がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
停止中です。再開を待つか、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>免疫力に限界ないの?

1 名前: 死生観 投稿日:2002/09/10(火) 23:30
免疫力に限界はあるのか?花粉症は、受容体か何かの許容範囲を超えると一気に発症するとよく言います。花粉退治の力と免疫力はなんとなく同じようなイメージがあって、さて、免疫力には限界はないのかと考えました。アガリクスとかAHCCとかいろいろと免疫向上をうたっている商品がありますが、あれって、免疫能力を一気に使って、その間にがんが死ななかったら、疲れきって癌が一気に勢力を増すなんてことはないのでしょうか。それってとっても悲惨で、かわいそう。私の知り合いのお父さんもプロポリス(今はアガリクス、当時はプロポリスって感じでした。)を飲ませたようですが、むなしそうに、「だめだったよ」と言っていたのが印象的でした。私の父と同じ病気でした。もう一度。アガリクスとかAHCCは免疫力を酷使することはないのでしょうか。父がもうあとがないです。機能性食品に頼りたい心境です。揺らいでいます。「まずい機能性食品よりおいしい大トロ」って気持ちもあります。どんなに高い大トロでも機能性食費より安いです。大トロはそんなに食べつづけられないし。アガリクスやAHCCについて本当に悩んでいます。飲んでもいいのでしょーか!!!厚生労働省のHPには、「いろいろ問題のある健康食品が出回っているが、全否定できない、最期の頼みを我々が排除する権利があるのだろうか」とある検討委員の意見が載ってました。本当にやっかいですね。健康食品は。

2 名前: 死生観 投稿日:2002/09/10(火) 23:32
長すぎました。もう一度簡潔に。免疫力に限界はあるのか?花粉症は、受容体か何かの許容範囲を超えると一気に発症するとよく言います。花粉退治の力と免疫力はなんとなく同じようなイメージがあって、さて、免疫力には限界はないのかと考えました。アガリクスとかAHCCとかいろいろと免疫向上をうたっている商品がありますが、あれって、免疫能力を一気に使って、その間にがんが死ななかったら、疲れきって癌が一気に勢力を増すなんてことはないのでしょうか。それってとっても悲惨で、かわいそう。私の知り合いのお父さんもプロポリス(今はアガリクス、当時はプロポリスって感じでした。)を飲ませたようですが、むなしそうに、「だめだったよ」と言っていたのが印象的でした。私の父と同じ病気でした。もう一度。アガリクスとかAHCCは免疫力を酷使することはないのでしょうか。

3 名前: 投稿日:2002/09/11(水) 23:27
こんばんわ、狸と申します。
自分も専門ではないのであるいは的外れかもしれませんが、ここで言う免疫力なるものは別に特定の酵素の活性であるとか、数値で言い表せる物ではありません。
良く言う免疫力増強作用と言うのは結局の所異物排除機構の亢進の事であり、厳密には免疫担当細胞群の増殖がその指標であるはずです。
ですがプロポリスやアガリスクなどの言う免疫力向上と言うのはそう言った細胞の増殖刺激は少しはあるかもしれませんが、生体でトータルの効果は劇的と言うには程遠い作用と考えます。免疫担当細胞の増殖は分化誘導などの特定の増殖因子の働きによるからです(それらに比べ前述のものは全く間接的な作用しかありません)。
もしご質問の内容がそう言った増殖因子を多用した後の事でしたら、或いは酷使して効果現弱が懸念されるかもしれませんが、ご質問程度の事ではとても効果減弱(閾値に達する)までは行かないと思いますよ。これでご懸念が晴れれば良いのですが、まだ疑問がありましたら調査の上回答させて頂きます。

4 名前: 千里亜 投稿日:2002/09/12(木) 02:01
死生観さまがおっしゃっておられる、
「免疫力の限界」とは違うのかも知れませんが…。

キノコ由来の免疫食品を中期・長期に渡って使っていると
サイトカイン枯渇現象となる事があるらしいです。
そうすると免疫食品の効果が下がってしまいます。
今はこれを防ぐ為の免疫食品もあるので、それとの併用が
良いと聞いております。

しかし試してみない事には効いた効かないは解らないので
個人差もありますし、一概にこれを使えば大丈夫とは言えない所が、
免疫食品を使う難しい所でもありますね。

死生観さまは「免疫ドック」をご存知ですか?
これを受けながら免疫食品を使うと早いうちに、
免疫食品がその人に効いているかを血液検査で調べるられるらしいです。
しかし費用が一回12万という事とまだ全国的にこの検査を行っている
病院が少ない事がネックにはなりますが、検査の結果でその食品を続ける方が
良いか、他の免疫食品に変えた方が良いかの目安になると思われますので
ご参考までに…。







5 名前: 死生観 投稿日:2002/09/12(木) 23:17
狸さん、千里亜さん、ありがとうございます。参考にさせていただきます。狸さん、一点質問。「閾値」ってなんですか。読み方さえも分からない。それから、千里亜さんから教えていただいたものも含め、免疫療法についていろいろ調べました。三鷹のAHCC・サメ軟骨療法。横浜の活性免疫なんとか(↑の1回12万円の病院。)、同じく横浜のAHCC、癌センターの樹状細胞(どんな人が受けられるか分かりませんが。)、これら以外でそれなりの病院が実施している免疫療法ご存知の方、いらっしゃいませんか。親父が骨転移で、対症療法がいつ始まるか、あせっています。もちろん陽子線・重粒子線なども調べました。胸椎に転移があるので、これらもリスクが高い。重粒子は過去の放射線治療経験がネックで断られました。今まで、身近な人間の死を経験していません。どんなことになるやら。でも、まだ希望は捨てていません。冷静に考え、本人にとって最高の方法を選択してみせますよ。

6 名前: ??? 投稿日:2002/09/13(金) 00:02
免疫療法にはもっと沢山の領域があります。
ただ、目指している所はどの方法も同じだと思いますが…
患者さんに一番良い方法を見つけてあげて下さい。
私の身内のものはLAKを2週間に一度受けていましたが状態がおもわしくない為
次回からは1週間に一度の投与となりました。
ちなみに『閾値』は「いきち」と読みます。

7 名前: 死生観 投稿日:2002/09/14(土) 12:19
少し調べました。いわゆる活性化自己リンパ球移入療法を実施してる病院がいくつかありました。
早速、問い合わせをかけています。「???」さん、LAKの治療イメージはどんなものなのでしょうか。高齢者で介助状態でも耐えられるんでしょうか。

8 名前: ??? 投稿日:2002/09/15(日) 23:56
ドクターに相談される事が一番良いとは思いますが…
点滴の要領で時間を掛けて体に入れていきますし、副作用も無いので、
御高齢の方でも十分に治療に値すると思います。
私の身内はこの治療をとても信頼していて今後も続けて行きたいと希望しています。
ドクターやご家族とよく話し合って一番良い方法を探してください。

9 名前: 死生観 投稿日:2002/09/16(月) 12:28
助かります。休みは病院も連絡つかないので、メールやら手紙やらで早速行動開始しました。少しパワー充填されました。

10 名前: モモ 投稿日:2004/09/16(木) 21:03
僕も3年半になりますが乳酸免疫酵素(ラテリア)でガンの手術もしないで来ました
免疫力は腸内環境で決まるといわれ飲み始めましたが、ビワの種・CPL・サメ軟骨を補助
に今も元気ですよ、手術すれば人工肛門ですと言われいろいろ勉強して延命効果優先で現在の方法で行こうと決めました
免疫力は腸を大事にすればすごいと実感してますが。





11 名前: とも 投稿日:2004/09/21(火) 22:46
 常温タイプ軟骨エキス シャーキュ○を母に飲ませました。
結果については、メールください。

12 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/01/08(土) 04:25
ラテリアは効くそうですね。


13 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/27(金) 23:34

話を思いっきり単純化します。
どうすればリンパ球を増やすことが出来るんでしょう。
リンパ球を増やすためのベストの手段がアガリクスだとは思えないんですよ。
なにをどうすれば良いんでしょう。
これさえはっきりすれば、免疫系の高価な健康食品の購入地獄からみんな解放されるんです。

14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/28(土) 03:49
リンパ球を増やす=異物に感染する

15 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/28(土) 09:15

現実に実践可能な方法でないと。
異物に感染すればいいと言われてもちょっと。

16 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/29(日) 16:08
やっぱキノコじゃないかな。
あとストレスからの解放。

17 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/29(日) 16:09
森下仁丹とかファンケルとか別に高くないよ。
マイタケ毎日食べても良いのかもしれないけど。

18 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/29(日) 16:10
別にガンに効くってわけでもないが。

19 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/29(日) 16:25
キノコで腫瘍の成長を抑制できる,というのは論文がたくさん出ています。
また,キノコの中の成分が免疫細胞を活性化できるとのデータもあります。
がん患者さんにはすすめられると思います。
ただしほとんどが動物実験のデータであり,
キノコの投与量が人間に換算するとハンパじゃない量でのデータなので,
人間がキノコを少し食べたところで
大きくなった腫瘍の塊が消えるとは考えにくい。
過度の期待はできないまでも,
外科治療後の転移防止,化学治療,放射線治療との併用であれば効果が見られるかもしれません。

14に異物感染がリンパ球を増やすとありますが,
まるでおかしな考えではなく,
例えば,乳酸菌(ヨーグルト,キムチ),納豆菌の摂取も
ある意味では微生物感染です。


20 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/05/29(日) 17:07

どんな異物にどうやって感染すれば良いんでしょう。
乳酸菌などもある意味ではそうなのかもしれませんが、
「ある意味」ではなくはっきりと感染できる身近なもの。

21 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/02(木) 00:05
乳酸菌の経口摂取は感染とは言いませんが
腸管のリンパ組織を通して全身免疫を活性化させることがわかっています。

一般に細菌(異物)に感染すると免疫系は活性化しますが
その活性化する力よりも細菌の増殖力が勝ってしまうと病気になります。
当たり前のことですが。


22 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/02(木) 01:11

もう一度問い直します。
リンパ球を増やすことが代替療法の核心だとすれば、
もっとも効率良く、しかも迅速にリンパ球を増やすことが出来れば
それが最高の代替療法のはずなのではないでしょうか。
それが結果的にアガリクスなのだとすればそれはそれで良いのです。
しかし本当にアガリクスなの?という疑問が捨て切れません。

23 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/03(金) 02:33
免疫力が高まるとなぜ、ガン細胞が絶えるのか疑問です。
ウィルスや異物じゃないんですが。
健食の免疫信仰は、
「養子免疫療法、免疫賦活剤、サイトカイン療法、抗体療法、遺伝子治療」に便乗した
悪戯な人たちが作った根拠ないものです

24 名前: 19・21 投稿日:2005/06/05(日) 02:27
レス遅れました。

簡単に免疫のお話をします。
最初に異物に感染すると,
それを食べる免疫細胞(マクロファージなど)が活性化し
異物を排除します。(自然免疫)
その後,異物を食べたマクロファージは
その異物の情報を別の免疫細胞(T細胞)に渡し,
二度目以降の感染に備えます。(獲得免疫)
当然,二度目以降の感染は最初の感染よりも
早く異物排除ができます。
ワクチンはこの現象を利用して病気に備えることができます。
例えば,BCGワクチン(結核菌を弱めたもの)接種すると
結核菌に対する免疫ができあがり,結核にかかりにくくなります。


25 名前: 19・21 投稿日:2005/06/05(日) 02:28
>>22,23
癌細胞も異物です。
免疫細胞は癌細胞自身,というよりも
癌細胞の表面上に出ている癌細胞特有の分子を認識します。
ウィルス感染時はウィルスが作りだす物質を認識します
 (←これがすべてではありませんが)

癌細胞をたたくにはウィルス感染時と同様にワクチンが有効です。


26 名前: 19・21 投稿日:2005/06/05(日) 02:29
ただ,そのワクチン開発が世界中で行われていますが,
うまくいっていないのが現状です。
養子免疫療法などはこのワクチンを利用して行う方法ですが,
この方法は患者さんによって効果がさまざまであり
今のところ完全な方法とはいえません。


27 名前: 19・21 投稿日:2005/06/05(日) 02:30
話を免疫の基本に戻します。
ワクチン接種は獲得免疫を成立させるためです。
では,これといったワクチンがない場合どうするか?
自然免疫を活性化することです。
自然免疫の活性化は後の獲得免疫活性化につながります。

キノコ類は少なくとも自然免疫系を活性化できることがわかっています。
アガリクス等の健康食品のすべてがでたらめなものとは言えないだろう,
というのが私の意見です。

28 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/06/05(日) 02:38

キノコ関係の健康食品に一定の効果があるのはわかるんです。
もっとも免疫枯渇という現象が避けられないとも聞きますが。
それを踏まえて、安価でそれでいて効果の高い免疫能向上の方法は無いものでしょうか。
腸内環境を整えたり体温を一定レベルに維持し、よく笑う。
他には無いのでしょうか。

29 名前: 19・21 投稿日:2005/06/05(日) 02:43
わかりにくい文章ですみません。

>>22
癌細胞に対するリンパ球を増やせばよい,となります。
よい癌ワクチンが開発されれば…なのですが。
アガリクス等はこの手助けできる「可能性」があるということです。

>>23
癌と免疫について上記の説明でご理解されたでしょうか。

30 名前: 19・21 投稿日:2005/06/05(日) 02:48
>>28
免疫枯渇については3の狸さんがおっしゃるとおりで,
健康食品で免疫枯渇はありえません。

免疫力向上は28さんのお考えでよいと思います。
免疫力と食,免疫力と神経系(ストレス等)は関係あると言われてますので。

31 名前: かな 投稿日:2005/06/19(日) 09:40
話しが 少しズレますが 皆さん 配偶者の方とか 協力してくれてますか? 私の場合 主人が冷たく、いつも 暴言ばかり吐かれており ストレスがたまって 免疫力が下がってしまうんじゃないかと心配です。治療中なので 免疫力を高く保っておきたいのに。この位の事では 左右されないのかもしれませんが メンタルな部分ってだいじだと思うから。特別扱いはされたくないけど 主人 ちょっとゴミがおちているだけでも どなりつけるような人で 毎日 怒られヤしまいかとハラハラで。病院行くときも ちゃんとすることしてから行け。だし。無駄使いもやめてくれませ

32 名前: 名無しさん@? 投稿日:2005/09/14(水) 11:01
この癌掲示板の治療検査スレのHF10療法から派生したサイトです。
是非一度訪れて見て下さい。

●単純ヘルペスウイルスHF10早期実用化要望プロジェクト
 
http://www2.atwiki.jp/hf10/



33 名前: [免疫力という言葉を好む連中とは.. 投稿日:2005/09/15(木) 12:22
「がん治る」と290万円詐欺容疑 診療所経営者ら逮捕

 「遠赤外線を活用した治療法で必ずがんは治る」などと効果のない治療法を勧め、
乳がんの女性から治療費名目で約290万円をだまし取ったとして、
警視庁は15日、マッサージ師で診療所「気光治療院」経営・・・を詐欺容疑で逮捕した。
秋元容疑者から「免疫力が落ちる」などと言われて抗がん剤治療をやめていた

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050915i203.htm

気光治療院
http://www.kikouchiryo.com/
削除されるでしょうから...
http://64.233.167.104/search?q=cache:z9-Pa00N1EAJ:www.kikouchiryo.com/+%E6%B0%97%E5%85%89%E6%B2%BB%E7%99%82%E9%99%A2&hl=ja

「自然治癒力を高める」
「本来持っている免疫機能」
「癌細胞の増殖力とNK細胞の力が拮抗状態」
「好転反応」
「新陳代謝好転」
「好転」
「腫瘍剥離」 ・・・ウンザリですね。

34 名前: ラベンダー 投稿日:2012/04/11(水) 16:57
免疫力に「ミドリムシのちから」に効果あるとネットでみたのですが実際のところどうなんでしょうか?


35 名前: 名無しさん@? 投稿日:2012/04/12(木) 10:41
管理人さんに削除依頼してください。

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]