がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>子宮頸癌の小細胞癌について・・・

1 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/22(土) 21:56
ひとつ下の妹(38才)が、先月子宮頸癌の小細胞癌と診断されました。
今、ⅠbⅠ期だそうです。
小細胞癌についての情報が少なく、困っています。
知っていること、体験談などありましたら教えてください。お願い致します。

121 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/06/12(木) 16:16
まりむすめさん
ありがとうございます。
前向きに諦めずに頑張りたいと思います!

さくさまも本当にありがとうございます。
また、いろいろと参考にさせていただきたいと思います!




122 名前: ごん 投稿日:2014/06/14(土) 11:22
私の家内も子宮体部原発神経内分泌癌です。
リンパ腺に2か所、がんが残っていて、シスプラチン+イリノテカン
4コース後のPET-CTでは2か所のがんはかなり弱っていたようです。
効果はPRとSDとの間とのことですが、効果ありとして、あと3コース
追加中です。子宮体がんのこのがんはかなり希少なので、
他に効果ある抗がん剤を前もって探したいのですが。
海外含めさがしておりますが、なかなか見当たらないようで...


123 名前: へへへ 投稿日:2014/06/15(日) 07:56
スヌピコ死にかけ!

124 名前: ひひひ 投稿日:2014/06/21(土) 06:08
と思ったら、死んでた!

125 名前: 投稿日:2014/08/16(土) 22:21
みなさん、お久しぶりです。
今月の25日で術後丸三年になります。
無事転移もなく経過観察です。

私たちの仲間スヌピコちゃんが6月9日にご家族に見守られながら亡くなりました。
彼女は数少ない小細胞がんの仲間のためにいろいろと情報を提供してくれました。
最後まであきらめずに癌と闘ってくれました。
きっとたくさんの人がスヌピコちゃんのブログで励まされたと思います。
私のその中の一人です。

今日久しぶりにここを覗いたら123、124さんの書き込みを見て悲しくなりました。


126 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/08/20(水) 12:55
どこにでも、こういう非常識な人間はいます。無視しましょう。

127 名前: 7年目 投稿日:2014/08/20(水) 17:18
みなさん、お久しぶりです。
2011年10月ころに書き込みしています。

2014年8月で術後10年になりました。
2回目の再発からは8年になります。
日常生活は普通におくれています。

スヌピコさんに「手術したのは2004年じゃないですか?」と言われて
年度を間違えて書いた事に気がつきました。
彼女の強さ、優しさ、ユーモアに励まされた一人です。


スヌピコさんのご冥福を心よりお祈りします。

128 名前: ごん 投稿日:2014/08/29(金) 10:28
まりむすめさん、その後いかがですか?


129 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/12/07(日) 19:23
彼女は、20日に入院
22日に手術
クリスマスも正月も病院のベッドの上かもしれない
私には、なすすべもなくなにもできない
なにもできない自分に腹が立つ

少しでも彼女の隣に居たいだけです

愚痴ってごめんなさい


130 名前: 7年目 投稿日:2014/12/22(月) 10:21
129さんの彼女さん。
手術が無事におわりますように。

隣にいて見守ってくれる人がいる。
とても心強いと思いますよ。

131 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/12/25(木) 20:55
ありがとうございます
彼女も頑張ってます

132 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/12/26(金) 06:30

未公開株詐欺を繰り返し突如消えた  民間臍帯血バンク シービーシー
「CBC」の臍帯血検査体制
衛生保健所認可51号に必要な指導監督医は
・21年2月12日から23年5月22日までの間、 指導監督医の医者などいなかった。
もと群馬赤十字技術部長 亀山憲昭が 知り合いの医師の名前だけ利用した。

・23年5月23日から
大阪大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日休止届けが出された
その後 中川泰一と「CBCサポート」=「FGK」=SBS
はそれを隠蔽し消費者を騙し続け保管させた.
「CBC」の臍帯血は危険です、移植に使えません。

133 名前: みすち 投稿日:2015/01/16(金) 10:59
はじめまして。みすちといいます。

母(50代後半)が子宮体がんになり、2014年12月に手術をしました。

(子宮全摘・卵巣摘出・リンパかくせい)



術前は1b期G1~G2の診断で、腹腔鏡での手術を行いましたが

術中(手術開始から5時間後くらいに)家族が呼ばれ、

「術中の簡易検査でG3らしき細胞がみつかりました」と言われ

開腹手術に切り替わりました。



術後の病理結果はG3ではなく、小細胞がみつかったとのこと。

検索しても出てこない程症例がすくないのだと思い、

涙が出てきました。母の方がつらいはずなのに・・・。

顕微鏡所見ではリンパへの転移はなく、今抗がん剤治療中です。

(入院でのTC療法)



1クール目で、薬剤投与から約10日たちました。

ただ、血小板の数値がものすごく下がっているので、

もしかしたら治療継続が出来ないかもしれません(;_;)



母は大丈夫!絶対大丈夫!と言い聞かせていますが、

ふとした時に転移したら・・・と考えると怖くてしかたがありません。

まだまだ一緒にいっぱい旅行も行きたいですし、親孝行したいです。



長文ですみません・・・。また何かあったら報告したいと思います。

134 名前: みすち 投稿日:2015/01/16(金) 11:02
あれ・・・
なんか行間が空きすぎてますね(´;ω;`)すみませんー(T-T)

135 名前: ひかり 投稿日:2015/01/23(金) 08:45
はじめまして。
円錐切除をうけ、病理結果により昨日、子宮頸部の小細胞癌1a2を告知されたものです。
次の手術が一ヶ月後となり、不安でいっぱいです。
再発や転移があっても立ち向かわれてる皆様から勇気を頂き、
前向きさを振るいたたさせて頑張ろうと思います。
主治医からはまだ術後の化学療法は提案されていませんが
皆様と同じものを受けたいと思います!

136 名前: みっち 投稿日:2015/02/18(水) 20:17
ずいぶん久しぶりに書き込みさせていただきます。
2008年の4月に子宮頚がんが見つかり腺癌の診断で、5月に子宮全摘および左卵巣摘出術を受け、
その後の病理で小細胞がんも見つかりました。ステージは1期1Bでした。
手術のみの治療で(これは、主治医の考え方が珍しいタイプだと思われます。がん電話相談の医師は、そろって抗がん剤をしていた方が良いのにななんて言っておりました。)
あとは、経過観察として細胞診や腹部CTなどで経過を追ってきました。

ここの投稿記事をさかのぼると、時々コメントさせていただいてたことがわかると思います。

昨日、半年に1回の定期受診に行き、CT結果も異常なかったので、満7年間にはちょっと早いけれど、
晴れて、主治医から卒業して良いとのお言葉を頂きました♪

この7年の間に、懸命にがんと闘ってきた同志との別れもありました。またなかなか情報の得られないタイプの
がんの為に、先陣をきってブログにUPしてくれた希望の☆の先輩方もいました。リアルではないけれど
ここに集まった仲間たちは、お互いに励ましあったり、弱音をはかせてもらえる場であったりで本当に助けて
もらえました。感謝をこめてありがとうございましたと言いたいです。

化学療法に対して、まったく経験していないから、その辛さも想像でしかなく、そのことが申し訳ないようで
なかなか参加してこなかったけれど、ここのサイトが探している人に見つけやすいようにとこれからも
TOPになるように応援メッセージを書き込ませてください。

今まさに闘っているみなさん、そしてご家族や愛する方の病気に寄り添っているみなさん、どうか治療が
上手くいって、笑顔になれますように心から願っております。


137 名前: さく 投稿日:2015/02/18(水) 23:19
みなさん、こんばんは。
みっちさんお久しぶりです。7年経過、そして卒業おめでとうございます。

以前にも書き込んでいますが
2009年10月 子宮頸部小細胞がん4b期(病理ではほぼ小細胞癌のみ)、肝臓に遠隔転移ありと診断。
2010年2月 広汎子宮全摘手術 両側卵巣切除(転移なし)骨盤リンパ節郭清(リンパ節転移なし)
      (頸部の腫瘍は2~3センチのため初めは1b期と診断されていました。)
      肝臓の転移部(約1cm、1箇所)、
      肝臓の腫瘍切除と転移予防のため胆嚢切除を子宮の手術と一緒に受けました。
      術前化学療法2クール、術後4クール受けました。シスプラチン+トポテシンです。

私はこの2月で術後5年を元気に迎えることができました。
私の主治医は経過観察は10年と言っておりまだまだ卒業はできませんが・・・。
みっちさんや希望の☆の先輩ブログ(多分同じ方??)から生きる希望を頂き今日までこれました。
本当にありがとうございます。
小細胞がんでも生きている方がいる!それが何より前向きに治療に向き合う力となりました。

私はブログもなく私自身のことを書き込んでいるのはここだけです。
医学的な知識もなく何も有意義な新しい情報は発信できませんが、
4b期・肝臓に遠隔転移ありでも5年生きているということを伝えたく、書き込ませていただきました。



138 名前: みっち 投稿日:2015/02/23(月) 21:08
さくさんへ

こんにちは(^.^)メッセージありがとうございます。

術後5年間、お元気にお過ごしだったとのこと本当に良かったですね。

今、まさに闘っている方は、5年も先の事なんて思い描きにくい事かもしれません
私も、そうでした。次の検診まで、一つ一つ心配したり、安心したり・・・

ここは、同志のいる場所だから、上手く活用して、情報交換したり、励ましあったり、
時には、そっと弱音を吐いたりしながら、前向きにがんと闘っていく力に少しでも
なれるといいなって思ってます。



139 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/04/05(日) 02:48
スヌピコは死んだって…

140 名前: じゅん 投稿日:2015/04/24(金) 20:48
みっちさん。こんばんは。自分も同じ癌になっちゃいましたから、ちょっと怖いです。よかったら、連絡先交換できませんか?お願いします。

141 名前: なんみか 投稿日:2015/04/28(火) 14:03
またまたお久しぶりです!
簡単に自己紹介!

広汎性子宮全摘 リンパ節転移(4/151)
術後三クール。シスプラチン、エトポシド

経過観察中。
がん発覚したときは7センチと先生も驚くほどの大きさでした。
来月で4年目に突入です!!!


諦めないで!!!

142 名前: 高田裕子 投稿日:2015/08/06(木) 04:47
ス  ヌ  ピ  コ  は  死  ん  だ  っ  て  …



あ は は は は は

143 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/08/07(金) 19:57
�シ托シ費シ偵�ッ譛�菴弱↑莠コ髢�


144 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/08/07(金) 20:43
142は最低な人間


145 名前: 7年目 投稿日:2015/08/18(火) 19:07
みなさん、お久しぶりです。
2011年10月に書き込みしています。

2015年8月で手術より11年。
最後の再発から9年たちました。
去年、主治医と相談してCT検査を卒業しました。

広汎性子宮全摘出手術。1b-2期。
傍大動脈リンパ節転移あり。
術後抗がん剤(シスプラチン、ベプシド)6クール。
すぐ後腹膜リンパに再発。放射線治療45グレイ。
翌年、縦隔リンパ、左鎖骨に再再発。
放射線治療45グレイ。

現在の後遺症対策としては
腸閉塞にならないように食生活を管理。
長時間の旅行時は弾性ストッキング着用。
白血球低下なので毎年インフルエンザ予防注射。
週に3日、働いています。
日常生活は普通におくれています。

スヌピコさんはお盆に、こちらに帰ってきたでしょうか。
いつまでも忘れられない素敵な仲間です。

ここに集う同志の方の治療や経過観察が最善のものとなりますように!

146 名前: みっち 投稿日:2015/08/31(月) 17:19
じゅんさんへ
今日、久しぶりにここにやって来ました。
気がつくのが遅くなってしまいごめんなさい。
メールしてみましたが、戻ってきてしまいました。

147 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/09/10(木) 09:44
142は死んだって…

148 名前: さりゅう 投稿日:2015/09/25(金) 21:56
わたしも小細胞子宮頸癌になってしまいました。
現在ステージ1b1期 来月16日に手術予定です。
小細胞子宮頸癌の情報はあまり他でのってないので
不安ですが ここでの方たちに術後や抗がん剤治療後も元気に
過ごしておられる方がいるようなので
それを励みにこれからの闘病生活頑張ろうと思います。


149 名前: じゅん 投稿日:2016/01/16(土) 09:27
みっちさんへ ゼロきゅうゼロ、ろくろくさんご、にきゅうさんごお願いします

150 名前: じゅん 投稿日:2016/01/16(土) 09:39
皆さんこんにちは  みっちさんへ  返事ありがとうございます。 できればみんな定期な集まり機会があればいいなと思ってます。同じ小細胞がんなんだからお互い交流しながら一緒に頑張って元気に生きていきましょうと思ってますが

151 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2016/01/20(水) 22:38
生きていればね



152 名前: なんみか 投稿日:2016/05/11(水) 21:33
お久しぶりです。
今月で無事5年目になりました。
長かったです!!

リンパ浮腫で悩んでますが、元気で頑張ってます!!

Amebaでなみへぃって名前でブログやってます。
たいした内容のブログではないですが、少しでも誰かの勇気になれるなら
と思って書いてます。

みんな諦めないで!!!!


153 名前: なみ 投稿日:2016/08/11(木) 01:21
私も、小細胞ガンで、今年の3月に広汎性子宮全摘術をして、現在、抗がん剤治療中です。

抗がん剤は、6クールありまして、今、4クール目です。

使用している抗がん剤は、シスプラチンとイリノテカン。

今の所、少しだけ髪の毛少なくなった程度で、脱毛はしていません。

10月に抗がん剤治療終わるので、抗がん剤終わったら、転移再発しないか不安で不安でたまりません(A;´・ω・)

ガンのステージは1b-1で、リンパに転移なかったけど、それでも転移再発した方も中にはいらっしゃるので、強い不安を抱えています。

子宮頸部小細胞ガンは、最新情報がネットに書かれてなくて、ただ知ったのは、遠隔転移しやすい質の悪い暴れん坊のガンだと知って、精神が安定する事がありません。


154 名前: 七年目 投稿日:2016/08/18(木) 15:05
みなさん、お久しぶりです。七年目です。
2011年10月に書き込みしています。

2016年8月で手術より12年。
最後の再発から10年たちました。
主治医と相談してCT検査は卒業しています。
今年の子宮がん検診も異常ありませんでした。

2004年。広汎性子宮全摘出手術。
術前の検査では1b-2期。
(12年前は術後にステージの変更はしませんでした)
リンパ節廓清58個中17個の転移あり。
傍大動脈リンパ節(遠隔転移)転移あり。
術後抗がん剤(シスプラチン、ベプシド)6クール。

2005年。後腹膜リンパに再発。放射線治療骨盤部45グレイ。
2006年。縦隔リンパ、左鎖骨に再再発。放射線治療45グレイ。

癌の治療はこれで終了しましたが
後遺症の腸閉塞で7回入院しました。
最後の入院レベルの腸閉塞は2011年。
軽い腸閉塞は自力?で対処しています。

現在の後遺症対策としては
腸閉塞にならないように食生活を管理。繊維質に注意。ゆっくり良く噛む。
暴飲暴食禁止。ほぼ毎晩ヒマシ油シップで温活しています。漢方薬服薬。

長時間の旅行時や疲れた時は弾性ストッキング着用(妊婦用の腹部が大きいタイプ)。
白血球はかなり低下していましたが最近平常値になりました。
骨密度も一時低下しましたが平均値に戻りつつあります。

週に3日、働いています。
無理のない範囲でボランティア活動もしています。
日常生活は普通におくっています。

子宮頸部小細胞がんでも再発も無く元気な方が沢山いる事を知りました。
しかし再発して治療中の方がいる事も事実です。

経過観察中の不安な気持ちは誰も同じと思います。
何か新しい事を始めたり(ウォーキング等)
その時に出来る事、すべき治療をしっかりして悔いを残さない。
ネットの情報だけではなく自分で情報収集する。
適度な運動や仕事をして気を紛らわす。
愚痴や不安を話せる(書ける)場を持つ、等
それぞれ工夫して過ごされているのではないでしょうか。

ここに集う同志の皆さんの生活が最善のものとなりますように!

155 名前: cocoa 投稿日:2016/12/29(木) 00:52
皆様こんばんは。初めまして。
私も子宮頚部小細胞癌と告知され、来月5日にPET、10日に手術です。
摘出後、抗がん剤を6クールと言われています。
不正出血が続き、周りの友人も私もそうだったから、そろそろ生理が上がるんだよと
言っていたので、1ヶ月間そのままにし、義母に年内に調べてきなさいと言われ、
自分でもあまりの出血の多さにびっくりし、近くの婦人科を紹介され調べた結果、class4 
すぐに大きな病院の予約を取っていただけ、検査しその結果、子宮頚部小細胞癌、
ステージは1b-1期(この間20日間)不安と絶望に打ちのめされて調べていましたら、
この掲示板を見つけました。
不安と恐怖に眠れずにいたので、とても励みになります。
手術後、また書き込みさせていただきます。
皆様、頑張りましょう。

156 名前: 6年目 投稿日:2017/06/24(土) 13:59
先日術後六年目を無事迎えることができました。

六センチに肥大したがんを手術でとったあと抗がん剤4クールしました。
リンパにも転移はありましたがこうやっていまも元気に生きています。

今はリンパ浮腫に悩みはあるものの、その他はいたって健康です!

不安な皆さん大丈夫だよ!!がんばろう!!!

157 名前: cocoa 投稿日:2017/07/16(日) 17:04
掲示板を見ている皆様。
報告がかなり遅くなりましたが、手術
無事に終わっております。
現在は、リンパ転移があった為、当初
予定していたIP療法からTCBに変わり
ました。治療は6クール後アバスチン
単剤で12回という方針です。
既に、6クールは終わりアバスチンだけ
になりました。
ここまで色々ありましたが、何気なく過
ごしてきた日常が、いかに幸せだったか
痛感しております。この病気にならなけ
れば、周りに感謝する気持ちもおろそか
になっていたかもしれません。
私は、悩み過ぎ体重が減り過ぎた結果、
体力を落とし回復に苦労しています。
どうぞ、負けない気持ちで立ち向かって
下さい。抗がん剤治療中は辛く心も折れ
そうになりますが、体力とメンタルを強
く持てば大丈夫乗り切れます。
このまま、再発せずに過ごせたら本当に
ありがたいです。実際、心配なく過ごさ
れている方がいるのも事実です。
医療は進歩しています。新たな治療方法
が世の中全ての癌を治せる時代になって
くれたらと切に願っております。
皆様、免疫を高めるために笑いましょう
(*^^*)

158 名前: 7年目 投稿日:2017/08/18(金) 23:04
みなさん、お久しぶりです。7年目です。
2011年10月頃に書き込みしています。

2017年8月で手術から13年。
最後の再発から11年経ちました。
大病院での検査は終了しています。
近くのクリニックに漢方薬等処方のため通院しています。

春頃に右側の甲状腺が腫れてきたので専門病院受診。
エコー検査の結果
左の甲状腺機能低下のため右が大きくなったそうです。
血液検査で問題がないので治療の必要なし。
再々発の放射線治療(縦郭リンパ、左鎖骨に照射)の影響かどうかは不明です。
日常生活に支障はありませんが年に1度血液検査をする予定です。

ほぼ毎日イレウス(腸閉塞)対策のため、ひまし油パックをしています。
週に4日働いています。
ボランティアは無理のない範囲で継続中です。

初期治療が終了し元気で生活されている方は沢山います。
でも再発治療が残念な結果に終わった方がいる事は事実です。
2回目の再発を自分で調べた抗がん剤で縮小させトモセラピー治療中の方もいます。
同じ小細胞癌で同じ日にオペをした仲間を見つけた方もいます。

不安な気持ちに引っ張られ過ぎないよう
免疫力を高めるためにも
仕事や運動や笑いは大切だと思います。
みなさん、がんばりましょう

159 名前: 天音 投稿日:2017/09/28(木) 22:40
乳がんが、、、、、
ぽぽぽぽーん(^^♪

はじける♪ はじける♫
 
いよいよ、、、、

160 名前: ミニママ 投稿日:2017/10/26(木) 14:40
初めまして。子宮頸癌小細胞癌のことを知りたくて、ここにたどり着きました。
たくさんの方の経験談を知り勇気を持つことができます。
私も7月に子宮頸癌小細胞癌Ⅳbと診断されました。
担当のドクターは、30年医療の現場にいて初めての患者と言われました。
腹水がかなり溜まってて、すぐに抗がん治療に入りました。手術は、しても無駄と言われかなりショックを受けました。
10日前に抗がん治療が終わり、今日診察に行って来たところです。
癌はちいさくなってるものの完治は無理だと…したい事があったら病状の落ち着いてる今のうちにしてくださいって言われました。
相手は、小細胞癌…いつ何があってもおかしくないのですね。
これから先のこと、真剣に考えて楽しむしかないのかな。

情報の少ない子宮頸癌小細胞癌、また経過を書き込みます。

161 名前: 投稿日:2018/03/01(木) 19:42
リンパ転移ありましたが
5月で7年目になります!

頑張ろう!!



162 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2018/03/21(水) 12:17
ああんっぎえっ

163 名前: ミニママ 投稿日:2018/07/01(日) 10:52
久しぶりの書き込みですが、終末期を迎えてます。
イリノカテン➕シスプラチンを4クール後、腫瘍マーカーが大きくなったため1ヶ月後2クールプラスしました。
しかし、CTで効果が見られずカルセド4クールしましたが、効果なし。CTでまた大きくなってました。
最後のカルセドをした1ヶ月後、お腹の張りで、病院へ。腫瘍が増大し、腸や肝臓、骨盤まで転移してるとの事。
即入院、絶食で点滴のみの毎日です。
お腹の張りは、日々酷くなり苦しい毎日を過ごしています。
治療方法は、ないのでいつまで私が耐えられるかって感じです。


164 名前: みっち 投稿日:2018/08/01(水) 13:11
久しぶりに、こちらに顔を出してみました。
ミニママさん、大変な中、書き込みされて、ありがとうございます。
お腹の張りは、苦しいですか?
少しでも、和らぐ方法があることを、願ってます。
不安がいっぱいで辛いことですね。あなたの、頑張りを
感じて、応援しています。

165 名前: 7年目 投稿日:2018/08/18(土) 21:01
みなさん、お久しぶりです。7年目です。
2011年10月頃に書き込みしています。

2004年8月
広範子宮全摘出手術。1b-2期。
リンパ節転移17か所。
傍大動脈リンパにも転移あり。
抗がん剤(シスプラチンとベプシド)6クール。

2005年、抗がん剤終了1か月で再発。
骨盤に放射線照射45グレイ。
2006年、左鎖骨リンパ、縦郭リンパなどに再再発。
また放射線治療45グレイ。

2018年8月で手術から14年。
最後の再発から12年経ちました。
大病院での検査は終了しています。
今年は4年ぶりにCT検査を実施しました。
癌は見当たりませんでした。

放射線治療の後遺症で小腸が大腸みたいに太くなっていました。
自覚症状は無くても画像上は腸閉塞(イレウス)の状態です。
しかし食生活に気を付ければ普通に過ごせます。
近くのクリニックに漢方薬等処方のため通院しています。
イレウス時はここで点滴して脱水を予防&痛み軽減。

2017年から甲状腺の専門病院を受診しています。
2018年は甲状腺ホルモン値が低下していました。
再検査を秋頃行う予定です。
これは癌治療の後遺症かどうかは不明です。
元々私の体質かも知れません。

ほぼ毎日イレウス対策のため、ひまし油パックをしています。
3月から坐骨神経痛になり腰痛体操も始めました。
うつぶせの状態で行うストレッチが腸にも良いようで
ガスの排出が頻繁になりました。

週に4日働いています。
ボランティアは継続中です。
日常生活は普通におくっています。

小細胞がんは進行のスピードが早いので
再発が判明したらすぐに緩和ケアをすすめられ
ショック、混乱、怒りの感情を持つ方が多いようです。
その反応は当然だと思いますが
再発治療に専念して病気に打ち勝つためにも
緩和ケアの準備や用意は必要だと思います。

癌になったらステージには無関係で
すぐ緩和ケア科を受診した方が
その後の治療成績が良いという論文があるそうです。
(英文のため未確認です。すみません)
すべての病院の緩和ケア科が良いかどうかは不明ですが
病気の相談、不安、不満、愚痴を言える場所を作っておく方が
治療に専念できるのではないでしょうか。

また不安になったら
とにかく体を動かすと良いと思います。
歩いたり体操したり踊ったりすると気がまぎれます。
不安にならない人はいません。
どうやってそれにひっぱられ過ぎないかが大切ではないでしょうか。

みなさんの選択が最善のものになるよう祈っています。
応援しています。がんばりましょう。

166 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2018/08/27(月) 12:10
小細胞癌厄介だな

167 名前: ぽんすけ 投稿日:2018/12/24(月) 23:18
2010年2月に肺腺癌の部分切除術をうけました。
その後、2015年7月に大量の性器出血があり、救急車で病院に搬送、入院、筋腫分娩と
いわれ、下部から切除。
極度の貧血に耐えながら復職したころ、病院から連絡があり、子宮肉腫と診断されました。
うーん 文才がないですね。

168 名前: hiro 投稿日:2019/01/13(日) 03:28
はじめまして。hiroと申します。
妻が子宮頚がん(小細胞がん)で約2年前に手術・術後化学療法、約1年前に骨盤内再発し、主治医からはもう有効な治療法がないと言われました。
放射線も、腫瘍が大きすぎるため使えないとのこと。セカンドオピニオンに奔走しましたが、殆どの病院では同じ診断で、希望を失いかけている中、藁にもすがる気持ちで、ゲノム解析を受けました。
結果が出るまでにいろいろありましたが、ここでは書きません。何はともあれ、幸運にも分子標的薬が使える遺伝子変異が見つかり、現在治療継続中です。
転移巣は3か所で最大6センチありましたが、現在はすべて、画像上見えなくなっております。
薬は毎日2回服用する必要がありますが、経口で副作用も少なく、全く通常どおりの生活が送れています。
癌は治癒したわけではなく、この薬にもいつかは薬剤耐性が生じると言われていますが、それでも、治療の選択肢の数は遺伝子解析前と比べて格段に増えました。
何より現在、妻が病気になる前と同様の元気な姿で家族一緒に過ごせる時間は、何物にも代えがたい、大切なものです。
検査をしてくれた医師をはじめ、沢山の方に助けて頂き、また、幸運に恵まれ、本当に感謝の気持ちしかありません。

遺伝子解析から実際の治療に繋がる可能性は10%程度と言われておりますし、私達のケースは例外的な幸運かもしれません。
それでも、子宮頸部小細胞癌のように、治療法が確立されていない希少がんの場合には、このような検査を一つの選択肢として検討する価値はあると思います。
(現時点では金銭的な負担が大きいため、標準治療や生活に支障が出ないことを大前提に考える必要はあると思います)
少なくとも、私達の場合で言えば、もっと情報があれば、最初の手術後にすぐゲノム解析していました。実際には再発後に動いたわけですが、時間的にはぎりぎりだったと思います。

検討される場合には、いくつかの種類の検査があるため、それぞれの違いを良く調べることも必要かと思います。
対象とする遺伝子数の多さ、融合遺伝子を対象に含めるか否か、RNAを検査対象とするか、また金額もそれぞれ異なります(近日中に保険適用となる検査もあるようです)。
妻のケースでは、複数の遺伝子解析を受けたのですが、結果が出たものと、出なかったものがあります。
また、遺伝子検査にあたっては検体の状態も重要(RNAも解析する場合にはとくに)ですので、手術する場合にはあらかじめ検査を想定して組織を保存してもらった方が良いようです。

この掲示板ではこれまで書き込みはしておりませんが、皆様の頑張りに妻も私も本当に励まされ、また貴重な情報を頂いてきました。
今回、妻の治療経過がどなたかの参考になればと思い、本人了承のもとに書き込んでおります。
今後も自分達自身が精一杯頑張るとともに、他のすべての同じ病気の方々も、治療がうまくいくよう祈っております。

169 名前: 7年目 投稿日:2019/08/17(土) 13:30
みなさん、お久しぶりです。7年目です。
2011年10月頃に書き込みしています。

2004年8月
広範子宮全摘出手術。1b-2期。リンパ節転移17か所。
傍大動脈リンパにも転移あり。
抗がん剤(シスプラチンとベプシド)6クール。
2005年、抗がん剤終了1か月で骨盤内再発。
放射線照射45グレイ。
2006年、左鎖骨リンパ、縦郭リンパなどに再再発。
放射線治療45グレイ。

2019年8月で手術から15年。
最後の再発から13年経ちました。
大病院での検査は卒業しています。

治療の後遺症で腸閉塞(イレウス)になりやすいので
食生活に気を付けて毎晩マッサージしています。
近くのクリニックに漢方薬等処方のため毎月通院中。
イレウス時はここで点滴して脱水を予防&痛み軽減。

2019年から甲状腺機能低下症「橋本病」になりかけなので
甲状腺ホルモン剤を服薬開始して元気です。
甲状腺ホルモンは自律神経と関係するので腸が良く動きます。

週に4日働いています。
ボランティア活動も継続中です。
日常生活は普通におくっています。

ご存じのように小細胞がんは進行のスピードが早いです。
再発が判明したらすぐに緩和ケアをすすめられ(特に大病院で)
ショック、混乱、怒りの感情を持つ方が多いようです。
その反応は当然だと思いますが
再発治療に専念して病気に打ち勝ち
自分の状況を判断して最善の方法を選択するためにも
傾聴による心のケアは大切な治療だと思います。
緩和ケア科を受診しながら治療を継続する事はできます。

闘病中は不安にならない人はいません。
趣味や仕事、スポーツを続ける事は大切だと思います。
みなさんの選択が最善のものになるよう祈っています。
応援しています。
厄介だからこそ、元気にやっていきましょう。

170 名前: 7年目 投稿日:2020/08/15(土) 15:03
みなさん、お久しぶりです。7年目です。
1年間でこの掲示板への書き込みは私だけでしょうか・・・
でも今年もしつこく書きます(笑)

2004年8月
広範子宮全摘出手術。1b-2期。リンパ節転移17か所。
傍大動脈リンパにも転移あり。
抗がん剤(シスプラチンとベプシド)6クール。
2005年、抗がん剤終了1か月で骨盤内再発。
放射線照射45グレイ。
2006年、左鎖骨リンパ、縦郭リンパなどに再再発。
放射線治療45グレイ。

2020年8月で手術から16年。
最後の再発から14年経ちました。
大病院での検査は卒業しています。

治療の後遺症で腸閉塞(イレウス)になりやすいので
食生活に気を付けて毎晩マッサージしています。
自粛中でもなるべく動かないと腸に良くないです。
体を動かす事は大切だと思いました。
近くのクリニックに漢方薬等処方のため毎月通院中。
イレウス時はここで点滴して脱水を予防&痛み軽減。

2019年から甲状腺機能低下症「橋本病」のため
甲状腺ホルモン剤を服薬開始しています。
チラージンは副作用も少なく安価なので継続予定です。

週に4日働いています。
ボランティア活動は3月から自粛、休止中です。
日常生活は普通におくっています。

ご存じのように小細胞がんは進行のスピードが早いです。
今はどの病院も感染症対策で混乱していますが
できる範囲でテキパキと進めていく方が良いと思います。
セカンドオピニオンを受ける場合は
今の病院とは違う系列を受診する方が
違う意見をもらえる可能性があると思います。
(卒業大学はネットで検索可能です)

闘病中は不安にならない人はいません。
趣味や仕事、スポーツを続ける事は大切だと思います。
みなさんの選択が最善のものになるよう祈っています。
応援しています。
こんな時だからこそ元気にやっていきましょう。

都島の名前でアメブロをしています。
「かなり昔の小細胞がん(子宮頸がん)の話」です。
最近は子宮頸部小細胞癌の方のブログも増えましたね。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]