がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>教えてください!(癌性腹膜炎)

1 名前: MAKO#0324 投稿日:2003/06/27(金) 15:32
69歳の母の病状です。
診断:癌性腹膜炎
初診の翌日に急遽開腹術を受け3日経過しました。手術では腹腔内には無数の腹膜播種が存在、内臓が癒合し原発の部位も特定(結腸と考えられる)できずに腹水の除去(5ℓ貯留)のみに終わりました。術前の予想より狭窄腸閉塞の状況が軽かったが、ほぼ全ての小腸、大腸に播種転移があり、早いうちにあらゆる部位の閉塞を来たし食事が取れなくなると想定されています。生命予後は非常に厳しく1ヶ月前後が目処であり、抗がん剤の治療は全身状態の改善ができれば考慮するが、それに耐えうるレベルへの改善もできないことも考えられる、との診断を受けています。現在の点滴による補給栄養も開腹時に腹部に着装した腹水排出用の管から排出されてしまうとの説明です。次の点につき、どなたかごアドバイスをいただければ幸いです。
1)上述のような様態において、多少なりとも全身状態の改善に結びつく手法がないでしょうか?
2)理想にはほど遠い全身状態においても可能な化学療法やその外の治療手段がないでしょうか?


2 名前: 774 投稿日:2003/06/27(金) 17:03
癌性腹膜炎に対する根本的な治療法はほとんどありませんが、症状を緩和する目的で
全身化学療法・腹腔穿刺・利尿剤・抗がん剤の腹腔投与・温熱療法・活性化自己リンパ球療法
などが行われています。
しかし、お母様のケースのように術直後である場合、全身状態の改善が最優先されます。
腹水の貯留・腹腔ドレーンからの流出により蛋白・免疫細胞成分の喪失・電解質異常をきたし、全身状態は
更に悪化していきますので、早急な対応が求められます。
場合によっては、腹水中の蛋白・血漿・免疫細胞などを静脈に再還流する処置を行うこともあります。


3 名前: MAKO#0324 投稿日:2003/06/28(土) 15:35
774さん 貴重なアドバイスを頂戴し誠に感謝申しあげます。
静脈に再還流する処置につきお教えいただければ幸いです。
1)この処置を実施する病状のガイドラインはありますでしょうか?
2)処置自体の難易度、普及度はどの程度でしょうか?
ご多忙中大変恐縮です。


4 名前: 774 投稿日:2003/06/28(土) 16:33
お答えします。
1)腹水再還流のガイドライン等はありません。
2)人工心肺・血液透析・腹膜透析が可能な施設ならどこでも可能と思います。
 そのような設備がなくても、器械を借りて行うことも可能です。
 ただ、これらの治療は普段、循環器科や腎臓内科・透析施設などで汎用されて
 いる治療ですので、専門外だとなじみのない医者も多いと思います。





5 名前: MAKO#0324 投稿日:2003/06/30(月) 11:45
774さん 
お忙しい中、大変ありがとうございます。
取り急ぎ御礼申し上げます。

6 名前: 2241 投稿日:2005/01/07(金) 13:59
56歳の母の症状です。
腸閉塞の手術を受けました。ガンも見つかりかなり転移してます。
術後、腹膜炎になりました、今日で12日たっています、抗生剤を投与していますが、
依然、良い効果が現れてません、何か良い治療法があれば教えて下さい。

7 名前: 774 投稿日:2005/01/07(金) 17:33
まずは、細菌性腹膜炎の治療が急務です。細菌巣のドレナージをはじめ
腸内細菌に感受性の高い抗生剤の併用、場合により腹腔内持続・間欠洗浄
などで、現状の改善を。
主治医も十分ご承知の上で治療を継続されていらっしゃるものと思いますよ。

8 名前: 2241 投稿日:2005/01/07(金) 23:35
お忙しい中大変ありがとうございます。
今、内科の医師に見てもらっていますが
消化器内科の医師にも見てもらったほうが
良いのでしょうか。

9 名前: 774 投稿日:2005/01/08(土) 10:18
腹膜炎は基本的に外科的処置を必要とすることが多く、消化器外科、
腹部外科など外科での診療を要する疾患です。もちろん経験豊富な
内科での外科と連携した日常処置でも問題はないと思います。
非常に厳しい状況であることはレスからお察しいたします。
腹腔内の播種や消化管の高度浸潤を伴うケースに消化管穿孔~細菌性腹膜炎
を併発した場合は無菌室・準無菌室等でのオープンドレナージを要すること
もあります。

10 名前: mido7.7 投稿日:2005/09/28(水) 22:31
55歳男性の病状です
病状:癌性腹膜炎
胃がん手術して癌性腹膜炎となり食事がとれない状態で危ない状態です。
血小板の数値も低くなり非常にあぶない状態です。
治療法はなにかよいありませんか。

11 名前: NYK 投稿日:2005/11/08(火) 22:42
55歳男性の病状です。
病状:癌性腹膜炎
8年前に胃がんで手術を受け、腸閉塞で
入退院を繰り返し、このたび癌性腹膜炎と診断されました。
現在、抗がん剤による治療を受けておりますが、抗がん剤を
投与してから、夜になると38℃から39℃の発熱があります。
これは、抗がん剤による副作用のせいでしょうか?抗がん剤の
種類は不明です。

12 名前: ぽんぽこぽん 投稿日:2006/07/21(金) 22:49
初めてお便りします。

13 名前: 3722 投稿日:2006/07/28(金) 21:24
はじめまして。先週、私の父が癌性腹膜炎で入院しました。病院嫌いの父は、腹水が溜まるまで、家族には何も言いませんでした。近所のクリニックから、街の病院を紹介されました。検査の結果、原発は腸で、腸閉塞になりそうな状況、そして、肝臓に転移があります。4つ位腫瘍があったと思います。今では、腹が大きくなって細かったウエストも80センチになってしまいました。先生は、手術はできない、抗がん剤も厳しいと言いました。父がこの夏のりきれるかどうか分からないとも言いました。手を尽くしたくても尽くせない、ただただ、家族で泣くばかりです。私達家族に、何かアドバイスをください。お願い致します。

14 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/07/30(日) 19:02
>原発は腸
もう少し具体的にならないでしょうか?



15 名前: 3772 投稿日:2006/07/31(月) 23:58
名無しさん、はじめまして。父は大腸が原発です。父の状態をお話します。父は20年前に脳梗塞をし、現在、右半身の麻痺があります。右半身は筋肉はおち、脚も腕も細いです。だから、健常者よりは体力もないと思います。それと、父は自分の病気のことは知りません、家族で話しあった結果、伝えないことになりました。入院して、10日経ちましたが、ガスも便も出ます。尿の色も10日前(濃いオレンジ)より、黄色っぽくなってきました。なんとなく、良くなっている気がします。まだ、何か出来るのではないかと思っています。抗がん剤はどうか・・・先生に伺ってみましたが、抗がん剤が効くまでに、父の体力がもたないだろう・・・と言われました。この間、ネットで温熱療法ならば、癌性腹膜炎でも延命できる可能性があるのかな・・・と素人ながら思いました。現在は何も治療はしていない状況です。名無しさん、お返事待っています。

16 名前: 通りかがりの一患者◆26PKCMob6A 投稿日:2006/08/01(火) 08:01
3772さん

一般的に、抗ガン剤治療には、「半日程度はベッドからおりて生活出来る」程度の全身状態が必要とされています。
(全身状態がそれ以下ですと、かえって抗ガン剤はマイナスとなる可能性が高いといわれています。)

手術ができるかどうかは、肝転移の個数・場所により異なりますが、腹水・癌性腹膜炎ということからは、肝臓以外にも転移しており、手術不適応の可能性が強いのではと思います。
ただし、これは素人意見ですので、きちんと主治医の意見や他の病院の意見(セカンドオピニオン)を聞いて下さい。
なお、手術にしても、一定の体力が必要ですが、その判断も、直接診察している医師しかできないでしょう。

また、告知されないとのことですが、その場合の問題点(例えば、本掲示板の「消化器」の「告知しないということ・・・」をお読み下さい)を十分に覚悟の上、判断されることをお勧めします。

17 名前: 3772 投稿日:2006/08/01(火) 22:42
通りがかりの一患者さん

アドバイスありがとうございます。現在の父の状態、体力はあるか・・など、もう一度主治医に伺ってみようと思います。もしそれで、治療可能であるなら、告知について、また家族と話し合うつもりです。「消化器」の「告知しないということ・・・」読ませていただきました。家族が、告知しないことによって、父の人生に悔を残したくない・・・と本当に思います。通りがかりの一患者さん、貴重なご意見あるがとうございました。



18 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/08/17(木) 05:56
初めてメールさしあげます。59歳になる妻ですが、4年前残胃がんのステージ4にて手術を受け、胃、胆嚢、脾臓全摘、すい臓2/3摘出、腹膜幡腫との診断、その後ts-1にて昨年8月まで全く異常なく推移したため、医師の意見もあり、中止したところ、昨年10月に後腹膜繊維症により、尿管狭窄のため、ステント留置、本年2月には癌性腹膜炎との診断で便秘が起こりそのままイレウスになり入院し予後はよくないとの診断でした、又抗がん剤も腎機能の数値が悪く使用できないとのことでした。便秘発生の時期より、漢方系統のサプリメントを飲むようにしましたところ、細い(小指のふとさくらい)軟便を8/1日の回数にて排便でき便秘はまぬがれてます。食事は術後より小さい茶碗1ぱいくらいを毎食たべてましてなんとか今日に至ってます。今から10日まえより風邪ひきまして、風邪の症状はおさまりましtが、そのころより、腹部にシクシクという痛み(我慢できないほどではないと本人)がありこの痛みの解消はできるのか、また、風邪のためとおもわれますがもともと少なめだった体重も若干減少傾向にあり、体力保持のため3日前より通院にて点滴を受けており、点滴のあとは気分もよくなるようです。主治医からは前々より入院を勧められてますが、入院するともうかえってこられないようなきがして、何とか通院治療(現在がんの治療はなにもしてません)にて体力維持、シクシクのいたみの解決をはかりたいのですが、ご意見をお聞かせください。現在の身体状況は下痢状の排便(風邪を引いて以来)と食事も従来どおりでシクシク痛み以外は特別の症状はありません。追記、若干の倦怠感が最近でてます。よろしくおねがいします。

19 名前: たくゴン 投稿日:2006/08/28(月) 18:14
はじめまして。68歳の母の病状です。
2年前に腹水がたまり病院に行ったところ、卵巣がんとの診断で卵巣の全摘をしました。
その後問題なく過ごしていたのですが、今年の7月に腹痛になり病院に行き、癌性腹膜炎との診断で入院となりました。
大腸との癒着があり腸閉塞になりかけましたが、バイパス手術を行い、食事と排便は問題ありません。
外科担当医からは、腫瘍がこぶし大になっていて、場所も悪いため手術は出来ないということでした。
3~6ヶ月の余命宣告をされました。
主治医は婦人科の医師ですが、現在は通院で進行状況を確認するだけで、治療は一切していません。
腹痛があるので痛み止めのモルヒネを座薬で出しているだけです。
セカンドオピニオン希望を申し出て、紹介状と必要書類を準備して頂きました。
外科手術と化学療法の2つでの意見を伺うつもりでいます。
癌性腹膜炎について詳しい病院をご存知の方、教えてください。
東北在住です。






20 名前: くぅ 投稿日:2006/09/05(火) 14:50
私の母も癌性腹膜炎
としんだんされました 告知も母と二人でうけました。とても信じられず
ドラマのワンシーンのようでした。相当ショックだった色々嫌なことが
重なりいっぱいいっぱいになってました。しかし母をめのまえに辛い顔できず
母の病気は治る病気母はだいじょうぶと思いこんでしまったのと 
元気で強かった母が??と信じられなくて 今やっと理解し母の病気と私も
むきあおうと思いました 9月8日手術をむかえます 腹水がたまり呼吸
が苦しくなり病院にいき緊急入院しました
一ヶ月の入院で腹水を何回かとり
抗がん剤を1ヶ月間3~4回やりました腹水もおさまりました
卵巣癌からくる腹膜炎のようです
転移があったり進行してるから腹水がでるのですか?なおるのですか?


21 名前: 投稿日:2006/11/19(日) 00:20
僕の母親が今年六月に手術し卵巣癌の中の明細胞癌と診断されました。
そして、10月に再発し手術しましたが腸全体、肝臓、横隔膜にも表面上に転移しており 余命一ヶ月と言われました… もうダメなのでしょうか?これからどういう症状がでるんでしょうか?だれかお願いします!教えて下さい!

22 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/11/19(日) 01:38
敦さん
http://www.j-medical.net/sick/archives/2005/05/post_586.html
厳しいとは思いますが、お母さまをしっかり支えて差し上げてください。

23 名前: 22 投稿日:2006/11/19(日) 01:51
敦さん老婆心ながら・・・。

メールアドレスを書き込むと、効く訳もない健康食品をこれ見よがしに売り付けようとする輩のカモにされるおそれがあります。
お母さまとの貴重な時間を業者に冒されませんように。
削除依頼スレッドにアドレスの削除を依頼なさった方が賢明かも知れません。

24 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/11/20(月) 09:14
そうです。前の方がおっしゃるとおり民間療法は単なるハイエナの集まりです。
だって何ひとつ正式に論文で発表されてる商品はありませんから。
医学界ではそんな本に推薦人になる医者はつまはじきです。
腹膜に転移したら癌は絶対に治りません。
世の中で腹水がたまり癌が完治した例は一例も存在しません!
ただ一度抗癌剤を直接腹水に注入する方法をすれば一時的な回復は可能の場合もあります。
それでも延命は数か月の効果が普通です。
結局辛い治療で延命しても一年はもたないのが普通です。
痛みをとる緩和治療を勧めます。
現実を把握し残された時間を精一杯充実させて過ごされる事が一番本人にとって悔いのない事ではないでしょうか。

25 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/11/20(月) 17:30
民間療法が期待出来そうにない事は同感だしハイエナのような
業者が多いのは分かる。また21の書き込みのお母さんが極めて
厳しい状況なのも理解出来る。

しかし24の書き込みも決め付けが多く胡散臭い印象が拭えない。
ののちゃまという嫌われ者と同じ臭いを感じるのは私だけか。
根拠を示せない事柄を事実のように言い切るのは科学ではない。

それと数ヶ月の延命でも、それが家族との貴い時間と成り得る
場合もあるんだ。抗癌剤の腹腔内投与で疼痛が緩和されたり
腹水がなくなりQOLが維持されるケースもある。
それが21の場合当てはまるかどうかは、これだけの情報では
分からないが。

26 名前: あっこ 投稿日:2012/12/04(火) 23:24
大阪府にあるサンタマリア病院のガン性腹膜炎治療専門外来について教えて下さい。
父がガン性腹膜炎と診断されました。腹水が貯まり身体も衰弱しきっておりますが、癌末期という事で医師からは 明確な治療方法がないと言われていたところ、サンタマリア病院の癌性腹膜炎治療専門外来をみつけました。
こちらはホームページの内容を拝見すると、癌性腹膜炎に対する明確な治療実績があるように思い、すぐにでも治療をお願いしたいのですが、遠方なので悩んでいます。
父の体力状態を考えると、この選択が延命期間を左右する大事な選択だとおもっていますので、治療経験、情報をおもちの方に少しでも教えて頂ければと思います。
こちらの病院で、ガン性腹膜の治療を受けれたら一時的にでも、病状が回復する可能性はあるのでしょうか?
また、病院の様子、治療の様子など、何かご存知の方おられましたら何卒よろしくお願い致します。


27 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/12/05(水) 13:10
>26
私も親族の腹膜転移でサンタマリア病院を見つけて主治医に聞きました。
主治医は詳しくはわからないとのことでしたが、
保険治療ということもあり、普通の抗がん剤治療ではないかとのことでした。



28 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/12/05(水) 16:25
>>26

あそこの院長は子宮がんと卵巣がんの名医として有名な人です。
ただ、お父様とのことなので、当然、それらのがんではないですよね。
そのあたりがどうなのかということかと思いますが、とりあえずは無料電話相談もやっていると聞いていますので電話してみてはどうでしょうか?

また、「腹膜播種治療支援機構」というところもありますので、そちらでも相談をやっていると思います。

http://www.npo-pdt.org/



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]