がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>脳梗塞発症して間もない、大腸がんの手術

1 名前: sasha 投稿日:2012/09/19(水) 15:37
身内が、9/1に脳梗塞で倒れ、発症3時間以内だったことからt-paの処置を受ける事が出来、目立つような後遺症は残らず済みました。
ただ、受診時に極度の貧血状態だったことから、『出血性の疾患が疑われる』ということで、脳梗塞の症状が落ち着いてから、検査をしましょうということになり、CTを撮ってみると結腸に影が見られるとのこと。
後日、内視鏡検査を受け、『進行がん』と宣告されました。
手術する方向ではいるが、脳梗塞を発症したばかりで、本来なら最低でも3ヶ月くらいは開けたいところなのだが、そうゆっくりともしていられないし、あとは外科の先生の判断に委ねるしかないということで、24日に手術日が決まりました。
現在は絶食中で、12日から水の他にポカリ・お茶・飴・ガムのみOKが出て、それらで空腹をまぎらわしています。

手術中に、脳梗塞が再発しやしないかとヒヤヒヤしているのですが、軽症だった場合、再発のリスクは低いでしょうか?

今回の脳梗塞は、がんが元で、この場合の確実な脳梗塞の再発予防法は無いと言われました。

2 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/09/20(木) 03:12
手術中のリスクは、ゼロでは無いですが、
そのまま3カ月の放置した場合の脳梗塞再発や癌による出血のリスクを考えての決断でしょう。
24日までの数日間を見守ってください。術中よりそちらのリスクです

3 名前: sasha 投稿日:2012/09/20(木) 22:13
名無し様へ

今日、病院へ行ってみたら、手術に向けワーファリンからヘパリンへ薬を切り替えたということでした。
患者自体に、これといった変化はありませんでした。
また、日曜日に行くので、様子を見たいと思います。

4 名前: sasha 投稿日:2012/09/25(火) 05:34
24日、手術でした。
3時間と言われていたのが、2時間10分で終了。
術後の医師の説明では、術中に特に変わったことも無く、無事に終了したと。
『結構な代物だったよ!』と言いながら切除した患部を見せてくださいましたが、ピンポン玉より一回り小さい位の大きさで、ホントに腸閉塞を起こす一歩手前な感じでした。
今後、切除したリンパ節を生検し、転移のある無しを調べるとのこと。
まだまだ、闘いは続きます。

あとは、脳梗塞再発を含む合併症を起こさないでくれれば、身体は順調に回復してくれるはず。





5 名前: sasha 投稿日:2012/11/11(日) 19:45
10月19日に、手術時に郭清したリンパ節への転移の有無の結果が判明し、『リンパ節への転移は無し』とのことでした。
一応、医師から抗がん剤(内服)の話が出ましたが、ステージ的には、してもしなくてもどちらでも良いとのことでしたので、しない予定でいます。
定期受診で、様子を見ていく形です。


6 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/11/12(月) 00:36
sashaさん、
リンパ節への転移は無しで良かったですね。
朗報ですよ。
まずは、おめでとうございます!!

7 名前: sasha 投稿日:2013/01/25(金) 21:49
どなたか教えてください。

術後半年経過にCTを撮るのは、術後の患部の快復具合を見る為なのでしょうか?

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/01/25(金) 22:53
>>7
参考にどうぞ。
なお、質問するより先にご自身で調べることも、
結果ご自身のためになると思いますよ。

大腸がんを生きるガイド
大腸がん術後の経過観察
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/daicho/previously/post_16.html

9 名前: sasha 投稿日:2013/06/15(土) 18:13
術後半年での腫瘍マーカーが33で、更に3ヶ月後は36。
リンパへの転移は無し、術後半年時のCTでも異常は認められず。
因みにCTは、胴体部分しか撮っておりませんが、数値上昇は、それ以外の場所にガンがあるという意味でしょうか?

10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/06/15(土) 18:57
CA19-9ですか?
33→36はブレの範囲内で、
これが癌の再発を意味するとは全く思えませんが、
主治医が再発または新たに癌があると言ったのですか??
主治医にマーカーの見方や考え方や意味を質問してください。
主治医としっかり話しましょうよ。

11 名前: sasha 投稿日:2013/06/17(月) 22:34
腫瘍マーカーは『CEA』です。
医師から、ほぼ横ばいではあるが、標準より高値であると言われました。
9月に術後一年のCTを撮りますが、患者自身が腫瘍マーカーの件を聞いてから、非常に不安がっておりまして。

12 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/06/18(火) 01:45
マーカーの数字で不安になる気持ちはよく分かります。
しかし高値であっても横ばいならば過剰な心配は不要です。
マーカーと言うのは点でではなく『推移』を見るものです。
これが(2とか3とかの数字で上がるのではなく)
倍倍と3ヶ月ほど上がるとすると、
転移再発の疑いも出てきます。
気になるでしょうが今の状況はまだまだ落ち込むような段階ではありません。
これから経過観察が少なくても数年は続きます。
患者さんの不安を少しでも和らげるため、
ご家族は正確な知識を身につけ、
主治医の説明の至らない点なども補えるようにしてください。
また是非優しく大らかに理解を持って見守って差し上げてほしいです。
お大事に、そして楽しく幸せと思える日々を!


13 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/06/18(火) 08:20
CEAの値がそれであれば、再発を視野に入れた対応をするはずです。
値については初回からの推移を見るようにしてくだだい

14 名前: 12 投稿日:2013/06/18(火) 14:59
<<13
確かにCEAでは高い値なので、
まず術前の数値からどう動いたかを考えるべきですね。
安易なレスで申し訳ありませんでした。

15 名前: sasha 投稿日:2013/09/13(金) 23:32
今月6日に、術後一年のCT撮影と血液検査を受け、今日は結果聞きでした。

以前、CEAの値が上昇傾向にあると記載しましたが、CA19-9でした。
今日、腫瘍マーカーの管理表みたいな物をPC画面で見せていただきましたが、術前から下がることなく、現在46ぐらいになっていました。

医師は、『CT上は特に異常を認めないが、腫瘍マーカー上は再発の可能性を否定出来ず』とのことで、抗がん剤の話も出ました。

今後は、受診間隔を3ヶ月に一度だったところ、1.5ヶ月に一度に変更し、腫瘍マーカーの推移を様子見して行くことになりました。

あと、今日は、薬の処方がありませんでした。
一年以上は、飲めない薬だったのでしょうかね?
グラマリール、パリエット、ロキソニンが処方されていました。

16 名前: sasha 投稿日:2014/03/22(土) 21:03
再発なのか…

定期検診の血液検査で貧血が発覚し、鉄剤を処方されると同時に、大腸内視鏡&胃内視鏡&CT検査を受けることに。
大腸内視鏡は13日に済み、『細胞診』の結果待ちです。
胃内視鏡&CTは来月の17日で、全ての結果を聞けるのが来月の25日、一ヶ月位不安な日々を送ることになりそうです。

17 名前: sasha 投稿日:2014/04/29(火) 19:35
大腸内視鏡での細胞診検査の結果、再発でも転移でもない原発ガンが見付かってしまいました。
胃内視鏡とCTは異常無しの結果で、CTに写りにくい場所だったようです。

前回は横行結腸で、今回は下行結腸辺り?の診断。
術後も腫瘍マーカーが下がらないという現象は、今思うと既に新たな原発ガンがあったのかなと。

今なら、まだ初期の段階らしいので、手術を受けることにしましたが、内視鏡でマーキング・クリップをしてからになるとか。
難しい場所なんでしょうか?
キレイに取り除けるのか心配です。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]