がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>免疫不全癌患者のリハビリテーション中のSpl-Ext治療

1 名前: QOL開発研究所 投稿日:2008/09/15(月) 07:36
脾臓エキス(以下Spl-Ext)は、1948年にインシュリンの代替え品を探索中に見出された。

最初、膵頭癌を患った糖尿病患者に投与したところ、血糖値は下がらなかったが癌が消失し
たことから腫瘍学的な研究がスタートした。

 Spl-Extは、豚の脾臓抽出物の低分子量ペプチド分画成分であり、非常に多くの非臨床実験
が行われている。

 Spl-Extは、ある種の癌細胞の in vitro / in vivo において成長阻害作用を有するとともに、
Tリンパ球に依存した免疫反応に関し免疫システムを亢進する。通常、癌患者のQOLの向上と
癌性悪液質の改善のため抗癌療法における支持療法(補助療法)という形で使用される。





2 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/09/15(月) 09:12
2年半も更新していないQOL開発研究所のホームページの総論から
のコピペご苦労さんです。

3 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/09/16(火) 10:14
”QOL開発研究所” って?

訳のわからない、○○研究所って命名の段階でアウトだね。逮捕されるんじゃないの


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]