がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肺がん治療 その4

1 名前: ちぃ 投稿日:2011/12/21(水) 17:37
ごぶさたしております。
2008年頃『肺がん治療 その3』のスレッドにて質問をさせて頂いてました。

本日久しぶりにこちらに伺ったところ

623 名前: くみ 投稿日:2011/10/12(水) 16:47
ちぃさんはお元気でしょうか?

という書き込みでスレッドが終了していたためお返事をさせて頂きたく書き込みしました。
『肺がん治療 その3』のスレッドに新規に書き込みが出来ず続きのスレッドも無いようでしたので新規作成しましたことお許し下さい。

2007年10月より抗がん剤及び放射線治療
2008年2月左肺手術
2008年6月背中皮膚転移手術
2009年1月脳転移ガンマナイフ

2008年12月より現在までTS-1を服用

今月12日にPET検査を受け本日結果を聞いてきました。
膵臓に集積が認められたそうです。
9月のCTでは特に異常が無かったので主治医の先生にもちょっと信じられない結果だそうです。

一応1月にCTとMRを撮り結果によって経過観察し数ヶ月後に再度PET検査、または手術になりそうです。
もし検査結果が悪性が疑わしい場合、肺からの転移なのか新たに膵臓原発のものかは手術してみないとわからないそうです。

現在他に肺などには目に見える癌は無く、比較的元気に過ごしております。
皆さまも風邪など気をつけて治療頑張りましょう。


このスレッドは引き続き肺がん治療についての相談や情報交換に使っていただければと思います。

2 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/12/23(金) 18:45
1 ちぃ様
くみさんと同様で、ちぃさんのことは気掛かりでございました。
多くの方が、そう思われていますよ。
辛い治療に耐えられて、とても頑張ってみえますね。
膵臓は、気になるところですが、気力で乗り切って下さいね!
 
私は、2006年11月に右肺にがんが現れて、2回の開胸手術に、
1回のラジオ波焼灼治療で、6個の原発がんを退治しました。
現在は、縦隔リンパ節転移がんと胸椎10番転移がんの治療中です。
新年は、自宅で迎えることができそうなので、有り難いことだと思っています。
 
皆さんも、強い信念で、がんとの闘いに頑張って頂きたいです。




3 名前: ちぃ 投稿日:2012/01/19(木) 23:06
大まぬけ3号さま > おひさしぶりです。
大まぬけ3号さんも比較的お元気そう(?)で安心致しました。
最近呼吸をすること、日々普通に生活する事、当たり前すぎて気にも留めない様な事が本当は凄い事なんだなって思います。
転移などがあってもそれはそれとして受け止めながら上手く付き合っていく事が大切ですよね。

私の方は16日に造影CTを行い本日結果を聞いてまいりました。
血液検査で膵臓の数値など異常はなく、PETとCTの結果から考えるとどうやら膵臓ではなく十二指腸であろうという話です。
大きさ的には1.8cm程らしいですが詳しくは要検査と言う事で、既に予定していたMR検査の他に内視鏡検査とエコーが追加されました。
結果は検査から1週間程かかるので2月になってからとなります。

転移なのか別物なのか・・・手術になるのかどうか・・・など、結果が出るまで暫くは落ち着かない日々となりそうです。


4 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/01/20(金) 19:04
3 ちぃ様

検査がはっきりするまでは、落ち着かないですね。
今まで、乗り越えてみえたわけですから、気力の維持で頑張って下さい。

私は、通院での抗がん剤の副作用に耐えるだけということで、
決して普通ではありませんが、まだ良い方だと思っています。

私のブログで、もしもご参考になる点があれば幸いです。
http://oh-manuke.blog.ocn.ne.jp/






5 名前: ちぃ 投稿日:2012/03/02(金) 17:48
昨日より入院し5日に手術予定となりました。
エコー、胃カメラ、大腸カメラなどの検査もして結局リンパ節腫大という事で膵臓などは大丈夫みたいです。
まだ詳しいことはわかりませんが手術頑張ります。


6 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/03/02(金) 21:38
5 ちぃ様

負けてはいられません。
良化を目指して、気合いを入れて頑張って下さい。


7 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/03/03(土) 12:26
>>5
まずは、病巣が現れたといっても単発で良かったと言えると思います。経緯からは
やはり肺がんの転移である可能性が高いと思いますが、結論は手術で取れたものの
顕微鏡による検査待ちですね。

もし転移と診断された場合、これまでの検査では遺伝子変異について良くわかって
いなかったと思いますので、改めて調べてもらうのが良いと思います。EGFRの他に、
EML4-ALKという新顔もあります。後者についても薬が米国ではすでに承認され
ましたので、日本でも遠からず使えるようになるでしょう。

8 名前: ユーミン 投稿日:2012/03/07(水) 23:36
大変ご無沙汰しております。
数年前に書き込みしてましたユーミンと申します。

初歩的な質問で申し訳ございませんが、
皆さんアドバイスお願いします。

うちの母ですが、
肺腺ガン→外科手術→リンパ再発→イレッサ治療→食道転移?

という経緯です。

最後の食道転移に?を付けたのは、只今検査中だからです。
イレッサ治療しながらもCEAが14まで上昇したので、
全身の検査をしたところ、食道に異物が見つかったので
検査しております。

今の主治医(呼吸器)は食道の異物が悪性腫瘍なら
「消化器系の医師に連携するので、そちらで治療することになります」
と言われました。

そこで皆さんに質問です。

  うちの母と同じ経験(肺腺ガン→食道転移)された方が
  居らっしゃいましたら、どのような治療があり、
  どのような選択枝があるのか、教えて頂けないでしょうか?
  
  ※書籍等を探しても、肺がんの本を見るのか、食道がんの本を
   見るのか、よくわかりませんでした。
   (基本は原発の方の治療となるのでしょうけど。。。)

  例えば外科治療を考えるのであれば、食道がんのステージ表を元に
  判断したりするのでしょうか?etc...

アバウトな質問の仕方で申し訳ございませんが
よろしくお願いいたします。


9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/03/07(水) 23:57
>>8

肺がんが食道に転移するというのはあまり聞きませんね。
もし、がんだとしたら、原発の食道がんではないでしょうか?

10 名前: ちぃ 投稿日:2012/03/08(木) 20:14
大まぬけ3号様
肺がん外科医様 >

色々とありがとうございます。
無事に手術が終わりICUも1日で大丈夫でした。
手術自体も腹腔鏡で難しければ開腹に切り替える可能性もあると聞いていましたが癒着もなく腹腔鏡ですみました。
場所的には十二指腸の横で2~3㎝のコロッとしたのがくっついていたようです。
EGFRについては以前調べて変異はなくEML4-ALKは私も気になっていたので手術の説明の時に消化器外科の先生に遺伝子変異の検査もやっていただけるのか聞いてみたところALKは保険適用じゃないから調べないかも…との事でした。
呼吸器の先生と今後の相談をする際に再度聞いてみようと思います。

転移かどうかの結果は染色したり特殊な検査なので一ヶ月程かかると言われました。

まずは普通に動けるように術後の回復につとめます。



11 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/03/08(木) 21:41
10 ちぃ様

開腹手術が避けられて、良かったですね。
転移か原発か、気になるところですが、きれいに摘出できたことは
嬉しいことです。
順調に回復できそうですね。気楽に行きましょう!

12 名前: ユーミン 投稿日:2012/03/09(金) 01:02
8 名無し様:

返信ありがとうございます。

結果が出てから動いた方がよさそうですね。
今後ともよろしくお願いします。。。


13 名前: ちぃ 投稿日:2012/03/09(金) 07:27
ユーミン様 >

お母様の事心配ですね。
私は食道がんの事はわかりませんがたまたま今消化器外科に入院中で同室の食道を手術した方がPETで光ってその他の検査でも悪性が疑わしかったから手術したけど結果は悪性では無さそうだと話していたので一応参考に…。
悪性だった場合は最悪食道を取って胃を持ち上げてつなぐと聞いていたそうですがその方は食道の一部を切っただけですみ7時間位の手術だったそうです。


場所や全身状態にもよるのでしょうが、肺がんからの転移か食道原発かその他良性の腫瘍か…それが判明しない事にはイレッサを続けるかどうかの判断など今後の事も決まらないと思うので内視鏡などで生険出来ないなら基本的に手術になるんじゃないでしょうか?

私の場合、抗がん剤を飲んでいると手術が出来ないとの事で一ヶ月は休薬してからの手術でした。

方針が決まるまで気分的にも大変でしょうが頑張ってください。


14 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/03/09(金) 12:27
12 ユーミン様

私は肺がんですが、病室では食道がんの方達とは同室でしたから、状況はよく学びました。
がんと判明して、手術ができるのであれば、完治のためにも手術を望まれた方が良いです。
手術後は、食べる練習から入りますが、日にち薬で良化は素晴らしいです。
食道がん手術では、実績の高い病院であれば大丈夫です。


15 名前: ユーミン 投稿日:2012/03/15(木) 23:33
ちぃさん、大まぬけ3号さん:

暖かいコメントありがとうございます。

検査の結果、原発の食道がんである事が判明しました。
腫瘍の詳細な位置や深さとかは、これから更に検査があるので、
治療方針はその検査が終わってから決めることになりそうです。

肺がんの治療中に全身検査をしていたら食道がんが見つかった。。

何があるかわかりませんね、ホント。。。

でも他は全く異常なしだったので、まだマシですね。

お二人のコメントを聞いて、希望が出てきました。

詳細な事がわかれば、また書き込みます。

ありがとうございました!

16 名前: 9 投稿日:2012/03/16(金) 11:13
>>15

>検査の結果、原発の食道がんである事が判明しました。

やはり、そうでしたか。
原発なら完治の希望が持てますね。
しかし、複数箇所でがんが発生したということは、年齢、体質、生活習慣ががんを発生させるような状況にあるということか、薬物の長期服用などが原因でしょう。
今後も別の個所で発生するかも知れませんので注意が必要です。

それにしても、ちゃんと精密検査してくれる病院でよかったですよ。
やる気のない医者なら、多臓器にがんが見つかった時点で確率も無視して、「転移です」と決め付けて、「もう治療法はありません」と言われてホスピス行きですよ。
そんな病院を知ってます。


17 名前: Duck 投稿日:2012/04/06(金) 13:14
meryy_roundさん

父親が肺がんで余命一ヶ月と宣告されました。
一日でも長生きしてし欲しいです。皆様いい病院、いい治療法ございましたらお教えていただけないでしょうか?
肺がん手術後半年でもう片肺に再発・・・その後まもなく骨転移が。それとともに右足がしびれ膝したが動かなくなり数日後には左足が動かなくなりました。先生には抗がん剤も使用は不可能と。

18 名前: アビコ 投稿日:2012/04/29(日) 15:05
初めて書き込みさせていただきます。
母が8年ほど前に子宮がんを患って何とか治すことができたのですが、
3週間ほど前から咳き込むようになり、風邪と思ってしばらく
かかりつけの大きめの消化器系医院に通院していたのですが、一旦
良くなったと思ったら、3日ほど前から急に咳が大きくなってきて
悪化したので変だと思ってCTで調べたら、片肺の一部に小さい影と、
両肺の中央を通るリンパ腺が大きくなっているとのことで、造影剤を
使って検査しようとしたら、体力が落ちて血圧が最高90台だったので
造影剤を使うのは危険ということで、休み明けに呼吸器系専門科がある
JA取手総合医療センターを紹介していただくことになりました。

 子宮がんの時は慈恵会柏病院で治療してもらったのですが、慈恵会柏はいつも
混んでいてすぐ診てもらうのが難しいと言われ、経験上も同じ意見だった事から
JA取手総合医療センターを選んびました。とは言うものの、過去のデータや
今後の定期健診にも行く予定がある慈恵会柏を選択したほうが良かったでしょうか?

19 名前: hiro 投稿日:2012/10/08(月) 12:41
久しぶりに投稿します。

『肺がん治療 その3』に少しの間投稿させていただいたhiroといいます。
昨年はじめに、放射線及び化学療法にて治療を行ってきました。
年初より胸の痛みが激しくなり、癌そのものが大きくなっていたため、また同じ
ような治療はできないかと相談したところ、放射線性の肺炎を併発しているので
放射線治療はできず、化学療法を行うことになりましたが、色々な副作用で輸血
するはめになり、結局「タルセバ」の服用だけの治療になってしまいました。

それでも、あきらめきれず日々あがいています。

最近投稿が少なくなっていますが、皆様お元気にされているのでしょうか?
皆様方の元気な投稿が、活力にもなると思います。

みなさんの元気な声を聞かせてください。

20 名前: ちぃ 投稿日:2012/10/11(木) 10:43
ご無沙汰しております。
バタバタしているうちに検査結果を書くのを忘れていて失礼しました。

結論から申しますと、幸いな事に転移等悪性の物ではありませんでした。
消化器外科の先生は間葉系腫瘍(GIST)を疑っていたそうですがそれでもなく、
リンパの腫大(炎症性のもの)で原因は不明。
今までの経過からかなり不安な気持で検査結果を待っていただけに結果を聞いて
拍子抜けと言いますか、一瞬ぼーっとしてしまいました(笑)

結果を踏まえて今後TS-1を続けるかどうかでかなり悩みましたが、TS-1を2か月程
やめただけでずっと気になっていた手足のイボが消えはじめ胃等体調も良くなって
きたので一度休薬する事にしました。
イボに関しては近所の皮膚科に通っても増える一方で、免疫力が落ちているのが
原因なので薬をやめないと完全に治すのは難しいと言われていました。
治療に時間がかかるとも言われ半ばあきらめていたのですが1月からTS-1をやめたら
皮膚科で治療した訳でもないのに半年程できれいに消えました。
私は皮膚に副作用が出るようで日差しが強くなくてもすぐ日焼けして小さい水泡が
出来てしまっていたのですが、それもなくなり今年の夏は随分と過ごしやすかったです。
TS-1をやめた事で体調が良くなり『あぁ、これも副作用だったのか』と気が付いたり
休薬して良かったと思う反面、今まで飲んでいた事で抑えられていただけかもしれないと
不安になったりもします。
特に親は続けて欲しいって今でも言っていますがそうなると次に何か出てくるまで
飲み続けなくちゃいけない訳で、飲まない場合も次に何か出てくるまでは定期検診…。
どっちがいいかなんて考えたってわかる事でも無いし、同じ『次に何か出てくるまで』の
期間を過ごすなら少しでも体調が良い方がいいかなって思いました。

2007年の夏に健康診断でひっかかり、10月から治療。
気が付けば丸5年が経ちました。
最初は5年というのが一区切りというか目標というか、何だか遠く感じておりましたが
あまり意識せずのほほんと過ごしたおかげか現状は健康だと言えそうです。

私よりもっと長く治療を続けている方やこれから手術や治療をはじめる方、薬の副作用が
嫌になったり心が折れそうになったり…大変な思いをしている方も多いと思います。
皆さんが少しでも元気に過ごせますように。
なんとかなるって気持で頑張りましょう。

21 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/10/11(木) 12:17
20 ちぃ様
検査結果は、問題が無くて良かったですね。
私は、2006年11月に肺がん発覚で、2007年2月に手術でした。
ちぃ様よりちょっと先輩ですが、お互い治療には耐えていますよね。

がん医療の進展は凄いと思います。
患者としては、病状を冷静に受け止めて、
最適な治療に気合いを入れて臨むということが大切なことです。
おっしゃられますように、なんとかなりますよね。
お若いちぃ様の頑張りには、勇気を頂いている人が多くみえます。
良化を信じて、今後も頑張って下さいね。

22 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/15(月) 01:02
はじめまして
書き込みをするのが初めてで、もしルールに沿っていなかった場合はすみません。
母が去年の年末に肺がんと診断され、まだ他に転移もなく片肺上葉切除手術をしました。
リンパへの転移もなく、しばらくは手術後の痛みなどの症状だけだったのですが
三か月くらい前から胸と背中の激しい痛みを訴えるようになりました。
手術をした病院へは月に一度通い、再発や転移の検査をしており、痛みもずっと伝えてきたのですが
手術後の痛みだと言われてきました。
そして先週、あまりに母が痛みを訴えるので念のためと取ったMRIで骨転移が見つかりました。
ただ母はずっと腫瘍マーカーに変化はなく、骨の異常値?(付き添っていなかったので詳しい説明は分からないのですが)
も出ていなかったそうです。
母は激しい痛みに苦しそうで、モルヒネ系の薬もほとんど効かないようです。
本人は思い詰める性格もありますが、かなり進行しているのではと言っています。
今後、放射線や抗がん治療になるかと思うのですが、これほど何も効かない激しい痛みを取ることは可能なんでしょうか。
もう、混乱していてでたらめな文章で本当にすみません。

23 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/15(月) 03:05
>母は激しい痛みに苦しそうで、モルヒネ系の薬もほとんど効かないよ

モルヒネの量が足らないのではないでしょうか。
がんの痛みは、我慢する必要はないですし、我慢しても収まるものでもありません。
徹底的に取り除いてあげてください

緩和は地味ですが、専門医もいますし、それだけ専門の知識で特化してます
http://www.jspm.ne.jp/nintei/pdf/shidoui100401.pdf

また、本当につらいことですが、「セデーション」も視野に含めてください。
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/kea/1083864015

24 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/10/15(月) 09:57
22 名無しさん
お母様の病状はご心配ですね。
痛みは、骨転移がんが神経に触れているためでしょうか。
放射線治療で、痛みを緩和できそうですが、効果があると良いですね。
私は、胸椎10番の転移がん(原発かもしれません)治療として、
2011年9月から抗がん剤ゾメタを月1回受けています。
私の場合は、幸い痛みはありません。
現在4剤の抗がん剤治療でずが、ゾメタの副作用は弱いと思います。

25 名前: 22 投稿日:2012/10/15(月) 14:25
23様
貴重な情報をありがとうございます
たしかに調べたところ、モルヒネの量は一番少ない量を処方されたようです。
もう少し増やして頂ければ効くのかもしれません。それに今はかけてみたいと思います。
「セデーション」、不勉強で初めて知る言葉でした。
まだ本人は治るつもりでいて、そのことについて話し合うことはできないのですが
少しずつ本人の希望を聞いて行きたいと思います。
本当に痛みだけはとにかく取ってあげたいです。
色々と教えて下さってありがとうございました。今後について、少し冷静に考えることができそうです。

大まぬけ3号様
優しいお言葉、ありがとうございます。
放射線治療、それを希望にしていたのですが、今日の先生からのお話でしないということになってしまいました。
臓器に影響が出ることを恐れてのことらしく、痛みの軽減を期待していただけに非常に残念です。
骨転移について少し調べたのですが、やはりゾメタを使われる方が多いとか。
抗がん剤と聞くとどうしても副作用が心配で、使用されている方のお話は本当に心強いです。
ここで教えていただいたり、聞いてもらってすごく気持ちが落ち着きました。
どうもありがとうございました。またお邪魔させていただくと思いますが、よろしくお願いします。

26 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/19(金) 10:20
>>25

>放射線治療、それを希望にしていたのですが、今日の先生からのお話でしないということになってしまいました。

骨転移は直接命に関わらないという理由で放ったらかしにする医者も多いのですが、現在、骨転移巣への治療は何もされていないということでしょうか?
今はゾメタだけでなく、副作用の少ない新しい薬も出ています。
また、日本メジフィジックス社のメタストロンという薬もあります。こちらは放射性物質を使った薬なので扱える病院が限られているのですが、それでも地域のどこかで受けられると思います。
いずれにせよ、医療麻薬による痛み止めだけでなく、骨転移への何らかの治療をすることが痛み軽減にもつながります。

27 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/21(日) 01:33
>>25
色々と教えていただき、ありがとうございます
数日前から母が入院し、抗がん剤を始めました
術後から一年経っていないので放射線治療はせず、まずは薬で効果を見てみるといった方針のようです
まだどのような効果が出るのか分からないのですが、ようやく痛み止めが少し効いてきたようです
それが今のところの唯一の救いです
メタストロン、調べてみましたが抗がん剤で効果が出ない時には是非母に試してみるように言ってみたいです
痛みが取れる、治療もできる、そんな可能性が少しでもある放射線治療はやはり受けさせてみたいと思っていて
けれど無理かと少し諦めかけていたのですが、まだまだ色々と手はあるのですね
情報は本当に本当にありがたいです
どうもありがとうございました!取り扱っている病院などをもっと調べてみたいと思います


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]