がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が270を超えています。300を超えると表示できなくなるよ。

癌掲示板..>CTスキャンで異常が見つかりました

1 名前: ケロ 投稿日:2005/12/29(木) 18:23
初めまして
先日、レントゲンでは異常がなかったのですが、同時に行ったCTスキャンにて
肺(肺野部)に異常が見つかりました。
その結果更に当該場所をCTスキャンで念入りに調べ直すことになり、直径4mm
程の腫瘍らしきもの?が写っていることが判りました(場所は右肺の外側端の
ほうにポツンと一箇所)。

何かがあるというだけで癌かどうか何者なのか判らない状態、診断結果では
新生物?との診断結果になりました。
3ヶ月後に再び経過を見ましょうということで、とりあえず今は経過待ちの状態
です。
お医者様の説明では、CTスキャンでこのようなものが見つかるケースは近年多く
深刻に心配することはないです、確かに癌の可能性はないとはいえませんが確立
は低いですよ、とのことでした。

しかし私は不安で仕方がない状態です。
この状態で癌かどうか更に詳しく調べることは医療的に現実的ではないのでしょうか。
疑わしきは切るということで、この段階で有無を云わずに切るというのは馬鹿げたこと
なのでしょうか。
この物体が何者かハッキリしないだけにもどかしいです。

そしてお医者様のいう通り、今はじっと経過を待つのが最良なのでしょうか。
色々本を見てみたのですが、いまいち載っていなくて良く判りません。
どうしたらよいでしょうか。

230 名前: 201 227 投稿日:2012/01/10(火) 21:18
有り難うございます。

主人はボランティアで去年暫く東北にいまして、
また、再検査日の後に定期健診の胃がんの検査もあるし
かなり放射能に関しては
私が少し過敏になってしまっていました。

231 名前: NU 投稿日:2012/01/11(水) 16:00
225 肺がん外科医様

ご助言、有り難く読ませて頂きました。ありがとうございました。
良くも悪くも5ミリの病変が「何かの可能性」であることをお医者さんがおっしゃることによって患者である私達は次の診察までの時間を長く不安な気持ちで過ごす必要がなくなるのであります。不安な気持ちをこちらで聞いて頂くことで、同じ様な体験をされた方々のご意見やご感想、また肺がん外科医様のように一線で働かれている方のご経験をお聞きして、その不安が少しでも和らぐことができました。
またお聞きしたいのですが、肺CT検査によって見つかった5ミリという小さな病変でも血液検査で肺がんの腫瘍マーカーをチェックしたりするものでしょうか?
私は血液検査はしていません。


232 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/01/11(水) 21:30
>>231

5mmの肺癌で腫瘍マーカーが異常高値を示すことは殆どないでしょう。また、腫瘍
マーカーは癌でも異常高値を示さないことがありますし、癌でなくても異常高値を
示すこともあり、診断の助けにはあまりなりません。したがって、5mmの肺病変がある
ときに積極的に腫瘍マーカーをチェックする医者はあまりいないと思います。

233 名前: NU 投稿日:2012/01/12(木) 23:26
232様

とてもわかりやすいお話しをありがとうございました。
5ミリの病変が肺がんであるのかないのかを確定できる検査はほとんどないということですね。

今の病院でこのまま経過を見るかどうか、少し考えたいと思います。

234 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/01/14(土) 15:45
PET検査で肺に11mmの怪しい影が発見されて以来、経過観察を6ヶ月しましたが、
結局腺癌ということで区域切除でリンパ郭清も一緒に。
が、切除したリンパ節を検査したところ、このリンパ節に2mmの癌細胞が発見され、結局下葉を再度切除する手術に。
ステージIaがIIaへ・・・・orz

なんとしても生きてやるぞ、俺は!!


235 名前: 私の場合 投稿日:2012/01/24(火) 11:04
52才、女性です。
昨年10月人間ドックでレントゲンに異常陰影ありと指摘されCT
検査受けたら右肺野にやはり1cmの結束が認められました。
場所的に気管支鏡は無理で3ヶ月経過観察といわれました。
その間不安な気持ちで一杯でしたがおとといのCTで陰影
は消えてました。
私のように経過観察中で不安にかられるかたも多勢いらっしゃることでしょう。
でもCTで見つかる陰影が癌である可能性はかなり低いのです。
また、たとえ癌であっても初期の可能性が高いからねと担当医がはげましてくれました。
不安にかられてノイローゼ状態になる方も多いと聴きます。
私の場合はたとえ癌だとしても
家族がかかるとしたら自分でよかったんだと自分に
言い聞かせてました。 





236 名前: 心配です 投稿日:2012/02/06(月) 12:47
はじめまして。44歳の会社員(男)です。
先日(1/27)、肺がん健診でヘリカルCT診断を受けました。
結果(2/4着)は「要再検査(6ヶ月後)」で、コメントとして「胸部異常陰影が認められます。上記期間後にCTで再検査し、変化があるか否か確認する必要があります。結果について専門医の説明を希望される場合は下記『○○クリニック』をご受診ください。」とのことでした。
私は、約20年前に肺がんで母(享年53歳)を亡くしていますので、遺伝の関係もあろうかと思いますし、恥ずかしながら、喫煙暦も長いです。
30歳を過ぎた頃から毎年、肺がん健診でヘリカルCT診断を受けており、今までは「異常なし」でしたので(過去に1回だけ「要経過観察」がありました)かなりショックを受けています。今週、金曜日に専門医に話を聞きに行く予約もとりましたが、今はつらく深刻な気持ちで一杯です。
いつも風邪を引いたときにお世話になっている内科医の先生に相談したところ、「写真を借りてきてセカンオピニオンを求めましょう。勿論、僕も診ます」と言っていただきました。ここに書いてある他の方のお話でだいぶ励まされました。アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

237 名前: 家族のためなら 投稿日:2012/08/02(木) 10:45
こんにちは、いろいろな意見を読ませていただき少し打ち明ける気持ちになれたので、ご相談したく思います。どうぞよろしくお願いします。
母のことですが、母は64才、1年半前に一度も精密検査をしたことがないので、OOがんセンターにて人間ドックプラスpet検査をしてまいりました。
結果、両鎖骨付近に集積あり、整形はん外科に行くようにとの報告のみでほかに異常は見られませんでした。
町の整形外科にいくとこんなところにがん細胞ができることはまずないけれど、うちではいろいろな機械がそろっていないから、総合病院にいって検査をと言われ紹介状を頂き総合病院へ行くことになりました。
検査結果、年齢を増してくると鎖骨が痛みを感じることがあるもので癌や腫瘍はできていません、ただ、左肺に影が見えるので呼吸器科にいかれてくださいといわれ、行くことになりました。
今の時点ではなんともいえないので、6ヵ月後に来てくださいといわれ、6ヶ月間待つことに。
そしてCTをとり9mmのまん丸なものが心臓のすぐ近くの左肺にありますとCT画像をみせられました。
形からして癌の疑いはあまりないと思いますが、一応マーカーと唾液?痰?の検査をしましたが、何も問題がなかったので、また6ヶ月ごといわれ、心配のまま6ヶ月待つことに。
6ヵ月後大きさは1,2cmにかわり、それでも先生は経過を見ましょうとのこと。。。そして今年の5月、ちょうど初めてPETをしてから1年半、母はCTを再度とり結果は、6ヶ月前と大きさが変わっていなく1,2cmです。
場所が心臓の真横なので針を外部からさして検査をするリスクを考えると、このまま経過を見ているほうがいいのではないかと先生にいわれ、
心配な私は転移性のものという可能性はありませんか?と聞くと、では今年の12月にPET検査をして見ましょうとのことをいわれ、予約を入れてきた状況です。
1,2cmだと針で組織を取ったとしても50・50の確立で結果がでるかでないかで、心臓の真横にできているものを外部から針で検査するリスクを考えるのであれば、PETをしてからでもいいのではといわれてなんだか心配が続いています。
一年半も様子見ましょうとずっとがんばってきていますが、このままでいいのでしょうか。。
リスクってそんなにあるものなのですか?心臓も肺も臓器は孤立しているものなので、外部から針を刺して精密検査をすることはそんなに難しいことなのでしょうか。。。
良性とも悪性ともいわれず、形からしてまん丸のコインのようなものなので、癌とは疑いにくいといわれたのですが。。。
すみません、わかりにくい説明なのですが、どうぞよろしくお願いします。
 当の本人、母は心配ないわよといっているのですが、
私は毎日ここ1年半まともに寝れていないです。理由はできているものが
はっきり何かわからないこと。毎回6ヵ月後といわれ、様子見ましょうでは正直不安からへとへとです。
母はあちこちの病院に行きたくないこれ以上といいはります。。
よろしくおねがいします

238 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/08/02(木) 15:35
237 家族のためなら様

1年半経過で、陰影の大きさが12㎜のままというのは、
がんとは考えにくいということなのでしょう。
私は、多発性の肺がんですけど、正体を現すと成長が早いです。
心臓の真横に針を挿すということは、普通に想像してみて下さい。
とても危険なことだと思います。
心臓と肺は孤立しているわけですが、体内は複雑だと思います。
血管破損というようなリスクを、考えられているのでしょう。
6ヶ月毎の経過観察ということは、良い状況だと考えるべきです。
常に治療を受けている人と比較すると、幸せなことだと思います。


239 名前: 家族のためなら 投稿日:2012/08/02(木) 20:50
大まぬけ3号様
有難うございます。本当に有難うございます。誰にも相談できなかったのですが、思い切って書き込みをさせていただきいただいたお言葉の内容しっかりかみ締めて読ませていただきました。
確かに心臓の真横にはりは。。。とおもいます。ただ、何ができているかわからないけれど、できものがあるといわれて、毎回6ヶ月後の病院に行くことがとっても怖く、またこの一年間、時間ばっかりが経過してほかに転移やほかからの転移だったらどうするんだろうと心配ばかりしておりました。
祖母両方がんで他界しています。そしておととしも母の兄ががんでなくなりました。
病院にはよくいっていたのに、なんで?と悔やんでいた中で今回の母の左肺のできものが発覚したものですから、
ますます不安をあおったことと思います。
次の予約は11月30日、PET検査です。それまで経過まちをするように努めてみます。
ほかの病院に、ほかの医者にとおもっていたのですが、どこにいっても同じことを言われるのでしょうかね。。。
一番初めのすりガラスのような形からまん丸の原型になって1,2cm。
良性でもほおって置くと悪性化することがあると本で読みましたが、心臓真横で摘出不可能な場合はいったいどうなるのかともおもっています。
考えると不安がおおいですが、いただいたご意見の内容をかみ締めて理解し、
次の検査まで待ってみようと思います。
本当に有難うございます。

240 名前: 悩み人 投稿日:2012/09/06(木) 10:00
はじめまして、よろしくお願いします。
1年前の甲状腺癌の手術前CTで肺にスリガラス陰影一つ数ミリあると言われ、
経過観察中です。大きさ変わらないようです。
しかし、家族に肺がん経験者がおり、がん家系でもあることから、
がん専門病院で検査してもらいましたところ、7ミリのすりガラス陰影でした。
そこまでは、同じだったのですが、場所が胸膜にくっついていて、もし、がん
であれば、膜を破れば散らばって手術出来ないことになりますと言われました。
通り道がないので内視鏡検査もしずらいということで、手術に突っ走るか、
経過をみるかとどうしますか?と言われました。
その時は、経過をと返事しましたが、手術してすっきりしたほうがいいのかもと
悩んでいます。
先生曰く、胸膜のそばにできた人の経過観察は例がないので、むずかしい。
他の場所なら、経過観察でも・・・という感じでした。
どうすればいいのか、何かアドバスをお願いします。

241 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/09/06(木) 11:57
240 悩み人様

様子を見るのか手術を受けるのか、とても迷いますね。
もしも、私だとしたら手術に臨みます。
先進医療のラジオ波焼灼治療は、可能ではないでしょうか?
治療を施す病院は少ないですが、費用は約21万円です。
治療後は、2時間程安静にしていれば、歩行も食事も摂れます。
肺への負担も弱いので、手術と比較するととても楽な治療法です。
主治医に、お尋ねになられては如何でしょうか?

242 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/09/06(木) 21:11
>>240
陰影の全体がすりガラスのようで、真っ白く詰まったような部分がないのであれば、
7mmの病変は経過を診るのが常道です。このような病変はごく早期の肺腺癌、
その前段階の前癌病変、炎症の傷跡のいずれかであることが多く、後二者は
手をつける必要はありません。ごく早期の肺腺癌は、組織を壊す性質が弱いので、
胸膜にくっついていてもこれを食い破るようにはなかなかなりません。

当面は半年から1年おきに高分解能で経過を診て、1-1.5cmを超えるくらいに育つ、
または内部に真っ白く詰まったような部分(このような部分は本来の組織を壊して
がんがよそへ広がろうとしている場所です)が出現してきたところで手をつけることが
勧められます。

ただ、ごく早期であっても肺癌である可能性がそこそこありますから、不安な気持ち
が強いのであれば、すぐに取ってしまって白黒をつけても悪いわけではありません。

243 名前: 悩み人 投稿日:2012/09/24(月) 15:43
おおまぬけ3号様、肺がん外科医様アドバイスありがとうございます。
家族と相談して、呼吸器内科から呼吸器外科へまわりました。
外科医の先生も内科の先生と変わらぬ意見でした。
手術に向けて検査をうけました。まだ、入院申込はしていません。

ラジオ波治療・・・前癌状態というかがんと決まっていなくても、
治療してもらえるものなのでしょか?
前提条件として、手術不可能ながんというのがあるようなのですが・・・

7ミリを取るために全身麻酔で6センチの傷、2,3週間の入院といわれたのですが・・・
大阪で肺がんといえばこの病院と言われるがん専門の病院です。


244 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/09/24(月) 16:43
243 悩み人様
ラジオ波焼灼治療の基本的な対象は、体力的に手術ができない人や、
私のような体力があっても、複数回の手術を受けていて、
今後も発がんが予測される人を対象としています。
がんの大きさが30mm迄だと可能ですが、
危険を伴う心臓に近い箇所などはムリのようです。
 
私の場合は、3回目のがん治療でした。
主治医から、開胸手術とラジオ波焼灼治療のどちらにしますか?
という問いかけで、ラジオ波焼灼治療を望みました。
右下葉で、背中から5~6cmで脇から2~3cmの所でした。
針は2~3mmの太さで、背中から挿入しました。
組織を採取した後に、がんだけを焼灼したわけです。

悩み人様は、甲状腺がんの手術を受けられているわけですから、
今後の発がんの可能性を考えると、確実で楽な治療を選びたいですね。
ラジオ波焼灼治療が可能なのかは、主治医にご相談なさって下さい。

245 名前: 悩み人 投稿日:2012/09/26(水) 09:18
肺がん外科医様

>ごく早期の肺腺癌は、組織を壊す性質が弱いので、
>胸膜にくっついていてもこれを食い破るようにはなかなかなりません。
主治医からはこのような説明はありませんでした。
今度、主治医に聞いてみます。

大まぬけ3号様
受診している病院ではラジオ波による処置はしていないので、
これも主治医に聞いてみます。

胸膜を破ると手術できないという話に驚いてしまって、
もっと、主治医とよく話をするようにします。
また、相談に乗ってください。

246 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/09/27(木) 04:57
>>245 悩み人様
>ラジオ波

最初の治療のときは、転移を防ぐため
大きく切る(開胸手術)が基本と思います。
ラジオ波は再発したとき、
QOLを確保するために、
使うものと思いますよ。
いずれにしても、主治医とよく相談なさってください。

247 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/09/28(金) 17:09
>>243
>ラジオ波治療・・・前癌状態というかがんと決まっていなくても、
>治療してもらえるものなのでしょか?
>前提条件として、手術不可能ながんというのがあるようなのですが・・・

ラジオ波は負担が軽いと言っても、体に針を刺して電気を流すという負担をかけますから、なにか
とんでもない事態が起きないという保証はありません。ですから、原則的には治療した方が良い
病巣にしか行いません。

前癌状態というのは、業界用語的には「異型腺腫様過形成(AAH)」と言いますが、この病変の
すべてが癌(腺癌)に進展するわけではなく、むしろそういうことは少なく、時間もかなりかかる
のが普通であろうと考えられています。ですから、前癌病変に対してラジオ波を積極的にやろう
という病院はあまりないと思います。

問題はもう一つあって、AAHと腺癌を体外から区別することはかなり難しいということです。実の
ところ、腺癌であっても、悩み人さんのような状態では、体外から採取した検体で腺癌の確定
診断を得ることは難しい場合が多く、ましてAAHとの区別はさらに困難です。

もっとも、ものは考えようで、どういう病変であろうが余計なものなのであれば、ラジオ波(でも
何でも)でそれをつぶしてしまえば安心できるじゃないかと腹を決めることもできます。ただ、
そういう考えで頼んだ時に、「いいですよ、それで行きましょう」と受けてもらえるかどうかは
わかりません。

>7ミリを取るために全身麻酔で6センチの傷、2,3週間の入院といわれたのですが・・・
>大阪で肺がんといえばこの病院と言われるがん専門の病院です。

大阪のXXセンターでしょうけれど、2-3週間なんてことはなくて、1週間前後じゃないかと思い
ますよ。

>胸膜を破ると手術できないという話に驚いてしまって、
>もっと、主治医とよく話をするようにします。

がんが胸膜を破ったからと言って、直ちに癌細胞が胸の中に散らばるわけではないのですが、
その危険性はあります。しかし、全体にすりガラス状の7㎜の病変でそういうことが起きる率は
かなり低いと考えられます。

248 名前: 悩み人 投稿日:2012/10/01(月) 15:00
○肺がん外科医様

詳しいご説明ありがとうございます。
まだ、入院申込はしていません。

今度、術前検査の最終結果を聞きに行きますので、
もう一度、よく主治医と話をしてみます。
そんなにすぐに変化するものでない、胸膜をすぐに破るものではない破っても
すぐに広がらないとのお話を踏まえて、主治医の考えを聞いてみます。
また、同じ病院の呼吸器外科の先生の多くが私のすりガラス陰影で、
本当に手術が必要と考えてるものなのかも聞いてみたいと思っています。

>大阪のXXセンターでしょうけれど、2-3週間なんてことはなくて、
その病院です。

>1週間前後じゃないかと思いますよ。
そうですよね。えらく長いなぁと思いました。
再度確認しておきます。術後の療養の日数だったのかもしれません。

内科の先生(偉い人)がここですりガラス陰影の手術した人の5割程度は
癌でしたよ。切った方がさっばりするんじゃない等々も言われたことが
やはり、外科へまわるきっかけにはなりました。

外科の先生も内科の先生が偉い人だから、あんまり自分の考えを言わないのかもしれません。

いろいろ考えると、ほんとうに癌と決まるまで様子見るかとも考えます。
ただ、胸膜を破ったことがすぐにわかればいいですが、様子見と様子見の間に
大変なことになってしまってたら困るし…と堂々巡りでほんと悩みつきません。

とにかく、主治医とよく話してみます。
必要ならセカンドオピニオンも受けてみます。
また、相談に乗っていただけるとありがたいです。






249 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/10/02(火) 02:32
>>248

>>大阪のXXセンターでしょうけれど、2-3週間なんてことはなくて、
>その病院です。

そこの呼吸器外科の児玉憲先生は肺がんのスーパードクターと言われている人です。
ただ、最近は偉くなり過ぎてしまったためか、他院に出向したりして出たり入ったりしているようです。
今は児玉先生はおられないのでしょうか?
おられるのなら手術だけでなくいろんな治療法にも精通されている方なので、指名で相談されることをおすすめします。
また、心療内科で患者・家族の相談に乗ってくれると聞いていますので、いろいろと困ったことがあれば相談されるのがよいと思います。


250 名前: TOSHI 投稿日:2012/11/01(木) 13:56
先日、人間ドックを受け、オプションで肺のCTをとりました。
その結果、両背部にわずかに線維性変化ありというコメントがありました。
再検査等の指示はありませんが、ほっておいて大丈夫でしょうか。
又、線維性変化とはどういうことで、どういう原因が考えられますか。
宜しくお願い致します。

251 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/11/03(土) 18:55
「硬くなる」と言いましょうか
血流障害が原因で起こる、線維芽細胞に置き換わることです

喫煙でしょうか

252 名前: MARU 投稿日:2012/12/08(土) 18:05
はじめまして。46歳の女性です。会社員ですので、毎年会社の健康診断は受け
ています。今年も4月に受けています。その時は異常はありませんでした。
今年10月25日、都内の総合健診センターにて人間ドックを初めてうけました。
11月17日に胸部X線検査の結果:左 下葉部異常陰影とあり、精密検査を受けて
くださいの記載があり、11月20日同じ健診センターにてCT検査を受けました。
CT検査の予約をした時に医師との面談の予約を12月19日にしています。
病院側からはこの日が最短と聞いています。
2,3日前から胸の圧迫感と背中のこりがあり、肺がんではないかと心配して
います。
今回、CT検査から約1カ月も面談まで空いていますが、肺がんだった場合は
病院から連絡をもらえるという事はないのでしょうか?健診センターに電話で
確認をしましたが、こちらは事務なので、なんとも言えませんと。
人間ドックからは2カ月も経過している事になるのですが、これは普通の事なの
でしょうか?2か月もほおっておかれる=重症ではないと考えてよいのでしょう
か?ネットでみると40代の肺がんの人が増えていると記載があり、心配で仕方
ありません。宜しくお願いします。

253 名前: なかの 投稿日:2012/12/08(土) 21:29
>MARU様

私は40代非喫煙の肺癌患者です。私の場合自覚症状として咳が続いていました。人間ドックで腫瘍らしい4cmくらいの影が見つかり、そこでは直ぐに紹介状をいただき早めに呼吸器内科受診をすすめられました。
それから検査を受け肺癌と確定し、外科手術を受けたのは3ヶ月経ってからですが、特に腫瘍が大きくなることもありませんでした。
私の場合肺腺がんでステージ1bです。
参考にしてください。


254 名前: 悩み人 投稿日:2013/01/08(火) 17:10
大まぬけ3号様、肺がん外科医様

以前、アドバイスをいただいた悩み人です。
その節はいろいろアドバイスありがとうございました。
結果報告です。

結局、手術を受けました。結果は、肺腺癌でした。
部分切除しました。

ただ不思議なのは、入院後、術前CTを撮ったら、影が薄くなっていたことです。
主治医もこのような状況は珍しかったようで、CTの先生に聞いてみますとのことでした。
口には出しませんでしたが、手術がなくなるカモみたいな話ぶりの印象を受けました。

結局、CTの先生曰く、薄くなったとはいえ有ることはある。
カンファレンス(先生同士の話し合い)でも、切ることに決まりましたと、
次の日に主治医から聞きました。

で、術中検査で肺がんと分かったということです。
ただ、初期なので、部分切除だったようです。

がんは嫌ですが、まぁ、今や、がんも治る病気になってきた。早期発見早期治療と思っています。

255 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2013/01/08(火) 21:49
254 悩み人様

手術も術後の経過も良さそうですね。
定期的な検査で、がん細胞の監視を図って下さい。
がんとの闘いは、先手必勝です。

256 名前: とー 投稿日:2013/09/04(水) 19:55
毎年造影CT をとって異常なかったのに
今年5mmのpuar GGO を見つかりました!!
1年で5mm の増大って速くないですか!?
医師からは 前癌病変か上皮肺腺癌の可能性もあると言われました
次はヘルカルCT を撮るよう言われてますが
造影CT とどう違うのですか?

257 名前: 肺がん外科医 投稿日:2013/09/05(木) 20:44
>>256
「ヘリカル」CTですね。画像情報をらせん状に集めていくCTです。最近のCTはほぼすべてこのタイプで、
造影であろうが、造影でなかろうが(単純)一緒ですから、造影CTと違うものという意味でヘリカルと言って
いるわけではないはずです。おそらく、毎年撮ってきたのは5㎜とか10㎜間隔の断面像であったのが、
5㎜の「pure」 GGOが見つかったので、1㎜位の間隔の細かな像を取ろうとしているのだと思います。この
ようなCTの撮り方は薄切CTとか高分解能CTと言います。

さて、昨年までなかったpure GGOの5㎜のしこりがいきなり出現することはあまりありません。可能性として
は「上皮内」腺癌よりも、炎症性の変化の方が考えやすいです。あるいは、1年で出てきたのではなく、昨年
も存在したのに、5㎜とか10㎜間隔のCTではもっと小さかったしこりはCT断面の間にはまって写っていな
かったのかもしれません。またあるいは、GGOではなく、中の詰まったしこり(充実性)なのだけれど、5/10㎜
間隔の像では端っこがかすっているためにGGOであるかのように見えるのかもしれません。

いずれにしても、薄切CT待ちでしょう。

258 名前: とー 投稿日:2013/09/05(木) 23:46
先生お返事ありがとうございます。
炎症性の変化って何ですか!?
また 後からの充実性って 癌の事ですよね?
次のフォローのCT の予約はまだしていないのですが
早めにフォローした方がいいですよね?
すみません 質問ばかりで…
造影CT で5mm のGGO が見つかった場合
どこまで 診断できるのですか!?

259 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/09/22(日) 04:17
どちらで尋ねたら良いのか分からないのでスレ違いだったら申し訳ありません。
もし、ご存じの方がご覧になっておられたら教えて頂ければ幸いです。

肺が管状腺癌で手術した後、以前から乳腺症だったのが乳癌も疑いが出てきて
両胸に針さして細胞をとることになりました。
しかし、もし癌ならば癌細胞を散らす可能性もあると注意事項に書いてありましたが
がん専門病院なので必要な検査のようです。

そこで質問です。
肺癌と乳癌も癌細胞の種類がもし同じなら
管状腺癌は針を刺すと癌細胞が散りやすいとか、細胞の種類によってリスクの違いはあるのでしょうか?
次回、その検査決まってから疑問と不安が出てきてしまいました。
どうぞ
宜しくお願い致します。





260 名前: 肺がん外科医 投稿日:2013/09/29(日) 17:03
>>258
「炎症性の変化」とは痰が絡んだとか、ごく限られた範囲の肺炎のような病気の傷跡です。
「充実性」のしこりだからと言って癌とは限りません。

心配なら早めに薄切(造影ではありません)CTですね。やはりpure GGOに写るのであれば、
上皮内腺癌の可能がありますが、前癌病変や炎症性変化の可能性も十分あります。それ
以上の診断は体外からは通常無理で、どうしても診断を付けたいのなら手術しかありません。
もしも癌であっても超早期で進行もとてもゆっくりなものなので、まずは経過観察で対処する
のが普通です。

261 名前: 肺がん外科医 投稿日:2013/09/29(日) 17:18
>>259
「肺癌と乳癌も癌細胞の種類がもし同じなら」が「管状腺癌は針を刺すと癌細胞が
散りやすい」につながる論理がなんだかわかりませんが、針を刺すことによって
癌細胞が散らばる場合がごく稀にあることは確かです。皮膚の癌の一種である
悪性黒色腫はかなり散らばりやすいことが知られているため、疑われる時は通常
針を刺しませんが、そのほかの癌についてはごく稀でリスクの差は特に報告されて
いません。


262 名前: とー 投稿日:2013/09/29(日) 22:14
お返事ありがとうございます。
不安ばかりが募るので病院に
呼吸器の先生との面談をお願いしました。
薄切りCT の予約もしようと思ってます
ここ半年よく痰が絡んでいたような気がします。
これはpuar GGO と関係があるのでしょうか!?
色々ネットで調べてしまって…
癌が胸膜に浸透して転移すると手術出来ないと
記されてました。
私のGGO は右側上部分 胸膜のすぐ側にあるのです…
このまま大きくなるとすぐ胸膜にくっついて
浸透してしまうのでは?とすごく怖いのです

素人なのでよくわからないのですが

面談までまだ時間がありますので
痰の事と胸膜浸透の事を教え頂けたらと思います。
宜しくお願いします。


263 名前: 肺癌の井澤 投稿日:2013/10/06(日) 19:04
 今から6年前に肺癌と診断されました。翌年1月には心筋梗塞も診断され3月には心筋梗塞と肺癌と肺癌検査中に分かりました胸腺腫の手術となりました
8月の検査に影が写りRI検査から始まり生検と進みついに3年前の12月には検査手術を受けついに再発と肺内転移となり余命は3ヶ月と診断されました
翌2年前には抗がん剤治療(ランダ・アリムタ)が始まりました。この抗がん剤治療は辛く食事が全く取れずまた腎臓障害激しくついに翌年3月には治療が中断されました
その秋には剥がんが進行しているためまた抗がん剤治療(タキソテール・アバスチン)をして現在に至っています
今回は自己紹介だけにします
近況は次回以降にします これからもよろしくお願いします

264 名前: 259 投稿日:2013/11/03(日) 23:36
>>261 肺がん外科医様
ご親切にお教えして下さいましてありがとうございます!
針生検の結果、癌細胞らしきものがあるが採取した量が少なすぎで
確定診断できないため、もう一度、多い量とることになりました、
しかし、画像から採取する位置を決めるのが難しいとのことで別の病院を紹介されました><

265 名前: まりも 投稿日:2014/01/17(金) 23:57
左首筋から鎖骨にかけて一番大きいのので1,5ミリ位、後数ヵ所小さいのが有り、一年間ほっておいた虫歯からだと言われ1ヶ月前に抜歯しました。けれどいまだにまだ腫れています。エコーで乳腺の検査をしましたけど、異常は見つからず。悪性リンパ腫、胃ガンなどとても心配で眠れない状態です。右側にも腫れが見つかりました。悪性だとしたら大きくなりますか?さわった感じは硬いような少し柔らかいような、動く感じも有りますが、いたくはない感じです。宜しくお願い致します。もしかしたら肺癌からの転移でしょうか?咳はでません。後リンパの腫れの上と左首の後ろのお肉が腫れています。

その後CTを撮りました。右の背中の方に白い丸い感じで(私が見た感じ)映っていました。大きさは2センチから三センチくらいらしく、呼吸器の先生
口の中のばい菌が肺に入り込ん炎症することもありますし、、、私が癌ですかと聞くと違うような感じなんだけどと言われました。炎症跡だとしたらどんな感じで映りますか?癌だとどんな感じで映りますか?CTの写真だと形は輪切りだからまるいでしょうか?


266 名前: ウーパー 投稿日:2014/01/28(火) 19:48
はじめまして、47歳の主婦です。5年前に甲状腺の腫瘍(良性)摘出手術をした時に左肺に5mmのpureGGOが見つかり、それ以来ずっと経過観察を続けています。検査をする度にドキドキしていましたが、この5年間大きさも濃さも全く変わりなしなので、今ではもう全く気にならなくなり、検査の日すら忘れそうになります。
大学病院の先生いわく、消えていく気配がないので炎症痕ではなく、AAH(前癌病変)という判断で、気になるなら腹腔鏡でチュッと取ればいいとおっしゃりますが、私としては大きさや濃さが変わりない限り、観察を続けていきたいと思っています。
5年前に見つかったとはいえ、その時急に出来たとも思えないし、ひょっとしてもっと前からあったかもしれない、もう10年、20年来存在してるものかもしれない、それが5年間何も変化がない。ということはこの先これが増大していく可能性はすごく低いのではないかと考えています。
甲状腺に出来た腫瘍が良性だったという事と、GGOの大きさも5mmだという事も私をのんびり構えさせているかもしれませんが。
そこでお聞きしたいのですが、私のようにGGOを5年以上経過観察続けていらっしゃる方っていらっしゃいますか?そしてそういう方は、CTでGGOが見つかった人の中でどれくらいの割合でいらっしゃるのかご存知の方がいれば教えてください。
それから、場所にも寄るとは思いますが、腹腔鏡で取れる腫瘍の大きさの限界って何mmくらいなのかご存知の方、お教えください。

267 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/03/09(日) 23:34
人間ドックの胸部レントゲンで1cmの結節影ありということで、
同じ病院で即日CTをやったのですが、結節影の方は何もみつからず、
別の場所で1cmのすりガラス陰影があるということで、呼吸器内科医
への紹介状をもらってきました。

肺癌と決まったわけではないですが、国立がんセンターに予約をとる
べきか、近くの総合病院でよいのか。せめて大学病院にいくべきか。

紹介状をどこに持って行ったらよいのでしょうか。

268 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/05/30(土) 07:00
私は去年の今頃子宮体癌で手術しました。一年後の今月にctを撮って転移があるかを調べる為に。造影剤を打ったのですが、喉から体が熱くなり嫌でした。この何週間不安で不安で仕方ない。芸能人がガンで立て続けに亡くなってらしゃるからもしかすると自分もと考えてしまいます。

269 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/06/19(金) 18:39
ガン治療のウラ事情をあの医師が暴露
三大療法に騙されないための無料メルマガ
http://ganyoboutaisaku.com/neo/usrctrl.php?mag_id=2
自宅でできる画期的なガン予防・改善法も限定公開

270 名前: 悩むシニア 投稿日:2015/10/25(日) 13:26
64歳男性です。
先日22日にPET検査の結果を聞きました。
右肺の肺ほうに25.5mm,横隔膜と心臓近くの脂肪部分にも造影がありました。
形状が丸く、呼吸器外科医はこれらは転移性と思われると。横隔膜下の腫瘍が
原発性とは考えられないと。
結局診断は、原発性不明ガンとして、来月11に手術日となりました。

本来は七年前に検診エコーで、副腎の横に腫瘍があり、今回の病院泌尿器科に紹介されて、
CT検査を受けて来ました。毎年秋にCTに写る腫瘍はサイズが変わらず、良性と判断されていました。
が、今年は腎臓と肺に影があり、造影CTをしました。

その時のコメントは腎臓は膿疱で大丈夫。肺の方も多分大丈夫で、PET検査は不要と
記載されていましたが、泌尿器科と放射線科の判断では?と、思って泌尿器科の医者に
相談し、健康な老後を確信したいと。


木曜日は、大丈夫でしたね!というコメントを聞くだけに、診療を。
泌尿器科の医者は、腎臓では活性がなく、膿疱だと。

しかし上部の肺付近には、活性があり、呼吸器外科医と相談していた様子で、即呼吸器外科医の
診療室に。
原発性不明ガンと言う話を理解出来ないまま、落胆して帰宅。
手術日も決まって、腹腔手術して、二つの組織を切除して、遺伝子を同定すれは、
原発性は一つか二つか?
又、何処の臓器かも予想可能あるかも?と。

帰宅して、ネット調べていたら、とても不安に。
睡眠導入剤でもなかなか寝れませんでした。

金曜日、土曜日もネットで調べる勇気もなく、今日、やっと原発性不明ガンを調べて、
五年生存率が25%。10年が10%の数字を見て、がっかり。

原発性ガンが不明なまま、抗がん剤治療の方針ならば、元気な内に大好きなゴルフをして、
余生をベッドで痛い時間を過ごすよりも、良いかな?と思っています。

ちなみに、八年前には心筋梗塞を経験しています。当時も今回と同じように、
二三ヶ月前に、右足が痛み、歩いている途中で急に痛み、電気が走ったようないたみでした。

結果は、右股関節に石灰した塊が。整形外科医から、国立病院腫瘍科に。
腫瘍ではないと、判断されて、10日後に心筋梗塞。

今回も股関節が痛み、階段上がれない状態で、鎮痛剤、座薬を。やっと二ヶ月過ぎたあたりから、
痛みが和らいだあたりに、今回の原発性不明ガンと。

整形外科の股関節MRIは、何も異常なく、炎症のCRPもマイナス。血液検査も正常。
一ヶ月前に、背中のMRIでやっと、椎間板ヘルニアだと。
しかし、整形の医者は、神経管の圧迫から、左足に痛みが主になるはずだと,


ちなみに、手術する病院は関西労災病院です。

271 名前: サバイバーおばさん 投稿日:2015/10/26(月) 20:38
悩むシニア様、PET検査の結果のみで患者本人が納得いかないまま手術というのはどうかと思います。 自覚症状はありますか?もし咳をしておられ痰が出るようなら、痰を検査する事で悪性かわかるはずですし、痰が出ない場合は気管支鏡で組織を取り診断します。それでご自身でも納得されてから外科手術を受けるか考えてみてはいかがでしょうか。
私は自覚症状に加え画像で異常(直径約4センチの塊)が見つかり、それから外科手術と決めるまでに2ヶ月程かかりました。


272 名前: 悩むシニア 投稿日:2015/10/27(火) 22:40
アドバイスありがとうございました。呼吸器外科医のpet/ct結果説明は30分。手術の話しが30分。
で、血液検査採血、肺機能検査、レントゲン、痰。結果は唾液くらいしか出ません。【咳はありません】
なんとも分からないまま、帰宅。まぁ~検査結果は大丈夫だと思っていましたから、
ガンなんて、、、それも原発性不明ガンと聞いたことない説明。

火曜日の本日、神戸市民病院ガン相談にて、看護師と3時間話しをしました。

手術して肺、横隔膜下の二カ所を切除したら、抗がん剤治療の効果が分からない
のではないかと。
少なくとも生検で、組織の同一性やタイプ等を検査して、抗がん剤治療されるのが、普通ではないか?と。

残ったガンに効果あれば原発性不明ガンにも、効果ありと予想されるのでは?

そんな説明を聞きました。

心筋梗塞経験しているから、全身麻酔のリスクもあり、針で一部を採取ならば局部麻酔で
リスクも回避可能かな。

既に手術日が近づき、担当医と会う機会もないので、労災病院のガン相談室に明日行って来る
予約しました。
セカンドオピニオンチョイスもあり、と、思っています。



273 名前: 悩むシニア 投稿日:2015/10/27(火) 22:49
ちなみに一年生存率が25%、5年生存率は10%でした。
初めての投稿、タブレットの慣れ、まして、ガンと、、、頭の中がからっぽで。

専門用語も理解していない状態で、医者の分かりやすい説明部分しか頭に残っていません。


274 名前: サバイバーおばさん 投稿日:2015/10/29(木) 23:11
悩むシニア様。
肺癌の気管支鏡検査は局部麻酔です。
病理検査に関しては、関西でしたら大阪府立成人病センターの病理が大変優秀だと思います。
癌が見つかり、一刻も早く治療を!と焦り逆に死期を早めたかたが私の周りには おります。


275 名前: 悩むシニア 投稿日:2015/11/07(土) 18:38
10日手術する為に入院しました。手術説明を受け、最初、二回目
そして昨日。なんか?少しずつ違いました。
肺下葉は7ミリ、横隔膜は17ミリ。25.5って数字は
光りの強度だそうです。
何れに誤解があったとしても、原発性不明癌の疑いと言う事には、
変わりません。
Petは10ミリ以上でなければ、光らないと。
最初は5ミリと云われたんですがね。

何れにしても、原発性不明癌の疑いからは、なんら変わらない以上
手術して、肺の部分は小さいので、横隔膜の部位で
術中に確認。細胞診は2週間。

今は、原発があること。を、祈るだけです。



276 名前: 機械エンジニア 投稿日:2016/01/09(土) 11:16
はじめまして。昨年末に人間ドックの肺CT検査で右肺葉間胸膜に
小結節が認められました。輪郭が直線で断面が三角形(底辺10mm.高さ8mm)、
画像スライスとして、長さ方向が10mm先細サイズで三角錐形状です。
場所は右肺の中央部で表面から28mmの位置に存在してます。磨りガラス状も
分葉状でもありません。三角錐の結節がただあるだけです。
診断された医師からは、良性悪性の判断ができないので六ヶ月間の経過観察
を提案されました。ただ、経験的にこの形状と位置から精密検査は不要と言われ
ました。心配なので、その画像をもって、別の病院の肺専門医に見ていただき
ましたが、まだ、「これだけではわからない。6ヶ月は長過ぎなので、1ヶ月後に
CTをとりながら経過観察しましょう。」でした。
15ヶ月前のCTでは何も問題はありませんでした。一年間くらいでこれだけ成長
するのが心配です。良性であればいいのですが。少し悩んでます。


277 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2017/06/10(土) 07:33
昨日、健康診断のレントゲン撮影で右肺下の端に白い影がるとのことで、CTを勧められ
週明け(月曜日)に予約をとりました。
取り直したものにも同じ影があり、更に、半年前に受けた時のものには写っていません
でした。ものすごく不安で仕方がないのですが、このようなパターンでけっか異常がな
かった方はいらっいますか?


278 名前: ヤッチン 投稿日:2017/08/02(水) 16:20
昨年の5月に肺がんの為右上葉の切除と気管支の廓清をしました、ステージ1b、T2aN0M0でした。手術をした傷口に痛みは有りませんが、手術をしてもう15ケ月が経過しようとしていますが未だに右上葉が有った場所に痛みが有ります、丁度肋間神経の処です、痛みが無い日も有ります肋骨の痛みが無い時は胸の真ん中の気管支の辺りが息苦しいくなるとか咽頭に違和感が感じる様になってきました、手術をして半年位からこの症状はあります、痛みは開胸手術症候群だと思いそのうち治るものだと思っていたら息苦しさと言うか気管支辺りの違和感は段々と酷くなります、因みに酸素飽和度は必ず97%以上絶えず有ります、何が悪いのか?又何か薬は有るのですか?今はUFTとトラムセットとリリカ150mmgを飲んでいます。

279 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2017/08/19(土) 11:04
>277
私は同じパターンで大病院でct検査しましたが、小さすぎるからと経過観察を提案されましたが麻央ちゃん直後だったので強く強く気管支鏡での生検を要求し、結果扁平上皮癌13mmリンパ節転移可能性ありと確定して手術しました。
退院して3日目なので転移有無は確定していませんが、危うく手遅れになるところでした。
今は、無かった影が有るは癌と疑うのが常識と知りました。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]