がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>腹水シャントをされた方、又はそのご家族の皆様。

1 名前: 金時 投稿日:2007/02/07(水) 21:23
67歳の父ですが、大腸癌が肝臓に転移して腹水が溜まり、脚までもがパンパンに
浮腫んで辛いので、「腹水シャント」をしようと思っています。
既にこの手術?を受けられた方やそのご家族の方に感想などを教えて頂きたいです。

2 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/09(金) 09:28
うちはシャントを受けていません。
しかし、昨日提案を受けたときいて調べました。
結論として、最終手段としては良いと思いますが、今はひとまず
他の処置を頼もうと思っています。

濃縮再注もあまりよい結果をみません。
Denverシャントは術中死亡15%。DICとゼプシス多発。
肝硬変があればDIC必発、ということで危険な感じです。
成功すれば一挙に楽になりますが。
調べた限りでは、まだ少しずつ穿刺していくほうが安全みたいな
印象をもちました。

腹膜播種があればききませんが、肝臓転移が原因なら、
門脈圧を下げる薬で様子をみられないでしょうか。
(プロプラノロールとか)

私、調べただけで、やったわけでもないので、最終的には
ご家族、ご本人、主治医の先生とご相談ください。


3 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/09(金) 09:55
あと腹水スレを読んでもシャントやTIPSなどは提案さえ
されず、ただ我慢か穿刺されている方が多いのは、主治医の方で
シャントをためらう理由があるのだと思います。

4 名前: 金時 投稿日:2007/02/10(土) 14:19
>>2>>3
お返事、御提案、有難うございます。
いろいろ試したのですが、どれも効果ゼロに等しくて・・・
 シャントを受けようと思っている病院はこの3~4年で四十数例の
経験があり、術中に死亡した例は一例もありません。
今、気にしているのは腹水は楽になるとして、脚の浮腫みに効果があるか
どうかです。この疑問に対して担当医は曖昧な返事しかしません。





5 名前: 金時 投稿日:2007/02/10(土) 14:25
あと、無知で恥ずかしいのですが教えて下さい。
「DIC」ってなんですか?「ゼプシス」も知りません。
勉強不足で恥ずかしい限りです・・・・

6 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/10(土) 15:03
敗血症からDICの状態になるもあります。
全身の血小板が、ある箇所(部分)に急激に集中し、見た目、血小板が減少します。
とてもとても危険な状態で、殆どの方はお亡くなりなりになります。

「Denverシャントはとてもリスクも高い」という意味でしょう。

DIC(ディーアイシー):播種性血管内凝固症候群
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%92%AD%E7%A8%AE%E6%80%A7%E8%A1%80%E7%AE%A1%E5%86%85%E5%87%9D%E5%9B%BA%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
ゼプシス:Sepsis=敗血症
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%97%E8%A1%80%E7%97%87

7 名前: 金時 投稿日:2007/02/10(土) 16:55
>>6
ありがとうございます。

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/10(土) 17:27
シャント術を多く行った病院の報告があります。

http://www.jsgs.or.jp/journal/pdf/039030422.pdf

この報告では、「濃縮再注などが効果がなかった」場合
「危険性について十分説明して同意を得た上で」行われて
います。致命的でないDICがほぼ全例に見られたが、
「予後の限られた」患者に行うことは十分意味がある
とも書かれています。QOLは有意に上昇するようです。

DICをご存知ないなら、十分な危険性の説明を受けておられるか
どうかが不安です。

他でも「傷がふさがらない」「傷から液がしみだす」「痛む」
「感染症」「パイプがふさがる」「うっ血性心不全」などの
書き込みを見ます。

あと転移によってガン性腹膜炎がおこった場合、ガン性腹水が
静脈に流れ込み、血行転移を促進する危険もあるようです。

足のむくみについてはわかりません。
むくみの原因にもよると思いますが。

9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/10(土) 17:54
訂正です
「致命的でないDIC」は「無症状のDIC」です。
subclinicalでした。
すみません。

10 名前: 金時 投稿日:2007/02/10(土) 20:28
>>8>>9
大変参考になりました。
私は>>8で教えてくださった報告書も横文字が多くて???なのですが、
あなた様のレスを読むと理解できます。
本当に助かります。

父はシャント後の「いいこと」しか考えていませんが、
やはり、いろいろ問題があるのですね。
相談してみます。


11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/11(日) 00:27
「いいこと」は多いと思います。
上の報告を書いた病院も、結論としてシャントに対して肯定的です。

でも同時に「緩和」の観点からシャントを行った、予後の限られた患者に
有意である、合併症やチューブトラブルが多いとも書いてあります。

これは、シャントの構造やトラブルのあった人の書き込みを見て思うのですが、
してよかったと思えるか後悔するかの分岐点は、本人の容態(体力や傷の回復力や
細菌感染への耐性)、病院の技術力、術後管理能力で大きく動きそうです。

リスクを承知の上で、腹水による症状がきつく、他に打つ手がなく、病院の技術力が
高く、症例も実績もあり、予後計算式にあてはめて長い予後が期待できるなら、やっ
てもいいかもしれないですが分かりません。
できてから何十年もたち、保険も通るのに普及していない点にひっかかりを感じます。
私も分かるところだけを拾い読みなので、違う読み方もあるかもしれません。


うちの父は夏場に、腹水と両足のほぼ全面を覆う打ち身と、おそらくはそれに起因す
る両足のむくみがありました。足先にショウガ湿布で瞬時に浮腫みが軽減されました。
民間療法で恐縮ですが、ショウガだけ買い足せば試せますし、手足の先だけなら湿布は
体力を奪いません。有名な民間療法で、検索すればやり方はあちらこちらで出てきます。

12 名前: 金時 投稿日:2007/02/11(日) 17:23
ショウガ湿布!!
試してみます。
いろいろ教えてくださり、本当に有難うございます。

13 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/13(火) 12:41
腹水シャントが普及しない理由は、

1)腹水の原因疾患の治療とは無関係である。
2)難治性の腹水が生じる時点で、全身状態が悪くなっており、
  余命を考慮した時に、シャントを行っても、リスクを上回る
  QOLの改善が見込めない場合が少なくない。
3)救命ではなく、緩和に対して、積極的に医療資材を投入する
  体制が乏しい。

腹水シャントがうまくいけば、
一時的に、「病院外で行動する時間」を手に入れることができますが、
多くの場合寿命が延びるわけではありません。
腹水シャントを行うには、ある程度の医療設備とスタッフが必要ですが
大学病院を含め高度医療を行っている病院の主たる目的は救命や治療で
あることも関係しているように思います。また、腹水シャントを行うには、
治療の性質上「余命告知」が必要だと考えられますから、
これも普及の障害になっていたと思います。

少なくとも1ヶ月以上(できれば数ヶ月程度)の余命が
期待できる難治性腹水を伴う末期患者で、
かぎられた時間で病院外に出て、やりたいことがある
者にとっては、検討に値すると思います。

14 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/13(火) 22:22
分かりやすい説明をありがとうございました。
すっきりと頭が整理できました。



15 名前: 金時 投稿日:2007/02/16(金) 18:06
いろいろ有難うございました。
今日、主治医に正式に?シャントを断りました。

16 名前: ここ 投稿日:2007/06/07(木) 07:00
私の叔父は今年の1月に突然、下肢に浮腫が起こりました。検査結果は肝硬変及び肝ガンでした。あっと言う間に腹水が溜まり抗がん剤も効かず入退院を繰り返す日々を送っています。主治医からは1月受診の時点で余命3ヶ月以内と
宣告されました。シャント術も当初は適応外と言われましたが、ガンの進行が予想より遅い為『先が短いなら少しでも自宅生活を過ごしたい』との希望で家族としては病院生活を我慢させるより、本人の希望に添ってチャレンジすることにしました。

17 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/07(木) 16:54
良い経過であることをお祈りします。
また、差し支えなければ、経過をお知らせくだされば
ありがたいです。

18 名前: 鈴木 投稿日:2007/06/13(水) 17:26
4年前に膵内分泌すい臓がんの手術をし,その2年後に腎臓,膵臓,大動脈の周りに転移が見つかり何とか手術をして取り除いたんですが,翌月に肝臓と背中(左部分)に転移が見つかりこの1年間抗がん剤治療を行っています.
今年の4月に入りひどく痛いので調べてみると左腹部前方とその他に2箇所見つかりました。最近では痛み止めを欠かさなくなってしまいました。お医者さんに言わせるともう手術はできないから抗がん剤(ダガルバジン)しか出来ないとの事なんですが
手術後の癒着がひどいと手術は出来ないもんなんですか?毎日この痛みに耐えるのは辛いです。どこか良い病院は無いでしょうか?又、他の治療方法は無いもんですか?

19 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/14(木) 11:32
>18
一般的に、遠隔転移が認められる場合は、検査などではわからない転移が全身にあります。
このため、普通は手術不適応とされています。
膵内分泌腫瘍は成長が遅いことが多いという性質がありますので、これまで、かなり積極的な外科手術がされてきたのだと思います。
しかし、現状からは、手術に積極的と思われる主治医が判断しても、手術の意味がないという判断をされたのではないでしょうか。

なお、膵内分泌腫瘍に対する抗がん剤としては、世界的には、ストレプトゾシンを軸とした多剤療法が第一選択とされていますが、ストレプトゾシンは日本では未承認です。

このため、
ジェムザール(単剤ないし5-FUまたはドキソルビジンとの組み合わせ)

シスプラチン+エトポシド
というのが行われているようです。

なお、かなりお金に余裕があるようでしたらスーテント(未承認ですが経口薬です)を個人輸入し、医師の監督下で服用するということもありえるかもしれません。

膵内分泌腫瘍に対する抗がん剤治療については、患者のブログではありますが、「粘る稀ながん患者」の膵内分泌細胞がんカテに詳しい情報があるようです。
http://neuroendocrine-tumor.cocolog-nifty.com/pancreac_endocrine_tumor/

20 名前: 奥原 投稿日:2010/10/26(火) 22:43
私の場合は癌ではないのですが腹がパンパンに腫上がり走る事さえ出来ません沖縄県ではシャント術をやっている病院が無く困っています。何か良い解決方法を教えて下さい。

21 名前: のりっち 投稿日:2010/10/31(日) 14:10
シャント手術について
わたしは
腹水でつらい思い
をしています肝硬変
で腹水がたまり走る
ことさえできませ
今は酒をたって今は頑張って
います、癌ではありまがせん
が、ここ沖縄県では腹水にる
シャント術を
おこなっている病院がありません。
アルブミン投与もうけましたが効果
がありませんでした。何か良い方法
はないでしょうか?

22 名前: のりっち 投稿日:2010/11/04(木) 07:48
シャント手術について
わたしは
腹水でつらい思い
をしています肝硬変
で腹水がたまり走る
ことさえできませ
今は酒をたって今は頑張って
います、癌ではありまがせん
が、ここ沖縄県では腹水にる
シャント術を
おこなっている病院がありません。
アルブミン投与もうけましたが効果
がありませんでした。何か良い方法
はないでしょうか?

23 名前: 武田 投稿日:2016/02/09(火) 12:46
3年前にデンバーシャントを埋納しました。
それからは安心して旅行にも出掛けられるようになりました。
昨秋は娘が新潟県に嫁いだので家族と一緒に
式に参列し、帰りは一人単独行動で鈍行列車にて
三泊四日の温泉巡りを楽しんできました。

三年前は年に九十日の入院をしましたが、
昨年は月に一度の定期検診だけで、入院は
一日もしませんでした。
私の場合は過度の飲酒による肝硬変+腹水
でしたので、それほどの副作用もなく、
腹水シャントが体質的にピッタリだった
のかと思っています。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]