がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>腺房細胞癌にきく抗がん剤

1 名前: みっちゃんの娘 投稿日:2006/10/05(木) 02:09
昨年、父の膵臓に腺房細胞癌の腫瘍ができ、切除手術を行いました。しかし、5ヶ月たって、肝臓とリンパ節に転移。肝臓の癌はラジオ波で焼いていましたが、今日の検査で、新たなそれも血管に近いところに癌ができていることがわかりました。ラジオ波はつかえないので、抗がん剤をということになりました。けれども、なにが効くかわからないそうなのです。抗がん剤が効かない場合は余命3ヶ月だそうです。良い治療法をご存知の方、教えてください。お願いします。

2 名前: ザ・シングルスマン 投稿日:2006/10/08(日) 07:02
私の母も57歳で膵腺房細胞癌になり,1年半でつきてしまいました。
当初発見された時はステージ4bだったのですが,手術を行い半年ほ
どで肝臓に転移しました。それまでの抗がん剤はGEM+シスプラチン
を使用していたのですが,肝臓への転移が判明してからはGEM+
TS-1に切り替えました。
すると肝臓の腫瘍がCTで見る限り,小さくなり体調も良くなりまし
た。
しかし,それも半年くらいしか続きませんした。それからはいろい
ろ試したのですが,どれもこれといったのはなく,序々に悪化して
いきました。
最後にターセバを服用したところ,腹水の軽減があったのではない
かと思いました。
したがって,私の母の場合,有効な抗がん剤はTS-1とターセバでし
た。
アバスチンも購入していたのですが,結局使わずじまいになってし
まいました。

論文では通常型膵癌と比べて,膵腺房細胞癌は抗がん剤に反応しや
すいと読んだことがあります。
これからですね。いろいろがんばってあげて下さい。

癌になった人はまわりに自分以上にがんばってくれる人がいると
とても心強いそうです。
私も母のために当時はとても一生懸命でした。


3 名前: みっちゃんの娘 投稿日:2006/10/09(月) 00:30
ザ・シングルスマンさん、書き込みをありがとうございました。書き込んでくださる方がないかもしれないと思っていましたので、とてもありがたく読ませていただきました。当時のことが思い出されて、つらい気持ちになられたかもしれませんね。でも、私はとても励まされましたし、有益な情報をいただけました。本当にありがとうございます。
父は、ザ・シングルスマンさんのお母様ととても似ている進行の仕方ですね。抗がん剤もGEM+TS-1で同じものを投与していく予定になりました。もしよろしければ、悪化されていく過程で顕著だった症状や緩和ケアなど、抗がん剤以外についても教えていただきたいです。

4 名前: ザ・シングルスマン 投稿日:2006/10/17(火) 06:23
こんにちは,みっちゃんの娘さん

>もしよろしければ、悪化されていく過程で顕著だった症状や緩和ケアなど
>抗がん剤以外についても教えていただきたいです。

膵腺房細胞癌が膵癌の中でも2%~3%を占める稀なタイプです。
また,抗がん剤に反応しやすいということも論文で発表させています。

私の母の場合,悪化していく顕著だった症状というのは亡くなるまでの
6ヶ月前からは熱(38度~39度前後)が頻繁に出ておりました。
また,3ヶ月前から腹水が溜まりました。

腹水が溜まるまでは比較的元気にしておりました。
しかし,腹水が溜まりだすとお腹がパンパンでとてもくるしそうでした。
また,腹水を抜いても体力が落ちるし…で悪循環でした。

だんだんとお腹以外もむくみだして,手・足・指などもパンパンに
なってきました。

それから,ターセバが届いて毎日服用していたのですが,全身に広がった
癌の勢いや数には勝てず,とうとう腹水が溜まりだしてから3ヶ月で
亡くなりました。

でも,確かにターセバを飲みだしてからはむくみが周りの私達からみても
本人の自覚症状からみてもとれたので,有効だとは思いました。

結局,最後は肝臓の機能が停止したのが,直接の死因だったのですが,
穏やかな表情で天国に行ってしまいました。

私の母の場合は腰がだるいと言う程度で,癌による痛みが最初から最後まで
無かったのが,本当に本人にとっても回りの私達にとってもありがたかった
です。

最後に緩和ケアのことですが…
本人及び私達周りの全員が最後は自宅で,と思ってましたので
緩和ケアが充実している病院にお願いして,自宅に毎日看護士さんや主治医
が来て,点滴などのケアをしてもらいました。

最後の2週間くらいはターセバを服用するくらいで,治療らしい治療は
行わず,家族全員一つになって,いっしょうけんめい母を支えました。

骨全般にも転移していたので,骨折してはいけないと思い,母が歩く時は
誰かが腕を持ってこけないようにしたりとか…

今となっては最後の母と自宅で暮らした事はとても良かったと自分で
思っています。
こんなにも母がいとおしいと思ったことはありませんでした。
その思いは私の中で一生消えることはないでしょう。

これから大変だとは思いますが,みっちゃんの娘さんもがんばって下さい。
最後は本人にとっても回りの人にとっても納得のいくケア等をして下さい。






5 名前: みっちゃんの娘 投稿日:2006/10/20(金) 22:43
ありがとうございます。具体的なお話でとても参考になりました。私たち家族のために、つらいことを語ってくださったうえに、励ましのお言葉までくださり、感謝してもしたりないくらいです。本当にありがとう。
今、父は岩手医大というところに一週間前から入院しています。今週は毎日TS-1を服用。後、放射線治療をしています。来週の頭にGEMの投与がある予定です。今のところ何も副作用はでていません。ラジオ波治療のさいにも熱がでなかった父なので、熱が一つのポイントになるかもしれませんね。
本人も含め、家族は死を覚悟しています。でも、最後のその瞬間まで生をまっとうしたい、させたいと思ってもいます。だから、在宅治療にどの段階で移るか(幸いなことに、私の住んでる市は緩和ケア・在宅治療が非常に進んでいます。)ということも考えつつ、治療を受けています。
肝臓の停止による死は苦痛をともなわないと何かで読みました。私にとってはそれは一つの救いです。父の死も穏やかなものであってほしいと強く願っています。
時々、この掲示板に進行状況を書き込んでいきたいと思います。時間がある時に見ていただき、何かコメントをいただけたら、嬉しく思います。私もいとしい父のために一生懸命ケアをしていきたいと思います。

6 名前: みっちゃんの娘 投稿日:2007/06/18(月) 22:55
父は、まだ元気でいてくれています。GEMとTS-1併用での治療も7クール目になりました。
先月から、四国のお遍路を始めました。徳島を終え、今月20日からは高知に挑戦します。徳島には
一人で参り、一週間かけてまわりました。帰宅後の一週間は熱が出て不調をうったえましたが、ガン
自体は検査で見える範囲では進行していません。貴重な時間を過ごしています。



7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/06/11(木) 12:11
スレ主様

その後いかがお過ごしでしょうか?


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]