がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>手術後の遺伝子診断について

1 名前: 投稿日:2008/03/01(土) 23:51
家族が子宮体ガンと判明しました。
ct、MRIなどの結果では初期であろうということでして、骨盤
リンパ節除去も行うとのことでした。

除去したリンパ節の標本から遺伝子を調べ、転移していないかを
診断する方法があるということを本で読んだのですが、これを実施
している施設はあるでしょうか?

2 名前: 名無しさん 投稿日:2008/03/02(日) 11:47
勘違いしているようです。
その本をもう一度きちんと読むことをお奨めします。

3 名前: 名無しさん 投稿日:2008/03/03(月) 16:03
>>1

「転移していないか」ではなく「転移しやすいか」ではないですか?
癌の悪性度の指標として遺伝子診断が使われることはあると思いますが、遺伝子診断で実際に転移しているかどうかまでは分かりません。


4 名前: 1 投稿日:2008/03/03(月) 19:41
「もっともくわしいガンの本」によると、最近一部のガンについては
遺伝子検査によって転移の有無を判断する方法が登場していると
ありました。
もっとも、この本の例は大腸がんなので、子宮体がんについては
そういう方法がまだおこなわれていないのかもしれないですが、
もしかしたらと思い、質問させていただきました。





5 名前: 2 投稿日:2008/03/03(月) 23:08
その本は読んでいないので推測ですが、遺伝性非ポリポーシス性
大腸がん(HNPCC)の遺伝子診断のことをいっているのだろうと思
われます。HNPCCは大腸だけでなく子宮(体癌)など複数の臓器
にも比較的若い年齢で生じます。
遺伝子診断を行うことにより、発癌リスクの程度を予測すること
はできますが、転移の有無はわかりません。また、検査には摘出
した臓器やリンパ節ではなく血液を用います。

いずれにせよ、摘出したリンパ節に転移していないかを詳細に調
べたり、腹腔洗浄細胞診といってお腹の中に癌細胞がちらばって
いないかなどを調べますから、転移の有無はおおよそ検討がつき
ます。
術前の検査ではまだわかりませんが、術後の確定診断でも初期で
あれば必要以上に恐れることもないのでは。

6 名前: 投稿日:2008/03/08(土) 20:19
ありがとうございました。
手術前の進行期は1bで、骨盤と傍大動脈のリンパ節も
除去するとのことです。
担当医師によると、当院では遺伝子診断は行っていないということでした。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]