がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>虫垂腫瘍より腹膜播種

1 名前: yumi 投稿日:2006/08/04(金) 12:15
先月母が虫垂腫瘍と診断され、手術を受けましたがすでにステージⅣの
状態で腹膜播種を起こしており今後は抗ガン剤治療で延命するしかない。
根治は無理です。と言われました。これから治療方針が決まるようですが
何か抗ガン剤治療以外で出来ることは無いかと思いネットで見つけたこの
サイトに書き込むことにしました。なんでも良いので出来ることは全て
したいと思ってます。何でも良いので教えてください。
また来週退院しますが食事で気をつけることがありましたら合わせて
ご教授下さい。


2 名前: よう 投稿日:2006/08/06(日) 03:00
yumi様

はじめまして。ようと申します。
私の親族も全く同じ状況で、現在も闘病中です。

結論から言うと、ほかの治療はともあれ、抗がん剤治療はかなり効果を見込めると思います。
当方では、TS-1とFOLFILIが奏効しました。

一度県立静岡がんセンターの腹膜播種科でセカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。
きっと助けになるはずです。

食事に関しては、どんな手術を受けたかにもよると思いますが、病院の指示に従って、食べられる範囲で好きなものを食べればよいのではないでしょうか。

私は根治がどうとかあまり考えずに、とりあえずいかに元気な今の状態を長く続けられるかが大事だと考えるようになりました。

長い闘病生活になると思いますが、頑張って患者を支えてゆきましょう!

3 名前: yumi 投稿日:2006/08/07(月) 08:58
よう様。ありがとうございます。
現在鹿児島県在住ですが鹿児島の病院で抗ガン剤治療を受けながら
静岡がんセンターでセカンドオピニオンを受けるという事が可能
なんでしょうか。
一度がんセンターに相談してみたいと思います。
今一番の懸案事項は本人への告知です。
年齢から見ると受け止められずに高齢者特有の妄想を起こすので
やめたほうが良いという意見と、やはり自分の病気と向き合い
生きる為の気力を持ったほうがより病気と戦っていけるという意見
の中でどうすれば良いか未だ結論を出せない状態です。
ようさんはどのように思われますか?

4 名前: よう 投稿日:2006/08/07(月) 20:05
yumi様

告知の問題は非常に難しく、私自身も色々悩みましたし、人それぞれだと思います。
ただ確実に言えるのは、本人に本当のことを言わないのは、
周囲の者にとってはものすごくストレスのかかる大変なことで、
加えてしばしば最良の治療の妨げになるということです。

これを踏まえた上で、本人の性格も考慮してどこまで告知すべきかを後悔しないように決めるのがよいと思います。
がんという病気の経過は本当に人それぞれのようで、
腹膜播種だからもう治癒しないとか、そんなことは誰にも言い切れないと思います。
ただお医者さんは無責任なことは言えないので、どうしても厳しい物言いになってしまうということでしょう。
本人が希望を失わないような告知のしかたは必ずあると思います。
静岡がんセンターでは、告知の問題などもよろず相談室という所で相談に乗っていただけるので、同時に利用してみてはいかがでしょうか。

もちろんよい病院があれば、治療は地元で受けることになると思います。
私も遠方でしたが、わざわざセカンドオピニオンに伺っただけの価値はあったと思います。
可能な治療の選択肢を知り、その上で主治医の先生と相談すれば、きっと後悔の無い治療が出来ると思います。

診断を受けてから数ヶ月は、本当に辛い日々ですよね。
私は積極的に周りの人に助けを借りて、何とかひと山乗り越えることができたように思います。
私にとってもこの先どうなるのか不安は消えませんが、
とにかくベストを尽くしましょう。





5 名前: yumi 投稿日:2006/08/08(火) 10:52
ありがとうございます。本日主治医に呼ばれてます。今後の治療方針について
家族と話がしたいとのことです。
告知についても相談してみたいと思います。
また今後の治療の中でも書き込みをして行きどんなわずかなことでも良いので
情報を頂ければと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。


6 名前: こいけ 投稿日:2007/06/19(火) 00:03
はじめまして。虫垂癌からの腹膜播種で、転移はありません。今は抗癌剤が
効いてますが、セカンドオピニオンを受けました。最初のドクターは、切除は
勧めず、静岡がんセンターでは切除を勧めます。内科と、外科ではこんなに
違うのでしょうか。メリット、デメリットを踏まえ、決定しなければなりま
せんが、皆様ご助言をお願いします。

7 名前: たこ 投稿日:2007/06/19(火) 21:48
6こいけさんへ
状況がきちんとは分からないので、仮定の上で私見を書きます。

①以前に虫垂癌の手術をしていて、現在腹膜播種での再発が確実な場合
→通常、腹膜播種は、単発でくることはほとんどなく、手術をしても、
 「取りきれる」ことはほとんどない、と考えられています。なので、
 腹膜播種による症状(ほとんどは腸閉塞)が無い場合は、抗癌剤治療を
 することになると思います。
 腸閉塞などの症状があって、全身状態が許す場合は、手術をしますが、
 その場合も、「取りきる」ことが目的ではなく、「とりあえず食べれる
 状態になる」ことが目的なので、極端に大きい播種結節があって、
 それが閉塞の原因なら、そこを切除することもありますが、人工肛門や、
 バイパスになることも多いです。

②以前に虫垂癌の手術をしていて、現在、画像などで腹膜播種再発が疑われている場合
→ふつう、腹膜播種は、画像でわかりにくいので、この状況は少ないと思いますが、
 この場合、全身状態はいいと思われるので、診断の意味も含めて、手術をするのも
 ありだと思います。ただ、それが本当に腹膜播種だった場合、切除したとしても、
 ミクロのものが残っている可能性が高いので、厳重な経過観察と抗癌剤治療が
 必要だと思います。

③虫垂癌は判明しているが、腹膜播種がありそうなので手術はせず、抗癌剤治療をしている場合
→この場合、難しいですが、どちらかというと手術が良いのではないかなーと思います。
 上でも書いたように、腹膜播種は、術前に画像で診断することは難しいです。なので、診断も
 含めて手術をして、原発巣は切除をして、将来の腸閉塞を予防する価値はあると思うからです。
 その上で、腹膜播種が本当にあれば、強力に抗癌剤治療をする、実は腹膜播種がなければラッキー
 という考えです。
 しかし、他の部位の結腸癌・直腸癌と違って、虫垂癌は、狭窄症状を来たしにくいので、
 腹膜播種が確実にある(腹水細胞診で証明されている、など)ならば、手術をしても、
 腫瘍を全て切除することは不可能なので、抗癌剤治療に期待する、とういうのもありだと思います。

めちゃ長いですが、当てはまるやつがあれば参考にして頂ければ幸いです

8 名前: こいけ 投稿日:2007/06/20(水) 00:31
7たこ様、さっそくのアドバイスありがとうございます。便通など不調の
原因が分らず、あちこち病院をまわり、開腹してみたら、腹膜播種状態でした。
各ドクターのお話が聞けましたら、またお邪魔します。
何かアドバイスございましたら、よろしくお願いします。

9 名前: よう 投稿日:2007/06/21(木) 05:04
こいけさま

私の親族のケースでは、かなり進行した虫垂癌腹膜播種(印環細胞癌型)が見つかったので
FOLFILIによる抗がん剤治療を行ったところ、播種が著しく縮小しました。
そこで静岡がんセンターの先生に手術していただき、播種を全て取りきることができました。

このようなケースもありますので、お話では抗がん剤が奏効しておられるようですし、
手術を念頭に入れて治療されるのがよいのではないかと思います。

手術は比較的大きなものになるために、患者さんに手術に堪えられるだけの体力が必要となるかと思いますが、
今となっては(当方のケースでは)これがベストの治療法だったと確信しています。
以上参考までに。



10 名前: まあ 投稿日:2007/07/26(木) 10:37
よう様
教えて下さい! 母が横行結腸がんにより、腹膜播腫をおこし、現在かかっている病院では、取り切るのは不可能と言われました。
上記カキコミを拝見し、静岡がんセンターに電話したところ、腹膜播腫だったら米村先生だけど、退職されました。と言われました。おききしたいのは、かかられた先生は米村先生でしたか?あと、その後のご家族の体調はいかがですか?
助かるなら、先生を捜して全国どこへでも行きたいと思ってます

11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/07/27(金) 10:26
米村先生は徳州会岸和田病院にいらっしゃいます。播種の切除はスタンダードな治療ではないので、スタンダードな治療しか許さないがんセンターでは手術ができなかったのだそうです。
こちらのサイトを参考にしてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/sukirususupport/


12 名前: まあ 投稿日:2007/07/28(土) 00:22
ありがとうございます!
早速、行ってみたいと思います!

13 名前: こいけ 投稿日:2007/07/28(土) 07:38
 手術の決意をしました。静岡から岸和田に移ります。後は、ドクター
にまかせ、私は、体調を整えます。

14 名前: まあ 投稿日:2007/08/02(木) 17:58
こいけさん!手術頑張って下さいね!
ところでどなたかどのような状況であれば手術可能なのか教えて下さればうれしいです

15 名前: よう 投稿日:2007/08/03(金) 00:48
まあ様

抗がん剤がよく効いて、播種が小さくなり、腹水が(あれば)無くなることが重要なのではないかと思います。
その状態で、なおかつ患者様の体力が十分にあれば、手術を考えることができると思います。

詳しい話は米村先生に直接伺うのがよろしいかと思います。

あまりお役に立つ情報ではないかもしれませんが、当方が経験したように、抗がん剤は確かに劇的に効くことがあります。
希望を持って、最前の治療法を探しましょう!

16 名前: らい 投稿日:2007/08/03(金) 10:16
腹膜播種で、検索していたら、ここにたどり着きました・・
初めまして、らい、といいます・・

夕べのことです、母の検査結果で、聞いてきたのですが、

前の病院のカルテが無いから憶測だといわれましたが、腹水がたまっていて
そこに影が見える、食欲不振なのは、腹水が小腸などを押して、通りを悪くしているのだろう

腹水の周りの組織にもうっすらと、影が見えるから、腹膜播種も考えられる、

以前の病院からカルテを取り寄せ、(前の病院で胃がんの手術などをしていたのですが)

ここ最近は、父が付き添いで行っても、病名とか言われず今後は点滴などでとしか言われなかったらしく

不安を感じ、以前からの付き合いのある町医者の紹介状を書いてもらい別の病院で再検査をしてもらった結果です。

それで、検索して、ここにたどり着きまして・・気が動転していて、電話で、きちんと説明できる自信が無いので

メールで問い合わせさせてもらいました・運良くこに出会えて、感謝です

17 名前: まあ 投稿日:2007/08/03(金) 13:13
よう様
アドバイスありがとうございます。希望をすてずに頑張っていきます。
らい様、私の母も先月、横行結腸がんからの腹膜播腫と言われ余命宣告されました。奇跡を信じて頑張っています。らい様も頑張って下さい

18 名前: あっこ 投稿日:2007/08/23(木) 10:55
虫垂癌の手術後に腹膜播種が疑われ、国立がんセンターへセカンドオピニオンを受けました。転移が確実にならないと治療ができないと言われ、定期的に検査を受け、ダグラスかに見つかったので放射線治療を40回受けました。その後抗がん剤治療を行こないましたが、卵巣に転移が見られ手術はできないと言われました。神奈川県がんセンターへも行きましたが、やはり手術はできないと。定期的に抗がん剤治療は続けてますが、卵巣の腫瘍は少しずつ大きくなるし、なすすべはないのでしょうか?


19 名前: こいけ 投稿日:2007/10/08(月) 16:57
 先日、ビートたけしの番組で、米村先生出てらっしゃいましたね。翌日手術でした。
岸和田と、熊本行ったり来たりしてるそうです。
 

20 名前: まあ 投稿日:2007/10/09(火) 23:45
こいけ様
無事に手術に持ち込み、成功されたのでしょうか?
だとすれば、ホントによかったですね。お疲れ様でした。
私の母も米村先生の手術を希望し、今、化学療法中です。
よろしければ術前の化学療法の内容、期間など… どうなれば手術が受けられるのか? また手術後の化学療法についても教えて頂けないでしょうか?

21 名前: まさや 投稿日:2007/12/04(火) 16:12
昨日、妻が卵管がんと診断され手術をしました。
当初生理の血が止まらず婦人科で受診、がんセンターを紹介されてのことです。
腫瘍マーカーCEAがでていましたので、胃カメラ、大腸カメラもしましたが、やはり
卵管がではないかと手術をしました。回復したところ虫垂が腫れており、
虫垂及びに卵巣、子宮を切除、腹膜もいぼ状のあるところはきれいに
取りましたと言われました。リンパはきれいでしたと言われました。
妻は39歳なのですが、今のこの状態はやはりステージⅣなのでしょうか?
急速病理では良くてグレーではないか?とも言われました。
あとどのくらい生きててくれるのでしょうか?

22 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/04(火) 20:55
まさや様
癌のステージ分類は、原発巣により異なります。原発が卵管なの
であれば、この記載内容からはステージ3のbかCではないかと思います。
(参考)
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_f40a.html

しかし、この記載内容からはどこが原発なのかちょっと特定できません。
1週間くらいかかると思いますが、摘出した臓器を調べて確定診断
されます。その時点で主治医から詳しい説明があります。
ショッキングな説明に頭が真っ白になる場合もありますから、知り
たいことなどは前もって箇条書きでメモしておくことをお奨めします。

卵管癌は概ね卵巣癌に準じ、抗がん剤がよく効く場合が多いとされて
いますから、腹膜に転移してもまだ希望が残るのですが、原発が消化
器のほうだと苦しい戦いになります。

23 名前: まさや 投稿日:2007/12/05(水) 09:44
ご回答有難う御座いました。
原発のけんですが、腫瘍マーカーでは婦人科でみられるものには数値が出ていなかったのですが、卵巣からの原発ということはあるのでしょうか?
先日、病理の結果しだいとと主治医に聞き、卵巣原発でなければ、外科もしくは内科に移動しますと言われました。
これは、再手術の意味をさしているのでしょうか?
手術の際に腹水を抜き薬品を入れましたと主治医に言われましたが、抗がん剤なのでしょうか?
その影響からか、手術後熱を38.5ぐらい出しております心配です。
液状線癌には抗がん剤は効かないとも言われましたが本当でしょうか?
質問攻めで大変申し訳ありません。
ただ妻が20年一緒にいても好きでたまらなく、心配です。

24 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/05(水) 23:42
まだどこが原発かもわからない時点で、あれこれ考えても仕方ないと思いますが、
とりあえず卵巣が原発だと仮定してレスします。
ただしここは虫垂の板ですから、原発の臓器が確定したら該当する板へ移動して
ください。そのほうがお仲間がいますしね。
ちなみに原発が卵巣なら「婦人科」板になります。

>腫瘍マーカーで婦人科関連の数値が出ていなかったが、卵巣原発ということはあるのか?
可能性としては高くはありませんが、あります。卵巣癌であればたいていの場合
CA125が上昇しますが、癌がかなり進んでも上がらない人も中にはいます。
また、卵巣癌の種類によりいくつかの腫瘍マーカーを使い分ける必要もあります。
なお、CEAは消化器系でよく使われていますが、卵巣癌でも上昇します。

>卵巣原発でなければ外科もしくは内科に移動すると言われた。これは再手術の意味か?
それは原発の臓器がどこなのか、あるいは術前・術中にはわからなかった転移の状態
などによって、手術ができるものとできないものがありますから、手術ができそうな
場合は外科、難しい場合や先に抗がん剤でたたく場合は内科ということでそのような
表現となったのではないですか。

>抗がん剤なのか?
「腹膜のいぼ状」というのが腹膜播種なのであれば、抗がん剤なのだろうと思います。
この場合は腹腔内投与してもらってよかったと思います。

>手術後熱を38.5ぐらい出しており心配
大きな手術をしたあとは熱が出るのが普通です。しばらくすれば落ち着きます。
あまり長く続くようであれば縫合不全や感染等の疑いも出てきますが、その
あたりは医者や看護士がちゃんと目を光らせており、適宜、対処してくれます。

>液状線癌には抗がん剤は効かないとも言われたが本当か?
粘液性腺癌の聞き違いではありませんか?
粘液性腺癌は漿液性腺癌よりも抗がん剤が効きずらいです。ただしそれは比較の
問題であって、まったく効かないということではありません。

(参考)
卵巣癌の一般的な知識
http://www.gsic.jp/cancer/cc_24/hc/index.html
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/ovary.html
腫瘍マーカー
http://www.medic-grp.co.jp/kensa/medical/akusei.html

25 名前: まさや 投稿日:2007/12/06(木) 11:00
お忙しい中ご回答大変有難うございます。
辛いですが、病理の結果を祈って待ってます。

26 名前: まさや 投稿日:2007/12/13(木) 09:20
昨日病理の結果が出ました。
やはり原発虫垂癌でした。
虫垂と粘液には癌が見つかりましたが、腹膜および付属器には癌はなかったそうです。
これから抗がん剤の治療に入るとのことなのですが、昨日聞きそびれたのですが、この状態ですとステージはどのくらいなのでしょうか?
お忙しい中申し訳ありませんが教えて頂けますと助かります。

27 名前: 投稿日:2008/01/20(日) 00:19
先日母(66歳)が大腸癌と診断されました。癌の位置は、大腸と小腸の
継ぎ目の大腸側あたりです。その入院・手術前の検査で虫垂にも異常が
あるとのこと。癌か悪性リンパ腫の疑いがあるようです。
虫垂癌なら腹膜播腫も確実なんでしょうか?
もう助からないのでしょうか?来月2/2に入院、2/5に手術の予定です。
今は目の前が真っ暗です。癌については何も知らず、馬鹿な質問をしている
ようならすいません。よければどなたかお答えください!

28 名前: ココ 投稿日:2008/01/20(日) 11:10
私の46歳の夫も、胃癌にて、開するも腹膜播種がみられ、そのまま何もせず
おなかを閉じられ、家族は打ちのめされてしまいました。

余命宣告をうけ、何か手立てがないかと必死のおもいで検索しこのサイトにであいました。
会いました。

しかしそう簡単に米村先生の診療を受けられるのでしょうか?





29 名前: ベテランの患者 投稿日:2008/01/21(月) 23:18
>27
虫垂にあるものががんかどうか確定していないわけですから、今から
悲観しても楽観してもはじまりません。

腹膜播種自体は、腸の内側で発生したがんが、腸の外側まで深く広がり
そして、腸の外(腹膜)にも広がったということですから、腸内の横方向の
広がりには直接は関係しないのではないでしょうか。
(横方向に広がっているということは、深さ方向にも広がっている可能性が
高いとは言えるでしょうが。)

それよりも、虫垂にがんがあると「仮定」した場合、最初に発生したものが
周囲に広がっていくことにより発生したのか、それとも血流などにのって
離れた場所に発生(遠隔転移)したのかというほうが問題です。
後者ならば、全身にすでにがん細胞が散らばってしまっている可能性が
ありますから。

いずれにしても、手術が終わるまで、確定的なことはわからないのですし、
手術を予定するということは、腹膜播種や遠隔転移がない可能性があると
医師が判断されているのではないでしょうか。

今のうちから目の前が真っ暗などといわず、とりあえず、大腸がんについての
一般的知識を身につけられたらどうでしょうか。
例えば、下記の国立がんセンターHPの大腸がんの解説を読まれては。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html

30 名前: 投稿日:2008/01/22(火) 01:25
ベテランの患者さん、回答ありがとうございます。
大腸癌だけでもショックやったのに、虫垂にもと
言われてパニックになってたとこはあります。
虫垂癌は非常に稀で、助かる可能性が低いって
聞いたもので・・・。
今週金曜に手術前の検査を終えた段階での説明が
あるので、それを待ちたいと思います。
結果がどうあれ、できることは全てやりたいと
思ってます。
また報告します。

31 名前: ココ 投稿日:2008/01/22(火) 08:07
夫が、胃がんから腹膜播種を併発し、抗がん剤治療でも1年2ヶ月くらいの余命と言われてしまいました。

米村先生の腹膜播種の治療法は、標準治療とされている抗がん剤服用と点滴ではないのでしょうか?
教えてください。

32 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/01/22(火) 20:16
>31
ひとことで言うと、米村先生は手術をするんですよ。
腹膜播種をまず抗がん剤でたたいた後、腹膜播種の切除と腹腔内
温熱化学療法を組み合せた手術を行います。
もちろん術後にも抗がん剤は使います。

全国から患者が集まっておりかなり忙しいようです。また、癌の
転移の状態等により手術できない場合もあります。

ここで質問するよりも、こちら↓の中にある掲示板
http://www13.ocn.ne.jp/~sukirusu/1137.html
もしくはこちら↓の方に相談してはいかがですか。
http://plaza.rakuten.co.jp/sukirususupport/

個人的には後者をお奨めします。

33 名前: Akiko 投稿日:2008/01/26(土) 17:35
母が腹膜播種で、先日米村先生の手術を受けました。
米村先生の診察は木曜日のみ、病院に電話して予約しました。
「紹介状はお持ちですか?」と聞かれ、まだもらってはいませんでしたが、
主治医にもらっていく予定でしたので「はい。」と応えましたら、
「腹膜播種と診断されていて紹介状もお持ちでしたら…。」と、すぐに
予約が取れました。
 紹介状と検査のデータ・PET検査の画像など全て持参しましたので、
その場で手術可能との判断でした。
 32番様同様、私も病院に予約する前に、紹介されているHPを見ました。
後者のサポートHPは管理されている方も大変親切で、メールへのお返事も
すぐに丁寧に帰ってきます。ココさん頑張ってくださいね。

34 名前: 投稿日:2008/01/27(日) 01:17
母(66歳)の手術前の検査が全て終わった段階での主治医の診断としては
大腸癌と虫垂癌、骨盤に腹水が溜まっている、
明確な遠隔転移は現段階では認められないとのこと。
2/5の手術で、虫垂・癌のある上行結腸・周辺リンパ節の
切除が行われる予定です。
癌性腹膜炎の可能性があり、そうだと厄介だと言われました。
癌性腹膜炎と腹膜播種は違うものなのでしょうか?


35 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/01/27(日) 08:18
>34
あちこちの過去レスにあります。例えば
最新治療板>癌性腹膜炎↓
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/ryouhou/1199956060/l50
の4番、6番あたりを参照してください。

36 名前: 投稿日:2008/01/27(日) 16:45
>35
お返事ありがとうございます。
今は、腹膜への転移が無いことを祈っています。

37 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/03(日) 03:32
去年の暮れに腸閉塞を発症し検査。
結果、腹腔内のあらゆる所に膿瘍を起こしていました。

膿瘍洗浄の為緊急手術時に虫垂の穿孔が原因だとわかりました。
患部切除して組織検査の結果虫垂ガンでした。(粘液性?)

転移等の所見はありません。
穿孔を起こしてたというのが気になります。

現在は抗がん剤治療にはいりました。
今後、再発や腹膜播種が心配です。

穿孔でガン細胞を撒き散らした可能性は大きいでしょうか?
飛び散っていたとしたら抗がん剤で押さえられる
ものなのでしょうか?

よろしくアドバイスお願いします。

38 名前: 投稿日:2008/02/05(火) 23:36
今日、母66歳の癌の摘出手術が行われました。

原発は虫垂でした。そこから大腸と小腸の継ぎ目あたりに
広がったみたいです。腫瘍の腫れで腸閉塞一歩手前だったと
言われました。目に見える癌は取り切れたということですが、
大腸に付随するリンパ節(今回摘出)への転移の可能性が
高いらしく、また腸壁の外側からも腫瘍の浸潤が視認できる
状態でした。
病理検査の結果を待たないとはっきりとはわかりませんが、
やはり腫瘍浸潤による腹腔内への癌細胞の流出及び
リンパ腺を通じての遠隔転移の可能性は高いのでしょうか?
主治医の先生には腸外への流出の可能性は五分五分だと
言われましたが、もっと高いのでは?心配です。


39 名前: はるめ 投稿日:2009/03/11(水) 19:39
40代、半年前虫垂炎の疑いで手術中、あやしかったので拡大切除したとのことでした。
腹水もあったのですが、病理検査はしてもらえませんでした。
年明け転院すると、画像でも播種が確認できました。
現在FOLFOX+アバスチン治療中(4回、うち2回アバスチン)
アバスチン入ると効果を実感するのですが、
お尻が切れたのが治らなくて、アバスチン中止しています。

こちらの掲示板で、しばしば手術のことが話題になっていますが、
実際のところどうなのでしょうか。。。
ほとんどの病院では勧められませんでした(術後の身体的負担、QOLが下がるなど)
ある病院でははっきりと、末期の延命のためになら…のようなことを言われ落ち込んでいます。

おつらいと思いますが、手術の体験談、いいことも悪いことも教えていただけると助かります。
また、胃がんの掲示板などで聞いたほうがよいとか、参考意見でもかまいません。
よろしくお願いいたします。


40 名前: かよこ 投稿日:2010/05/04(火) 18:37
2008年1月11日腹痛のため緊急手術10日間で退院検査結果10日後
1月30日最悪の状態との告知受ける。ステージⅣ、播種状態と同等、虫垂癌
「粘液がん]骨盤内に入りこんだ粘液は取り除く事はできなかった。と執刀医
より説明された。まだ今は治療方法が確立されていないともいわれる。
いろいろ、あたって結果、国立がんセンターでも助けられない、言われその後
三沢市民病院の院長先生あてに手紙(紹介状)3月より9月まで化学療法(
アバスチン,抗がん剤)48時間点滴、12回受けた。後に1年間抗がん剤
服用 現在に至っています。6ヶ月今 腫瘍マーカー6.2 いたって元気に
くらしています。

41 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/18(月) 05:36
手術前は、腹膜炎を起こしているが原因はあけてみないとわからない。
腫瘍マーカーも39と高かった。手術後、虫垂ガンと告知されました。
説明では、転移は見られないが、血液転移の状況はわからないので、
そのための治療として、抗がん剤注入点滴を3週間ごと6か月間続けたいと
いう提案がありました。
この場合の転移が認められなかったということは、腹膜播種がなかったと
いうことでしょうか?
また、これから点滴するための病院も探す予定です。お聞きしたいのは、
播種がなかったという虫垂ガンがあるのでしょうか?
ちなみに、手術時間は、約8時間、キレイにすべてを摘出したという説明です。

そして、点滴での病院探しのアドバイスを戴きたいのですが・・・・

42 名前: かよこ 投稿日:2010/11/18(木) 15:43
名無しさんへ 私の時と同じ粘液癌だったのでしょうか.化学療法受ける事は
リスクもかなりあります。(手.足のしびれ)でも生きていられることはすばらしい 
事です。何かお力になれたら良いのですが(虫垂癌の先輩として)病院は決めましたか
早く治療に入られるとよいですね。

43 名前: かな 投稿日:2012/01/24(火) 15:36
2008年までは米村先生、手術をされていたんですね・・・
なのにいまはどうして手術するのをやめてしまわれたんでしょうか?
そのへんの理由を知っている人がいらっしゃったら教えてもらえませんか?

44 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/01/24(火) 16:02
>>43
「スキルス胃癌サポート」を拝読すると、今もなさっているようですが?


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]