がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>腹水について教えてください(胆道癌から始まって)

1 名前: 河田 投稿日:2001/02/19(月) 00:23
胆道癌から始まって、現在腹水が出て癌細胞が腹水にたまっています。
何か良い、情報がありましたら教えてください。
他にも、同じような症状で治った方、おられましたらメールください。

2 名前: UTAKA 投稿日:2001/03/09(金) 00:18
河田さんにメールでお送りした内容の一部は、下記に貼りました。
 胆道、胆嚢癌スレッド
http://www.jbbs.net/sports/bbs/read.cgi?BBS=134&KEY=964761551

3 名前: かず 投稿日:2001/07/24(火) 00:00
父がC型肝炎から移行の肝硬変で肝細胞癌も複数あり肝硬変は非代償期でビルルビン数値も高く肝血栓も併発し医師からは肝脳症になったら覚悟してくれと言われたんですが、血液交換とか血漿交換、などの有効方法(一時的でも)はあったら教えてください!

4 名前: さむね 投稿日:2002/11/27(水) 14:51
腹水がたまる、出るというのはかなり進んだ症状ですか?
そうなり始めると、予後どのくらいなのでしょうか。





5 名前: es 投稿日:2002/11/27(水) 18:48
肺がんⅣ期、脳と肝臓に転移あります。
ガンマナイフの治療を受けられる大阪の病院教えて下さい。


6 名前: 774 投稿日:2002/11/27(水) 19:20
腹水の原因により治療法・予後は様々です。
通常、正常でも腹腔内には数10mlの腹水が存在しており、腹膜や腸間膜
などから滲出~再吸収を繰り返し、腹腔内を潤し、腹腔内の異常に対して免疫力
を発揮しています。がんに侵された際、この腹水が異常に貯留する原因としては、
1.がん性悪液質による低タンパク血症
2.肝臓がんや転移性肝腫瘍、肝硬変、腫瘍の門脈圧迫などによる門脈圧亢進症
3.腹膜転移によるがん性腹膜炎
などです。いずれにしても、がんがある程度進行した状態で発症してきます。
治療法としては、
1.低タンパク・低アルブミン血症に対しては、食事・経管栄養・点滴からのタンパク・アルブミン補充
2.門脈圧亢進に対しては、利尿剤・P-Vシャント術などの門脈圧減圧処置(肝性脳症発現に注意)
3.がん性腹膜炎に対しては、腹腔内化学療法や活性化自己リンパ球移入療法
などがあります。
腹水穿刺による排液は苦痛緩和目的以外は行うべきではありません。

血漿交換療法は肝性脳症の治療法ですが、C型肝炎後の肝がんやその再発予防に対して
活性化自己リンパ球移入療法の効果が報告されています。
免疫療法なのでC型肝炎ウイルスにも効果が期待できるということのようです。




7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2002/11/28(木) 12:34
774さん、教えてください。
>腹水穿刺による排液は苦痛緩和目的以外は行うべきではありません。

なぜですか?
また、そうすることによって起きると考えられる症状は、どういうものですか?


8 名前: 774 投稿日:2002/11/28(木) 14:44
”腹腔穿刺は,排液により蛋白喪失,電解質異常をきたし腹水も更に再貯留しやすくなるため,
苦痛を緩和するのを目的とするか,抗癌剤の腹腔内投与時以外は頻回に行うべきではない.”
というのが、その理由です。
施設によっては、排液した腹水を再度、ろ過して静脈内に還流させる方法をとっている
ところもあります。その場合は、問題ないと思います。

その他、腹水穿刺には、急激な腹水の排液による血圧低下の合併症や、
穿刺時に腸管を損傷し、腹膜炎を合併する危険性もありますので、穿刺を
行う際はこれらのことにも十分注意を払う必要があります。穿刺の回数が
増せば増すほどこれらの危険性も高まるというわけです。


9 名前: さむね 投稿日:2002/11/29(金) 23:03
私の父は先日バイパス手術をしたのですが、腹水がたまり
すぎて、傷口から出てきてしまいました。以来、あまりに
ひどいのでチューブでずっと出している状態です。これは
そうすると、あまり理想的なことではないんですね。
成分輸血をしていましたが...

10 名前: 774 投稿日:2002/12/02(月) 12:25
腹部手術直後の腹水貯留は創離開の原因となりますので、腹腔減圧
目的としての腹腔ドレナージはやむをえない処置と思います。
腹水排液による血漿成分の喪失を血漿輸血で補充されているわけですが、
状態が落ち着いた段階で、善後策を検討されることと思います。
腹水には、蛋白成分・電解質をはじめ、血液凝固因子・リンパ球などの
免疫細胞も含まれていますので、濃縮~静脈内再注入などの処置ができればと
思います。


11 名前: なお 投稿日:2003/06/26(木) 00:55
母は先日乳ガン原発肝、骨転移でなくなりました。痛み止めが効かなくなりモルヒネをうちそのまま家族と最後の話をすることなく亡くなりました。一週間前治療はもうやめて痛みをなくすことしかしていないと聞きました。衰弱していきますと。それをきいた三日後急変し亡くなりました。もっと医者から詳しく説明をしてもらいたかった。聞いたからなにができるわけでもないが、助からないとわかっていても信じていただけにショックです。インフォームドコンセントが不十分では?いまさら遅いですが。ただ痩せ衰える前になくなったのが救いです

12 名前: toshi 投稿日:2003/08/22(金) 15:18
腹水が溜まってきてしまったのですが軽い運動やお腹を暖めるなどすると
多少は尿として排泄できるらしいと言う話を同じ病院に通院している方から聞きました、
まだ試してはいないのですが本当なのでしょうか?
逆に暖めてはいけないなんて事は無いのでしょうか?
それと腹水が溜まり始めたら飲み物などはやはり控えた方が良いのでしょうか・・


13 名前: 太陽 投稿日:2003/09/14(日) 11:35
父は肝臓がんを患い、腹水がたまっています。
日ごろから父へ足裏マッサージをしているのですが、そのように全身の血流を刺激する事は、良くないのでしょうか?
どなたかご存知の方があれば教えてください。

14 名前: marumit 投稿日:2003/11/14(金) 23:15
 腹水に昔から民間療法として小豆と鳩麦が挙げられています。私も肝臓ガンの手術後に腹水が溜まりましたが,自分で漢方薬局から鳩麦(丸粒で皮を剥いてある物、500グラム800円程度)を買い一日30グラムを600ccの水で40分間煮詰めて
空腹時に2~3回に別けて飲んだら4~5日後に綺麗に引いてしましました.民間療法も捨てたものではないです.安いものですし、本来穀物で食べていた物ですので一度試してみては。煎じた後の鳩麦は適当に食べています。
 足裏をマッサージすることは良いことだと思いますよ.何の病気でも全身の血流を良くすることは回復には必要なことですから。

15 名前: 腹水 投稿日:2004/04/04(日) 15:41
肝門部胆道ガンによる胆道狭窄とのことで、放射線治療をして、ステント留置施術を
受け、ビリルビン等の肝機能は治りました。

その後、1ヶ月して腹水が溜まり苦しんでいます。利尿剤の治療を1ヶ月続けましたが
改善されず、苦しい時は1000ccを抜き取ってもらっています。この間、腹水の細胞診
の結果はレベル3,2,2等でガン性腹水とは結論されていません。

お医者さんは、明確な治療法ではないが試しに抗がん剤の治療をしてみるしかないと
言っています。

そこで、腹水の発生にはどんなことが考えられるのかわかりやすく教えてもらえると
ありがたいです。(単にガンだからとかではなく、ガンだから細胞がどうかなり、ど
のように液が漏れてくるのかを知りたいです。)
また、私としては胆道からの胆汁の漏れではないかとお医者さんに尋ねていますが、
そんなことは考えられないとおしゃっていますがどうなのでしょうか。


16 名前: 774 投稿日:2004/04/04(日) 17:43
一般的に腹水が溜まる原因としては、
1.肝硬変、肝癌などに伴う門脈圧亢進症
2.癌性腹膜炎
3.うっ血性心不全
4.ネフローゼ症候群などの腎疾患
5.低蛋白血症
6.炎症性
7.Budd‐Chiari症候群などによる肝静脈流出障害や下大上脈の還流障害
などがあり、原因によって治療法も異なってきます。
まずはきちんとした原因検索からではないでしょうか。

17 名前: 腹水 投稿日:2004/04/04(日) 18:09
16番の774さん
「まずはきちんとした原因検索からではないでしょうか。」とありますが、私もここが心配なところです。
それぞれどのような方法があるのかお教えください。

血液検査ではCRP値が1.81と高いぐらいと、CTの結果やや腹膜が厚いと言われている程度の結果しか教えてもらっていませんし、他の検査はないと聞いています。


18 名前: 774 投稿日:2004/04/04(日) 20:24
まずは採取した腹水の性状をよく調べてみることからです。
ここから先の各論はその結果で更に細分化されて検討していく
ことになりますので、検査結果等につき主治医とよくご相談・検討
を加えながら、ご自身の疑問を払拭しながら治療を進めていかれる
ことをお薦めします。
治療法の選択を左右するポイントは全身状態にさほど問題がなければ、
腹膜の肥厚が癌性腹膜炎によるものか否かということと、
肝門部胆管がんによる門脈の圧迫~門脈圧亢進の有無、の2点
と思いますが・・・。

19 名前: 腹水 投稿日:2004/04/05(月) 08:45
774様
ありがとうございます。56歳の男性です。ついでに御伺いします。

このような肝門部胆管ガンによるガン性腹水の恐れある腹水にもシスプラチンは効果あるのか教えてください。
また、シスプラチン以外の当病気に効果ありそうな抗がん剤を教えてください。
さらに、ガン性腹水の権威の方(病院)をお教えください。


20 名前: 774 投稿日:2004/04/05(月) 09:27
胃癌による癌性腹膜炎に対するCDDP腹腔内投与の効果や卵巣がんの
癌性腹膜炎に対する全身化学療法に関するEvidenceはあります。
胆管癌による癌性腹膜炎に対するCDDP腹腔内投与はトライアル
と認識しています。他、検討可能な薬剤としては5FU MMC、Paclitaxel
などでしょうか。
まだ癌性腹膜炎と確定診断がついているわけではないと思いますので、
まずは原因検索からではと思いますが・・・。
癌性腹膜炎の治療に特化した施設があるわけではありませんが、もしそうで
あれば、一般的な治療のほか、活性化自己リンパ球療法や温熱療法などに
力をいれて臨床試験を行っている施設はあります。こちらの情報はそれぞれの
スレをご参照ください。

21 名前: ゆう 投稿日:2004/04/08(木) 08:44
母の件でお伺いいたします。
2年前に乳がんの手術をし、1年前に肝臓、骨に再発、
それから1年間抗がん剤を投与してきました。
それまでの抗がん剤を3ヶ月休んでハーセプチンに変更するする予定だったのですが、その間に腫瘍マーカーCA15-3の数値が一気に上がり(2800)腹水がたまるようになりました。
本人が胃の圧迫感に我慢できそうもないというので
先日水を抜きました。
ただ、ここで読むと苦痛の緩和のため等でなければ
腹水を抜くのはよくないとのこと。
苦痛というのは、母のような胃の圧迫感もそれにあたりますか?それとも胃の圧迫程度は我慢するべきなのでしょうか。
痛みは特にないようなのですが・・・。
医師からは「腹水の原因は多分肝臓でしょう」と
言われていますが、詳しくは教えてもらっておりません。


22 名前: 774 投稿日:2004/04/08(木) 09:06
「苦痛というのは、母のような胃の圧迫感もそれに」あたると思いますよ。

23 名前: エリ 投稿日:2004/04/24(土) 15:28
35歳の肝硬変女性です!腹水がたまってっいて苦しくて食事も全然すすみません。昨日、腹水穿刺で1リットル抜いてもらいました。すっごく、楽になり”ホット”してます。少しずつ食欲も出てきましたが、又溜まるかも・・・


24 名前: エリ 投稿日:2004/04/24(土) 15:29
35歳の肝硬変女性です!腹水がたまっていて苦しくて食事も全然すすみません。昨日、腹水穿刺で1リットル抜いてもらいました。すっごく、楽になり”ホット”してます。少しずつ食欲も出てきましたが、又溜まるかも・・・


25 名前: 腹水 投稿日:2004/04/24(土) 16:33
私は1回目に1000cc抜きましたが、2週間でまた溜まり、また1000ccをとりました。
そのあとまた溜まったので2週間後には1800cc抜きました。
そして、昨日1週間しか経たないのに1500ccを抜きました。
採っても採っても溜まってくるので困っています。
同室の患者さんで腹水の人は2週間で利尿剤の治療で無事退院していきました。

26 名前: りんご 投稿日:2004/04/24(土) 16:42
母が腹水がたまっています。
腹水のため、食事が進まなく腹水を抜いてもらっています。
一度腹水を抜いたら、たまりやすいという意味がわかります。
現在一日500mlほどの腹水を抜き続けていますが、腹囲はあまり変わらないようです。
それもあり、総蛋白が5.5、アルブミンが2.3まで、一気に低下しました。
今後、抗癌剤の腹腔内投与をしていく予定にしてますが、
腹腔内に約1リットルほどの薬を含めた水分を入れるそうです。
これを何日ほど、腹腔内においておくのでしょうか?
教えてください。お願いいたします。

27 名前: 腹水 投稿日:2004/04/24(土) 17:00
私の場合1800cc抜いたあと、シスプラチンという抗がん剤を30cc腹腔内投与しました。
昨日は効果がないとのことで50ccの投与を行いました。
1週間は様子をみるつもりらしです。

28 名前: りんご 投稿日:2004/04/24(土) 17:12
母の場合はタキソテールという薬を1日だけおいておく予定だそうです。
1日だけで、腹膜に吸収してくれるのか疑問です。
あと、腹水がどのくらい取り除いた状態で1リットルもの薬を投与するのか・・。


29 名前: aaire 投稿日:2004/04/24(土) 18:02
こちらのスレには初めて書かせていただきます。宜しくお願いします。私の母もおととい2000、そして今また2000の腹水を抜いています。かなり我慢してたのですが、限界に達し、食事どころかトイレにすらいけないくらいお腹が重くなってしまいました。抜くのと同時に蛋白やカリウム等の点滴も行っています。やはり癌はものすごい早さで進行しているので、主治医がおっしゃるように、体力のあるうちに一刻も早く、可能な治療を行う事が重要だと思いました。母も覚悟を決めてくれたので月曜日から再び抗癌剤投与開始します。がんばります。

30 名前: 腹水 投稿日:2004/04/25(日) 11:57
何か腹水にこれはという治療法はないでしょうか。
治癒した人が本掲示版をみて書き込みしてくれればよいのですが。

31 名前: エリ 投稿日:2004/04/25(日) 20:24
同年代で肝硬変患っている方、居てらっしゃいますか?胃食道静脈瘤破裂で吐血を繰り返しています。腹水も大量の利尿剤でもコントロール困難に・・腹水溜まっている方の苦痛はよくわかります。本当に大変ですよね~苦しいけどお互いに頑張りましょう!

32 名前: cat 投稿日:2004/04/28(水) 13:10
主人が29歳で腹膜腫瘍がみつかり温熱療法をしました。その後、横隔膜にも浮腫性の癌があり腹腔鏡手術で取り除けたんですけど今度は肝不全と抗がん剤の影響で強度の胃炎と腹水で辛そうです。また、どこかに癌があるんじゃないかと不安です。

33 名前: ぬう 投稿日:2004/05/01(土) 23:52
腹水には利尿剤しか適応できないのですか?


34 名前: 腹水 投稿日:2004/05/02(日) 17:05
27です。
先週、発熱のため、2日点滴で食事をとれなかっため、まだ、様子見の段階です。

27(私の場合1800cc抜いたあと、シスプラチンという抗がん剤を30cc腹腔内投与しました。
昨日は効果がないとのことで50ccの投与を行いました。
1週間は様子をみるつもりらしいです。)





35 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/05/05(水) 18:40
胸水・腹水の治療に参考になると思います。
癌と化学療法2004年4月号
「Thalidomide・Celecoxib・IrinotecanとCDDP
 胸・腹腔内投与が著効を呈した癌性胸水・腹水の2例」
(http://www3.ocn.ne.jp/~ccp/gan/f_gan_back.html)


36 名前: <削除> 投稿日:2004/05/05(水) 22:11
<削除>

37 名前: けんたさんへ 投稿日:2004/05/06(木) 13:46
膵臓カルチノイドに対しZanzorとサンドスタチンの併用で治療効果を
挙げている病院があります。そちらで相談されてはいかがでしょうか?

38 名前: けんた 投稿日:2004/05/09(日) 15:44
貴重なご意見ありがとう御座います。


39 名前: Hanako 投稿日:2004/09/22(水) 23:52
母58歳が1年前に膵臓癌と診断され 1年間、化学療法等治療してきてそれまでは
背中の痛みもなく 仕事も短時間ですがやっていました。今月に入ってから腹水が溜まりはじめ 
9/13に病院へ行って見てもらいましたら本人のいないところで主治医から「癌性腹膜炎」と診断され
余命3ヶ月と宣告されました。
1週間でかえるのお腹みたいに膨れあがり 自宅で横になっていないといられない生活に
なってしまいました。今週、地元の市民病院へ転院して取り合えず現在、利尿剤の薬を飲んで
いますが 一向に腹水はひかない状態です。本人には、病名は言ってないのですが 
入院して腹水を抜いていいものなのか? このままの状態でいいのか?とても家族としても
悩んでます。母は、「この腹水がひけばな~ 」と毎日のように言っているのですが
病名を知っている家族にとっては、どうしたらよいのか?
どなたか 腹水に関しての情報ありましたら教えてください。よろしくお願いします。 


40 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/09/23(木) 00:19
癌掲示板の新サービスが役立つのでは?

http://www.gankeijiban.com/osc/v2.2/catalog/advanced_search_result.php?keywords=%CA%A2%BF%E5+or+%CA%A2%CB%EC&search_in_description=1

41 名前: aiuto! 投稿日:2005/02/07(月) 10:51
774様
62歳の母が一昨年の12月十二指腸乳頭部癌で十二指腸全摘、胆管、膵頭部の摘出手術をしました。
その半年後には腹部リンパ節、肝臓への転移が認められ現在末期的状況です。腹水が溜まり先日も2リットル以上抜きましたが再びたまり始めています。
主治医からは余命1ヶ月以内と宣告されましたが、いまだ諦めることができません。
このような末期的段階であっても活性化自己リンパ球療法は多少なりとも効果が期待できますでしょうか?
その他なにかアドバイスありましたら教えてください。

42 名前: 774 投稿日:2005/02/07(月) 15:40
aiuto! さん
大変厳しい状況をお察しいたします。
肝がん術後再発予防や、ガン性腹膜炎のQOL改善目的としてあくまでも
試験的治療が行われている段階といった治療法ですが、治療の準備段階
で数10ml前後の血液採取を必要とします。
全身状態が不良なケースでは、このほんの数10mlの採血ですら、体に
負担となり、さらに状態が悪化してしまうことも十分検討しなければ
なりません。
現在おかかりの施設で施行可能であればご検討の余地はあるのかも知れ
ませんが、他の施設でということになるとお母様の移動だけでも状態の
増悪が懸念されます。

43 名前: aiuto! 投稿日:2005/02/07(月) 22:45
774様
早速のご返事有難う御座いました。
現在東京の大学病院で診て頂いており、その関連施設での治療を検討しております。
数10mlの採血でも身体の負担になることもあるのですね。
本人の意思と病状と相談しながら検討したいと思います。
ともかく少しでもQOLが向上して欲しい、という思いでいっぱいです。
有難う御座いました。


44 名前: nezumi 投稿日:2005/02/10(木) 00:42
62才の母が乳がんになって一年。
2004年12月全摘、5月肝臓に転移し手術→
11月肝臓に再発し手術→12月胆嚢近くのリンパ腺に転移。
→2005年1月十二指腸周辺に複数の癌の転移あり。
2004年12月末からお腹がパンパンに腫れてきました。
そのため抗がん剤をワンクールしましたが効果なし。
既に二ヶ月経過しているのに、お腹の腫れは全く改善していません。
担当医いわく、「腹水は1L位しか入ってないから抜いても無駄」
と聞いていましたが結局抜くことになりました。
しかし、一昨日1L、昨日は1.5L抜きましたが、お腹の腫れは減るどころか
逆に悪化しているように思います。
担当医は今後腹腔内投与をするとの事。
これまでの、書き込みの方達と同じように治療されているようです。
今までも抗がん剤の効果が出ていないのに、
更にマニュアル通りの治療法で本当に効果があるのか心配です。

また、漢方薬を数種類飲んでいますが、
腹水を抜いてしまってはその効果も少なくなるのでしょうか?
藁にすがる気持ちで毎日最良の治療方法を探しております。

お腹の腫れを除けば、母はとても元気なのです。
どうにかして、腫れを引く方法を見つけたいと思っております。

より良い治療方法をご存知の方、どうか教えてください

45 名前: nezumi 投稿日:2005/02/10(木) 01:02
追䟸
リンパ腺が切れているとも聞きました。
これは、どのような意味(癌の進行程度)を
さすのでしょうか。
これまでの、腹水の話ではあまり出てこない話でしたので、
医学的な意味を理解できず、大変不安です。
どなたか教えてください。

46 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/02/10(木) 10:43
「リンパ腺が切れている」とは
「リンパ腺の”流れが”切れている」の意味ではないでしょうか。

お腹の水は本来、再び体に吸収されていくべき液体ですが
それが癌によって入り口が塞がれているので、水が溜まる。。

47 名前: 774 投稿日:2005/02/10(木) 14:35
主治医は
リンパ節郭清などにより、切断されたリンパ管からのリンパ液漏出、
リンパ節転移による正常リンパ節構造の破壊によるリンパ液漏出等
による腹水貯留の可能性についてお話されています。
もちろん腹水の原因としては他、腹腔内リンパ系の圧迫によるリンパ液
の漏出、また肝門部の圧迫による門脈圧亢進症やガン性腹膜炎によるもの
などの可能性も含め、その対策をご検討のことと思います。

48 名前: nezumi 投稿日:2005/02/11(金) 01:59
早速の回答有難うございます。
現段階は、生命の危険を表しているのでしょうか?
皆さん、腹水に関する多くの書き込み、治療方法を勉強なさっておりますが、
回復はしているのでしょうか?
二ヶ月間膨れたままの母のお腹を見て、自分は何も力になってあげられてない
苦しさ、もどかしさがあります。
一日でも早く、元のお腹に戻る方法が見つけたいです。


49 名前: nezumi 投稿日:2005/02/22(火) 00:29
以前からご相談させていただいているnezumiです。
先日、主治医から腹水の治療法の一つに、何とかシャント法を勧められました。
理由は、腹水による腹の膨れ以外は健常な母に対して、有効だと言うことですが、
合併症状で死亡する率が高い(10~14%)との事。
腹の膨れ以外は、体力も気力もある母です。
これまでに、10回近く1L、1.5L、2L等と腹水を抜いても、今のところ体力は衰えていません。

シャント手術を決心した翌日、一日だけお腹の膨れが半減しました。
腹水の減少か!?と喜び、シャント手術を受けることを保留にしました。
しかし、翌日にはまた腹水は増え、お腹がはちきれんばかりです。

昨年12月末からお腹が腫れています。
そのころは原因はガスであって腹水ではない、
年明けには便秘が原因といわれ、実際に腹水だと判明したのは2月になってからでした。
主治医を信頼していないわけではないのですが、
原因が腹水と判定されるまでに二ヶ月かかったことに不信感を抱いています。
私にとって大切な唯一の母です。
最善の治療法を受けさせたい。
世間ではインフォームドコンセントも一般的になっていますし、・・・
東京近辺で、腹水専門の病院をご存知な方いらっしゃいましたら、教えてください。

50 名前: オレンジ 投稿日:2005/09/06(火) 20:53
腹水があり、手術をするのですが検査をしても原因がわからず、
痛みもありません。量はただならぬ量です。エコーの結果、
2Lぐらいということだったんですが、原因は何なんでしょう?

51 名前: おちゃ 投稿日:2005/09/06(火) 23:47
>>49
世界中に腹水専門の病院は存在しません。
原因疾患によります。原因疾患について高名な病院を訪ねてみてはいかがでしょうか。
癌であれば、主治医に国立癌センターの放射線科を紹介してもらえるとうまい先生がやって
くれるでしょう。

>>50
ご心配なのは重々承知の上ですが、検査しても原因がわからないものが、
診察も、その結果もわからず掲示板でわかるはずもありません。
主治医に相談する以外になさそうです。


52 名前: MASA 投稿日:2006/01/17(火) 15:06
一昨年の夏から妻が子宮肉腫と闘っています。現在、原発は
巨大化し、肺、リンパ転移で最も問題は腹水です。11月から
今まで一回に5~6Lを既に6回抜きました。対症療法の痛み止め
を入院している所で、NK療法を外部病院で頑張ってます。
足のむくみもひどいです。水何とかなりませんか?助けて下さい。


53 名前: yu 投稿日:2006/01/29(日) 23:38
先日、エコー検査で腹水が溜まっていることが判明しました。
他の症状は胃のむかつきと食欲不振、リンパ節の腫れもみられるそうです。
まだ詳しい検査などはこれからなのですが、腹水が溜まっても
特に大きな病気じゃないような場合もあるのでしょうか?一時的なもの等…
検査結果がでるまで気になって仕方がありません。
どなたかにお答えいただければありがたいです。

54 名前: たろ 投稿日:2006/02/03(金) 00:05
こんばんわ。私の父も膵臓癌です。
最初は3ヶ月前に黄疸が出て検査入院するからと言っていたら
癌、そして手術をするとと肝臓、膵臓(膵臓は全体)に癌が転移
していて、胆のうをと胆管を取り肝臓と十二指腸をつなぐ
手術のみで終わりました。
これが今までの経緯です。
今後は抗がん剤治療をと言う病院側の話でしたが吐き気が
ひどく現在あまり食事が取れません。
主治医の先生は膵臓の腫瘍が大きくなってきて十二指腸を
圧迫している。それで吐き気が出ている、といわれました。
食事を取れるようにするために胃と腸を結ぶバイパス手術を
しましょう、と言われました。
バイパス手術をすると食事は取れるようになるのでしょうか?
手術をしても食事が取れるようになれなければ体力を消耗
してしまうだけかも、と心配です。
このバイパス手術が患者の体力をどのくらい奪うものなのか?
手術した方法がないのかアドバイス頂けたらと思いメールしました。
どなたか情報を持ってらっしゃる方いらしたら教えて下さい。
お願いいたします。

55 名前: いつ 投稿日:2006/05/09(火) 22:15
初めまして。私の母は肝硬変により腹水が溜まります。

一年前に穿刺してもらいましたが、その後は穿刺することもなく
過ごしてます。

ですが時々、腹水が溜まりつらそうです。

ここのスレで読んだのですが鳩麦が腹水にいいと書いてありましたが、
どなたか試された方、いらっしゃいますか?

56 名前: うさぎ 投稿日:2006/05/12(金) 01:07
初めまして。父(56歳)が末期の胆管癌(肝内胆管癌)と宣告されました。2006年3月31日、胆管癌の告知を受け、
4/14に入院。その後の再度検査の結果、大腸にまで癌が転移しており、腹水も溜まっている
為、手術不可能と言われました。その後、動脈を通して患部に直接抗がん剤を
あてる治療法を選択したものの、血管が他の人より変わっていて動脈に管を通す為の手術も
失敗しました。現在、残された治療法として、内服による抗がん剤治療(2週間内服して1週間休みのサイクル
をしています。4/14入院後ほぼ1ヶ月足らずで67キロあった体重が58キロに激減しています。
日々、体重が減り続けています。利尿剤等で、現在、腹水は、だいぶ引いている状態です。
もちろん、現在の内服による治療法を信用していないわけではありませんが、やはり、
なにかもっと他に打つ手があるはずでは。。と、必死で他の治療法を探しています。
父には、大腸まで癌が進行しているという状況は告知していません。
医学部付属病院ということもあって、研修医の方々もかなりの数見受けられ、
父自身、『モルモットにされているようだ』と洩らして不安に感じているようです。

どなたか、お願いです。助けてください。




57 名前: yuk 投稿日:2006/05/12(金) 11:07
私の父は同じ病気でした。
あきらめきれずに色々と調べたりもしました。
セカンドオピニオンもあちこちいきました。
参考になったHpです。
http://2nd-opinion.jp/
この先生のあきらめない姿勢がとても励まされました。
少しでも前向きな姿勢で病気と闘えますことを祈っています。

58 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/14(日) 13:07
うさぎさん
大学病院では、研修医が大勢いるのはどこも同じですよ。
研修医がステップを踏んでベテランの医師になるのですから
研修医の存在によって不安になることはありません。
もちろん、研修医が、患者の大事な診断・診察の最終決定になることもありません。
大学病院だからこその精査もできるわけですから。
それよりも、お父様が不安にかんじておられることが気になります。
うさぎさんの役目は、お父様が不安なく治療を受けられるようにすることですから
そのためにはある程度の告知は必要かもしれませんが、その点、どこまでお話になられているのでしょうか。
それと、お父様の不安解消のためにも、57さんのおっしゃるようにセカンドオピニオンはしたほうがよいかと思われます。
モルモットにされてるようだ、などと思わせてはいけません。
うさぎさんもおつらいと思いますが、とりあえずセカンドオピの準備をなさってみてはいかがでしょうか。

59 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/16(火) 23:12
yukさん
書き込みされていたセカンドオピニオンのHPに行ってみました。
そしてすぐにご回答いただくことが出来ました。
ありがとうございました、感謝します。


60 名前: りんご 投稿日:2006/09/01(金) 10:21
私の母は乳癌の再発による腹水で苦しんでいます。
一ヶ月前くらいからおなかが張り出して今はもう歩くのもやっとで食事も
苦しくてほとんどとれていません。食事をとらないのでやせてきているのに
お腹はパンパンでかわいそうでたまりません。
夜もきつくてほとんど眠れていないようです。
どうしたらよいでしょうか?
どなたか腹水を克服された方いらっしゃいませんか?
どうかどうか教えてください。


61 名前: ねこすけ 投稿日:2006/09/05(火) 00:01
りんごさん
早く腹水抜いてあげる処置をした方が良いですよ。
腹水の原因も調べてですが、私の母も利尿剤で様子を見ていたのですが
腹水を調べてもらったらがん性腹膜炎でした。
利尿剤では効かず直接おなかに針を刺して腹水を抜いています。
眠れないのは辛いと思います。
主治医と相談されてはどうでしょう?

62 名前: りんご 投稿日:2006/09/05(火) 11:08
ねこすけさん

メールどうもありがとうございます。
お母様が腹水を抜かれたとのことですが、抜くとさらに弱ったりと
いう症状は見られませんか?
一時的にでも早く苦しみから解放してあげたいのですが、今は食べて
いないのでとても体力がなくこの上さらに弱ったら・・と思ってしまって。
昨日主治医に相談したら抜くのは簡単だけどまたすぐ溜まると言われ
ました。

63 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/05(火) 11:36
りんごさん

私が今まで調べた限りでは
ガン患者の腹水は基本的には対症療法しかないようですね・・。
ただの水ではないので(人間に必要なものをたくさん含んでいる)
抜けば体力は落ちますし、
抜いたあと、何らかの処理をして再び体内に戻す、
という方法をとるところもあるようですが
効率はよくなく、体力の低下は免れないようです。
お母様の現在の状況はいかがなものなのですか?
腹水が、転移したがんによるもので(腹膜は腫など)
末期であると医師側から説明をうけているのであれば
体力が落ちても苦しみから解放されるという意味で
抜いてあげるのもよいかもしれない、と思います。
またすぐ溜まるのも事実です。
そうなるとまた抜きます。体力は落ちていきます。
お医者さまに相談なさるのがいちばんよいかと思います。


64 名前: りんご 投稿日:2006/09/05(火) 18:28
いろいろと腹水について教えていただきありがとうございます。
そうですね、主治医とよく症状を見ながら相談したいと
思います。ありがとうございました。

65 名前: ねこすけ 投稿日:2006/09/06(水) 00:55
りんごさん

名無しさん@癌掲示板 の書き込み通りですね。
私の母は、がん性で末期ですので、苦痛を取り除く事が第一条件です。

主治医と相談なさって、少しでも食べれて眠れる様に改善できれば良いですね!





66 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/06(水) 15:56
アルブミン点滴をお医者様に頼んでみられてはいかがでしょうか。
血中アルブミン濃度や効果やその他の制限でだめなのかもしれませんが、
打診の価値はあると思います。


67 名前: むぎこ 投稿日:2006/09/08(金) 22:11
卵巣がんの数値が高く、腹水もあったので、検査をしてきましたが卵巣ではなく腹膜がんらしい。べっとがあき次第入院して開腹手術の予定。いろいろ調べても腹膜がんってあまりでていないのですね。腹水のなかは数値Ⅴがんがあると言われてます。今日もいろいろなネット上での情報を見ていたら腹水に癌があるのは末期で手の施しようがないとの文もありおびえています。担当医は卵巣がんと同じような治療をするといっていますが、、、腹膜癌について少しでも知っていることがあったら教えてください。

68 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/09(土) 11:09
「ガン性腹膜炎」「腹膜播種」で検索すると参考になる記事が
多数ヒットします。
腹膜に直接抗がん剤を入れる(手術でパックをか、注射でか)
治療法があるようです。
まれに、治ったという体験談もおみかけしますが、うちの父の
場合は、先生に、治すことではなく、緩和治療を考える時期だ
と言われています。

69 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/09(土) 15:24
メールありがとうございます。
ガン性腹膜炎、と言う言葉いくつか見てきましたが、どれも助からない内容ばかりだったのでショックです。卵巣がんと初めいわれその不安からも、よし前向きにがんばって治療するぞとか思えていたのに、、、、それよりもひどいなんて、、
お父様は腹水がたまったり、手術や抗がん治療とかなさったのですか?
腹膜癌とガン性腹膜炎は同じことなのでしょうか?

70 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/09(土) 22:28
ガン性腹膜炎は、腹膜ガン腫と呼ばれるそうです。

父は、肝臓が悪いので積極的な治療はできません。
腹水で7.5kgほど体重が増えましたが、アルブミンとラシックスの
点滴で元の体重に戻りました。
腹水からはガン細胞が出ていませんが、CTでのリンパ節形状等
からガン性腹膜炎末期だそうです。

腹膜に飛んでいたらほぼ助からないというのは先生から
うかがっています。良い方法があればお医者様が知って
いるはずです。

けれども、ごくごくまれに、治った、助かったという記事を
ネットでみかけます。

もし、いろいろと検索なさるのでしたら、
Googleなどの検索サイトを使われるとよいと思います。
http://www.google.co.jp/

検索語句は一つでなくても大丈夫です。
何か良い方法がみつかれば教えて下さい。

私も昨日告知されたところですので、混乱しています。
調べて何かあればまた書きに来ます。


71 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/10(日) 00:43
卵巣ガンの闘病

http://www.ipc-tokai.or.jp/~yeti/kasan/

ブレオマイシン(腹腔内投与の選択肢)
http://www.mikanbox.com/md-lab/column/imashuku/column_14.html


検索にひっかかってきたページです。
自己責任で、情報を、取捨選択なさって下さい。


72 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/10(日) 09:38
研究中のようです
http://www1.fukui-med.ac.jp/GEKA1/m8-spread.HTM

73 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/10(日) 09:47
治療法・治療施設一覧
http://www.m-clinic.jp/gannseifukumakuenn.htm

74 名前: むぎこ 投稿日:2006/09/11(月) 09:07
色々な情報どうもありがとうございます。
「腹膜にとんでいたらほぼ助からない、、」の文字には恐怖で不安だらけですが、わたしはがんばります。こう言われたけど、今でもせいかつできているよ。と、書き込みして誰かがちょっとでも癌と戦う一歩のあとおしとなれるように。
まだ死にたくない。

75 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/11(月) 23:55
申し訳ありません。自分のことしか見えなくなっており、
ご家族の方からの書き込みかと思い込んでおりました。
配慮のいたらない書き方をしたことをお許しください。

父は、肝機能が落ちているため、開腹検査のための全身麻酔
さえできません。副作用のある抗がん剤も死に直結する恐れ
があるため、ともすれば積極的な治療を求める私をお医者さ
んが説諭し、私はそれをここで繰り返してしまいました。

うちのお医者さんも、積極的な治療が可能なむぎこさまには、
治ると信じてがんばれ、とおっしゃるに違いありません。

卵巣がんにおいては、全身化学療法の効果が認められてい
ると、治療法、治療施設一覧のリンク先にも書かれています。
(腹膜ガンに卵巣がんと同じ治療をするというのは多分
卵巣がんの第Ⅲ期かⅣ期の腹膜転移ではないかと思います)

うちの父も今回こそもう無理ですと言われはしましたが、
これまで何度も発病し、難しいと言われながらも手を尽く
していただき、本人もがんばり、大手術の半年後にでスキ
ーで滑ったりもしました。

今回も余命宣告はされましたが、父も家族も、また何とか
なるさ、という希望を捨てているわけではありません。
現代医学ではもう手がないというので、伝統的な民間療法
などを試しています。

難しいという現実を受け止めた上で、父の体にをかけずに、
少しでもよい方向へと、模索中です。父もです。

どうぞ、むぎこ様もがんばってください。

76 名前: むぎこ 投稿日:2006/09/13(水) 21:35
わざわざありがとうございます。
お腹がどんどん膨れてきて不安もどんどんふくらんできます。
病気の人って多いのですね。まだベットが空かず入院できません。明日の検診で入院になるのではと用意しています。本や手紙セットスケッチブックなどつめて。気持ちを紛らわせ前向きに生きたいとおもいます。
名無しさん、優しいですね。励ましありがとう。治療できるだけ希望がもてますよね。がんばります。
名無しさんのお父様も少しでもつらい思いをせずに治療できますようにねがっています。

77 名前: やま 投稿日:2006/09/18(月) 01:10
はじめまして。
こちらだったと思うのですが、はと麦茶がよかったというカキコがありましたので試してみたところ、よいようなので、お礼方々ご報告させていただきます。

母はもともと難病指定の肝臓の病気があり、肝硬変と、胆管にしこりがあります。
長年闘病していたところ、昨年癌がみつかり肝動脈塞栓術を受けました。
今年の夏は体調が悪く、食欲はあり排泄も良好なのですが、5キロも痩せてしまいました。
足のむくみと痔がひどくなり、横になることが多くなってしまいました。
医者ではないある人から、「肉も魚も絶対ダメ!」などと言われてそれを実行するので痛々しく、私と度々けんかになるなどしました。
点滴を受けるようになったのですが、飲むのも食べるのも苦しいと思ったら、今度は腹水が溜まっていました。
点滴をやめ、肉も魚もがんばって食べるようにしたら、腹水は改善してきました。

こちらではと麦茶の話を見つけたので、早速煎じてみましたが、お腹が苦しくてコップ一杯飲むのもなかなか大変でした。
昨日の夜から飲み始めて今夜のこと、足のむくみが治ったと、母が大喜びしました。痔も、改善気味のようすです。取急ぎ、お礼申し上げます。

はと麦茶は、60gを1200ccの水で4時間煎じました。それで二日分です。
他には、口内炎で硬いものが食べられず青野菜の摂取が少ないので、乳酸菌で発酵させた野菜の飲料水も僅かですが飲んでいます。

ほんとに効果といってよいかどうかは不明、いつまで持続するのかどうかも不明、誰でも同じ結果が得られるかどうかも不明、偽薬効果のようなものなのかもしれませんが、わが家の体験です。
わが家では、今のところ、「効く」と思っています。

78 名前: やま 投稿日:2006/09/18(月) 03:40
おっと、すみません。追記というか補正です。

>点滴をやめ、肉も魚もがんばって食べるようにしたら、腹水は改善してきました。

このときの主たる改善原因は、利尿剤の服用です。

79 名前: スター 投稿日:2006/09/21(木) 16:34
『腹水』について知りたくて、こちらにたどり着きました。
父(59歳)が肝腫瘍を患い、2年8ヶ月がたちました。
その間に5回の入院で主に門脈からの抗がん剤投与を受けてきました。
前回の入院では、肝臓の外にも腫瘍が見られたため、3週間の放射線治療も行い、無事に退院し自宅療養をしていました。
しかし、退院後一ヵ月半ほど過ぎたころからおなかが膨らみ始め、6度目の入院となりました。
CTの結果は、腹部いっぱいに転移が見られるそうで(「かなり厳しい状態です。」とも言われました。)、点滴で利尿剤を増やしても一向に腫れは引かず、呼吸も苦しそうです。
先日は、腹水を抜くことも試みられたようですが、腹水がねばねばしているらしく、まったく抜けないそうです。
『腹水を抜く』場合のメリット・デメリットについては書き込みがありますが…抜けない場合は、どうなるのですか?

皆さんのように、積極的に先生にお話を聞くべきなのでしょうが…どなたかご存知でしたら、教えてください。


80 名前: いちご 投稿日:2006/10/25(水) 00:19
アドバイスして下さい。
今日 先生より 治療の選択を せまられました。
高齢の母が 検査により 胃がんから 肝臓に転移して いることが
わかりました。腫瘍周辺の膿みをとるために 腹部に穴をあけ チューブを
つけています。腹水も たまってきています。
胃を 全摘出するか、 このまま点滴と腹部チューブを つけて過ごすか
迷っています。
どちらにせよ 数ヶ月の余命ですので 手術をして 苦しむ姿を
みたくない気持ちですが、だからといって 口から 食事もとれず
本人に 病名を 隠しながら 過ごす数ヶ月もつらいものがあります。

もともと気丈な母ですが 今まで一度も入院の経験がありません。
それだけにとても不安なようで 自分の状態にとても神経質になっています。
私たち家族が 納得した説明(告知はしません)が できるかどうか
も迷っている理由の ひとつです。 
みなさん どう 考えますか?



81 名前: けん 投稿日:2006/10/26(木) 12:26
お初です。
先日母が癌だと言うことを聞きました。お腹に水が溜まっています。
何の癌かわかりますか。

82 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/26(木) 15:44
>81
「癌だと言うことを聞きました。お腹に水が溜まっています」では、何の癌かもわかりません。

お母様(あるいは、周囲の方)に、きちんと聞かれるしかありません。

83 名前: けん 投稿日:2006/10/26(木) 21:37
そうですか。
でもまだ何かわかりませんが治る可能性はありますか?

84 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/27(金) 14:02
>83

ネットで他人に聞く前に、まずは、自分で可能な努力をしましょう。
(まずは、お母様(または、周囲の人)に、わかっていることを尋ねられるべきです。)

そのような努力もせずに、他人に質問するのは礼儀違反だと思います。

85 名前: 匿名 投稿日:2006/10/29(日) 18:37
けんさん
名無しさん@癌掲示板がおっしゃってますけど、その通りです。
お調べください。
何より、けんさんはお母様の病状を把握してなさすぎです。
まずはお母様を診ている医者の見解を聞き、それに対して自ら調べ、
それで発生した疑問をこちらのようなSNS掲示板で質問すべきですよ。
頭がいっぱいになって何をしていいかわからない状態かもしれませんが
それをしないと情報に流されてしまいますよ!
自分の考えもしっかりもつことです!がんばって!!

86 名前: ミッチー 投稿日:2006/10/30(月) 23:36
2004年8月に胆管癌の手術を行い、放射線治療を行いました。
2005年9月~2006年4月迄の間に
4回食道静脈瘤からの出血があり(4回目で食道静脈瘤からの出血と診断)、
静脈瘤の原因が門脈亢進症と診断されました。
静脈瘤以外に、脾腫、腹部膨満感、食欲不振などがあり、
良い薬または治療法があるか探しています。

87 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/31(火) 00:29
>>ミッチー様
ガンの再発がないなら、肝硬変の症状です。
肝硬変の治療は肝臓の専門の先生がいらっしゃるところがよいです。
☆
食道静脈瘤に対しては、手術での処置、胃カメラを使っての予防処置、
β遮断薬(プロプラノールなど)での門脈圧低下などを行います。

脾臓肥大に対しては、手術での脾臓摘出か、原疾患への治療を
行います。

お医者さんがどれもしないなら、体が手術や薬に耐えられない
ほど弱っているのかもしれません。あるいはガンの再発があり、
そちらの治療が優先なのかもしれません。
その場合は、肝庇護と安静で体力を温存するようにつとめます。

具体的には、強ミノの点滴、ウルソの服用になると思います。
タウリンも頼めば処方していただけるはずです。
食事からは銅と、鉄分を排除します。

このスレに書き込まれたということは、腹水があると思いますが
アルブミン値が低いなら、アルブミン点滴をしてもらい、
亜鉛のサプリメントを服用すると、全般的な症状の改善がある
場合があります。

同時にリーバクト顆粒などの処方をお願いしてもよいと思われます。
肝硬変の進行度によっては、他のBCAA製剤となるかもしれません。

抗がん剤の服用をしている場合、肝臓がガンよりも深刻な状態なら
どこかで服用を停止しなければいけないかもしれません。

肝硬変だけでない場合には参考にならないかもしれませんが
薬については下のページがまとまっています。
http://www.okusuri110.com/biyokibetu/biyoki_cnt_07-04.html

88 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/11/08(水) 12:46
教えてください。今年5月彼のお母さんの乳癌が見つかりました。体中浮腫みがひどく仕事も全く出来なく
なりました。2月頃から体調が悪かったようです。入院して抗癌剤の治療が始まりました。乳癌と言えば手術
のように思ってましたが、すでに手術不能だったようです。抗癌剤も最初の1回は効いていたようですが、
2回目3回目は全く効かず、直接動脈に投与する事になり、最初に左胸(乳癌)次に肺・その次に胆嚢・・・
確かに効き目はあったようで、晴れ上がってた左胸も小さく引いて、お母さんも喜んでいました。
ただ、乳癌の転移がかなり多く、肺・胃・肝臓・胆嚢・リンパ・・・今では、薬で追いつく事は出来ないようです。
先週突然痙攣を起こしました。脳への転移が見つかりました。今は落ち着いてはいますが、主治医の先生から
は「覚悟するように」と言われました。全く治療も受けれずいますが、痛みはなく食欲もあるので、「もしか
したら・・・」と思ってしまいます。動く事は出来ません。痙攣の後、言葉が少し不自由になりました。
お母さんは「クリスマスには家に帰れるように・・・」と言っていますが、私はただただ励ますだけです。
昨日から腹水が溜まり始めたようです。前から管は通しているのですが抜けないみたいです。お腹が丸くなって
います。腹水を抜くと体力が低下してしまうのは分かりましたが、他に方法はないのでしょうか?
体のあちこちにしこりが浮き出て皮膚の色もかわってしまい、それでもお母さんは家に帰る事を楽しみに
しています。私に出来る事は他に何かありますか?話を聞いてあげる事しか出来ません。


89 名前: 匿名 投稿日:2006/11/09(木) 17:01
88の名無しさん@癌掲示板さん

こんにちは。
心情お察しいたします。
(経験者でもさほどの経験者家族でもないので)腹水についてのコメントは出来ませんが
コメントさせてください。

>体のあちこちにしこりが浮き出て皮膚の色もかわってしまい、
>それでもお母さんは家に帰る事を楽しみにしています。
>私に出来る事は他に何かありますか?話を聞いてあげる事しか出来ません。
とありますね。
わたしにはどれほど彼ママにとってあなたが心強いかと思います。
聞いてあげる事しか出来ない、とはいいますが、聞いてあげることがどれだけのことか
経験者である者としてあなたは素晴らしいことをしてるといいたいのです。
医者ではない我々は病を治すような,手を施す事は出来なくとも、患者さんに対し‘何か'をすることは出来ます。
症状が進んでいるようで、それを目の当たりにしているあなたもお辛いでしょうが
今後も彼ママを励まし、話を聞いてあげてください。
「がんばってください」ではなく「一緒にがんばりましょう」という気持ちで。

寒くなってきましたので、あなたが体調を崩さぬよう気をつけてくださいね。
彼ママもあなたも、がんにかかわる全ての方へ祈りを送ります。


90 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/11/10(金) 12:56
匿名さん ありがとうございます。駄目ですネ。何かしてあげられる事を探す度どんどん辛くなってしまって。
自分自身しっかりしなくては・・・と思います。お母さんの様子はあまりよくはありません。左胸の乳癌も大きく
なりすぎてパンパンになってしまい、心臓を圧迫している為心臓が変形しているようです。
呼吸もかなりしんどいと思いますが、お母さんは「しんどい」って言いません。
見ている私たちのほうが病人みたいです。仕事で疲れたなんて言えません。腹水が溜まり始めて輸血を
行いました。貧血がひどいと言うわけでもないようです。でも、輸血をすると少し元気になりました。
食欲も出てきて、先日私が漬けたお漬物を持って行ったところ、かなり「おいしい」と言いながら、ごはんが食べれた
ようです。私の住んでいる所が遠いので毎日はのぞけません。彼が毎日病院に行くので様子がわかり安心します。
来月にはクリスマスです。クリスマスには家に帰りたいってお母さんも言ってます。
クリスマスは私の誕生日です。嬉しい事、楽しい事が増えるようにしたいと思います。
暖かい言葉有難うございました。ずっと一人で考えてたから、ほっとしました。感謝します。
ありがとう・・・



91 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/01(金) 14:20
89の匿名さん
11月24日朝・・・お母さんは逝ってしまいました。前日より体中が痛み、足や腕が痛くて眠れないようでした。
呼吸もかなりつらいようで、涙を流して・・・それでも、お母さんは頑張っていました。
彼が夜中まで起きて体をさすっていたようですが、「いつまでもあんたが居たら寝れん。帰れ。」と怒られ
一度家に帰ったようです。その後意識が朦朧としだしたようで、病院から電話がありました。
彼はすぐ病院へ向かい、お母さんの最後を看取ったようです。
諦めないといけないのも、わかってたけど・・・割り切れない思い出いっぱいです。
最後の最後まで主治医の先生からの詳しい話は聞く事が出来ず、腹水や胸水が溜まっているのに、どうして
管を取ってしまったのか・・・今となってはどうする事も出来ませんが、気持ちの中には残っています。
ガン保険に入っていなかった為、治療費の工面がなかなか出来ず病院から再三督促を受けてましたが、病状に
ついては話はありませんでした。お母さんの苦しみが短期間だったのだけが幸いです。
ガンの末期は痛みがひどいと聞いてましたが、お母さんが痛いと言い出したのは、逝く前日だけでした。
私は何もしてあげられなかったけど、自分自身ではやる事はやったと思ってます。
励ましの言葉を頂いた時、ほっとしました。私自身間違っているのか・・・と思いいつも不安でした。
本当にお世話になりました。 ありがとう。

92 名前: <削除> 投稿日:2006/12/02(土) 10:39
<削除>

93 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/02(土) 15:08
>はまこ
医療不信を煽りながら切羽詰まった患者家族をカモにインチキ商売をする、
一番下衆な詐欺商法ですね。

94 名前: 匿名 投稿日:2006/12/04(月) 14:14
名無しさん@癌掲示板さん
89の匿名です。見ているかわかりませんが返事させてください。

そうでしたか。とても辛いですね。
彼のお母様のご冥福をお祈りいたします。

末期症状は、なったことのない人(わたしたち含め)にはわからない痛みですね。
≪わたしの母も末期でしたので相当痛かったろうと思います≫
でも‘母’とは強いんですよ。
彼ママのように痛くても痛いとは言葉に出さず、それよりも家族を想い心配する。
そんな大きな強い心をもってます。
素晴らしいですね。
これが母というものか!と改めて気付き、日々感謝してましたが時すでに遅しでした。

主治医への不満があったのですね。
説明をしないような医師は真の医者ではありません。
ご家族として納得いかない点、気持ちはわかります。

例えその患者さんのために忙しなく、たくさんのことをしていたとしても
その方亡き後、自分がやってきたすべてに納得がいくなんて、
そんなことないだろうと私個人としては思っています。
≪実際わたしにも悔いがありますから≫
絶対に「まだ何かできたはず!」とか「あの時こうしていたらどうだったのかな」とか
考えると思うんです。
それは「人」が亡くなってるのですから当たり前だと思うんです。
そういう気持ちって人としての気持ちだと思うんですよ。

ですから、今はまだ名無しさん@癌掲示板にとって辛い日々かもしれませんが
受け入れるべき現実を受け入れ、前進してください。
名無しさん@癌掲示板さんはよくがんばりましたよ。
絶対に「何もしてない」なんてことありませんからね。
アナタのその想い・気持ちはきちんと彼ママに届いてることと思います。

無知な主治医の説明不足を悶々と思い出すより、
彼ママの供養を毎日心の中でしてあげてください。
故人を想う事、それが大事です。

医療費の面は大丈夫でしょうか。
役所へいき、相談することもひとつの手ですので、足を運んでみてください。 
心が落ち着かず、すぐに物事いろいろとできるものではありませんが
彼ママのためにも彼とアナタが前進してください。

本日、ご供養のお祈りをさせていただきますね。


95 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/05(火) 12:37
94の匿名様
少し気になってのぞいて見ました。ありがとうございます。貴方の言う通り前進しないといけないと思っています。
でもね、いまだにお母さんが居なくなった事実を全部受け入れられないんです。
確かに、もっともっと何かを・・・と考えていたのですから、その考えていたことが出来てなくて・・・
だけど考え方を変えて、今出来ることをしようと思ってます。お母さんの好きだったものを作ってお供えしたり、
今まで言えなかった事を話したり。なんとなくお母さんの事だから、「早く言えばよかったのに」って
笑ってくれそうな気がして。少しづつ自分の中の何かが落ち着いてきました。
自分で勝手に話して、自分の都合のいいように解釈するんだから楽ですよね。
四十九日は来年になるので、それまではお母さんも近くにいるみたいだから、今の内にいっぱい
愚痴っていっぱい文句言って、気持ちの整理がつけれるように頑張ってみます。泣いてばかりじゃ
またお母さんに怒られるしね。医療費については、彼が確定申告をしていくらか賄えるようです。
足らない分は何とかなるでしょう。多少保険のお金が入るのできちんと払えると思います。
でも、お葬式も結構かかったし、お墓も土地がないので全部しなきゃいけないし。田舎に
住んでるからか、かなり親戚も厄介です。お母さんは離婚してるから旦那さんの親戚とは関係ない
んだけど、住んでる土地が親戚中に囲まれてて。私にはよくわからないけど、とにかく面倒です。
きっとお母さんも呆れてると思います。ごたごたは多分一周忌まで続くと思うけど、頑張らないと
いけない・・・って彼と話してます。ゆっくりお母さんと話をして一つづづ片付けていきます。
本当に最後の最後まで暖かい言葉。ありがとうございます。お母さんの事を想いつつこれからも、
彼と一緒に歩んで行こうと思います。病院での事は考えない事にしました。ただ、私と同じ思い
をしている人がいるかも知れません。患者さんにとっては主治医の先生だけが頼りです。
でも、家族に説明もしない先生はやめた方がいいと思います。
一度かかると中中病院を代わるのも嫌かも知れませんが・・・ 
私の短い経験でしたが、ガンで辛い思いをしている人へ祈りを送ります。




96 名前: TOMU 投稿日:2006/12/18(月) 02:32
はじめましてこんばんは。母は今年4月中旬に膵臓癌を発見し肝臓にも転移がみられ現在3度目の入院となり厳しい状況です
先日はじめて腹水を2.4L抜きそのまますぐに3度目の入院となったわけですが。。
入院二日目本日原因不明の肛門からの大量出血で貧血によりショック状態になりました
輸血をし今は落ち着いていると医師が言いましたが、、確かに意識もあります。
しかし大量に出血した原因がわからないというのです
肝機能が低下し止血作用が弱くなったせいでもなさそうだ、血が真っ赤なので大腸や小腸に転移している気配もない
腫瘍による黒い血でもないし、そういった出血ではない、もう少し体力が回復したら検査して調べます。
こういわれました、輸血中の今も母は癌と闘っています。
腹水を抜いたのがいけなかったのか?腹水を抜いたことによって数日後原因不明の出血した方はいらっしゃいますか?




97 名前: <削除> 投稿日:2007/01/04(木) 23:40
<削除>

98 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/01/05(金) 01:38
↑インチキ療法のサイトを無責任に貼るな!!!

99 名前: hiro 投稿日:2007/02/07(水) 08:00
私の母は今腹水で苦しんでいます。
最近は呼吸も苦しくなってきていて主治医の先生はもう長くないと
見放してしまいました。
何かいい方法はないでしょうか?


100 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/07(水) 12:12
根本解決になりませんが、本当の末期で救命は不可能であるが
腹水を除去して一時的に楽にしてあげるという方法では、
アルブミンの大量投与と腹水の大量除去を併用することは可能かもしれません。
しかし、腹水除去によって、全身状態が悪化して死に直結する場合もあります。

余命を縮めることも十分にあることを理解したうえで、
医師に相談するのでしたら、上記の方法を考慮していただけるのかもしれません。

あくまでQOLの改善(どの程度改善されるかは人による)というものです。


101 名前: hiro 投稿日:2007/02/07(水) 23:26
100の名無しさん@癌掲示板さん 有難うございます。
腹水がたまるということはかなり末期ということなのですか?
活性自己リンパ球療法が腹水に効果があると聞きましたが
試しても無駄でしょうか?
腹水を克服した方がいらしたらその方法を教えていただけませんか?




102 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/08(木) 00:48
>>101様
ステージⅣの肝門部胆管がん「GEM+TS-1」が奏功、最大径10cmoverの肝転移が
半分に縮んだ(PR)際に抜けてます。
現在元気…とりあえず今の抗がん剤が効かなくなるまでは大丈夫ぽいです。

103 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/08(木) 10:51
hiro さんへ
主治医に病状説明をうけてください。
腹水の原因もさまざまです。

感染症が背景にあるのか? 癌性の腹膜炎が背景にあるのか?
肝不全が背景にあるのか? 対応はずいぶん違うはずです。

ただ、絶対ではありませんが、最後は覚悟することが
残された時間の質を求める時には大切になることも
頭の片隅においておいたほうがよいのではないでしょうか?

積極的な治療もできず、積極的な苦痛緩和もできず、
体調管理も必要最小限の状態で
・・・ただ時間をすごすことは、とても悲劇的なことです。

しかし、最後の覚悟がないと、根本的な治癒とは無関係であるが、
積極的にコスト(お金)を投入して苦痛緩和などによってQOLを
高める医療を選択しにくいのがこの国の医療制度です。

ホスピス病棟もピンきりで、温泉で洗ってもらえるだけで
夜にはアルバイトの当直医がいるだけのようなところも
珍しくありません。寝たきりで意思の疎通が困難な患者の
最後であれば、それでもよいのかもしれませんが、
全身状態は悪くても、意識はしっかりしている末期患者にとっては
そのような病院は、緩和ケアとはなばかりで落胆することになります。

残念なことに、開き病床の関係で
すぐには十分な対応のできる病院に入院できないことが
少なくありません。ですから本当に病院のサポートが必要な
最後の最後の段階でつらい思いをする患者家族が
少なくありません。

どのような選択をするかは、患者本人と家族の決断ですが
決断を先延ばしにし続けると、結局、先に書いたように
何もできずに、苦しい時間をすごさせる結果に終わることがあります。

最後は、私の後悔の念を書きました。よい方策が見つかることを願います。

104 名前: くに 投稿日:2007/02/25(日) 04:00
むぎこさん。私も卵巣がんを疑われて、結果腹膜ガンの治療中のものです。
治療を始めて2年半になります。
もし私の経験が何かに役に立つなら、ブログアップしてますので、寄ってみていってください。
グログの方では内緒でメールアドレスも教えてあげられますから聞きたいことで経験したことはどんな事でもお教えします。
タイトルは「腹膜ガンからの逃亡」
ブログのタイトル Yahoo! JAPAN ID 紹介文
腹膜ガンからの逃亡 kunichan612 60歳の時、腹膜ガンと宣告されました。 珍しいガンで、参考になるものも少なく ... 


105 名前: くに 投稿日:2007/02/25(日) 04:08
ブログのアドレスです。
http://b.search.blogs.yahoo.co.jp/SEARCH/index.html?R=&sid=&M=g&p=%CA%A2%CB%EC%A5%AC%A5%F3%A4%AB%A4%E9%A4%CE%C6%A8%CB%B4&pt=a

106 名前: くに 投稿日:2007/02/25(日) 04:20
http://blogs.yahoo.co.jp/kunichan612/folder/930426.html

御免なさいアドレス間違えました。

107 名前: R 投稿日:2007/03/10(土) 12:06
以前お世話になりましたRです。
腹水を今まで2回抜いています。
3回までしか腹水はぬけないと聞いていますが、
本当なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

108 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/10(土) 14:25
>>107
腹水を抜くだけなら何度でも抜けます。
でも体力が一緒に落ちるので、
できるだけ間をおき、回数も少ない方がいいです。

(医療機関から回数制限が入った、という意味の質問なら、
穿刺と同時に行うアルブミンや濃縮ろ過再注の保険での回数制限
かもしれないです)

109 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/12(月) 10:07
保険上の問題なら、一度退院した後に入院すれば、クリアーできます。
(もちろん、一時的に退院できる状態であればの話ですが。)
また姑息な方法ですが、腹水の除去だけ別の病院で受ける。といった方法がとれるかもしれません。

ただ、患者様本人の体力の問題がありますから、
保険上の制約だけが問題で、患者様の状態を最優先に考えたときには
「ぜひ。腹水の排出+アルブミンの大量投与を繰り返したほうが良い」という状態でなければ、
そこまで無理をして行うことはないでしょう。




110 名前: R 投稿日:2007/03/13(火) 08:41
108,109様
やはり体力消耗があるのですね。
体力消耗してもその時の苦しみをとるか。。。
いろいろと問題がありますね。
ありがとうございました。

111 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/13(火) 11:16
腹水によって、内臓が圧迫されることもまた問題ですから、
難しい選択だと思います。

腹水シャントができる状態であれば、検討に値すると思います。
残りの時間が限られた患者様にとって「行動の自由」が持つ意味は、お1人お1人異なると思います。

娘の結婚式に行く。家族でずっと行きたかった場所に旅行に行く。
何かなすべき事がある場合には、ただ病院のベットで時を過ごすよりは、
リスクを理解したうえで、「行動の自由」を手に入れることは重要かもしれません。

腹水に対するシャントですが、《平均すれば》、「寿命を延ばす効果が大きくない」だけであって、
《平均すれば》、「寿命を短くすることもない」ようです。

「平均すれば」が、「くせもの」で個別の症例では、悪化を招くことはあります。

112 名前: ななこ 投稿日:2007/06/15(金) 21:20
腹水濾過再静注法について教えてください!

母が末期ガンで腹水がカナリたまっています。

腹水濾過再静注法で腹水を抜こうか、考えています。
主治医は
とても感染症になる可能性が高く、リスクも高い。ガン細胞が体中に回る可能性も高いといっています。

知り合いの医師や、私が調べるかぎり
感染症の可能性は低い
と言っています。

どちらが正しいんだろぅと考えてしまいます。

どなたか、腹水濾過再静注法についてご存じな方がいらっしゃいましたら
情報をお願いします。
よろしくお願いします!

113 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/17(日) 01:11
>112
どのぐらいの期間継続するかによってリスクは異なってきます。

1)一回二回やっても、感染症のリスクはそれほど高くないはずです。
 ターミナルケアの段階であれば、十分に検討に値すると思います。

 (ただし、MRSAなど院内感染を多発している病院では、話が別です。
  全身状態が悪いのでMRSAにやられたら、ひとたまりもありません。
  これは、腹水濾過再静注法だけではなく、単純なドレーン設置による
  腹水の排出でも同じです。)

2)腹水濾過再静注法を何ヶ月も継続すれば、一回ごとの感染症のリスクは十分に低くても、「そのうち」感染症になるリスクは蓄積してしまいます。
ですから、半年単位や年単位の余命が期待できる患者に対して、選択すべきかどうか? については要検討です。



114 名前: 太陽 投稿日:2007/12/23(日) 00:44
私の父は、末期癌で 戦ってるのですが‥腹水がたまって妊婦状態になりご飯も食べなくなってます。
利尿剤を飲んでるのですが、副作用で目眩や吐き気で食事もできません!誰か、私の父を助けて下さい。薬を使わないで、腹水をなくす方法を分かるかた教えて下さい。

115 名前: たこ 投稿日:2007/12/24(月) 21:28
114太陽さんへ

癌性腹水だと思いますので、本来は抗癌剤などにより、癌の勢いを止めるのが根本治療です。
次に選択されるのが、利尿剤(内服・点滴)による水分コントロールになります。

この板の上のもあるように、単純に一旦腹水を減らすだけなら、腹水穿刺ドレナージが
有効です。しかし、やってみればわかりますが、すぐにまた貯留してきます。

少しでも再貯留を遅らす方法としては、これも上にあるように濾過濃縮還元がありますが、
癌性腹水の場合は、それで転移を起こす危険もあるので、あまり勧められません。

また、持続的に還元する方法として、腹腔-大静脈シャントという方法(ちょっとした
手術が必要)もありますが、これも本来は肝硬変などの腹水用であり、癌性腹水では
転移を誘発する危険を伴います。

めまいや吐き気は、頻度から考えると利尿剤の副作用の可能性は低いと思います。

116 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/25(火) 10:41
膵臓がんスレッド2の673より腹水穿刺ドレナージに関して
ポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポ
行うとすれば、腹に針を刺して腹水を抜くのが普通のようです。
しかし、腹水は単なる水ではなく、栄養分が含まれていますので、
腹水を抜くことは患者の栄養状況を損なうことになります。
また、いったん腹水を抜いても短期間でまた貯まってしまうことが
多いようです。

このため、腹水によるQOL(生活の質)の低下と、
患者の全身状況などから判断されるマイナス(栄養状況を損なう)
と比較して腹水を抜くかどうか判断されるようです。
ポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポポ
なお、目眩や吐き気で食事もできないのは、利尿剤の副作用よりも
腹水の影響のほうが考えやすいのでは?

117 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/28(金) 22:04
母が膵臓癌ステージ4bと診断されました。胃と腸をつなぐバイパス手術をして回復してから
抗がん剤治療にはいるといわれたのですが、術後3日目、お腹に管が通っていて腹水をぬいている 
ようなのですが、手術前には「少したまっている」としかいっていなかったので、気になっています。
手術後は腹水を抜く管を通しているものなのですか??どなたかご教授お願いします! 
 
 
 

118 名前: たこ 投稿日:2007/12/30(日) 16:41
117さんへ
推察ですが、現在腹部に入っている管の目的は、腹水を抜くことではなく、
手術の合併症(縫合不全や術後出血)が起きていないかの確認と、
万が一合併症があった場合に、その対処をする為のものだと思います。
多分、食事が始まってから問題なければ抜去するものと思います。
(胃空腸吻合だとして、通常なら4~7日くらいでしょうか。但し、術前の
状態により、慎重に経過観察するかもしれないです。)

119 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/30(日) 23:07
たこ 様 ご回答ありがとうございます
腹水を抜く目的が手術後ではまた違ってくるのですね。
でもまた気になる事があったのですが、今日先生がきて、『量が増えてきているので利尿剤を飲んでもらいます』と言っていました。
量が増えたとしても、利尿剤で目立つ程腹水が貯まらないのであれば、それほど心配する事ではないと思ってよろしいのでしょうか?
何度も質問して申し訳ないのですが、よろしくお願いします。


120 名前: たこ 投稿日:2008/01/03(木) 00:15
119さんへ
まず、腹水の原因が何かが重要だと思います。腹膜播種によるものなのかそうでないのかですが、
手術をしているので、確認できていると思います。しかし、ステ-ジ4bとのことなので、
腹膜播種によるものの可能性が高いと思います。

腹膜播種によるものだったとして、腹水が増えているのならば、はっきりとは言えませんが、
播種が増大している可能性もあります。
ただ、元々がそれほど楽観できる状況ではないと思いますので、特に術前と比べて大きく状態が
変わったとは言えないとも思います。

いずれにしても、可能になればなるべく早く抗癌剤を開始するのが必要だと思います。


121 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/01/03(木) 08:06
>117
>119

たこ様からきちんとしたレスはなされていますが、ネットでは
直接に患者様を診てもいませんし、また、検査ができるわけでも
ありません。
適切と思っての回答も実際にはとんでもない方向違いの場合も
ありえます。

質問されているような内容については、基本的には、患者様の
データーを一番お持ちの主治医に、まず、されるべきものと
思います。

そして、主治医の意見をきかれた上で、更に必要と思われる場合に
ネットで確認するということが、患者様のことを考えると最善と
思います。



122 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/01/03(木) 19:42
たこ 様 ありがとうございます。
121さん そうですね。 
主治医は私たちがネットなどで調べて聞いたりするのをけむたがっているので
こうゆう掲示板などで知識を得たり聞いたりできるので、とても助けになります。
お医者さんからしたら中途半端な知識で細かく質問するのがうっとうしいようで
・・気持ちもわかりますが。でも最終的には主治医を信頼して治療をしないといけないので
そんなこともいってられませんね。 
たこ様、情報が少ないのに丁寧にご回答ありがとうございました。


123 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/03/07(金) 23:51
初めて書き込み致します。
父が大腸がんから肝転移し、黄疸、腹水が出て余命は週単位で考えて下さいと医者に宣告されております。
腹水を利尿剤の使用と共に先週から1000ml抜き始め、本人も抜くと楽だと申していますが、足の腫れは全く引かず、日毎に膨らんでいます。
足が腫れていると少し歩くも辛そうで、何とか腫れを引かせたいと思っているのですが…
足先の腫れは、腹水をある程度の量を抜けば軽減するものなのでしょうか?
それとも何か別の方法はあるのでしょうか?
病院に行く度、父の足をマッサージしたり、足の裏を押したりしているのですが、良くないことでしょうか?
おわかりになる方がいらっしゃったら教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。


124 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/03/11(火) 09:43
病院に行く度、父の足をマッサージしたり、足の裏を押したりしているのですが、良くないことでしょうか?

内出血がおきるような馬鹿力で指圧しなければ、害はないでしょう。
お父上が嫌がらないのであれば緩和につながると思います。


125 名前: TAKA 投稿日:2008/03/12(水) 12:56
>名無しさん@癌掲示板 様、はじめまして。
腹水なんですが、私の母親も、膵癌の末期で腹水が溜まっていた時期がありました。
やはり、息は荒くなり、酸素を吸入していました。
ベットで寝たきりの生活をしていたために、私の親も、足のむくみが出てきていました。
主治医からは、アルブミン値が低下しているから、細胞外の方に流れていってしまっている
といわれました。腹水穿刺は、週に2回くらい(約2000ml)抜いていました。
フットマッサージはやってあげたら親は喜んでいましたが、血栓ができて血栓が飛んでしまい
血管が詰まることもあるからと主治医に言われたこともありました。
(エコノミークラス症候群みたいに)
腹水に関しては、私の親にはやってもらっていませんでしたが、
サンドスタチンの持続皮下注というのが、効果がある人もいるようです。
300μg-600μg/日で使用していました。
ただ、かなり金額が高いみたいです。

名無しさまのお父様も、少しでもむくみが良くなることを祈っています。

126 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/03/13(木) 01:04
123です。
124様、TAKA様、ご返答いただきまして、ありがとうございます!

>124様
押しても今ひとつ、な感じではありますが、任せてくれてはいます。といって無理な指圧をしないよう気をつけます。

>TAKA様
お母様のご体験を聞かせていただきましてありがとうございます。まさか血管が詰まるようなことがあるとは思いもよらず、ただよくなればと思って、やってしまっていました。サンドスタチンについても調べてみます。参考になるお話をありがとうございました!


127 名前: てつ 投稿日:2011/10/10(月) 08:28
初めて書き込みさせていただきます。
68歳の義母が8月26日に初期十二指腸乳頭癌であるとのことで、十二指腸・胆嚢・すい臓全摘。
胃の一部を切除しました。摘出した臓器に関しては転移はみられておらず手術は成功し1ヶ月程で
退院できるとのことでした。しかし、術後食べると戻してしまう状況を繰り返したのち、
9月24日頃より腹水がたまっているとのことで腹水を抜きながらの生活になり、昨日には
胸にまで水がたまってきているとのことでした。
この状況に対して病院は血中の蛋白質低下による腹水との説明しかしてくれず状況が見えて
おりません。この腹水が、癌に由来するものなのか、その他に由来するものなのかどちらの可能性
が高いのでしょうか。腹水発生直後に腹水を検査に出すとのことでしたが未だにその結果についての
説明もありません。
これだけの情報で申し訳ありませんが、どなたか現状に対する可能性を御教授いただけますよう
お願い致します。


128 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/10/10(月) 10:17
乳糜腹水?
にゅうびふくすい と読みます。

原因はさまざまですが、とくに術後とのことですし。
よろしくない状況なのは確かです

http://journal.jsgs.or.jp/pdf/039050631.pdf

129 名前: ミミ 投稿日:2011/12/11(日) 14:15
答えて頂けるかわかりませんが…。胆管ガン手術後5日目に39度の熱意識もうろう。前日は普通に会話していた。カテーテル抜き検査。2日後結果カテーテル先ではなく痰からMRSA(保菌のみ?)胆管炎のうたがってダラシンS投与。熱は下がったが37度台が続き 会話は普通。疼痛、張りがある。(術後7日目のカルテには創部が赤いパンパンにはるとかかれてある)熱がでてから3日後ドレーン排液3300ml/日、黄色やや混濁。翌日ドレーン排液ほぼ同じ(やや多)。その翌日、乳び様排液多量。この2日間は38度近い熱。翌日 早朝3時ごろ痛くてたまらないとナースコールがあり ドレーン赤い。その時すでにかなり出血していたらしい。コイルを詰めることになったが時間は6時をすぎていた。でも止血できず、10時ごろから開腹手術したが 出血量多くすぐに心臓が止まってしまい出血点がわからないとパッキングして病室にもどる。
結果その日の夜なくなりました。先生の話しでは、いったん熱はでたが その後は熱もさがり順調に回復していたので 何でこうなったのか分からない。今まで色々手術してきたがこういった例がなくよくわからないと言われました。順調に回復していたのでしょうか?そう思えないのですが。出血の可能性があったのではないでしょうか。おなかの張り 傷みはずっとありました。お医者さんからみれば私はうるさい めんどくさい遺族なんだと わかっています。が、どうしても教えていただきたいです。訴えるつもりはまったくありません。
解剖もしたのですが どこから出血したか分からないとの事でした。
どなたか どうかお返事よろしくお願いいたします。

130 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/12/11(日) 22:14
>>129

まず、もう亡くなってしまわれたとのことですから、お悔やみ申し上げます。

>胆管ガン手術後5日目に39度の熱意識もうろう。
>2日後結果カテーテル先ではなく痰からMRSA(保菌のみ?)

39度の発熱で意識障害まで出たのなら「保菌のみ」というのは不可解です。
痰から出たということはMRSA肺炎じゃないですかね?
いずれにせよ、MRSA検出後すぐに「バンコマイシン」の投与が必要です。
これを怠っていれば、それだけで医療ミスとの判例があります。

>順調に回復していたのでしょうか?

がん患者が術後管理の失敗でMRSAに感染して亡くなるというのはよくある話です。
いったんは薬が効いて熱が下がっても、なかなかMRSAは全滅させられませんし、激しい毒素も出しますので、「敗血症」という状態に近づき、貧血とあらゆる感染症のスパイラルに陥って死に至ってしまうのです。
そこへ原因不明の出血まで加わったとなれば、いよいよ厳しいです。

>解剖もしたのですが どこから出血したか分からないとの事でした。

同じ病院で解剖してもらったのでしょうか?
こういう場合、警察を呼んで、しかるべき病院で法医学による「司法解剖」をやってもらう必要があります。
下記ページの表の中の「医療ミスかも?」という個所をお読み下さい。

http://www.naoru.com/sosyou.htm


131 名前: ミミ 投稿日:2011/12/12(月) 20:14
どなたかわかりませんがお返事本当にありがとうございます。こんなことを書いてすごく批難されるのではないかと思い 返事ももらえないかと思っていたので大変嬉しいです。実はもう一年位前の話しで 私はずっと誰かに聞きたいと思っていました。でも亡くなった人の話しを聞いてくれるところなどなく 医者の知り合いなどいないし。12月9日は亡くなった父の誕生日でサイトでいろいろ探していたら昨日ここを見つけて ダメもとでおくりました。
父が亡くなった1週間後位に、先生に聞きたい事があると病院に言ったのですが(聞きたい事があればまた言ってくださいと亡くなった日にいわれた)また連絡すると言うようなことを言ったきり返事がなく 結局二回位電話したのですが連絡がないので 直接先生に質問しづらいとも思い 病院に行き カルテを見せてもらう事にしました。(亡くなってちょうど1ヶ月、これ以上延ばしたくないと思った)結局カルテ開示になりまた2週間かかりました。それでカルテをもっています。
父の話しに戻りますが 熱のところを見直したのですが次の日も38度から39度でした。その後いちどだけ37.5度であとは38度近い。カルテをもらって1ヶ月後位に先生に話し聞きに行きました。本屋でいろいろ調べてみると、細菌の検査結果がでる前にライン感染を疑ってバンコマイシンを使うと書いてあったので(一般的?)、なんでつかわなかったか尋ねましたが ダラシンSでもいいとゆうような事を その先生(病院)あまり使わないような事を言っていました。本には MRSAにはダラシンSはあまり使わないと(効かない)と書いてあるのが多かったと思う。カルテでは最後の日だけ(急変してから)バンコマイシンを三回使っているので MRSAだったからか聞いたら、そうではなくて状態が悪いのでより強い薬とゆう意味 と言っていました。
父は熱がでた時口がからからでした。痰がでて苦しそうでした。解剖は同じ病院です。とても話しが長くなってしまいすいません。聞いていただけてありがたかったです。本当にありがとうございました。






132 名前: 130 投稿日:2011/12/13(火) 01:33
>>131

>こんなことを書いてすごく批難されるのではないかと思い

確かに、そんな人も見かけますね。
医療ミスを放置すると、自分にふりかかるかも知れないとは考えないのでしょう。

>その後いちどだけ37.5度であとは38度近い

その程度の下がり方なら解熱剤でも下がります。投与した抗生剤が全然効いてないということです。

>カルテでは最後の日だけ(急変してから)バンコマイシンを三回使っているので

ならば、判例上は医療ミスということになります。

>MRSAだったからか聞いたら、そうではなくて状態が悪いのでより強い薬とゆう意味 と言っていました。

バンコマイシンは多剤耐性菌以外では軽々しく使ってはいけないことになっているので、ウソの説明をしていますね。

今回のケースでは、病院側も解剖してもなお死因不明と言っているのですから、「不審死」であることを認めていることになります。
誠意のある病院なら自主的にマスコミを呼んできて記者会見までして謝罪して賠償でしょう。
医療訴訟はどうせ長期戦なので、喪が明けたことだし、警察に相談に行ってみますか?
普通は火葬してしまったら、なかなか警察は取り合ってくれないのですが、何せ病院が不審死を認めているので、そこを強調してアピールすれば応じてくれるかも知れません。
不審死は捜査対象であり、真相を解明しなければならないのです。そして、第三者が何かした形跡がないのなら、普通に考えて何らかの医療ミスがあったということになります。



133 名前: ミミ 投稿日:2011/12/14(水) 10:52
130様
お返事ありがとうございます。医療ミスになるんですね・・。
ここの掲示板は亡くなった人の話しをするところではないようなので(縁起悪いですよね)ただ最後にもう一度(繰り返しになってしまいますが)聞きたい事があります。カルテをもらう時 先生も来たので(来るとは思っていなかったので) どうしようかと思ったけど もともとは 先生の話しを聞きたかったのが こうなってしまったので(医療ミスだと思っていたわけではない)がんばっていろいろ聞きました。質問には丁寧に全部答えて頂き 1時間ちょっと位話して 終わりごろにはすっきりしていました。はじめは不信感があったが 最後には好感さえ持っていました。カルテなんかいらなかったのに、 でもこれでやっと終わったと。家に帰り 一応もらったのでカルテをみていたら ?と思うところがいくつあり その日の夕方には ?だらけになっていました。薬の名前とか、MRSAって?またそこから 本屋に通い 調べたのですが。どうしようかとすごく悩んだが また病院に電話し 聞きに行きました。(1ヶ月後位)。その時の先生の話しには前回と違いあまり (ほとんど)納得できませんでした。
それで 亡くなる3日前ぐらいから増えた ドレーン排液3300以上 黄やや混濁その前までは黄透明だったので 感染していた?熱もあり 疼痛 張りもありこういう状態では 再手術はしないのですか?
カルテの中に1枚看護計画書というような物があり [疼痛あり ドレーン排液多め 術後出血の可能性あり]と書かれていたのでこれは?と尋ねると 「これは 新人の?研修に来ていた人が書いたもので これは間違いです。」と言いました。亡くなる4日前作成されたもの。実際には出血したので間違いではないと思う。先生は出血してしまうと予後よくないことが多いので 出血させない事が大事と言っていたので 最後に「 また同じような状態の患者さんがいたら 再手術するんですか? 」と聞いたら せっかく傷口がふさがってきているのに あけることはない。はっきり否定されました。では こういう時 一般的にはどうするんですか?。
それと3時頃の出血で6時半頃からの止血というのはどうですか?コイルが病院にはなかったそうで急きょ業者さんに持ってきてもらったそうで しょうがないかもしれませんが。
出血点がわからず…でも肝動脈だとはずっと言っていたのですが もっと上部でいったん止めるとか(よくわかりませんが)そういう事はできないのですか?よく知らないのにいろいろ書いてしまいすいません。
とても長くなってしまい読んで頂けるかわかりませんが これで質問は最後にするので お返事いただけたらうれしいです。
急ぎではないので いつでもかまいません。
どうかよろしくお願いいたします。





134 名前: 130 投稿日:2011/12/15(木) 01:18
>>133

>ここの掲示板は亡くなった人の話しをするところではないようなので

えらくそういうことを気にされていますが、そんなことはありません。
亡くなってからも、いろいろと遺族の方が有益な書き込みをされていますよ。

>(縁起悪いですよね)

確かに、日本人にはそういう感覚がありますし、失敗例から学ぼうとしない人が多いようです。
しかし、優秀な人ほど失敗例からも学ぼうとするものです。

>こういう状態では 再手術はしないのですか?

出血に関しては詳細が不明なので、ここでは誰も何とも言えないと思います。
本当に出血原因がわからないのか、わかっているのにわからないと答えているのかも不明ですね。
ただ、一般論としては、がん患者が術後にMRSAに感染した場合はそれだけであきらめてしまう医者が多いです。
だから、主治医があきらめていた場合は手術の必要性があってもしないと思います。

>これで質問は最後にするので

いえいえ、気にすることはありません。
答えるかどうかは読者が決めることですから、気にせず、何度でも書き込めばよいのです。

やはり、真相を知るには、警察に動いてもらうのがいちばんですよ。刑事課に行って「医療ミスの相談に来ました」と言えば取り次いでくれます。調査を受けてくれれば後は警察が全部やってくれるので楽です。
真相を知ることにより、「知らなきゃよかった」と後悔することになるかも知れませんが、かといって、真相を知らないと時間が止まったままになってしまうので、人は真相を知りたいのです。

警察が受けてくれなかった場合は、自分が動くしかないのですが、弁護士に頼むと、真相解明だけで50万くらい取られます。訴訟するとなるとまた50万くらい取られます。
そこで、もっと安くてもっと早く済ませる方法として、「医療ADR」というサービスがあります。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/resolution/adr/medical_adr.html

中には「無料ADR」というものもあります。九州が本部ですが、東京や大阪にもあります。カルテの診断もしてくれます。

http://www.patient-rights.or.jp/%e9%96%a2%e9%80%a3%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e9%9b%86

お住まいの地域に医療ADRがない場合は、下記で電話相談があります。

http://www.coml.gr.jp/

行政も相談をやってますが、こちらはあまり役に立たないようです。

http://www.anzen-shien.jp/center/index.html



135 名前: ミミ 投稿日:2011/12/16(金) 23:04
130様
お返事ありがとうございます。亡くなった人の話しでもいいという事で、安心しました。何度でも書き込んでもいい…ありがとうございます。   解剖の後の先生の話しの時(肝動脈にお湯を通して調べたがやはり解らなかったと)私は「父は寝ている間に出血して痛かったりとかは無かったんですよね?」と聞いたら 3時頃に本人からナースコールがあったと言われ、 え?と。亡くなった日病院から連絡があったのは朝6時頃だったので その位から出血していたと勝手に思っていたので ??と。解剖の結果(細胞をとったので)が出たらまた連絡しますと(病院で説明する)話しはすぐにおわりました。亡くなった日、私は仕事で市外にいた為、病院についたのは8時頃で(姉と弟は6時半頃)その3時頃から8時の間の事を知りたいと、全く何もわからないので。本屋で肝臓外科の本で術後出血を調べたがあまり載っていないので 急変の本とかいろいろ見たがその時の父の状態もわからないから 調べても調べても 結局、先生に聞かなければわからないと…。その頃ちょうど新聞にガンの電話相談窓口というのが載っていて 電話したら 亡くなった人の話しは聞けません。と言われてしまいました。それで県内のがんセンターの胆管外科の先生が本にも載っていて 電話してみたのですが やはり亡くなった人の話しは聞けませんの一言で どちらも門前払いでした。市内の別の大きい病院に行って 亡くなったと言ったらダメだと 「実は父が肝臓病で別の病院に入院してるのですが…」といったら セカンドオピニオンになるので、そちらの先生の紹介状とカルテを…とやっぱりダメだと。実はもう亡くなったんですが こちらの先生の話しを聞いてみたいと話したら 親切に一通り聞いて頂き(相談窓口の方)でも 先生の話しと言うのはやはりできないと。そちらの病院にも相談するところがあると思うので もう一度…それでカルテも見せてもらえると教えて頂きました。
また 長くなってしまいましたが 、だからここで返事を頂き びっくりしました。私が望んでいる事は肝臓・胆管外科の先生にカルテを見てもらいたい という事です。ここにいろいろ症状など書いてしまいましたが 全部ではないし、間違っているところもあるのかもしれない。レントゲンもあります。でも 全くみていません。昨日紹介して頂いたHP少しみてみました。昨日は正直言うと 涙がちょっとでるぐらいうれしかったのですが ここで話しを聞いてもらえた事で 少し気がすんだのか、 カルテを見てもらいたいけれど 少し遠い…、一年以上たっているし、亡くなってすぐだったら 会社休んでも行ったかもしれない。まだわからないですが。もちろん 感謝している事にかわりはないです。
本当にありがとうございました。また 何かあったら相談にきます。
お言葉に甘え…こんなに長くなってしまい すいません。
最後に、もしまた身内で解剖するという事になった時 私は解剖に立ち合おうと思いました。多分無理だと思うけど。

136 名前: 130 投稿日:2011/12/17(土) 02:38
>>135

>ちょうど新聞にガンの電話相談窓口というのが載っていて 電話したら 亡くなった人の話しは聞けません。

それはどういう人たちが主催している相談ですかね?
患者会による相談なら、たいていは遺族からの相談も受けるはずなのですが。

>やはり亡くなった人の話しは聞けませんの一言で どちらも門前払いでした。

そうですね。死亡後の医療相談を受けるしくみが日本の医療にはありませんね。
モヤモヤを引き摺ったままの遺族は多いと思います。
ただ真相を知りたいというだけなのに、それすら満たされないというのは知る権利の侵害のように思います。
病理医兼小説家の海堂尊さんも死因究明社会実現のため奮闘しておられるのですが、政治側の対応は遅々として進んでいないというのが実情のようです。

http://author.tkj.jp/kaidou/

>私が望んでいる事は肝臓・胆管外科の先生にカルテを見てもらいたい という事です。

警察を動かさずにそれを実現させるには、今の日本では弁護士に依頼するしかないのです。
しかし、それでは費用がかかり過ぎるというところで、医療コーディネーター協会という主に看護師の集団が1万円くらいでカルテの診断サービスにも応じてくれると聞いたことがあります。

http://www.jpmca.net/index.html

カルテの一部だけでよいというのなら、患者会主催の医師の講演会で、二次会に残って医師に聞くという手もあります。
また、精神科医は遺族のケアが仕事なので、そこで見てもらうという手もあると思います。
その他、患者会の中には医師並に医療に詳しい人がいますし、実は、医師も会員になっている患者会もあるので、そういうところで見てもらうという手もあります。
あとは、医師と個人的に親しくなることぐらいでしょうか。
ご兄弟も多いようですから、どうするのか、みなさんで相談されればよいと思います。

>一年以上たっているし、

医療ミスの遺族は1年以内はショックで動けないものなのです。1年以上経ってから相談に行くのが普通なのですよ。
死別のショックと信頼していた者に裏切られたという二重のショックを受けるからです。
だからこそ、病院は誠意をもって対応すべきなんですけどね。

ところで、ふと疑問に思ったのですが、死亡診断書には死因は何と書かれていたのですか?


137 名前: ミミ 投稿日:2011/12/18(日) 00:09
130様
何度も答えて頂き、ありがとうございます。
一つ訂正なんですが 新聞のがん相談窓口(どこ主催かはわかりません)の方は話した時に まだ私が言葉に詰まってしまうような感じだったので 何か優しい言葉をかけてもらったと思ったので、断られたけどイヤな感じはなかった。門前払いと言ったら失礼かなと。
ガンセンターの方は(最初から私は 父がガンで亡くなって…と言ったのに) 受付の方が相談窓口は別の番号になるのでそちらにかけて下さい。ただ、とてもつながりにくいので つながるかわかりませんが…。と言われ 次の日電話したら本当に全然つながりませんでした。次の日もう一度電話したら すぐにつながったので 「実は父がガンで亡くなって…」と言ったら「亡くなった人の話しは聞けないので」と事務的に返されてしまいました。それなら最初に言ってくれればと、ちょっと腹もたちましたが、今、ガンで相談したい人がそれだけたくさんいるのに 亡くなった人の話はきいていられないんだろうなと。ヒマでも聞いてくれないと思うけど。だから ここに書き込みをしたら 今治療していて相談したい人のジャマになってしまうのかなと、思ったので。
カルテを見て、先生の話しを聞いても 結局分からなくて、風邪をひいたときに民間の内科の先生に すごく遠回しに「もし お腹が痛くなって盲腸だったらこちらからだとどこの病院になりますか?(大きい病院)」と聞いてみました。(紹介してもらえないかなと)お腹痛いの?と聞かれ、実は半年位前に父が亡くなって…と少し話したら、手術する前に同意書にサインしたでしょ?術後合併症の話しとかも聞いていたんだからしょうがないんじゃないんですか。と言われ、(言っていませんでしたが、父は二年位前にも肝臓ガンの手術をしています。)私が この事を言うと「あなたそれを先に言わないと」と、話しの順序がおかしいみたいに言われ(確かにそうかもしれないけど、もともと この先生に話すつもりではなかったのに)それなら、再発だから 今回大丈夫だったとしても また二・三年後に再発してたとおもいますよ。と、どっちにしても そう長くなかったんじゃないですか?と言われました。父の歳を聞かれ、75歳と言うと 十分じゃないですかと、寿命じゃないかと言いました。それでどうしたいの?聞いてどうするの?訴えるの?と、私はそのつもりはないと言ったのですが、疑問があるならそれなりに勉強しないと、訴訟をおこす為にもっとたくさん勉強してる人は何人もいますよ。と。
そうですか。としか言えませんでした。今まで(前回まで)に、ここにいろいろ書いてきた事は その先生には何も聞いていません。言える感じではなかった。そんな気持ちは全くなかった。ただ聞くんじゃなかったと。
話しがそれてしまっていますが すいません。
ここに書くたびに 父の話しが つけ足し・・になっていて これを読んでいる人(他にいるかわからないけど)にしてみれば それなら話しが違ってくる という事になると思うのでそれは私もイヤなので。だから カルテをそのまま全部見てもらいたいです。もし、見てもらったとしても、またこんなことを言われるのかもと思ったりする。

死因は、出血性ショックです。

いろいろ 相談する所あるんですね。知りませんでした。ありがとうございました。
ここで 聞いて頂けて 気持ちが軽くなりましたが、今日 これを書いて 正直、今とても へこんでいます。
が、たくさん聞いて頂き本当に ありがとうございました。
また長くなりすいません。




138 名前: ミミ 投稿日:2011/12/18(日) 19:43
たびたびすいません。
私は、ここに質問するのに一生懸命で 他の人の書き込みをあまり見て無かったのですが、今日見て、余りの自分の話しの長さと、無知さに呆れてと言うか すごく恥ずかしいです。
聞きたい事は 大体聞けたし、丁寧なお返事も頂けたので、父の事はもうこれで終わりにしようかなとそんな気持ちになってきました。(中途半端かもしれないけど)
やはり、今困っている方に、ここを使ってもらわないと。
長々 お邪魔してしまい 大変失礼致しました。皆さんの悩みがここで解消され、また元気になられたらいいなと思っています。
本当に ありがとうございました。



139 名前: ミミ 投稿日:2011/12/21(水) 09:34
130様

これを読んで頂けるか分かりませんが・・。

警察の事とか カルテを見てくれるところの情報などたくさん頂きましたが、それに対しての返事をろくにしていなかったので。
警察には やはり言わないです。その先生のお陰で良くなられた方もたくさんいると思うし(わかりませんが)、職を失う事になっても困るので。
父のような感じで、すぐに警察を呼ぶというのは(亡くなった時)ちょっと出来ないと思う。納得できないが どこがどうおかしいとか全く分からないから。
遺族からの申し出の解剖は、必ず第三者(機関)が行うというような決まりがあれば、おかしい場合は自然にそういう方向に話しがなっていくと思うので、悩まなくてすむんじゃないかと。というか、普通解剖は 違う病院でやるものだったのですか?
ADRというのは良いですね。でも県内にはないので今後できたらいいなと。あったらよかったのに…。
患者会というのも全く知らなくて 見てみたら 来年の始め頃に勉強会があるそうで でも東京なので。近くでやることがあれば、行ってみたいなと。その時は 一応カルテを持っていくと思います。(終わりにすると言ったくせに)いつになるか分かりませんが。

ガンの掲示板って他にもたくさんあるのも知らなくて。私はどうやってここに来たのか分かりませんが、最初にきたのがここだったので。他の所見てみたのですが、ここがシンプルで返事も丁寧で分かりやすい。他の所では返事もらえなかったかもしれない。

肝臓について詳しいのでしょうか?医療の事全般分かるのですか?本当はよそで聞かなければいけないと思いますが ・・。ダメなら返事はいいです。
心臓が止まり 救急車で運ばれ くも膜下出血の可能性もあった場合 脳のCTは撮れないものですか?身近でそういう事もあったので。

読んでもらえるといいんですが・・。

140 名前: <削除> 投稿日:2011/12/21(水) 09:47
<削除>

141 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/12/25(日) 21:19
>ミミさん

もう、ご遺体もないし、カルテは入手してるしということなので、この時点で警察が受けてくれたとしても、やることと言えば、事情聴取と、刑事および警察御用達の医師によるカルテの精査くらいでしょう。
その結果、医療ミスありと判断した場合は、あなたに訴えるかどうかを聞いてくるはずです。
あなたが真相を知りたいだけなら、そこで、「もう十分です」と断ればよいのです。
要するに警察に頼めば金も要らないし楽ですよということです。
ただし、受けてくれればの話ですけどね。

142 名前: ミミ 投稿日:2011/12/28(水) 18:03
130様

ありがとうございます。まだ、消してもらえないみたいで・・すいません。
警察=訴える、ではないのですね。でも、面倒くさいと思われるだけのような気がします。私、あまり警察好きではないので・・。これは余分ですね。東北の地震の事もあり、身内を突然亡くされた方もたくさんいるのに、いつまでも言ってるのもと思います。それから、二年前にも手術している事も、普通一番最初に言わなければいけないですよね。

いつも、あれだけたくさん書いてるのに、後で書き忘れたと思う事が何度もあって。前回は一度コピーして、後で送ろうとしたらなんか変になって全部消しそうになったので、結局すぐに送ったのですが、やっぱり変になってしまいました。失礼しました。

毎回、長い話しに・・ 途中から愚痴みたいになってましたが、つきあって頂きありがとうございました。
誰かに怒られるかと思った。

それでは、良いお年を!



143 名前: 141 投稿日:2011/12/28(水) 19:41
すみません。私は130さんではありません。
要は、気力、体力、財力があるのなら、警察ではなく弁護士に頼めばよいのです。

144 名前: ミミ 投稿日:2011/12/29(木) 16:00
すいません。失礼しました。

お金の事はもちろんですが、気力も今はもうあまり無いです。これは良いことだと思います。

コメント、どうもありがとうございました!

145 名前: ミミ 投稿日:2011/12/31(土) 16:41
すいません。
また、少し調べてみたのですが。
前に本で見たときは、MRSAにはクリンダマイシンはバツになっているものが多かったのですが(補助的に使う、バンコマイシンなど効かなかった場合は使う?)サイトで調べたら、クリンダマイシンでも効くというような事がいくつか書いてありました。父の場合は痰からだったので、軟部組織…の場合は効果があると書かれていたので、ダラシンSは別に間違いではなかったのかなと。仕方なかったのかなと思いました。

何も分からないのに、こういう所で、いろいろ書いてしまい、すごく反省しています。多分これを読んで気分悪くされた方もたくさんおられると思います。

カルテも、やはりどこかで見てもらい、違っていたら、ちゃんとここで訂正しないといけないと思いました。
でも、いつになるか分かりませんが・・。

では、これで終わりにしたいと思います。
長々、失礼致しました。



146 名前: けい 投稿日:2015/06/09(火) 15:36
名の知れた病院でさえ信用できません。食事とれないのに1日16錠薬づけ、入院して1ヶ月で10キロ痩せて1か月で死亡しました。原因は、胃静脈瘤破裂で鎮痛剤とともに、亡くなりました。なに一つ治療せず、薬づけです。看護師、医者は、機械扱う感じで。憎いですけ


次 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]