混合治療)に道?

最後の選択、未承認薬使用にも道を…厚労省検討会が見解
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070629i513.htm

国内未承認薬、使用拡大容認へ 重病で代替治療ない場合
http://www.asahi.com/health/news/TKY200706290411.html

どうなんでしょうね~。

75 名前: KOM 投稿日:2007/07/06(金) 14:15
がん関連ニュース速報サイト
http://homepage3.nifty.com/primelife/hanagannews.htm

76 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/08/27(水) 13:57
生ごみから抗がん物質 能美のバイオ技研など発見 微生物が生成、新薬に
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20080826102.htm

 バイオ技研工業(能美市)と富山県立大工学部生物工学科の
五十嵐康弘准教授ら研究グループは、二十五日までに、
抗がん作用のある新しい化合物を作り出す微生物を、
生ごみ処理槽の中から発見し、新薬開発を目指して国際特許を出願した。

 この微生物は生ごみを発酵分解しながら、がんの転移や活性を抑える
化合物を生成していた。動物実験で毒性が非常に弱いことも分かり、
医薬品としての用途が期待される。
 微生物が作り出す複数の物質を調べたところ、いずれも
がんの転移を抑制する作用と、細胞のがん化や炎症に関係する活性酸素を
消去する作用を持つまったく新しい化合物であることが分かった。
--------------------------------------------------------
放線菌と言えば、リベロマイシンAも放線菌でした。
http://www.riken.jp/r-world/info/release/patent/2003/no.27/index.html 

77 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/09/04(木) 23:03
化学療法中の絶食(続) 臨床試験開始
http://blog.goo.ne.jp/cancerit_tips/e/488e6b3dc051a65f80f68f4516313f09

マウスにおける劇的な副作用軽減効果により、
化学療法中の断食の臨床試験が南カリフォルニア大学において
2カ月内に開始される。
化学療法を受ける膀胱癌および肺がんの患者において、
3日間の間、水以外は摂取しない試験群が試される。

Longo氏の実験が3月に米国科学アカデミー会報に発表されたあと、
「毎日メールの問い合わせがきますが、自宅でおこなったりしないように」
と注意している。

転移前立腺がん患者で眼科医トーマス(66歳)は、3度の化学療法を受けた際
絶食を取り入れた。初回化学療法の際は多少の副作用があったが、
その次には絶食期間を治療後8時間から、毒性の最も強い薬剤の半減期をカバーする
24時間に延長、治療前にも64時間絶食を行ったところ、化学療法の副作用は皆無であった。

ヴァンダービルト大学の医師は言う。「ごくわずかな人数で開始するので
少なくとも適切である。しかし、化学療法中、良好な状態で過ごすには
食べなければならないとしたこれまでの概念を大きく覆すものだ。」

78 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/11/14(金) 22:45
悪性リンパ腫 新治療で効果 RI標識抗体療法 砺波総合病院
http://hokuriku.yomiuri.co.jp/hoksub1/toyama/ho_s1_08111401.htm

砺波市の市立砺波総合病院は12日、悪性リンパ腫治療で、
最新のRI(放射性同位元素)標識抗体治療法を県内で初めて導入し、
治療効果が出たと発表した。

厚生労働省が6月に認可。全国で約20人に治療が行われているという。

 同病院によると、従来の抗体療法と抗がん剤治療の併用では
治療効果がみられなかった県内の40歳代の男性悪性リンパ腫患者に対し、
同治療法で治療したところ、首のリンパ腫が消え、脇の腫瘍も縮小した。

 RI標識抗体療法剤は、抗体と結合させて投与すると、
リンパ腫細胞表面の抗原に付いて、腫瘍細胞だけでなく、その周辺の
腫瘍細胞にもダメージを与えることができる。
ゆるやかに進行する悪性リンパ腫に効果があるという。

79 名前: 梅本 投稿日:2009/04/08(水) 00:06
今すぐ教えてください。
下記の治療はどこで行っていますか?↓↓↓↓↓
==================================

38 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/15(木) 18:31
特殊な免疫細胞で末期がん患者延命…理研・千葉大
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050915i307.htm

>従来の治療が効かない肺がん患者9人から、特殊な免疫細胞(樹状細胞)を採取。
これにNKT細胞を活性化する物質を取り込ませ、増やして患者の体に戻した。
樹状細胞1億個を戻した患者3人のうち2人で、がんの増殖が止まり、2年半が経過
した今も転移などがなく普通の生活を送っている。1人は肺がん以外の病気で死亡した。
樹状細胞が1000万個以下では、3年経過した現在、6人のうち、がんの増殖が
止まったのは1人だった。


80 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/04/08(水) 12:05
ココラ辺でしょうか。
研究段階です
 http://www.rcai.riken.go.jp/cooperation/index.html

81 名前: <削除> 投稿日:2009/04/19(日) 00:13
<削除>
221x254x155x227.ap221.ftth.ucom.ne.jp

82 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/06/01(月) 09:51
がん細胞と寄生虫、代謝が類似
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20090531-OYT8T00726.htm

国立がんセンター東病院の江角浩安院長と慶応大先端生命科学研究所の曽我朋義教授らで作る
研究グループは、がん細胞が増殖する際の代謝が、低酸素状態の腸内で活動する
寄生虫の代謝と同じか類似したメカニズムであることを立証し、米国がん学会誌で発表した。

曽我教授は「寄生虫を駆除する虫下し薬が抗がん剤になる可能性もある」とし、今後、
新薬開発を視野に研究が進められる。

江角院長らは、腸内などに寄生する回虫を殺す虫下し薬に、がん細胞を死滅させる働きがあることを2004年に発見。

低酸素状態の腸内で活動する回虫と、低酸素の中で増殖するがん細胞が、
同様の代謝によってエネルギーを生産することを立証すれば、
虫下し薬ががんに効く仕組みが解明できると仮定して研究を進めてきた。

がん細胞の代謝の仕組みが回虫と「まったく同じ」と解明されれば、
現在ある虫下し薬がそのまま抗がん剤として使用できる可能性があるため、
新薬の開発期間が大幅に短縮できるという。

83 名前: p220208142251.cdsl.coralnet.or.jp 投稿日:2009/09/21(月) 23:39
<削除>

84 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/01/06(水) 16:32
樹状細胞療法、3人に1人に効果。信大付属病院
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010010690092046.html

信州大付属病院(長野県松本市)が、手術などでは治療が難しいがん患者を対象に、
免疫細胞の司令塔とされる「樹状細胞」を使った新たな免疫療法を施したところ、
3人に1人の割合でがんの進行が抑制されたことが分かった。
副作用も少なく、同病院分子細胞診療室の下平滋隆室長は「
がんの標準的な治療法にしたい」と話している。

同病院は2008年11月から、症状が進行し他の治療が難しい患者に樹状細胞療法を実施。
10代から70代の男女30人の、10人程度にがんの縮小や進行を抑えるなどの効果が見られた。
胃がんの50代男性、卵巣がんの50代女性の2人からはがん細胞が完全になくなったという。

85 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/04(土) 01:37
ようやくガンを構造的に殲滅できそうな有望な治療方法が臨床実験に入ったようだ。
http://anlyznews.blogspot.com/2010/08/rnai.html

POPSCIは、昨年4月に化学療法が有効でない肝臓がん患者19人に、このRNAi干渉を利用した
ガン治療の投薬実験が行われて、ガンを縮小させる事に成功したと伝えている。

6月にバイオテク企業Alnylam社は、
この新薬ALN-VSPが被験者19人の62%の肝臓がんへの血流をストップしたと公表した。

http://www.popsci.com/science/article/2010-07/rx-every-disease

カリフォルニア州のホープ市国立医療センターの分子遺伝学者John Rossi氏を含む専門家たちは、
RNAi治療は基本的にシンプルであるため2年以内に実用化されるのではないかと語っている。

86 名前: <削除> 投稿日:2010/12/11(土) 13:52
<削除>

87 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/07(月) 17:15
がん細胞に「ナノ・ダイナマイト」と呼ばれる物質を結合させて、
近赤外光を照射し、がん細胞だけを死滅させる治療法を開発したと、
米国立がん研究所の小林久隆主任研究員らの研究チームが7日、
米医学誌ネイチャー・メディシン電子版に発表した。

http://www.asahi.com/science/update/1106/TKY201111060396.html

マウスだけど、8割完治で副作用がないのはスゴイ成績。

88 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/07(月) 17:47
これはすごい。

89 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/01/22(日) 21:04
白血病にワクチン治療 阪大など年内に臨床研究 国内初
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120122/bdy12012220030001-n1.htm

「成人T細胞白血病(ATL)」をワクチンで治療する国内初の臨床研究を、
大阪大免疫学フロンティア研究センターと大阪大病院が計画していることが
22日、分かった。2月にも学内の倫理審査委員会に申請する。

がん化した細胞は通常、異物と認識されず、免疫細胞の攻撃を受けにくいが、
その3種類のうち「NY-ESO-1」というタンパク質を持つ細胞は、
正常な免疫細胞に「標的」と認識され攻撃される特性があることに注目。
ATL患者から採取した血液にこのタンパク質を加えて培養したところ、
正常な免疫細胞ががん化したT細胞を異物と認識、免疫細胞が活発に増えたことを確認した。

90 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/12/03(月) 22:51
「がん遺伝子治療」 遺族がクリニック提訴

 「がんの遺伝子治療」を専門におこなう都内のクリニックに対し、
末期癌で死亡した女性患者の遺族が、治療費780万円あまりの返還を
求める訴えを東京地裁におこしました。

 訴えによりますと女性(当時67)は、去年5月、東京・千代田区のクリニックで、
「がんの遺伝子治療」を3回にわたり受けましたが、1週間後に死亡しました。
クリニックはHPなどで「末期がんでも腫瘍の縮小や延命の効果がある」など

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5196990.html

91 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/04/06(土) 02:20
岡山大学「REIC(レイク)」
岡山大大学院医歯薬学総合研究科の公文裕巳教授(泌尿器病態学)は30日、
同大が発見したがん治療遺伝子「REIC(レイク)」を使って2011年から行っているヒトでの臨床研究で、
患者自身の免疫力を高めて転移した腫瘍をも攻撃する「がんワクチン」の効果があることを確認したと発表した。

顕著な症例では直接投与したがんは消滅し、他の転移がんの細胞も大幅に減少した。

ttp://iryo.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/c2013033113023465


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]