がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が300を超えています。残念ながら全部は表示しません。
続ける場合は、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>胆管がんで抗がん剤ジェムザール投与していた方で3年程度延命できたかたはいらっしゃ

1 名前: たか 投稿日:2006/04/24(月) 22:05
現在私の母親は胆管がんで手術できず、抗がん剤について迷っています。ジェムザール投与で長く延命できた方はいらっしゃいますか?副作用が結構あるときいたのですが?


428 名前: ゴン 投稿日:2010/01/08(金) 03:23
昨年、胆管癌の手術をしました。

年明けからは、

ジェムザールの

投与に通院してますよ!



429 名前: じんじ 投稿日:2010/03/11(木) 10:35
母はステ―ジ2の胆管がんと診断され、主にステント療法が主の治療でしたが、
この二月に一年八カ月の闘病の末、永眠しました。87でした。
TS1も2か月使ったくらいで、効いていたのか普通の民間病院の医師なので
頼りなかつた。昨秋に十二指腸にもステントが入り、食欲が落ちました。
でも決定的だったのは、吐き気のため入院した時、た゜らた゜らと点滴をしいるうちに
15キロも体重が増え、動けなくなってしまったこと。主治医は針か
短いと言って水を抜けない。効かん利尿剤を増やすくらい。よくなっていますよ、なんて
嘘を言うし、外科の医師に連絡をとらせない。根回しで外科の知り合いの医師に
水をぬいてもらうことになったが、ぬくごとに弱る。c
artという水の成分を戻す施術をする病院に連絡がついたとき、母は呼吸困難で
亡くなりました。カレンダ―にはアホの病院と書きなぐってました。icuもないし、
血圧も表示されない病院。全国にある1日やっている施設。今でも胸が痛みます。



430 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/03/12(金) 10:13
>429

ご高齢の場合、全身状況によっても異なりますが、積極的な治療はかえって余命を縮める可能性が高いことが多くあるそうです。
ですから、普通の民間病院だったからこのような治療内容だったとは断言できません。

また、病気がみつかってからの期間を考えると、昨年の秋から体調が悪くなったのは、治療が不十分だったためではなく、通常の病状の進行のためであったと考える方が素直に思えます。

さらに、腹水には栄養分が含まれていますので、やみくもに行うと「ぬくごとに弱る」のは当然です。
もとの病院は、これを考えて、腹水を抜くのを控えていたのかもしれません。

いずれにしても、あなたが書かれた内容のみでは、病院の対応が不適切だったとは断定できないように思えます。
(もちろん、より適切な対応があったという可能性も否定できませんが。)

なんとなく、お母さまをなくされた悲しみを病院にぶつけているだけのようにも思えます。

いずれにしても、病院を非難されるような書き込みをされるならば、よりきちんとした情報と知識にもとづいてされたほうがよいのではないでしょうか。

最後になってしまいましたが、お母さまのご冥福をお祈りいたします。

431 名前: 知らなかった人 投稿日:2010/03/22(月) 14:36
腹水濾過濃縮再静注法の可能な病院は少ないのでしょうか、また可能な病院を

どうやって調べたらいいのかわかりません・・部位にもよるのでしょうが

癌患者は腹水のたまる方が多い気がします、おなかに水がたまり辛そうなのに

看護側もつらいのだから積極的に取り入れてほしいものですが、知らない方が

多いのも事実なのではないでしょうか・・

432 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/10(土) 01:03
父81歳は、昨年8月に肝内胆管癌と診断され余命は1年未満と告げられました。手術
は不可とのことでTS1を服用しておりましたが、効果が認められず今年3月からは
ジェムザールの点滴注射を受けています。特に医師からは説明もなく、点滴パック
に書かれていた注射液の名前をインターネットで調べて理解しました。少しでも長く
生きることが出来ればと願っていますが・・・

433 名前: かんたんがん 投稿日:2010/04/10(土) 19:02
余命長きことをお祈りいたします。わたしの父、享年81歳のときも
TS1の後、医師からはどんな薬剤が希望か言ってみてくれと言われ、
ジェムを指定しました。本人の希望もあり、痛みの除去を主眼にして
モルヒネをたくさん使いました。ご参考まで。最期は肺炎でした。

434 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/03(月) 11:27
はじめまして。
私は、3月に胆嚢がんの手術をしました。
内容は、肝臓の右側3分の2を共に切除する大掛かりなものです。
幸い転移は、肉眼で見る限りないとのことで遺残なく取りきれたとのことでした。
ただステージは4A。ステージも高いため、再発のリスクも高いとのことで、
今後は、目に見えない部分への術後補助療法として
抗がん剤治療を薦められています。TS-1の内服か・・、ジェムザールの点滴
か・・・、または、どちらもしないで経過をみるか・・。
選択に、迷っています。どうすればいいのか・・・。


435 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/05(水) 19:21
私の父のときも「目に見える範囲はすべて切除」でした。ステージも高い
ままでした。薬はTS-1の内服はお薦めしません。本人にはつらい薬です。
小康状態を保てたのはこの薬のおかげかも知れませんが。
どちらもしないで経過をみるというのも有力な選択肢かも知れません。
薬との適合性をはかるという意味で、順番にやってみるというのも
良いかもしれません。種類と順番は医者と相談のうえ。

436 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/06(木) 02:20
>>434

平岩正樹先生は、手術の「やるか、やらないか」の二者択一と違って、
抗がん剤の場合は、「やる」と「やらない」の間に無数の選択肢があると言ってます。
たとえば、半分の薬量を試すことのように、少量の抗がん剤から始めてみたり
するそうです。よかったら、一度抗がん剤について書いた本を読んでみると
いいかも知れません。以上、最近先生に感化された素人の意見でした。


437 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/07(金) 09:28
かんたんがん様、436様、どちらもご意見ありがとうございます。

今、食欲不振に悩まされてる状態で、術後2ヶ月経とうとしてますが
まだ体重も戻らず、体力的に自信がもてません。

主治医は、当然抗がん剤治療を選択肢の一つとあげていますが、
きつい治療から解放された弱ってるこの体に、抗がん剤はあまりにも・・
それに効果については、わからないとのこと。

それで、自分なりにほかにないものかと。
そこで第4の治療法ワクチン療法というものがあり、何もしないよりも抗がん剤より
体へのダメージが軽減される方法もあることを知りました。

そこでどなたか身近な方で丸山ワクチン、ペプチドワクチン療法を取り入れてる
方をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

また、印象などもお聞かせいただければと思います。
よろしくお願いします。





438 名前: ぷーま 投稿日:2010/05/07(金) 19:40
4月上旬に父が胆管がんと診断されてから、ようやく5月11日に
手術を受けられることに決まりました。
 そこで疑問があるのですが、進行が速いと言われる胆管がんで
一ヶ月も待たされるって、かなり遅くないでしょうか?正直、
病院側の怠慢を疑ってしまうのですが・・父は信頼してるようですが僕と
しては心配です。
 

439 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/08(土) 10:07
ぷーま さま
1ヶ月のうちに進行度合いや悪性度、さらに立体映像で飛び散り具合
などを探っておくまでやっているなら、怠慢ではないと思います。
執刀医の説明を受けて、お父様が信頼されているなら良いのでは?
半分以上のひとは切除できないまま闘病しなくてはならないので、
切除に行き着くならまだラッキーと言えるでしょう。12時間以上の
手術で一応完全に取りきれば成功、開けた瞬間にやめて1時間で戻って
くる場合は相当深刻です。

迷い人さま
胆管癌については、どんな療法もまだ効き目が明確でないので迷うところ
ですが、とりあえず転移の確率を低くする意味の治療を気休めでいいので
始めておくのが良いでしょう。体力を落とされているようですが、高カロリー
の点滴とかもあります。胆汁の排出管はもう取られましたか?

436さま
平岩さんは高校の先輩ですが、かなり変わり者で、いまは東大に入りなおして
歴史の勉強とかされています。異端児だけれど、本当のことを言っちゃうひと
です。学会や学者を敵に回してしまっています。



440 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/08(土) 11:07
かんたんがん様 ご意見ありがとうございます。

胆汁の管は術後3週間経ったころに取りました。

癌患者になった今、再発の恐怖との闘いが待っているんですね。
退院時の説明で、「手術ができて、目に見える転移がないのはラッキーだったと考えてもいいんですよね・・」と主治医に言ったら
「う~ん、ステージ(T4M0N0)が高いからですね・・」との返事でした。

そのとき、再発の2文字が頭をよぎりました。
でもあきらめるのは、まだ早いですよね。








441 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/09(日) 09:37
迷い人 さま

あきらめるのではなく、終末の人生をより良く、長くでしょうか?
患者本人は、身近な周りが心配し、食の細さや微熱の発生のたびに
過剰な不安に陥るのをストレスに思うようです。
医者は「治る」とは絶対に言いません。客観的に状態を説明し、
あきらめてくれる最後の瞬間まで付き合ってくれるだけでしょうから
察してあげましょう。質問や要望は先手先手で言うほうが良いですよ。

442 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/09(日) 10:16
かんんたんがん様
「あきらめるのではなく、終末の人生をより良く、長くでしょうか」

結局はそうなるんですよね。

術後2ヶ月経ちますが、体力がだいぶ衰えてるのが、わかります。
外出すれば、熱を出すし、自分の体に起こってることを、まだ
受け止めきれずに、毎日過ごしています。
このまま、ストレスに押しつぶされ、笑顔が消えたまま
生きるよりも、後悔のない様に動いてみたいと思います。

443 名前: ぷーま 投稿日:2010/05/10(月) 16:58
>>439
返信ありがとうございます。
どこまで検査してるかは分からないのですが、父は信頼してるよう
ですし、明日手術ですから今はこの病院を信じるほかありません。
 今は手術の大成功を祈るのみです。


444 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/23(日) 22:38
62歳の男性です。昨年7月に胆管癌の疑いで、肝生検うけ組織を調べましたが癌細胞は見つかりませんでした。主治医は疑わしきは罰すると摘出手術を勧められまして、悩みセカンドオピニオンも受けましたが結論が出ず、今年の正月明け早々に腫瘍摘出手術を受けました。
10時間に及ぶ手術になりましたが、幸いに他に転移しておらず、10日で退院いたしました。(摘出した組織から肝内胆管癌と解りました)その後再発防止にジェムザール投与を進められましたが、食事療法によって免疫力を付けると拒否いたしまして、今日まで受けていません。
先週の初めから前回の手術の時の検査で見つかった小さな肝臓の腫瘍をラジオ波で焼杓し5日間で退院しました。
現在、健康状態も悪くなく、抗癌剤治療は受けたくない心境です。この表題と違う意見ですが、抗癌剤の副作用が一番心配で、半病人の状態で生き長らえるのが良いのか、元気な状態が続くかぎりやり残した事をやるのが良いのか悩んでいるのが現状です。

445 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/24(月) 05:41
抗がん剤を使わないというのも、ひとつの立派な選択だと思います。
肝臓をラジオ波でやっつけられたのも幸運です。年令的にもお父様は
若いので、このまま経過観察でよいのではないでしょうか?手術だけで
5年間何も出ないひとも十数パーセントいらっしゃる病気ですし。
早めの対策が効いているように思います。うらやましい。

446 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/24(月) 11:51
>444

>10時間に及ぶ手術になりましたが、幸いに他に転移しておらず
とされながら
>前回の手術の時の検査で見つかった小さな肝臓の腫瘍
と書かれています。

この「小さな肝臓の腫瘍」はがん(転移)、あるいは、がんとは関係ない良性腫瘍のどちらと判断されているのでしょうか。
(その根拠は確認されていいますか。)

もしも、これが転移の疑いが濃いということならば、残念ながら、再発の確率は極めて高くなります。

再発確率が高いのであれば、ジェムザールが再発確率を下げるという、きちんとしたデーターはありませんが、
・ 胆管がんに対して有効であるので、再発防止にはより有効であると理屈上は考えられること。
・ この理屈は他のいくつかのがんでデーターにより確認されていること
から、普通はジェムザールが勧められると思います。

なお、「食事療法によって免疫力を付ける」というのは、まったくナンセンスです。
(気持ちの支えは別として)

もちろん、ジェムザールの再発防止効果について、きちんとしたデーターはないので、これを拒否されるという選択もあると思います。

ただし、「抗がん剤」=「半病人の状態で生き長らえる」というのは、偏見です。
多くの方が、抗がん剤投与を受けながら、普通の暮らしをしています。

個人的には、試しに一度抗がん剤を受けてみて、副作用が許容できなければ、中止するかどうかそこで考えるという中間的な方法もあるのではないかと思います。

447 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/24(月) 22:49
ご意見有難うございます。今回のラジオ波治療の場所は昨年7月に解っておりました。肝臓を切除した場所と離れていた為、当初からラジオ波で治療の予定でした。
食事療法ですが、昨年7月から始めました。約半年経て手術しましたが、その間腫瘍の大きさは変わりませんでした。私は、B型肝炎で慢性肝炎のため年間2回から3回位エコーとCTを受診しておりました。其のため発見が早かったのではないかと思いますが、半年放置して腫瘍に変化が無かったのは、食事療法が効いたのかと思っております。
今後の治療ですが、術後造影剤でのCTが突然のアレルギー発生で調べることが出来ない為、来月MRIで転移を調べることと成りました。その結果で抗癌剤治療も考えなくてはならないとも考えております。

448 名前: 投稿日:2010/05/25(火) 06:49
とにかく、気持ちの問題も含めて、客観的に第1選択肢を。
2015年頃には画期的な癌治療法が出てくるでしょうが、胆管癌の
分野はあまり期待できないので、振り回されることなく。。。

449 名前: 心配性 投稿日:2010/06/02(水) 19:54
はじめまして。45歳の男です。
この度初めて投稿させて頂きます。文言や表現に不適切がある
としたらお許し下さい。
私は今年の2月半ばにステージⅣの「肝門部胆管癌」と診断され、この時点で肝臓にも悪性腫瘍と膿瘍があり即入院。
3月1日に手術を行い胆嚢と肝臓の約左半分の切除を行い無事に成功しました。告知はされてはいませんけど。

しかし術後の様態や血液の状態が思わしくなく検査をしたところリンパ筋の深い所
にも癌細胞があると判明され、手術は出来ないので第一ステップで24回の「放射線治療」
を受けようやく次のステップで抗がん剤(ジェムザール)を点滴投与を受ける事になりました。

放射線治療の前にも日にちが何週かありましたので二週ほどジェムザールの経験があったので
”副作用”の程はわかっていました。
所が最近になって少々体に異変を感じるようになりました。(未だこの時点ではジェムザールは投与していません。)
右ろっ骨の下部や右ろっ骨の後ろ辺りに痛みを感じます。ドクターが申すには「ろっ骨の下部は神経が沢山
あるので刺激されての影響ではないか」とのことです。(かなり大きくお腹を切り開いてます。
臍のすぐ上を横にやく30㎝、臍上部垂直に15㎝ぐらい)

しかし患者本人からすれば再発や転移が心配だし非常に”再発しやすい癌” と聞きますので不安が毎日取れずにいます。
どなたかこのタイプの癌の術後、この様な様態になったりするものなのかご存知の方いらしゃいますでしょうか?
又、受動喫煙に関してどれ程のケアをされているのでしょうか?私の周りの顔見知りの人は癌であるのは
承知なのですが、構わず目の前で煙を吐いています。とても悲しくなるのですが皆さんはどうなされているのでしょうか?





450 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/03(木) 15:19
>449

>ステージⅣの「肝門部胆管癌」
>この時点で肝臓にも悪性腫瘍
>リンパ筋の深い所にも癌細胞

にもかかわらず、

>患者本人からすれば再発や転移が心配だし非常に”再発しやすい癌”

まず主治医から、あなたの置かれている厳しい「現実」を聞かれるべきです。

しかし、告知もせずに、それに、ステージⅣの「肝門部胆管癌」かつこの時点で肝臓にも悪性腫瘍にもかかわらず、手術・・・最近では信じられないことです。


451 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/03(木) 16:35
ご意見有難う御座います。ステージⅣの厳しい現実の事はインターネットなどで調べ気がついて
いたのですが目の前の生死のことになると勇気もなく尋ねる事も出来ません。私の親族は聞いて
いる様ですが私本人には話は下りてきません。不安を与えないようの事だと思います。

信じられないのですが術後、多少体に違和感はあるものの今はウォーキング、水泳
筋トレなどを難なくこなし、長距離の自転車も出来るまでの体力が回復しています。
(元々トレーニングなどは20年近く続けているアスリート系ですけど。)
体重は術後10キロ近く落ちましたけど筋量も八割ぐらいは戻っています。

しかし毎日夜になるとネガティブな事ばかりよぎり不安だらけですが、この様な状況なので
現実を受け入れなくてはならないのが信じられのです。
でも今の自分の状態を知らないといけないとこまで来ているので気持ちに整理が
つき次第尋ねてみます。

452 名前: 心配性 投稿日:2010/06/03(木) 16:42
451の名前の欄で記入ミスをしました。 申し訳ありませんでした。




453 名前: かんたんがん 投稿日:2010/06/03(木) 22:24
ステージⅣといっても幅が広いし、手術で原発巣を切除したあとの転移なら
いろいろですし。。。医者も不明でぼかしたことを家族が聞いたとしても
さっぱりわからないのじゃないかも。直接聞いたらどうですか?
受動喫煙がご心配とのことですが、呼吸器系疾患以外、常時煙い環境でない
ならば、ほとんど影響なく、単に汚らしい気分になるという問題ですので
相手に不快であることを、はっきり言えばいいと思います。ご自身が癌を
患っていらっしゃるとは別の問題として。

454 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/04(金) 01:34
申し訳ないけど、現状認識が甘すぎます。


455 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/04(金) 05:06
>>454
受動喫煙の害に関して?

456 名前: ぷーま 投稿日:2010/06/04(金) 21:27
肝門部胆管癌である61歳の父親の手術は一応成功ということで
終えることが出来ました。ただ、疑問が1つあります。
手術前の説明では、肝臓を半分くらい切除することになりそう
とのことだったのですが、実際は、下部胆管から肝臓の門辺りまでしか切除しなかった
点です。癌を根絶しようとするなら、もっと肝臓を切除すると思うのですが、
これは、癌の根絶よりも、手術による後遺症に重点を置いたからなのでしょうか?
そのくらい、もはや癌は根絶できそうにない状態だということなので
しょうか。
 ちなみに手術直後の家族への説明では、執刀医に、
・運良く思ったより手前で癌が途切れていたから肝臓はさほど
切らずに済んだ
・かなりの進行癌である(ただ、最近父は、執刀医にステージ2だと
説明されたらしいですが。また、リンパの方には転移してなかったそうです)
・肝臓に転移してるかどうかは誰にも分からない
などと言われました。
執刀医は優秀な方らしく、信頼はしてるのですが、ここで皆さんの意見も聞けたらと思い、
投稿しました。
 

457 名前: かんたんがん 投稿日:2010/06/05(土) 06:44
執刀医が優秀で経験も豊富ということですので、そのとおりでしょう。
わたしの父のときも「目に見える範囲はすべて切除した」でした。
手術の途中に切除部分を病理検査に出されました?リンパや肝臓に
転移していたかどうかは、手術中にはわからなかったと思います。
多分、目に見える範囲では完璧な手術で、診たところの感触も悪く
なかったということでしょう。目に見えないところで散っていること
は神のみぞ知る。誰にもわからないというのは、素直な意見だと思います。

458 名前: 心配性 投稿日:2010/06/06(日) 13:54
私も執刀医が優秀で経験も豊富なら信用すべきだと思います。私の場合CTの
画像上に明らかに膿が袋状にいわゆる膿瘍が写っていましたので原発巣である
胆嚢の一部と肝臓の約半分を切除したわけです。
後遺症?とはどのような事を考えているのかはわかりませんが
画像上に写っていなければ敢えて切除する必要はないのではないでしょうか?
私の体を例えで言ううならば肝臓の半分を切除してもこれといった後遺症は出
ていません。心拍機能や体力が落ちることもなく日常生活に影響は出ていません。

リンパ筋転移していないなら、そのまま受け止めてもいいと思います。私のリンパ筋
転移も手術中には判らなく術後の血液検査で判った事でした。
その後放射線治療を受け予定照射回数の半分の時点で一回り腫瘍が小さくなって
いるのが画像上で判り現在は放射線治療は終わり抗がん剤治療に移っています。

>肝臓に転移してるかどうかは誰にも分からない<
はドクターが投げ出しての発言ではないと思います。私の主治医も現在再発している
わけではないので先のことはわからないよ。再発したら別だけど。の見解です。
”誰にもわからない”というのは悪い意味合いはない、素直な意見だと思います。







459 名前: ぷーま 投稿日:2010/06/08(火) 00:48
返信ありがとうございます。素直に信じようと思います。
胆管癌の中でも特にタチが悪いらしい肝門部胆管癌なので、つい
ネガティブに考えてしまいますが、かんたんがんさんと心配性さんの
意見を読んで安心できました。
>>457
すいません、手術中に病理検査に出したかどうかは分かりません。
>>458
後遺症というか、肝臓を沢山切除することによって、肝臓が果たしていた
機能が弱まったりすることです。父は血糖値が高いらしく、
血糖値が正常な人よりも肝臓を切除するリスクが高まるのかなとも思いまして。


460 名前: 永遠の旅人 投稿日:2010/09/10(金) 03:05
初めて書き込みさせて頂きます。
実は、私の父が2週間ほど前に胆管癌だと宣告され、即入院。
今日から抗がん剤治療が始まりました。私は仕事の関係で、父のそばにいることが出来ず、
私自身も大変寂しい思いをしております。救いは、父本人が癌と戦ってくれる勇気を持ってくれたことでしょうか。

インターネットで色々と胆管癌の事を調べているうちに、この掲示板に出会いました。
皆さんの書き込みを読ませて頂き、少し元気、そして希望が出てきました。


461 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/10(金) 15:33
胆管がんの抗がん剤治療だけでは完治はありませんし延命効果は限られています。場所によっては粒子線治療やIMRTまでできる場合ありますから早めに手を打ちましょう。

462 名前: 永遠の旅人 投稿日:2010/09/10(金) 16:19
ジェムザール治療と並行して何かほかの漢方薬治療や、食事療法などありましたら是非教えて下さい。


463 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/13(月) 20:17
あまりないと思いますよ。そんなものに時間もお金もとられないほうがいいと思います。素人が簡単に見つけられる良い治療があったら専門家たちが知らないはずはないと思いませんか?

464 名前: 永遠の旅人 投稿日:2010/09/15(水) 02:00
それもそうですね。藁をもつかむ思いでした。
また何か情報がありましたら、是非書き込みお願いいたします。

465 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/30(木) 22:46
87歳でステージ3ですが肝臓の一部と胆嚢を摘出しました。
癌が胆嚢壁を破り外側に出ていました。
退院しましたが播種が考えられるので副作用の少ない抗がん剤を
様子を見ながら投与するといわれています。
ジェムザールでしょうか。
経口投与とも言われていたのですがTS-1なのでしょうか。

466 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/06(水) 16:08
一週間ほど前、母が胆管癌と告知されました。
余命はハッキリとは言われなかったのですが、腹膜ハシュ(すみません、漢字を忘れました)、肺・肝臓・骨への転移があると言われました。
医師は母に、「治療の余地があるから告知した」と言ったそうなのですが、この状態はやはりステージ4、でしょうか?
現在はジェムザールの投与を週1で受けています(1クールの2回目が終了したばかり)。
ジェムザールを投与始めてから、「体が軽くなった」「体力が戻った」と母は言っているのですが、そう簡単に体調は戻るものですか?
少しは良い方向に向かっていると思っても良いのでしょうか。


467 名前: 465 投稿日:2010/10/16(土) 19:31
>>466
ステージの方は担当医にお聞きした方がよいと思います。
当方の患者はTS-1 50mg/day単剤で10日になります。
まだ検査はしていませんが、手術後約1ヶ月間は元気がありませんでしたが、
ここ2~3日とても元気になりました。
副作用を心配していましたが薬が合って、効いているような気がしています。
14日服用、7日休薬後検査になります。
検査後でないと本当のところはわからないのでしょうが。

468 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/17(日) 00:13
>>466
病期(ステージ)について
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/bile_duct.html#prg6

「ハッキリ余命がわかる」のは神様か仏様だけでしょう。個人差が大きいです。

何をめざして「治療」するのか、お医者様と認識を共有されていますか?
目的がわからないと「良い方向に向かっている」かどうか判断できませんよね。

469 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/20(日) 05:18
ジェムザールでは抑えるだけで完治できないというのが通説ですが、
完治できた方はいらっしゃいますか?
TS-1はほとんど効果がなかったようです。
また、シスプラチンやペプチドはどのような感じでしょうか?
目的って、よい方向ってわからないし、判断もできませんン。
18歳未満は出入り禁止のサイトでしたんですかね。
身勝手な書き込みお許しください。

470 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/21(月) 04:14
>>469
遠隔転移をきたした胆管がんにおいて、
ジェムザール、シスプラチン、TS-1等化学療法を含む全ての療法でも
残念ながら完治は不可能です。
これら治療の「目的」「目標」は、
「生存期間の延長」「症状の緩和」「現在の生活をより長く送ること」です。

今後はルールを守り質問は保護者に書き込んでもらってください。

471 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/21(月) 12:39
>>469 癌細胞をゼロにするのが完治ですが、共存という手段もあります。
増殖をとめる。それが延命です。
生存期間の延長し、その期間中に別の新薬がでる可能性もあります。

希望は捨てないでください。


472 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/24(木) 16:43
共存、まさにそうです。
病気を抱えながらも、それはそれで進行しなければいいのだと思います。
進行しなければ、進行してもゆっくりであれば延命は長くなるのではないでしょうか?
根治はだめでも、癌を抱えながら状態が変わらなければいいですよね。

また、先の方も書いておられるように、命の期限を決めるのは医者ではありませんよね。
ね。

それから、確実にこの世には奇跡、があるのですから。


473 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/26(土) 09:07
胆管癌で抗ガン剤治療をしたいのですが抗ガン剤が出来る基準は何でしょうか?


474 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/26(土) 16:23
>>473
参考の一つに。
http://www.iryoseido.com/kouenkai/032.html

475 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/26(土) 22:20
474さん
有り難う御座います。参考になりました。
胆管癌は総ビリルビンの数値が2を切らないといけないのか2.9までなら出来るのか知っている方いれば教えて下さい。

476 名前: たんば 投稿日:2011/05/18(水) 23:29
胆のうがんと思われる母は入院当初ビリルビンの値が10以上あり、1ヶ月がたちますが、未だに3.5です。
ステントは2度目で成功して、胆汁が出ているはずなのですが、何が理由で値が下がらないのでしょうか? 早く化学療法を始められれば、と思います。


477 名前: かんたんがん 投稿日:2012/07/13(金) 10:47
平岩先輩のことを変人扱いして、すみません。いまの段階では、
抗がん剤の選び方や、時間差攻撃については、かなり有望な方法
として雑誌記事に紹介されていました。
わたしも思うに、夜中に抗がん剤の点滴は良いのではないかと
直感的に肯定します。昼の点滴ではぐったりしてつらそうでした。
病院は嫌がるでしょうから、付き添いで看ることになりそうですね。
久しぶりに書いてみました。被爆者健康手帳を持ってあの世に旅立った
父はいまの原子力問題をどうみていることか。。。

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]