がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肝門部胆肝癌の情報ください!!

1 名前: ぽんた 投稿日:2006/04/05(水) 21:22
母が半年前、肝門部胆肝癌だと診断されました。
今はステントを入れて抗がん剤をしています。手術をするのは無理だと言われました。
まだ50歳で、なんとか助けてあげたいのですが、何か情報を知っている方は教えてください。
良い病院や治療など教えてください。
私もまだ21で、まだまだ一緒にやりたい事がたくさんあります。お願いします!!

209 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/15(水) 07:30
>208
同じ掲示板の同じ板に沢山マルチをしておいて、
何が「初めて書き込みます」ですか!?
マナー違反もいい加減にしましょう!

210 名前: るる 投稿日:2010/10/21(木) 12:20
はじめまして。
私の母は今年60になります。
肝門部胆管癌で、だいたい4ヶ月ももたないだろうと言われました。
手術に勝ちうる体力がなく、腹水も溜まり、肝臓の機能も弱り、腎臓が元々悪く、リンパ節転移が多く大きくステージⅣ……と悪条件が重なり打つ手だてはないそうです。
何とかならないのでしょうか?それとも、やっぱり諦めるしかないのでしょうか……。

211 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/22(金) 00:39
>>210

あなたが諦めてどうするんですか!

212 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/22(金) 01:14
>>210
「完治」は残念だけれど諦めざるを得ない状況だと思います。
出来るだけお母さまの希望する日々を共に歩み援助して差し上げてください。
沢山の思い出を紡げますように。

213 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/22(金) 12:42
>>210 るるさん
たとえ「完治」しても、死なない人はいません。
ですから、完治を目指すことと、症状を和らげ少しでも長生きをめざすことは
じつは本質的にたいして違わないのではないでしょうか。
今後、なにか困った症状が現れたときに(一時であれ)「何とかする」手段を
現代の医療はいくつも持っています。
>>212さんがおっしゃるとおり、お母様とともに生きる貴重な時間を大切にして下さい。
そして、るるさんご自身の健康も大切に。

214 名前: ひろ 投稿日:2010/10/23(土) 15:19
はじめまして。
私の父は今年7月末に黄疸がひどくなり胆管癌であることがわかりましたが、
すでにステージⅣで、リンパへの転移が2カ所あり手術は無理。余命半年~1年と
診断されました。ステントを入れ8月末よりジェムザール(1000mm)の投与を始めましたが、
10月の検査の結果、肝臓への転移と1cmなかったリンパへの転移が13mmと
大きくなっていることを知らされました。本人も検査結果を一緒に聞いているためなのか、
ジェムザールのせいなのか、食事がとれなくなり日に日に弱っているのがわかる
今日この頃です。今年の5月で79歳になりましたが、誕生日の日も元気で
山菜取りに行っていた父が今では食欲もほとんどなくなり、布団に入っています。
ジェムザールの投与を始めればある程度癌の進行を抑えることができると考えて
いたのが甘かったのでしょうか。地域の総合病院にかかっていますが主治医の先生が
まだ20代で今年から来られたばかりです。信頼してついていこうとは考えていますが
ちょっと心配もあります。父は5年前に胃ガンを患い胃を3分の2切除していることも
あり、身長は160cmほどですが体重はどんどんと減り40kgほどになっています。
胆管癌がわかってからどこかイベントにでも行きたいと、急に外出したがるように
なりましたが体力がもたず、どこへも行けそうにありません。
何とか余命をのばし、楽しい思い出を作れるように願っています。
何かアドバイス等ありましたらよろしくお願いいたします。





215 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/23(土) 22:08
>>214
食事が入らないのは、家族にとってつらい。
医師でも看護師でもない家族には、食べてもらうことくらいしかできないから。
でも、後から振り返ってみると、患者の体が命を全うするために必要な栄養の量を知っていて、自然に調節していたのではないかと思われる場合も。
食欲がない理由はおそらく複合的なのだろうけど、
(1)主な原因は何か(腫瘍が大きくなって消化管を圧迫している、薬の副作用、カヘキシーなど)
(2)可能な対処法は何か
を主治医に確認すれば、納得できると思います。

216 名前: 215 投稿日:2010/10/23(土) 22:18
若手医師が投与してもベテランが投与しても、効く薬は効くし効かない薬は効かない。
総合病院なら、少なくとも診療科単位のチームで診療に当たられているのでは?
若い先生は必ず新しい治療法を学んでおられるので、ある意味「当たり」です。

残念ながら、抗がん剤は100%すべての人に効果があるわけではありません。
効く人と効かない人の違いを知り、予め抗がん剤の効果を予測するための研究がすすめられていますが、確立した感受性試験はまだありません。
疾患によっては、抗悪性腫瘍剤感受性試験(SDI法、HDRA法またはCD-DST法)を先進医療として実施できる医療機関があります。
現段階では、効く確率が高い薬から順に使ってみて、運悪く効果がないと判断したら別の薬に変えるのが一般的では?
高齢の胆道癌では使える薬の選択肢が少ないと思いますが。

217 名前: ひろ 投稿日:2010/10/24(日) 00:10
情報をありがとうございます。
病院の先生には前回の受診でも、食事の量が極端に減り体重の減少も止まらないので点滴か何かで補って欲しいとお願いしましたが、
数時間の点滴等で補うことは無理であることを知りました。高齢のせいか、病気のせいか、記憶や思考も以前と違うように感じ、
話をなかなか理解できていない様子も見られます。せめて栄養を取ってもう少し動き、少しでも元気な様子が見たいと願っています。
食べられないので試せるかどうかわかりませんが、癌の克服に食事療法や中国医学についてのホームページや宣伝を見つけ、試してみては
どうか…と考えていました。

218 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/24(日) 00:12
10mm未満→13mmなど、お医者様は丁寧に説明して下さっていると思いますが、
総合的に見てジェムザールが
1. まったく効いていないのか、
2. 進行を食い止めるには至らなくてもゆっくりにする程度には病勢を制御できているのか、
も教えて下さると、素人にはありがたいですね。

食欲不振だけが問題であれば、対処法はあるかも知れません。
http://2nd-opinion.jp/jouhou/kanwa_hysron060624.htm

219 名前: ひろ 投稿日:2010/10/25(月) 23:21
今日父の通院日でした。血液検査の結果はジェムザールを何とか投与できる結果でしたが
先生と相談しジェムザールを休むこととなりました。
いろいろとアドバイスいただき、ありがとうございました。教えていただいたホームページに
書かれてあった薬のことなど主治医の先生に相談し、より詳しく今の状況を尋ねることが
できました。抗癌剤を休むことで少しでも食欲が増し、自分で動く元気が出てくれることを
願っています。余命が心配ですが薬に負けた状態では本人があまりに辛そうでした。
今後のことはこれから決めていくこととなります。この掲示板にとても勇気づけられています。

220 名前: ひろ 投稿日:2010/11/07(日) 21:53
先週金曜日に父が入院しました。ジェムザールを休んでも結局食欲や元気は出ず弱っていくばかりと
なってしまいました。昨日今日は39度の熱を出してベットから起きあがることもできません。胸の音や
レントゲンはきれいで、熱の原因は主治医の先生もよく分からないから検査していきますとのお話でした。
ここからもちなおしてくれるのか、このままなのか分からなくなってしまいました。家族にできることは
そばにいるだけなのでしょうか。

221 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/08(月) 03:08
ご家族が交代でそばにいて差し上げることができるなら最高だと思います。
遠方で仕事を持っていた私はままなりませんでした。

お父様のお気持ち次第かと思いますが、もし幸運にも熱が下がればご自宅に帰れるかも知れません。
介護保険を活用して適切なサポート体制がとれるよう、病院の相談室やケアマネージャーさんとよく相談なさって下さい。

ひろさんご自身お疲れが出ませんようご自愛下さい。

222 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/08(月) 23:23
温かいお言葉ありがとうございます。221様つらい思いをされたのですね。

私も仕事をしているので夕方から面会時間が終わるまでしかついてあげられません。
一日中そばにいる母が少々心配ですが、まだこれからと思っています。

父が春に背中の痛みなど訴えていた時にもっと早く病院へ連れて行けばよかったなどと後悔は
たくさんありますが、今からでもできるだけのことをしたいと思っています。



223 名前: 千葉の人 投稿日:2010/11/09(火) 14:40
投稿したのが2005ですので、胆管癌で母が亡くなって5年経ちました。2005(416)(482)
等に書き込みましたが、(484)でたぶん先生だと思いますが、勉強なさっている方がいるんだと明るい希望を持ちました。
先週の朝日新聞に、まるで亡くなった母の事(症状)と同じような方が居られて、十二指腸にステントを挿入し、
おおいにその症状の改善に役立った、費用は保険適用が利き10万円程度であった。との
記事を読み、母は残念であったが、着実に医療は進歩しているとの確信を得ました。
水さえも飲めなくなって、付き添うものとしてどれだけ苦しく悲しかった事か。たぶん直接幹部に治療処置も出来るように
成ってくるのではと期待します。

224 名前: ひろ 投稿日:2010/11/18(木) 21:37
222の書き込みは私です。名前を付け忘れてしまいました。

父ですが、38度前後の熱が2週間以上さがりません。特に夜高くなり、解熱剤の注射をしてもらっています。
腫瘍マーカーが11400だそうです。食事はベットの上に座って、お粥をスプーンで5杯分くらい食べることができています。

このような状態になり、あとどれくらい生きていられるものでしょうか。非常に難しい問題だと思いますが
どなたかの経験をお知らせ願えれば今後のことを考える参考になると思いますのでよろしくお願いいたします。






225 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/19(金) 00:16
インフルエンザの可能性もありますし..

私の父(膵臓がん)の経験です。
手術の数日前から、発熱しました。
私は、ただの風邪だろ?程度に思っていたのですが、主治医が焦っていたのを覚えています。
手術で胆嚢も取り出したの、見せてもらったところ、
胆嚢が鶏の卵位にパンパンに膨れ、真っ白でした。
主治医から、発熱の原因がそれであり、破裂したら大変なことになっていたと聞かされました。
結局、数ヶ月の延命にしかなりませんでしたが..
下記の投稿が参考になるかと思われます。
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/035tankansui/964761551/l50 の983

発熱の原因はたくさんあると思います。
先ずは、主治医の上記の可能性と、現状の詳しい説明をたずねてください

226 名前: ひろ 投稿日:2010/11/19(金) 23:28
225様 ありがとうございます。教えていただいた掲示板を読ませていただきました。
983については同じ名前で同じような状態を書き込まれた方がいることに驚きました。
983のひろさんのお母様がその後どのようにされているのか気になります。

父の発熱については血液検査やCTの結果から、どこかに炎症があるのではなく、癌からくる発熱と聞きました。
今までは注射で対応してもらっていましたが、今日から熱を下げる点滴が始まり、今日は37度前後の熱で治まっています。

一日中母が付き添っていますが、母もあまり体調が良くないためそろそろ限界かと考えています。
この状態がいつまで続くのか分かりませんが、父と母のためにも私が仕事を辞めて最後の親孝行をすべきかと考えていました。


227 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/20(土) 08:21
>癌からくる発熱

癌そのものが猛毒を出すわけではないです。
大きくなって管や穴?を塞いでそれまで正常だった器官の流れを止めちゃうものだと思ってます。
225さん、983のひろさんの症状が近い気がします。

とにかく、お父様には、痛みや辛さを我慢するのではなく、徹底的に楽にさせてあげてください。

228 名前: ひろ 投稿日:2010/11/21(日) 08:50
ありがとうございます。
血液検査の結果では炎症等を起こしている結果が出ず、患部からの熱と聞かされ、意味が分からないまま
悲観的に納得していました。
今は熱や痛みを抑える点滴が効いています。痛み止めの注射や座薬も使えると言われました。
これはまだ良い方に考えるべきなのでしょうか。これからが心配です。

229 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/21(日) 18:22
渡辺淳一の小説「冬の花火」だったか?主人公が癌で熱を出す
記述がありました。体中の癌細胞が一斉に分裂して増殖する時
免疫細胞と戦って熱が出ると…医師だからフィクションではないと
思われますが熱があるとすぐそれを思い出し少し不安になります。

230 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/21(日) 18:50
「腫瘍熱」「腫瘍熱とは」などで検索をしてみると少し具体的に理解出来るかも知れません。

231 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/11/21(日) 22:37
腫瘍から出るある種のタンパク質がきっかけとなって、体温調節をするサーモスタットの設定温度が上がる、
というイメージでしょうか。
-----
腫瘍熱の発生機序
腫瘍自体から産生され、また腫瘍壊死物質を貪食した好中球やマクロファージが産生した
インターロイキン1(IL-1)、インターロイキン6(IL-6)、
腫瘍壊死因子(TNF)、インターフェロン(IFN)などの発熱性サイトカインが
視床下部近傍の血管網の内皮細胞に運ばれ、
そこでプロスタグランジンE2(PGE2)の産生と分泌が促される。
それが体温調節中枢(Pre-optic Anterior Hypothalamus-Poah:PAHP)に行き、
セットポイントが上昇する。
この結果、血管収縮により熱放散が抑制され、筋収縮やshivering による熱産生が促進され、
発熱を起こすと言われている。
(沖縄県医師会報 2010年8月号
www.okinawa.med.or.jp/activities/kaiho/kaiho_data/2010/.../047.pdf)

232 名前: ひろ 投稿日:2010/11/22(月) 23:13
腫瘍熱について色々なページを検索させてもらいました。とても難しいです。
「腫瘍熱の発現は腫瘍の急速な増大を意味していることも少なくない。」とのこと、少々暗い気持ちになりました。

腫瘍熱の検索で「明日の風」という癌患者さんの在宅での闘病記録を読むことができました。
父が自宅へ帰りたがっています。食事も思うようにとれない現状ですが、今後、首からチューブを通し栄養を入れられるようにしてもらったり、
要介護の認定をうけ訪問看護による点滴や栄養の接種等を受けられるようにしたりと、準備を進めようと考えているところです。
退院のめどはたっていませんが、できるだけ父の希望を叶えられるように家族で考えています。
大変なことや勉強しなくてはいけないことがたくさんありそうです。



233 名前: ひろ 投稿日:2010/11/29(月) 20:51
 父ですが7月に黄疸が出てチューブステントを1本入れていただき黄疸が緩和されました。
11月から熱が下がらず、血液検査の結果からは原因が究明できないが、ステントが詰まってきていることが
熱の要因かもしれないと先生から言われ2週間前にチューブステントを無事交換しました。今度は2本になっているそうです。
ところが交換により熱はさがらず、今は見た目に分かる黄疸が出てきてしまいました。熱は腫瘍熱とのことで今は薬により調節ができています。
今後はメタリックステントに替えなければと言われています。ステントが無事入らなければチューブを体の外に出し胆汁を出すことになるような
ことも言われました。今まで目に見えた黄疸症状がなく2週間前に替えたばかりなのにこんなにすぐに詰まるものなのか、少々納得できていません。
先生が今後は黄疸との闘いになりそうですと言われました。家族になにか対処できることがあるでしょうか。
情報をお持ちの方お願いします。




234 名前: ひろ 投稿日:2011/03/19(土) 07:54
 
2月の末に父は逝ってしまいました。

癌についての知識が何もない時にこの掲示板を知り、
とても勇気づけられました。

最後は水を飲んでも吐いてしまう苦しい状態でしたが
苦しいの一言も言わず最後まで頑張りました。

色々とありがとうございました。


235 名前: 倉敷のトモ 投稿日:2011/06/17(金) 13:50
50才男性です(本人)
2010年黄疸をきっかけに3月に肝門部胆肝癌と告知を受けました。
ドレナージ、ステントにより黄疸値を下げ、放射線治療後、化学治療を(TS-1、ジェムザール)
続けてました。まずまずの状態かと思ってたのですが、1ヶ月ほど前に黄疸を再発してしまいました。
国立病院にて内視鏡的胆道拡張術を二度ほどしたのですが改善が見られず、主治医はもう手段が無いとホスピスの紹介を受けました。
これからホスピスの初診に向かうのですが、棺桶に片足を突っ込んだ状態と言って良いのでしょうか?
黄疸によりひどい痒みが最大の苦痛ですが、棺桶に片足をつん込んだとは思いたくないです…。
黄疸を下げる手段は無い物でしょうか?

236 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/08/06(土) 10:08
ttp://www.med.nagoya-u.ac.jp/tumor/patient/kanmon_jisseki.html
名古屋大学の門を叩いてみるのも一つあるかもしれません。
希望を捨てないでください!

237 名前: 倉敷のトモ 投稿日:2011/08/23(火) 15:21
>236さん…名古屋大は肝門部胆肝癌に特化してるんですね。

ホスピスに行きましたが、大きな痛みが特に有る訳でない現状ではホスピスに来る必要も無いとの事でした。
すべき事が無い宙ぶらりんな状態でしたが、地元の小さな病院で相談したところ、ダメもとで他の病院を受診してみる事になり、42日の入院で今日退院しました。
ERCPで、ステントを入れると言う同じ治療でしたが、3本詰まってたステントに2本入れる事が出来、黄疸もほぼ正常値になりました。
化学治療を(TS-1、ジェムザール)を再開出来る状態となり退院出来ました。
肝門部は詰まってしまいましたが、特に進行してる訳でも無く転移も見られないとの事です。
白血球の下がりが早かったり、発熱で抗ガン剤を6割量以下の使用にせざるおえないのは少し不満ですが、少しホッとしてます。



238 名前: ありす 投稿日:2011/10/31(月) 17:19
はじめまして、主人58歳が関門部胆管癌4aと、8月末診断されました。黄疸がひどく、ビリルビンは2桁。チューブを2本いれ、途中つまりかけながらも2.0までさがったので
9月20日より抗癌剤開始しました。ジェムとブリプラチンです。副作用もそれほどなく、2日ほど発熱したのですが、抗癌剤投与前よりガンマGTP、ALP、LAPなどの肝臓の数値はわるかったのですが、ビリルビンが3.0,2.0でしたので投与。その後もこれらの数値はあがっていったのですが、27日にガンマ633ALP1838LAP317で、迷った挙句投与。ビリルビンは1.7でした。でも今回は2日後くらいから倦怠感、ビルも2.5で詰まってるかCTとったものの、もう少し血液検査しましょうといってたのが、今日ビル6.8上昇でガンマも1133、ALP2541.熱もではじめました。チューブ交換はあさって水曜日。ブルブラチン、ジェムとも肝機能障害の副作用が少なからずあるみたいですが、こんなに悪い数値でも投与するのでしょうか?チューブ取り替えたら<元とうりはいらないかも>肝臓の治療するというお話でしたが・・こういう場合、どういう治療になるのでしょう?セカんどで行った神戸大学で、きるかどうか5分5分といわれ、化学療法で小さくしてから、と思い、今まで比較的順調だっただけに・・今夜、主人抜きで話があると主治医に呼び出されてます。とても不安です。

239 名前: ありす 投稿日:2011/10/31(月) 17:25
すいません、238のありすです。抗癌剤投与開始は9月じゃなく、今月20日です。Ctは入院時、8月末にとったものと先日とったものは、ほぼ横ばいといわれました、が、主人もいたから?

240 名前: かわさき 投稿日:2011/10/31(月) 22:54
はじめまして。
昨年,76歳の母が11月に黄疸発症から肝門部胆肝癌と診断されました。
母には癌とは知らせず,悪性ではない腫瘍があるということにして今に至っています。
手術となると肝臓の7割を切除することになり,年齢的なことや命の危険もあるとの
ことで手術はできず,チューブを挿入して,胆汁を抜いて黄疸症状が改善するのを
待って,30回の放射線治療(入院時10回,通院20回)を行いました。
医者からは,余命1年程度と言われました。
放射線治療後は,身体の痛みや体重減少はありましたが,食事に制限はなく,食べ
たいものを食べていました。
9月に入って,少し黄疸症状が出始め,月末になって再入院となりました。
癌が大きくなり,胆管を圧迫したことで,胆汁の流れが悪くなったようです。
鼻と脇腹から3本のチューブを挿入し,胆汁の排出しています。
点滴で栄養を摂っていましたが,一度,黄疸が改善したので三分粥を食べたところ,
数値が上昇したため,再び,点滴に戻ってしまいました。
胆汁の排出を促進するための薬も錠剤ではむせてしまうため,粉薬をゼリーと水で
混ぜて服用しています。
再入院も一ヶ月が経ち,黄疸は改善してきているようですが,日に日に元気がなく
なっています。
先週末に鼻からのチューブは取れましたが,痰がからんで呼吸がしづらそうです。
声も出しづらくなって,身振り手振りで会話をしています。
薬も嫌がるのでこのところ飲んでいません。
37度台の熱が続いていて,衰弱も進んでいるように見えます。
根本的に癌に対する治療は何もしてません。
黄疸症状と熱に対しての治療だけやっています。
このままで行くと,どんな最期を迎えることになるのでしょうか?




241 名前: 774 投稿日:2012/03/04(日) 01:05
肝門部胆管癌はまだ手術療法が唯一の根治への道です.
名古屋大は最も有名ですが,その手術方法は既に定型化されて腕のいい外科医ならばどこでもできる手術となっています.
一方その手術成績は10年前より伸び悩んでおり,いかに他の治療法を組み合わせて成績をあげるかが各施設で取り組まれています.
その一つが術前化学放射線療法で,東北大と慶応大で臨床研究として行われているようです.
以前この病気で有名だった慶應大は最近また胆管癌,胆嚢癌に力を入れているようで,これらの難手術を腹腔鏡手術で行う医師がいるようで,学会で盛んに発表しています.

242 名前: ありす 投稿日:2012/03/06(火) 00:50
ずいぶん前に投稿させてもらった238、239のありすです。セカオピでいった大学病院で手術は5分5分といわれ<CTではハッキリわからないが、動脈までいってなければ切れる>結局本人と相談し、抗癌剤をやって少し小さくしてから手術と決めたのですが。かかってた内科の主治医も賛成してくれて。でもステントのつまりで中断して進まないので、あせって方向転換して、774先生もかいておられる名大で先月手術を済ませました。8月末にわかってから、5ヶ月たっていたので、原発はそれほど大きくなっていなかったのですが、抗癌剤も結局2回<2クールでなく>しかできなかったので、リンパに転移あり、切除。先生も抗癌剤は毒だから、術後は~って感じでしたが、リンパにあったから、6ヶ月はした方が良いと。どのみち、ステージは最初から高かったので、術後抗癌剤は、最初に入院した地元の総合病院でするつもりでしたが。大変な手術なので、もっと入院期間も長いのかと
思っていましたが、2週間で退院して、毎日運動し、肝臓も1ヶ月近くたって、現在だいぶ大きくなっているとのこと。もっと速く、セカンドで名大に行ってればと思ってます。可能性のある方は早めに手術という選択を考えられた方が良いと思います。セカオピも行く病院を良く選んで行くのをお勧めします。得意分野とか・・。あたりまえのことですね。ただ、この5ヶ月、ほんとに生きた心地がしない状況も多々あったので。わけもわからず、PCで最初に調べたのが、先進医療の胆肝膵の項目でそこに乗ってる近めの病院へ最初に行ってしまって・・友達の看護師に内科と外科は考え方違うからセカンドも行くべきって言うの聞いて、全国的に1つの病気の治療ってある程度統一されてると思っていて、PCで調べていく内にびっくりする事だらけでした。せめて・・とハイパーにも行かせたり、良いといわれる物飲ませたり。名大の術式も早くに調べてたものの、1つめの大学病院の見解聞いてから、手術に対して、本人消極的になって免疫療法調べてたりしてたので、ここまで長くかかってしまいました。とはいえ、これから術後の化学療法が始まるので、いつまでも気が抜けません。

243 名前: ありす 投稿日:2012/03/15(木) 00:49
術後の抗癌剤治療について、実際されてる方にお聞きしたいのですが、手術をした病院では、術後、1ヶ月ほどして外来に行き、血液検査も異常なし、肝臓も7割くらいになってると言われました。その4日後に術前入院してた地元の消化器内科で抗癌剤をするにあたり、血液検査した所、γGTP347,LAP157、ALP733で、肝臓が数値が悪いので、あと2週間後にもう1度検査してみてからと言われたのですが、これは、術後もう少し待てば下がってくるものなのでしょうか?大学病院では、肝臓の調子も良いように言われたし、本人もジムに行ったりして、体力も回復しつつなので、こちらとしてはステージの事もあるので、早くとあせるのですが。体力回復すれば出来るくらいに思ってたので、少しショックです。AST,ALTはほんの少し基準値超え、あとは正常です。

244 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/03/26(月) 21:26
術後の発熱についてお聞きします。侵しゅう熱は、微熱が続くというのは聞いた事あるのですが、術後、1ヵ月後38度ほど熱が出て市販の風邪薬で微熱程度になり、翌日には収まり食欲もまずまず。その後また1ヵ月後に今度は39度6分くらいまで発熱。風邪薬で夕方には微熱。その時はだるさも食欲もスッキリとは戻らず前よりもダルそうなのが2日ほど続きました。前回の発熱後、血液検査では特になにも言われず、まあ、順調に回復してます、といわれたそうです。熱があがる時震えがくるのは、内臓からの熱じゃないかと知り合いに言われたのですが、合併症などなら、抗生剤うたないと、すんなり熱も下がらないんじゃないかと思うのですが。早く術後の抗癌剤も始めたいのに、高い熱がでたりしてるし、肝臓の値もあまり良くないみたいだし。術後、皆さん、順調に回復されてるんでしょうか?

245 名前: 涙の女王 投稿日:2012/08/06(月) 00:58
244様 投稿日よりだいぶ日が過ぎていますが、術後の回復について母の経験でよければと思い投稿します。2010年7月中旬に肝門部胆管がん手術を受けました。
術後は合併症があり、39度の発熱、肺に水がたまる一番ビックリしたのはお腹に膿がたまり、手術で縫合したところから膿があふれでてしまい、緊急手術になりました。その後は抗生剤を点滴で治療しましたが、見守るしかない状態でした。熱はある程度下がった後もお腹にチューブを入れて膿を排出することがしばらく必要でした。結局、退院したのは11月上旬でした。人によって合併症は違うので、出てきた症状に合わせて治療していくしかないと主治医は話してくれました。現在も抗がん剤治療に通っております。

246 名前: 244です 投稿日:2012/08/07(火) 21:48
涙の女王様、返信ありがとうございます。今は、突然発熱することもなく、抗癌剤で通院しています。一応手術した病院で半年の抗癌剤をといわれたので、あと6回とのコトなのですが、お母様はまだずっと抗癌剤治療しておられるのですね。やめるのも不安なのですが、副作用でダルイ日もあるらしく、とりあえず、予定の半年で辞めるつもりでいます。

247 名前: さち 投稿日:2013/08/28(水) 22:33
はじめまして。
いろいろ参考にさせてもらっています。
母の事についてみなさんのお力をいただきたく、書いてみることにしました。

8月9日に閉塞性黄疸で入院し、結果肝門部胆管癌ステージⅣbと診断されました。
この病気に強いとされる名古屋の病院へ紹介状を持っていき名医の先生に診断してもらった結果、手術は困難との事で入院もせず帰ってきました。
なかなかあきらめきれずどこか手術のしてくれるところはないかと必死に探しています。

よろしくお願いします。。

248 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/08/29(木) 23:55
名古屋は、比較的、切ることにはたけてるイメージがありますが…

切れない理由は、なんといわれたのですか?

249 名前: さち 投稿日:2013/09/01(日) 00:17
248さんへ
読んでいただきありがとうございます。
切れない理由としましては、進行しすぎてるとのこと。
深すぎるので切れないということです。
やはり、この理由ではどこへいっても無理なんでしょうか・・・。


250 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/09/02(月) 23:53
門脈に絡んでると思われます

金沢大系も切る方ですが

251 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/09/08(日) 10:09
胆道学会 http://www.tando.gr.jp/
こちらに書かれたお気持ちを率直に話されて(質問されて)、再度オピニオンをとられては。
胆道学会で指導医や施設を公開しています。
最も精度の高い技術や知見、情報を共有している団体(のはず)なので
切除の可否や理由、リスクベネフィット他もろもろを含めて、最適な助言と支援を受けることができるはずです。
オピニオンをとり続けるのは止めたほうがいいと個人的には思うので、気持ちを切り替える準備は必要かもしれません。

胆道がんをやさしく解説 初の患者向けガイド本発刊
http://www.47news.jp/feature/medical/2013/06/post-897.html
全体像が掴みやすい入門書が本年発刊されました。
医療者とのコミュニケーションの一助にもなるので、参考にされてみてください。

そうですかと、そう簡単には飲み込めませんよね。
苦しい時期でしょうけれど、焦らずに乗り越えてください。
こっそり応援させていただきます。がんばってくださいね。

252 名前: A 投稿日:2013/09/13(金) 00:39
�͂��߂܂��āB�������̌f�����߂����q�����܂����B��(63)�̎����������Ă��������܂��B����5����2�T�ԑ����Ă����M�A1�T�ԑ����E�����̋����ɂ݂Ŏ��f�������@�B�̔^ᇂ̋^��or��ᇂ̋^���Ō����B9���A�̖啔�_�NJ��ð�އWb�Ɠ`�������܂����B�S�����́w���N�O�A���A�a�ł̓��@���ɂُ͈��݂͂����Ȃ������̂ŁA���Ȃ��̑����Ői�s���Ă��܂��c�x�Ƃ̎��B��ᇂ̑傫����8����B�̑��ɕ����]�ڂ����B���߂ɂ��]�ڂ����B���p�͕s�����w�Ö@�Ŏ��Â����Ƃ̂��ƁB���C�ɂ��Ă��������Ă����炢�܂��ɐM�������܂����B���ɓ��Ɍ��C���Ȃ��Ȃ����Ⴄ���ł��傤���c�s���ŋꂵ���ł��B

253 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/10/18(金) 20:58
関門部胆管癌4bで手術して、1年8ヶ月ほどになるものです。大学病院で手術してもらい、地元の総合病院で、3ヶ月に1度検査してます。再発は今の所ないのですが、3週間ほど前から胃が痛いように感じ、今日カメラをしたら、リンパ節が腫れてるとのことでした。2ヶ月程前に撮ったCTでも、リンパが少し腫れてる、といわれたのですが、その時より、腫れがひどくなっている、との事。予定より早く、来月CTを撮るのですが、これは、転移の兆候なのでしょうか?胆肝膵の専門の科のない病院なので、遠方ですが、手術してもらった大学病院で、1度みてもらった方がよいのか、迷っています。術後、このような症状になった方おられますか?に

254 名前: そら 投稿日:2014/08/08(金) 22:47
   今晩は!父が肝門部胆官癌と診断されました。口からカテーテルを挿入しての手術はダメ
で今度は経皮経肝的胆道ドレナージ術を薦められましたが82才ですし合併症や体力が持つのか?リスクが多すぎて踏み切れませんが黄疸が出ているのでこの手術をしないと余命半年が一ヶ月になるかもしれません。熊本で良い病院や同じ経験をされている方がいらっしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

255 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/08/12(火) 04:41
経皮経肝的胆道ドレナージ術は、行うべきかと思います。
先ずは、黄疸を取り除くのが第一です。

>熊本で良い病院や同じ経験をされている方がいらっしたら教えて下さい。

つらいでしょうが、、今の状態となっては難しいでしょう。

そらさん。。
受け入れ難いですが、その時をそらさんも迎えたのです。
現実を受け入れ、気丈に。

そして、残された時間がはっきり、ある程度、、はっきりとする癌というの病いを受け入れてください。





256 名前: 健康第一 投稿日:2014/08/20(水) 17:29
一月前に 胆嚢敵失手術をしました 前日のMRI 検査で 膵臓に水泡が 1cm5mmが あると
言われましたが これから 3か月ごとに検査をするとのことですが これから 大きくなれば 
手術して切除と言われましたが 手術をしない方法は ありませんか。

257 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/09/15(月) 21:59
 父が余命6カ月の「肝門部胆管癌」と言われました。
現在、食事療法を行っています。 
→ http://blogs.yahoo.co.jp/keta_yc/archive/2014/9/6



258 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/11/01(土) 22:47
うちの父親は余命半年から1年で手術は無理、と地元の病院で言われましたが1%でも可能性があればと名大に行き
15時間を越える大手術を成功させる事ができました。
それからはなんの不自由もなく普通に生活出来て、仕事も趣味も孫との時間も6年間充実した人生を送ることが出来ました。




 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]