がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>大腸癌からの肺転移

1 名前: 山口 投稿日:2004/02/06(金) 23:19
新スレを増やしてしまってごめんなさい。
早いものでここに初めて来てから一年半が過ぎました。
タイトルの通り大腸癌からの肺転移で余命6ヶ月と宣告されてから一年半が
過ぎていますが今の所がんばっています。しかしそろそろ新薬等も試しつくし(もちろん次々にでてきていますが・・)
次の治療の模索に行き詰まった感じで、他の方の意見も聞きたくなり新スレを立ててしまいました。
又、逆に私の一年半の経験も必要とされる方には提供したいと思います。

3 名前: 774 投稿日:2004/03/05(金) 17:32
再発性大腸癌に対しては、全身化学療法が中心になると思います。
また、原発巣のコントロールが良好なら、転移巣にたいする局所
療法(可能なら切除など)により延命効果が認められています。
化学療法のレジメンとしては
・5-FU持続静注法
・5-FU+LV(アイソボリン)療法
・イリノテカン(CPT-11)
・5-FU+LV(ロイコボリン)+CPT-11
・カペシタビン (5-FU+LV(ロイコボリン)の代用として)
・オキサリプラチン(+5-FU+LV(ロイコボリン))
・GEM+5-FU(capecitabine)療法
・サリドマイド
・COX2阻害剤+cimetidineなどが、
・また今後、TS-1,CPT-11,CDDP併用療法、UFT, ロイコボリン、CPT-11併用療法
 などが期待されています。
さらに、最近、ベバシズマブ(Avastin)がFDAにより初の抗血管新生剤として
転移性大腸癌のファーストラインの治療薬として5-FUなどとの併用で承認されました。


4 名前: 姪っ子 投稿日:2004/03/08(月) 02:24
はじめまして。実は夕べこのサイトを初めて拝見しました。
というのも、叔父が肺ガンで昨年12月に市民病院に入院し、2種類の抗ガン治療も効果がなく、3月に入ってイレッサの服用を始めた矢先、昨日、肺炎を発症したということで、ひょっとして副作用?と動揺し、HPを観ていてこのサイトを見つけたものです。直系ではないので、日々の付き添いにはいってませんでしたのでどのような薬がこれまで投与されたかはわかりません。入院したときには片方の肺にかなりの胸水がたまっていたそうです。手術は不可能とのことで胸水を抜く処置をし、その後は酸素吸入を行っていたようで、お正月に一時帰宅をしたときは酸素なしでは若干苦しそうだったと言います。
今朝、親族が病院に呼ばれ、面会もしていたようですが、アイスを食べたいと言って食べたり、酸素マスクをつけていたので十分に話は出来ませんでしたが、話しも意識も十分に出来ていたようです。それが配偶者が外出していた時間に様態が急変したようでナースステーションで異変に気づいて看護師が病室に行ったときは、ベッドから転落していたようで、その後まもなく亡くなりました。余り急な事態に外出していた配偶者も自分を責め、看護師もすみませんとくり返し言っていたようでした。診断書はまだみていませんが、当初の余命告知は半年だったこともあり、5月くらいまでは大丈夫と思っていたので、ショックです。
イレッサを服用していなければ苦しんだかも知れませんが、後数ヶ月は生きられたかも、ともおもいます。
でも、叔父の急変は別の理由かも知れず、イレッサのせいにしたくはないと思います。
多くの皆さんが書かれていたとおり、この薬は“希望”だったわけですから。叔母も副作用があることは知っていましたし、私ともそういう話しもしていました。叔父ももっと生きたかったと思います。私も、酸素ボンベを持参して、家族旅行に行ったなどのHPの記載をみて一時退院をしたらこういう事も出来るんだよ、本人の気力が大事なんだよ、と言おうと思っていたので残念です。
でも、服用が悪い結果につながったのかも知れないけど、それを後悔は今のところはしていないようでほっとしています。臨終に立ち会えなかったことの方がよっぽどショックだったせいかもしれませんが。そして私自身も信じられませんが、事実として受け止めるよりないですから。急変は予想しないまでも本人も、家族も了解しての服用だったので。確か享年66才だったと思います。
「これ以上苦しまずに済んでよかった。」が親族の思いだったようです。この新薬が今以上の効果を発揮し、そして副作用に対する対処も確立されていくように願ってやみません。突然の書き込みをお許し下さい。みなさん、どうか頑張ってください。






5 名前: てるてる 投稿日:2004/03/16(火) 19:55
彼氏が直腸がんの肺転移で、今度3回目の切除手術をすることになりました。
切除できるってことはまだ完治の見込みがあるってことなんでしょうか?
わたしにはがんの知識が無いのでただ祈るばかりです。

山口さん、たみりさんのお母様も治療がうまく進むことをお祈りしています。


6 名前: 774 投稿日:2004/03/16(火) 21:31
てるてるさんへ
原発巣のコントロールが十分できていれば、切除可能な転移巣に対する
治療により延命効果が期待されていますよ。
是非、頑張ってくださいね。

7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/03/17(水) 04:53
延命効果だけでは無いですよ > てるてるさん

大腸癌で肺転移を切るということは、
まだ治癒(完治)する望みがあるということです。

逆に、治癒する望みが限りなく0である状態に
なっていたら、肺転移総巣の切除に踏み切ることはありません。

この手術で、大腸癌と金輪際さっぱりとおさらばできる
という十分な期待をもって手術に臨んでください。

そして、結果として残念ながら治癒が叶わなかったとしても
手術をしたことで十分な延命効果が得られたと考えることができます。

8 名前: てるてる 投稿日:2004/03/18(木) 00:06
774さん、名無しさん、レスありがとうございます。
また今後も色々教えていただけると幸いです。

最初の手術後1年毎に転移が発覚して、さすがにがっくりきていましたが、
(一番がっくりきているのは本人でしょうが・・・)
切れるってことはまだ望みがあるってことなんですね。
本当に今度こそきれいさっぱり彼の身体から出て行ってもらいたいです。




9 名前: みんみん 投稿日:2004/05/15(土) 00:03
父が3年前、横行結腸癌の手術をしました。
そして、肺に転移が…
当初は手術可能と説明を受けましたが、再度
CTを撮ってみると想像以上に癌が大きくなっており、
手術しても根治は望めない、いたずらに体力を低下
させるだけだと言われてしまいました。

結局、抗がん剤治療を勧められているのですが、
副作用が気になってなかなか思い切れません。
週明けにはお返事をしないといけないのですが…

抗がん剤の副作用は、1度投与されたらずっと
出てしまうのでしょうか?

抗がん剤以外に、例えば温熱療法だとか、活性化
自己リンパ球移入法とか…高度医療・代替医療・
免疫療法などで効果が得られないのでしょうか?

丸山ワクチンについても検討しているのですが…

正直かなり混乱しており、どういう手法をとるのが
一番なのか、途方にくれています。

抗がん剤を選択し、その結果大きく後悔するのは
避けたいので代替治療が効果的なら、そちらを
選択したいと思っています。



10 名前: 774 投稿日:2004/05/15(土) 15:53
現状で最も効果の期待できるのは化学療法だと思います。
他の治療法はトライアルとして大学病院などでも行っていますが、
全体的な効果としては化学療法と肩を並べるレベルまでは到達していません。
代替療法に関してはコメント不可です。
なお、それぞれの治療効果には個人差もあることを追記しておきます。

11 名前: みんみん 投稿日:2004/05/18(火) 23:21
774さん、有難うございます。
やはりそうですよね…私も総合的に判断して、化学療法に
踏み切る決意をしました。
でもやはり、副作用によって人間らしい生活ができなく
なるんじゃないかという不安も払拭しきれません。
それに、「効果があるのか」という点についても…
効果があれば、年単位での延命も期待大ですよね?
きっと大丈夫と信じて、前向きに闘っていきます。
諦めない強い意志を持ちます!

12 名前: てるてる 投稿日:2004/06/02(水) 00:14
久しぶりに書き込みします。
みんみんさんのお父様の治療がいい方向に進みますよう心から
お祈りしています。
うちの彼も手術は無事終わり先月退院しましたが、
退院後まもなくから、全身の倦怠感・肩こり・胃のむかつき(?)
などの症状があるそうです。
主治医に伝えても、「術後の経過はいい」みたいな感じで、
胃薬を処方されただけだそうですが、本当に大丈夫なんでしょうか?
UFTとユーゼルっていう薬を飲んでるみたいですが副作用ってことも
あるんでしょうか?
すごく気になるのですが、家族ではない立場だし、知識もないし、
彼氏自身が先生を信用しきっているみたいなので、
わたしは何も言えなくて困っています。


13 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/09/14(木) 22:44
最後に書き込みがあってから既に2年以上経っていますが、
皆様どうなされているのでしょうか。

私の母親が昨年3月に大腸がんの手術を行い、
今年の8月に肺転移(1.5cm 1個)が認められました。

今後、さまざまな治療を行うこととなるかと思います。

この掲示板に書き込まれたみなさんはどのような治療を行い、
お過ごしになっているのでしょうかお教え願います。

14 名前: ゆん 投稿日:2006/12/14(木) 16:10
父のことですが、先日両肺に再発が5個(最大1cm)みつかりました。
これまで原発1回と肺切除を3回行いました。
4年前に末期で余命半年と告げられあきらめずにここまできたのですが。。
あとはどれだけ延命するかなのでしょうか。。
父は、現在まで何の症状もなく普通の人より元気に過ごしております。
でもいつどんな症状が現れるのか、今は恐怖心でいっぱいです。
これから、どうすればよいのか途方にくれています。
CPT-11とオキサリプラチンは使用済みで耐性となってしまっています。
アバスチンやアービタックスの使用も私的に検討していますが。。
少しでもQOLを保ちつつ延命できる方法は何になるのでしょうか。
どなたかご助言お待ちしてます。

15 名前: はる 投稿日:2007/02/16(金) 23:07
父(72才)の事です。
5年前に胃癌、手術で2/3摘出。今年になって再発…肺に転移が見つかりました。今日、5年前からの主治医より胃の全摘手術→肺の抗がん剤治療をすすめられましたが、胃の全摘手術後の体力、免疫力、肺癌の進行、が心配です。
術後どのような状態になってしまうのか、全く考えられず、手術に同意できませんでした。
延命には一番良い方法なのでしょうか?

16 名前: コロッケ 投稿日:2008/08/01(金) 23:35
父の事です。
現在85歳。去年の1月に大腸ガンの手術を受けました。そして、今年の1月、肺への転移が発見され、再度手術。そして7月25日にCTを受けた際に肺への再発が認められました。今までの2回の手術では、年齢の割りにとても元気であり、病巣も明確な大きさになっていたということで手術を受けました。しかし今回は、肺に再発したガンがあまりに小さく、数箇所にあったので、手術は出来ないといわれ、抗がん剤(飲み薬)を服用することになりました。ロイコポリン錠25mgとユーエフティカプセル100mgです。幸い薬と相性が良かったのか、全く吐き気もなく、無症状で、食欲もあり見た目には病気であることは全く分かりません。しかし、何せ高齢です。当初は「高齢だから進行は遅いだろう。再発もないのでは?」といわれていただけにショックでした。父自身もショックだったと思います。私としては、悔いのないサポートをしてあげたいと思っています。まだ行きたい所もたくさんあるようなので、旅行にも連れて行き、楽しませることで、気分を明るく指せ、ガンを吹き飛ばしてあげたいです。きっとこの掲示板に書き込みをされている方全員がそう思っているように、私も父を(家族を)とても愛しています。85歳。抗がん剤を使うことによる副作用も今後考えられます。この薬を使うことによって命が永らえてくれたらと心からおもっています。医師にそれとなく確認したところ「抗がん剤との相性次第だからなんとも言えない」といわれました。実際、高齢者と抗がん剤、延命効果の現状はどうなのでしょうか?ちなみに、点滴の抗がん剤ではなく飲み薬の抗がん剤にしているのは、医師曰く、「暑い夏にいきなり点滴にすると一気に体が弱まって、せっかく元気なのを悪くしてしまう恐れがあるから」だそうです。掲示板のみなさん、ガンの身内を支えるもの同士、気を強く持って頑張って闘っていきましょう!!!

17 名前: k 投稿日:2008/09/07(日) 15:26
はじめまして。昨夏に父が直腸癌の手術をしました。そして今月の検査で肺に転移していることがわかりました。主治医には、もう手術は出来ないと云われました。早急に人口肛門と、モルヒネ投与をしたいと云う旨の話を受けました。が、父はモルヒネだけはやりたくないと云います。延命も要らないと云います。複雑です。

18 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/09/07(日) 15:50
>17

肺転移だけですか?
肺「だけ」ならば、人口肛門が必要なのでしょうか?
また、痛みが問題ないならば、まだモルヒネ投与は必要ないはずですが?

情報が不十分なのか錯誤があるようです。

なお、モルヒネは正しく使えば、痛みはほとんどの方で解決でき、中毒になることもありません。
逆に、楽に暮らせることからでしょうか、余命も延びるといわれています。

もちろん、最終的にはご本人の価値観しだいですが、判断の下となる情報・認識がおかしくてはなりません。

これまでの手術以外の治療歴(抗がん剤)も不明ですが、抗がん剤により延命も見込めるかもしれません。
もちろん、これもご本人の価値観次第ですが。

いずれにしても、お父様の状況や現在のがん治療について正しい知識を持たれてお父様を支えてください。

19 名前: k 投稿日:2008/10/07(火) 23:08
アトバイスありがとうございます

主治医に云われたことをノートにつけておりますのでそれを転記します

内視鏡検査の結果
現段階では肛門には指二本分くらいの余裕あり。
腸の中ではなく外に癌ありとのこと。
主治医の治療方針
・入院し手術で肺にポートを開け、一週間後から抗がん剤
エルプラッド(新薬)、ペパシズマブ、1-LVを二週間毎、4クールで行う。
モルヒネは傷みの発生時に。

血液検査に異常なし
父の強い希望と主治医の治療方針との中で折り合いをつけ、遅くても10月の中旬には入院治療を開始したいとのこと
当面はいままでと同様、ロイコポリン、ユーエフティE、プルセンド、酸化マグネシウム、それに加えてラキソベロン(下剤)の投与で通院治療を、と云うことになる

ちなみに父は30年程前に胃癌を患い、胃は全摘しております。

ポート手術は今月の15日になります

ご親切にありがとうございました



20 名前: 夫 投稿日:2008/10/28(火) 00:10
妻はすい臓がんですが、対応できますか?

21 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/10/28(火) 15:01
>>20 夫さん
とりあえず
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/pancreas.html
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/dia_tre/treatment/yakubutu.html
を参考にされてはいかがでしょうか?
最終的な治療方針は主治医 奥様と良く御相談されて
決められるしかないと考えますが・・
ここで聞いても 誰も正解は出せないと思います。

22 名前: T 投稿日:2009/11/06(金) 16:26
大腸がんからリンパ、肺、背骨に転移しました。
今3回目のカンプトです。余命はどのぐらいなんでしょうか?


23 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/06(金) 21:21
>>22
Tさん
他にもカキコされているようですが、まとめてこちらでレスさせていただきます。
転移があって抗がん剤を使っていても、マーカーが上がってきてると心配ですよね。
私もマーカーの上下に一喜一憂しています。
でも、余命って誰にもわからないと思います。
思わぬ抗がん剤や組み合わせが効果がある場合があります。
最近の標準的な抗がん剤の処方は
http://www.gi-cancer.net/gi/regimen/regimen.htm
にあります。まだ、試されていない処方はありませんか?
記載されている処方の他に、アービタックスを使う処方、
TS-1単剤の処方、TS-1とアバスチンを使う処方などがあります。
主治医とよくお話をされて、楽に粘っていきましょう。

24 名前: k 投稿日:2009/11/11(水) 13:02
5年前直腸癌粘膜下層間での浸潤 高分化方腺癌 ステージ1で手術を受けました。5年間何事もなく昨日5年目の検診に出かけましたところ
肺に 1.5ミリの小結節が3個あるとのことで4ヶ月後に再度CTをとることになりました。
主治医の言葉では1期で、粘膜下層までしかいってない、肝臓はきれい
であるから転移はまず考えられない。とのことでしたが、本当に大丈夫なのか非常に不安になって、夜寝ることもできませんでした
。どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?



25 名前: 一患者 投稿日:2009/11/11(水) 14:31
>24

国立がんセンターの大腸がんの説明によれば、
「ステージ分類
 0期: がんが粘膜にとどまるもの
 I期: がんが大腸壁にとどまるもの
 II期: がんが大腸壁を越えているが、隣接臓器におよんでいないもの
 III期: リンパ節転移のあるもの
 IV期: 腹膜、肝、肺などへの遠隔転移のあるもの 」
とされていますので、0期~I期となります。

他方、5年生存率(完治とほぼ同じです)は
「デュークス A (95%): がんが大腸壁内にとどまるもの 」
とされていますので、そもそも95%以上と推測されます。

しかも、5年間経過観察で様子を見てきたわけですから、肺の1.5ミリの小結節3個は5年前の大腸がんによるというよりも他の原因というほうが自然に感じられます。

脅かすならば、かえって新たな肺がんという可能性もありますが、これとても、現状からは判断できるとは考えられません。
「万一」そうだったとしても、早期での発見となりますので、逆に不幸中の幸いともいえるでしょう(もちろん、なんでもなかったという可能性もかなりあります)。

このようなことは気にしてもなんらのプラスもありませんので、4ヶ月後のCTまで普通にお過ごしになるのが最善ではないでしょうか。

26 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/03/04(木) 17:57
大腸がんから肺転移し現在FOLFOX治療中でしたがアスペルギルス肺炎が起こってしまいました。
この肺炎は厄介なものなのでしょうか?
普通の肺炎にくらべ治りに時間がかかるらしいのですが・・


27 名前: <削除> 投稿日:2010/06/30(水) 22:15
<削除>

28 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/07/09(土) 09:34
肺転移が認められる時点でステージ・鶤かと思われます。
(母がそうでした)
正直安心はできないですね・・・

29 名前: 桃 投稿日:2011/10/17(月) 13:14
初めまして。

主人が今月ポートなるものを埋め込み、抗がん剤の治療が始まりました。
何もしなければ数ヶ月、治療が合えば、年期待ができますと言われ、複雑な心境です。

抗がん剤が効いて、肺の病巣がなくなれば、大腸の手術をするとのことのようですが、これはあくまでも、とても効果が出た場合で、まれなようです。

抗がん剤は、mFOLFOX6をまず2週間に1回使用して、来月からそれプラス、アバスチンを一緒に使用するとのことでした。
主人は、遺伝子の検査でこの薬が良いとのことだったので。
この薬の組み合わせは、割と効果が期待できるとのことですが、肺の癌がなくなることがあるのでしょうか?

今は、民間療法で癌に効くといわれている物も試していますが、効果が出るのかは、わからないですが、
次の検査までは、色々と頑張ってみるつもりです。


30 名前: 桃 投稿日:2011/11/09(水) 09:20
昨日3度目の抗がん剤投与に行きました。今回よりアバスチンも加わり
ましたが、効果が期待できるのでしょうか?

昨日の腫瘍マーカーは、CEA248と、最初に測った時より20も
上回っていました。先生は、横ばいといわれたのですが、私としては、悪くなってるとしか思えないのですが・・・
何だか、今まで一生懸命、食事に、民間療法にと頑張ってきたのが、全部、否定されたみたいで、
落ち込んでしまいました。

こんな中で、アバスチンを加えて投与して、効果が期待できるのでしょうか?

また抗がん剤の効き目って、どれくらいから出るのでしょうか?

副作用はすぐ出るのに・・・・



31 名前: ひまわり888 投稿日:2011/11/11(金) 07:36
初めて投稿いたします。

大腸がんではUFT+ロイコボリンは一般的によく使われる組み合わせです。

副作用も他の抗がん剤治療と比較すれば少ないし、経口剤ということで自宅で服薬できるのは
服薬出きるのは楽ですね。

実は私の家内も卵巣がんで二年半戦っています。最近肺に転移がでてこれから
いかような治療をしようか悩んでいます。

経口抗がん剤がこの分野にあればとしんそこ思ってます。

同じガン家族を持つ皆様の掲示板を拝見しますと、こころ落ち着きます。

頑張ってまいりましょう。

32 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/22(火) 14:00
腫瘍マーカーはあくまでも参考です。
薬の効果はあくまでもCTなどの画像で判断します。
mFOLFOX6+アバスチンの併用療法は大腸がんの化学療法として
ごく一般的な治療法です。
いわゆる抗がん剤(FOLFOX)に分子標的治療薬であるアバスチンを
併用することで、相乗効果を認めています。
mFOLFOXは癌そのものにダメージを与え、
アバスチンは、癌が栄養を受ける血管の増殖を抑えるお薬です。
それぞれの役割があり、相乗効果が期待できます。
治療初期には腫瘍マーカーが上がっていたとしても2-3か月後には
下がってくることもありますので、様子を見てください。

ただし抗がん剤は残念ながら特効薬ではありません。
効果がない場合は速やかにお薬を変更します。
CT検査などで判定されるはずです。

御心配かと思いますが、御家族の協力が必要です。
支えあって頑張っていきましょう。

33 名前: 桃 投稿日:2011/12/05(月) 12:58
32さん、ありがとうございます。

腫瘍マーカーが、初期は上がると聞いて、少し気持ちが落ち着きましたが、
わからないことがいっぱいで、日々不安と心配のなか過ごしているので、
自分がおかしくなりそうです。

そんな中、明日は、5回目の抗がん剤の投与です。
また、1日がかりで点滴して、携帯ポンプを持って帰って、
46時間後にはずしに行くのですが、これが、毎回不規則で、
46時間で済んだためしがなく、いつも中2日開くので、その後の予定が、
立てられず、ストレスかかりっぱなしです。前回は、薬がなくなったのが、
22時でしたよ!! 携帯ポンプに変わったのが、16時30頃だったのに・・・

それから、抗がん剤の影響で、肝臓(GPT)の数値が、18から46に上がってきる上、
他にも、14.6あった、血色素量が今は、12.5に、
総タンパク質も、6,9から6,3、アルブミンも、4.6から3.8と、
何がどうなったら悪くて、どうなったら良いのか、全くわからないので、
血液検査の数字が、正常範囲から外れるととても気になります。

それ以外でも、薬の副作用、耐性はもっと心配です。

副作用は、抗がん剤を投与してみないと、何が出るかわからないので、
症状が強く出ると、要らぬ心配をしてしまいますし、当人が1番きついのは、
わかるんですが、それを見てる家族もつらいです・・

まだ、戦いは始まったばかりなんですが、早くも逃げ出したい衝動に駆られいます。


34 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/12/06(火) 10:58
33>
ご主人が闘病され、それを支えられて…。私は妻が肝臓へ転移(後で明白になりましたが、仙骨にも転移してました)してました。
どうぞ、フォローしてあげて頑張って欲しいものです。
うちの場合、抗がん剤点滴が終了したら、私がはずしてあげてました。大学病院にかかっていたのですが、勿論、看護士さんから予め教えて頂いておりました。
妻の場合、肝臓の数値は3桁でした。
残念がら、薬の副作用はどうしようもないですよね。それに薬剤耐性もありますから、抗がん剤効果がなくなると腫瘍マーカーも以前に増して上昇すると思います。
民間療法は効果は厳しいです。うちは大学病院での免疫療法系の臨床試験にも参加したり色々と試しました。
ご本人もフォローされる方も心身ともに大変でしょうが、ご自身の体調も気を付けられて頑張って欲しいと願っています…。

35 名前: 32 投稿日:2011/12/07(水) 20:16
桃さん
そうですね、ポンプですが、体温や高さなどの要素で、
46時間±5時間は誤差の範囲内ですので御心配なさらずに。
ただ抜きに病院に行くのであれば夜になると大変ですね…。

副作用も出るときと出ないときがあります。
FOLFOXの副作用としてはしびれが多いです。
冷たい水を触ると電気が走ったような痛みが出ることがあります。
アバスチンは高血圧や鼻出血です。
血液系の異常ですが、抗がん剤の副作用でしょうか。
抗がん剤が骨髄を攻撃し、血を作る機能がおちている状態です。
それにより血が薄くなっているものと考えられます。
できるだけ、ご本人の免疫力を上げるために、
経口摂取、つまり食事を取るようにしてください。
抗がん剤治療は体力も必要ですので。

戦いはまだまだこれから長く続いていきます。
御本人様が一番おつらいと思いますが、
それを見ているご家族も大変ですね。
ご本人様にとってはつらい時、一番頼りにされるのがご家族様です。
ご家族様には誰もとってかわることはできません。
どうか、ご本人様を支えていってあげてください。

36 名前: 桃 投稿日:2011/12/14(水) 16:13
お気遣い、ありがとうございました。

今回は、初めて中1日で、診療時間ないに行けました。
そのことがどれほど嬉しかったか、機嫌が良かったです(いつもこうだといいのに)

ただし、今回は、副作用の痺れがひどかった。いつもおきる、食べ物を食べる時の
口のこわばりは、ほとんどなかったし、吐き気もほとんどなかったのですが、
冷たいものに対しての感覚は、ひどいものでした。
丁度寒くなってきたのも災いしたのか、とにかく日々、痛い!寒い!冷たい!
と、きつそうでした。しびれは寒くなると、つらいみたいだと聞いてはいたけれど、
普段あれだけの暑がりの人が、私以上の寒がりになってしまって、ビックリです。
痺れを軽減する薬もあるみたいですが、効くのかな?

明日はいよいよ、抗がん剤の効き目を画像で確認します。
良い変化が、見えることを祈ってます。




37 名前: 32 投稿日:2011/12/20(火) 16:34
オキサリプラチンの痺れに対しては
ビタミンB12などが効くこともありますし、
ガバペンやリリカというお薬もあります。
リリカはめまいやふらつき、むくみなどの副作用があります。
主治医の先生とよく相談ください。

画像で良い結果が得られることをお祈りしております。

38 名前: 桃 投稿日:2012/01/13(金) 16:56
昨年のCTの結果を見て、釈然としないものを感じました。
腫瘍マーカーが100近く減ったのに、画像では、あまり変わってない。。。
大腸に関しては全く変化なし。

腫瘍マーカーと画像ってもっと連動しているものかと思っていたので、ショックで、
平静をたもつのが精一杯で、今もまだ動揺があり、その件で主人と話はできませんでした。
へたに話をしてストレスを与えてもまずいと思い、一人色々と考えているところです。

画像の結果、副作用の痺れが強くなってきたのもあって、薬を変えました。アバスチンとFOLFIRI
これが効いてくれると良いのですが。見ていると、副作用が強くて、あまり期待がもてそうにないような気がします。
(副作用が強いから効かない効くではないのですが)
痺れ、喉の違和感のほかに、口内炎、脱毛、鼻血、可哀想です。

そんな身体で仕事に行っているので、仕事から戻るとコタツで眠ってしまいます。
その寝顔を見ていると、不安に駆られます。

先生は、延命を期待して抗がん剤をしていますが、使える薬があるうちは良いけど
無くなったときは、もう成す術がないということですよね。抗がん剤も長いことはできないと
聞いていますから、それを考えるといつまで生きれるかは、神のみぞ知るなんですね

抗がん剤が、癌に効いているかは、うちの場合便が太くなるみたいですが、
未だにその症状はないので、やっぱり期待薄かな・・・

今日、薬をかえて2回目の抗がん剤が終わりました。とにかく効くことを祈ります

39 名前: 32 投稿日:2012/01/13(金) 20:57
腫瘍マーカーは画像とは関連性はあるともないとも言い切れません。
ただ、状況からは画像に変化はなくとも、マーカーが減少していたことより、
腫瘍量は減っていたのではないかと推測します。
薬が変わったのは痺れがひどいためということなんでしょうね。
おそらくですがある程度効果はあったのではないかと思いますよ。

FOLFIRI+アバスチンの治療法でも副作用の出方は人それぞれです。
副作用も全く出ずに仕事されている方もいらっしゃいますよ。
イリノテカンは消化器毒性(下痢や便秘)に注意ですね。
アバスチンは鼻血や高血圧が出やすいです。

選択肢はTS-1といった経口薬や、
KRAS遺伝子のタイプによってはまだ選択肢はまだあると思います。
分子標的治療薬などです。

私には咳が常に出るぐらいの巨大な肺転移の大腸癌の患者さんも
おられます。その方は新しい分子標的治療薬で
咳が消失し、腫瘍自体も半分以下にまで縮小しており、
現在も抗がん剤を行いながら元気にされております。

化学療法の効果があるよう、心から願っております。

40 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/02/09(木) 16:48
見てる方いらっしゃいますか・・・?
父が直腸癌・肺転移で来週16日、直腸癌の手術です。(人工肛門になります)
肺転移を手術するかどうかは、13日に決まるそうです。
転移しているということは、もう末期ってことですよね…。

父は人工肛門にするのを嫌がっていたので、治る可能性は低いのに
苦しい思いをして人工肛門にするのはどうなのかなと思ってしまいます。

今はとても末期癌には見えないくらい元気で食欲もあるのに
手術したらきっと体力も落ちて元気もなくなってしまうんだと思うと
とても複雑な気持ちです。
死んでしまうことよりも、苦しむ姿を見ることになるのがとても辛いです。

41 名前: 桃 投稿日:2012/03/06(火) 16:23
40>
苦しむ姿を見るのがつらい…わかります

お父様も体のきつさから、弱音や憎らしいことを言うかもしれませんが、
子供でしかできない慰めで、お父様を癒してあげでください。

うちの主人を見ましても、子供がとても良い潤滑油になってくれて助かっています。
見ているのはとても辛いですが、親孝行できるうちは、してあげてください。

辛さに負けずに、後で後悔しないよう、お父様との今を大事にしてください


 

42 名前: 桃 投稿日:2012/03/26(月) 13:03
FOLFIRI変えて、6回目の抗がん剤をうちに3月13日に病院に行きました。
間質性肺炎のため、今回は中止・・・  順調だったのに

薬を変えて腫瘍マーカーも30代まで落ちてきて、原発の大腸癌も画像で、縮小がみてとれるようになっているのに、
ここにきて中止とは・・・その日のうちに、呼吸器に回され、先生から、この抗がん剤は、間質性肺炎には禁忌だねと言われ、
今ステロイド剤を1週間服薬。咳は少しおさまっているようだけど、息苦しさは、今一つ

明日は、また、レントゲン。その結果、今後を決めることに…
まだ、方法はいろいろあると言うけれど、あっても、それが本人にできるかは、
わからない。

また、振出・・・

薬を休薬しているこの間に、ガンが増殖するのではと 不安でたまらない
それと、間質性肺炎が落ち着いたら、息苦しさはなくなるのだろうか?

依然、呼吸を楽にする方法はないと、父が肺気腫で病院にかかっていた時に、
担当の先生に言われているので、どうなるのだろうと思う。

それに、間質性肺炎になると、そこは機能しなくなってしまうみたいなんで、
元の肺に戻ることはないらしく、私の不安は増々募るばかりだ

肺の癌と間質性肺炎…大腸癌…良くなることがあるのだろうか??



43 名前: 桃 投稿日:2012/04/26(木) 16:45
4月10日に久しぶりの抗がん剤。
FOLFOXに減量したオキサリプラチン
間質性肺炎は、ステロイド剤が効いて、良い方向に向かっているみたいだが、
腫瘍マーカーは、予想どうり、50前まで上昇していた。

姉から、免疫療法に行ったらと言われ、主人に話をしたらば、行かないと言う

本当に効果があるのなら、保険適用になるはずだから、そこまでには至らないということは、
効果は、さほど期待できないんでは?と  
 
姉は、体力があるうちに、何かしろと言う

100万単位のお金を効果が期待できるか否かのものに、私としては懸けれないなだが…
そんな私は冷たい … ?

姉は、免疫療法が全く効果がないということはないと言うが、実際はどうなんだろうか?

私としても、主人が動けるうちに何かしたいのは、同じなのだが、主治医は、
してみるのは構わないですよと言ってはくれるが、何をすればいいのかわからない ><↓



44 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/05/29(火) 21:59
>>39 ドクターでらっしゃいますか? その肺の腫瘍が縮小した方は、なんの薬があたったのですか?

45 名前: 39 投稿日:2012/06/12(火) 13:35
>>44
お返事が遅くなりました。
KRASの遺伝子変異が野生型の方でした。
ベクティビックス・カンプト併用療法が著効しました。
現在も元気に外来通院で化学療法を行っておられます。
薬剤はベクティビックスからTS-1とアバスチン併用療法を経て、
アービタックスとカンプト併用療法に変更しております。
特殊な症例でしたので、状況に応じて薬を使い分けております。
また皮膚症状のマネジメントも良好です。

46 名前: 桃 投稿日:2012/09/18(火) 16:54
来月で治療を初めて、1年。

フォルフォックス+アバスチンを5回投与の後、
フォルフィリ+アバスチンを5回投与し、間質性肺炎となり、1か月あけて、再びフォルフォックス+アバスチンを
10回投与した現在、原発の大腸癌は、かなり小さくなったが、肺の方は、
一回り大きくなっている。

次の治療法は、これと言って期待ができるものがないので、このまま行って、画像を見ながら、
大きくなるようであれば、飲み薬を併用しようかと・・・

何かないのだろうか?

47 名前: 最悪 投稿日:2012/09/19(水) 19:42
坂総合病院の医者はやぶ医者ぞろい。職員もいかれてる。天狗様のつもりか

48 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/09/23(日) 20:40
>>46 桃さん
化学療法にハイパーサーミアを併用されてみては?
転移先の肺の癌に対してハイパーサーミア治療を
されてみた方がいいと思います。

49 名前: 桃 投稿日:2012/10/05(金) 09:56
ハイパーサーミアって、 温熱療法とは違うのですか?

50 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/05(金) 10:41
同じですよ。
ただ、温熱療法と称して、怪しい民間療法もありますから注意してください

こちらの板に専用スレがあります
http://www.gankeijiban.com/bbs/ryouhou/

51 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/05(金) 14:45
>>49

昔は温熱療法といえばハイパーサーミアのことだったのですが、その後、エビデンスのない怪しげな温熱療法が次々と出現したため、それらとの分別をつけるために「ハイパーサーミア」と名乗るようになったのです。


52 名前: 桃 投稿日:2012/10/08(月) 18:00
ありがとうございます

以前 主治医に温熱療法のことを尋ねたところ、肺には効果があまりないと
言われたので、諦めていたのですが、その時は、『ハイパーサーミア』の言葉を使っていないので、
今回は、『ハイパーサーミア』で、早速 主治医に話をしてみます




前 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]