がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>医者は神ではないけれど・・・

1 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/02/17(火) 01:55
昨年12月に 母の肺腺ガンの再発がわかりました。
すでに 胸膜に播種があり 縦隔膜にも 胸水もあるとのことで
抗癌剤も一応勧められましたが 数ヶ月の延命が期待できるだけ
とそれとなく言われましたので 今は 特に何もしていません。
平成8年に手術して 定期的に検査していて あとから聞いたら
平成14年には リンパ節が腫れていたのを認めていたけれど
腫瘍マーカーも特に問題なかったし・・・申し訳なかったなんて
今更言われても・・・・
平成14年の検査結果を聞きに行って 家に帰ってきた母は
「 先生が もう大丈夫です。卒業ですよ。だって」なんて言って
よろこんでいたのに。
もし その時にちゃんと検査をして それなりの対処をしていて
くれていたらと 悔やんでも悔やみ切れません。

22年前 父は胃潰瘍と食道静脈瘤をもっていました。
「大便が黒かったら出血の可能性もあるから」と常日頃言われていました
ので その朝 心配で病院に行きました。
検査室に入って 少しすると 中が騒々しく 看護士が「輸血の血液を
沢山集めてください。」と慌てて飛んできました。
内視鏡を入れて大出血を起こしたらしいのです。
父は それから5日ほど苦しんで チューブに繋がれたまま亡くなりました。
死亡診断書の死因は 肺炎 でした。
あの頃は 今ほど医療過誤が公にされない時代で 母娘だけでは結局何も
できませんでした。

医者は神ではありません。 人間ですから間違いも犯します。
でも 命に関わることで 「間違えちゃいました」では・・・・・

私の医療不信は癒されることがないようです。
でも 本当は 信じたいんです。 信頼して 母を助けてもらいたいんです。
いくら本を読んでも いくら掲示板で勉強しても 結局 私には何一つ
してあげられないんですから。





2 名前: 名無し 投稿日:2004/02/20(金) 00:01
化学療法で数ヶ月も延命が期待できるのであれば行うべきでは?
何も治療しないで、悔やんでも悔やみ切れないよりは…



3 名前: 通りすがり 投稿日:2004/02/24(火) 18:12
数か月の延命はあなたには意味がないですか?
私には大きな意味を持ちます。だから辛い治療を頑張ります

4 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/02/25(水) 02:06
通りすがりさん お気に障ったのでしたら 申し訳ありません。
その数ヶ月が(1~2ヶ月と言われましたが)苦しみの少ない 
普段通りの生活を送れるのであれば 頑張ってほしいと思います。
でも 化学療法をしたために 苦しんだり ひょっとすると余命を
縮めたりするのではないかと怖いのです。
本人がやりたがっていないので 無理強いも出来ないですし。
もしかしたら 化学療法をすれば もっと生きてもらえるかも
しれない、もしかしたら宣告されているよりも・・・と希望を
持ちたい時もあります。
もし 母ではなく自分だったらどうするだろうとも考えます。
まだ 迷いの中にいます。
主治医に 本人が躊躇していると話したところ あえて強く
勧めてくださるようなところもなかったので 「しても無駄だと
思っているのかぁ」「見放されているのかなぁ」という印象を持って
しまい 不安になったというところもあります。
ご本人に頑張る気持ちがあって 医師も一緒に頑張っていらっしゃる
のなら きっと 勇気を持って闘っていけるのでしょうね。
うらやましいです。
是非 頑張ってください。
私も 私なりの覚悟で 頑張っていくつもりです。
あなたの頑張る気持ちにに水を差すようなつもりは
ありませんでしたが・・・ごめんなさい。
                                                                                                                        







5 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/11/05(金) 15:25
4月に入院してイレッサに挑戦することに決めました。
先に胸水を抜いて胸膜癒着をしたら肺炎になって1ヶ月以上も
熱が出て はとんど食べられず どんどん衰弱していきました。
痛みも次第に強くなり コンチンの量も増えていきました。
心臓も悪くなって いつ心不全が起こってもおかしくないような
状態になりました。
痛み 食欲不振 呼吸困難 もう自由に歩くのも出来ませんでした。
このまま病院で苦しんだまま終わらせたくないと思い 退院させ
短い時間でも家で過ごさせてあげたいと思いましたが
「余命1ヶ月の患者でもイレッサが効いている。」と 主治医や
看護士 婦長 院長にまで 毎日毎日 イレッサを飲むようにと
言われ続けて ついに 母は飲みました。
飲まないと余命3ヶ月だと 飲まないと痛みも呼吸困難もなくならないと
言われたからです。
2週間飲んで 結局効かずますます悪化して 余命1ヶ月だと言われました。
イレッサが効かないとわかってからは 緩和ケアも少しも熱心にしてもらえませんでした。
「直らない患者は病院に行くもんじゃない。」と以前誰かが言っていた
とおりです。まるで 見放されて 放っておかれる状態でした。
在宅看護のドクターをどうにか見つけて ようやく退院出来ました。
そして19日後 母は亡くなりました。
4ヶ月も 入院して 苦しませて かわいそうでした。
入院させず イレッサも飲ませず 自宅でずっと過ごさせてあげたかった。
かわいそうで かわいそうで 悔やまれてなりません。




6 名前: なお 投稿日:2004/11/05(金) 21:11


私の同居の義父は、3年前に肺ガン(最もタチの悪いと言われる小細胞癌)と判りました。2年後に脳への転移が見つかり、手術を含めてあらゆる治療をし、現在は、次に転移が見つかっても抗癌剤には体力的に耐えられないだろうから、ホスピスを考えた方がいいと言われるところまで来てしまいました。

義父の場合、抗癌剤の最後の方は本当に見ていられないほどでした。吐き気のために食欲は落ち、骨と皮だけ(本人曰く「ミイラみたいだ」)になり、余分な抗癌剤を洗い流す為に水をどんどん飲めと言われ(それも苦痛のようでした)毎日のように血液検査。白血球が700にまで落ち、注射で白血球を増やして、また抗癌剤・・・。

医師が言うには、抗癌剤で癌細胞の活動を止める→白血球が下がる→仕方なく「細胞を活発にする薬」で白血球を増やす→また逆の、活動を止める抗癌剤を入れる。ということを繰り返す訳だから、体へのダメージは計り知れないとのことです。そばで見ていて、ガンとの闘いは本当に「壮絶」の二文字だと思いました。

がんセンターの主治医は、今、体のどこに転移があってもおかしくない状態だけれど、しょっちゅう高価な検査をして小さいガンを探し出し、見つかるたびに入院→抗癌剤のつらい治療をするよりも、本人の好きなことをして過ごした方が良いのではとおっしゃいます。つまりQOL優先です。

本人はもう覚悟はできているようで、延命拒否にサインをしたし「もう入院はしたくない。家で自由に好きなものを食べて過ごしたいと言っています。

家族としてみれば、一日でも長く生きていて欲しいし、あらゆる手を尽くして悔いの無いようにしたいという思いでいっぱいです。

でも、それは送る側の(やるだけのことはやったという)自己満足なのではないかと最近少し思ったりします。たった数ヶ月の延命の為に、残り少ない貴重な日々を、辛い抗癌剤治療で何ヶ月も病院に出たり入ったりして過ごす事は、本人にとって本当に幸せなのだろうか?と思うのです。

自分の人生の残りの期間を、最後まで病院で壮絶に闘って死ぬか、多少短くなっても家族と過ごす穏やかな時間を持つかは、患者本人が決めることだけれど、もし本人が後者を選んだ場合、家族はそれを受け入れる覚悟が必要な気がします。

7 名前: さかもと 投稿日:2004/11/26(金) 00:33
本当に。私の父もがんの肺転移で半年の闘病の末病魔に負けてしまったのですが
その間今まで病気をしたこともなかった父を看病するつらさはありませんでした。
転移という事で治療法もなく、初期に「快調です」と笑顔の父に巡回の医師は鼻で笑ってるようでした。
今でも蹴飛ばしてやりたいような気持ちになります。何かの時のために病院にいざるを得なかったのですが
その間の心細さ・さみしさは想像を超えます。自然を愛し山が自然が運動が好きだった父。半年間も病院に縛られ
最後に言葉はたたみ・・・畳で寝たいの?と聞くとそうだ、と言いました。
すばらしい人生を歩み人の信望も厚かったのに最期・畳に寝ることもできないのか
私は悲しみに脳みそが捻じ曲がる思いだった。何回も帰りたいと言った。こんなに父を愛しているのにつれて変えてはいけないのか
又父を置いてこの冷たい病院に。帰るのか・・なんでなの?だめでもいいからつれて帰ったほうが父は幸せだったと思う。笑顔が見られたと思う

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/10(金) 07:29
名医だと、権威だのと言われている著名医師ほど、要注意。
患者をモノのように扱います。
セカンドオピニオンにはいいけれど、主治医はやめた方がいい。
母を看取った私の結論です。

9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/03(土) 21:51
がん関連の本を読むと見た目元気なのに余命3ヶ月と言われた。その結果、切ったり未承認の毒性試験を受けて身動き取れなくなった時点で末期と言われたいうケースを良く見ます。きっと医師はもっと前の段階で95パーセントは無理だろうと知っているはずです。奇跡を信じる人もいるでしょうが奇跡にすがるならEBDをもとにした生存率なんて何の意味もなしません。諦めるのでは無く、無駄なケアは早い段階で拒否する方が患者さんのためではないでしょうか。

10 名前: 千春 投稿日:2005/09/04(日) 00:35
人、一人々に色々な人生観・闘病観・死生観があります。

自分の1度の人生。
積極的に攻撃的に治療に挑む。何より緩和中心に治療をする。・・・。
それぞれ自分のフォームを最大限固持しつつ、
出来るだけ納得のいく生き方・闘病をしたいものです。
9番さん自身の闘病のスタンスに何の文句もありません。

ただもし9番さんが医療関係者でしたら、
私や私の周囲の者たちが絶対あなたには当たりませんように(‐人‐)
と、強く心から祈ります。

11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/04(日) 02:58
>>9
「無駄なケア」ではなく、「無駄なキュア」でしょう?
その無駄か無駄でないか、を判断するためにEBMが必要なのですが、
患者が独自でBEMを調べられるサイトの登場が待たれます。

12 名前: ようかん 投稿日:2005/09/04(日) 16:08
はじめまして。
私は20年前の治療ではきっとダメだったかもしれません。
>>9 のお方。明日も明後日も同じ考え方でいられますか?ま、御自由に。

13 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/09(金) 18:21
医師は、今まで強い抗癌剤を打ち、効き目が悪く次に使う抗癌剤が
手探りで、どうなるかわからない。元気な内にしたいことをして下さいと
言います。ベットを空けてほしいと、治療したい患者がいるから!と・・・・
その病院は、この1年前には ここでできることは、もうありません。帰るか他の病院を
探してください。と言いました。あんなに弱っている患者を追い出しました。
今は、調子が悪くなったら来て下さい。と言います。
本当に信じられない!!どうしたらいいのか・・・・・

14 名前: 14 投稿日:2005/09/12(月) 07:38
9様
> がん関連の本を読むと・・・・・
> ・・・・・ケースを良く見ます。

私の家族に癌患者がいます。
いずれ、この掲示板の御世話になる時が来るかも知れません。

あなたのお読みになっている本の内容が、どうだとおっしゃるのですか?
あなたに、当事者の切実なお気持ちが本当に理解できるのですか?
癌患者や御家族の方々に対する配慮が全く感じられません。
身近に癌患者がいる立場のお方なら、このような書き込みはされないはずです。

書き込まれる方々の立場がどうであれ、本当に有益な情報なら歓迎されます。
複数の掲示板でも同様の書き込みをされていますが、即刻おやめ下さい。


15 名前: Sky 投稿日:2005/09/17(土) 12:32
>>9

EBDって何だ?
あと、ケアとキュアの意味も理解出来てないみたいだな。
頭悪そうだな。

16 名前: 14 投稿日:2005/09/17(土) 16:32
>>9 様
私も、誤字、脱字、誤変換の見落としを頻繁にしています。(^_^;)

人の生死を左右する重大なアドバイスや意見を書き込む際に、
専門用語の間違いや、不適切な単語の使用は、一歩間違えば、
回答者の専門知識に不安を抱かせるばかりで無く、
相談者を傷付ける場合があります。

短時間に複数箇所への書き込みは間違いの元です。
ワードパッド等に下書きをして、適切な箇所で改行をして
十分な推敲の上、書き込みすべきだと思います。
また、書き込みの内容が掲示板の主旨や患者様、御家族、その他の
方々に対して適切であるか?
是非とも御配慮願いたいと思います。

人の文章に対する情け容赦も無い指摘よりも、人命に関して
配慮に欠ける書き込みの方が、より深く人を傷付けます。

EBM ( Evidence-Based Medicine )
 個々の患者の診療についての意志決定において現在ある最良の証拠を良心的
 公明にかつ思慮深く用いること

ケア  ( care )  → 介護
キュア ( cure )  → 治療

17 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/09/18(日) 01:51
9さんへ
うちの父は、小細胞肺ガンと告知された時点で「治療をしなければ1ヶ月です」と言われました。

抗癌剤や放射線などで肺は一応綺麗な状態になり、転移するまでの2年間ゴルフも出来たし、彼なりに色々覚悟も出来たようだし、美味しいものを食べてQOLを満喫していましたよ。
どこで見切りを付けるかは人それぞれで、早い段階で諦めることを他人に薦めることではないような気がします。

18 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/29(木) 11:44
なんじゃ、このレスは・・医者さま様で信じているな・・
数年前のスレッドだけど、書き込んでおく

俺のじいちゃんは、癌と言う事で入院したが、食欲もなくなり体調はどんどん悪化した。
医者に余命一週間ですと言われたが、
母が「なら家で看る」チューブ外してと連れ帰ったが、
その後、5年生きたぞ。

19 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/29(木) 16:22
いまさら、掘り下げなくても・・・ええんとちゃうか?
信じようが信じまいが、どうでもええやろ。
まぁ、医者が人間であることは現実。
信じてみたいのもわかる。
どっちでもかまわんよな。
いちいち、かみつくことでもないやろ。



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]