がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>大腸癌の腹膜播種

1 名前: 未来 投稿日:2003/02/28(金) 02:06
父親(51歳)が大腸癌で手術したんですが、手術前は病理検査で低分化線癌のⅢa
と診断されました。一応どの臓器にも転移もないといわれ一安心してたんですが、
その後手術で、お腹をあけるとすでに腹膜、膀胱の裏から横隔膜に至るまで無数の癌があったそうです。
腹膜播種の状態でした。

結局手術は元となった大腸癌だけ取り除きあとはそのままでお腹を閉じたそうです。
大腸癌で低分化線癌、並びにこんなにひどい腹膜播種はみたことがない。と主治医に言われ
(地方の大学病院なんですが…)余命3~6ヶ月と宣告されました。

今は術後2週間なんですが、ご飯を食べるとお腹がひどく痛むようで、痛み止めを打っているようです。
母は残っている癌が影響してるんじゃないか…。とひどく心配しています。
実は私も実家から離れて生活しており、心配でしょうがありません。

治療は抗ガン剤治療のみなんですが、ほかにいい治療がありますか?
術後にお腹が痛むというのはやっぱりよくないことなんでしょうか?
大腸癌の腹膜播種についてもあまり情報がなく詳しいことがわかりません。
何か知っておられる方がおられましたらお願いします。

2 名前: 私の母も 投稿日:2003/06/08(日) 02:55
胃癌から大腸癌に転移し去年の暮れ手術をしたのですが腹膜播種の状態でした。手の施しようが無くお腹をとじ先週他界しました。人によって経過は違ってくると思いますが

3 名前: 774 投稿日:2003/06/08(日) 23:59
現実的にはなかなか厳しい状況だと思います。
かりに腹膜転移巣を全て切除したり、電気メスやレーザーで全て焼き尽くしても
すぐにものすごい勢いで再発してくるのが”癌”というやつです。
臨床的には癌性腹膜炎の状態に対して、腹腔内局所化学療法や、
温熱療法、さらに活性化自己リンパ球治療などが試みられていますが、
効果としてはQOL改善効果程度というのが現状です。

4 名前: ゲンキ 投稿日:2003/07/10(木) 17:31
未来さん。私の妻は2年前、結腸ガンで腹膜播種の状態でした。ステージⅣ
です。医師は内視鏡も入らない状態でしたから原発は切除しないと腸閉塞を
すぐに起こすとのことで、原発は切除しました。その後、延命目的で抗がん剤治療
を進められましたが。お断りしました。
なぜなら私も彼女も延命では無く完治を望んだからです。現在はCTや腫瘍マーカー
も正常で、私以上に元気です。食生活(脂質や積極的にとる食品素材)に気を
つけ、癌細胞が成長できないような環境を作ることに専念しました。
術後、4ヶ月程たたれていますが、今はいかがですか。完治を目指して
ください。





5 名前: satsuatsu 投稿日:2003/07/16(水) 09:37
ゲンキさん。抗がん剤無しでどのように、治療を進められたのでしょうか。具体的に教えていただきたいです。
私の父も腹膜播種の疑いがあります。

6 名前: まき 投稿日:2003/07/19(土) 16:58
父は先日、上行結腸がんによる肝転移、腹膜播種により外科的手術を断念しました。現在は開腹部の治癒を待ち入院中ですが、来週にも退院し化学療法を試していくつもりです。現在入院中の病院では二週に一度の通院による5-FUとイリノテカを使用した抗がん剤治療を提案されました。現段階でこの他に有効とみられる抗がん剤にオキザリプラチンが挙げられましたが、これは認可がおりていない為同病院では使用不可能とのことです。オキザリプラチンは個人輸入等により採用している病院もあると聞きましたのでそれについて詳しい情報をお持ちの方、教えてください。又、同病院では免疫療法が今だ未確立だという理由から、正式には採用しておらず、研究チームによる臨床的治療は可能とのことです。免疫療法に関して、その評価、また相対的な延命効果、そして抗がん剤との併用等の情報も教えてください。父は先週の手術断念後、何もしなければ余命6ヶ月から10ヶ月と宣告されました。家族で相談した結果、できるだけの知識を得て、可能性のある治療法を積極的に試していこうと思っています。



7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2003/07/21(月) 00:30
まだ試験段階もしくは、医者や医学研究者の間でも
かなり議論がわかれていることとして、サリドマイドが挙げられます。
サリドマイドは確か、骨肉種には奏功があると言われていますが、
私のネット上の知り合いの方で大腸がんの腹膜転移でサリドマイドを試して
かなり腫瘍が小さくなったと判断がされて、腹膜播種の手術のできる医者のところへ
行って手術をして治して貰った方がいました。
しかし、残念ながらその方は背骨に転移を起こしてしまい、肝臓転移も認められて
他界されてしまいました。ちょっと参考にならないことを言ってしまいましたが、ですが
何とか希望があるといいと思い書き込みました。

8 名前: ゲンキ 投稿日:2003/07/24(木) 21:33
satsuatsuさん。掲示版を見るのが、遅くなり、今satsuatsuのご質問に気づきました。
基本としては、免疫を下げない選択をしました。消化器系、特に大腸癌の抗がん剤治療はわずかな延命が報告されていますが、
完治にはほど遠いためお断りしました。人にもよると思いますし、私が行った療法が、全ての方に有効とも思えません。
腹膜播種を簡単に言うと、庭に種がばら撒かれた状態ですから一つ一つ拾うこともできません。
免疫細胞という鳥を多く増やしても、その種を全て食べることも難しいです。
抗がん剤は庭全体に除草剤を撒くに等しく、免疫細胞という鳥も激減してしまいます。
また、正常な草花もダメージが強く宿主という人が持たなくなります。
種が発芽しないようなまた、育たないような土壌にすれば良いわけで
尚且つ鳥も今以上に活発に動けるようにすれば宿主はダメージをうけませんよね。
徹底して過去に発表された文献(日本癌学会総会の抄録他)を検索しました。
また、臨床試験(症例は少ないけど)を行ったことがある「健康食品」も
利用しました。ほんとうにお困りでしたら詳しくお伝えしますので
メールをください。ただ、命がかかる重大なことですから、十分ご本人と
お話され、ご自身で決断された方がいいと思います。
日本癌学会の過去の抄録で可能性があるものを、選択しお送りしても
かまいません。情報は多い方がいいと思いますので。

9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2003/08/14(木) 05:52
まきさん
はじめまして。
○ahoo!掲示板の病気、怪我>癌「癌の総合情報交換」で
相談されてはいかがでしょうか。
抗癌剤やオキザリプラチンに付いても、多分、詳しい情報
が得られると思います。

10 名前: 未来 投稿日:2003/10/29(水) 22:55
余命宣告から6ヶ月たちました。
なんとか父は自宅療養で何とか元気にしています。
今は、抗癌剤をうつために2週間に1回病院に通っています。

他に病院には秘密にして(嫌がられるとか聞くので…)健康食品??
のような免疫力を高める薬を試しています。
このおかげか、腫瘍マーカーもそんなに高くなく、
今後も続けていこうと思っています。


11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2003/11/10(月) 16:22
大腸がんの腹膜播種系の患者さんに、胃がんになってもらって(書類上)、
TS-1を試している人がいると聞いたことがあります。
その人の効果は、とてもよくなったといいますが、とにかく諦めて欲しくないと思います。
先に、サリドマイド+セレブレックスの方法も挙げられましたが、治療法を求めて検討されて欲しいと願っております。


12 名前: 774 投稿日:2003/11/10(月) 17:07
切除不能、再発大腸癌例に有効と考えられている治療をレスしておきます。

・5-FU持続静注法
・5-FU+LV(アイソボリン)療法
・イリノテカン(CPT-11)
・オキサリプラチン(+5-FU+LV);国内未承認薬にて要個人輸入
・COX2阻害剤+cimetidine;セレブレックスは国内未承認薬にて要個人輸入
               モービック、シメチジンは他病名で国内承認済み
・GEM+5-FU(capecitabine)療法
・サリドマイド;国内未承認薬にて要個人輸入
・また今後、TS-1,CPT-11,CDDP併用療法、UFT, ロイコボリン、CPT-11併用療法
 などが期待されています。
・他、直腸がんなどに対して局所放射線治療が有効なケースもあります。
・活性化自己リンパ球移入療法;癌性腹膜炎のQOL改善で高度先進医療に指定
などでしょうか。

13 名前: こま 投稿日:2003/11/21(金) 10:50
未来さんのお父さまと私の母の病状は全くと言っていいほど同じでびっくりしました。私の母(57才)は8月に手術をしましたが、同状態で結局抗癌剤治療を選ばざるえなくなりました。10月から(UFT.ロイコボリン)を内服薬で初めましたが、1クール(28日)が終えた所ですが、残念ながら腫瘍マーカーは上がってしまっているようです。現在は次ぎなる治療(他抗癌剤も含め)を考える日々です。
未来さんも大変だと思いますが、お互い頑張りましょう!

14 名前: たか 投稿日:2004/01/30(金) 16:18
私の母(75歳)も1月初めに大腸がんの手術をしました。
手術前はどの臓器にも転移してないという事だったのですが、
術後、腹膜に米粒ぐらいのがんが無数にあり、(腹膜播種)
それは取り除けないとの説明を受けました。
(元となった大腸がんだけを取り除いた)

先生からは余命1年と言われ、延命目的の為抗癌剤治療を間もなく始めます。

未来さんと同様、私も実家から遠く離れて暮らしており、心配でどうしようもありません。
健康食品(メシマコブ・アガリクス)等の本を読んでいるのですが、
何がいいか分からない状況です。
未来さんのお父さんも健康食品を試しているという事ですが、
何を飲んでいるか教えてもらえないでしょうか?

ゲンキさんの奥さんはどういう治療をしているのか?
ゲンキさん、詳しい事教えてもらえないでしょうか?





15 名前: voador 投稿日:2004/02/28(土) 15:51
はじめまして。この掲示板に来て多くの方が私の母と同じよう
な症状に悩んでおられるのをみてびっくりするのと同時にがん
ばっていこうという気持ちにさせられました。
母は大腸癌からの転移で肝臓に二つの癌と腹膜播種がみられま
す。

原発巣を手術でとり三週間たちましたが,その後の治療はまだ
おこなわず体力の回復をまっているところです。
その間にホームページや本などでいろいろな治療法を調べてみ
ましたが腹膜播種に関してはあまり有効な治療法がないようで
す。
そんな中でも持続温熱腹膜灌流(chpp)という方法に可能性があ
るように思いました。
どなたかこの治療法に関しての実績や後遺症などについて御存
じの方,おられましたら情報お知らせください。
よろしくお願いします。

16 名前: そば職人 投稿日:2004/04/01(木) 01:04
初めまして。私の父も直腸癌です。
2月9日に原発切除の手術をしました。開けてみるまで転移の状況は
判らなかったのですが、腹膜播腫,リンパ節に転移が見られました。
この掲示板で色々教えて頂きましたが、主治医はどれにも否定的ですが
他にも多々持病がある父はそれでも転院,セカンドオピニオンを嫌がります。
今,治療はTS1の投与だけです。それだけで良いのか,とても不安です.
温熱療法や、セレブレックスなど試してみたいと思います。
知識のある方の助言,後押しが欲しいです。


17 名前: 774 投稿日:2004/04/01(木) 10:17
そば職人 さんへ
大腸癌に対してセレブレックスは、海外でCPT-11、Capecitabin(5FU+LV)
との併用やOxaliplatin、5FU、LVとの併用による臨床試験が進行中です。
また、シメチジンとの併用での大腸がん細胞の増殖・転移に対する抑制効果が
報告されています。ただし医療現場での十分なコンセンサスは今のところ
得られていません・・・。

18 名前: そば職人 投稿日:2004/04/01(木) 23:04
情報ありがとうございます。
先週主治医の先生にサリドマイド,セレブレックス,シメチジン
について意見を伺ったところ全面的に否定されました。
それでもシメチジンに似た効果のある胃薬【プロテカジン錠10)
と言う薬をくれました。
そのときシメチジンには白血球減少の副作用があるという話を聞いたのですが
本当でしょうか?
ただでさえ抗がん剤の副作用で白血球は減少しています。(例に漏れず
アガリクスなども飲んでもらってますが・・・)
774様、忙しいでしょうにご解答ありがとうございます。
重ねての質問お許しください。


19 名前: 774 投稿日:2004/04/02(金) 09:13
シメチジンについては、以下をご参照ください。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2325001C1053_2_03/
重大な副作用として再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、
血小板減少 などがあります。

20 名前: そば職人 投稿日:2004/04/03(土) 02:06
ありがとうございました。シメチジンを含め,セレブレックスを
検討してみようかと思います。
ただ、父は心臓が悪くペースメーカーが入っています。
抗凝血剤、抗不整脈剤など服用しているので、簡単にとはいかない
ようですね・・・。


21 名前: 774 投稿日:2004/04/03(土) 09:35
ご注意
セレブレックスのようなNSAIDSとワーファリンのような抗凝血剤との併用は、
その相互作用にご注意くださいね。出血傾向が助長される恐れがあります。
国内承認COX2阻害剤モービックの添付文書もご参考にされてください。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1149035M1020_1_04/

22 名前: そば職人 投稿日:2004/04/04(日) 01:51
! そっちもか! という心境です。(シメチジンだけでなく)
循環器のほうの先生とも話し合わなくてはいけませんね。
ご指示ありがとうございます。
外科の医師に薬の飲み合わせについて尋ねたところ特に問題ないと
言われたので、気軽に考えていました。
やはり詳しい方の知識をお借りできてうれしいです。
ありがとうございました。

23 名前: 774 投稿日:2004/04/04(日) 13:50
個人輸入などで、多剤併用していく場合は、薬剤の相互作用などに
十分注意を払っていく必要があります。本来は理解のある主治医の
元で行うことがベストです。
今や時代は変わりつつあります、患者サイドでも十分な情報・知識
を持ったうえで、利益だけではなく、不利益も最小限に抑える努力
も必要になります。
上記薬剤の併用に関しては、”併用禁忌”というわけではなく、
あくまでも併用の場合は”注意して”経過を見ながら使用することが
求められています。

24 名前: そば職人 投稿日:2004/04/05(月) 01:28
服用してはいけない訳ではないんですね。
少し安心しました。
セカンドオピニオンなどしてみたいのですが、
なにしろ父本人が嫌がるので・・
私達家族の満足より父本人の意思を出来るだけ尊重しようと思ってます。
今,母の主治医の近所の町医者にも意見を仰いでいます。
とても気さくな方で真面目に取り合ってくれますが、専門ではないので
セカンドオピニオンとまではいかないでしょうね。
継続して情報を集めようと思います。
ありがとうございました。



25 名前: 陽子 投稿日:2004/04/20(火) 20:47
はじめまして、4月2日に父が大腸癌の手術をし、リンパ節への転移があるといわれ1週間に一度の抗がん剤の点滴の治療をしていくことになりました。退院3日目で今日腹膜炎の疑いで入院しました。今後の事が心配でしかたありません。免疫を高める健康食品、癌によいもの教えて下さい。ゲンキさんのいっておられるような癌細胞が成長できない状態は、どう作ればいいのか教えて下さい。おねがいします。

26 名前: まちゃ 投稿日:2004/04/25(日) 21:58
はじめまして。やっと探していたところに来たって感じです。
2月27日に親父が手術をしたものの、腹膜播種があったということで、手術からたった2週間で近所の病院に転院させられました。
TS-1を服用してみたものの、副作用がひどく、医者からもこれはもう使わないなどとといわれる始末。
さらには医者に逆ぎれされてしまい、このままでは手の施しようがないとまで言われました。
皆さんは、どう話しかけて治療を少しでもしようって声をかけていますか。


27 名前: 未来 投稿日:2004/05/19(水) 01:42
あの宣告からすでに1年と少したちました。
奇跡的にか今でも父は病院に入院中です。

自宅療養で6ヶ月ほど過ぎ、一時は職場復帰??まで考えていたんですが、
さすがに3月頃に腸閉塞をおこしかけ、このままだと1週間もしないうちに
腸が破裂してしまい、命に関わるおそれがあるということで緊急手術となりました。
といっても腹膜播種の箇所は残したままで、残っている腸をつなげてなんとか肛門
まで続くようにするということでした。
術後の医者の話によれば人工肛門もできるなら…と考えたそうですが、
腸がガンのため固くなっていて腸を持ち上げてみることもできなく、薄い膜のはずの腹膜が
すでに30cmほどのピザのように固くなっていた。と言われました。

実はこのような状態でも父は自分で歩いてトイレに行ったり、調子のいい時は
お風呂にも入っているようです。

現在は抗ガン剤の種類を変え、様子を見ているようですが、腫瘍マーカーが少し低くなった
みたいで本人もヤル気になっているようです。今は家族みんなで父を応援しています。

腹膜播種に関してはあまりいい状態ではないですが、同じように
悩んでおられる方もおられると思います。
少しでも、みなさんの心の励みにでもなれば幸いです。
がんばっていきましょう。




28 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/06/15(火) 09:46
腹膜播種科がある癌センター

静岡がんセンター
http://www.scchr.jp/

29 名前: aska 投稿日:2004/06/27(日) 22:51
静岡癌センターの米村副院長は、とても話しのしやすい先生です。先日、お会いしました。私の母が胃癌から癌性腹膜炎(腹水がたまる)になった為、治療に関して相談させていただきました。この病院は、まだ新しく設備が無いという事で、米村先生が元居た福井県にある国立病院を紹介して頂き、今、母はその病院で2ヶ月ほどの専念治療の為に入院しています。腹膜播種や癌性腹膜炎は予後も悪いと言われておりますし、母は65才という高齢にあたるので治療をしきれるかどうかという問題もあります。ですが、やれることはやってみようろという気持ちで治療にチャレンジすることになりました。みなさんも悩まれる事も多いと思いますが、医師に相談することも大事かと思います。

30 名前: うさぎ 投稿日:2004/07/30(金) 23:11
腸閉塞寸前状態から上行結腸癌が発覚。
検査の結果、肝転移と原発付近のリンパ節転移確認。
外科手術の結果、腹膜播種も見られるとのこと。
今のところ肺や遠くのリンパへの転移はありません。
術後はTS1+シスプラチンによる化学療法を開始する予定です。
化学療法で腹膜播種に効奏することはあるのでしょうか。
主治医の話では「腹膜播種はまだ初期段階。腹水もでていない」とのことです。
どなたか情報をお願いします。



31 名前: 麻 投稿日:2005/02/23(水) 17:11
こんにちわ、サイトを検索していたら こちらにつながり 何かいい情報を頂けたらとメールしてみました。実は 私の母が今 入院してまして、昨日 お医者さんに大腸の中分化型線癌と言われてしまい…母は、20年 看護婦として働いていて、私、娘としては 似た病名で母に説明がしたかったのですが、ごまかしきれないと言われ、明日 母に告知することになりました。この病気の事も何もわからないので、今できるかぎり、よい情報を探しています。

32 名前: パパ 投稿日:2005/09/14(水) 01:51
おまいら覚悟しる。ふくまくはしゅ は取りきれん。
2度目の手術後は仕事やめてそばに居てやれや。
仕事はまたある。その間結局ろくな仕事できん。あとで後悔しる。
それなら一緒に居てやれや。それをやらずに残ったワシは
今も後悔してる。立ち直れん。今思えば、やせ細って歩けなくなるなか、
絶対よくなると思っていたのはワシだけだったようだ。バカだ。
祖先と子孫をつなぐ縦軸に生きるワシは妻が大腸ガンだったことを
娘に伝え、25歳を過ぎたら大腸カメラ検査等を受けるのを見届けることが
務めとなった。

33 名前: オレンジ 投稿日:2005/12/11(日) 23:00
母が大腸がんから、肝臓へ、次は腹膜播種になりました。先月から2回の抗がん剤治療を受け、副作用がきつくとても弱ってしまっています。免疫力に世pるがん治療に変えようと思っているのですが、どうでしょうか。どなたか実際の情報あったら、教えてください。関西地区でそのようなちりょうをしてもら得る信頼できる病院があればぜひ教えてくださいお願いします。

34 名前: おちゃ 投稿日:2005/12/18(日) 14:10
進行した癌に免疫療法が効果があると言う証拠は全くありません。

国立がんセンターHPの市民講座の記録を参考にご覧下さい。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/events/041127a.html


35 名前: オレンジ 投稿日:2005/12/18(日) 17:32
おちゃさんメッセージありがとうございます。抗がん剤の副作用も少しずつ収まってきました。副作用の時のひどい状態をおもうとこの治療法でよいのだろうかと考えてしまいます。
また何か参考になることがあれば
教えてください。

36 名前: 元腹膜偽粘液腫患者 投稿日:2006/01/07(土) 08:12
国立福井大学医学部附属病院第一外科では癌の腹膜播種の治療をしています。化学的温熱かん流療法がかなり有効だと思います。その他、進行癌には電磁波療法と放射線療法を併用した治療が行われております。私も腹膜偽粘液腫の化学的温熱かん流療法(開腹し、3種類の抗がん剤を入れた43度の生理的食塩水で約1時間腹腔内を循環洗浄する)を受け、経過は良好です。念のためティーエスワンを服用しています。

37 名前: おれんじ 投稿日:2006/01/09(月) 18:41
いろいろな治療法があるのですね。できれば本人に合った最善の治療法を受けさせてあげたいと思いますが、遠くの病院に行く体力は
ないと思われます。今はイリウスを起こし点滴を1週間ほどして食事が取れない状態です。点滴を続けているので針をさすところが炎症を起こして毎日場所を変えなくてはなりません。体力がつけば次の抗がん剤治療を始めるといわれていますが、副作用の強さを思うと、違う治療があればと思っています大阪のCSクリニックで行っている、免疫活性化血管内治療、および活性化リンパ球治療についてご存知ある方、またその治療を受けられた方、ぜひ、お話をお聞かせください。お願いします。

38 名前: tonisan 投稿日:2006/04/08(土) 20:42
この掲示板は1月9日のおれんじさんで投稿で終わっていますが、以後、書き込み・閲覧の方はいないのでしょうか。もし、この掲示板が活きているのであれば、私は妻が根治不能であるが1日でも延命のためにと奨められた抗癌剤治療を断り、気功・整体で妻の癌治療を目指している体験記を記したいのですが。

39 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/08(土) 20:53
>>38
こちらでは適当でありません。
ご自身のブログなどを立ち上げてはいかがですか?

40 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/09(日) 03:52
新コーナーを利用されたら? ブログもありますし。
 >>38
 http://gan.bbfriend.net

41 名前: りぇ 投稿日:2006/05/15(月) 12:11
わたしの母も同じような状態です。まだ現状を把握できず沈んでいましたが、最近前向きに治療にとりくもうと思う気持ちになりました。専門的なことゎまったくわからないのですが、ここをみて元気ずけられました。ありがとうございます。

42 名前: はなぺちゃ 投稿日:2006/05/20(土) 17:27
私は、40歳男性で17年3月に直腸がんで手術し社会復帰したものの7月に肝臓、腹部のリンパ、12月に肺、18年3月には尾てい骨へと全身転移である事がわかりました。
その間抗がん剤も3種類投与しましたが腫瘍マーカーも上がる一方で良くはなりませんでした。徐々に痛みで歩くのも困難になり、副作用のきつかった抗がん剤も最後には拒否し、後はホスピスに入って死を待つ状態になっていました。もう、末期なのです。
そんな時今年18年5月に、知人の紹介で気功師 加藤壱弥先生と出会い、私の人生がガラリと変わってしまいました。加藤先生に気功してもらった結果、たった一週間の施療で上がりだしたら倍々に上昇していくはずの腫瘍マーカーが、少し下がったではありませんか。尾てい骨の痛みも和らいで今では、歩けるまで回復しております。こちらにみえる方皆さん、がんなのですが日々回復されているところを見ていると納得ができます。すごい、生きる希望が持てたのです。次回の検査結果がとても楽しみです。また報告したいと思います。
尚、加藤先生はホームページを開設されています。今まで多くのがん患者を救ってこられた体験談が閲覧できます。参考までにご覧ください。http://www.geocities.jp/kikouryouhou





43 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/05/21(日) 21:09
気功で癌は治りません。
宣伝はやめましょう。

44 名前: 国民生活センター 投稿日:2006/05/21(日) 21:11
>>42
http://www.kokusen.go.jp/


45 名前: 1955 投稿日:2006/07/04(火) 10:24
私の妹(40代)もこの掲示板でやりとりされている大腸ガンから転移した腹膜播種らしく
これからできるだけの情報を集め、なんとかこの癌と戦っていこうと思っています。
よろしくねがいします。とりあえずFolfox6という抗ガン剤治療を行っていくのですが
・・・。


46 名前: はぁ~ 投稿日:2006/07/07(金) 04:45
>>45
私の家族も同じです、ネットで調べ歩いてたら日本では未承認の医薬品が多くて・・・十分な治療がうけられるか心配するだけです。

47 名前: 1955 投稿日:2006/07/10(月) 07:32
これからの治療法、メンタル面のケアなどこの場所での意見交換は
いろいろな意味で役立っていくと思います。健康食品の宣伝、気功法の紹介
などがでてくるとストップしてしまう傾向がありますが、それはあきらかに
宣伝行為と思われるようなものは別として、それぞれの方が判断できることなので
ので、このままなくなってしまわぬよう投稿します。


48 名前: smile 投稿日:2006/08/04(金) 10:22
こんにちは。昨年父が大腸癌の手術を受けました。
最終段階で、余命半年といわれましたが、今も抗がん剤治療を受けています。
腫瘍マーカーが300近くになり、おなかもはるようで心配です。
化学療法にくわえて健康食品など、どのようなものに気をつけておられますか?
教えてください。

49 名前: yumi 投稿日:2006/08/04(金) 11:56
先月母が虫垂腫瘍と診断され、手術を受けましたがすでにステージⅣの
状態で腹膜播種を起こしており今後は抗ガン剤治療で延命するしかない。
根治は無理です。と言われました。これから治療方針が決まるようですが
何か抗ガン剤治療以外で出来ることは無いかと思いネットで見つけたこの
サイトに書き込むことにしました。なんでも良いので出来ることは全て
したいと思ってます。何でも良いので教えてください。
また来週退院しますが食事で気をつけることがありましたら合わせて
ご教授下さい。

50 名前: おやじ 投稿日:2006/08/04(金) 13:06
食事で気をつけることは、バランス良く 良く噛んで 大食いしない。 それだけです。抗がん剤治療以外でってまず抗がん剤を勉強すべき。 血液検査、マーカーの意味、治療の効果とは、副作用とは を学ぶべき。 医者任せではいかんです。
間違っても健康食品なぞ買うのではない。 そんな金があれば 旅行やら音楽やら有意義なものを患者の為に使うべき。


次 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]