がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>セレブレックスについて

1 名前: ナオ 投稿日:2004/02/22(日) 11:36
母が再発の肺腺がんで 肺野部に2~3個 胸膜播種 縦隔膜とリンパ
節にも転移があります。
化学療法をためらっていて 今は特に治療はしていませんが 3月に
診察に行くので 多分 抗癌剤をすることになると思います。
それまで セレブレックスを飲ませようと 個人輸入しましたが
使用に関して アドバイスいただけたらと思います。

1日200mg~400mgが適量だということで 今は朝1錠
(200mg)飲ませていますが それでいいのでしょうか?
400mgに増やしたほうがいいのでしょうか?

免疫賦活剤(キノコ系)を一緒に飲んでも大丈夫でしょうか?

抗癌剤(イレッサ)との併用は副作用の面で大丈夫でしょうか?

購入したものがプエルトリコ製でしたが アメリカ製と効果に差は
ないのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

2 名前: Onsen 投稿日:2004/02/24(火) 11:39
個人輸入できるのですか?
方法とか教えていただけませんか?

3 名前: ナオ 投稿日:2004/02/24(火) 12:00
ネットでセレブレックスで検索すれば 輸入代行業がたくさん
調べられますよ。
いろいろ調べたら免疫賦活剤や抗癌剤との併用は大丈夫みたいです。
でも 個人輸入なので あくまでも自分の責任で使用しなくては
いけないということです。
ドクターに相談できれば 一番いいのですが・・・。
すでに 使用している方が大勢いらっしゃるみたいなので
お話をお聞きしたいです。 情報よろしくお願いいたします。


4 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/02/24(火) 15:36
私の母は、一昨年、直腸癌の3期で、手術しました。その後、再発予防に、毎朝、セレブレックスを200mg服用しています。





5 名前: ナオ 投稿日:2004/02/26(木) 10:51
お返事ありがとうございます。
肺がん治療のスレの方で 情報いただきました。
1日400mg服用している方もいらっしゃいました。胃腸の調子が
悪くなる場合もあるそうです。

6 名前: ナオ 投稿日:2004/03/27(土) 00:34
先程 別のスレを読んでいたら セレブレックスがcox2阻害剤
として疑問があり 他の癌を発症させる可能性もあるような発言
が 医療関係者と思われる方からありました。
個人輸入での使用なので 出来るだけいろいろ調べたり774先生
のレスや他の使用者の体験も聞きながら 服用していますが 
本当のところ どうなのでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたら 教えてください。

7 名前: 外科医のおじさん 投稿日:2004/03/27(土) 07:45
セレブレックスというよりCOX-2阻害剤ならびにCOX-2阻害のあるNSAID全般の話です。明らかな発ガンの確認はまだ動物実験のところまでですが、大規模なretrospectiveなデータベースの集計で数種の臓器で有意に発ガン率が高まったという報告があります。しかし、この薬の当初の目的であるガン予防の観点からの話ですので、長期投与がそのベースです。現在ガンの治療として使用していらっしゃるなら、そのような短期ではそれほどきになさる必要はないと思いますし、リスクとベネフィットの兼ね合いだと思います。まだ開発されて十分一般に使用されていない薬で、いまも基礎実験でその機序の解明が行われている薬であることは頭に入れていて下さい。

8 名前: ナオ 投稿日:2004/03/27(土) 11:06
お返事ありがとうございます。
長期投与とは具体的にどれくらいの期間を指すのですか?

9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/05/06(木) 23:29
抗癌効果はほぼ認められていますよね。
なぜ、7外科医のおじさんは現在の癌患者に対して
そのような不確定なことをおっしゃるのでしょう?
話を逸らしたいとしか思えません。

10 名前: がんがなんだ 投稿日:2004/07/24(土) 09:26
私も2回乳がん。胃がんになり抗がん剤治療も受けました。今で言う標準治療です。12年おかげで毎日ビールを飲み続けています。旦那も一緒に飲み続けていたらすい臓がんが発覚し肝臓腹膜転移が見つかり余命いくばくもないと端で見ていても思われます。抗がん剤と代替治療に走っています。どちらも症状緩和を願って行っていますがこのたびセレブレックスもいいのではないかと考えています。腹膜転移で今は食事が取れますが症状緩和期待できるかどうか誰か教えてください。無駄でもいいかなと思っています。

11 名前: 774 投稿日:2004/07/24(土) 12:51
セレブレックスは進行膵癌、膵癌転移、またセカンドラインとして、GEM、CPT11,
5FUなどの抗がん剤との併用療法が海外臨床試験中です。
2相試験の結果が出たばかりですが、上記いずれのコンビネーションも良好な評価です。
3相試験の結果が待たれますが、今のところ3相試験はスタートしていないようです。

12 名前: ここでいいのか自信がありませんが… 投稿日:2004/11/14(日) 18:15
○ COX-2阻害薬の意外な副作用

 アスピリンを始めとする非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)は、酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害することにより、解熱鎮痛作用や抗炎症作用を示す。シクロオキシゲナーゼには構成的なタイプ(COX-1)と誘導性のタイプ(COX-2)の酵素のサブタイプからなる。
 COX-1は、多くの組織中に存在している。上部胃腸管に存在するCOX-1は、プロスタグランジンの合成に関与しており、プロスタグランジンのもつ胃腸粘膜保護作用に間接的に関与している。非選択的NSAIDは両タイプの酵素を阻害することから、胃腸管におけるプロスタグランジンの合成を阻害し、その結果、消化性潰瘍が発症する危険性が指摘されている。
 一方、COX-2は、細菌性エンドドキシンのような外因性物質や、サイトカイン、成長因子および他の内因性メディエータにより炎症部位で誘導され発現する。つまり、COX-2は炎症や痛みに伴って誘導されてくる酵素であり、NSAIDの抗炎症作用や鎮痛作用により重要なターゲットとされてきた。とくに、COX-1阻害作用からくる消化管への有害作用を避けるために、選択的COX-2阻害薬の開発が行われている。
 選択的COX-2阻害薬のひとつにロフェコキシブがある。2004年9月30日に米FDA(食品医薬品局)により、米メルク社がロフェコキシブの18か月以上の服用で、心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患イベントのリスク増加が認められたため、自発的に販売停止・回収することが明らかにされた。
 大腸直腸腺腫の病歴のある人を対象に、本剤の大腸直腸ポリープの再発予防効果を調べる目的で行っていた試験の途中で、明らかになったためと報告されている。選択的COX-2阻害薬が心血管系イベントリスクを増加させる危険性を理解する必要がある。今後の情報に注意したい。
        【'04.11.15 Japan Medicine】

13 名前: 医学部研究員 投稿日:2004/12/02(木) 14:58
初めて投稿します。現在、私の父親が、頭頚部の悪性腫瘍のための治療を続けています。
セレブレックスのCOX2選択的阻害作用がどれほどのものかわ分かりませんが、
私の父は、抗がん剤(TS1)と併用でhypen(エトドラク;日本新薬)を服用しています。
効果のほどは定かではありませんが、残存微小がん細胞の血管(頚動脈)への浸潤は何とか
免れているもようです。(今のとこと)
あとの効能としては、患部の炎症や痛みはかなり抑えられていると思います。
副作用については、今のところ目立ったものありません。しかし、すべての薬剤にいえること
ですが、薬の効果や副作用には個人差があるので、十分注意を図ることは大事かと思います。
最後に悪性腫瘍の化学療法に関して思うのは、やはりた多剤併用療法がより高い抗腫瘍効果を
上げられると考えます。腫瘍の増殖や転移に関する分子経路を1つ叩いただけではなかなか難し
いと思います。参考になれば幸いです。


14 名前: セレブレックス 投稿日:2004/12/04(土) 01:51
セレブレックスって基本的には関節炎やリュウマチの薬ですよね?
このセレブレックスと肩を並べる関節炎用の薬のバイオックス(VIOXX)というのが 心臓麻痺などを引き起こす恐れがあるということで
アメリカ国内で物議をかもしていますが セレブレックスはそういう心配は大丈夫なのでしょうか?


15 名前: セレブレックス回収? 投稿日:2004/12/19(日) 14:09
セレブレックスが原因で心臓に悪影響を及ぼすため(危険性です。全部の人ではないのです)これを回収するかもしれないという
話を聞きました。製薬会社のファイザーは現時点では回収を決定してはいませんが この話が出たとたん
株価が30パーセントほど下落したとか。同様の薬を製造しているメルク(マーク?)社は訴訟問題で会社自体が存続の危機にさらされています。
セレブレックスの製造元ファイザーも 同じ状況にたたされる可能性があるかもしれません。
おどかすつもりじゃありません。でももし個人で輸入されている方や 必要とされている方にとっては もしかしたら大変なことになるんじゃないかと
心配になってしまいました。 情報もとはCNNのニュースです。

16 名前: CNNニュース 投稿日:2004/12/19(日) 14:52
英語版ですがCNN.COM >HEALTH 欄で情報があります。


17 名前: 774 投稿日:2004/12/19(日) 21:58
http://www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01144.html
大腸ポリープ予防の新しい適応を調査する臨床試験が
心臓血管系疾患のリスク増加のため中止されました。
セレブレックス800mg/日で危険性の増大を認めたようです。
現在セレブレックス800mg/日服用者はその得失につき、主治医と
十分相談のうえ、継続服用の必要な場合は最低限の使用量
を服用するように推奨、注意しています。


18 名前: ちゃしば◆FDLOCdao 投稿日:2004/12/19(日) 22:41
http://f57.aaa.livedoor.jp/~cancerit/archive43celecoxib.html
774先生の引用部の和訳が上記にUPされています。
※このサイトはFDAに和訳の掲載を認可されてます

19 名前: 15,16です 投稿日:2004/12/20(月) 09:15
774様、ちゃしば様 ちゃんとした情報をありがとうございました。
(私の母も闘病中ですが痛みなどはないようなのでセレブレックスは使用していません。)
セレブレックスを使っておられる方の事を思い ニュースを見てあわててしまいました。
個人輸入で使うとはいっても医師と相談して服用できるんですね。 安心しました。
余計な心配だったらすみませんでした。

20 名前: 19さんに同意! 投稿日:2004/12/20(月) 11:46
先生方お世話になっております<(_ _)>


21 名前: ちゃしば◆FDLOCdao 投稿日:2004/12/24(金) 17:13
http://www.klinespecter.com/index.html
例えば、こういう弁護士事務所などが患者情報を集め始めています(このサイトの信憑性を私が保証するものではありません。あくまでも例示ですので)。今後の情報をじゅうぶんに注意すると同時に、慎重な対処を。

22 名前: ちゃしば◆FDLOCdao 投稿日:2004/12/28(火) 18:06
http://f57.aaa.livedoor.jp/~cancerit/fdafiles.html#041223

23 名前: 弁護士の情報 投稿日:2004/12/30(木) 12:14
こうやって問題があると聞いたとたん弁護士がテレビなどで被害者(?)を集めて大きな訴訟を起こそうと躍起になります。
こういう薬害訴訟でもの凄い金額が(弁護士のもとに)転がり込むのです。
ハイエナのようなあこぎな商売です。
もちろん全部の弁護士がそうじゃありませんが。
バイオックスの製造元のメルク社は訴訟がもとで会社がなくなりかけています。医療関係の訴訟でうまくすると
弁護士として大成功をおさめるケースが多いので(アメリカ大統領選挙で出馬した副大統領候補だったジョーン エドワードなどはその典型です)

薬害で苦しむ患者さんを助ける事よりも(本当はこれが最重要課題なのに)
お金儲けが先行してしまっている現状は情けないですよね。


24 名前: ツーミー 投稿日:2004/12/31(金) 22:36
これまで皆さんのお話を読んで参考にさせていただいていました。初めて投稿いたします。
「月刊がん」2003年8月号で愛知県がんセンター呼吸器科の樋田豊明先生がCOX-2阻害薬が肺がんの再発予防に役立つと述べた記事を読み、関心を持ちました。
私の妻は脳腫瘍(グリオーマ grade3)が再再発し、現在抗がん剤治療を受けています。
妻にも試してみようかと検討していますが、副作用とか少し心配です。服用されてる方、どんな感じか教えていただけませんか。
また「ハイペン」などなら、医師に処方してもらえると聞きました。そういうことはできますか?ご経験のある方いらっしゃたら、教えてください。
COX-2阻害薬はグリオーマの化学療法の効果も上げることを期待できるでしょうか?文献を探しましたが、分かりませんでした。何でも情報ありましたらよろしくお願い申し上げます。
たくさん質問を書き込んで申し訳ありませんが、ご都合の良いときに、教えていただければ幸いです。

25 名前: ちゃしば◆FDLOCdao 投稿日:2004/12/31(金) 23:25
774先生や狸先生の方が確実な情報を提示していただけるのでは?と思いますが、一応PubMedでglioma Celecoxibで検索したところ、7文献がヒットしました。このうち、臨床検討してありそうなものはこれでしょうか?さすがに大晦日に文献読みに病院まで行く元気はないので、すみません。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15558802

26 名前: 774 投稿日:2005/01/01(土) 14:13
グリオーマに対するCOX2阻害剤の効果は明らかではありません。
少なくとも2相試験まで上がって来てはいません。
むしろ進行例や再発例に対してはテモダール(TMZ)単独、あるいは
テモダール/放射線療法による海外3相試験が進行中です。
国内では名大、東大医科研、千葉大などの遺伝子治療が承認、審査中、
申請中です。

27 名前: 774 投稿日:2005/01/01(土) 18:59
訂正
上記レスの2相試験を3相試験に訂正いたします。
なお、テモダール(TMZ)のグリオーマに対する国内臨床試験については
帝京大学脳外科http://square.umin.ac.jp/takafuji/temozolo.html
などをご参照ください。

28 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/01/02(日) 14:58
ちゃしば先生
あけましておめでとうございます。 
早速御返事をいただき、まことにありがとうございます。
年末のあわただしいときに、ご無理をお願いして申し訳ありません。
教えていただいた文献、翻訳サイトでさっそく読んでみました。原文を参照してもう一度熟読するつもりです。
Pub Medはこんなとき役に立つんですね。名前は知っていたのですが、何か敷居が高くて・・・。
これからはもっと活用して、自助努力いたします。
774先生からいただたお返事ではCOX-2阻害薬のグリオーマへの効果は明らかではないとのことです。
ザルトプロフェンという薬が従来のCOX-2阻害薬より4倍の効果があるという情報があるので調べてみます。
みなさんに何か参考になりそうなことがあれば、また報告いたします。
取り急ぎお礼申し上げます

29 名前: ツーミー 投稿日:2005/01/02(日) 15:18
774先生
ツーミーです。あけましておめでとうございます。
新年早々、御返事をいただきまことにありがとうございます。
実は妻は再再発後TMZをのんでいます。
このレスの本筋から外れるかもしれませんが、もう一点教えていただけないでしょうか。
欧米のTMZの臨床試験の結果では、腫瘍が半分以下になった患者(CRまたはPRでしょうか)が35%、不変が26%と聞きました。
よく分からないのは「6ヶ月間効果が続く割合が46%」ということの意味です。
TMZで腫瘍が縮小、または消失した患者(CR+PR)のうち、46%は6ヶ月間その状態を維持できたが、残り54%は6ヶ月間未満で腫瘍が増悪を始めたーーと理解してよいで
しょうか。
つまり、腫瘍が縮小、消失しても半分強の人が6ヶ月未満にまた腫瘍が増殖を始めたーーということになるのでしょうか。
もう1点、6ヶ月間というのはいつから数えた6ヶ月間ですか。投薬開始からです
か?効果が確認できてからですか?

妻は投薬を始めて3ヶ月になりますが、再再発腫瘍は縮小していませんが、大きくもなっていません。
症状もなく、まあ元気にしています。この状態が一日も長く続くことを願っています。
でも効果がそれほど長続きしないなら、家族は次に備えないといけないと思っております。

ご好意に甘えて、新年早々またご厄介をお願いして申し訳ございません。
お時間ありますときに、書き込みをしていただければ幸いです。

30 名前: 774 投稿日:2005/01/02(日) 22:19
グリオーマに対する3相試験が進行中ですので、詳細はこの試験結果が
出てからと思います。
なお、お問い合わせの件はソースが不明瞭ですが、前半はレスの通り解釈されて
良いのではと思います。後半は判断しかねます。
TMZに関する3相試験のプロトコールなどは以下、ご参照ください。
http://www.nci.nih.gov/search/ViewClinicalTrials.aspx?cdrid=67512&version=patient&protocolsearchid=963725
http://www.nci.nih.gov/search/ViewClinicalTrials.aspx?cdrid=258428&version=patient&protocolsearchid=963725

31 名前: ツーミー 投稿日:2005/01/03(月) 17:42
774先生
 正月休暇にもかかわらず、さっそくご丁寧に教えていただき、ありがとうございました。
 ご親切とご熱意に深く感謝申し上げます。
 最初の手術から3年近くになります。この間2回再発したわけですが、今年の目標はもう再発させないことです。
 素人のできることは限られておりますが、闘病第一に妻を支えて参りたいと存じます。
 今後ともご指導をいただければ、まことに幸いです

32 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/02/13(日) 16:30
掲示板に慣れていないので、失礼があればすいません。
家族にがん患者がいます。
日本で保険適用になっている「ハイペン」「ザルトプロフェン」を知り合いから勧められましたが、「セレブレックス」や「バイオックス」とどう違うのでしょうか?
セレブレックスなどの副作用が米国で問題になっているようですが、「ハイペン」「ザルトプロフェン」も心臓血管系疾患のリスク増大など同様の副作用が考えられるのでしょうか?

33 名前: 774 投稿日:2005/02/14(月) 16:04
「ハイペン」は「モービック」と同様、優先的COX2阻害剤という位置付け
で、抗腫瘍効果に対する海外臨床試験が行われている「セレブレックス」は
選択的COX2阻害剤という違いがあります。
一般的に非ステロイド性消炎鎮痛剤にはNa貯留によるうっ血性心不全
などの重大な副作用があります。
詳細はhttp://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html
などでご確認ください。

34 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/02/16(水) 01:04
774先生
「ハイペン」について教えていただいてありがとうございます。

35 名前: あさこ 投稿日:2005/02/19(土) 23:54
アメリカでセレブレックスの販売を継続すると発表がされたようです。
FDAは 心臓に与える影響、リスクについて強調するそうですが必要とされている人にとってはいい情報かなと思って書き込みしました。
関節炎で苦しんでいる人が「もしこれで命にかかわる危険があるとしても毎日の痛み、苦しみから逃れて普通に暮らせるのであったら
私はリスクの方をとる方を選択します。」と言ったらしいけど そうですよね、って思いました。

36 名前: かすみ 投稿日:2005/03/04(金) 13:58
さちよさん 私もがんセンターで肺がんの手術を受けましたが,その時の印象で最低限の予備知識(たとえば癌センターのHP)をもって,自分がわからないこと,なっとくがいかないことは,HPのコピーをもっていって,説明を受けるくらいの方が良いようです.そうでないと,医師が言ったことは理解できている,と思っているようです.自分の身体のことですからよく勉強してから行き
ましょう

37 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/02(月) 20:11
>>33
774様
優先的COX2阻害剤と選択的COX2阻害剤の違いとはどんなことでしょうか。
抗腫瘍効果として、「ハイペン」や「モービック」は期待できないのでしょうか。
大腸ガンの肝転移で、FOLFIRIの治療と併用して
セレブレックスを輸入して飲んでいたのですが、主治医にその旨を
お話したところCOX2阻害剤としてからモービックを処方していただけたので、
現在はセレブレックスをやめてモービックを飲んでいます。
どちらも同じ効果、と言う医師もいらっしゃいます。
どうなんでしょうか。
少しでも可能性の高い治療をしていきたいと思っています。

38 名前: まる 投稿日:2005/05/04(水) 23:27
アスピリンにも抗腫瘍効果があるという事ですので
他のNSAIDsでも同様の効果は期待出来ると思いますが、
腫瘍に対する効果はCelecoxib(セレブレックス)が
最大であり、COX2阻害以外の何かが関与している
のではないか、と考えている医師もいるようです。
(以下の文献を参照して下さい。)
恐らくまだ不明な点も多いのではないかと思います。
Celecoxibは使用経験がないのでコメント出来ませんが、
他のNSAIDsが抗癌剤と併用される事は日常茶飯事で
それ程劇的な抗腫瘍効果はあるとは私には思えませんが…。

Celecoxib exhibits the greatest potency amongst
cyclooxygenase (COX) inhibitors for growth inhibition
of COX-2-negative hematopoietic and epithelial
cell linesCancer Res 62(7):2029-2033 (2002)


39 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/05(木) 20:55
ご回答をありがとうございます。
http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/content/abstract/62/7/2029
などを調べてみます。
すでに肝臓へは6cm大を頭に7個以上転移があり、手術不適応となっています。
主治医は匙加減は必要と仰っていましたが、まだ量を増やすところまでは
対応していただいていなく、現在はFOLFIRI+モービック+シメチジンで様子を見ています。
藤田保健衛生の松本先生の報告内容に期待を寄せている部分もあります。

40 名前: <削除> 投稿日:2010/10/26(火) 00:57
<削除>


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]