がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
停止中です。再開を待つか、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>ウコンが皮膚がん治療に効果=米研究チーム

1 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/13(水) 00:24
ttp://news.www.infoseek.co.jp/reuters/story.html?q=12reutersJAPAN181876&cat=17

>米研究チームは11日、カレーの黄色成分が皮膚がん治療に役立つ可能性がある
との報告を発表した。

米研究チームの報告によると、ウコン(ターメリック)に含まれるクルクミンが
メラノーマ細胞に作用することが分かった。実験によると、クルクミンにより、
皮膚がんの一種であるメラノーマが、細胞死(アポトーシス)として知られる
過程で自滅する確率が高くなった、という。

また同チームは、クルクミンが乳がん細胞の肺への転移を防ぐ働きを持つことも
突き止めたとしている。


2 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/13(水) 08:04
詳しくはここにありますね。難しくてよく分からないけど...
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=16007726&query_hl=3

3 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/13(水) 10:00
>>1さん、ここは直リン出来ない仕組みになっているので<h>は抜かなくても良いようですよ。

4 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/05/30(火) 00:37
医師が、クルクミンについて調べて書いてくださっています。

「抗ガン食品館(現役医師による抗癌作用のある食品・サプリメント研究)」

http://plaza.rakuten.co.jp/anticancer/

「医学論文の検索サイトである「medline」で調べてみると
ウコンの主成分であるクルクミン(curcumin)に関しては
多くの動物実験、臨床試験の論文が発表されていました。」

ということで、詳しく検証してくださっています。





5 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/05/30(火) 00:57
クルクミンについては、Womanhealthという会員制サイトに以下の記事があります。
http://woman.biotoday.com/

2005-10-23 カレーの香辛料の成分・クルクミンは乳癌の転移を防ぐ... 
クルクミンがNF-κBを阻害する点に着目し、
パクリタキセル耐性乳癌細胞と、ヒト乳癌細胞移植マウスを用いての検証です。
NF-κBとNF-κBによって調節されている遺伝子産物の抑制を介して
クルクミンは乳癌の転移を抑制していると考えられたそうです。

2005-06-13 カレーの色素成分・クルクミンは乳癌の肺転移を予防する...
マウスの実験で、クルクミンは乳がんの肺転移を予防するという結果が得られた、
と書かれていますが、肺以外の部位への転移については無記載で、
そこがどうなったか知りたくてたまりません。

肺転移に関しては、乳がんが肺に転移した割合はそれぞれ、
クルクミン単独・50%、
クルクミン+パクリタキセル併用・22%
パクリタキセル単剤・75%、
治療なし・95%

2002-06-02 カレーに含まれるクルクミンは多発性硬化症を治療する...
これも、自己免疫疾患の発症を防止できた、という点で
免疫の病でもある癌に、関係あるかもしれません。

6 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/06/05(月) 06:46
MDアンダーソンでも研究されているんですね。

http://www.cancerit.jp/cancer_references/archive/No112_curcuminpropolis.html

腫瘍細胞の増殖や、新生血管を阻害し、
一部の癌細胞で活性化されているSTAT3というタンパク質も阻害し、
NF-κBも阻害することが分かっているようです。

かなり期待できる結果が出ているようですが、
「細胞はあらゆる方向にアンテナを広げています。ただ1つの経路を阻害しただけでは効果的ではありません。」
という点には納得です。
NCIから補助金が出て、研究が続けられているようですので、今後に期待です。


7 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/06/05(月) 07:18
【ウコンに含まれているクルクミンは、イニシエーション期間中やプロモーション期間中に摂取することによって
放射線被曝による晩発影響の一つである腫瘍(癌)の発生を事前に予防することができる有用な天然物であることが
明らかになった。
さらにクルクミンは急性毒性や慢性毒性も低く、iNOSの発現を抑制すると共にNO を捕捉して抗炎症作用もあることから
ヒトへの応用が期待できる植物成分である】

http://www.nirs.go.jp/report/nenj/h12/2/2-2-1-3.html

8 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/08/03(木) 18:40
夏バテにもクルクミンの抗酸化作用?

http://www.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/plus/387834

名古屋大学大学院生命農学研究科教授の大澤俊彦氏の研究によれば、
クルクミンは体内で非常に強力な抗酸化力のある“テトラヒドロクルクミン”に変換され、
活性酸素を除去した後に“ジヒドロフェルラ酸”という安全な化合物になって代謝されるという。

クルクミンやテトラヒドロクルクミンの作用について、培養細胞を用いて調べた実験では、
白内障やがんの予防効果とともに、老化の予防作用があることも明らかになったそうだ。
特にテトラヒドロクルクミンは少量でも強い抗酸化作用が期待されている。
まだ詳しい生理作用は研究段階だが、人工的に合成できるかどうかについても、
検討が進んでいるという。

9 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/08/11(金) 09:52
ぼけ防止や抗加齢にも?

http://d.hatena.ne.jp/Drhase/20060809

10 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/08/12(土) 19:14
ウンコかと思った。

11 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/05/11(金) 17:55
アメリカで、皮膚癌や大腸癌の抑制効果に注目。

γ―線照射により形成される乳腺腫瘍の形成を抑制することが 明らかに。

http://www.taishitsu.or.jp/kenko/14-28a.html

12 名前: 名無しさん@? 投稿日:2011/06/25(土) 21:48
>>4
そのブログを見てから、粉ウコンてんこ盛りをオブラートに包んで
飲ませています。
今抗がん剤治療中ですが、白血球・血小板の数値が下がっている以外
全く副作用がなく、「もしかしてウコンのお蔭なのかな?」と思い始めています。
豆乳とで服用させてます。


13 名前: なな 投稿日:2011/07/31(日) 18:12
ウコンは胃腸や肝臓にもいいから肺癌の人飲んでみたらいいのじゃない!何でもためしてみるべし。

14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2011/08/01(月) 09:09
せめて胃がん肝がんにしようよ。

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]