がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>悪性リンパ腫の名医を教えてください。

1 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/01/20(木) 04:43
母が悪性リンパ腫にかかってしまい、都内あるいは首都圏エリアで治療を考えています。
とくに評価の高い病院があればご教示下さい。あるいは病院を選ぶ際の客観的な判断基準なども教えていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

23 名前: しおから 投稿日:2008/03/02(日) 18:12
ノアさん
お母様が悪性リンパ腫とのことで、ご心配と存じます。
私も悪性リンパ腫「ホジキンリンパ球減少型」の患者本人です。
昨年6月に治療を終え、現在寛解中です。

さて、ノアさんの投稿を拝読いたしました。分からないことが何点かあります。
 1)悪性リンパ腫は総称ですが、お母様は分類でいうとホジキンですか?
   それとも非ホジキンですか?
 2)ホジキンでしたら、型は何ですか?
   非ホジキンでしたら型は何でしょうか?
 3)治療法(抗がん剤の種類)は何でしょうか?
 4)抗がん剤治療で「サイクル」という言葉は普通使いません。
   コースまたはクールという表現を用います。

私は一患者であり医療にも素人ですが、この病気を理解するためインターネット
でいろいろ調べ、わずかですが知識も得ました。
自分の命がかかっていることです。すべてを医師任せにせず、この病気と戦って
行くには病気にたいする理解と予備的知識も必要と思ったからです。
ですから、抗がん剤の辛い副作用も乗り越えることができました。
悪性リンパ腫の場合、一般のガン(内臓などの固形がん)と違い
手術による手技はないので「名医」という言葉は、あまり馴染まないのではと思います。

ノアさんには、お母様を励まし心の支えとなるには、少しでもこの病気の知識を
おもちください。差し支えなければ、正式病名・治療法を書き込みなさると、
レスがつきやすいと思います(部位別 皮膚・血液・リンパ板のスレッドで)。
一応下記のURLをご参照ください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/index.html
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/malignant_lymhoma.html

どうぞお母様をお大事に・・・


24 名前: ノア 投稿日:2008/03/09(日) 01:08
「しおから」さん
レス有難うございます。
自分の知識不足に不甲斐なさを感じました。

母は非ホジキン、びまん性大細胞悪性リンパ腫です。

最初の治療として、昨年5月下旬頃より、RーCHOP療法を6クール行いました。その後PETをし、
全身に広がっていたのが、原発(横隔膜)に少し残っていましたがかなり消えてい
ました。その後、自家移植に向けて時期を窺っている間にまたもや…。
自家移植できず、昨年12月下旬にESHAP療法を2クール、効果が無く
次にDeVIC療法1クール。今年2月に先生より余命宣告されました。

今はVP16(ラステッド)+ステロイドを処方されています。

母は治療に対し前向きに頑張っています。私も出来る限りのバックアップを
していきます。

ひとつ気になる療法があるのですが…。
フコイダン療法なのですが…いわば健康食品なるものだそうですが、「悪性の
癌を優しい?癌に変化させる!」らしいです。もずくを原料にしているので
身体には良いかな?と思ったり、何か胡散臭さも感じたり…
一度近いうちに提携ドクターに相談しようと考えています。

「しおから」さんはご存知でしょうか?フコイダンについて、
どう思われますか?




25 名前: しおから 投稿日:2008/03/09(日) 20:27
ノアさん
お母様の病型・治療法、分かりました。何も分からない状態から、よくお調べになりました。
RーCHOPで寛解に至らず、大変に残念に思います。悪性リンパ腫は、抗がん剤による
多剤併用化学療法のため、次の治療では薬剤耐性の関係で、同じ薬剤を使用できません。
特にRーCHOPで使用した「アドリアシン」は、心毒性があるため総投与量が500mgを超える
使用はできません。それでサルベージ療法(救援化学療法)の、ESHAP・DeVIC療法となったわけですね。

では、こちらとは別の掲示板で悪性リンパ腫専門の掲示板があります。
びまん性大細胞悪性リンパ腫は、日本人にもっとも多いタイプです。そちらの掲示板では
同病の患者さん.ご家族の方々が情報交換されています。また、現役の血液内科医師の方も
時々アドバイスをしてくれます。一度投稿されてみてはいかがでしょうか。
病型・これまでの治療法・RーCHOPの際、通院治療はしたか・現在は自宅よりの通院治療か、
入院されているか・原発以外に病変(転移)はどこか・食事は摂取できているかなどを
書き込み投稿されるとよいと思います。

フコイダン知っています。でもそれが「療法」と呼べるかは疑問です。科学的根拠もなく、
安全性・有効性の文献もないものに、高い買い物をするつもりはありません。
もずく・ワカメ・昆布・シイタケがよいのなら、わざわざ加工された高価なものでなく
スーパーで食材そのものを購入・調理して、バランスある食生活すればよいと思って
いますので・・・.

では、下記の掲示板に新規投稿なさってみてください。私も時々レスしています。
http://www7.wisnet.ne.jp/~gia/bbs-01/wforum.cgi

26 名前: ノア 投稿日:2008/03/10(月) 20:36
「しおから」さん
 ありがとうございます。
 早速教えていただいた掲示板に書き込みしたいと思います。
 
 フコイダン‥‥‥。とっても悩んでます。「しおから」さんの考えも一理
 ありますよねぇ‥‥。母は入院をしてますので、食生活に取り入れるのが
 困難かなぁ‥‥とか。もう少し私なりに調べて決断したいと思います。

 何をどう調べて良いか判らず、気持ちだけ焦って今まで空回りしていたよう
 に思います。駄目ですよね‥。悔いの無いように母と一緒に頑張ります。

 余談ですが、母が先週の金曜から日曜まで外泊で家に戻って来ました。
 以前の外泊は本人にとって、とっても辛い(しんどい)ものだったそうで
 すが、今回の外泊はとっても楽しく、嬉かったそうです。
 その事を聞いて私も嬉しく一緒に頑張っていく活力になりました。
 
 「しおから」さんこれからも色々教えて頂きたいです。

27 名前: しおから 投稿日:2008/03/11(火) 00:10
ノアさん
藁をもつかむ思いの時、健康食品・サプリメントの類に心を動かされるのは
分かります。
ここは健康食品の板ではありませんが、こんな例がありました。
私が入院中(昨年1月)、同室の患者さん(リンパ腫)がお見舞いの方からの差し入れ、
サプリメントを飲用していました。何気なく投薬と一緒に置いたそれが看護師さんの
目に留まり、早速主治医が来て厳重注意となりました。
カーテン越し聞こえた話では、抗がん剤の効果が薄れるとのことでした。

健康食品・サプリメントの類は、必ず主治医の同意をとってください。
同意が得られない場合は、やめたほうがいいです。治る病気も治らなくなりますよ。
フコイダンが「優しい癌に変化」などといっても、それを証明できる文献がないのですから。
びまん性大細胞悪性リンパ腫で寛解、経過観察の方は、たくさんいらっしゃいます。

外泊はご本人の気分転換、ちゃんと直して家に帰ろうという、大きな励みと活力になります。

28 名前: ノア 投稿日:2008/03/12(水) 00:19
しおからさん
返事有難うございます。

実はリンパ腫と解って母の友達が健康食品・サプリメントのようなものを進められ
先生に内緒で飲んでてそれが見つかりすぐに止める様に言われたみたいです・・・
今回のフコイダンは少し先生に相談しています。
先生は母が余命1・2ヶ月という事で家族の思うように・・・
との事です。
私自身まだ少しの不信感もあり、しおからさんの言うと通り藁をもすがる気持ちをおさえ冷静に
検討中です。

今日も夜に母とメールで話してたんですけど今は体調もよくお腹の張りも少し良くなってきてるとの事!
このまま今の薬が効いてくれればいいことを願ってるのですが・・



29 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/10/06(月) 02:27
超亀レスですが、関心のあるかたのために一言。
>>24
フコイダンの件、がん細胞の遺伝子が大人しくなるという説ですよね。
だから抗がん剤が奏功しやすくなるという。
大阪の吉田医院の吉田先生でしょう。
たしか、企業の協力を得てそんな試験もしているという話もあります。
吉田先生は、西洋医学に勝るものはないという前提ですから
代替医療を無責任に勧められる方ではありませんし、
何年にもわたって何百人ものフコイダン相談をされているので、
体験的には何らかの感触があるのかも知れません。。

ただ……ここからが大事なんですが、

『あきらめない医療~救える命を救うため~末期ガン克服への挑戦 統合医療による快復症例
の解明』(A5判/272頁、定価/本体1200円+消費税)という本には、吉田氏を
含め、たしかに一部の医師がフコイダンを使って、末期から通常の治療をできるところまで
快復した例というのが出ています。現役の医師だから、さすがにでっちあげはないでしょうが、
ただ、その医師たちは、体験的にたまたまそういう例を得たというだけで、
その「成功」例から、あらゆる患者に対して有効となる方程式を見つけた訳ではありません。
つまり、どんながんのどのようなステージなら、フコイダンをどう飲めばどう改善するかという
ものが明らかになっている訳ではありません。
たんに、フコイダンを飲んだ患者の一部に、よい例があったというだけの話なのです。
抗がん剤が奏功したのかもしれませんし、吉田氏の言うように、もしかしたらフコイダン飲料が
本当に治療を助けるものかもしれないし、それは科学的に明らかになっている訳ではありません。

それと、本に出ているのは実は全て臓器癌であり、血液系の白血病や悪性リンパ腫は
一例も出ていません。
よくいわれるのが、抗酸化サプリが抗がん剤の効き目を悪くするという説。
これ自体、本当かどうかはわかりませんが、もし本当だとすれば、ビタミン入りの
抗酸化サプリであるフコイダン飲料がマイナスに働く可能性もあります。
血液系の抗がん剤は、本体がボロボロになる寸前のところまで
体を痛めつけて、腫瘍細胞をたおすわけですから、そう考えると抗酸化サプリは
やめた方がいいのかな、という考え方もあるわけです。
もちろん、これは仮説です。ただ、科学的に明らかでない訳だから、
マイナスに働きうる可能性もある訳です。

フコイダン飲料は、栄養補助食品ですから、それで癌を治すというのではなく
食欲が湧かず、食品で栄養を摂りにくい人が、補助的に摂取するものとしては
否定する理由はありません。主治医に相談した上で、そのつもりで利用する分には、
構わないと思います。ただ、「その程度」のものとしては、少し高いのがネックです。

30 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/05/27(水) 22:05
関西で患者の立場にたって寄り添って下さる良いお医者様教えて下さいませ。


31 名前: ken 投稿日:2009/06/23(火) 23:25
今日このサイトを始めて見ました。
私から名無しさんとノアさんへ一寸一言述べさせていただきます。
名無しさん
私も、瀰漫性大細胞型B細胞性リンパ腫の患者で、一応寛解となっている者です。
現在は殆どのケースは
抗癌剤と放射線にて治療を行っているとおもいます。
特に日本人に多いタイプのリンパ腫の場合は、いわゆる標準治療法ができており、殆どの病院はこの治療マニュアルにより治療を行っていると思います。
ここに書かれているケースも、その範疇を越えておりません。
それでもよい医者は歴然として存在します。それは、1.医者になってからもよく勉強する人であること。2.患者の申し立てに対し、根気よく対応される型であること。
3.この病気に対し、造詣が深いこと。
あたりが要求されると思います。
人の噂はいい加減なものです。ご自分でも勉強されること,そしていろいろ工夫をしてその医者の実力を嗅ぎ取ることが大切です。
たとえば、イブリツモマブチウキセタンの様な最先端の化学療法などを勉強して相談してみること。これはあまり奨められませんが、電話で心配なことを相談してみるなどのことをしてみて、丁寧に説明してくれるかどうかなどを試してみる等と言うことも場合によっては必要かも知れません。

ノアさん
もうご覧になっておられないかも知れませんが、フコイダンにつき少し述べさせていただきます。
フコイダンを扱う業者の中には、注意を要する者がいますから、用心してください。
フコイダンについては、複数のドクターが長期間にわたり研究を行っており、某大学病院にてフェーズ2試験も行い、この効果をいよいよ発表する段階にいたり、大学病院側にすべての主導権を持って行かれそうになった事実があります。
このチームは現在アメリカに軸足を移しています。
このチームによると、これを薬品として認可を得るためには、莫大な資本が必要になることから、当面は健康食品の扱いを維持すると言っています。
このチームによると、フコイダンには、癌細胞にアポトーシスを持たせる力はないこと、この力は、フコキサンチンにあることを突き止めています。
ただしフコキサンチンには、癌に到達する能力に乏しいため、フコイダンの力が必要であること,フコイダンにはごく微量のフコキサンチンが含まれていること,有効と思われる量のフコキサンチンはフコイダンに含まれている程度の量では少ないこと,他にもいろいろなことがわかっているようです。
フコイダンには、自己免疫を高める力があること,ピロリ菌を捕捉して体外に排泄する力があること等もわかってきたようです。
限られた分野のみの情報で、切り捨てる様なことは、厳に慎まなければならないことであります。
私はこれら2つを使用しましたが、化学療法,放射線療法も行いましたから、果たしてフコイダンが有効に働いたか否かは、正直わかりません。
しかし抗癌剤投与に関して、同様の治療を行った方より楽だった様です。現在は、寛解状態にあることから、フコキサンチンは不要になり、フコイダンのみを自己免疫増強狙いで服用しています。
この結果は、再発の有無で結果が出ると思っています。


32 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/06/24(水) 02:11
>>31

>イブリツモマブチウキセタンの様な最先端の化学療法などを勉強して相談してみること
舌が噛みそうな薬剤名ですが、商品名「ゼヴァリン」で一般的に通用しています。勉強するのはいいですが、
この薬剤の保険適応は、低悪性度B細胞性の「ろ胞性・マントル」リンパ腫です。び漫性は適用外です。
昨年承認されたばかりで難治性の、ろ胞性・マントルの患者さんがすべて治療できるものではありません。
放射性物資を含む薬剤のため、限られた施設での受注生産。保険適用外でやるなら自費約400万円。
もちろん高額医療制度も適用になりません。海外でも、び漫性の臨床試験が始まったばかり。従って、
この治療法を医師に相談しても難しいですよ。

33 名前: ken 投稿日:2009/06/24(水) 11:44
名無しさん
お書きになられたことは、よく承知しています。
我が国での適応は、CD20陽性の再発又は難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫
又はマントルリンパ腫と言うことになっております。
但し、米国等では、びまん性B細胞性リンパ腫の適応に向けて、臨床試験を行っておりますので、
将来的には適応になる可能性があります。
それより、適応試験に使用するインジュウム111及び本番用のイットリウム90の放射線に対する
医療従事者への被爆の問題があり、各チームの一年間の実際に使える患者数が、二十数人に限定される
問題の方が問題だと思われます。
自費約400万円というのも若干誤りで、各ステップで必ず必要なリツキシマブの費用,病院の費用
等を考慮しますと500万円位になると思います。
いずれにしても、これは各自の症状に基づいて、医者に相談する位の意志を持つべきという意味合いにて
書いたものであり、読み違いをされないようにお願い致します。
尚、ゼヴァリンは昨年1月に承認され、6月に薬価収載されています。これは保険適用薬として使えると
言うことであり、当然高額医用制度の恩恵にあずかれるはずです。
一般の収入の方は13万円程度、高額収入のレベルでは20万円強程度と思われます。



34 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/06/24(水) 13:15
>>31
フコイダンの話題は健康食品板で やりましょう。
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/kenkoushoku/1065210084/l50

私のは違う。私は本物 などご意見はあるでしょうが、
研究段階の代物の情報、線引をしなければ様々な代物で埋め尽くされます。
また専用スレの方が、多くの方の目に留まります


35 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/06/24(水) 14:39
>>33
お書きになられたことは、よく承知しています。
自費約400万円というのが若干誤りならば、「500万円位」というのも誤りでしょう。
実際、医療施設・医療スタッフの問題もあり、この治療の恩恵にあずかれる僅かな患者さん、
「ろ胞性・マントル」の患者さんが行えれば、もちろん保険適用・高額療養費制度は適用になります。
その場合、自己負担額は一般所得者(70歳未満)で80.100円、上位所得者で150.000円、ほとんどの
自治体はそうです。
なおこれ以上書くと、このスレッドのタイトルとズレますのでやめます。

>>34さん
そうですね。フコイダンについては私も一言あったのですが、やめときます。

36 名前: ken 投稿日:2009/06/24(水) 15:01
>35
このレスはもうやめにしますが、自己負担額について正しいところをひとつ。
そちらの書かれた金額は、この件に関しては誤りです。
あなたの記載金額は、医療実額50万円以下の話しで、これを超えた金額の1/100の金額が
加算されます。
従って仮に500万円であれば、超過分450万×0.01=4.5万円が
加算され125000円となります。

37 名前: ライオ 投稿日:2009/11/06(金) 21:41
私の父は1年前から微熱 倦怠感 悪寒 などの風邪症状の繰り返しで…人間ドックも受けたのですが原因分からず、病院を変えて検査してます。夕方になると悪寒 40度近い熱 寝汗、昼間は身体が冷たくなり末端は特に氷のように冷たくなります。悪性リンパ腫疑いなのですが首などにシコリができないので先生達も分からない様です。同じ様な症状の方いらっしゃいますか?

38 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/07(土) 17:47
>>37さんは血液内科では著名な病院には通っているのですよね?

39 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/14(土) 14:37
初めて書き込みをさせていただきます。
私の姉が、悪性リンパ腫(バーキットリンパ腫)と診断されました。
1週間前のことです。
病期はⅢ~Ⅳとのことでした。
現在は地方の大学病院に入院していますが、その大学病院でも
症例がないらしく、担当医に疑問を持っています。
そこでセカンドオピニオンとして、関東の病院を当たろうかと
思っています。どなたか、バーキットリンパ腫の症例がある
病院をご存じの方がいればご教示頂きたくよろしくお願いいたします。

40 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/14(土) 17:47
探してみましたところ悪性リンパ腫の方々のHPがあるようです。
http://www.group-nexus.org/nexus/
情報交換の掲示板もあるようですので、そちらで尋ねられては如何でしょう。

血液内科のある病院であれば、治療の標準化がされている様子です。
血液腫瘍の診療科がある病院は、こちら↓からも検索できます。
http://advance2.pmx.proatlas.net/p4931c81/

41 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/14(土) 17:51
上記一部追加します。
病院検索は「国立がんセンターがん対策情報センター」へのリンクです。
Topページは
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html
です。

42 名前: しおから 投稿日:2009/11/14(土) 23:20
>>39さん
病型は違いますが、悪性リンパ腫寛解中の患者本人です。
バーキットリンパ腫と確定診断されて、一週間ですか。ご存じのように、この病型は高悪性度で
無治療ですと、週単位に進行するタイプですね。確定したからには一刻も早く治療に入らなければ
なりません。今の病院では症例がないから、治療してもらうのが不安なのでしょうか。それとも、
バーキットリンパ腫と確定診断されたのが疑問になっているのでしょうか。

患者ご本人のお姉様はどのようにお考えですか。お姉様ご自身も、症例がないから治療に
不安・疑問をおもちなのでしょうか。お姉様も同じ考えでセカンドオピニオンを希望するなら、
先ほど申しましたように進行が早い病型ですので、のんびりしていられませんよ。
お姉様の原発部位・病期(文字化けして分かりません)・年齢・全身状態が分かりませんが、
バーキットでしたら、初回治療標準とされている治療法があります。
CODOX-M/IVAC療法
 シクロホスファミド・ビンクリスチン・ドキソルビシン・メトトレキサート・イホスファミド・
 エトポシド・シタラビン
R-hyperCVAD/MA療法
 リツキサン・シクロホスファミド・アドリアシン・ビンクリスチン・デカドロン・メトトレキサート・
 シタラビン
と思います。非ホジキンB細胞性のR-CHOP療法では半年かけての治療ですが、こちらは更に多剤併用と
なり、しかも進行が早いため強力で短期集中の治療です。抗がん剤による副作用にも細心の注意が必要と
なります。当然、医師も予防処置はするはずです。シクロホスファミドの大量投与により生ずる、
「出血性膀胱炎」の予防にメスナの投与。腫瘍量の多いガン細胞を一気に叩くわけですので、腎機能の
低下と腫瘍崩壊症候群の予防などです。
そのあたりは、主治医から治療計画をお聞きになられていますよね。確定診断を含め、治療方針は
担当医一人で決めるものではありません。複数の血液内科の医師がいれば、病理医を交えカンファレンス
で決めていきます。また症例がないといっても、他の病院とのネットワークもあるでしょう。

お姉様ご自身とあなた様が、この疾患をよく理解することも大切です。すでにお調べかもしれませんが、
下記国立がんセンターの「バーキットリンパ腫」をお読みください。正しい知識をもたれ、現在の病院での
治療か、セカンドオピニオンかをお決めください。病院とか名医は、人様の命がかかっていますので
具体的には、そうそう教えられるものではありませんが、血液内科のある関東でしたら下記も貼らせていた
だきます。くれぐれも治療かセカンドかは、早急に決めた方が良いでしょう。どうぞお大事に・・・。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/Burkitt_lymphoma.html
http://www.group-nexus.org/nexus/modules/weblinks/viewcat.php?cid=23

43 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/15(日) 08:53
>>40>>41>>42
早速のお返事ありがとうございました。
家族もややパニックになっていましたので、助かりました。
本当に親切に教えていただきありがとうございました。



44 名前: T2K 投稿日:2009/12/04(金) 23:19
私はバーキットリンパ腫から生還しました。病期はⅢ期でした。ブログを開設しています。参考になればと思います。名医はわかりませんが、主治医の先生の話では関東だけでなく名古屋、九州の各地のがんセンターに実績のある方がおられます。また、血液内科のある病院を探されるといいと思います。

45 名前: 金田某 投稿日:2009/12/13(日) 19:25
ことし5月28日付の日刊ゲンダイで
東京女子医科大学 八千代医療センター
血液・腫瘍内科の
増田道彦教授が紹介されています

46 名前: ゆい 投稿日:2010/01/23(土) 01:22
母が開腹・切除手術を行い、その場での簡易の組織検査で
「悪性リンパ腫の疑いが極めて大」と申し渡されました。
素人なりにネットで調べたところ、リンパ節外に転移していて、
転移部からの自覚症状での発覚の様です。「リンパ腫ならステ
ージⅢ~Ⅳ?」などと心配しています。

切除した悪性の細胞を専門医が検査して、
「はっきりとした結果が出るまで1週間ほど」
との事です。
腹痛の自覚後から検査期間の1週間で痛みが甚大に、
入院・手術までの1週間で「しこり」がいくつかでき、急激に
むくみが出ました。半月程での大きな変化に驚いています。

当人が該当するかはまだ不明ですが、高悪性型なら週単位で進行
するとあり、専門医の病理検査・開腹による消耗からの開腹・転
院などで、治療までに後手を踏まないか心配しております。
お医者様が言うように、検査結果が確定するまでの1週間は治療
に関して待つしか方法がないものでしょうか。

「あの時こうしていれば良かった」というのが無意味だという事
を痛感している中、アドバイスがいただけたら嬉しく思います。
体験記なども参考にしている最中ですが・・・


47 名前: しおから 投稿日:2010/01/24(日) 01:41
>>46
ゆいさん
いくつか分からないことがありますが・・・。
まず病理検査の結果が分からない事には、治療に入れません。
ご心配でしょうが、結果を待つしかありません。
また、お書きの内容で「入院・手術までの1週間でしこりが
いくつかでき」とはどこの部位なのでしょうか?
「開腹による消耗からの回復・転院などで」とありますが、仮に
悪性リンパ腫だった場合、手術をした病院に「血液内科」はないの
でしょうか?

手術・開腹したということは表在のリンパ節、頸部・鎖骨・腋窩・
鼠ケイ部に腫瘤(しこり)はなかったということでしょうか?
手術で摘出した部位はどこですか?「リンパ節外に転移していて」
とは、その転移巣はどこですか?腸にも「腸間膜リンパ節」が
ありますが。いろいろ質問ばかりですみません。

悪性リンパ腫は、ステージよりも病型が重要です。いろいろお調べかと
思いますが、ホジキンか非ホジキンか、非ホジキンであるならB細胞性・
T細胞性・NK細胞性か、そして型の分類まで確定できませんと治療方針・
治療計画も立てられません。病理検査の結果を待ちましょう。
結果が出て病状説明の際、ご家族どなたかが同席されましたら、
医師の話はメモをとる事をお勧めします。
また書き込む場合は、こちらのスレッドより「皮膚・血液・リンパ」の
板がよろしいかと思います。



48 名前: ゆい 投稿日:2010/01/25(月) 21:24
>>47
しおからさん
お返事ありがとうございます。
十分にに調べる前から焦ってしまい、反省しております。彷徨いながらも
「皮膚・血液・リンパ」板にたどり着き、少しながら知識を得ました。
やはり、病理検査をしない事には進まないというのを理解しました。

「しこり」は乳房の下から腹部にかけ、表層部でコブみたいにできています。
深部にある「原発」が疑われている辺りの表層にあるみたいです。

病院は当初、子宮と卵巣の「良性腫瘍」を想定していて産婦人科で入院しまし
た。血液内科はありませんので、病名を確定させてから転院させる模様です。

表在部の節には当初見受けられず、急激な足のむくみやコブ状のしこりができ
た際に鼠ケイ部も一緒にしこりができたかもしれません。
手術で摘出したのは、転移巣の卵巣の一部です。子宮にも転移しています。
原発とみられるものは背骨の腹側と腹膜との間にある模様ですが、未確定です。

転移しやすい、不治の病気、というイメージにショックを受けていましたが、
絶望する必要はまだない、という病気だということが少しだけわかりました。
リンパ腫と確定されたら、当人や他の家族親族の同じような否定的なイメージ
を頑張る勇気に変えていきたいと思います。

いろいろとアドバイスありがとうございました。


49 名前: しおから 投稿日:2010/01/26(火) 23:45
>>48
ゆいさん
まだ確定していないことと、スレ違いですが再度。大体の事情は分かりました。
結果は早くて今週中でしょうか。もし、悪性リンパ腫と確定しましたら、
リンパ板へお書き込みください。もちろん、悪性リンパ腫ではないことを
願っています。

50 名前: ジョージ 投稿日:2010/07/31(土) 20:41
私も悪性リンパ腫濾胞性3期ということで入院します。
入院先は『神奈川がんセンター』というところです。神奈川の旭区 二俣川というところにあります。
ここはがん専門病院で紹介状がないと入れません。最新の医療と環境が素晴らしいとのことです。
はじめて行ったときは患者さんのためにグランドピアノとバイオリンでミニコンサート(無料)も
していましたし お金のない人のためにサポートしてくれる団体も院内の中に入っています。
あんまり病院は知りませんが お勧めできる病院だと思います。
お話が長くなりましたがお母様が早く治ることを祈っています。頑張ってください。
自分もがんばります。  ジョージより


51 名前: みぃ 投稿日:2010/09/05(日) 23:43
母65歳が再発しました。悪性リンパ腫びまん性大細胞性B細胞リンパ腫ステージ4です。初めの入院でR-CHOP6クール、8クールの予定でしたが体力的に出来ませんでした。それからわずか4ヶ月後に再発…今は錠剤の抗がん剤を飲んでいてリツキサンのみを4クール投与予定です。リツキサンのみは効果あるのでしょうか?本人は超大量抗がん剤は体力的に出来ないと言います。今も食事は取れているものの体がだるくて仕方ないみたいです。現在体重も35kgです。また高濃度ビタミンC点滴をやりたいみたいですが、効果はどうでしょうか?保険適用外で高く悩んでいますが、やらせてあげたいです、試された方はいますか?宜しくお願します

52 名前: nana 投稿日:2010/11/06(土) 10:10
胸のしこりから乳ガンの疑いを持ち検査を始めて、2か月位、悪性リンパ腫の可能性ありで病理生検の結果待ちをしています。
 ネットで検索しても同じ症状のかたが見つかりません。何か情報を教えてください。

53 名前: もっち 投稿日:2010/11/12(金) 21:36
nanaさん
胸のしこりはどのあたりでしょう?リンパ腫であればリンパ節が集中している所でよく腫瘤ができるそうです。
すでに生検結果がわかっているかもしれませんが


54 名前: nana 投稿日:2010/11/15(月) 00:55
もっちさんコメント有難うございます。
しこりは右胸の外側下で、医学には詳しくありませんが、リンパが集中している感じはしません。
結果を待つしかありませんね。有難うございました。

55 名前: mamechan 投稿日:2010/12/01(水) 06:58
68才母親が多発性骨髄腫と診断されました。
関西で評価の高い病院を教えていただけませんか?

56 名前: はる 投稿日:2011/01/25(火) 01:33
nanaさん

私は左胸中部にシコリができました。動くシコリは悪いものではないと聞いていましたが、気持ち悪いので検査に行くと、悪性リンパ腫と診断されました。
nanaさんは、その後いかがですか?

57 名前: <削除> 投稿日:2011/02/11(金) 23:51
<削除>

58 名前: ヤギエリ 投稿日:2011/02/13(日) 21:16
はじめまして。私も胸の動くしこりを乳癌と診断されましたが悪性リンパ腫の可能性で結果待ちです。乳癌の手術予定が延期になりました。
精神的に不安定になってしまい、同じ方をさがしています。
はるさんはその後どうされてますか?転院するか考えてます。

59 名前: 畠山秋子 投稿日:2011/04/05(火) 09:29
先日、都内の病院で悪性リンパ腫の疑いありと診断されました。現在この病院で治療を受けていますが、なお、不安があるので、悪性リンパ腫の専門医院をお聞きし、治療を受けたいと思いますので教えてください。



60 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/02/16(木) 12:16
73才夫2年前悪性リンパ腫2き 初回 月1回5回抗がん剤投与 1年後
月1回5回抗がん剤投与 2回共通院です 月1回検診に通ってました
2月800になり
脾臓に5センチ、2センチ転移が見つかり21日より入院し治療する事になりまし
ました。毎月通院しているのに、分からないものなのでしょうか
今後病院を変えた方がいいでしょうか 地方の国立医療センターです
何処に相談していいのかわかりません、仕方がないのでしょうか 私73才
匿名お願いいたします 花子

61 名前: met3336 投稿日:2012/02/25(土) 16:38
高齢者の手術は体に大変負担が掛かり、耐え切れないことがあります。
東京にお住まいの75歳の男性が3年前にラストステージの胃がんと診断され手術も
胃の75%を取り除く大手術をされました。抗癌剤ものみ続けておられます。
一切の副作用も無く元気です。と言うのも、マイナス水素イオン錠を一緒に
飲んでおられます。私の息子も去年胃がんを患いましたが、マイナス水素イオン錠を抗癌剤と
一緒に飲んでいるので、副作用が全然ありません。彼もですが、私たち家族、兄弟もQuolity of Life
をエンジョイしております。抗癌剤の副作用で亡くなられる方が75%もおられるとか。
マイナス水素イオン錠でNK細胞を元気にして、癌を食べてもらいましょう。

62 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/02/25(土) 19:35
あなたを食べてもらいたい

63 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/02/26(日) 13:29
62
何度注意されたらわかるんだ
失せろ

64 名前: 63 投稿日:2012/02/26(日) 16:08
すまない
62ではなく61の間違い

65 名前: えつ 投稿日:2012/03/03(土) 10:32
娘が悪性リンパ腫(びまん性大細胞性B細胞リンパ腫)と診断されて、治療
を続けています。
当初、R-CHOPを8コース行いましたが、結果が良くなく(一時小さく
なったが、元の腫瘍の大きさ近くまでになった。)、次にCHASE療法を
受けました。しかし、元の大きさの50%以下にならずまた次の科学治療を
実施するとの事です。LEED療法と自家移植を実施するという説明でした。
昨日、主治医が娘に説明と違う治療法をする旨の話があったらしく、これか
ら病院に確認しに行きます。
このままでは、親として子供に何もしてあげられない気持ちと、治療に関す
る不安と主治医にたいする疑問等でどうしていいかわかりません。
今回この掲示板を拝見し、良いアドバイスを頂けるのではと思い、勝手に書
込みをさせて頂きました。
長々と申し訳ありませんでしたが、どうか宜しくお願いします。

66 名前: met3336 投稿日:2012/03/11(日) 13:11
62、63のような人間がいるから癌患者は苦しむのだ。
お前らこそどっかに消え伏せろ。くそったれめが。

67 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/03/11(日) 16:04
荒らし退散

68 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/03/24(土) 00:27
聖路加の血液腫瘍科の森先生はどうですか

69 名前: タスケテ 投稿日:2012/04/21(土) 07:55
72歳の父なのですが…4月半ばにお腹が痛いと近くの病院に行ったところ大動脈からの肝臓への枝分かれの血管部分に腫瘍が見つかり医大で昨日20日に肉腫をとり検査中 擦任后・・㍉⑤螢鵐兌陲噺世錣譴泙靴・・28日にペットを受け、5月11日に結果です。
どうか、ゴッドハンドの名医を紹介してください。・???
wb59proxy12.ezweb.ne.jp_KDDI-SN3F UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.234 (GUI) MMP/2.0_07001120722446_ac.ezweb.ne.jp

70 名前: 妻が心配 投稿日:2012/05/27(日) 21:26
私の妻は首の両側にリンパの腫れ、寝汗、体重の減少(6k)時々38度前後の熱を症状があったので、総合病院の外科で診てもらったら生検ということで、提出手術をしました。
摘出したリンパの腫れは2.5cmほどあり、その場で「大きさからいっても悪性でしょう」と話されました。3週間で型が分るということでしたが型が判明しなかったため、血液内科のある病院を紹介されました。
紹介先のその病院でのエコーやペットCT検査の結果、首、胸、お腹、股関節にも腫れがあることが分り、股関節から摘出して生検しましたが、またも型が判明しないということで抗がん剤治療を出来ずにいます。
摘出した時点では「大きさや症状から悪性リンパ腫に間違いないでしょうから生検の結果が出る2週間後に入院して翌日から抗がん剤治療をしましょう」と言うことで入院したのですが。
結局一旦退院して経過を見るということで、今は自宅で静養しております。耳の下に新たな腫れが出来たり、夕方は37度ぐらいの熱も出ますが、
このような症状があったとしても3週間後の診察までただ待つしか方法がないのでしょうか。
また、同じような症状(思い)をして、数ヵ月後に型が判明したという方はいるのでしょうか
それに、思い切って他の病院を紹介してもらおうかとも迷っていますが、どなたかアドバイスをいただければ助かります。

71 名前: ぺぺ 投稿日:2012/05/31(木) 00:19
>>70
リンパ腫治療中のものです。
自分の場合も生検から3週間でようやく「ほぼ」確定という状況でした。
会社の健康診断で「要精密検査」と出てから実際に抗がん剤治療が始まるまで約3ヶ月。
(ブログ http://pepe-lymphoma.blogspot.jp/2011/11/blog-post_24.html
一刻も早く治療開始しないと、という焦りの気持ちはありましたが
「そんなに慌てても治療成績は変わらない。丁寧な診断をして間違いのない対処をするのが大事だ」
と、関わった医師3名ほど口々にそう諭されました。

「リンパ腫」というのは総称で、実際には多くの種類があります。
というか種類ごとに「別の病気」と思ったほうがいいのかもしれません。
採取した細胞を培養とかして活動の変化などを見ていくんだとかで、3週間くらいかかるのは当然みたいです。
そうやって見極めないことには具体的な病名はつけられないし、治療法も選べない、始まらないのだな、と思いました。
私の「病名」は「ホジキンリンパ腫」です。

一部の、特に進行が急激な種類はそれに合わせた対応が必要なこともあるようですが
そういう場合ならそれで体調そのほか症状の変化などから医師が判断していると思います。

ただ、型の判別に苦労されているようでしたら別の病院という選択肢も大いに検討されたほうがいいと思います。
がんには県単位、地域単位で「がん診療連携拠点病院」という指定があります。
規模が大きければ良いという単純なことではないですが、診断は実際難しいものらしいので
症例数の多いところが診断の確実性は高まるとは思います。

国立がんセンターのページなどが情報充実していて良いかと思います。
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fKetsueki?OpenForm

どうか妻が心配さんも適切な判断がなされて良い治療へと道が開かれますように。


72 名前: 妻が心配 投稿日:2012/06/01(金) 10:00
ぺぺさん 参考意見というか体験に基づくお話しありがとうございます。今日三回目の生検のための摘出手術をすることになりました。また、結果は10日~2週間後ぐらいということのようです。
リンパ球の活動を抑える薬の服用を止めて3日後あたりから、以前からあったリンパが大きくなり始め、さらに新たに腫れがでできたのでそれのほうが摘出し易いということで、それを取って調べるようです。
今回こそ型(種類)が判明し、本格的治療が出来るようになれば!と思っております。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]