がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
停止中です。再開を待つか、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>★発ガン物質かも!?★

1 名前: 名無しさん@? 投稿日:2002/11/04(月) 12:42

 食べると発ガンする可能性がある食べ物のスレ

 集めましょう。

10 名前: 名無しさん@? 投稿日:2003/03/24(月) 12:25
01年度の有害物質90万トン 3分の1が発がん性

 環境省などは20日、
有害な化学物質の排出量を事業所が届け出る化学物質排出管理法(PRTR法)に
基づく全国集計結果を初めて公表、2001年度の1年間に大気や河川など環境中に有害物質約90万トンが排出されたと推計され、
そのうち約31万トンが発がん性物質だと分かった。
 このデータからだけでは健康への影響は分からないが、
排出実態がガラス張りになることで、削減の取り組みが強化されると期待されている。
 同省などでは、個別の事業所のデータ開示の受け付けも始めた。
 354種類の化学物質が対象。
一定規模以上の工場やガソリンスタンドなど45業種、約3万5000事業所
が届け出た。環境中への排出量と、
廃棄物として出したり下水道に流した移動量とを分け、対象業種以外な
どの排出量も推計した。(共同通信)
                        [3月20日16時10分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030320-00000144-kyodo-soci


11 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/01/12(月) 02:36
イクラや塩辛など、塩蔵魚介類をほぼ毎日食べる人は、ほとんど食べない人に比べ
男性で約3倍、女性で約2・5倍も胃がんになりやすいことが、厚生労働省研究班による4万人追跡調査でわかった。

俗に「塩辛い食事は胃がんのもと」とされるが、それを裏付けるデータと言えそうだ。
成果は英医学誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサー」最新号に発表した。

研究班は、1990年から10年間、国内の40―50代の男女を対象に、食事や喫煙などライフスタイルと、
がん発生率の関連を調査。塩分を10%程度含む塩辛やウニといった塩蔵魚介類のほか、
イクラやタラコなどの魚卵などをどれくらい食べているか聞いた。
その結果、こうした食品をほぼ毎日食べる人は、「ほとんど食べない」人に比べて、
男女とも胃がんのなりやすさは高かった。

また、食事での食塩摂取量で、5グループに分けて調べたところ、男性では、摂取量が最も少ないグループ
(1日あたり2・9グラム)の胃がんのなりやすさを基準にすると、摂取量が最も多いグループ(1日あたり9・9グラム)の
危険度は2倍だった。

 http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040110i501.htm



12 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/01/12(月) 15:34
ケチつけてわるいんだが、こういうスレはゼロリスク症候群を誘発する。
たとえば>>11みたいなのがでると、塩を徹底的に悪者にするが、
人間は適度に塩を必要としている。
「塩がガンの元」だったらみそ汁は明らかに塩が入っているのに何で健康にいいのか、
ということになる。
つまり、>>11の場合、塩以外に魚介類に入っている何かが
発ガン性がある、という可能性も否定できない。
そういう解説をせずに、○○は××にいい(悪い)という
単純な「考察」を垂れ流すのが、怪しげなサプリメントの
流行につながるんです。
食べ物は「複雑系」です。単純に病気になったり健康になったりはしません。

13 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/01/12(月) 21:16
>>12
みそ汁が体にいいのは、みその主成分が大豆だからだろうが。

14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/01/13(火) 03:32
>>13
塩分もあるだろう?


15 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/04/27(火) 16:43
>>14
塩分はカリウムと一緒にとればスルーでしょ.
それに多少の塩分摂取がなければ代謝が鈍って逆効果.


16 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/01(土) 01:18
>>15
だから、何でもバランス良くというのが大事ということ。
塩は必要なの。
なのに、「○○は××にいい(悪い)」という話は、
バランスを軽視したり忘れたりする弊害があるといってんだよ。


17 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/17(月) 01:14
肝臓がん再発率、1日たばこ10本で2倍に

 治療して肝臓がんの病巣が消えても、1日にたばこを10本以上吸う習慣があると、
がん再発の危険性が約2倍に高まることが、北里大医学部の渋谷明隆講師の調査で分かった。

 同大病院で1991―2002年に肝臓がん治療を受け、見かけ上がん病巣が消えた131人を追跡調査。
再発した73人について、性別、年齢、治療法、生活習慣など様々な角度から分析し、
再発を招いた原因を探った。

 その結果、毎日10本以上の喫煙習慣がある人が肝臓がんを再発する確率は、
そうでない人の1・8倍だった。最も強い関連があったのはC型肝炎ウイルス感染の有無で
、感染者の再発率は非感染者の約3倍。肝臓に複数のがん病巣があった場合も、再発率は約2倍だった。
それ以外に目立った差のある要因はなかった。

 渋谷講師は「3つの再発要因のうち、喫煙だけは自分の努力で解決できる。
肝臓がんの治療をした人は、禁煙した方がいい」と話している。(読売新聞)
[5月17日1時3分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040516-00000415-yom-soci


18 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/18(火) 06:11
発ガン性のある食品添加物の入った食品を摂取したらヤバいですか?どれくらい危険がありますか??発ガン性があるという可能性があるのに使われているって事は大丈夫(そこまで危険ではない?)って事ですか?それとも軽視されているのでしょうか?

19 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/18(火) 06:14
界面活性剤が体内に吸収される(強い場合は、シャンプー、台所仕事、洗濯後の衣類から皮膚へ吸収・界面活性剤で洗った食器や海の水によっては魚介類等から体内へ吸収。体内に入った場合、血液にとけ込み全身を周り、臓器や脳に蓄積され、蓄積されたものを分解する手だては今のところ無いそうです。)と発ガン性(これ自体に発ガン性は無い)を促したり、意識障害(脳障害)の危険、奇形児が生まれる可能性があるかも、と聞いて驚いてます。本当でしょうか??

20 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/18(火) 06:29
バランス良くとよく言いますが(殆どの学校の家庭科でも習いますが)卵・乳・乳製品・砂糖は日本人には不必要で、乳・乳製品の摂取が女性のガンや病気に関わる事が言われ、たばこと牛乳・乳製品を一緒に取ると、ニコチン等が臓器に蓄積されやすいと言われてます。どの様なバランスがいいんでしょう?なんだかもう分かりません。実は病気の原因は周りにたくさん転がってる気がして怖いです。情報を表面から捉えずに過剰反応している悪い例でしょうか?

21 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/05/18(火) 06:48
すみません。乳・乳製品が影響するのは男女問わず、脳や乳などの腫瘍やガンなどの様です。。いろいろ調べましたが実際どうなのか詳しい事分かりません。

22 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/06/07(月) 19:34
塩分は一日1g程でも大丈夫らしですね。
日本人は一日15g程とっているそうで、明らかに摂りすぎでしょう。
塩分と胃癌の関係はクロと考えても良いんじゃないでしょうか?

牛乳は含まれる脂肪の摂り過ぎが影響してるんじゃないでしょうか?
確かに大腸癌、乳癌、前立腺癌のリスクを高めるという指摘は多いですね。

食べ物は、それだけを食べてるわけじゃないんで、戦犯として認定
するのは難しいわけだけど、(西洋型)食生活が癌のリスクを高めている
可能性は大きいわけだから、癌になったら予後の為に菜食中心に移行
するのがベストだとは思いますね。

23 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/07/06(火) 19:11
厚労省、発がん性報告で「アカネ色素」使用禁止決定

 動物実験で発がん性が報告された食品添加物「アカネ色素」について、
厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は5日、同色素を既存添加物名簿から削除することを決めた。
これを受け厚労省は今週中にも製造・使用を禁止する措置を取る。
 アカネ色素はセイヨウアカネの根から作られる天然着色料で、
主にハムや菓子などに使われる。これまで天然系の添加物が使用禁止になった例はないという。

 国内生産量は3―5トン程度。現時点で国内で同色素による健康被害は報告されていない。
http://health.nikkei.co.jp/news/top/topCh.cfm?id=20040705c1g0500f05


24 名前: ヒジキ好き 投稿日:2004/09/23(木) 00:57
ひじきなどの海藻類について。
ヒジキでヒ素中毒!?発癌性!?

「妊娠女性と3歳未満の子どもはヒジキを食べるべきでない」、
その他の人も週に小鉢1杯まで
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/323166
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/330787
「1週間に小鉢1杯程度なら問題ないだろう。」 って、私、毎日、喰ってます。


25 名前: 名無しさん@? 投稿日:2004/12/20(月) 00:18
茶、菓子にアクリルアミド 農水省調査、発がん性の恐れ
 
 農水省は16日、市販されているポテトスナックやお茶などの加工食品約150品から、
動物実験で発がん性が指摘されている化学物質アクリルアミドを検出したことを明らかにした。

 アクリルアミドは高温で加工した食品に含まれ、
厚生労働省の調査でもポテトチップスなどから検出されている。
農水省はバランスの取れた食事を続ければ、これらの食品を食べても健康に影響はないとしている。

 国連食糧農業機関(FAO)などが来年、食品の安全性を評価することになっており、
今回の検査データを提出する。

 検査は6-7月に財団法人日本食品分析センターが実施。
ポテトスナック、コーンスナック、米菓、麦茶、ほうじ茶、インスタントめん計156品のうち、
145品から検出した。

 1キログラム当たりの含有量は、
ポテトスナックが30-4700マイクログラム(マイクロは100万分の1)などだった。

(共同)

(12/16 21:15)
http://www.sankei.co.jp/news/041216/sha083.htm

関連 >>2

26 名前: steve 投稿日:2004/12/21(火) 22:55
何が発がんリスクが高いかではなく、発想を逆転して
発がんリスクが低い物は何かを学習して、危険度の低いものを
摂取するようにする そのほうが手っ取り早いです
ちなみに、普通の食品スーパーに売られているものを
普通に食べて(もちろんそれ以外にも発がん因子は多岐に渡りますが)
いる現状で現在の発がん率、国民三人に一人の発がん率になっています



27 名前: taihennda 投稿日:2004/12/22(水) 08:37
もういっぺん、食べることを考える事ですね。生きる事も。その上で選択する事ですね。でも、スーパーで売ってるものは危険ですが、近所の八百屋は賞味期限切ればかり。一体どこで買えばいいのか?わからない。自分で作るにも土地が無い。3人の内の二人になるように、祈りながら食べるしかないのか?今日から頂きますでなく・・・お願いしますと言って食べます。癌にならないように・・・。厭な御時世ですね。とほほ・・・。

28 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/01/04(火) 19:40
「天然が良い」「自然食品が良い」「化学○○は良くない」・・・
って短絡的に考える人がおおいんだよね。
どうしたものか・・

29 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/01/15(土) 09:15
肉の摂りすぎが続くと大腸癌になりやすい、約15万人の研究

2005年01月14日 13時15分
10年以上の長期にわたってベーコンやソーセージ、サラミなどの肉加工製品や
牛肉・豚肉などの赤身肉を多く摂取した人は、遠位の大腸癌リスクが約1.5 倍に増加するようだ。
これは、American Cancer SocietyのAnn Chao氏らが、
約15万人を対象にした追跡調査で明らかにしたもので、
米医師会誌のJournal of American MedicalAssociation(JAMA)誌2005年1月12日号に掲載された。
被験者数が多く、また長期の摂取について調べた研究である点が珍しい
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/medi/353766

30 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/01(日) 12:25
加工肉と赤身肉の多量摂取が膵ガンリスク高める

 ホットドッグやソーセージなどの加工肉のほか、牛肉や豚肉の赤身を多量に摂取すると
膵ガンリスクが増大することが、先ごろアナハイムで開かれた米国ガン学会(AACR)で報告された。
膵ガンの原因は、食肉の脂質ないしコレステロール量によるものではなく、その加工方法に関係するという。
 膵ガンは特に進行性の高いガンであり、米国ガン協会(ACS)によれば、
米国でのガンの死因において男性では第4位、女性では第5位を占めている。
しかし、米ジョンズ・ホプキンス大学医学部腫瘍学、泌尿器科学、
薬学および分子科学教授のWilliam Nelson博士は、
世界のその他の地域では膵ガンは比較的頻度の低いガンであることから、
米国人の環境に膵ガンリスクを高めるものが存在することが示唆されるという。

 ハワイ大学ガン研究センターのUte Nothlings氏らは、
今回の研究でハワイあるいはロサンゼルス在住の白人、ハワイ原住民、
日系など5つの民族グループに属する男女計約20万例を対象として、食事と膵ガン発生率との関係を検討した。
その結果、平均7年間の追跡期間に膵ガンが発生したのは482例であった。
加工肉の摂取量が最も多いグループは最も少ないグループよりも膵ガンリスクが67%高く、
また赤身の豚肉および牛肉の摂取量が多いグループは約50%高かった。
鶏肉、魚肉、乳製品および卵の摂取量のほか、脂肪ないしコレステロールの総摂取量と
膵ガンリスクとの間には何ら関係は認められなかった。

 このことから、食肉の加工過程で生じる何らかの化学反応がガン発生を招く可能性が示唆された。
化学反応によって、ヘテロサイクリックアミンまたは多環芳香族炭水化物などの発ガン物質が
発生する可能性があるという。Nelson博士はさらに研究を進める必要があるとしたうえで、
この試験結果は「焼いたり蒸したりする安全な方法で調理した魚肉や鶏肉を摂取することが、
妥当な選択として勧められるものである」と述べている。

[2005年4月20日/HealthDayNews]
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20050428hj000hj

31 名前: いのげ 投稿日:2005/05/01(日) 19:09
まともな疫学者の仕事のようですが
非無作為化後ろ向き研究としての限界ると思います

32 名前: いのげ 投稿日:2005/05/01(日) 19:09
まともな疫学者の仕事のようですが
非無作為化後ろ向き研究としての限界ると思います

33 名前: いのげ 投稿日:2005/05/02(月) 01:16
私も正直 薬は好きではありませんが
飲まなければならない状態というのはけっこう多い
「降圧剤を服用するとやめられなくなる」というのは事実でもありますが
高血圧の危険性よりもはるかに小さい問題を課題評価する人は多い

薬剤費比率の各国比較
http://homepage3.nifty.com/dr-urouro/kusuri.htm
日本では先発品の比が高いことを考慮すると(アメリカも薬価は比較的高い)
アメリカで少なく日本・ヨーロッパ(特にフランス)で
薬剤の使用量が多くアメリカはダントツに少ないことになる
国民の平均寿命(男)順位
http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=po02-2
と薬剤使用量順位は相関しているように見える

医療費のGNP比順位には相関してない
http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=he11-2

これは「薬を飲んだ方が長生きできる」という一つの根拠になるかもしれない

34 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/12(日) 20:37
肉食と発ガンの関係を、統計的にウンヌンするには
問題が多すぎる。
他の強い発ガン因子のクロス効果をはずしきれない。
米内陸部の食習慣は、日本とかけ離れている。
(ひどいジャンクフード、野菜なし、同じ食事の繰り返し)
日本的食習慣の人に、無批判に適用するのは問題。
食事の肉以外の要素(野菜など)とのクロス効果は
どうにも、扱いようがない。

どうしてこう短絡的な研究なのか、センス疑う。

35 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/13(月) 09:08
分かりやすく表現すれば、
「野菜食わない」、「魚食わない」、と、「肉食いすぎ」
の相関は、強すぎるだろ。


36 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/15(水) 01:22
>(ひどいジャンクフード、野菜なし、同じ食事の繰り返し)

量は違うだろうけど、日本人でも増えてるよね、こういう人。

37 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/01(金) 23:37
食事を自己申告で分類して、スタート。ゴールを発病として、
前向きコホートをすると、どういうわけか、有意差が出ません。
自己申告のいいかげん、と発病原因の多様な絡み合いが原因と
考えています。一時、さわがれたような”後ろ向きマッチから、
コホート”は不毛な方法のようです。念のため。

38 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/07/02(土) 06:44
 中国産シイタケに含まれる発ガン物質のホルマリンは日本産と比較して1000倍以上と新聞で報道されていました。


39 名前: ありんこ 投稿日:2005/08/08(月) 06:00
食品ではないですが、口から入るよりももっと発癌性が指摘されていて、危険なのが、皮膚から発癌性物質が入り血液に入ってしまう事です。石油系製品の危険性です。シャンプー、リンス、石鹸、洗剤全般、ヘアカラー、ブリーチ剤、化粧品……書ききれないほどあります。アメリカでは既に危険が指摘されています。ラットでの実験で立証されました。

40 名前: 通りすがり 投稿日:2005/08/08(月) 12:53
>>39

>ラットでの実験で立証されました
具体的に記載しなよ。むやみに煽るなよな

41 名前: 40のやつ 投稿日:2005/08/09(火) 04:59
自分で調べたらいいだろ

42 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/08/10(水) 05:11
肉製品が悪いが魚肉はいい?
なら魚肉ソーセージはどうなんだ?


43 名前: 通りすがり 投稿日:2005/08/10(水) 08:22
>>41
煽りに付き合えるかよ。
根拠の不明瞭な書き出しはケンショク業者の常套手段だ
不安を煽るやつの策に自らはまるのを41氏は是とするのだな?

44 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/08/10(水) 17:09
>>39
これは、アレですね?
シャンプーを変えると、癌が治るという、健康用品屋ですね?
5月大阪での「がん患者大集会」の会場の外でも、ビラ配ってましたよ。

45 名前: いのげ 投稿日:2005/08/10(水) 18:34
医学に限らず形式論理学の常識として
事象・根拠などが「有る」「無い」で対立する場合
「有る」と主張する方がそれを示すべきです
無いものは示しようが無い

46 名前: 若者 投稿日:2006/01/26(木) 00:03
発ガン性物質とがん促進物質という二つの違いがよくわかりません。詳しい内容をお願いします。

47 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/01/29(日) 00:03
ヒント
発癌性=遺伝子変異誘導
癌促進=癌の成長刺激

48 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/02/13(月) 20:47
>>46

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2006021301002637

癌促進=アガリクス

49 名前: 0tnFI4QVj9 投稿日:2006/07/27(木) 20:12
ODH7sGL7OYOi 2UBWvYAcwXG4q uc8pDBMJB0d

50 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/08/23(木) 04:45
自分なりの解釈ですが、現時点ではこう考えています。

・食べ物 (農薬/添加物/着色料/その他商業的食品(お菓子や利便性重視のインスタント食品や調味料))→昔の様に無農薬の穀物重視に戻りましょう!
・シャンプー、歯磨き、整髪剤等のコスメ系
・遺伝 (これは回避できません)
・喫煙 (安直にビタミンが欠乏→正常な細胞分裂しにくくなる。→ガン化しやすい体に)
・電波 (動物は脳からの微量な電気で動作しています。テレビ・携帯電話等の電磁波は毎日継続していると相当体に悪いです。)
    →特に地上波デジタル放送は開始と同時にイルカや鯨などのレーダー機能に悪影響が出て、岸に打ち上げられました。
     そこまでしてテレビをみたいでしょうか?
     テレビはケーブルテレビ(有線で)、携帯はPHS(電波が微弱なので人体への影響が少ない)と統一すると良いと思います。

長くなりましたが、ガンは戦後60年からの病気です。
昔の人の様に、少しでも自然回帰するとかなり発症者は減少するのではないでしょうか!?

51 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/08/29(水) 11:03
電波について
・電気と電波は違いますよ。
・人間は鯨みたいなレーダー機能は持ってませんよ。
・電磁波の影響とがんの発症に直接関連があるのですか?
 今まである程度の関連があるといわれているものは、
 高圧線などから発する低周波とある種の白血病に関してです。
 それ以外の電磁波について、がんとの関連は今のところ認められていません。
・テレビの電磁波って、受信波じゃなくてテレビそのものから出ているものでしょう?
 普通の認識では。

追伸:がんは大昔からある病気です。過去の発症率が今よりも低い最大の理由は、「寿命」の延長でしょう。

52 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/08/29(水) 15:13
>>51
確かに、昔はガンを発症する前に
他の疾病などでお亡くなりになる方々も多かったと思われます。
後、検査機器の高性能化よる早期発見率の向上も関係しているのでは?
自分がガンである事実を知らないまま、生涯を終えた方々もおられるはずです




53 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/09(火) 13:18
>>50>>51>>52

 要は、毎日積み重ねで 50 のようなことを繰り返している生活は、
体に良いの?悪いの?と考えれば、自ずと答えは出てくるんじゃないでしょうか!?

長寿になったから発症率が上がったとはいえ、中年で発病するケースが多数ですし、
若年であればある程、再発率・致死率は高いといえます。

 トータルで考えると 50 の考えは否定できませんね。

PS:電磁波・高圧線共にガンとの関係は以前から指摘されています。
  検索で「電磁波 ガン」「高圧線 ガン」と検索すると多数HITします。
  ヨーロッパでは携帯電話の子供への規制等もありますし。


54 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/09(火) 16:20
>>53

>中年で発症するケースが多数

何と比較して多数とおっしゃっているのでしょうか?
がんの発症率は年齢と正の相関があります。

>若年であればある程、再発率・致死率は高いといえます。

若年での発症の原因の多くは遺伝的な要因で、悪しき生活習慣の蓄積ではありませんね。


55 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/30(火) 23:12
私は30代前半の男ですが、良性の腫瘍ができました。
これは遺伝ですか?
医者の話では悪さはしないから大丈夫と言っていましたが、子供にどう影響するのか不安です。
ちょっと専門的な話なので、わからない場合はスルーでお願いします。

56 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/31(水) 10:23
>>55

この場で「これは遺伝ですか?」と訊かれて正解を答えられる人は神です。
その理由は専門的な話だからではなく、判断の材料となる情報が一切書かれていないからです。

57 名前: 名無しさん@? 投稿日:2011/02/17(木) 18:25
米消費者団体、公益科学センター(CSPI)は16日、
着色料としてコーラ飲料やソースなど幅広い食品に使われる
特定のカラメル色素が、がんの原因になるとして、
米食品医薬品局(FDA)に禁止を求める請願書を提出した。

請願書によると、米政府による動物実験で、
アンモニウム化合物を加えて製造されるカラメル色素に
発がん性があると報告されている。

CSPIは、コーラ飲料などに含まれる糖分の方が肥満などにつながる
「より大きな健康リスク」と指摘。
カラメル色素が「何千人もの米国民のがんを引き起こしている可能性が
ある」と訴えている。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/110217/ecb1102171059001-n1.htm


58 名前: 名無しさん@? 投稿日:2013/10/06(日) 05:33
がん物質入りシャンプーワーストはノエビア、コーセー、カネボウ…中小のナチュラル系に要注意
 大手は資生堂『ツバキ』だけ 植田武智  15:31 09/15 2013
   
 シャンプーに含まれる発がん成分「コカミドDEA」について、
女性向けシャンプーで配合の有無を調べたところ、最も多く配合されていたのは、
中小メーカーの「自然派」をうたうシャンプーだった。
大手の花王やライオンでは代替化が密かに進められていたが、花王子会社・カネボウの商品には、
3品中2品に含まれていた。問合せに対し花王は「企業秘密だから」と回答拒否。
消費者に知られることなく密かに代替化を進めたいらしい。
消費者の疑問に説明責任を果たそうとしない姿勢が子会社・カネボウの白斑問題につながったが、
反省している様子は全くなく、消費者は不買によって自衛するしかない。
中小ではノエビア(5品中4)やコーセー(16品中11)が多く使用。
シャンプーの主要メーカー別商品一覧表を付けたので、購入の際はチェックしていただきたい

※TBSランク王国ナチュラルシャンプー人気1位の『PURE95』も発がん物質入り、しかも大量使用。※ノンシリコンをうたう『ISLABO』。

アミノ酸系をうたう自然派シャンプーに多用される傾向がある

http://www.mynewsjapan.com/reports/1888

59 名前: ポテトチップス 投稿日:2014/10/04(土) 14:37
ポテトチップスなどのスナック菓子に含まれるアクリルアミドの発がん性
http://wp.me/p2vnyK-V

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]