がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
停止中です。再開を待つか、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>【嘘?】代替医療を真面目に.. 【本当!?】

1 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/29(土) 13:57

 真面目に免疫療法や健康食品、アロマセラピーなどの
「代替医療」に関する情報を集めたり、話し合いましょう。
 情報元は、民間団体ではなく
 UMIN学会 http://gakkai.umin.ac.jp/gakkai-bin/gakkai/gakkai_list?homepage_umu=1
 に、属している団体によるものを最低限とします。

 特定の商品の宣伝や販売目的はもちろん、禁止。 

2 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/29(土) 13:57
代替医療の評価法開発へ=生活の質や遺伝子、多方面から-京都府立大など

 免疫療法や健康食品、アロマセラピーなどの「代替医療」について、
効果を科学的に評価する手法の開発を目指し、
京都府立医科大の吉川敏一教授らが評価指標の調査研究に着手する。
文部科学省から最高3000万円の研究費が支給されることが29日までに決まった。
来月下旬から1年かけ、心理学や生理学などさまざまな方向から評価に使える指標を探索・検証し、
手法の確立に向けたガイドラインをまとめる。 (時事通信)
[5月29日6時6分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040529-00000818-jij-soci


3 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/06/10(木) 01:05
あいまい表示の「健康食品」はノー
対象拡大、年内に厚労省令改正へ

 健康食品の表示見直しを進めていた厚生労働省の検討会は9日、
審査基準を緩和して「特定保健用食品」の表示対象を拡大し、
基準を満たさない一部の食品にも「条件付き特定保健用食品」(仮称)と
いう新表示を認める提言をまとめた。

 厚労省は提言を受け、年内に健康増進法の省令を改正する方針。

 厚労省が許可する保健機能食品制度は審査基準が厳しいため、
基準を満たさずあいまいな表示の健康食品が増加。消費者に正確な情報を提供する手段が検討されていた。

 提言は
(1)働き方のプロセスが明確でなくても、実際に効果がある食品は「特定保健用食品」に含める
(2)許可要件を満たしていなくても、一定の科学的根拠があれば「条件付き特定保健用食品」として認める
(3)カルシウムを含む食品は「骨粗しょう症のリスクを減らす」など、予防的な表示を認める-とした。
(共同通信)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004060900300&genre=O1&area=Z10


4 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/06/10(木) 22:47
>(1)働き方のプロセスが明確でなくても、実際に効果がある食品は「特定保健用食品」に含める
>(2)許可要件を満たしていなくても、一定の科学的根拠があれば「条件付き特定保健用食品」として認める

だれが評価して、判定するのか一抹の不安がします。
「○○健康食品」の身内団体での怪しい発表会での
いい加減な論文が採用されないことを祈ります。





5 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/07/06(火) 19:26
漢方薬の「効能」見直しへ
30年ぶりに承認基準改正
 高齢化が進む中、慢性病に効くとされる漢方薬を日ごろの健康管理や生活習慣病対策に
もっと役立てるため、厚生労働省は5日までに、
処方せんなしで薬局で購入できる一般用漢方薬の「効能・効果」などの承認基準を約30年ぶり
に見直す方向で検討を始めた。

 基準見直しの研究班は古くなった表現を改める一方、
アレルギー疾患などの“現代病”を新たに盛り込む案を検討している。
厚労省は研究班が2004年度中にもまとめる素案をたたき台に、
国民に分かりやすい表示に向けた基準改正を05年度以降進める考え。

 現在販売が認められている一般用漢方薬は210種類。
1974年に厚生省(当時)が定めた承認基準のまま、薬品名や効能・効果が薬の容器に表示されている。

 02年11月、厚労省の一般用医薬品承認審査合理化等検討会が
「高齢化や生活環境の変化で、基準が国民のニーズに合わなくなった」と改善を求め、
合田幸広・国立医薬品食品衛生研究所生薬部長らの研究班が昨年度から見直しを始めた。(共同通信)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004070500129&genre=O1&area=Z10


6 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/18(水) 09:47
独自がん治療の成績に疑問 学会が異例の事情聴取へ

 食品や医薬品を組み合わせた独自のがん治療を行っている近畿地方の大学教授に対し、
日本癌(がん)治療学会は13日までに
「公表していた治療成績は科学的でない可能性がある上、
学会が同治療を高く評価していると患者に誤解を与えかねない」として、
教授から9月にも事情を聴く方針を決めた。
 特定の治療法の信頼性をめぐって学会が調査をするのは極めて異例。
治療成績の高さに疑問を抱いた日本がん患者団体協議会の質問状に対し、
学会は「患者の心情は理解できる」と対応の検討を文書で回答した。(共同通信)
[8月13日16時56分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040813-00000142-kyodo-soci



7 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/19(木) 09:25
日本癌(がん)治療学会は安保免疫学も否定しているのでしょうか?

8 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/20(金) 10:31
元患者家族ら「がんの治療成績は虚偽」と教授告訴へ

 近畿地方の大学教授が新たながんの治療法について虚偽の治療成績を著書などに載せ、
健康食品などを買わせていたとして、元患者の家族らが18日、
詐欺罪で近く警視庁に告訴もしくは告発することを明らかにした。
 記者会見した家族や特定非営利活動法人(NPO法人)、
日本がん患者団体協議会によると、
教授はサメの軟骨やキノコからつくった健康食品や医薬品で免疫力を高め、
がん細胞を攻撃する治療法を提唱。著書やホームページなどで、
がんが消えたり、半分以下に縮小した事例が30%を超えたなどと紹介、
「驚異の療法」ともうたっていた。

[2004年8月19日/日本経済新聞 朝刊]
http://health.nikkei.co.jp/news/top/topCh.cfm?id=20040818d1g1802e18



9 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/20(金) 10:57
>>7
怪しい療法万歳のHPや雑誌にには必ず現れる御方ですね。

訴えられるのも時間の問題かも。
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1033755025/179-185


お膝元の新潟大学医学部付属病院ですら、そんな治療はしていません。
その御方は、患者を診療してません。
第一、医者なの? ワンワンやトキだけど。

新潟大学医学部医動物・免疫学教室
http://www.med.niigata-u.ac.jp/zoo/welcome.html


10 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/20(金) 11:11
>>8
近畿大学腫瘍免疫等研究所
http://www.med.kindai.ac.jp/shuyo/

オリエント三鷹クリニック 
http://www.orient-ct.ne.jp/

必死に削除?
http://www.google.co.jp/search?q=cache:UWXyzQ-U-AcJ:www.ookinaki.com/cancer/yagita.html+%E8%BF%91%E7%95%BF%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E8%85%AB%E7%98%8D%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%AD%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80&hl=ja

http://as.sakura.ne.jp/~ryon/cancer/doc/faq3412.html

11 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/20(金) 11:52
独自がん治療の大学教授を事情聴取へ 日本癌治療学会

**** 一部抜粋 ***
同協議会などによると、この教授は複数の自著や学会抄録で、
キノコやサメ軟骨などを使った独自療法の効き目が「53.8%」「45.9%」などと記述。
必要な画像診断などがないのに学会の基準を満たしているように表現し、
「学会で発表」「高く評価された」などと書いている。

 同学会は「教授の療法を評価した事実はなく、患者に誤解を与えかねない」として、
事実関係や元データを本人から確認する予定だ。

http://www.asahi.com/national/update/0818/021.html

12 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/20(金) 15:28
>>9
>怪しい療法万歳のHPや雑誌にには必ず現れる御方ですね。
いいえ違いますよ(笑
ただ既存の団体が新しい発想を潰そうとしている動きが嫌な
だけです。
この前、内科系の著名な先生も薬漬けと今の医療は非常に問題
があると警告していました。
ただ代替治療も驚異だとか全て治るような過剰な表現は
自分で自分の首を締めてるとしか思えません。
んな感じです。

13 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/20(金) 22:22
新しい発想!?
根拠もない、いい加減なモノにしか思えないけど。


14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/08/30(月) 15:23
>ただ既存の団体が新しい発想を潰そうとしている動きが嫌な
だけです。

そうだね。
これでまた、標準治療以外のオプションが激減するかと思うと
残念だ。
新薬治療にせよ、代替医療にせよ、そんなリスクを負ってまで
手を汚す医師はいなくなるよ。
患者団体のすることか?

15 名前: ゆき 投稿日:2005/02/15(火) 02:58
そうですかね~!
此からは、健康保険制度が崩れたらお医者様はどうなるのかな?

16 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/02/15(火) 03:03
ゆきさん、ここは医者の心配する所じゃなくて患者の心配をする掲示板だ。

17 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/02/15(火) 03:36
ゆき ってただの嫌がらせ野郎?最悪だな

18 名前: ゆき 投稿日:2005/02/15(火) 10:27
ただの嫌なやついいじゃない。心から心配してるのかしら~。
結局、お医者様でも限界がある事を口にしないじゃない?有名な先生が、最終的に頼って民間療法で治療してる人、何人もいるよ。変な話しだよね。代替医療が本来昔からの医療で西洋医学の歴史なんて60年位じゃない。

19 名前: 投稿日:2005/02/15(火) 15:31
ゆきさんもう止めた方が良いよ。
時代が流れていけば、常識も変化する。
ただ今、苦しい人達が本物を求めている。医師も食も、此処では氏名を言わず話しをしても、結局は、責任がないからさ現実を受け入れる事が解決策だと感じるねー。

20 名前: ある患者 投稿日:2005/02/15(火) 15:41
そう!是非やめてください。もしいつもの事ながらの膳問答をお続けになりたいと駄々をこねますれば、こちらへ....
誰も読まないと思いますが↓
http://www.gankeijiban.com/bbs/kaigishitu/index2.html

21 名前: ?☆∞ 投稿日:2005/02/15(火) 19:13
あなたも一緒や

22 名前: いのげ 投稿日:2005/03/22(火) 22:39
民間療法から有効成分を確定して製剤化していくのが
西洋医学のかなりの部分をしめるやり方です

欧米でも代替医療の治験が着々と進行し
有効性が確認されたものも少ないながらあります
例えば片頭痛に対するフィーバーヒュー(ハーブの一種)は
前向き二重盲検試験で有意差が認められ
コクランデータベースにもめでたく記載されてます。
問題点としては健康食品業者は治験費用を出す気がないので
研究機関などが細々とやらざるを得ない点でしょう
代替医療は玉石混交の世界・玉を見つけてほしいものです

23 名前: いのげ 投稿日:2005/04/23(土) 11:52
http://www.page.sannet.ne.jp/onai/
開業医の先生のサイト
最近更新されてませんが
代替療法の論文要約などがあります

24 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/22(月) 06:22
これら全ては他のスレッドにも書き込まれている事の寄せ集めですが

業者さんや健康食品肯定派の方々が
> アメリカでは代替療法や統合医療が進歩している
> だから健康食品には根拠がある

の論法をよく見かけます。

しかし、いのげ様が指摘されておられます様に
インチキ健康食品の被害防止の為の臨床試験の意味合いが強い様です。
NHK「クローズアップ現代」でも同様の内容が放送されていました。

25 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/08/26(金) 01:06
>>23
小内亨氏は、健康食品を頭から否定はしていませんよ。
絶対的な否定もせず、宗教的な盲信もなく、
事実をありのままに、科学的にという考え方です。
したがって、健康食品は効くという認定もしていないが、絶対効かないともいってない。
論理的には全く当然のことなんだけど、否定しない=業者、という
単細胞な論法がまかり通るこの掲示板では、わかりにくいかもしんないね。

26 名前: いのげ 投稿日:2005/08/26(金) 02:35
もちろん理論的にはゼロではありませんが
既知の範囲内では癌以外で有効性だけでなく経済効率性をも
治験で立証された代替療法もいくつかありますが
有効性が立証されたがん代替療法は40以上もの治験を経ても
まだ一つもありません。
この点も押さえておきたい所です

27 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/26(金) 08:29
危ない健康食品&民間療法の見分け方
それでもあなたは信じますか

小内 亨 著 フットワーク出版 版
2000年07月 発行 ページ 248P サイズ B6  1,680円(1,600円+税)
ISBN 4-87689-359-4 C-CODE 0077 NDC 498

私は、この本をよく読んでおります。
25様御指摘の通り、全ての健康食品を100%完全否定
されているわけではありません。
その事は本書の中で小内亨氏自身も語っておられます。
しかし、一部の健康食品を除いて、限りなく完全否定に近
い印象を受けました。
そして、その一部の健康食品の中には抗癌健康食品は
含まれていませんでした。
また、いのげ様御指摘の通り、インチキ健康食品の実態や
アメリカでの代替療法の実態(本当の目的)が記載されて
います。


28 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/26(金) 09:31
健康食品も色々な種類があります。
・単なる栄養剤
・健康増進に良いと思われる商品
・特定の疾病の改善に良いと思われる商品
・極めて深刻な疾病を完全治癒させると断言する商品
等です。
健康食品の一言で語るのは、危険だと思います。

29 名前: いのげ 投稿日:2005/08/28(日) 03:54
>>22
ちょっと補足
がんの症状コントロール効果が治験で確認された代替療法は
いくつかあります。
癌に対する余命延長効果が認められたものは一つもありません

30 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/28(日) 21:31
いのげ様
標準的な癌治療をせずに、健康食品や代替療法だけに頼るのは
自殺行為の覚悟が必要です。
また、末期癌や転移癌が健康食品の効果で治癒する事など絶対
にあり得ませんが、
標準的な癌治療と併用しての治療効果向上や延命効果向上の
可能性がある(期待できそうな)健康食品や代替療法は、現時点
で存在しそうに思われますか?
やはり、癌に有効な健康食品は単なる幻想なのでしょうか?
完全に言い切ることは無理かも知れませんが・・・

31 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/28(日) 21:37
回答不能でしたら、ご回答は不要です。
その場合は、お詫び致します。

32 名前: いのげ 投稿日:2005/08/28(日) 21:42
いわゆる食品の製品のままでは無理だと思います。
いくつかの成分を製剤化それもそのままではなく
なんらかの化学修飾を加えるなど相当手を加えて
どうか、といった程度と思います。
そのままでは害が少ない場合が多いのが救いでしょう。
そもそもめずらしくも無い食品を食べると言う事は
通常の身体生理状態をさして変えているとはおもえませんし
一種類の食物をとりすぎるのはバランスを崩すだけでしょう
病気を治すというよりは予防の意味合いで解釈するべきです

33 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/29(月) 04:44
いのげ様
どうもありがとうございました。

34 名前: 164◆36x9PKLA 投稿日:2005/08/29(月) 10:39
やはり、サプリメントは気休め程度に「駄目で元々」、「何もしない訳
には行かないのでやっているだけ」と割り切る必要がありそうです。
しかし、割り切れないのも人情です。
常識的に身体や金銭的に負担にならない範囲で自己責任でやる、
これまた世間一般の常識です。
そして、いよいよその立場になれば、「常識」と「助かりたい気持ち」
を巡って心の中で葛藤が生じるのも人情です。
色々と愚痴を書き連ねて申し訳ありませんでした。

35 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/09/05(月) 03:14
>>34
愚痴ではなくセオリーですよ。
そんなに単純に割り切れるもんじゃありませんね。
ですから健康食品に一縷の望みを託しただけで業者扱いするのはやめてほしい。


36 名前: 食事療法は科学的に理解しよう 投稿日:2011/12/04(日) 22:41
2chのある掲示板に下記のような記述がありました。食品の効能に関してもこのDAMPのようなものではないかと思っています。

現在の免疫学は内因性アジュバント(DAMP)の存在が2007年に発見されて、それが樹状細胞(免疫活性で最も重要な細胞)が有するTLR(阪大の免疫系の教授が発見)に結合して、免疫系を活性化するらしい事がわかりつつあります。おそらく癌ワクチン、自己免疫疾患関係の治療が急速に進む時期がこの10年以内にあるのではないかと私は思っています。



37 名前: 名無しさん@? 投稿日:2011/12/05(月) 10:44
マルチレスするならせめてハンドルネームは固定しようよ。

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]