がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>イペ茶について

1 名前: 名無しさん@? 投稿日:2003/10/17(金) 20:28
8月に母が膵癌との診断を受けました。すでに手術不能の状態で、現在抗癌剤による治療を受けています。今のところ他への転移は見られず、痛みも一応薬で抑えられているので、普通の日常生活を送っています。ただ、食欲不振と悪心があり、思うように食べることができず体重の減少が気になっています。これは抗癌剤治療を始める以前からある症状で、副作用と言うより膵臓癌による症状であろうと主治医の先生はおっしゃってきます。健康食品等で何とかその辺りを改善できないかと考え、いろいろ調べているところです。
アガリクス、メシマコブなどの情報とともに紫イペエキスのイペ茶というものにたどり着きましたが、どなたかこのイペ茶についてご存知の方がいらっしゃいましたら情報をお願いいたします。
健康食品といってもたくさんありすぎてどれがよいのか決めかねています。

2 名前: 名無しさん@? 投稿日:2003/10/26(日) 20:52
探したけどなんだかわからなかったな。
効果なしか?

3 名前: 名無しさん@? 投稿日:2003/10/28(火) 04:40
イペ茶って、タヒボ茶の一種だろ。
本来、70年ごろちょっとブームになったけど、成分のラパコールが
悪心や嘔吐感なんかの副作用があるって話。変異原性があるかも知
れない、ってパスツール研が警告したらしい。
今、販売している商品が当時のイペ茶と同じかどうかは知らない。



4 名前: 名無しさん@? 投稿日:2003/10/28(火) 22:34
>3さん
お返事ありがとうございました。タヒボ茶の方も拝見いたしました。
母は極度の食欲低下、嘔吐感により食事や水分の摂取が困難な状態になり、昨日主治医の先生に脱水症状を起こしていると言われてしまいました。
栄養を取らせたくても口から入るものをことごとく拒絶するので、家族としても本当につらいところです。





5 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/11/10(水) 07:57
>3氏が書かれている 「ラパコール」
ラパマイシン や ラパチニブ と関係ありますか?

ラパチニブは現在愛知がんセンターで治験募集してます。
西洋イチイからタキサン系の抗癌剤、イペからラパ某、と
考えるのは単純すぎ?

6 名前: 名無しさん 投稿日:2004/11/15(月) 01:23
私は、仕事上、あるイペ茶の販売元の業者と話をしたことがありました。
詐欺師そのものでした。自分が飲んでガンが治ったと主張します。しかし、どの病院かは言いましたが、なんと言う先生にかかったかまでは覚えていないと言いました。
そんなことってありますか?自分の命が危ないときに見てもらった先生、しかもガンが直って忘れられないほどの先生の名前を忘れるなんておかしいでしょう。全部うそなんです。こちらが確認するのを恐れて決して言わないんです。あるいは、医者の中にも悪いやつがいて(大学病院にもいる)このような詐欺師業者と結託しているのがいます。本当です。もしガンが治るのであれば、医薬品として販売すれば、ぼろもうけ市場です。世界に向けて販売することができます。
イペ茶の成分を単離した医薬品なんて聞いたことないでしょう。重ねて言いますが、全部うそなんです。皆さんもだまされないようにしましょう。


7 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/11/15(月) 01:32
そうだよね。
その上健康食品の”息のかかった”医者なんてどんな善人面してても最低。

8 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/09(木) 22:39
紫イペ
末期ガンと再発・転移した進行ガンの臨床で約80%に効果が
確認された。
http://www.murasaki-ipe.com/magazin/magazin1-10.htm


9 名前: 紫イペ 投稿日:2004/12/10(金) 12:35
”効果あり”とするには、1施設での臨床試験結果ではなく、無作為な
大規模比較検討試験を行わないと分かりません。
1施設の報告では客観性が十分保たれないのです。
つまり主観的にはどんなことでも言えるということです。

10 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 02:00
>>9
結局、ハーブ医療を信じていないのですね!

11 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 03:53
ハーブ?
こんなのもあるし。。
緑茶や番茶より優れてるってわけでもないでしょ。
結局、普段の食べなれた物を、バランス良く摂取って気がする。
毎日摂取=偏食かもね
http://www.gankeijiban.com/bbs/read.cgi?bbs=kenkoushoku&key=1038431094&st=24&to=24&nofirst=true

12 名前: ハーブ 投稿日:2004/12/13(月) 09:37
ハーブによるアレルギーが医療現場で問題となっているというのに。
そもそも”ハーブ医療”などというものは認知されていませんね。
報告を行ったのが医師や大学であっても、主観的報告ならいくらでも
できます。その報告の客観性が重要で、また、学会報告といえども、
学会のレベルが問題ですね。そのような報告を御旗に立てても、賢明な
諸氏には、かえって逆効果といったところですかね。論外に高い効果を謳って
お咎めを受けた、関西地方の某大学教授の例もあることですし、
あのカテキンですら大量摂取で遺伝子障害の危険性が言われているのに。
11名無しさん、正解です。

13 名前: 紫イペ 投稿日:2004/12/13(月) 10:01
信じるも信じないも、客観的な効果報告がありませんと・・・。
命かかってますから。

14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 10:19
アマゾンの原住民のかたがたは、大昔からハーブを飲んでいると
いうのに、こんなに否定されてしまったら、あまりにもかわいそう。

15 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 10:21
ひょっとして、漢方薬も否定するのかな?

16 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 10:26
パウダルコ、あるいは紫イペとも呼ばれる、南米の熱帯雨林の原住民が昔から病気に使っていたノウゼンカズラ科の植物です。樹木と外層と中の材との中間の樹皮を粉末にして使います。原住民は膀胱炎、前立腺炎、便秘、大腸炎、胃炎、風邪、咳、流感、関節炎、リウマチ、糖尿病、カンジダ、乾癬、肝臓病、腎臓病、貧血、梅毒、マラリア、そしてがん、さらに蛇の噛み傷にまで使用してきました。いわゆる、万能薬なのです。したがって、地方によっては「神の恵みの木」とも呼ばれています。もっとも、あんまり何でもかんでもに効いてしまうので、かえってうさんくさくなってしまいそうですが。そのせいもあり、Yahooで「タヒボ」と検索されると4130も結果がでてきてます。
 しかし、ことがんに関しては医学的データがそろいつつあり、抗腫瘍作用のメカニズムの一部も解明されてきています。タヒボの樹皮にはフラノナフトキノン(FNQ)誘導体が含まれており、それのいくつかが、がん細胞のミトコンドリアで大量の活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊するということなのです(これはすなわち、抗がん剤、マイトマイシン、アドレアマイシンと全く同じ作用なのです)。キノンには数多くの種類がありますが、細胞のミトコンドリアの中で、電子の受け渡しの役目を行い、酸化還元に非常に大切な役割を果たします。
 タヒボの樹皮にみつかったメチルフラノナフトキノンは上記の機序でがん細胞を破壊します。それは、メチルフラノナフトキノンと反応して活性酸素を生成するタンパク質が、がん細胞のミトコンドリアで特別に増えているからだと推測されています。したがって、ほぼ特異的にがん細胞だけを壊すわけです。また、メチルフラノナフトキノンはある種のがん細胞に特別なタンパク質を発現させ、そのがん細胞がNK細胞の攻撃を受けやすくする働きもあります。

17 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 10:27
しかし、ことがんに関しては医学的データがそろいつつあり、抗腫瘍作用のメカニズムの一部も解明されてきています。タヒボの樹皮にはフラノナフトキノン(FNQ)誘導体が含まれており、それのいくつかが、がん細胞のミトコンドリアで大量の活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊するということなのです(これはすなわち、抗がん剤、マイトマイシン、アドレアマイシンと全く同じ作用なのです)。キノンには数多くの種類がありますが、細胞のミトコンドリアの中で、電子の受け渡しの役目を行い、酸化還元に非常に大切な役割を果たします。
 タヒボの樹皮にみつかったメチルフラノナフトキノンは上記の機序でがん細胞を破壊します。それは、メチルフラノナフトキノンと反応して活性酸素を生成するタンパク質が、がん細胞のミトコンドリアで特別に増えているからだと推測されています。したがって、ほぼ特異的にがん細胞だけを壊すわけです。また、メチルフラノナフトキノンはある種のがん細胞に特別なタンパク質を発現させ、そのがん細胞がNK細胞の攻撃を受けやすくする働きもあります。




18 名前: 名無しさん@?? 投稿日:2004/12/13(月) 12:01
アマゾンに暮らす方々にとっては、過酷な自然の中での、太古よりの
生活習慣ですので、そのようにして淘汰されてきた遺伝子をお持ちの方が
多く現存されているわけですから、彼らにとってはむしろハーブの摂取が
体に合っているのは至極当然です。
漢方も同様、中国の長い歴史・風土の中、彼らなりに健康を維持してきた
経験則で、彼らの体のバランス維持のために有効な方法でしょう。
それぞれの地域で、昔から健康維持のために行われてきた良い習慣ですが、
それをいきなり世界の中でもやや、特殊な体質の現代日本人に適応させよう
とするところに、歪が生じるわけです。
戦後、急激に生活習慣・食習慣が変化し、疾病の罹患率に変化が認められ
いることを持ち出すまでもないでしょう。
また、従来日本人が好んで摂取してきた食材が、見直されてきていますが、
それらの食材が日本人には合っているのも当然ですね。そんな中、食材中
に抗がん作用を持つ化学物質が発見されることもあり、なるほど
と思うこともありますね。
現在注目のタキサンなどは大発見といっても良いでしょう。


19 名前: 名無しさん@?? 投稿日:2004/12/13(月) 12:04
Ya〇〇〇の検索数ごときは根拠になりませんね。あのような商的サイト
での評価はむしろマイナス要素ですね。

20 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 12:29
こういうのに走る人って
「手に入りにくい物」「高価」「神秘的な響き」じゃなきゃいけなんだろね。

番茶や麦茶、緑茶は欧米人にとっては「東洋の神秘」かもね。。。

21 名前: 16.17 投稿日:2004/12/13(月) 12:31
あたかも見てきたかのようなことおっしゃってったら。
専門用語の羅列、表面的なつじつま合わせは逆・効・果。

22 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/13(月) 17:15
>>18
パクリタキセルの商品名はタキソールで、普通はこちらの名称の方が有名になっています。このパクリタキセルは独特のメカニズムでがん細胞を殺傷します。細胞分裂に必要な微小管の安定化と過剰形成をおこし、その働きを阻害し、がん細胞の分裂を邪魔するわけです。そのためタキソールはアメリカの製薬金社ブリストル・マイヤーズ・スクイブによって鳴り物入りで宣伝され、日本を含めた世界五十数カ国で使われています。たしかにそれだけの力のある抗がん剤で、際立った抗腫瘍能力を示します。

23 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/23(土) 12:38
おれのおやじはホントに癌が消えた

24 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/23(土) 15:15
23さん
1 癌の部位や大きさの確認は?  
    不明・腫瘍マーカーのみ → 論外
    CTなどの画像で部位・大きさが明確 → 2へ進む
2 治療の効果の確認はどの様に
    不明・腫瘍マーカーのみの判定 → 論外
    CTなどの画像で確認 → 3へ進む
3 病院で画像判定した前後に、病院での治療を受けたか?
    受けた → 治療の効果か健康食品の効果か不明
    受けなかった → 4へ進む
4 病院は画像判定のみ行い、健康食品だけの治療を認めたのか?  
    認めた → 嘘だ!そんな病院があるものか!


25 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/08/07(日) 15:36
20
同感です。
アガリクスやハナビラタケ同様
今後、バイオ技術の発達で人工栽培や大量生産が可能になり
安価で安定して供給可能になると同時に
効果がなくなる運命の健康食品です。
でも、人工栽培するほどの価値があるのかどうか疑問ですが

26 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/08/08(月) 09:53
おいしければ商品化されるでしょう。

27 名前: mumu 投稿日:2005/08/09(火) 02:01
私の父も癌ですが、紫イペのお茶を飲んでいて、鎮痛剤の服用間隔が伸びていて効果ありに思えます。
人工栽培はできないと聞きました。ブラジル政府が認可した地域だけで採れるそうです。
私はブラジルから直輸入している方から買っています。
最近は随分商品化されてきたように思いますが・・・。
 実際に使うか使わないかは個人の判断ですが、今後注目できるものだと思っています。

28 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/09/05(月) 00:06
実際に飲んだ人の話希望。


29 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/09/05(月) 01:59
飲んでいましたが、再発しました。
量が少なかったとか、煎じる時間が短かったとか、
効かなかった理由をあげようと思えばあげられますが…。
事実としては、再発しました、です。
まあ、副作用らしい副作用は感じなかったので、悔しくはありませんが。

30 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/03/26(月) 03:36
でも実際がんの家族を持って、どんどん悪くなって行く姿とか見てたら、ほんと私が代わりに勉強しなきゃとか思うし、奇跡も神なんかもいないけど、少しでもがんが止まって小さくなるなら金とかおしまない。。抗がん剤ができない状態なら、だれでも思うとおもうし、でも紫イペのホントの正確な情報がほしいです〃

31 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/04/18(水) 00:55
NFDで特許公報を検索してください。
各種癌細胞に対する試験管レベルでの効果が記載されています。
これをそのまま人体での効果と考えることは難しいと思われますが、
適切な量を飲めば、何らかの体質改善にやくだつ人もいるのではないかと
思われます。
 

32 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/04/18(水) 08:10
「試験管レベルでの効果」があっても、「そのまま人体での効果」が
あるものは、百に一つ、千に一つもありません。
もしも「人体での効果」を期待するのならば、「試験管レベルでの効果」
程度では、まったく意味がありません。

「適切な量を飲めば、何らかの体質改善にやくだつ」というのでしたら
「一般的な」食生活や生活の改善のほうが有用でしょう。

33 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/04/18(水) 08:45
>>32
同感です
試験管レベルなら、スーパーで容易に購入可能な様々な食材にも
抗癌作用がある事が判明しています。

http://www.jaim-net.org/katudou/ippan/kinoko/kinoko3.htm
日本全国、どこのスーパーでもお目にかかれる
「スーパーやまびこしめじ」はメシマコブの数分の一の濃度でも
極めて高い抗癌作用があります。
ただし、マウスによる動物実験で、即席栽培の腫瘍ザルコーマ180
を移植したものです。

問題なのは、人間に効果があるかどうかなのです。

34 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/08/16(木) 23:36
低価格で効果のある紫イペはありませんか?

35 名前: able 投稿日:2012/09/02(日) 21:07
どこにでもあるさ。まず最初に、君は南半球なら誰でも知ってるパウダルコ=紫いペ=タヒポだってこと知ってるの?通常サプリの業者がブラジルで買い付ける時は、パウダルコ樹皮なんてキロ数百円だよ!!そしてアメリカの、何千と製品を出している錚々たるメーカーが大体ワンボトル1200円前後で売っている。これがパウダルコに関する世界の常識だよ!!日本ではゴミみたいな単品メーカーがイペ茶とかタヒポ茶とか、一般的じゃない方の呼称をわざわざ使って馬鹿高値で売ってるのが、ネット検索でゾッとするほど出てくる。こんな汚いことが横行してるのは日本だけ。とにかくワンボトル16ドル以下でどこでも買えるからまずそういうのを買ってみることだ。それを「イヤ!純正なもの、優れた製法のものがある」、などと言い出すなら、それは明らかに君が販売促進の営業マンということだ。

36 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/09/03(月) 09:34
また業者同士の揉め事か・・・

37 名前: 名無しさん@? 投稿日:2013/02/08(金) 21:22
母が飲みましたが、肝臓だか腎臓だかの数値があがり、医者に怒られました。
「そんな怪しいものを飲むな」と。
「ガン学会で本当に発表されてたら、私が知らないわけないだろう」とか、
「そんなにいいものがあったら、とっくに使ってる」とか。

まぁ、そのとおりです。
ちなみに買った後は宗教誌が届いたそうです。

38 名前: 名無しさん@? 投稿日:2013/03/19(火) 17:29
西洋医学はだめといわれるなら、漢方に試しませんか?
国際中医総合研究所の命泉はなんか、十八種類の純天然生薬を配合して、開発されたんで、
苦しく、絶望のがん患者に特にオススメです

39 名前: 名無しさん@? 投稿日:2013/03/19(火) 20:48
西洋医学がダメだなんて誰も言ってませんので、お引き取りください

40 名前: 名無しさん@? 投稿日:2016/06/14(火) 01:11
西洋医学は万能ではありませんよ。こと未病に関してほとんど何もできませんから。


次 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]