がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>小細胞癌に対する化学療法について

1 名前: Takuma 投稿日:2006/12/20(水) 12:56

はじめまして。

娘(30)が、膵臓癌(4b)なのですが、
生体検査の結果、珍しいケースながら小細胞癌であると
言われております。

夏ごろから膵臓癌の一般的な化学療法である
ジェムザール+TSー1を試したものの効果が出ず。
そのため、小細胞肺癌に使われる
シスプラチン+エトポシドの組み合わせを試したところ、
よく効いている状況です。

しかし、使える回数に限度がある上、
効果が若干鈍ってきているように見えます。
おそらく年明けころから新しい抗がん剤を
ためすことになるのではないかと想像しています。

主治医は、「次に何を試すかは、そのときの状況によって」
といっています。

主治医と今後相談する際の予備知識として勉強しておきたいのですが、
小細胞癌に対する化学療法としては、
①シスプラチン+エトポシド
②シスプラチン+イリノテカン
③アムルビシン

などがあると聞いています。
①が効かない、もしくはこれ以上使えないとなった場合、
一般論として次の選択しにはどのようなものがあるでしょうか?

どなたか、ご経験を交えて教えてください。
(小細胞癌の一般論をお聞きしたいので、
 膵臓癌であることは忘れてください。)

よろしくお願いします。


2 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/12/20(水) 18:15
>>1
小細胞肺がんに準じて考えるのであれば、シスプラチン+エトポシドのあとの所謂セカンドラインとしては、シスプラチン+
イリノテカン、イリノテカン単剤、アムルビシン単剤、というあたりが主流のようです。そのほかに、試験されているものと
してはジェムザール+パクリタキセル、ジェムザール+ドセタキセルなどがあります。

ただ、お聞きになっておいでなのでしょうが、肺の小細胞癌と膵臓のそれとは性格が違う可能性が多分にあります。がん
細胞の種類もさることながら、原発臓器によってがんの性格は大きく異なるからです。ですから、膵臓の小細胞がんに
対して肺に準じた抗がん剤の治療の仕方をしたときに、以下の論文のようにそれなりにうまく行くこともありますが、
<http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?itool=abstractplus&db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=abstractplus&list_uids=8689428>
この論文の抄録の中に
>Small cell carcinoma of the pancreas is a very rare malignancy with 18
>cases reported in the literature, of which only 3 were treated with chemotherapy.
とあるように膵臓の小細胞癌は極めて稀な上に、抗がん剤治療を受けた患者さんが1996年の時点で3人しか報告されて
いないということなので、殆ど何も判っていないと覚悟する必要があります。

3 名前: Takuma 投稿日:2006/12/21(木) 08:34
肺がん外科医様

早速の返信ありがとうございます。
セカンドラインについて、詳細にご説明いただきありがとうございます。
ちなみに現在までにシスプラチン+エトポシドを3クール投与しており、
次回で4クール目となります。
それでもなお、シスプラチン+イリノテカンという選択肢は
堆積毒性という意味で可能なものなのでしょうか?

ご指摘のとおり、非常にまれなケースであり、
一概に肺の小細胞癌と同様に扱えばいいというものでもないということは
よく承知しているつもりでいます。
逆に、ほとんど前例の無いものなので
例えば膵臓癌の生存率や小細胞癌の生存率などのデータを
当てにしても仕方が無い、と開き直っているところでもあります。
手探りでの治療になるのはもちろん非常に不安ですが、
実際にシスプラチン+エトポシドに関しては
主治医もその効果の大きさに驚いていた様子でしたし。

ところで、どういうわけか上記の論文が、うまくリンクできませんでした。
検索サイトにはいけたのですが。
お手数ですが、論文名と筆者を教えていただけないでしょうか?

私は医学の専門家ではないため情報の収集方法もよくわからず、
膵臓の小細胞癌に関する論文も探していたのですが
今までうまく見つけられませんでした。
ぜひ読んでみたいので、お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

今まで膵臓癌のスレッドに書き込んでいたのですが、
ふと思い立って肺がんにスレッドを立ててみたところ、
とてもいい情報をいただきありがとうございました。


4 名前: 通りすがりですが 投稿日:2006/12/21(木) 15:44
Takumaさんがんばってください!

論文は、下のリンクを押してみてください。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?itool=abstractplus&db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=abstractplus&list_uids=8689428

これでだめなら、
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?DB=pubmed
に行って、一番上の入力欄に8689428と入力してみてください。
横やり失礼しました。






5 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/12/21(木) 18:38
シスプラチンの添付文書によれば
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291401A1020_2_10/
>聴力低下・難聴(1.4%),耳鳴(1.7%):
>高音域の聴力低下,難聴,耳鳴があらわれることがある。また,投与量の増加に伴い
>聴器障害の発現頻度が高くなり,特に1日投与量では80mg/m2以上で,総投与量では
>300mg/m2を超えるとその傾向は顕著となるので十分な観察を行い投与すること。
ということなので、シスプラチン+エトポシドからシスプラチン+イリノテカンというのは、これ
までの累積投与量によってはまずいかもしれません。なお、通常は累積毒性と言います。

カルボプラチンはこのような聴器毒性が低いようなので、シスプラチンに代えてカルボ
プラチンを使うという路線があるかもしれません。ただし、カルボの添付文書には
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291403F1026_2_11/
>なお,外国で,本剤を高用量で他の聴器毒性を有する薬剤と併用した場合,臨床上有
>意な聴力低下が小児患者に発現するとの報告がある。
という記載が「小児等への投与」という項目にあります。

リンクの件、失礼しました。通りがかりさまにはありがとうございます。

6 名前: Takuma 投稿日:2006/12/21(木) 19:42
通りすがりさま、肺がん外科医さま、ありがとうございます。
読むことができました。
比較的良く効いたケースはあるようですが、
とはいえ、やはり難しいことには変わりなさそうですね・・・。

しかし、肺がん外科医さまのアドバイスも踏まえ、
主治医と相談して行きたいと思います。

いろいろとありがとうございます。

また、もしこのような事例を他に知っている方がいらっしゃったら
さらにアドバイスいただけると幸いです。

まあ、

7 名前: Takuma 投稿日:2006/12/21(木) 19:42
すみません。「まあ、」はミスタイプです。

8 名前: パパ 投稿日:2009/07/12(日) 23:56
はじめまして、明日からしょうさいぼうがんの治療が始まります。不安いっぱいで、色々と調べてたのですが…しょうさいぼうがんになれば、完治しても治らないんですか?

9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/07/13(月) 12:45
>8

色々と調べられたと書かれている割には、お粗末な気がします。

>完治しても治らないんですか?

意味不明です。
一般的には、「完治」=「治る」ということです。

「完治」と「緩解」(検査などでは、がんが認められなくなること)を混同されているのでしょうか?

進展度合いが良く分かりませんが・・・

もしも、初期であり手術により、がんがとりきれたならば完治です。
(もちろん、取りきれたと思われていても、その時点でわからなかったがんが残っている「可能性」はゼロではありませんが。)

進行していて、抗がん剤(+放射線)を受けられるのでしょうか。
小細胞肺がんでは、それなりの率で「緩解」が期待できます。
そして、「緩解」された方について、再発がない方(完治)もいらっしゃいますし、残念ながら、再発される方もいらっしゃいます。

いずれにしても、このようなことは、きちんと主治医に訊かれるべきものです。

10 名前: 投稿日:2009/10/04(日) 23:23
はじめまして

突然の書き込み申し訳ありません。

私の父は肝臓の小細胞癌で、やはり情報収集に苦戦しています。
肝臓の小細胞癌の論文がありましたら、教えていただきたく書き込みさせていただきました。
何卒よろしくお願い致します。

11 名前: 肺がん外科医 投稿日:2009/10/07(水) 21:07
>>10
肝臓の小細胞癌は非常に稀なようで、いくつかをまとめた報告というのは探し当たりませんでした。
最近では今年九州大学から報告された1症例があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19718248?ordinalpos=1&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum
肺の小細胞癌と同じような抗がん剤がそれなりに効いたとしています。

2006年の韓国からの報告。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17189930?ordinalpos=17&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum
手術して抗がん剤も加えたけれどすぐに再発してしまっています。

台湾から小細胞癌としていいような報告。small cell neuroendocrine tumor
small cell neuroendocrine carcinoma という呼び方で書いている論文もある
ようです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19686999?ordinalpos=1&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

ドイツから手術でうまくいっているとする報告。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18210116?ordinalpos=4&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

とりあえず・・・

12 名前: みさき 投稿日:2010/04/25(日) 16:49
はじめまして。
父親が小細胞肺がんで抗がん剤治療が始まり、1クール終わった翌日に黒い痰がでました。それはどういう事かわかりましたら教えてください!心配です。

13 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/25(日) 17:02
>12

このようなことは、誰が答えているかも不明なネットではなく、主治医に聞きましょう。
まず主治医に聞いてみるということを習慣になさることが患者様のためでもあります。

14 名前: アンジェ 投稿日:2010/10/10(日) 19:37
母が現在、化学療法中(シスプラチン+イリノテカン)です。

現在、吐き気が強く、口の中にも口内炎のようなもの(痛みはないようですが、
舌全体が白くなっています)ができているため、食欲がありません。

このような時、何か食べやすいものはありませんか?
りんごなどの果物は、少しずつ食べています。
病院の食事は、素麺やおにぎりにしてもらっているようです。

それから、寝ていることが多いため、お尻が痛くなってきているようです。
床ずれ用のクッションがいろいろ販売されていますが、お勧めはありますか?
現在は、病院のクッションを借りています。

15 名前: popo 投稿日:2010/10/11(月) 17:48
介護用のムートン敷きパットが良いとききました。
お値段は結構するみたいですが床ずれしないらしです。
ムートンはなかなか優れものみたいですよ。

16 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/11(月) 18:31
薬剤が同じですから自分の経験からすると果物やフルーツの缶詰は食べれたと思います。だめなものは香りのあるもので、食事で一般的に美味しい匂いは吐き気を催します。ご飯とか肉や魚の料理は大抵吐いてしましました。

入院しているときは大部屋でしたが、配膳車が近くに来るだけで気分が悪くなってました。うどん一本(一食ではない)食べれたときそんな姿を見ていたからか看護師さんがとても喜んでくれてとてもうれしかったのを覚えています。


17 名前: アンジェ 投稿日:2010/10/12(火) 20:34
>15 
popoさん、書き込みありがとうございます。
ムートンの敷きパットを検索してみました。
いろいろあるので、どれが良いか迷いますね・・・。
良さそうなのを購入してみようと思います。

>16
名無しさん@癌掲示板さん、書き込みありがとうございます。
やはり果物は食べやすいようですね。
食べれそうなものを食べれそうな時に食べるようにするしかないのかなと思いつつ、
ほとんど口にしていない日もあるようで、心配になってしまいます。

吐き気が強い時、何か良い対処法はありましたか?
ペパーミント(アロマ)の匂いをかぐと吐き気を抑える効果があるようですが・・・。

薬が同じようなので、してもらって嬉しかったことなど、どんなことでも
良いので教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

18 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/12(火) 23:11
>>アンジェさん

私も部位は違いますが、TPF(シスプラチン、5-FU、タキソテール)を4クール行ったこともあり、
その大変さ分かります。

口内炎ですが、私はひどい時は、つばを飲み込むのも痛く、喋るのも嫌でした。
当然食事もしたくありませんでしたが、辛うじてカロリーメイトやウィダーインゼリー、プリンなどを食べた記憶があります。
また、化学療法を行っている病院でしたら、もしかしたら、
嚥下障害の方や、化学療法の方用のカロリーメイトなどの食事メニューを用意してある場合があるので、
相談なさってください。

吐き気もシスプラチンを使うときは大変ですよね。
ただ、吐き気が強いときというか、本来は事前に予防が大前提です。
でも、私もそうでしたが、外科医が片手間に化学療法を行うと、その辺がおろそかになることが多いようです。
(気持ち悪かったら、制吐剤いれますみたいな)
でも、シスプラチンなどの高リスク群では、
5HT3RA+DEX+アプレピタント、場合によりロラゼパムやH2RAやPPIを使ったりもするようです。

私の場合は、制吐剤は、カイトリル、プリンペラン、デカドロンしか用意されていませんでしたが、
使い方を工夫しただけで、最初の2クールはシスプラチンの日は、十数回以上嘔吐していたのが、
3,4クールでは、1回嘔吐したかしてないかまで減りました。

なので、薬の種類、使い方など主治医にご相談ください。
でも、そういったのをうるさがる先生ですと、
大抵制吐剤は頓服としてあらかじめ処方箋がだされていて、看護師さんに言うと適宜点滴してくれる場合も多いので、
そういった場合、こちらで勉強して、きちんとした制吐レジメで指示を出すこともありだと思います。
(私はそうしました)

19 名前: アンジェ 投稿日:2010/10/14(木) 21:31
>18
名無しさん@癌掲示板さん、ありがとうございます。

口内炎は、皮膚科の先生に来ていただき、改善してきているようです。
化学療法の方用のカロリーメイトなどがあるのは知りませんでした。
まずは看護師さんに相談するようにしてみます。

昨日から数日間、外泊許可が出たようですが、体力が落ちてしまい、大変なようです。

現在、私は結婚し、新幹線を使って数時間かかる所に住んでいるため、普段の様子が
わからず、治療のことは父に任せている状態です。
(最低でも隔週くらいで週末に帰るようにしています)

制吐剤は、グラニセトロンを点滴で入れていました。
その他にも使っているかもしれませんが、見ていないのでわかりません。
以前、看護師さんが、「もっと早く点滴をすれば良かったんですけど・・・看護師の
ミスです」と私がいる時に言っていました。

吐き気がある時や体調が悪い時には、すぐに看護師に言うよう、母に伝えてあります。
朝方、吐き気があることは伝えました。

やはり家族もいろいろ勉強しないといけませんね。
情報をいろいろとありがとうございます。

20 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/15(金) 07:30
>化学療法の方用のカロリーメイト

無いと思いますよ。
経腸栄養剤のことかと。

21 名前: 18 投稿日:2010/10/15(金) 09:58
>>アンジェさん、20さん

言葉足らずだったようで、補足です。
化学療法専用カロリーメイトということではなく、
カロリーメイト、ウィダーインゼリー、プリン的なものなど、
液状のものを食事メニューとして用意している場合があるということです。

ただ、私の病院でも(大学病院でしたが)レアなようで、
看護師の方も知らない人もいるようでした。
あまりに食事を食べてなかったら、管理栄養士の方がいらっしゃって、
そういったメニューもありますよと教えてくれました。

22 名前: アンジェ 投稿日:2010/10/15(金) 14:42
>20,21さん

私の勘違いだったようですね。申し訳ありません。
ウィダーインゼリーは、母や食べず嫌いなのもあるかもしれませんが、
嫌がっていました。

管理栄養士さんはいらっしゃるようなので、また相談してみます。
お二人ともありがとうございました。

23 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/12/01(木) 23:44
自分の知り合いが、肝臓に小細胞癌ができ、膵臓にも転移してるみたいです。
余命3ヶ月と言われ、それからもう少しで2年目になります。
回りは奇跡と言ってますが、奇跡なんですか?

抗がん剤打っても、ケロっとしてる人なので、だから長生きしてるのでしょうか?


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]