がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>頬粘膜癌について

1 名前: 名無し 投稿日:2009/09/29(火) 19:21
以下、親友が非常に厳しい状況です。
入院中の大学病院からはホスピスをすすめられましたが、本人は、
治療を希望しています。
どなたか、以下の友人からのメールの状況で可能な治療法をご存じの方がおられましたら
よろしくお願いします。
:::
私のぽっぺのガンは、”頬粘膜がん”というそうで、これに非常に有効な
最新治療が、”密封小線源治療”というもので、ググってみれば出てきます。
国立ガンセンターや、T京医科歯科大は、この分野のリーダーのようです。
がんの部位にあらかじめ放射性物質を貯める?性質のある極小物質を注入し、そ
こに超限定的に放射線を照射することにより、そこだけがん細胞を
やっつけるというものです。




経過


病院担当医師より、病状の説明がありました。

先日来痛い痛いと嘆いていたホッペタの凹凸の腫れは、新たなガンの転移で、
1。粒子線の影響で組織が弱っている為、安易に手術できない。
2。先般の頸動脈破裂の通り、血管が弱っているので、化学療法も怖い。
3。以前のPET&CT検査で転移が喉や腹部、胸、リンパ部等に
広がっている可能性があるので、今更ここだけ手術しても
体力落とすだけかもしれない。

とのことでした。つまり、すぐに手が打てない非常に困った事態ってことです。
8月末の下顎奥の生体検査結果が9月4日に病理から上がってきていたが、
この日は頸動脈破裂で大量出血した日なので回復を待って、
今日の話となった模様。かなりの衝撃的な話で唖然としました。

大学病院としては、今は沈痛だけを行い、敢えて大きなリスクの伴う、
手術や化学療法は行わない方針とのことだが、これだと当然ながらガンは進行する。

私としては、リスクがあっても治る可能性のある方に賭けたいと意志表明をして
おきました。



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]