がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肝臓癌の治療法

1 名前: toto 投稿日:2002/06/18(火) 21:39
先月62歳の父が肝臓癌ということが分かりました。
今入院中です。手術は無理とのことで、抗ガン剤による治療がもうすぐはじまります。
主治医によるとガン細胞も6cmと大きく、さらに血液の中にまでいってしまっているので、
かなり厳しいという状況です。
私なりにいろいろと調べてはいるのですが、どうすればよいのか、わかりません。
なんでもかまわないので、なにか情報があれば、教えてください。
よろしくお願いします。

2 名前: 通りがかり 投稿日:2002/06/19(水) 00:57
>>1
原発性肝臓癌のスレッドがあるので目を通してみてはいかがでしょうか?
http://www.gankeijiban.com/bbs/read.cgi?bbs=jbbsdata&key=982317670

3 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2002/06/19(水) 16:07
・慢性肝炎か、肝硬変か
・単発か多発性か
・結節性かびまん性か
によって治療法の選択は変わってきます。
それから「血液の中」は「血管の中」の間違いでは?
門脈内に塞栓が出来ていると、選択できない治療法もあります。
まずは主治医によく話を聞いて、病状を把握しましょう。

4 名前: ゆうか 投稿日:2003/09/03(水) 13:24
はじめまして。皆様のご意見をいただきたく載せさせていただきました。最近、元恋人(現在26歳)が肝臓癌だという知らせを本人から受けました。別れて2ヶ月。別れる2ヶ月前には会社の健康診断を受けた時は何も異常無しでした。最近、原因不明の湿疹が体中に出て病院に行き検査を受けたら肝臓癌だと判明したそうです。本人いわく、原因は過度のストレスによるものだと医者に告げられたそうです。ストレスの原因は現在の彼女以外考えられないらしいです。たった2ヶ月で病気は進行し、余命1ヶ月、長くて2ヶ月と宣告されるほどのものなのでしょうか?それまでは健康そのもので病気一つしない人だったのですごく不安で怖いです。正直、詳しい話は聞いていないのでわかりませんが、お酒も全く飲まない人でしたし原因がわかりません。手術で治りますか?やはり抗癌剤治療をすべきなのでしょうか?どうかご意見をよろしくお願い致します。





5 名前: 投稿日:2003/09/08(月) 09:27
水溶性キトサンがかなり効果有るみたいです。

6 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2003/09/12(金) 14:06
私の祖母が肝臓癌でした。

最初は、50年程前の輸血の再の不手際で、C型肝炎に感染しました。
その頃から症状が出ていたのですが、C型肝炎であるとはわからず、
肝硬変になり、肝臓癌に発展しました。

肝硬変で入院中に肝臓癌であることが発覚したため、
おそらく初期の段階で発見できたのだと思います。

結果的に祖母の癌は治りました。一年もかからないうちに
癌細胞がつぶれて死滅したんです。ただ、肝硬変が原因で
静脈瘤が破裂し、亡くなりました。
癌が死滅したことから、医者に解剖させてほしいと
いわれたのですが、故人が嫌がっていたため承諾しませんでした。

祖母の癌が治った原因は丸山ワクチンです。
丸山ワクチンは抗がん剤治療と違って癌細胞だけを破壊し、
健全な細胞は破壊しないため患者の身体的負担がとても少ないです。
末期癌には効果が薄いかもしれませんが、初期癌なら祖母のように
完治することもあります。

母がこの掲示板を見つけて、丸山ワクチンのことを教えてあげてほしいと言ったので
書きこみました。

7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2003/09/12(金) 14:15
追伸です。
私は医療関係者ではないので、決して宣伝書きこみではないです。

母の友人で抗癌剤治療だけを受けていた方が、
抗癌剤投与により健全な細胞が破壊され、
身体がもたなくなり亡くなりました。
副作用で口内炎が無数にできて・・・何も食べれなくて・・・
今でも思い出すと涙がでます。

それを見ているので、もっと多くの方に丸山ワクチンを
知ってほしいと思いました。それでは失礼します。

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2003/09/12(金) 14:25
URLを貼っていませんでした。以下が丸山ワクチンのHPです。
http://vaccine.nms.ac.jp/

肝臓癌だけではなくてあやゆるタイプの癌に効果が
あるので、肝臓癌以外の方も一度ご覧になってみてください。

9 名前: 沢田俊祐 投稿日:2005/12/07(水) 17:56
75歳の父が肝臓癌(それも悪性と今日判りました)になってし
まい、藁をもすがる思いで母と一緒に無い知恵を絞り、私たち
なりに色々と調べていたところ、この掲示板を見つけました。
何卒よい知恵を授けて下さい!よろしくお願い致します!!
まず最初に私の父を簡単にご紹介すると、沢田駿吾という、日
本のジャズ界でジャズギターの第一人者とされている者で、
年齢的にも現役のプレーヤーとしては、「昭和最後の生き字引」
とも言われています。
今年の10月頃までは、いつものようにライブハウスや代々木に
ある学校の院長としての仕事をこなしていましたが、10月半ば
頃になり、突然「腰に激痛が走ると」訴えるようになりました。
最初は近所の整体師に診てもらい、「ぎっくり腰か職業病のよう
なもの」と診断されましたが、あまりにも長引くので、以前狭
心症になった際にお世話になった、近所の慈恵医大第三病院に
て検査してもらい、後日本人が結果を聞きにいくと、「肝臓癌
で、大きさは7cm位」と言われました。父は数年前にC型肝炎を
患っておりましたが、代々木の東海大学病院にて一応治った
ようだったので、本人も私たち家族も、あまりのショックで気
が動転しましたが、気持ちを切り替えてよい方向に向かうよう
努力していこうと3人で決心しました。
その際、担当医師より入院、検査などのスケジュールを伝え
られたのですが、そのまま慈恵第三にお世話になるのが良い
のか判らず、知り合いの順天堂大学病院の整形外科の医師に
相談したところ、「今から順天堂に移ると、また最初から検査
しなおすため、時間がもったいないし、慈恵第三の医師が検査
などの細かいスケジュールを伝えてきたということは、癌と勝
負する決意の現れだから、そのままで良いと思う」とのこと
だったので、結局12/2に慈恵に入院しました。そして12/3に
さらに細かく検査したところ、背骨に転移していることが判り
ました。これは本人には伝えることができずにいます(本人
は坐骨神経痛だと信じています)。さらに12/5に肝臓癌に対し
てカテーテルを行いました。そして本日肝臓癌が悪性である
ことが判明し、追い討ちをかけるように、今後は歩くことが
出来なくなるだろうとも伝えられました。以上が今日までの
経緯です。
今後は、1週間後にCTと追加カテーテルを行うそうです。
以後どのような治療を施すのが良いのか、また本当に歩行が
出来なくなるのか、このまま慈恵での治療を続けるのが良い
のかなど、判断できないことが沢山あります。データと情報
があまりにも少ないのでアドバイスのしようがないかもしれ
ませんが、現段階で何かご意見があれば、是非お知らせ下さい。
また、今後新たに判った事があった場合は改めて掲示板にて
ご質問させてください。何卒よろしくお願いいたします。

10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/12/26(月) 12:33
>5 は、抗がん剤副作用に多少効果あるかも??、というものらしいです。
癌そのものの効果と勘違いされないように、一応…

11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/12/27(火) 03:36
すみません質問させてください。
前立腺ガンから骨転移、いよいよ肝臓にまで転移してしまいました。
本人に余命は告げてませんが、腰の痛みと足の麻痺があるため、痛み緩和とこれ以上麻痺が進まないために放射線を10回行います。

ただ、腰の痛みのわりにお腹から照射してるのですが… 肝臓に転移したものに放射線をかけるってことは有り得ますか?
お腹から腰骨にかけてるのかなぁとも思うんだけど、本人には肝臓転移のことは伝えてないので、まさか本人目の前にして聞けません。
また私は身内じゃないので医師にも聞きにくいのですが、どなたかご助言下さい
仮に肝臓にあててるとして、麻痺は治るものでしょうか。また転移側の肝臓の進行は放射線で遅らせる事は可能なのでしょうか?

12 名前: 11です 投稿日:2005/12/27(火) 22:16
明日「Gaシンチ」という検査をするらしいです。
骨シンチはわかるのですが、Gaシンチとは何を調べる検査でしょうか?

年あけまで持つかどうか…まで言われた彼に、何を検査すると言うのでしょう?
これ以上治療のしようがないと言われたのに、検査して何か助けてくれるのか?

何か実験されてるみたいですごく不安になります…

どなたか何の検査か教えて下さい

13 名前: 名なし 投稿日:2006/02/09(木) 21:26
海洋性フコイダンが癌細胞に効き目があるらしいですよ


14 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/02/09(木) 21:35
>>13
明かな板違いです。
この続きは「健康食品」掲示板でどうぞ。
「らしいですよ」程度の根拠ですか?


15 名前: しじみ 投稿日:2007/03/22(木) 04:08
76歳父の件です。ご回答いただければ非常に助かります。

既往症としてC型肝炎があり、2年間さぼっていた検診を再開した途端、
肝臓に2センチの腫瘍一つが見つかったたそうです。その場で告知があって、
TAEでの治療方針を提示されたそうです。近々PET撮影をするそうです。
私は父からの話でしか治療方針の提示を聞けていないのですが、あれこれ
調べた末の疑問として、保険治療も可能になって予後もいいとされるRFAの
治療ができないのかな? と思いました。
診察を受けた病院は某大学病院で、TAEもRFAも行っているところです。
この大きさの腫瘍で、RFAもできる病院で、TAEを勧められるというのは
どういう問題が考えられるでしょうか? 

RFA治療は、出血傾向がおおい患者にはできないそうですが、父はC型肝炎
患者に多いとされる、鼻血を出しやすい傾向はあります。
以上よろしくお願いいたします。

16 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/22(木) 10:31
>15

血液が凝固しにくい

血小板が減少している。(脾臓の肥大?)

止血がコントロールできない恐れがあるのでRFAは適応外

という流れです。 簡単に言えば、RFAでは、患部に対して
個別の止血処理は行えません。ですから、血が固まりにくい状態では
患部から出血が続く恐れが高く、危険なため行えないのだと思います。

また、現在の肝機能によっても、RFAは使えない場合があります。

PETによって、他に癌病変があるかどうか検査するのでしたら
その検査結果を待って、今後の治療方針が立てられると思います。

肝機能としてはRFAが可能な状態で、血小板の数値や血液凝固の数値
のみが制約になっているのであれば、PETの検査によって
癌病変が今回の1個のみであった場合には、血液製剤を投与して
一時的に出血傾向をコントロールした上で、RFAを行う可能性はあります。

しかし、何度も繰り返せる方法ではありませんから、PETによって
肝臓に複数の癌が発見された場合、年齢を考慮すればRFAを、無理に
行うことのメリットは、リスクより小さなものになるかもしれません。

最後に一言、スレッドの重複は避けるべきです。

17 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/22(木) 10:35
次の診療の時付き添って行って、RFAを希望してみることをお
すすめします。できない理由(肝機能がきわめて悪い・腫瘍
の位置が危険等)があるなら、医師から直接に説明が受けられ
ると思います。


18 名前: しじみ 投稿日:2007/03/24(土) 12:53
16さん17さん 本当にありがとうございます。

 私は治療相談の場に出られなかったのですが、替わりに出た身内がドクターから
メモをもらってきました。当初腫瘍がエコーに写らずに、造影CTで発見されたという
経緯があるので、エコー頼りのRFAをいきなりやるのではなく、TAEを最初に
やってみて場所にあたりをつけてから、その他PEIかRFAを併用する予定で、
TAEだけの治療ではない旨の説明があったそうです。

重複書き込みはしてないつもりですが、ルール違反があったらお詫びします。

19 名前: カートマン 投稿日:2007/03/29(木) 06:21
現在、ネクサバール(sorafenib)の投与を肝臓癌に対して
行っている病院はありますか?
情報があったら教えて下さい。

20 名前: さえ 投稿日:2008/04/02(水) 00:09
一度肥大になった脾臓は治療すればもとにもとれますか?兄が脾臓肥大にたったです、原因はまた調べてないですが、心配てたまりません(T_T)

21 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/06/07(日) 05:51
父が腎臓癌から肝臓、肺に転移し、ネクサパールで現状維持を保っています。
一宮に病院あります。

22 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/23(日) 23:23
横浜市都筑区のクリニカETさんは塞栓術の名医だと思います
ネクサバール

23 名前: 雪山@東京都 投稿日:2010/06/30(水) 17:12
肝細胞癌で治療中です。(東京女子医大病院)
H21年11月のCT画像では年を越すのも難しい状態でした。
現在はネクサバールという分子標的治療薬を飲みながら会社に
通勤しています。AFPという腫瘍マーカーもPIVKA-2のマーカーも
かなり下がり安定しています。
強烈な副作用が出ますので治療開始時は入院をお勧めします。
薬に書いてある処方どおりに飲み始めると厳しいので考えて投与してくれる
先生を探したほうがいいです。肝臓のスタッフの多い病院や大学病院なら
処方はできると思います。
http://www.med.kindai.ac.jp/nkangan/staffJAMTT.html
研究会のHPで顧問や世話人をしている方の施設ならネクサバールも処方
してもらえるのでは?


24 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/10/25(火) 12:16
東大、膵臓がん治療も可能な精密粒径制御による高分子ミセル型DDSを開発

東京大学の研究グループは、5年生存率が最も低いことから"難治がん中の難治
がん"と言われる膵臓がんに対する画期的な治療法に繋がる可能性がある、高
分子ミセルなどのナノスケールの運搬体(ナノキャリア)を利用したドラッグデ
リバリシステム(DDS)技術を開発したことを発表した。同技術はヒト膵臓がん
モデルにおいて、がん組織の深部にまで到達でき、白金錯体制がん剤ががん組
織の深部にまで到達していることが確認されたという。同成果は、同大大学院
工学系研究科マテリアル工学専攻/大学院医学系研究科疾患生命工学センター
臨床医工学部門の片岡一則教授らによるもので、英国科学雑誌「Nature」の姉
妹誌「Nature Nanotechnology」に掲載された。

・・・略・・・

そこで研究グループでは、100nm以下で精密に粒径制御された白金錯体制がん
剤内包高分子ミセルを使用して膵臓がんに対して有効な薬剤デリバリを実現す
るための高分子ミセルのサイズの効果を明らかにする研究を行った。

・・・略・・・

一方、ヒト膵臓がんモデルにおいては、50nm以上の高分子ミセルは腫瘍血管の
辺縁部に滞留し不均一な分布を示すのに対して、50nm以下の高分子ミセルは腫
瘍血管から均一に漏出し、がん組織の深部にまで到達できることが明らかとな
ったほか、蛍光X線分析によるPt元素のマッピングから、50nm以下の高分子ミ
セルを投与した場合に白金錯体制がん剤ががん組織の深部にまで到達している
ことが明らかとなった。

さらに、抗がん活性の評価において、50nm以上の高分子ミセルはヒト膵臓がん
モデルに対して有効性ではなかったが、30nmの高分子ミセルは顕著な抗がん活
性を示すことが確認された。

・・・略・・・

ナノキャリアを利用したがん標的治療の有効性は広く認められているが、(特
に100nm以下における)そのサイズの効果はこれまで明らかにされておらず、今
回の成果は、薬剤やDDSの集積性が乏しく未だ有効な治療法が確立されていな
い膵臓がんに対して、50nm以下の高分子ミセルが有効であることを世界で初め
て明らかにするものとなった。

また、50nm以上のナノキャリアであってもTGF-β阻害剤を併用することによっ
てその有効性を著しく高めることができるという事実は、例えば、遺伝子など
の比較的大きな治療分子を搭載し、粒径を50nm以下に制御することが困難なナ
ノキャリアを、膵臓がんに送達するための有効なアプローチになるものと考え
られることから、こうした成果が、5年生存率が最も低いことから"難治がん中
の難治がん"と言われる膵臓がんに対する画期的な治療法に繋がるものと期待
されると研究グループでは説明している。

なお、高分子ミセル型DDSは、構成するブロック共重合体の化学構造や組成の
最適化によって粒径や薬剤の放出性などの種々のパラメータを制御できること
が他のナノキャリアと比較して場合の特長であり、膵臓がんをはじめとする難
治がんに対して有効なDDSとして早期の実用化と今後の発展が期待されるとい
う。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/25/010/

http://www.nature.com/nnano/index.html


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]