がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>胆管細胞癌の方、情報交換しませんか

1 名前: すみれパパ 投稿日:2006/08/03(木) 18:13
昨日からジェムザールとシスプラチンの治療を開始しました。
抗がん剤や健康食品などについての情報交換をしたいと思います。
胆管癌で苦しんでいる方や克服された方、またその御家族の方などの経験談をお待ちしております。


15 名前: T・T 投稿日:2006/09/01(金) 23:46
とりあえず母の熱も下がりました。
20日近くごちゃごちゃやってた訳で、その間治療も出来なかった訳
ですからちょっと心配です。

で、流行モノとしてはちょっと遅いんですが、母に「コエンザイムQ10」
を差し入れてみました、治療の邪魔にならない様に
「飲む前には薬剤師さんにちゃんと相談しなさいよ~」とは言ってあるんですが…。

因みにネタ元はNCI(米国国立癌研究所)の翻訳文書からの報告、
http://www.cancerit.jp/nci/topis_cam_coq10.html
目的は「抗がん剤治療時の副作用の軽減」と、言う事で…。
~サプリ屋の誇大広告なぞいくら読んでも何の足しにもなりませんからねぇ~

因みにコエンザイムも取り過ぎはやばいんじゃないか云々はこちら、
http://www.yukan-fuji.com/archives/2005/04/post_2036.html
厚生労働省の見解はこちら、
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/08/h0822-1.html

16 名前: すみれパパ 投稿日:2006/09/07(木) 17:24
T・Tさんいろいろな情報ありがとうございました。
また、お母さんの熱下がってよかったですね。
私の方は、今日が第2クール2回目の投与の日でしたが副作用(白血球の低下とALTの値の上昇)
の関係で次週に見送りになりました。でも落胆はしていません今回も投与していただける範囲の値
でしたが今回投与を受けると次回G+Pが受けれなくなる可能性が強いということで見送った次第です。
それにしても、こんなに早く骨髄抑制が出るとは思っていなかったので少しショックは有りますが元気を出して
気持ちは負けないように頑張って行きたいと思っております。
       

17 名前: T・T 投稿日:2006/09/08(金) 04:04
ご無沙汰です、お元気してるでしょうか。

早くも骨髄抑制が出てくるとは…心配ですね、
まだG-CSFを入れるには早い様な気もしますし~、
正直、そろそろちゃんとした検査が欲しい様な気もしますね。

したら、G-CSFを入れても頑張るか、レジメを変更してもらって
コンスタントに抗がん剤を入れる事を重視するか決められるでしょうに。
これは治療に対する”戦略”の問題ですから、お医者さんとの相談が
必要でしょう、まず、効いているかいないかの確認が欲しい所です。

もうご存じかも知れませんが、ASCO2006からの翻訳で治療の選択肢が増えてます。
http://www.cancerit.jp/cancer_references/archive/No232_GTX_pan.html
胆管がんの治療法はまず膵がんからきますからここら辺のチェックは欠かせない~
私としてはカペシタピンをTS-1にアレンジして使えるか、ちょっと期待したい所です。


18 名前: 横レスですが 投稿日:2006/09/08(金) 12:34
GTX療法のタキソテールはカペシタビンを5FUに変換する酵素を増やす作用も期待して
使われているらしいですね。TS-1(テガフール)を5FUに変換する酵素は肝臓にある別の酵素
なので、作用の仕方がちょっと違うかもです。

それから、タキサン系の抗がん剤とTS-1を同時に使うと副作用発生率(食欲不振、嘔吐、
下痢など)が高くなるそうですよ。

上記はTS-1の添付文書やここの(http://www.gankeijiban.com/bbs/read.cgi?bbs=030shoukaki&key=984584319
スレッドからの受け売りです。横レス失礼しました。

19 名前: すみれパパ 投稿日:2006/09/13(水) 13:58
T・Tさん心配していただきありがとうございます。
明日は、投与を受ける日ですがおそらく大丈夫ではないかと思います。
また、今月の25日にCTを撮ってもらえます。効果が出ていることを期待しています。

話し変わりますが、先日あるがん治療に関する本の中で「アラビノキシラン」と「タヒボ茶」
についての記述がありました。私としては、何でも良いといわれるものはやってみたい気持ち
なのですが、この件についてご存知でしたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

20 名前: T・T 投稿日:2006/09/13(水) 21:46
がんばっておいでですね~、
効果があってくれる事を祈っておりますです。

CTの結果が出たら、即お医者さんとの討論に入りませう、
お仕事のQCなんかで使われるPDCAはここでも有効なのです。
「×クールやってみないと結果はわからないから」はNGですよ~
~そう言えば前Reのアドレスにある「PETで抗がん剤の効果を判定する方法」
興味ありますね、効く薬剤を早く選定するには良いのでは…とか。

>「アラビノキシラン」と「タヒボ茶」
個人的には健康食品関連には興味が無いのでスルーしていますが、
試されるのを否定する材料もまた持ち合わせてはいません。
ただ「使って良いかどうか主治医に確認する」ことは必要でしょう、
下手すると抗がん剤の効果を減殺させたりするものもあるそうですから~。
「がんに効く」ではなく、全身状態を良好に保つ、つもりで使われるのが
宜しいかと…自分は”効果があるかも知れないから”飲み続けるのではなく
自分で決めた期間内に効果がなければ停止するのが良いのではないかと思います。
(だって”薬として”使う訳ですから使い方も薬に準ずるのが合理的では、と)
……因みに飲んでいると何となく体が楽、とか副作用の出方が軽い、と言うのは
立派な効果でしょう。

21 名前: T・T 投稿日:2006/09/14(木) 06:42
>>18 さん
情報ありがとうございます、
わたしはカペシタビン使っているのは単に「5-FUをメトロノミック的」
に使う為としか考えていませんでした、レジメにはやはりそれなりの
意味があるものですね、反省です。

ただ、そう言う意味であるのなら「TS-1+ロイコボリン」についての
情報をお持ちではないでしょうか?メーカー指導では”使用しないで”
だった筈ですが、治検予定の様なニュアンスもあった様ですし、どこかで
使われているのかなぁ?


22 名前: 18 投稿日:2006/09/14(木) 14:30
TS-1+ロイコボリンはわたしは聞いたことがないです。素人なりに検索した限りでは
資料が見つかりませんでした。ごめんなさい。

23 名前: T・T 投稿日:2006/09/24(日) 11:55
この週末、母帰宅中です。
月曜日に”帰ったら”すぐに検査だそうで、お医者さんも
「小さくなってたら良いね~」とか仰ってたとか…。
確かにこれだけはっきり抗がん剤が奏功すると、お医者さんの方も
”手応え”があるんだろうな…(笑

とりあえず(抗がん剤服用中としては)体調良好、食欲もあると言う事で
この間追加になったナウゼリンが効いているようです、吐き気止めとしては
某相談室では「UFT並み」に扱われている同剤ですが母にはマッチした模様。
 じゃぁ、今までなんで出さなかったか、と言うと医師が悪い訳でなく、
「座薬で出しますから」「座薬なら要らない」の駆け引きがウンヶ月続いて
たんだとか…どっちも頑固だ(苦笑

ちなみに補助薬剤は
・ナウゼリン錠
・ガスモチン錠
・ケルナックカプセル
・ビタメシンカプセル
・マグミット錠

特徴は全体的にかなり”やわい”薬ばかりで構成されている事、
薬品に対して過敏な体質の事をかなり気にされている模様。
……ちなみに今回のナウゼリン追加に応じてコエンザイムは停止
しようかと思っています。
(無くて済むものなら余分なものは無い方が…というのが個人的な考え)

24 名前: すみれパパ 投稿日:2006/09/24(日) 14:00
しばらくご無沙汰しておりました。月曜日のお母さんの検査結果が、良いといいですね。
ここ一週間ほど副作用の、発熱・倦怠感がひどく、落ち込んでいました。
実は、落ち込んだ原因として主治医のほうから腫瘍マーカーの数値を聞かされたことです。
CEAが22.3、CA19-9が6335。7月の測定時より2ないし3倍になっていました。
ジェムザールとシスプラチンでは効果があがっていないのかと不安です。
ジェムザールとTS-1が選択肢としてあるようですが、良い情報があればお願いします。

25 名前: T・T 投稿日:2006/09/24(日) 20:25
すみれファミリーの皆さん、お疲れ様です。
状況をお伺いすると、確かに凹みたくなるご様子、
ただ、喜ぶのも凹むのもまずCTを確認されてからの方が宜しいか、と。

状態を確認し、効いているのか、いないのかを明確にしましょう、
効いていなければどうするか、を医師と突き詰めるべきです。
「有力な方法だから続ければ効くかも知れない」は余りにリスキーです。

因みにうちの母の治療は「ジェムザール+TS-1」です。
詳細は過去の報告をさらって下さい、個人的にはかなり有力
ではないかと思っています。

有力なものとしては…
・+5-FU(静脈注入)
・+TS-1
・+イリノテカン
・+シスプラチン(パラプラチン/カルボプラチン)
・+オキサリプラチン
等があります、基本的には胆道がんには「GEM+1」なので、
どうするべきかは医師と相談という事になります。

26 名前: HANA 投稿日:2006/09/27(水) 19:43
うちの母も7月に胆管細胞癌であることが分かり、
それからこのホームページは良く見ていますが、始めて投稿させて頂きます。
それで、皆様の内容も読ませて頂きましたが、皆さまやご家族さまの大変さが
身にしみて良く分かります。
母も7月末から「ジェムザール」をしています。1~2回目ぐらいまでは、
副作用もかなり強く、嘔吐や熱があり、食欲もなく、かなり心配な状況でしたが、
2クールが終わったところで、CT検査をしたところ、かなりよくなっているとの事でした。
それで、もうしばらくこの治療を続けましょうとのことで、3クールに入っている状態です。

****<削除>**********

それとお水はアルカリイオン水を飲むようにしています。

でも基本的に、サプリメント類は、T・Tさんも書いてられましたが、
癌に効くというよりは、体を保つ為や副作用を軽減させるものだろうとは
思いますが、そのお陰か、血液検査の結果も大丈夫で、
毎回ジェムザールをしていますので、
少しは効き目があるのかな・・・と思っています。

それと、食欲がなくて大変なときは、アミノ製剤のようなドリンクや粉末を
飲まれるのも良いのではないかな・・。と思います。
スポーツ選手などが飲むものもありますが、
ドラックストアで買えるぐらいのもので、千円ぐらいから5千円ぐらいの
ものがありました。

でも、やはり何か飲まれる時は、必ずお医者様にお聞きしてからが良いと思います。

それと、母は、とにかく体力をつけるために、自分の中で食べられるものを
沢山食べるようにしています。

今はこの様な感じですが、皆さまと共に、回復して元気な姿になれる様に、
頑張っていきたいです。

私も分からないことや、間違っていることなど、色々とあると思いますので、
またご指導頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。













27 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/27(水) 20:19
HANAさん
 下記を読まれた上での投稿なのですか!?

*********************************************
健康・機能食品等々の商業目的の書き込み、
健康・機能食品・代替医療の類を
宣伝、挑発する書き込みは禁止します
*********************************************

http://www.gankeijiban.com/gan_etc/gan_bbs.html#big

28 名前: HANA 投稿日:2006/09/28(木) 21:42
名無しさん@癌掲示板さま

>健康・機能食品等々の商業目的の書き込み、
>健康・機能食品・代替医療の類を
>宣伝、挑発する書き込みは禁止します

私の記入したことは、宣伝などではなく、
ただ、自分達がしている事を記入したのですが、
不注意により、上記の内容に間違われる様な内容であったのでしたら、
今後は、気を付けて投稿させて頂きたいと思います。

お手数をお掛けしまして、
大変申し訳ございませんでした。








29 名前: すみれパパ 投稿日:2006/10/05(木) 21:37
ご無沙汰しておりました。
HANAさん>抗癌剤が効いているようで良かったですね。
T.Tさん>わたしには抗癌剤の効果はなかったようです。
医師とも話をしましたが、消極的な感じを受けました。

実は、先日とある関西方面の大学病院で胆管細胞癌に効果的な治療を行っているということを耳にし、診察を受けてきました。
結果、来週より入院し治療を開始することになりました。
手術の可能性もでてきました。
望みを持って入院してきたいと思います。
この掲示板の方は、子供たちがいつも見ておりますので今後ともよろしくお願いいたします。
皆さんにも多くの望みが出てきますようにお祈りいたします。


30 名前: T・T 投稿日:2006/10/09(月) 04:46
ご無沙汰です…こちらの最新の結果では「変化無し」とのこと、
途中に”投薬法の変更による副作用”が強く出た為の中断が長かった
事を考えれば様子見の必要がありますが、もし今後も病巣が”変化無し”
乃至”拡大”に転じるようですと薬の変更を検討に入れるべきでしょう。

「GEM+TS-1」は有力な方法の一つだったのでちょっと厳しくなってきました。
すみれパパさんと同じように+シスプラチンか、それとも+イリノテカンか…、
はたまた今のに+タキソテールをアレンジしてもらうべきか…、
少なくとも今より楽になる事は無さそうなのが悩みの種です。

ところで、そちらの「胆管細胞癌に効果的な治療」
宜しければご紹介下さい、治療の選択肢はいくら用意してあっても
”多すぎる”事はありませんので~

それと…蛇足ながら現在の治療の他にも”アンテナ”は広く張っておいた方が
宜しいかと思われます、特に現在のものが「免疫療法」的なものであれば更に
必要になってくるものかと…こちらの”引き出し”では福井と富山(石川県在住)
に部分温熱療法(ハイパーサーミア)、後はこちらのがんワクチン等に興味を
持っていたりしますが~治療の有効を願っております。
http://2nd-opinion.jp/jouhou/buibetu_suizo060821.htm
http://2nd-opinion.jp/jouhou/buibetu_suizo060822.htm

31 名前: すみれ姉妹 投稿日:2006/10/12(木) 10:05
入院中の父に代わって書き込ませていただきます。
今までの病院で、父の癌は切ったとしても、近くに点在する取りきれない小さな癌のサテライトが活発になってしまうということで、手術は出来ないといわれていました。
ですが、今入院している病院では、まず手術をして、残った部分を経皮的肝灌流化学療法で集中的に攻撃し、状況に応じて粒子線治療を行うことが可能だといわれています。
現在検査中で、その手術~治療が出来るかどうかはわかりませんが、家族として成功することを祈っています。

いままで、様々な代替治療等を模索してきましたが、今の父は”まな板の上の鯉”で腹をくくって先生達にお任せするつもりでいます。
結果はどうなるかわかりませんが、それほど信頼できる病院にめぐり合えた私達は幸せだと思っております。

T・Tさんのお母様にも、有効な治療法が見付かる事を心からお祈りしております。

32 名前: T・T 投稿日:2006/10/14(土) 03:02
ありがとうございます、有益な情報でした。
感覚からするとかなりハイレベルな治療の様ですし、
有効度も高そうに思われます…ただ、イナカでは無理だなァ…(垂涎

ざっとおさらいをしますと、
・胆管部~肝臓の一部摘出
・肝動注化学療法+外部血液循環によるフィルタリング
・重粒子線治療(HIMAC)
と言う感じになるのでしょうか…。

効果は高そうですし、価値のある治療だと思われます。
ただ、エビデンスはまだありそうにないですね…(笑

個人的な疑問としては各々効果は非常に高そうな方法の組み合わせだ
と思うのですが、全部局所療法の様な気がするのですね。
転移性のがんに対して全身療法(通常化学療法)と組み合わせる
必要性はないのでしょうか?

33 名前: すみれ姉妹 投稿日:2006/10/15(日) 22:51
そうですね。
有効であることを祈っています。
でも、確かに以前お話した方法は転移が無いことが条件なので、現在その検査中です。
今週の金曜あたりに、その方向が決まりそうです。
手術が出来るといいのですが・・

ちなみに、私達も田舎暮らしですので、病院まで車で6時間ほどかけて行きました。
T・Tさんの参考になれば幸いです。


34 名前: HANA 投稿日:2006/10/16(月) 19:20
すみれパパさま、温かいお言葉ありがとうございます。
それで、良い治療方法が見つかりまして、良かったですね。
本当に有効な治療方法であることを願っております。

それで、うちの母の状態は変わりなくです。
あれから大きな検査はしていなく、「ジェムザール」をする為の血液検査だけですが、
とりあえず大丈夫とのことで、そのまま治療を続けています。
でも、以前は外出もあまり出来なかったのですが、
最近は少し外出したり、自分で料理を作ったりしています。

皆さまも大変な治療だと思いますが頑張って下さい。
母も一日も早く元気になれるように、家族共々頑張っていきたいと思います。

35 名前: motomi 投稿日:2006/11/09(木) 00:09
はじめまして、57才の母が胆嚢癌だと9月に宣告されました。
その後、入院し黄疸治療の胆管にパイプを入れる内視鏡手術をし、なんとか黄疸の症状はよくなったものの、ぶどう糖のみの点滴か合わず熱と嘔吐に10日間、やっと点滴を外し少し容体が良くなったのですが、点滴が出来ない為に点滴による抗がん剤が投与出来ないでいます。
その間に肝臓への転移も進行し、手術も出来ずに、退院。
只今、週一通院の状態です。
何か良いアドレス頂けないでしゅうかm(__)m

36 名前: Meek 投稿日:2006/11/09(木) 15:41
胆嚢原発(腺癌)、全身転移ありの患者の家族です。
診断時は自覚症状なく、全身状態も良好でした。
すでに、診断時に聞かされた「予後」を過ぎましたので、少なくとも人並み以上の幸運に恵まれています。

治療は、経口のTS-1単剤(4投2休・最大耐用量)からスタートしました。
朝晩、自宅でカプセルを飲むだけです。
それなのに、激しい下痢と発熱をはじめ、いろいろな副作用に悩まされましたが、2クール目で腫瘍マーカーが一桁下がり、転移先のしこりも小さくなりました。
motomiさん、抗癌剤は点滴だけではなく、飲み薬もあります。
もっとも、使用できるかどうか、副作用のリスクに見合う効果があるかどうかは、個人差が大きいと思います。

腫瘍マーカーが下げ止まっているため、GEM + TS-1に移行します。
今度は、いずれも少量からスタートし、様子を見ながら加減してもらうことになりました。

手強い癌ですが、治療法もまた、それに勝るとも劣らないスピードで進歩していると実感しています。
なんとか体力を温存して、なにか画期的治療法に間に合えば…と祈っています。
すみれパパさん、T.T.さんのお母様をはじめ、みなさまも、強運と最善の治療法に恵まれることをお祈り申し上げます。

37 名前: T・T 投稿日:2006/11/11(土) 13:53
motomi様、はじめまして…。
ブドウ糖のみの点滴で体調を崩してしまうのでは心配ですね。
とりあえず、悩んでいるより先に信頼できるプロに相談、でしょう。

無難なところでは「がんのweb相談室」あたりでしょうか?
ここの「過去の相談と回答」データは信頼できると思います。
http://2nd-opinion.eee.ne.jp/

38 名前: K・T 投稿日:2006/11/13(月) 10:22
はじめまして。
父ですが69歳で上部胆管がんです。 期待していたんですが
11月10日 御茶ノ水にある病院で胆嚢をとり、手術終了。
「お気の毒ですが手の施しようがありません。余命三ヶ月」
といわれました。
お願いですが、私、横浜に住んでます。近くで病院ないでしょうか?
よろしくお願いします。




39 名前: T・T 投稿日:2006/11/20(月) 01:28
K・Tさま、はじめまして、北陸在住のT・Tと申します。

お父上についてはお気の毒に思います、これはこの掲示板の住人の
共通の不幸ですので身につまされざるを得ません。
さて、遅まきながら他医へのセカンドオピニオンは受けられたのでしょうか?
「手の施しようがない」というお医者さんの言葉からすると、多臓器への
大規模転移有、手術不能と言ったイメージが浮かびます。

ただ、それは「その病院では」手術が不可能なのか、どの病院でも不可能と
言うレベルに達しているのか不明です。動転されているとは思われますが
こう言うとき程ご家族の方が冷静になって状態を把握するべきだと思います。

普通は「根治手術」は不可能かも知れないが、延命治療、暖和治療まで不可能な
事はそれほど多くはない筈です(因みにうちの母の現状です)
抗がん剤治療を休眠療法等の様に上手く使えば”3ヶ月”の寿命が一年、二年と
延びる可能性は充分にあり得ます、逆に言えばそう言う方法しかありません。
 肝門部胆管細胞癌で肝臓のかなりの部分が癌に置き換わり、がん性の腹水が溜まって
もって数ヶ月との診断を受けた母(T3~4、N1、M0?・ステージⅢ~Ⅳ)は、適切な
抗がん剤治療のおかげで半年後の現在、元気でがんとのマラソンを続けています。
(腹水は完全に抜け、腫瘍の直径比50%縮小…先日、通院治療の為退院しました)

がん患者のあきらめない診察室(~抗がん剤治療の最前線のHPです~)
http://2nd-opinion.jp/jouhou/jouhou_buibetu_index.htm#kantansui

40 名前: くー 投稿日:2006/11/22(水) 19:26
始めましてみな様
私の母わ6年前に膵臓癌になり余命1年と宣告されました。奇跡の生還だと思いましたが現在胆管に転移が見つかり現在戦っております。食べたくても食事をとることが出来ないのでなんとかしてあげたく思います 最新の治療方法ありましたら情報お願いします。私達わ民間療法で頑張って来ました。皆様も頑張って下さい。

41 名前: U・K 投稿日:2006/11/28(火) 09:57
はじめて書き込みをします。
私の父も9月に胆管癌と診断をうけました。
一時は黄疸の改善が図れず治療困難との告知をうけましたが、
4度目のトライでPTCDが挿入でき、現在ジムザールによる化学療法の
一クール目です。
父の副作用で一番困っているのは「発熱」です。
2週目から39~40度の熱が連日続いています。ある程度の発熱は覚悟していた
のですが、PTCDも入っていることから感染症状が心配です。
「副作用」との言葉で済ます医師に正直疑問を抱きつつありました。
この掲示板でやはり副作用による発熱があることを知り、同じような方々の
情報でようやく受け入れられるようになりました。
主治医はとても話を聞いてくれる温厚な方で、けっして信頼していないわけでは
はありませんが、やはり症状で苦しんでいる父を目の前にすると「どうにか
してください!」とつい目がつりあがってしまうことも多々あります・・・。
いろんな方の情報を取り入れながら、「父のためにできること」を考えて
いければと思っています。
皆様もがんばってください。




42 名前: yuki 投稿日:2006/11/28(火) 12:15
副作用の発熱か感染からの発熱かは血液検査の炎症反応や白血球などの
値でも判断できると思います。発熱が続くときには採血をされていますか?
ジェムザールの副作用と判断される発熱の場合には私の父の場合には
投与の日から数日カロナールを処方され、それで発熱の副作用はコントロールされていました。

43 名前: キティちゃん 投稿日:2007/03/22(木) 02:03
はじめまして(^◇^) 今日携帯で検索したら ここがあって 読んでみました。私は患者本人で33才ですが つい約5か月前に手術しました。胆管細胞ガンで 肝臓の3分の2を切除して それから退院して 元気にしてましたが また再発で もぅすぐ入院します(+_+) すみれパパさん 関西で胆管ガンでいい 病院があるってどこなんですか?私 関西です。私のかかってる病院も大学病院ですが。気になるので。

44 名前: キティ 投稿日:2007/03/22(木) 02:25
二度続けてすみません。自分には関係ないと思ってた癌になんかなるとは ショック過ぎでしたが・・まだ若いし この先長生きしたいので 色々と情報知りたいです。今は術後はかなり切ったので痛かったけど 2か月したらピンピンしてて 普通にでかけてました。術後にジェムサールと飲む抗ガン剤としてましたが 眠いだるいぐらいで 一応元気なんですが 再発でまた2度目の手術がもうすぐ待ってます。今は色々な本読んだり勉強中です。漢方とかどうなんでしょうか? 最近試して 買って 飲んでます。

45 名前: M 投稿日:2007/05/05(土) 01:07
はじめまて投稿させていただきます。
私の父(67歳)も上部胆管ガンで昨年の6月に手術しました。主治医が積極的な方でしたので左葉を3分の2切除し(本来は右葉切除が望ましいのですが)空腸吻合を行い胆汁が流れる道をつくり元気になりました。が、やはり完全にガンを取り除くことが難しかったようで最近CA19-9が上昇し再発したといわれております。
外科ではジェムザール単剤使用で化学療法を進めてきましたが、化学療法だったらガン専門の医療機関のほうがいろいろな研究がなされているので転院しました。幸い家の近くにがんセンターがあり、消化器内科に転院することができました。そこではジェムザールとシスプラチンを併用し治療を進めていくと説明を受けましたが、まだ実際には治療にとりかかっていませんが。今後の治療成績がわかればまた書き込みます。
漢方は、西洋医学を絶対的に指示する医師に言わせると気休めでしょうなんていわれますが、私はそうとは思えません。保険の適応のある漢方をいろいろ調べ、術後の体力の回復に効果があり免疫力があがるといわれる漢方を1ヶ月前より処方していただいております。(薬剤名は漢方を扱っている製薬会社のHPでさがしてみてください)
我が家では、ガンとうまく共存し、がん細胞に負けない身体をつくるために、父が”気”を高められるよう家族でサポートしています。
皆様もがんばってください。

46 名前: クワ 投稿日:2007/05/08(火) 13:49
私の母64才も肝臓(胆管ガン)です。3月8日に手術をしましたが開けた時に大動脈と近くのリンパに転移しており手遅れでした。医師にこのまま閉めるのが普通ですがこのままですと胆管が詰まり大変な思いをしますが余命は変わらないけどどうしますかと言われガンをとれる所は全て切除してもらいました 10時間に及ぶ大手術でした。さすがに全身にガンが廻っているらしく腫瘍マーカーが日に日に上がってます。
現在はジェムザールをしています 2回めです。だるい様子です。このまま続けるつもりですが今後どうなるのかとても心配です なにか良い(民間療法)も含めが何かありますでしょうか 教えて下さい

47 名前: すぎ 投稿日:2007/05/29(火) 01:20
皆さん、本当によく勉強なさっているんですね。今日初めて掲示板を見つけました。
私の母は、78歳。一ヶ月前に「膵頭十二指腸切除術」を受けました。
8時間に及ぶ大手術でしたが、「すい臓がんで手術できる確率は低い」と聞く中、高齢でありながら耐えてくれました。
なぜか父も「すい臓がん」で、こちらは発見時に余命3ヶ月と言われ、なすすべが無いまま半年持ちこたえ、17年前に命を落としました。
ですから、今回、予想もしない血液検査ですい臓がんが見つかったことは、逆にラッキーと。
今週から、ジェムザールの治療を行う予定でいましたが、白血球の減少がみられ、いつから始められるか、具体的には決まっていません。
医師から、副作用・再発の危険度などの説明を受け、改めて母はショックを受け、食べられない食事がさらに食べられなくなってしまいました。
せっかく癌が取れたのですから、何とか、体力をつけ抗がん剤の治療が出来るように祈るばかりなのですが・・・。
当初、入院時には白血球は何の問題もなかったのですが・・・。手術と何か関係があるのでしょうかね・・・。

48 名前: みやび 投稿日:2007/06/07(木) 13:30
昨日、主治医から母(71歳)が胆管細胞癌である事を告げられました。リンパ節を始め全身に癌の転移が見られ手術も不可能、軽い抗がん剤と腹水を取り除く薬に痛み止め以外に治療法はない。
本人の体力次第ですが今年いっぱいはもたないと。
告知をすべきか否か・・・告げ方なのでしょうが・・・。悩みに悩み、未だ結論がでません。そんな中、必死の思いでサイト検索をしていて、この掲示板を見つけました。
同じように苦しみ、哀しみ・・・それでも、頑張っている皆さんに私も哀しんでばかりはいられないと勇気つけられました。
まだ、日本での販売はされていないようですが、抗がん漢方薬がある事をサイトで見つけました。個人輸入販売でしか取り扱いはされていませんが、末期の癌患者さん、余命少ない患者さんにも
効果があると記され、まずは資料請求をしてみました。家族ひとりの思いとして、何とかしたいって気持ちは皆さんと同じです。みんな頑張ってる。私も母の為に精一杯の事をしてやりたいと思います。
皆さんも頑張ってください!!


49 名前: こうじ 投稿日:2007/06/12(火) 09:30
はじめまして。私の母(77)も胆管細胞癌(末期)と診断されて 4ヶ月になります。
ジュムザールを投与していますが、最近は左足のむくみがひどく、赤くなってパンパンにはれている状態ですが
仕方ない事とほっておかなければならないものなのでしょうか?


50 名前: T 投稿日:2007/06/12(火) 19:41
45のMさんへのお願いです。
保険の適応のある漢方をいろいろ調べ、とありますが、どのような漢方があるのでしょうか。
当方、全く無知でネットで調べることもできません(パソコンにも全然無知ですので)。
免疫力があがるといわれる漢方を、教えていただけませんでしょうか。
私の身内にも胆管細胞癌(末期)がおりまして化学治療のみですので、
非常に関心があります。保健適用で処方してくれるというのも知りませんでした。
現在は抗がん剤のみですので、何とか併用できればと思って書き込みしました。

51 名前: あど 投稿日:2007/08/08(水) 20:35
初めまして。私の母(63)も胆管細胞癌(抹消型)で末期と先月末に診断されました。余命は数ヶ月との事。
13年前から心臓の僧帽弁弁膜症(最初に発症した脳血栓の後遺症による言語障害及び、右半身片麻痺(足はひきずる程度))
と戦い続け、
先月初めに心不全によるムクミで入院をしました。
その際に、ムクミの改善がされないとの事で検査を行い、
末期の胆管細胞癌と診断されました。
3年前に嘔吐を伴う痛みによりCT検査の結果、胆石が原因だと言われた時に、
撮影した画像を改めて見てみるとその時に既に腫瘍が発生していた模様との事。
心臓の件も有り、全身状況が悪いのと、ここまで進行していると切除は無理との事で
外科的処置も内科的処置も何も出来ないと言われ、
家族としては寝耳に水で何かあればとセカンドオピニオンや民間療法等を調べています。
今日、2つ目のセカンドオピニオンに行き「抹消型」ではなくて「心門型」と言われ、
実際の「生検」も腹水や心臓の薬の為行えないのでハッキリとした病名さえも、
不確定で・・・
私自身は、勉強不足の為「胆管癌」と「胆管細胞癌」の違いも今日やっと少し理解した状況で、
母に何がしてあげられるか判らないですが、やれる事はしようと思い、
思いつく限りの友人達に連絡して小耳に挟んだモノが無いか聞いています。

現在は、食事で免疫力をあげる事くらいしか始められないので、
嘘か本当か判りませんが、効けばラッキーくらいの気持ちで、
白身魚やキノコ類メインの食事。朝はニンジンジュース。
しじみ汁やイモ類を食べて貰っています。
(野菜は出来るだけ無農薬を使用)
本当は、心臓の件が無ければ食事も採り易いのですが、
塩分制限と水分制限が有るので・・・かなり難しいです。
それと、友人が薦めてくれたサプリメントを飲んでいます。
友人の親戚が余命半年の胃がんと診断されてから毎日飲んでいて、
それから7年経過しているそうです。
抗がん剤の使用は担当医もセカンドオピニオンの医師も、
効果が無いだろうと言われてしまっているし、
放射線治療も範囲が広すぎて無理でしょう。との事ですし・・・
本人は結構元気で、立って歩いて身の回りの事は出来るのに、
心疲労は多いですが・・・かなり、消極的な治療方法しか出来ないのが辛いです。
もし何か皆様で癌自体に対してや肝臓の免疫力アップに、
やっている事や食べている物があったら教えて頂けると嬉しいです。
長文、申し訳ありませんでした。

52 名前: M 投稿日:2007/09/18(火) 17:02
  Tさんへ。漢方薬ですが人により効くか効かないか全く異なりますので参考程度にしてください。
父に処方されている漢方はツムラの48番の漢方です(薬剤名は調べてください)。医療現場での使われ
方は免疫力アップより術後の体力回復・食欲低下体重減少などの副作用の軽減を主として使われます。
その中の効能の1部にNK活性化というものが少し書かれています。「免疫療法」という考え方とは違い
ますのでその点はご承知ください。
一時期CA19-9が500近くまで上昇しましたがジェムザールとシスプラチンの併用で30代まで低下しました。
しかし、それに伴い高度な貧血・脱毛の副作用がでてきており、最近輸血をしたばかりです。漢方がどこまで
効いているかわかりませんがシスプラチンを使うと食欲低下・吐き気・体重減少がかなりの頻度で見られますが
全くその症状はなく食欲だけはとてもあります。
 病状により治療方法が変わってくるので父の治療がこの病で苦しんでいる人に適しているかわかりませんが
何かの参考にしていただけたら幸いです。

53 名前: ひまわり 投稿日:2007/10/31(水) 11:49
はじめまして。私の主人も胆管細胞癌で余命6ヶ月といわれて5ヶ月がすぎました
皆さんの様に薬ひとつにしても、いまだよく理解が出来てません。主人は門脈
の周りに大きながん細胞があって手術は出来ない。抗がん剤投与で治療をすると
といわれ、夫婦ともに先生のおっしゃるコトを信じてきました。また肝臓両方ともに
がん細胞におかされてるのですが、手術をしてくれる病院、もしくは、それでも
完治したよって情報がありましたら、教えていてだけませんか?このまま終わりたくありません
大阪?の病院私は雑誌(癌の)で見た病院でしょうか?質問ばかりですみません

54 名前: トトさん 投稿日:2007/10/31(水) 13:52
はじめまして、昨日からこの掲示板を拝見しています。やはり私の母も胆道がんで、本人の意思もあり、手術は避けて現在は免疫療法で様子を見ています。とはいえこのままでよいのかどうか心配になってきました。医師は抗がん剤の併用を薦めてきますが副作用のことを考えると怖くてなかなか踏み切れません。たぶん、抗がん剤はジュムザ-ルを使うことになるのでしょうが、どなたか意見をいただければ幸いです。医師からははこのままだと余命数ヶ月かもしれないと告知されています。よろしくお願いします。

55 名前: なな 投稿日:2007/11/26(月) 12:50
はじめまして。
私の父が今年の7月に53ひまわりさんのご主人と同じく胆管細胞癌と診断され
門脈浸潤のため手術できず余命半年といわれました。
それからジェムザールを週1回点滴、3週やって1週休むという治療を続けて
います。主治医の話ではジェムザールは比較的副作用の少ない抗がん剤とのこと。
しかし、続けていくうちに全身の倦怠感、頭痛、37.5度程度の発熱・・と
いろいろな症状(しかも毎回同じわけではない)がでてきて点滴を終えるたびに
「今回はどんな症状がでるんだろうね?」と家族で話しています。ただ、脱毛
はないです。
父は免疫療法も併用しており、9月のCT検査ではほとんど癌の大きさに変化
なしとのことでした。私は、免疫療法は自己の持つ免疫力を上げるくらいに考えています。
抗がん剤を続けていくと、白血球が減少し、抗がん剤治療を受けられない場合
もあるとのことです。抗がん剤治療を続けるためにも免疫療法をしている・・と
いう感じです。
今後どのように病状が進んでいくのかわかりませんが、あきらめない気持ち
は忘れないようにしようと思っています。


56 名前: 末松 投稿日:2007/11/28(水) 10:45
はじめまして。母が肝門部胆管がんと診断されました。
腫瘍の場所と大きさから、手術はできないと言われています。
いくつもの病院を転々としているのですが、今このスレッドを読んでいますと、
どうやらすみれパパさんと同じ病院にかかっているもようです。
すみれパパさん、姉妹さん、もしまだこのスレッドをお読みでしたら、その療法をなさったあとの経過など
お教え願えないでしょうか?
(まだ検査中ですので、その療法を勧められたわけではありませんが、心の準備をしたいので・・・)
普通のTAEでは効果がないと(別の病院の医師から)言われていますし、抗がん剤の副作用も心配ですし、
でも可能性があるならチャレンジするほうがいいのだろうか、と迷っております。よろしくお願いいたします。

57 名前: 末松 投稿日:2007/11/28(水) 11:09
自己フォローです。

>いくつもの病院を転々としているのですが、

セカンドオピニオンや検査などを通してあちらこちらの病院のお世話になった、
という意味です。
わかりにくいことを書いてしまったかなと思いましたので、一応ご説明でした。

58 名前: K・T 投稿日:2009/03/04(水) 18:58
はじめまして。父が2月に胆管がんと診断されました。
腫瘍の場所と大きさから、手術はできないと言われています。すでに肝臓にも転移しています。ジェムザールとTS-1で治療開始したところです。副作用もなく1クールを終えようとしています。父の場合腫瘍マーカーが上がらず効果の程はいまいちまだ判断が出来ない状態です。今のところとても元気で胆管癌の予後の悪さは考えられないくらいです。今後どのような症状になるのか心配です。書き込みを見させていただいてもあまりそのようなことは書かれていませんでしたので、
誰か教えていただければと思いました。今週末にとりあえず退院してくる予定です。通院で抗がん剤を行います。




59 名前: 朷式 投稿日:2009/08/19(水) 02:28
昨年7月に父が胆管癌と診察され12時間の大手術を行い全部取り除いたのですが今年6月に前回取り除いた部位に再発、今、抗がん剤TS-1とジェムサールを併用して治療しています。期待の効果わぁ見られCA19-9が5800CEAが38とうなぎ登りの状態です。胆管癌は癌の中でも難しい癌なので患者自身もまわりの家族も不安がいっぱいだと思います。抗がん剤の副作用は特に目立った事は無いです。ヘモグロビン、白血球、血小板の減少があり貧血気味になりますが漢方薬と併用出来るので安心です。父わぁ抗がん剤をやる前に腹痛を訴え入院になったのですが腹痛の原因がわからなかった為抗がん剤を予定通り行ったら消化管の出血が見つかり一度中止しています。ヘモグロビンが上がらなかった為輸血をしてすぐに抗がん剤を再開して今は順調に治療が行われています。外出も出来ますし仕事も行けてます。炎天下の場所で仕事しているので夕方の涼しい時間帯に出勤して頑張ってますよ。 きっと長い人生では無いと思いますが今を大切に娘としての責任を果たしたいと思っています。

60 名前: <削除> 投稿日:2009/08/20(木) 16:41
<削除>

61 名前: ロコ 投稿日:2009/08/23(日) 09:11
ジェムザールは保険適用外ですか ・RAwOiPiM
wb12proxy06.ezweb.ne.jp_KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0_05001030381606_ab.ezweb.ne.jp

62 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/23(日) 19:14
>>61
2006年6月、胆道癌にも保険認可されました
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/200607/500927.html
ついでに、ティーエスワンの胆道癌認可は2007年8月でした

63 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/24(月) 10:54
>>61
胆管細胞癌(肝内胆管癌)は肝臓癌に含まれて、胆道癌(胆管癌、胆嚢癌、乳頭部癌)と区分が違ってる。
でも肝臓癌(肝細胞癌)とは性質が全く異なるから
胆管癌(肝外胆管癌)の扱いで、保険で治療してくれるはず。


64 名前: ロコ 投稿日:2009/09/01(火) 14:05
>>62、63 ありがとうございました_(_^_)_


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]