がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>5FUの副作用についての情報求む。

1 名前: 沖縄もずく 投稿日:2002/08/09(金) 16:52
62歳女性。直腸ガン肝転移、直腸のガンは切除済み。肝臓はStage4の末期です。
肝臓のガンは広範囲に及び「手術の対象ではない。」と言われました。
手術後2週間ほどで退院。現在、5FUを一週間に一度のカテーテルによる直接投与を行っています。
---本日(8/9)4度目の投与の後、体調が悪くなり再入院してしまいました。
医師の話では投与に伴う肝臓・膵臓のあたりの炎症が原因ということですが、
ガンの進行のおそれ、副作用の症状、なんでも情報を頂ければありがたいです。
よろしくお願いします。


2 名前: ぽんた 投稿日:2002/08/14(水) 20:35
始めまして。私は結腸癌→肝臓転移→脾臓転移→肺転移→
坐骨転移→卵巣転移にいたっています。
同じく5FUのカテーテルでの投与をしていました。
その副作用という事なのですが、肌の色が黒ずむ、吹き出物がでる、
足裏と手のひらのむくれと知覚過敏で歩くのもタオルを絞るのも辛く
、その後足裏と手のひらの皮が全部むけました。
腸も急に激痛になり、下痢になりました。
5FUの投与後の吐き気はありました。
薬は5FUを半年、5FU+アイソボリン3ヶ月、トポテシン現在です。
効かないので次の手を担当医は考えてくれていますがとうなるやら・・・。
これぐらいしかお手伝いできませんが、お役に立てばと思い書き込みました。



3 名前: 丸ワクの名無し 投稿日:2002/08/14(水) 22:57
丸ワクスレッドの名無しです。5FUにもいろいろあるようで、小生いま、主治医(というかセブンス、つまり7人目)に経口5FU
の一種、大鵬薬品のTS-1という錠剤はどうかといわれています(というより、それくらいしか使えるものがない)。飲んでいらっ
しゃる方がおいででしたら情報をほしいです。僕は今まで、考えられることは全てしました。手術にはじまり、放射線もどんな機
器がよいのか探し回りましたし、気功から養子免疫までフルラインでやりましした。



4 名前: ぽんた 投稿日:2002/08/16(金) 06:21
私もTS-1に替わるようです。
心配なのは経口薬なので続けられるのかな~?という事です。
副作用はやはりあるようで、吐き気が続けば・・・飲みつづけられません。
でも、何でもやってないとね。
丸ワクの名無しさん、養子免疫とはとのようなことですか?
私は10月から免疫細胞療法を行う予定です。同じような物ですか?
教えて下さい。





5 名前: 丸ワクの名無し 投稿日:2002/08/16(金) 09:32
血液を採って、インターフェロンと等のサイトカインを使って、リンパ球を増強し、体に戻すものです。最も著名なのは東京女子医大で組織的に行っています。国立がんセンターを退職した関根先生がはじめたリンホテックという会社が主に行っています。月に40万円近くかかります。僕は1年2ヶ月ほどやっていました。10年前には今よりもっとはやっていたようですが、腎臓などには比較的きくようです。

6 名前: 山口 投稿日:2002/08/19(月) 23:58
腸系の癌にはTS-1と似た経口薬でカペシタビンがあります。
但し未認可です。だから値段も高めです。
まだ使った事が無いので効果・副作用共に私には解りませんが
候補は多い方が次の希望があって良いので書いときます。
私も直腸癌からの肺転移で効果的な治療を模索中です。
何か情報あれば教えて下さい。

7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/06/14(月) 00:50
b

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/10/24(日) 09:18
父が大腸がんステージⅣ(腹膜に転移あり)で手術後に再発防止のため5FUを週一で投与してます。
ここ二ヶ月くらい咳が続いてますが、これは副作用なのでしょうか?
それとも肝臓や肺に転移した可能性があるのでしょうか?

9 名前: 774 投稿日:2004/10/24(日) 11:46
呼吸器・循環器の精査をしていただいてください。
転移の可能性の他、レスされているように抗がん剤による
間質性肺炎、うっ血性心不全などの可能性にも注意が必要です。
なお、5FUについては以下、ご参照ください。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4223401A1062_1_05/

10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/10/25(月) 21:44
早期の肺がん患者を対象に、手術してから抗がん剤を使って再発・転移を防ぐ化学療法が、
肺がんの標準治療に組み入れられることになった。
日本肺癌(がん)学会が24日、治療に関するガイドライン(指針)委員会を開き決定する。
肺がんは早期発見できた病巣を切除しても患者の約3割が再発し死亡する。
新治療法が浸透すれば、完治率の向上につながる可能性があるという。
 新治療法は胃がんなどの治療で使用される抗がん剤「テガフール・ウラシル(商品名UFT)」を
長期間、経口投与する。患者によっては食欲不振や吐き気を起こすこともあるが、
副作用は抗がん剤のなかでも比較的少ない。その分、効き目も緩やかといわれている。

 肺癌学会が、世界的にあまり例がない、
肺がん初期の術後患者に対し抗がん剤投与を標準治療にするのは、
東京医科大学の加藤治文教授らの大規模臨床試験で有用性を立証できたため。

http://health.nikkei.co.jp/news/top/topCh.cfm?id=20041017e000y04417

11 名前: とめ 投稿日:2004/11/23(火) 22:19
名無しさんへ
状況は、私の父と似ています。
体力が落ちてただの風邪が肺炎になり先日 命を落としました。
長期の抗ガン剤投与は、気をつけたほうがいいです。
医者は、なんの責任感もなく 抗ガン剤治療はガンに対して効いていたと
いうだけでした。

12 名前: ちひろ 投稿日:2004/12/16(木) 05:56
末期の胃癌(肝転移あり)で手術などは出来ず【無作為臨床試験】の対象になりました『5-FU・TS-1・シスプラチン&イリノテカン併用療法』この3種類のいずれかしかないとのこと…私はどれが最善なのかもわかりませんし選べないのですけれど資料を読んだ限りでは副作用が1番強いのはシスプラチン&イリノテカン併用療法のような気がします実際のところはどうなのでしょう詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい宜しくお願い致します

13 名前: 774 投稿日:2004/12/16(木) 09:09
「実際のところはどうなのでしょう」かということを調べるための
国内無作為比較臨床試験とご理解ください。
ASCOでも進行例に対するS1(TS1)、CDDP/CPT11が2相試験を終了していて
今後3相試験の結果が待たれています。

14 名前: とし 投稿日:2005/04/24(日) 15:36
私は2003年結腸ガンでⅢレベルで摘出をうけました。抗ガン剤の治療をうけ2004年
10月に腹膜 への転移が見つかり 5FU+LV+cpt11の薬剤へ変更、
2005年には転移制肝ガンで4月から あるURLで見つけた泉力というミネラル水を
飲んでます。効果があると信じてます。

15 名前: バット 投稿日:2005/09/12(月) 22:50
先日、父が大腸ガンから、肝臓に転移して4~7つぐらい転移しているようで、
抗がん剤の治療しかなく、20ヶ月と余命を言われましたが、
どうなんでしょうか、この5FUはかなりの副作用なのでしょうか?
現在まだ投与していないので、極めて健康そうで食欲もあります。
民間治療など考えて、副作用が少なくなると、いう、アガリクスなど色々と
試していますが、何かあれば教えて下さい。お医者さんを変えるのも
良いのでしょう?2~3人の専門医にみてもらい、同じ回答なら納得するのですが、
今の、医学は主治医によって違うのでしょうか?何方か教えて下さい。すいません。質問してしまいました。
その後、沖縄もずくさんはどうなんでしょうか?何か変化ありましたか?
何、を試されましたか?

16 名前: とおりがかりのある患者◆PKCMob6A 投稿日:2005/09/13(火) 10:54
第一のポイントは、手術が本当に不可能なのかということです。
これは、肝転移の数のほかにその場所によりますし、場合によっては、当該医師の技量によります。
この可否については、画像などの検査データが必要ですので、ネットで確認されることは不可能だと思います。
検査データを借り出されて、適当ながんセンターや大学病院などでセカンドオピニオンを受けられるしかありません。

もしも、手術不適応ならば、化学療法しかありません。

副作用は、人により異なりますので何とも言えませんが、昔と比べると副作用対策は
進んでいることは確かです。
なお、許容できないほど副作用が強かったり、効き目がなかったり(なくなったり)すれば、薬の種類・量を変えていくこととなります。
したがって、現在の予定(5-FU(+LV・・・多分))の次の薬の予定なども把握された上でセカンドオピニオン時にはそれに対する意見もきかれればと思います。

いわゆる民間医療は「気休め」ならば別として、効き目があることが証明されているものはありません。
(証拠がないということは、普通の言葉で言えば「効き目はありません」というこしとです。)

いずれにしても「納得」のうえ治療を受けられることが重要ですので、主治医に申し出られて検査データを借り出されてセカンドオピニオンを(必要なら複数箇所で)受けられるといいと思います。
なお、セカンドオピニオン(医者を「変える」ことではありません)は、がん治療では普通のことですから(あくまでも主治医が「ファーストオピニオン」であることを忘れずに)活用されるのが一番の早道であり得策でしょう。

17 名前: バット 投稿日:2005/09/16(金) 08:26
とおりがかりのある患者◆PKCMob6Aさん
どうも、ありがとうございます。
知らない事だらけで、どうしていいかわからないのが、今の気持ちです。
先日より、5FUを投与しており、3日たちますが、少し倦怠感が出てきたようで
もう少ししたら、もっと副作用があるのでしょうか?
また、何か変化があれば、連絡します。

18 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/17(土) 12:50
肝臓の両葉に複数の腫瘍があるなら、常識的に切除は
困難だと思います。4~7つ(4と7じゃだいぶ違いますが)
がまとまって肝臓の一箇所にあるとは思えず、従って
セカンドオピニオンを受けても化学療法以外は
考えにくいのでは、と思います。
動注等の選択肢はありますが。
しかし、5-FU単独というメニューがベストかどうかは
よそで相談しても良いかもしれませんね。

19 名前: バット 投稿日:2005/12/27(火) 18:05
民間治療や、アガリスク・酵素などを飲みながら抗癌剤を投与しながら
治療したところ、大腸癌が小さくなったとの事で、血液検査でも値が1000あったのが、100まで
下がりましたが最近は、副作用のせいか抗癌剤を打ってから、3日後ぐらい
微熱が出て、1週間ぐらいでもとの体調にもどるようです。
今後の治療はこのままでいいのでしょうか?
何か、アドバイスがあれば教えて下さい。
肝臓の方は、良くも、悪くもなっていないようです。

20 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/13(土) 01:00
現在、大腸癌化学療法のファーストラインの治療はFOLFOX(5FU+
ロイコボリン+オキサリプラチン)またはFOLFIRI(5FU+ロイコボリン+イリノテカン)となってきています。
ただ患者さんの状態(高齢で3剤併用に耐えられないなど)の理由が有れば5FU単独もあるかもしれません。このばあいでもロイコボリン(またはアイソボリン)は併用すべきです。ロイコボリンは抗ガン剤ではなくビタミンのような薬剤、で5FUの効果を増強します。
アガリスクや酵素は、まったく効果はないでしょう。大腸癌の縮小は抗ガン剤のおかげだと思います。なおガンに効くといわれている健康食品やサプリメントを、医師が科学的に検証しているサイトもあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。
http://plaza.rakuten.co.jp/anticancer/

21 名前: J 投稿日:2006/05/27(土) 10:13
PDQ日本語版で臨床的に悪性中皮腫の例で抗がん剤副作用に奏効があったとされているのは、
ビタミンB12です。
PDQ日本語版のがん患者の栄養補助で勧めている食品はすべてビタミンB12を多く含むものですね。
もっとも、卵や牛乳より、秋刀魚やいわし、さば、日本人が大好きなさば寿司などのほうが、ビタミン12をより多く摂取しやすいのですが、
これを見ると、本当に欧米人は肉食で魚があまり好きではないのかなと思ってしまいます。
イギリス人はフィッシュ・アンド・チップスを食べますし、イタリアやフランスでも魚を食べますね。
一度、食生活を比較した上で、ビタミンB12と家族性癌における発症や、がん発生の比較をしてみる必要があるかもしれませんね。
私は、青背の魚の癌抑制効果についてはDHAのみでなく、ビタミンB12の豊富さが関係しているのかも、と考えています。


22 名前: のはら 投稿日:2007/03/29(木) 07:48
母の代理で書き込みさせていただきます。

沖縄もずくさんへ

再入院してしまったとの事、どんなに残念に思った事かとてもよくわかります。私も途中で入院してしまい、書き込みが出来なくなっていました。私の病気は大腸ガンの再発です。現在肝臓に転移しています。どちらも手術は無理だと言われています。でも諦めず、いろんな治療方法を試すつもりでいます。私は本島南部に住んでいる55才女性です。出来れば同じような病気と戦っている人達と悩みを打ち明けながら、お互い励まし合って'友'として連絡を取り合える事を望んでいます。
沖縄もずくさん、よろしければぜひぜひご連絡を下さいね!

23 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/02(水) 10:11
リンパ球療法を金儲けのためのみで行われているところが埼玉県坂戸市にある。
実験室をもたない多くの診療所は下請の小さな町工場に委託してます。そこでは汚い部屋
屋でリンパ球を培養しております。しかもリンパ球の培養培地はこの会社で製造した劣悪品を使い、この療法は保険適応がされてないために、
資格も必要なく近所のパートのおばさんが作業をしています。リンパ療法を開始する前によく調査するべきであり、
患者を食い物にしている悪徳企業は排除されるべきと思います

24 名前: mita 投稿日:2010/08/15(日) 11:58
腹水に癌細胞末期がんといわれました胃、大腸、肝臓以上なし
ここの掲示板複雑で登校のしかたが分からない

25 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/08/15(日) 19:09
>>mitaさん

スレッド違い(書き込む板が違います)ですし、
ちゃんと書きこめているので、
適したスレッドに書き込んでくださいね。

26 名前: 福岡の星 投稿日:2011/07/11(月) 07:58
はじめまして63歳、男性、二年前に直腸癌(手術済)、肝多発転移、その後、folfox4→folfiri→
fofox4+アバスチン→folfiri+アバスチンと化学療法しております。治療の効果は腫瘍の成長は無いのですが
がん細胞が薬に耐性を持ってくると、画像(CT)では少し大きくなる場合が有り
その対応とし、薬を変更し対応しております。副作用は一番、気に成るのが
末梢神経障害で手足のしびれです。主治医に相談しても、中々、対処方法が無いようです
原因は、最初、薬剤師はfolfox4で使用するエルプラットが原因と言ってましたが
エルプラットを止めてからも、改善されなく、その後、5FUがしびれの原因だろう
と言ってますが対処方法は無いようです。他に脱毛、食欲不振(食感が無くなる)
が有ります。しびれで何か効果ある対処をされた方、いらっしゃいましたら
情報頂ければ幸いです。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]