がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
停止中です。再開を待つか、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>今あるガンが消えていく食事

1 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/05/26(火) 10:27
進行ガンでも有効率66.3%の奇跡  済陽高穂著

玄米菜食を主体にした一種の食事療法だと思いますが
どなたか試された方おられますか。

2 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/13(月) 11:43
父がステージ4の肝臓癌で、先週からこの本を参考に食生活を変えています。効果があればいい、少しでも父に長生きしてもらいたいとは思いますが、初版が昨年の10月なので、実践しているけど、期間が短くていまだ効果は不明という人ばかりでしょう。一応、作中には直接的に著者の済陽高穂さんからの食事指導受け、癌が縮小した、消えたという人の体験記があります。
私はこの本の全文を読んだわけではありませんが、こういう時代なんだから人を救いたいと本気で思ったならば、ブログなりHPなりで無償でこの食事療法を発信しないのはなぜか?という事を疑問に思います。(パソコンなどに触れる機会のない人の為にも出版する事も大事ですが)やはり金儲けの為というのが理由として大きいのではないかと、邪推さえしてしまいます。
あと、この本のカバーに済陽高穂さんのプロフィールがあり、経歴の他に「明朝末期に中国から渡来し、九州・都城の島津氏に仕えた薬師を先祖に持つ。」と記されています。経歴や実績だけを書けばいいのに、こんなことまで書くと何か余計に胡散臭さを感じてしまいます。

3 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/13(月) 12:56
>2

>作中には直接的に著者の済陽高穂さんからの食事指導受け、癌が縮小した、消えたという人の体験記があります。

このような体験記のほとんどはフィクションにすぎません。

>金儲けの為というのが理由として大きいのではないかと、邪推さえしてしまいます。

邪推ではなく、もっとも自然な判断でしょう。

>胡散臭さを感じてしまいます。

常識のある人ならば当然でしょう。

食生活の見直しは一般的には健康に良いでしょうが、がんに効くとはとても考えられません。
肝機能低下があるならば、肝臓に負担がかからない食事ということも考えられますが、よほどの大酒のみでなければ、余命に大差はないでしょう。

それよりも食生活の見直しを強いることにより、本人のストレスにならないかのほうが心配です。

4 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/13(月) 13:08
>3

確かにフィクションも多いと思いますが、全てがそうとも思いません。

例えば、これなど私にとってフィクションには思えないのですが…

http://www1.c3-net.ne.jp/kato/cancer/index.html






5 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/13(月) 15:55
>4

書いてあること自体は事実かもしれません。

しかし、さっと読んだ範囲ですので見落としがあったら申し訳ありませんが、この例では、CTなどの間接的な検査結果のみであり「可能性が高い」に、そもそもとどまっていたこと。
つまり、幸運なことに、そもそもすい臓がんでなかった可能性は否定できません。
ちなみに、すい臓がんと診断され、手術をし、摘出された組織について検査したところ、がんではなかったということも、それなりにあるようです。

さらに、もしも本当にすい臓がんであっても、数万人に一人という稀なものではありますが、無治療でも治ってしまう自然治癒という可能性もあります。

つまり、この例がフィクションでないとしても、だからどうだということはできないのです。

6 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/13(月) 17:17
私もこの本は読みました。

全体的にこの手の本にありがちな西洋医学全否定ではないのは良いのですが、
最後の体験談を読むと、医聖会がらみの文章が多いですね。
ちょっと疑ってしまいますね。


7 名前: 4989 投稿日:2009/07/13(月) 23:29
【玄米菜食】

 ガンが消えるとは、思っていませんが、私は、実行しています。
肺ガンになって一番、気を使っているのは、食事です。

 ガンを克服したと思われる方の食事に注目して、真似をしたら、玄米菜食中心の食事になりました。
結構、お金がかかります。
 玄米は、有機玄米で、キロ1000円くらいします。
野菜は、母が家庭菜園で作った無農薬野菜を食べています。
 肉は、ほとんど食べなくなりました。
焼肉を最後に食べたのは、手術で入院する前日。
手術に失敗して生きて帰ってこれない場合を考えて、腹いっぱい食べました。

 リレーフォーライフという活動があり、そこで、活動されている方の多くは、いろんなことを試していますね。
だから、何がガンに効果的なのかは、多分、本人もわかっていないと思います。

 私もいろいろな本を読み漁りました。
今になって言えることですが、ガン患者の会に参加して、現在、治療を続けている方達と情報交換したほうが、本より、確実な情報が得られると思います。
 
 以前、或る会合に参加したら、俵萌子さんが元気に動いていました。
この方、本当に、ガン患者なのと思うほど、元気でした。
先日、何気なく、ネット、彼女を検索したら、亡くなられていて、びっくりしました。
 


8 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/14(火) 08:50
この本では、塩分の摂取を禁止していますが
どのような作用が期待できるのでしょうか?

9 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/14(火) 14:35
>>8

この本ではって、読んでいれば書いてあると思いますが・・・。
一応書きますと、塩分の摂取により胃が荒れ、
胃がんのリスクが増すので、そのリスクの低減と、
細胞のナトカリバランスを正常に戻すことにより、
細胞の正常化を促すようです。

ちなみに私も食事には気を使っていますが、
食事だけでは全く治るはずがないとも思っていますし、
ストレスを溜めたらその悪影響のほうが大きいと思っていますので、
味付けは薄めですが調味料も普通に使いますし、
魚は当然のこと肉もたまに食べます。
ただ、それ以外のことはほぼこの本に準じてやってみています。

10 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/15(水) 08:30
横レスですまないが、人間の祖先ってチンパンジーやオラウータンなどの
類人猿なんでしょ。
類人猿って基本的には果物などを主に食べる動物だし、もちろん塩分なんて
普通は食物以外からは取らないんじゃね?
それを人間は猟を覚えたからって、無理に肉を食うようになったし
味付けを覚えたからって、塩分もバンバン使うようになった気がす!
祖先が肉食獣ならともかく、そうでないんでから
菜食に無塩が一番なんじゃねぇの?
逆に本来とは別の異物を食うから、癌なんかになるんじゃねぇか
と思ってるんだが…

11 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/15(水) 08:37
動物にはがんがないとか思ってるのかね?
アフリカでは草食動物でも塩分補給のために土を食ったりしているのは知ってるかね?
肉食獣は単細胞生物の頃から肉食獣なのかね?
進化って知ってる?

12 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/15(水) 17:48
う~ん…単細胞生物の頃からと
霊長類が生まれた頃からとを比較されてもねぇ…
てか、このスレで他人を小バカにするような返答があるとは思わんかった。

例えばチンパンジーとかは、癌の発生率が人間の1/10以下らしいよ。
考えられる原因としては、いろんな説があるらしいけど、
まだ十分には解明されていないらしい。



13 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/15(水) 22:46
塩分摂取を控えることは、高血圧防止など健康にはよいでしょう。
(あまりに控えすぎると体をこわしてしまいますが)

また、胃がん発生と関係するという説もありますが、疫学調査でこれをきちんと裏付けられたということはないようです。
つまり、タバコとは異なり、影響があるとしてもかなり小さいものでしょう。

ついでに、がんは高齢者に多い病気ですが、チンパンジーなどは人間よりも早死にしますので、チンパンジーなどで発生率が低いといっても意味はないでしょう。

なお、人間(に限らず)には、体内環境を安定させるための強い能力がありますから、
>細胞のナトカリバランスを正常に戻すことにより、
>細胞の正常化を促す
というのは、見てきたような嘘でしょう・・・

14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/16(木) 17:56
>胃がん発生と関係するという説もありますが、疫学調査でこれをきちんと裏付けられたということはないようです。

「極度に高い塩濃度の食品の頻繁な摂取」とは疫学調査で陽性の結果が出ている。
しかし、総摂取量との関連性は、裏付けられていない。

まぁ「特殊な食材」や「火傷しそうな高温の食べ物の頻繁な喫食」など、
一般化していない、地方独自の風習との間での因果関係を論じた研究だからあてにはならないだろう。

動物実験モデルも同じ。

一日の総量では摂取量が過剰になるように、飲み水に少量のNaClを添加する実験では、
血圧は高くなってもガンどころか、胃の炎症も認められない。

これに対して、塩を多く含む固形物が直接胃壁に触れるような投与を反復すれば、胃の粘膜の萎縮が認められる。

いいかえると、いわゆる「塩分の取りすぎ」が胃がんに対する大きなリスク要因になるという結果はないが、
「塩の塊」のような食品の頻繁な摂取と胃がんとの関連性はあるようだ。

15 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/16(木) 17:59
訂正

誤:「塩の塊」のような食品の頻繁な摂取と胃がんとの関連性はあるようだ

正:「塩の塊」のような食品の頻繁な摂取と、胃がんのリスク要因となる、胃粘膜に生じる炎症との関連性はあるようだ

16 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/17(金) 14:15
>>12

ソースを出しなさいよ?
なんだよ。「らしいよ」ってさ。しかも「解明されてないらしい」って・・・

そんなんだったらこれもありだよ。

「人間のほんとの寿命は150年なんだって」

こんなんに意味ないの判るよね?つまり君のレスは無意味だって事。
無意味なレスは沈めとこ~ね~

17 名前: 2 投稿日:2009/07/20(月) 13:13
>3
同じように感じる人がいてちょっと安心しました。
アマゾンの書評などで別に自分が治ったわけでも、効果を実感したわけでもないのに
星5個つけていたり「このレビューが参考になった」にチェック入れる人が
妙に多かったりと、この本に懐疑的な眼差しを向ける私が少数派というか、
変なのかな?と思ったりもしてしまいました。
本のタイトルが「(生活習慣病予防にもなる)健康の為の食生活のススメ」
くらいだったなら違和感がなかったかも知れません。
この掲示板内のいくつかのスレッド(このスレッドも)を印刷して父に見せもしましたが、
頭では自分の癌はどうにもならないんだとわかっていても、何もせずに死を待つような生活は
我慢できないようです。あがくだけあがいてみるつもりなのか、何かにすがらずには精神を
保てない為なのか、盲目的にこの本を参考にした食生活を続けています。
暑くなる季節ですので、とりあえず「熱中症にならないように塩分を過剰に制限しないで!」
とクチをすっぱくして言い続けてはいます。
宗教に傾倒したりしないだけ、まだマシかも知れませんけれど・・・

18 名前: 名無しさん@? 投稿日:2009/07/20(月) 18:32
>>17

私もガン患者本人ですが、ゲルソンやこの本に準じた食事をしたことがあります。
血液検査も頻繁にしていましたが、赤血球やヘモグロビンがかなり低くなりました。
(当方男性ですが、女性でも低すぎの値でした)

動物性たんぱくの摂取をある程度するようにしたら、
値は正常に戻っていきました。
なので、特に手術前後や抗がん剤前後などは、
あまり制限しないほうが良いのではという印象です。

なにかを制限するというのは、ストレスも溜まりますし、
嘘だった時のリスクが大きすぎると思うので、
取ったほうが良いと言われているもの(海藻、キノコ、ヨーグルト等)
を組みこむ程度が程良いと個人的には思います。


19 名前: 投稿日:2010/03/15(月) 23:42
私の周りではかなりの効果をあげていてこの本をバイブルだという方もいます。
前立腺ガンの方は半年以内に正常値に(ホルモン療法もしていましたが当人はニンジンが効いたと思いこんでいます)
大腸ガンから肝臓に転移してあと半年と宣告された私の知人は抗ガン剤治療もうけていますが3ヶ月で数値が驚くほど改善され白血球も増えたということで医者も驚いているそうです。
食べ物なんかで治るはずはないというのが世間の常識、正直私もゲルソン療法とか甲田療法についても知ってはいましたが身近の人がよくなったのをみてこれほど効果あるものかと驚いています。

20 名前: 名無しさん@? 投稿日:2010/03/16(火) 07:16
>19

>この本をバイブルだという方もいます

「バイブル本」そのものですね。
(万一、バイブル本の意味が不明ならば検索して下さい)

ホルモン療法により「前立腺ガンの方は半年以内に正常値」
何が正常値になったのか不明ですが、ホルモン療法を受けられていたのならば驚くものではないでしょう。

大腸がんも同じです。

>身近の人がよくなったのをみてこれほど効果あるものかと驚いています。
単なるあなたの知識不足です。

21 名前: 名無しさん@? 投稿日:2010/03/16(火) 14:16
まあいいんじゃない?鰯の頭並みの効果はあるでしょ。

自分はこんなの書いてる人に印税納めて優雅な暮らしを保証してあげる気にはならないので、本は買ってあげないけどねww

22 名前: 名無しさん@? 投稿日:2010/03/16(火) 17:59
なんか、効く効かないは置いておいて、
最初はそんなに悪い人では無いのかなぁと思っていたら、
この本が結構売れたみたいで、レシピ本やらなんやら一杯発売したね。
新潟大の免疫おっさんみたいになってきた。

23 名前: 天然 投稿日:2012/05/21(月) 18:47
私は癌の解決は食事にあると思っています 良い食事は良い細胞を育てると思います
それは栄養の基本なのですが何故か此処では疑っている人が多いのです 先ず何故食事療法を疑うのか明確にお知らせ下さる人はいませんか?

24 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/05/22(火) 01:32
悪魔の証明になってますよ。


25 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/05/22(火) 10:19
>23

あなたが「思ってる」だけだから。
思うだけなら不老不死も可能ですね。

26 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/07/05(木) 22:17
藁にすがるくらいの感覚でいいんじゃないの?
「あれれ⁈」と思うほど間違ったことは書いてないと思う。
でも、これでガンが必ず治るってことではない。

誰か書いてたけど「鰯の頭」くらいでいいんじゃない。

27 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/07/06(金) 10:58
>私は癌の解決は食事にあると思っています

これは相当な「あれれ」だと思うが。

28 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/07/20(金) 00:22
済陽先生の事をあまりよく書かれていない感じですが
本来ならば外科医として、一生そこそこの暮らしが
出来る道を捨て、癌を減らすんだ!一人でも多くの
方を救いたいんだとの思いで、儲からない食事療法
の指導をする先生です。
済陽先生に限らず代替医療、統合医療をやられている
先生って生活厳しい方が多いんです。
小さなクリニックでPETCTを導入しているところって
全国でもほとんどないと思います。
本の出版もクリニックは厳しく、本の販売等を行って
赤字を埋めているって事らしいです。
本に書かれている事を実践してよいか悪いかは
本人次第、どのように評価されるかは、分かりません。
しかし私は、癌ではないですが、緩やかに実践して
体調は良いようです。





29 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/07/20(金) 12:31
ここは癌の掲示板
癌でない人が食事療法の体験を語る場ではない

30 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/07/26(木) 09:04
>本来ならば外科医として、一生そこそこの暮らしが
>出来る道を捨て、癌を減らすんだ!一人でも多くの
>方を救いたいんだとの思いで、儲からない食事療法
>の指導をする先生です。

これが事実であったとしても、本の内容が正しいかどうかとは別のこと。
そこを理解しないと簡単に詐欺に引っ掛かりますよ。

31 名前: 名無しさん@? 投稿日:2013/09/13(金) 14:15
>本来ならば外科医として、一生そこそこの暮らしが
>出来る道を捨て、癌を減らすんだ!一人でも多くの
>方を救いたいんだとの思いで、儲からない食事療法
>の指導をする先生です。

買い取ったクリニックにある旧式のPETで儲けているみたい。
藁をもすがる想いで行く癌患者さんに(他の病院ですでに受けていても)
必ずこの先生はPET検査を受けさせるそうです。(これが目的?)

それに毎日ヨーグルトを摂るように書かれていますが、婦人科系の癌は
ヨーグルトはダメなのに毎日そんなことさせて余計に悪化するんじゃない?
この点だけでも不信感を持ってしまいましたね。

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]