がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>11年目の肺転移について!

1 名前: チロル 投稿日:2012/08/03(金) 23:58
1か月前 PET-CT受け肺転移(左8ミリ 右3ミリ)告知されました。
現在57歳 初発は2001年12月(46歳)左乳房温存術 35ミリ リンパ節転移無し ホルモン3
10年前の病理標本再検査結果 ハーツ2-で ハーセプチンは使用できないので 主治医からは暫くホルモン剤(アリミデックス)のみの治療で経過観察と言われました。

自覚症状として 動悸息切れ 左上半身の鈍い痛み等あり 特に暑いと胸苦しく(つわりのような気持ち悪さ)家事も(特に料理)休み休みやっています!
ネットでいろいろ調べた結果 癌センターに転院して放射線(ピンポイント照射)を受けたいのですが・・・。
主治医に相談した所 「今は必要ない!」と反対されました。
乳がんからの肺転移治療として適切ではないのでしょうか?
どなたか ピンポイント照射について 経験された方 もしくは詳しい方いらっしゃいませんか?
何とかして この息苦しさを取り除きたいので アドバイス宜しくお願い致します!

セカンドオピニオンも考えてはいますが 中々主治医にお願いできなくて・・・。
悩んでいます!
 

2 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/08/05(日) 00:00
肺の転移はまだずいぶん小さいようですが。
あなたのいう自覚症状は、肺の転移癌によるものではなく、アリミデックスの副作用ではないですか?
中止すれば症状が収まるかも。もういちど主治医に相談したほうがいいです。


3 名前: チロル 投稿日:2012/08/05(日) 21:06
お返事ありがとうございます。
アリミデックスは、過去に6年間のんだ経験ありそのときは息苦しさは全然無く
抗鬱剤と一緒に飲んでいました。
明日乳腺外科受診なので主治医にもう一度聞いてみます。
pcの調子悪く、iパッドから書きこみしています。
慣れなくて入力難しいです。

4 名前: しろとら 投稿日:2012/12/26(水) 16:14
はじめまして。
乳がんの手術後について相談します。
長くなりますが読んでください。

2011年の7月に乳がんにより某国立大学にて右乳房の全摘しました。
リンパに転移がありましたが、腋下リンパを1つ取り残された状態です。
その後、医師はそのことを認めずに、抗がん剤治療をしました。
腋下リンパが大きくなり始め、医師への不信感もあり、他のいくつかの病院に診察に行きました。

その先の病院において、画像、および血液の検査結果を画策されているようです。
CTの画像結果は、どの病院においても同じ画像を使われています。

総合病院でのPETでは、撮影していない脚(膝リンパ)の結果を見せられたりもしました。
両腕については、リンパの痛みのため両手が上がらない状態だったのに、
結果は両腕が上がった画像を見せられました。

2012年の1月に、最後の抗がん剤治療の後、救急車で運ばれました。
運ばれた先は、最初の某国立病院でした。
乳腺の医師が出てきて、血液検査をしましたが、
結果は、白血球・赤血球などの、癌と判断できる数値のないものを見せられました。

現在は、全身のリンパ節が腫れ、顔・腹部など全身がむくんでいます。
全身への転移を感じていますが、行く先々の病院では、なんらかの形で画策されています。

その場にいない家族や、周りの人は、私が神経質になっていると言います。
実際にその場にいなと理解されにくいとは思いますが・・・

今まで、なんとか生き延びて来ましたが、自分の体なのでどのような状態かはわかります。
ミスにより死ぬのではなく、ミスを隠すために殺されるのだと思います。

このような経験をされている方や、現場で働いている方など、思い当たる方は教えてください。





















5 名前: しろとら 投稿日:2012/12/26(水) 16:19
長々とすみませんが追記です。

画像や血液の画策ですが、某国立大学の派閥の医師たちが結託しています。
他の病院には、夫や夫の頼んだ医師を名乗って他の医師や技師たちもだましていると思います。

このような内容に心当たりの方がみえたらお願いします。


6 名前: しろとら 投稿日:2012/12/26(水) 16:33
大変申し訳ありません。
新スレッドを立てるつもりが間違えて書き込みしてしまいました。
スレ主様、削除をお願いします。

本当に申し訳ありませんでした。

7 名前: 通りすがり 投稿日:2013/06/14(金) 15:48
チロルさんへ
私も乳がんの肺転移があり、両肺や胸膜に転移巣があります。
最大の物は、15mmで、チロルさんより大きいし、数も5つくらいあります。
けれども痛みや息苦しさは無く、元気に生活できています。
(薬は飲まず、経過観察中です)
ピンポイント治療は、(腕のいい医師なら)目に見える物は治療できると思いますが、
目に見えないものもたくさんあると考えるのが普通です。
ですから、ホルモン剤で全身治療を行うのがいいと主治医が言われるのだと思います。
もちろん、今の病巣が症状の原因ならそれを取り除くと楽になるのでしょうが、その大きさからは考えにくいです。
それより、動悸息切れなどの原因は心臓病やビタミン不足など、他の病気が原因かもしれません。
主治医としっかり相談されることをお勧めします。


8 名前: チロル 投稿日:2013/08/03(土) 00:33
通りすがりさんへ!
久しぶりにこちらに来ましたら レスいただいて有難うございます。
乳がん肺転移でお薬も飲ますお元気なご様子何よりです。

私はその後ホルモン剤がアリミデックスからアロマシンに変わり 3カ月毎にCT撮り
左肺腫瘍8ミリが13ミリ 右肺腫瘍3ミリが9ミリと1度も縮小せず増大中です。
腫瘍マーカーもCEA6.8が12.8とわずかですが上昇中!

転移告知後1年経過 昨年のような息苦しさもあまり無くおかげ様で元気です。
でもホルモン剤だけでは不安なので 近いうち腫瘍摘出の予定ですが・・・
これから義母と実父の初盆&1周忌 義父の7回忌 それに夫まで病気発覚治療中で
なかなか日程がくめず 悶々としています。

お互いに残された人生前向きに 楽しく穏やかに生きたいですね!
 



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]