がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>摘出手術後の生活について

1 名前: 42さい 投稿日:2005/09/03(土) 13:09
肺がん(腺がん)で05.6.23に摘出手術をし7.7退院二ヶ月自宅療養
し9月より職場復帰しましたが、傷口の痛み摘出した後の重み等で
今後仕事が続けられるのか不安です。手術した方アドバイスお願
いします

2 名前: nnp4te 投稿日:2005/09/03(土) 20:36
私は2001年2月に右肺を全摘しました。当時の症状としては①声がかすれて、元に
戻るまで約4ヶ月かかりました。②時々、痰がのどにからみ、なかなかとれず、ず
いぶん難儀しました。突然くるのです。いまでも時々あります。息がつまりそうに
なります。今はタッピング用の機械を購入して、痰出しをやっています。③これも
時々ですが、急に立ち上がったり、咳の後、自立できなくなり、立ちくずれたりし
ました。④それから、微熱が結構長く、続き、なかなか直りませんでした。④正面
で鏡を見ますと、右肺がないせいでしょう、右肩が下がった姿勢です。今思いますに、
特別な処置はありませんでした。痛みの後遺症は記憶にありません。何とか、職場に
復帰し、現在にいたっています。でも、②の症状に時々ですが、難儀しています。

3 名前: 42さい 投稿日:2005/09/03(土) 21:54
nnp4teさん有難うございます。私も痰がのどにからむ、空咳
がでる症状は日々あります。放射線治療をしていたのでその
副作用の影響で出ているのかと思っていたのですが?主治医に
話すのですが、外科医なのでいずれ良くなる、いずれ慣れて
くると耳を傾けてもらえないのがあります。私の職場は、
製造業で日々重量物を持つのが仕事で今の体で付いてい
けるのかが今後のチャレンジとなります。


4 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/05(月) 19:47
手術の後は重い物を持つだけで息切れします。
2年たっても同じです。呼吸を整えて次ぎの行動に移るように
しています。咳止めは飲まなくてもよくなりました。
寒くなると、インフルエンザの予防注射も忘れずに!
傷の痛みはすぐなおります。





5 名前: みかん 投稿日:2005/09/05(月) 22:19
はじめまして、私は去年の11月に精巣癌(セミノーマ)で右側を
摘出後、転移検査(MRI,CT,B-シンチ)で原発腺癌が見つかり、
今年の、2月9日に右下葉切除、リンパ節郭清(Ⅲa)後、
リニア1.8 X 28回、カルボプラチン・タキソールを3クール
8/25に最終回のタキソールが終わり経過観察になりました、
幸いにも6ヶ月目の検査では再転なしが、現状です。
痛みは、傷自体の痛みはありませんが、後側方でのオペの為か
肋間神経痛様?の痛みが有り時々うずくまりそうに、なります
又、やはり重い物を持ち階段など上れば、息切れ&傷跡ズキン
まだ、抗癌剤の影響下にあるせいかリニアを受けているとき
より応えます、手足にも充分に力が入らないため、しばし仕事
はお休み状態です。

↑インフルエンザ忘れないようにします。

ところで、抗癌剤の影響下から(8/25のタキソールが最後)
完全に抜け出すにはどのくらいの時間が必要でしょうか?
個人差、治療期間など、色々違いがあると思いますが、
おおよその見当でもつけば、ありがたいのですが、また
日常生活で特に注意することなどあれば、ご指導ください。

6 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/06(火) 10:56
日常生活での注意は、肺炎かな!?やっぱり!
抗癌剤はまだ今現在効いている途中ですね。
個人差があるので、おおよそで、2ヶ月で髪の毛もはえてくるし
でも 完全に 抜けないかな!??

7 名前: みかん 投稿日:2005/09/06(火) 15:59
>6さん、ありがとうございます。
やはり1番は肺炎ですか、風邪から肺炎、インフルエンザから
肺炎、体力低下状態では風邪を引きやすいので充分注意します。

>完全に 抜けないかな!??
出来れば、完全に抜け切ってほしいところですが。
だけど、眉毛は完全に抜け切りました、あは!女房が大笑した
ので、怒ったら眉ペンで少しカッコつけて一度書いてくれました。
抜け毛対策でスキンヘッドにしていたので、外出時は
バンダナは手放せないです。(T_T)

癌の手術痕も、再発・転移の心配が100%なければ、ただの
ケガですむのですが・・・・・(^^ゞ
ではまた、お伺いします。

8 名前: 42さい 投稿日:2005/09/06(火) 20:52
有難うございます。年末の冬が手術後初めての冬となります
予防注射早めに打ち風邪に十分注意します。
定期的診察は、今後どのくらいの間隔になりますかね
肺に水溜り等があり(今は、水抜きしOK)二週間に一度の診察になっている
会社も日々休みずらくなっている状況です。

9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/07(水) 17:59
手術の傷跡は寒くなると、ピリピリしますが、暖めると気持ちいいかも
肺炎にも、種類があるようで(間質性・カリニ・アレルギー等)
熱が、3日続いたら病院に行くことですね!
38度前後は早いほうがよろしいです。
会社勤めも、大変ですね。しばらくは、二週間に一度の
診察が私もそうでした。症状で違うでしょうけど、半年位でした。
その後1ヶ月に1回に!それも仕事とあきらめました。

10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/07(水) 19:40
そうそう!ピリピリしますね。かゆくなってきたりすると
かいたら痛かったりするけど、お風呂につかると気持ちいいですね。
放射線治療のあとは、確かに違和感が、残り咳もでやすくなります。
喉にあててる人は、ツバが出にくくなり水分をずっと取っていました。
42さいなら、体力もありつい無理をすると思われますが、上手に癌とつきあって
ほしいですね!病院に行くことを、会社に相談してわかってもらえればと
思います。

11 名前: 42さい 投稿日:2005/09/07(水) 20:56
いろいろアドバイス有難うございます。呼吸器アレの病室に
入るみたいで大変参考になります。これからもアドバイス宜しくお願いします
再度もらった命なのでこれからは、仕事人間から家庭的人間に変わりたいと思います。
バカな上司は、最近アオリヲかけてくるけど!

12 名前: カレーパン 投稿日:2005/09/08(木) 18:14
バカな上司は所詮バカな上司です。
気にせず耳を貫通させてしまいましょう。
病気になったことのない人には辛さはわからないのですから。
それより、上手に病気と付き合い家族と幸せを分かち合って
ください。

13 名前: 患者 投稿日:2005/09/10(土) 21:55
有難うございます。
大変うれしいお言葉です、私の愚痴になってしまうのですがバカな上司は、盲腸の手術でひいひい
どうも盲腸と癌の手術を同じにしているところがあり私には、理解できないふざけるな!
傷口の大きさがぜんぜん違うだろう。だけど私にも最終的には、覚悟はできていいます。
癌患者をなめるなよ!

14 名前: 42さい 投稿日:2005/09/12(月) 21:03
今日定期健診でした。
胸のレントゲンを撮影診察で胸水が溜まっていることです
また来月入院かも
なんか自信がなくなりました!
主治医に言いたい手術失敗したのでは、

15 名前: 78歳 投稿日:2005/11/04(金) 22:54
  私は78歳の男子です。手術の度に8kg位減り現在45kg(身長169cm)

2003.03.24  肺ガンで右下葉摘出手術。2003.05.26退院。今息切れ以外問題なし
(全容)  しかし、2005.09.14.撮ったレントゲンの結果に悩んでいます。
  勝手ですが、よろしくおねがいいたします。

1982.02.  前年末に胃ポリープを人間ドックで発見して 3/4 摘出手術。その後
  消化剤等服用。3年前まで毎年胃カメラ等検査。現在に至るも変化なし。

1997.10.  健康診断時に肺気腫との記帳あり。 1998.06.喫煙暦 54年で禁煙。

2002.03.  咳が少しでたため(痰は今も皆無)近所の病院で診察を受けたとき、
  念のため CT を撮る。右肺最下葉にクモの巣様の 「かげ」 があり、
  内科専門医によれば2ヶ月後もう一度 CT をとることに決定。

2002.05.  2回目 CT を撮る。以前と変化なし。
2002.07.  3回目 CT を撮る。以前と変化なし。
2002.09.  4回目 CT を撮る。以前と変化なし。従って安心してよい。(ガンの疑いなし)

2002.08.16.  某大学病院(胃の手術病院)で CT 撮影の経緯を説明したところ「友人が
  呼吸器外科医だから診て貰う」 とのことで 4回分の CT 写真を持参。

2002.12.06.  大学病院での胸部ヘリカル CT と持参した CT 映像より「疑わしい」
  との結果でした。  2002.12. 他病院では、安心してよいとのこと。

2002.12.  担当外科先生退任。 新担当外科先生来任。

2003.02.20.  どうしようかと 「モヤモヤ」 するよりハッキリさせたいとの希望で
  生検の実施をお願いした結果は 「肺ガン」 であった。

2003.03.24.  肺ガンの右下葉摘出手術。   2003.05.26.退院。

2003.06.~  毎月1回胸部レントゲン撮影後担当外科先生診察。 診察後検血。

2004.02.20.  簡易人間ドック受診。 2005.03.15.簡易人間ドック受診。

2004.03.15  頭部脊椎 CT。   2004.04.13.胸部 CT。
2004.04.14.  骨シンチ。      2004.04.21.担当外科先生診察・検血

2005.01.06  骨シンチ。      2005.01.31.頭部脊椎 CT。
2005.02.08.  胸部 CT。      2005.02.16.担当外科先生診察・検血
  (丸2年経過したので)

2005.09.14.  胸部レントゲンでは右肺の残り上・中葉が真白くなっています。
  1年前のレントゲンでは真黒です。先生に質問すると 「別に問題は
  ない普通の生活でよい」 とのことですが、心配です。
  右肺が元に戻らないのでは?何かよい方法はないかと悩んでいます。

2005.11.22.  胸部 CTの予定  2005.12.14.担当外科先生診察・検血の予定


16 名前: 78歳 投稿日:2005/11/06(日) 10:34
    私は78歳の男子です。手術の度に8kg位減り現在45kg(身長169cm)  
    前回を整理して、ここに再度お願いします。  
2003.03.肺ガンで右下葉摘出手術。2003.05.退院。息切れは今も続いています。  
    しかし、2005.09.撮ったレントゲンでは右肺の残り上・中葉が真白くなっています。  
    1年前のレントゲンでは真黒です。先生に質問すると 「別に問題は  
    ない普通の生活でよい」 とのことですが、心配です。  
    残りの右肺が元に戻らないのでは?何かよい方法はないかと悩んでいます。  
    どなたか教えてください。お願いします。  
1982.02.前年末に胃ポリープを人間ドックで発見して 3/4 摘出手術。その後  
    消化剤等服用。3年前まで毎年胃カメラ等検査。現在に至るも変化なし。  
1997.10.健康診断時に肺気腫との記帳あり。 1998.06.喫煙暦 54年で禁煙。  
2002.03.咳が少しでたため(痰は今も皆無)近所の病院で診察を受けたとき、  
    念のため CT を撮る。右肺最下葉にクモの巣様の 「かげ」 があり、  
    内科専門医によれば2ヶ月後もう一度 CT をとることに決定。  
2002.05. 2回目 CT を撮る。以前と変化なし。  
2002.07. 3回目 CT を撮る。以前と変化なし。
2002.09. 4回目 CT を撮る。以前と変化なし。従って安心してよい。(ガンの疑いなし)
2002.08.某大学病院(胃の手術病院)で CT 撮影の経緯を説明したところ「友人が
    呼吸器外科医だから診て貰う」 とのことで 4回分の CT 写真を持参。
2002.12.大学病院での胸部ヘリカル CT と持参した CT 映像より「疑わしい」
    との結果でした。  2002.12. 他病院では、安心してよいとのこと。
2002.12.担当外科先生退任。 新担当外科先生来任。
2003.02.どうしようかと 「モヤモヤ」 するよりハッキリさせたいとの希望で
    生検の実施をお願いした結果は 「肺ガン」 であった。
2003.03.肺ガンの右下葉摘出手術。   2003.05.退院。
2003.06.毎月1回胸部レントゲン撮影後担当外科先生診察。 診察後検血。
2004.02.簡易人間ドック受診。 2005.03.簡易人間ドック受診。
2004.03.頭部脊椎 CT。   2004.04.胸部 CT。
2004.04.骨シンチ。      2004.04.担当外科先生診察・検血
2004.04.担当外科先生診察時 胸部CTにより「当初肺胸膜が薄かったのに、
    今回は厚い」 とおっしゃいました。 質問なしで意味不明のままです。
2005.01.骨シンチ。      2005.01.頭部脊椎 CT。
2005.02.胸部 CT。      2005.02.担当外科先生診察・検血
    (丸2年経過したので)
2005.02.担当外科先生診察時 前回(2004.04.)の肺胸膜の話はありません。
2005.09.胸部レントゲンでは右肺の残り上・中葉が真白くなっています。
    1年前のレントゲンでは真黒です。先生に質問すると 「別に問題は
    ない普通の生活でよい」 とのことですが、心配です。
    右肺が元に戻らないのでは?何かよい方法はないかと悩んでいます。
2005.11.胸部 CTの予定  2005.12.担当外科先生診察・検血の予定


17 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/11/06(日) 12:37
問題がないとは横柄な言い方ですね。
一年前と比べて明らかな違いがあるのに、その理由を教えないのは
医師の義務違反です。きちんと問いただすべきです。
胸水、肺炎、無気肺など考えられますが、検査で原因を追究すべきです。
すでに検査を行っているなら、考えられる原因をきちんと聞いてみましょう。
納得の行く治療がもっとも大切です。

18 名前: 78歳 投稿日:2005/11/06(日) 14:08
17の名無しさんへ いろいろアドバイスありがとうございます。
おっしゃるとうり、納得のいく質問・治療を心がけたいと思います。
これからもご指導をよろしくお願いします。

19 名前: 10年経過 投稿日:2005/11/08(火) 20:45
42さい さん
もう術後4か月半が経過したころでしょうか。

小生も10年前の51歳に会社の成人病検診で見つかりました。
右肺上葉に直径5センチの腺ガンです。
上葉切除の開放手術(あばら骨1本取られた)で術後20日で退院。30日自宅療養で出勤。

当然術後は痛みが治まらずモルヒネを処方してもらったこともありました。
それと切った肋間神経がつながるまでの間、胸の皮膚がピリピリと痛み下着と擦れても飛び上がるほど痛いものでした。
おまけに切った背部の肩甲骨あたりのコリにも悩まされました。
しかしそれも数ヶ月で嘘のように消えたものです。

そして術後11か月でゴルフを1ラウンド。以後年間25回のラウンド。
毎月1回の通院を5年間続けて無罪放免でした。

昨年無事定年を迎え、再発もなく丁度10年が経過した。

必ずよくなります。頑張ってください。



20 名前: 42さい 投稿日:2005/11/20(日) 18:31
19ばんさんへ

どうも有り難うございます。
現在、術後4カ月が過ぎ痛みはまだ残っていますが考え方を
新たに変え前向きに日々すごしています。仕事のほうも日々ペースをつかみ
発病以前と変わらないまでに来ています ただ変わってたのは、
癌になった人達の気持ちが良く分かることです。これからの人生どこまで
生きられるか分かりませんが、一日一日を大切にいきたいと思います。
今は、風邪が心配で日々注意しています。


21 名前: とも 投稿日:2006/01/05(木) 05:26
はじめての書き込みでなにかご無礼があったら申し訳ありません。父55歳が偏平上皮癌Ⅲaと診断され11月末に手術をし片肺の半分を摘出。その際、横隔膜の神経と気管の近くに転移があり、全部とりました、気管の周りの細胞から癌細胞が検出されるため、これ以上切ると片肺全部摘出することになってしまうということでそれ以上切ることはありませんでした。術後2週間で退院し、今では会社に行けるくらい体力が回復しました。今は放射線治療に通っています。
退院してからずっとなのですが咳がひどいのです。放射線治療をすると違和感があり咳が出る場合もあるとおっしゃってた方がいらっしゃいましたが、病院でも薬(入院時から飲んでいたリン酸コデイン)を飲んで様子を見ようというだけで、本人は何故咳がでるのかとイライラしてしまっています。
術後咳はやはりひどいものなのでしょうか?癌が発見されるまでも咳がひどいと何度も病院でCTなどの検査をしても見付からなかったので、今度もなにか悪いところがあるのではないかととても心配です。
なにか経験や気付いたことなどありましたら、お願いいたします。

22 名前: 42さい 投稿日:2006/01/06(金) 18:33
ともさんへ

私も術後咳、痰等ひどく出ました現在術後6ヶ月がたちますが
今以前よりは、良くなりましたが現在も気管がくすぐられるような感じで
出ています。
現在放射線治療をやっていられるそうですが、放射線治療は周りの良い細胞も
焼いてしまうので自分で何かおかしいと思ったときは放射線科のドクターに相談したほうが良いです。
彼らからは、このような症状がでるとかとかは話してはこないです
皮膚には焼けたあとが残りますが、治療が終了してからこすると落ちます。
何か分からないことがありましたら書き込んで下さい
私も皆さんからのアドバイスをもらいながら頑張っています。


23 名前: とも 投稿日:2006/01/07(土) 02:25
42さいさんへ

コメントありがとうございます!父が少しでも楽になれるように頑張りたいと思います。
何かありましたらまた相談させていただきます。本当にありがとうございます。

24 名前: <削除> 投稿日:2006/01/07(土) 16:43
<削除>

25 名前: 10年経過 投稿日:2006/01/10(火) 11:13
ともさんへ

19番の者です。私も3,4か月くらい軽い咳に悩まされました。
42さいさんのように気管支のあたりが何かくすぐったいような感じがありました。
半年過ぎるころからは何ともなくなりました。
ただし私は放射線治療を受けていないため何ともいえません。
ただ術後にいろいろな症状(痛み、コリ、咳、声のかすれ等)はある程度経過するとうそのように消えたものでした。
個人差はあるとは思いますが・・・。



26 名前: とも 投稿日:2006/01/10(火) 18:32
10年経過さんへ

貴重な体験ありがとうございます!
父も少しは安心すると思うのでさっそく報告します。父的には、咳がでる→俺は治ってない、治らないと考えてしまっているようです…。

27 名前: とも 投稿日:2006/02/02(木) 18:03
42さいさん
10年経過さん

先日は相談に乗っていただき、ありがとうございました。
本日放射線治療が一段落し、咳について調べるということで、検査しました結果、特に以上ナシとのことで安心しております。
説明によると、精神的なモノが原因ではないかということでしたのでご報告いたします。
少しでも父の力になれればと思っております。
また何かありましたら、ぜひお願い致します。

28 名前: 42さい 投稿日:2006/02/05(日) 16:22
ともさんへ

気になる事は、一つ一つ解決していた方がいいと思います。
私たち癌という病気で体験する現象がはじめての出来事なので
悪いほうに考えがちになります、その時にいかに周りの人が
ホロウしてやれるかが大事だと思います。
今思い出したのですが、私のとき気管がかすれる感じがして
咳が出ていたので 薬の名前は、忘れたのですが黄緑色をした
シロップタイプの薬を出されました。(やはり放射線治療のときでした)
多少効いたような感じがします!

29 名前: とも 投稿日:2006/04/21(金) 02:58
42さいさんへ

またまたお返事ありがとうございます!

父は再入院し、抗がん剤治療を終え、(手術時、がん細胞が検出される気管がとりきれなかったため&手術後に抗がん剤治療をすると再発率が下がるというお話で)、元気に仕事をしています。
再発とか考えると怖いけれど、父が元気なことが素直に嬉しいです。

父は、リン酸コデインをずっと飲んでました!
やはり原因は、放射線治療と、手術後だったということだと思います。

お返事ありがとうございました。

これからも頑張って生きていきたいです。

42さいさんも、いつまでもお元気で!!

30 名前: 42さい 投稿日:2006/10/10(火) 17:48
摘出手術してから約1年3ヵ月が経ちますが、まだ二ヶ月に一回のペースで
検査をしています。先日の検査では骨チンシュのレントゲンで17.000円と結構
な検査料を取られましたそのほかに診察料が取られるので結構な金額を払っています。
みなさんもそのぐらいのぺースで診察しているのですか?

31 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/15(日) 20:19
42さいさん
又 インフルエンザの予防注射をする頃ですね。
注射代
¥5000位いりますね。検査とか調子が悪いかな!と言えばCTを撮ったり
MRIも半年に一回、診察は、3週間に一回のペースですが、血液検査とレントゲン
3割ですので、¥3000くらいかかります。後は薬代で咳止めや
痛み止め等ですよ。退院して9ヶ月です。

32 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/16(月) 19:04
42才さん 初めましてm(_ _)m
私事で勝手に 書かせて頂きますが ご容赦下さい
私は15の時に 左の肺を全摘いたしました
それから 20数年たっております
20年たてば どうなるのかと言いますと
姿勢、夜の寝姿、鼻の穴など 無意識に呼吸が楽な姿勢(体)になってきます
鼻の穴は、不思議な事に 右の肺からの呼吸がしやすいように
左の鼻の穴が大きくなり 右はつまり気味です(私だけでしょうか?)
また骨盤の高さや肩の位置が 変わってきますので 肩こりや背中の こわばりは
一生付き合っていかないといけません
寝相などは 上を向いて寝るのが息苦しい為 横向きに寝ている事が多いです
また 重いものや 階段などの動作は 程度によりますが
息苦しいのは 仕方ありません。
しかし 私の場合 息苦しいからといって 運動を辞めてしまうと
めまいや 体調の不調のもとになるので しんどくても出来る限り
歩く事を オススメします。
酸素を吸っている方は なかなか歩く事が難しいかも分りませんね
ごめんんさい m(_ _)m
一つ肺がなくなって メンタル(精神)的にも 追い詰められた事も
ありますが 出きるだけ前向きに考えてください。
私は いつも 心の中では
『きっと良くなる 必ず良くなる 絶対良くなる ますます良くなる』 っと
繰り返し 言っています 根拠はないですが メンタル面だけでも
良くならないと 体も良くならない気がしてね

勝手なことを書きまして お気を悪くされた方は スイマセンです。。。





33 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/10/17(火) 16:34
私のお舅は、30才頃結核にかかり、左肺を肋骨でつぶしたような治療を
しています。肺ガンではないですが、右肺しか使えませんが、毎朝歩いています。
姿勢が良くて、そんなに息くるしそうでもないですね。たまに煙草を吸っている
ようですが、もう82才ですので、体力は落ちていますが、なかなか元気ですよ。
歩くことは、いいことなんでしょうね!

34 名前: 42さい 投稿日:2006/10/29(日) 11:17
いろいろアドバイス有難うございます。
今は、走れるぐらいまで回復しています週一のペースで3~4kmといっても
200m走っては、歩くペースで練習しています。一気に行くと咳き込み気管が
ぜいぜいしてきて走りきることは、出来ないのですが目標があるのでそれに向かい
練習しています。 手術後体力・筋力が落ちて戻すのに大変ですが頑張ってやるしかないですね!



35 名前: ユーミン 投稿日:2006/11/06(月) 16:12
肺がん手術を受けられた方へ:

手術当日を迎えるまでの心境とか。。。。
どのような感じだったでしょうか???

私の母は今月手術を受ける事になったのですが、ちょっと怖がってるようです。
もちろん手術を受ける決意はできてるようですが、、、
病院内で手術を終えたばかりの患者さんを見たり(その患者さんはぐったり寝てたようです)、
術後再発した患者さんから悲観的な事を言われたり....

色々見たり聞いたりで、「自分はどうなるんやろ?」とか
「術後、今までと変わりなく生活できるのかな?」とか...

多分、色んな思いが駆け巡ってるんでしょうね。

母は専業主婦で家に一人で居る事が多く、趣味も特にないので
気晴らしとかもできないので心配です。


36 名前: みゃあ 投稿日:2006/11/11(土) 14:52
ユーミンさん

夫の場合、「手術をうければ治る」と思って前向きでした。
全身麻酔に対しても「寝ている間に手術が終わるからラッキー」という考えで
麻酔事故の可能性などについても「寝ている間のことで自分には関係ない」なんて。
ただやはり、術後の痛みなどについて不安は強かったようです。
ユーミンさんのお母様もさぞかしご不安のこととお察し致します。

手術後のことですが、
手術を終えたばかりの患者さんがぐったりするのは、まだ麻酔の影響が残っているからで、
全然心配されることはないと思います。むしろ痛みや不安から解放されている状態です。

術後の疼痛管理についても、
ユーミンさんのお母様が入院される病院ではしっかり管理してくれます。
もっとも痛みの強いはずの術後2~3日の間は硬膜外麻酔を使ってもらえます。
首に小さな氷嚢のような袋をぶらさげて、袋の中に麻酔薬が入っていて
そこから細長いチューブが背骨上部に刺した極細の針につながっていて
自動的に間断なく必要十分な麻酔薬が投与されます。寝返りに支障はありません。
それでも時として痛む場合には座薬その他の鎮痛剤を適宜使用してくれます。

ただ、手術後しばらくは咳が出ます。
この時ばかりはさすがに痛みがきついようですが、
我慢して咳をし、しっかり痰を出しておかないと肺炎になる危険性があるそうです。
段々と咳をするとき少しでも痛みの楽な姿勢、上手な排痰のコツを覚えます。
どうしても排痰出来ない時は、看護師さんに言えば機械で痰を吸い取ってくれます。
また、痰を出やすくするネブライザーという吸入器があり、
これは手術前に練習させられます。
いずれにせよ、手術後の咳の痛みも徐々に楽になっていきます。

手術当日はうとうとしていて立ち上がるのは少し危険ですので導尿管のお世話になります。
翌日から自分でトイレに行けます。
食事も翌日から普通に食べることができます。

少し鬱陶しいのは、術後胸郭内に滲出してくる体液を体外に排出するため脇胸に付けられるドレーンです。
ドレーンの先には緩い陰圧をかけて排出をうながす機械と出てきた体液を貯留するタンクが付いています。
先生やスタッフはこのタンク内にたまった液の量や色を見て回復状況判断の一助とされます。
この管とタンク、トイレに行くときなど少し面倒くさいです。
大体5日前後ではずすことができ、はずした後の小さな穴は3~4針縫います。

術後約一週間前後で退院です。
退院後は徐々に体をならして元の生活に戻していきますが、
2ヶ月後には元通りのペースで歩けるようになり、働いている方はこの頃が仕事復帰の目処だと思います。
でも・・・・大体完全復活は1年後くらい。
まあ切り取った肺の分、肺活量は減りますが日常生活に支障はありません。

決して焦ったり悲観したりしないでください。
焦って無理しても良いことはありません。無理がたたって肺炎をおこすことさえあります。

入院中・退院後をとおしてご家族の方は体調だけでなく気分の変調に注意してさしあげてください。
この病気は治療後もずっと不安がつきまといます。
また癌でなくとも大病後や手術後に鬱病が出やすいです。
鬱病になると食欲不振や不眠、強い不安感や絶望感のために
術後の回復が遅れたり、免疫力が低下したりします。
第一、こころが辛いです。最悪の場合、自殺につながります。
ですから少しでも様子が変だと思ったら心療内科か精神科にご相談されると良いです。
呼吸器外科でもお願いすれば安定剤や睡眠薬を処方してくれますが、
こころの問題はこころの専門家にお願いしたほうが、絶対良いです。

入院中、他の患者さんの暗い話は聞き流すようにしてください。
経過の良い患者さんたちは他の患者さんたちに遠慮して良い話がしにくいのです。
本当は明るい話もいっぱい有るはずなんですよ。
決して悲観的な話に心を揺らされることなく、希望を持って治療に臨んでください。
明るい気持ちでいることは誰にでも出来る「癌へのいやがらせ」です。

クラッシク音楽でも童謡・唱歌でも昭和の流行歌でも落語でも、何か好きなもの、楽しげなCDを選んで
ポータブルCDプレイヤーで寝ながらお聞きになっていたら少しは気晴らしになると思います。
(流行歌には暗いものもあるので歌詞に注意が必要かもしれませんが)

37 名前: 42さい 投稿日:2006/11/11(土) 16:55
ユーミンさんへ

手術前日誰でも不安で仕方がありません、先生に話して精神安定剤・睡眠薬を出してもらい
手術前日には、睡眠を良くとることが大事だと思います。
手術ができるということは、幸せなことです 悪いものを体から取ってもらえるのですから
手術をしてもらいたくてもしてもらえない患者さんが、たくさんいます。

手術後は、個人差はあると思いますが私の場合 痛みというか胸の重み誰かがのっているぐらいの感じです
手術後次の日からは、ベットから起き上がり歩行練習をさせられました。
3日ごろからは、腕上げ等痛いからといってやらないと後々大変なことになります、お母さんは年が行っているので
痛がるとは思いますが後々腕が上がらないとかの原因になります。
後は、日々良くなりますので心配は入りません。



38 名前: ユーミン 投稿日:2006/11/15(水) 09:59
みゃあ様、42さい様:

ありがとうございます。

母は無事に手術を終えました。
術後も今のところ元気です。

みゃあ様、42さい様のアドバイスをそのまま母に伝えました。
私も母もとても感謝しています。(^o^)
特に「術後の管理もきちんとしてくれる」という
みゃあ様のアドバイスによって、かなり気分的に楽になったようです。

このまま順調なら来週半ばに退院できるようです。

検査結果次第で、以降の治療の方向性が決まるのでしょうけど、
その時もまた色々とお聞きするかと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

本当に有難うございました。


39 名前: もうすぐ術後1ヶ月 投稿日:2007/06/03(日) 15:59
初期の肺がんが見つかり5月7日に手術しました。幸い他への転移などもなく
手術だけで根治レベルにできたと説明され、抗癌剤や放射線治療も不要で経過
観察になりましたが、もちろん不安いっぱいです。右肺中葉を摘出しています。
退院後の現在は咳や痛みにまだ悩まされています。肺の右内部から湧き出てくる
ような痛みが一日中あります。5月22日の退院後の外来で痛みを訴え、すぐ
レントゲンを撮ったところ、肺はきれいな状態で水も少し残っているものの
抜く必要もない程度なので、様子をみましょうとのことでした。それから10
日経ちますが、まだ痛みが引きません。術後のこのような経験者の方がおられ
ましたら、何か教えてください。心配しているうち、他の方の書き込みがとて
も有難い情報でしたので、思い切って質問させていただきました。



40 名前: よう 投稿日:2007/06/03(日) 19:10
まだまだ痛みがひく時期ではないでしょう
数ヶ月は続くと思いますよ。 私は右の上葉を摘出したのですが、
やはり半年くらいは痛みが続きました
そのときはやはり本当に痛くて訴えたものですが、最低3ヶ月くらいは
我慢してください。
そのうち、嘘みたいに痛みはなくなります。
必ずなくなります。 大丈夫です 頑張って!

41 名前: もうすぐ術後1ヶ月 投稿日:2007/06/04(月) 11:37
40番さま

ありがとうございます。痛みがなくなることを希望に我慢していきます。
失礼な質問でしたらすみませんが、あとすこし教えてください。
術後はどの位の間隔で病院に(検査など)行かれましたか?もしお仕事なさっている
いる場合は職場復帰はいつ頃でしたか? 

抗癌剤などは不要と言われていますが、術後はそのような治療はなさいましたか?
リンパ節など他の部分の転移はなく、9ミリX14ミリ、ステージ1ato
診断されています。
  

42 名前: まぬけ3号 投稿日:2007/06/04(月) 13:33
もうすぐ術後1ヶ月様

私は、術後97日目です。手術内容は、上葉摘出(中分化腺癌1個 stage IB)
下葉部分摘出(肺胞上皮癌2個 高分子腺癌1個 stage IA)でした。
肋骨の間が狭く、硬膜外麻酔が下の方にしか挿せず、痛み止めの効きめが弱かったです。
乳び胸のため10日間絶食も続き、胸水ドレーン管と鎖骨静脈下への高カロリー点滴針が、
より痛みを増していました。
現在の痛みは、創が時々キリリとします。脇には、添え木を当てられた感じがします。
術後の痛みを10とすると、現在は2ぐらいの感じです。

抗癌剤は、摘出した上葉跡に対してUFTを服用しています。
中葉にも1個ありましたが、取りきれずに残っています。
現在の痛みよりも、残っている1個が私には大きな悩みです。
休職も問題ですが・・・

何か美味しいものを食べると、幸せだな~と思います。
痛みは、時間の経過が解決してくれますよ!!

43 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/06/04(月) 20:47
>>41
>痛みがなくなることを希望に我慢していきます。

いま痛みがつらいなら、痛み止めをもっと強化してもらうことをお勧めします。痛みを我慢する
方が有利に働くわけではありません。むしろ、痛みを我慢する方が、「痛みの記憶」を形作って
しまってマズいという考えが現在は支持されています。
http://www2.odn.ne.jp/pain_clinic/07Preemptive_analgesia.htm

ですから、いずれ和らいでいくにせよ、痛みは初めからできるだけ和らげた方が良く、私は
普通、術後3ヶ月ほどは痛み止めを使うことをお勧めしています。

>術後はどの位の間隔で病院に(検査など)行かれましたか?

これはそれぞれの患者さんの病状、病院のさまざまな事情、医者の考え方などで左右される
ことです。私の場合、術後1ヶ月、3ヶ月、半年、(IA期の方以外は9ヶ月)、1年、以降半年
おき、というのが普通です。

>もしお仕事なさっている場合は職場復帰はいつ頃でしたか?

これもそれぞれの患者さんの体調、仕事の内容、通勤事情で大きく左右されますね。中葉を
失われた方の肺機能の損失は概ね1割ほどで、もともとお元気な方では日常の生活に差し障る
ような影響は出ません。しかし、仕事は肺機能だけの問題ではなく、しばらく現場から離れて
いたがゆえの気持ちの問題や、傷を多少はいたわる必要があること、それゆえ、満員電車での
通勤はしばらくは控えたいこと、なども影響します。さらには、あまり長期に病欠していると、机が
なくなる心配をしなくてはならない方もおいででしょう。

私的には、葉を1つだけとった患者さんで、机仕事で、通勤が満員電車でなければ、退院直後
から出勤可能としています。

>抗癌剤などは不要と言われていますが、術後はそのような治療はなさいましたか?
>リンパ節など他の部分の転移はなく、9ミリX14ミリ、ステージ1ato診断されています。

がんの種類(組織型)はなんですか? 小細胞癌なら病期IAでも抗癌剤治療を勧めることが多い
です。そうでなければ(非小細胞癌)、抗がん剤を使うことはむしろお勧めできません。

44 名前: よう 投稿日:2007/06/04(月) 21:40
参考までに昨年手術した私のケースをお話します
6月28日に手術 術後3週間の7月19日に退院 職場復帰は
8月の10日でした。
仕事はデスクワークです。 ただ 出勤後1ヶ月くらいはやはり
職場に、仕事に慣れる・・という状態でたいしたことは出来ませ
んでした
半年くらいは痛み止めを服用していました。
やはり肺がん外科医さまのおっしゃるとおり、ムリに痛みを我慢
するよりも、痛みを抑えるためにも痛み止めを勧められました
術後については概ね肺がん外科医さまのおっしゃるとおりです
まもなく1年経ちますが、骨シンチ、脳MRI 肺・腹部のCTの検査
を受けています。
まだ結果まちですが、やはり多少の緊張感があります
痛みも和らぎ、体調も悪くないのですが、心配してしまうところが
この病気の恐ろしいところですね


45 名前: りきまる 投稿日:2007/06/07(木) 12:43
はじめまして。

夫(49)が昨年9月中旬に、右肺上葉切除手術を受けました。
小細胞肺癌、病期はT2N0M0です。(腫瘍は約3.5センチ)
10月末より4クールの術後補助化学療法を受け、2月下旬に
治療を終えました。職場には4月下旬より復帰しています。

治療後は、月に1度の血液検査と胸部X線検査。
(X線検査については、主治医は「あまり意味がありませんが」と言っています。)
2月末と5月初旬に肝・腎・肺CT検査、3月初旬に頭部MRI検査を受けました。
結果は、異常は認めないとの事です。

主治医は今後の予定として、当分は月1度の血液検査とX線検査を
続け、様子を見ながら間隔を延ばしていく。
CTは当面3ヶ月に1度、これも様子を見ながら間隔を延ばしていく。
MRIについては、もし何らかの神経症状が出れば
その時にやっても遅くないと言っています。
転移を恐れて頻繁に検査をするよりも、普段は病気のことは忘れて
おおらかな気持ちで生活することの方が大切だとも言っています。

ただ、進行のスピードが早く脳転移を起こしやすいといわれる
小細胞ですので、やはり再発はとても心配です。

肺がん外科医様が、術後の検査間隔について

>これはそれぞれの患者さんの病状、病院のさまざまな事情、医者の考え方などで左右される
>ことです。私の場合、術後1ヶ月、3ヶ月、半年、(IA期の方以外は9ヶ月)、1年、以降半年
>おき、というのが普通です。

と解答されていますが、夫のような組織型、病期の場合
どうお考えになられますでしょうか。
アドバイスいただければ幸いです。



46 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/06/08(金) 21:06
>>45
確かに小細胞癌は一般的には「進行のスピードが早く脳転移を起こしやすい」のですが、
3cmを超えてT2と評価される腫瘍でN0M0であることは比較的少なく、小細胞癌でも転移が
起こりにくい、やや特殊かつ稀なタイプである可能性があります。

それでも、一般的には転移しやすく育ちの早いがんなので、もちろん「再発はとても心配」
なのですが、小細胞癌の再発はほとんど離れた臓器への転移という形で起こります。この
ような再発は、がん細胞が血液の流れに乗って他の臓器に運ばれていたから起きるわけで、
そういった再発が認められれば、他にもがん細胞が体の中にばら撒かれていると考えざるを
得ませんし、実際、殆どの場合はそうです。

そういう事情があるからこそ、小細胞癌の治療は抗がん剤が主力なのですが、抗がん剤は
多少始めるのが早くても遅くても結果に大差はありません。多くの場合、抗がん剤の副作用
で多少は体調が崩れますから、あまりに始めるのが遅くなって体調が悪くなりすぎていると
まずいのですが、逆にあまり急ぐ必要もないのです。そういう意味で、私も主治医のおっしゃる
「転移を恐れて頻繁に検査をするよりも、普段は病気のことは忘れておおらかな気持ちで生活
することの方が大切だ」という意見に賛成です。

「やや特殊かつ稀なタイプである可能性がある」ことも考え合わせますと、とりあえずは3カ月
おきの検査で十分であろうかと思います。「血液検査」もなさっているとのことですが、もし
術前に高値を示していて、術後に低下した腫瘍マーカー(pro-GRP、NSEが代表的です)が
あれば、それを指標にしていくのが最も良いと思います。今度そのマーカーの値が上がって
きたときに画像検査をすれば大丈夫です。

47 名前: もうすぐ術後1ヶ月 投稿日:2007/06/09(土) 12:26
肺癌外科医さま、手術経験者のみなさま

いろいろ教えていただき本当に感謝しています。
癌は非小細胞癌で腺癌、肺胞上皮を置換して広がっていくタイプ
と聞いています。
痛み止めも飲んでいますが、胃腸がやられ、初めに処方してもらった
ものより強めの胃腸薬に変えてもらい、やっと食欲がもどってきた
ところです。痛みも薄皮を剥ぐような超スローペースですが軽減して
いるようです。食べられなかったので体重も退院後に4キロ近く減って
しまいましたが、減り止まっています。食事の大切さを今さら感じ
ます。食事のほかにも漢方とか、特定の食品など再発防止に有効な
ものはあるでしょうか?リンパ球療法?などのホームページも食い入る
ように読んでみるのですが、今はできるものなら何でもしたいと
焦りもあるのを自覚していますので、よく考えて行動しようと自分に
言い聞かせています。

48 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/06/09(土) 16:03
もうすぐ術後1ヶ月様
まぬけ3号を改め“大”が付きました。
がんの再発防止に有効な物があければ欲しいですよね!
私の場合は、がんが残っていますのでなおさらです。
糖尿病でカロリー制限もしています。野菜中心の食生活は4年になります。
トマトやきゅうりは主食で多く食べています。共にがん予防に効果があるとの
ことですが、がんになったということは効果が無かった様です。
漢方薬などにはあまり頼らずに、考え方とか生活の仕方に行動習慣など、
今までとは変えないといけないのでしようね。
負けるものか~!で頑張りましょう。




49 名前: りきまる 投稿日:2007/06/11(月) 14:43
肺がん外科医様

ご丁寧なご返信感謝いたします。

>T2と評価される腫瘍でN0M0であることは比較的少なく、小細胞癌でも転移が
>起こりにくい、やや特殊かつ稀なタイプである可能性があります。

執刀医による術後の説明では
「手術時に、病巣の有る肺右上葉の他の部分も慎重に調べたけれど
転移は認められなかった。小細胞癌でこのようなケースは大変珍しく、
小細胞ではなく大細胞の可能性があると判断して、再度腫瘍の病理検査を
行うことにしました。」
と言われました。約2週間後に結果が出ましたが、やはり小細胞でした。
このような経過もありましたので、
>やや特殊かつ稀なタイプである可能性がある
が、現実のものであって欲しいと願っています。

腫瘍マーカー(pro-GRP、NSE)については、手術後からのデータしかもらっていませんが
主治医は、「腫瘍がある時から、あまりマーカーは
高くなっていなかった」とおっしゃっていました。
次回にでも、術前のマーカーの値を聞こうと思います。

重ねての質問で恐縮ですが、頭部MRIは主治医の言うように
「何らかの神経症状がでてからでよい」のでしょうか。
小さいうちに見つかれば、ガンマナイフやサイバーナイフ、ピンポイント照射
などの治療法でやっつけられる可能性が高い(できた場所や個数にもよるのでしょうが)が、
大きくなってしまっていれば開頭手術、数が多ければ全脳照射などと、
身体へのダメージが大きい治療法を選択せざるを得ないとの情報を見たことがあります。特に小細胞の場合、小まめなMRI検査(1~2ヶ月に1度)を提唱されて
いる方もいらっしゃいますが、どう思われますでしょうか?
アドバイス頂ければ幸いです。











50 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/06/12(火) 07:37
>>47
>癌は非小細胞癌で腺癌、肺胞上皮を置換して広がっていくタイプ
>リンパ節など他の部分の転移はなく、9ミリX14ミリ、ステージ1aと診断されています。

このような肺がんで肺葉を取られたのでしたら、再発の可能性はほぼゼロです。生き物なので、絶対とは言えませんが、
この癌はもう治ったと思ってほぼ間違いありません。あれこれ思い悩まないことです。

ただ、このようにがんができたということは、あなたの周囲の同世代の癌をわずらっていない方々に比べて、あなたには
癌になりやすい背景が濃かった/多かったと言うことです。癌は多くの要素が重なって始めて生じる病気ですから、その
ような背景を変えようとしてもなかなかうまくいくものではありません。ですから、今後もあなたに他のがんができる可能性
が少し高いのだということを考える必要があります。実際、一つのがんを乗り切った方には、癌を患ったことのない方よりも
第二、第三のがんができやすいことが知られています。ですので、周りの方よりは検診を真剣に受けられたほうが良い
でしょう。

>食べられなかったので体重も退院後に4キロ近く減って
>しまいましたが、減り止まっています。食事の大切さを今さら感じ
>ます。食事のほかにも漢方とか、特定の食品など再発防止に有効な
>ものはあるでしょうか?

手術は大怪我をするようなものですから、そのあと一時的に体重が減っても全然おかしくありません。減り止まれば問題
ないですし、太る必要はありません。

食事は生きていくうえでもちろん大事ですが、食事で癌がどうにかなると言う幻想は捨てられた方がよいです。私はよく
患者さんに申し上げるのですが、日本で一番吟味されたものを食べているのは誰でしょうか? やんごとなき一族ですよね?
食事で何とかなるなら、あの家系に二代続けてがんができるでしょうか?

「再発防止に有効」と判っているものがあれば、もちろん病院でやります。

>今はできるものなら何でもしたいと焦りもあるのを自覚していますので、よく考えて行動しようと自分に言い聞かせています。

そうですね。焦る気持ちはよく分かります。しかし、常識的に考えれば避けられるトンデモが世の中に充満してます。
全国紙の一面下にも一杯ありますね。詐欺まがいの連中に金をむしりとられないように気をつけましょう。

51 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/06/12(火) 08:27
>>49
>>やや特殊かつ稀なタイプである可能性がある
>が、現実のものであって欲しいと願っています。

おそらく間違いなくそうです。実は、私も最近似た状態の方を拝見しておりまして、よもや同一人物?と一瞬焦りました。
下葉だったんで違ったんですけど。(^^;

>重ねての質問で恐縮ですが、頭部MRIは主治医の言うように
>「何らかの神経症状がでてからでよい」のでしょうか。
>小さいうちに見つかれば、ガンマナイフやサイバーナイフ、ピンポイント照射
>などの治療法でやっつけられる可能性が高い(できた場所や個数にもよるのでしょうが)が、
>大きくなってしまっていれば開頭手術、数が多ければ全脳照射などと、
>身体へのダメージが大きい治療法を選択せざるを得ないとの情報を見たことがあります。特に小細胞の場合、
>小まめなMRI検査(1~2ヶ月に1度)を提唱されている方もいらっしゃいますが、どう思われますでしょうか?

この問題はまだ結論が出ていません。従来の見解としては主治医のおっしゃる通りです。通常は、神経症状が出る時期と
画像的に転移が分かる時期に大きなずれはありません。加えて、見つかった転移が1個でも、通常はさらに多くの病巣が
脳と限らず全身に潜んでいますので、見えているものだけに手を打ってもあまり役立たないと言う事情があります。ですから、
あらゆる検査が日本よりずっと高価な欧米では、神経症状が出るまでは一切検査しないというのが通常の考え方です。
日本では、保険制度によって世界に類を見ないほど検査の価格が安く統制されております(検査自体もさることながら、
検査で得られた画像、データを診断することに対する報酬が殆どないようなものにされています)。ですから、検査自体は
やりやすいのですが、それゆえに検査枠は混んでおり、患者さんの希望通りに頻繁に検査をするわけにはいかない、と
いう面もあります。現政権下では医療費はとにかく削減という方針が徹底しておりますので、今後、検査枠は減ることは
あっても増えることは殆ど期待できません。がん対策基本法などというものができましたが、医療費を削減する方針自体が
改められない限り、がん医療も良くなることなど到底望めません。

ちょっと寄り道しましたが・・・

さて、他方で、ガンマナイフのような小さい範囲に集中して照射する技術では、大量の放射線を集中することで、病巣を
完全に抑え込むことがより期待できます。健常な部分には殆ど当たりませんので、少ないですが長期的には問題になる
脳障害が生じにくいのも利点です。また、もぐらたたき的に対処していくうちには、脳転移がそれ以上でてこなくなって、
打ち止めにできる可能性もあります。こういった利点を声高に唱えていらっしゃるのは、実際にガンマナイフなどをやって
いる先生方ですが、そういった先生方の中には上に記したような問題点に口をつぐむ方もおいでなので、いまいちマユ
ツバ視されているところがあります。

集中して照射する技術の歴史が浅いことが、この問題に結論が出ていない第一の理由ですが、たとえいろいろな検討で
ある方法がよいという結論が出たとしても、現実の患者さんは上に書いたような問題や利点の間でいいところばかり得ら
れるとは限らず、かと言って悪い方にばかり偏るとも限らず、どうするのがベストかという問いに対して断定的に答えることは
おそらく無理です。

52 名前: りきまる 投稿日:2007/06/13(水) 10:35
肺がん外科医様
お忙しい中、迅速かつご丁寧なご返信
本当に有難うございます。何度も何度も繰り返して読んでいます。

>神経症状が出る時期と画像的に転移が分かる時期に大きなずれはありません。
この辺のところが今までよく分からなかったのです。素人考えでは
神経症状が出てしまってからでは、手のつけられない状態に
なってしまっているのではないかという懸念がありましたので。

>現政権下では医療費はとにかく削減という方針が徹底しておりますので、
>今後、検査枠は減ることはあっても増えることは殆ど期待できません。
>がん対策基本法などというものができましたが、医療費を削減する方針
>自体が改められない限り、がん医療も良くなることなど到底望めません。
確かにかかりつけ病院でのCTやMRIはいつも混雑を極めています。
いつも混んでるんだから、検査機器を増やせばいいのにと思っていましたが
そんな簡単なことではないのですね。夫の場合も入院前のCTやMRIの
予約がすぐには取れず、初診から手術まで1ヶ月半程かかりました。
今も不安な気持ちで順番待ちをしている人がいると思えば、不必要な検査は
避けるべきだとは思いますが、必要な検査は迅速に行えるような
医療制度でなければ患者は救われないです。

>たとえいろいろな検討である方法がよいという結論が出たとしても、
>現実の患者さんは上に書いたような問題や利点の間でいいところばかり
>得られるとは限らず、かと言って悪い方にばかり偏るとも限らず、
>どうするのがベストかという問いに対して断定的に答えることはおそらく無理です。
今回教えていただいた事柄をしっかりと頭にいれ、主治医と夫とともに
よく相談し、よく考えて今後の方針を決めていきたいと思います。
有難うございました。


53 名前: もうすぐ術後1ヶ月 投稿日:2007/06/15(金) 14:14
肺がん外科医さま

お忙しいなか丁寧に教えていただき感謝です。

「このような肺がんで肺葉を取られたのでしたら、再発の可能性は
ほぼゼロです。生き物なので、絶対とは言えませんが、この癌はも
う治ったと思ってほぼ間違いありません。」

読んでいて涙がこぼれました。術後に「根治レベルです」と主治医
から説明されましたが、それでも改めてよかったと思います。ハイ
リスクであることを忘れないようしていきます。

たばこも吸わないし、両親とも癌の経験もないので、CTで影を指摘
されても、自分は違う、などと思ったものです。医学は日々進歩し
ていると思うので、知らなかった とあとで後悔しないように自分
も勉強して行きたいと思います。また、今後もいろいろ教えてくだ
さい。

また手術経験者の方やそのご家族の方々のご意見も非常に参考にな
ります。そして勇気付けられます。

今日で術後1ヶ月と10日です。痛みはまだ続き、術後のつらさは予
想外でしたが、3ヶ月後(8月)の検査なども含めてまた報告、質問
させていただく予定です。


54 名前: もうすぐ手術 投稿日:2007/06/17(日) 01:06
皆様はじめまして。

28日に手術が決まった47才のオヤジです。
術後の痛み等に対する不安が、皆さんの文章で大分和らいでいます。

私自身は幼児期の脱腸から始まり、胃穿孔での胃と十二指腸の切除など、
散々メスを入れていますが、最後の手術から35年が経ち、当時の痛みの
記憶が甦っていました。

>>50にある肺がん外科医さまの文章に勇気をもらって、残り少ない内蔵を
また、少し切り取ってきます。
7月下旬には「もうすぐ手術から1ヶ月」としておじゃまします。

55 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/06/17(日) 09:41
もうすぐ手術様
何度も大変な手術をされていますが、気力で頑張って下さい。
今回の手術はどの部位でしょうか?
現在の治療は進んでいますので、今までよりはきっと術後の回復も
早いと思います。

56 名前: もうすぐ手術 投稿日:2007/06/17(日) 12:54
大まぬけ3号様
有り難うございます。
右肺の上葉切除です。
PET画像では、左肺の上葉にもほんの少し反応が出ているのですが、
まず癌では無いだろうということで、今回は放置プレーになってます。
白い巨塔のように、開胸してから「これは・・・」なんて事になるかも。

あまりにも実感がなくて、すべてが人ごと、ドラマのように感じています。
こんな不心得者は、少々痛い思いをして夢ではない事を知った方が良いのでしょう。

57 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/06/17(日) 20:14
もうすぐ手術様
私は右肺の術後109日目です。手術内容は、上葉切除と下葉は部分切除でした。
是非、良い人生ドラマにして下さい。
手術の翌日には、歩かないといけませんので、主人公は気合いが必要ですね。


58 名前: 親孝行 投稿日:2007/06/28(木) 20:25
皆様へ

手術をされたかた、これからされる方、皆様お元気で何よりです。これから大変な事があるかと思われますが元気に乗り切りご活動されること祈っております。
私の父はアスベストで悪性中皮腫にかかり見た目はかなり元気に働いていたのですが右肺の摘出手術をおこないました。
無事に終わったのですが自体が急変し心臓が停止しようやく動き出すも残りの肺が肺水腫でまともに機能せず人工心肺、人工透析までつけて延命措置をしてますが。脳も圧迫されまだ脳死にはいたりませんがいつ何があるかわからない状態です。あんなに元気だったのに。
何一つ親孝行してあげられなかった。

59 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/06/29(金) 09:53
親孝行様
お父様は大変な状況ですね。現在のお気持ちは、お父様には伝わっているかと思います。
手足をさすってあげるだけでも、お父様の気分が少しでも良くなるのではないでしょうか!

60 名前: 投稿日:2008/02/06(水) 21:28
私は三年前に肺がんで左の半分を摘出しました。いまだに悩まされているのは痰が出ることです。一度病院で痰の検査をしてもらいましたが異常なしと言われました。痰による口臭、ティッシュを頻繁に使うことが続いて悩んでいます。同じような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

61 名前: 空っ風 投稿日:2008/03/11(火) 23:46
 父は、肺がん(ⅠB期)と診断され、左上肺葉切除手術を受けました。術後2ヶ月ほど経ちますが、毎日37.5℃前後の熱が続いています。ロキソニンを一日2,3回飲んでいますが、このまま飲み続けても大丈夫なのでしょうか?手術後の診察では、リンパ節への転移もなく、血液検査等も問題ないということでした。熱が下がり次第、抗がん剤の治療を開始することになっているのですが・・・この熱はどういう熱で、どのくらい続くのでしょうか?アドバイスお願いします。

62 名前: 肺がん外科医 投稿日:2008/03/12(水) 21:31
>>61
術後に37度ちょっとの熱がダラダラと1月ほど続くことはたまにあります。原因は良く分り
ませんが、要は手術で体に傷ついたことに対して体が反応していることに伴う現象なの
でしょう。しかし、お父さんの場合2ヶ月も続いているのはちょっとへんですね。まあ、そろ
そろ落ち着いていくのかもしれませんが、担当医はなんと言っているのですか?

63 名前: 空っ風 投稿日:2008/03/12(水) 22:58
 肺がん外科医様
 早速のお返事、ありがとうございます。前回の診察でも、肺がん外科医様のコメントと同様な事を言われました。ロキソニンは、一日4回まで使ってもいいので、我慢をしないで飲んで様子をみるようにとのことでした。ただ、熱があるうちは、抗がん剤の治療は始めない方がいいと言われ、本人も少し焦っているようなのですが・・・

64 名前: 42さい 投稿日:2008/03/16(日) 16:47
初めまして。薬のロキソニンと熱にはそんなに関係がないような気がします、熱の方が下がらないのには
いら立ちもあると思いますが、もう少し落ち着いてみた方がいいと思います。 抗癌剤治療は、体力と体調が
安定していないと1ステイジ 1~2週間掛かるので乗り切っていくのが大変になります。悪いところは、
摘出してあるのですからもう少し体調をととのいてみては、

65 名前: 空っ風 投稿日:2008/03/17(月) 00:09
 42さい様
 ご意見ありがとうございました。父はとても几帳面な性格で、抗がん剤治療も術後一ヶ月後には始めなければいけないのではないかと心配しているようです。いつも担当医の指示や、治療方針に真面目にきちんと従っているので、予定通りにいかないのが歯がゆいのかもしれません。焦らないでもう少し落ち着いてみるように伝えてみます。



66 名前: 投稿日:2009/03/11(水) 19:19
>>60
昨年12月に左S6区域切除術を受けてから「痰が出る内服薬3種」を飲んでいる
9割9分の唾液と泡・1割の痰が1時間に50ccほど出るので
黒いナイロン袋にボロ布を詰め、百円均一の布手提げカバンに入れて持ち歩いている
家では洗面台へ吐きに行くと運動になってイイヤと思うが
外出先で大量ティッシュとゴミ袋が負担になる
私の場合は痰は無色無臭、うがいをすると喉が楽になるような気がします


67 名前: おかちゃんの娘 投稿日:2009/09/11(金) 00:32
今朝、母(69さい)が左肺下葉切除手術して1週間で退院しました。
母とは離れて暮らしているので とても心配ですが掲示板を読ませていただき勉強になります。
リンパ節も切除しており 悪性かどうかの結果は あと1週間くらいで外来で聞かせていただくことに
なっています。
術後の痛みは ほとんど無いようですが術後1日目におきた呼吸困難が一番 しんどかったようです。
原因は母の気管支が普通の人より細かったようで 腫れからおきたようです。

また 心配な事があったら書き込みさせていただきますのでよろしくお願いします。 

68 名前: ローマの泉 投稿日:2009/12/05(土) 23:19
昨年10月に肺線癌左下葉摘出、T2M0NOです。1週間で退院、3週間目に術後の胸水が溜まっているのがレントゲン検査で分かり800CCほど抜きました
以後の検査では異常なし。ただ、運動不足と食べすぎで血圧上昇、薬2種で抑えるがあまり効かず、4月30日よりアップダウンのある公園を約40分ウォーキングを始める、
効果抜群、また体調も好調を維持しております。
術後9か月目の7月にはアフリカに旅行、2日半の4WD車での砂漠ツァーとテントホテル宿泊を含む10日間の旅行を楽しんできました。
高校2年生から煙草を吸っていたので(喫煙指数1500以上)、今食事が人生の中で一番うまいのです。舌にある味蕾が回復したんでしょうか
近日中に検査がありますが、また報告したいと思っています。
UFT200mg朝晩2回服用
医師の指示以外の治療は一切しておりません。また健康食品そのサプリメント等も飲んでおりません。
免疫療法も考えましたが、費用対効果を考えると・・・・・。手術後に読んだ本には「もし効いてしまった場合、そしてその治療を続けなければならない場合、莫大な経済負担が待っている」と
でも期待している部分もあるので、関連会社の株は持っています(笑)

69 名前: ミサ 投稿日:2010/01/27(水) 15:30
腺がんの告知を受けました。
転移があるかはこれから検査するのでわかりませんが、手術がいいと言われました。
ただ私は一人暮らしなんですが、手術後一人でも生活出来るものなんでしょうか?
医者には「一人だと厳しい、誰か世話してくれる人はいないのか」と言われましたが、誰もいません。
手術して一人で生活できるか不安です。
一人だとかなり無理をしないとならないでしょうか?

70 名前: pio大好き 投稿日:2010/01/27(水) 21:20
>ミサさん
母が手術をしましたが術後は入院中はまだ看護士さんのお世話になったりで・・・
退院してからはベットで寝ていなくてはいけないのではなく
体は動かさないといけないみたいですが 状態にもよりますが
肺を切るので今までのような呼吸ができなくて すぐに息切れしてしまいます。
退院直後は買い物に行っても青ざめて スーパの定員さんに椅子を用意してもらったこともあります。
咳も半端なく出るし痰も出ます。
日常生活は切った方の腕が上がらなかったりするので何かと不便です。
世話までいかなくても 近所の人や友達に少し助けてもらうのも難しいですか?
ミサさんの年齢は?

71 名前: ミサ 投稿日:2010/01/27(水) 22:22
pio大好きさんありがとうございます。
私は44才です。友達もいないし、都会なので近所付き合いとかも全くない状態です。
彼氏もいますが遠距離なので無理ですし、両親は遠い所にいるし、歳なので頼みづらい気持ちもあります。そうですか…咳がひどくなったり痰が出たり、息切れや腕が上がらないとかもあるんですね。
何とか一人で頑張るしかないのか…でも無理をして状態が悪くなったりしないか…と色々考えてしまいます。

72 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2010/01/27(水) 23:22
71 ミサ様
人間、産まれてくる時もひとりです。
肺がんの手術もひとりで受けないといけません。
手術後の治療も進化していますので大丈夫です。
人間の忍耐力は、大手術を体験して判ります。凄いものがあります。
私の場合、過去2度の手術で痰は殆どありませんでした。
咳は咳止めの薬で抑制しました。喫煙者の方だと咳や痰は酷くなる傾向です。
手術の範囲が広ければ術後の痛みも強まり、範囲が狭いと痛みも弱くなります。
痛みの緩和は、時が解決しますね。長くはかかりますが。

73 名前: ミサ 投稿日:2010/01/27(水) 23:52
大まぬけ3号さん、ありがとうございます。
4年ぐらい前に婦人病で大きな手術は経験しています。その時も安静にと言われたけど、術後退院後一人で、無理をし体が大変で泣きながら買い物に行ったりしました。
またあの辛さを味わうのかと思うと辛い気持ちもあります。
そうですよね、回復には時間がかかりますもんね。

74 名前: K 投稿日:2010/01/28(木) 00:01
ミサさんへ
まだお若いのに大変ですね。ご心痛をお察しします。
手術を勧められているとのことですが、放射線治療は検討されましたか?
私の姉は手術できない線がんⅢa期でしたが、放射線単独治療により、原発巣、
リンパ節転移部ともに病変が消失しました。副作用として軽い食道炎と肺臓炎
が起きましたがいずれも回復しております。
最近は、放射線でも手術と同等の成績が得られるようになっているようですし、
手術よりも体の負担がはるかに軽くて済みます。
もっとも、私の姉の場合は手術適応外でしたので、ダメもとでも放射線治療に
賭けざるを得なかった訳ですので、どちらも可能であれば両者のメリットと
デメリット十分に比較検討する必要があると思います。
もしまだでしたら、放射線科医(診断医ではなく治療医)のセカンドオピニオン
を受けられることをお勧めします。
告知を受けられて動揺されていることとお察ししますが、最初の治療が大事と
思いますので、落ち着いて情報収集されるようお勧めします。
ご参考までに、相談窓口を一つご紹介します。
 市民のためのがん治療の会 http://www.com-info.org/second.html

75 名前: ミサ 投稿日:2010/01/28(木) 00:37
Kさん、相談窓口まで紹介していただいてありがとうございます。
告知され手術しましょうと言われ、頭が真っ白になり決断出来ず、考えるから待ってほしいといいました。今度病院に行った時に、手術しかないのかどうか聞いてみます。
自分でもまさかこの年齢で癌になるとは思ってもみませんでした。
まだまだこれからと思っていたのに、やりたい事が出来なくなって、これからの人生何を目標に生きていけばいいのか悩み始めています。

76 名前: K 投稿日:2010/01/28(木) 01:26
ミサさんへ
今の病院の先生の意見をよく聞くのはもちろんですが、その上で
別の病院の先生の意見(セカンドオピニオン)も聞いて比較した
方がよいと思います。当方の場合も、最初の病院で直ちに入院し、
治療(抗がん剤+放射線)を受けるよう強く勧められましたが、
もはや治ることはなく、あくまでも延命目的の治療である旨の
主治医の話に納得できず、半ば強引に紹介状を書いてもらい、
本で探し当てた病院の放射線科医でセカンドオピニオンを受けました。
ミサさんが考えるから待ってほしいと答えたのは賢明な対応と思います。
どうしても目の前の医師の言いなりになってしまいがちですが、
少しくらい治療開始が遅れても問題ありませんから、よく調べ、
考えて選択してください。お一人で決めるのは大変と思いますが
だからこそセカンドオピニオンが大切です。ただし、同じ病院だと
医師同士の遠慮が働きますので、必ず別の病院の医師に聞くことを
お勧めします。私も最初は放射線治療のことをあまり知りませんでしたが、
本を読んで目からウロコでした。
それから、ご存知かもしれませんが、私が毎日読んでいるブログ
をご紹介します。過去に遡って読むと参考になる記事が見つかる
かもしれません。http://umezawa.blog44.fc2.com/

77 名前: HT 投稿日:2010/01/28(木) 12:48
みささま、心配ですね。

手術の方法などによっても違うとは思いますが
私の経験でお話します。

ステージIaで、10月末に手術・退院した男性(当時44歳)です。
右上葉を丸ごと切除&抗がん剤治療なしで
20日で退院しました。
若いから回復も早いと言われました。

退院時、右腕痛、アバラの痛み、痰・咳などがありました。
車の運転もできなかったので、
さすがに、退院後一人で生活しろと言われたら、
自信がないです。


78 名前: ミサ 投稿日:2010/01/28(木) 16:15
Kさん、参考になるブログ紹介ありがとうございます。
私の病院は医学ジャーナリストの人が選んだ優良病院リストに載っていて、良質の治療を行っていると書いてある病院なんです。
放射線科もあります。
セカンドオピニオンするとしても県内でこれ以上の病院を見つけるのは難しいかと思います。
今はまだステージがわからないのではっきりするまでに色々考えたいと思います。

79 名前: ミサ 投稿日:2010/01/28(木) 16:20
HTさん、ありがとうございます。
やはり痛みや咳などはあるんですね。
私は普段自転車なんだけど、きっとそれもキツくなるでしょうね。
一人というのはどうしようもないので何とか頑張るしかないですよね。

80 名前: アキ 投稿日:2010/01/28(木) 17:18
ミサさん、今、転移がないかどうかを検査中で、何も手につかない、何とも言えない嫌な時期かと推察します。

私は、ミサさんのちょうど1年前、昨年1月に肺がんで右肺を全摘しています。
リンパ節にも転移があり、ステージはIIIbです。

入院は20日ほどでした。
そして、その1カ月後から抗がん剤を3クールしています。
1クール目は、また20日ほど入院して行い、
そのあとの2~3クールは会社に通いながら治療を行っています。

術後2日目には、歩いて病院内のお店に買い物に行けるほどです。背中からの管で麻酔が効いていますからね。
手術は1/17で、仕事への復帰は化学療法1クールを終えた4月の頭です。

術後の今も傷跡付近の皮膚がざわざわする感じで、特に痛いわけではありませんが、何とも言えない感覚があります。
今のところは再発もなく元気です。

いろいろ考えると、だれでも不安になります。
それが普通だと思います。
とにかく今は早く治療に専念することが大事ですよ。
退院してから1カ月ぐらいは、宅配などをフル活用すれば何とかなります。

ミサさんの病態が軽いといいですね。
初期で腫瘍が小さければ内視鏡手術もできますから、そうすればもっと体も楽だと思います。

81 名前: ミサ 投稿日:2010/01/28(木) 17:31
アキさん、ありがとうございます。
医者に腺がんは治りにくいがんだと言われました。
大きさ的には1㎝なので早期だけど、まだわからないと言われとても不安になりました。
私は最初から覚悟の態度を見せていたので、医者も嘘をつかないではっきり言ってくれてるのかな、なんて勝手に思っています。
来週3日続けて検査があり、多分再来週には転移の状態もわかると思います。
とにかく今は意外と冷静だけど頭ん中はパニクってる、そんな状態です。

82 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/01/29(金) 14:02
>ミサさん
自転車はキツイかも・・
アキさんのおっしゃるように宅配、いい考えですよね。
1か月すれば ずいぶん楽なようですよ。
私は全く無知ですが、役所に相談に行っても何もしてくれないんですかね。
高齢者にはヘルパーさんがきてくれるように助けてもらえないものですか?


83 名前: ミサ 投稿日:2010/01/29(金) 18:37
名無しさん@癌掲示板さん、やはりチャリは厳しいですよね。 私は精神障害もあるので今日福祉の方で聞いてきました。 精神障害の方のヘルパーさんを利用出来そうです。 手続きや審査があるので大変ですが、保健師さんも術後の事は心配しなくていいよと言ってくれたので、気持ちが少し楽になりました。

84 名前: HT 投稿日:2010/01/30(土) 07:09
ミサさん

>腺がんは治りにくいがんだ

どういう文脈で先生がおっしゃったのでしょうね。
1.5cmの腺がんですが、医者からは
 「治ったと思ってもらってよい。
  ただし、定期検査は続けてください」
と言われています。

>自転車

私の退院時の状況ですと駅などでまわりの人の
スピードに合わせて歩くだけで、一苦労でした。

年齢、症状が近いそうなので、私も自分のブログを公開します。

http://ameblo.jp/greenslim

全部読むのが大変であれば、以下の「【入院】入院生活の概要」
というところを見ていただければわかると思います。

http://ameblo.jp/greenslim/day-20091109.html

85 名前: pio大好き 投稿日:2010/01/30(土) 08:39
>ミサさん
ヘルパーさんにお願い出来そうでよかったです。
82です。
pio大好きです。
あとはしっかり検査して治療に専念ですね。
検査して結果でて治療の計画がたてば むしろ気は楽になるかも・・です。
今が一番モヤモヤして色んな不安に押しつぶされそうな状態でしょうが
前に進むのみです。強い気持ちで。

86 名前: ミサ 投稿日:2010/01/30(土) 12:53
HTさん、すいません私の書き方が悪かったかもしれません。 私が「手術してもずっと心配しなくてはいけないのか」と聞いた時に、先生が「癌には治りやすい癌と治りにくい癌があって、ミサさんの場合は治りにくい癌なんだよ」と言われたんです。ネットや本で調べたら腺癌でも色々あるようですね。 私の状況が良くないのかもしれません。 ブログゆっくりと読ませて頂きます。ありがとうございます。

87 名前: ミサ 投稿日:2010/01/30(土) 12:57
pio大好きさん、ありがとうございます。
今は転移状態の結果を待つだけです。
気持ちを強く持って頑張ります。

88 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2010/01/30(土) 19:29
ミサ様
肺腺がんというのは、かびの様に繁殖力があって、糸引き納豆の様に
粘り強さがある様な気がします。相当な根性があるのでしょう。
もしも、体内に負担が無ければ熱湯消毒したいぐらいです。
そんなことは無理なので、熱い心でがんに向かうしかないのです。


89 名前: HT 投稿日:2010/01/30(土) 20:49
ミサさま

私のブログの方に、肺がん外科医様からコメントを
いただきましたが、症状によっていろいろとあるようですね。
混乱をさせてしまい申し訳ございません。
幸運をお祈りします。頑張ってください。

>大まぬけ3号様

中途半端な経験で書いたため、
皆さまを混乱させてしまうところでした。
フォローをありがとうございます。

別スレでの書き込み拝見しました。
「熱い心」で、次の手術も頑張ってくださいね。

90 名前: ミサ 投稿日:2010/01/30(土) 21:57
HTさん、ブログ読ませて頂きました。私の携帯からではブログにコメント出来ないのでこの場を借りてすいません。

大まぬけ3号さん、納豆のようなやっかいものなんですね。熱い心でいきます。

91 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2010/01/31(日) 15:43
89 HT様
ありがとうございます。
この掲示板での皆様のコメントは、励まされて非常に参考になります。
がんになってしまったのは、どうしようできないので戦うしかないですね。
後ろ向きになっても解決できませんし、良い方向を目指して進むのみです。

92 名前: pio大好き 投稿日:2010/03/16(火) 19:08
ミサさん

お久しぶりです。
{肺がん治療その3}を見ました。
手術されたのですね。
術後の生活は大丈夫ですか?
心配されていたことはクリアーされていますか?


93 名前: ミサ 投稿日:2010/03/16(火) 21:24
pio大好きさん、お久しぶりです。
手術も終わり、今は歩くのも亀のようだし痛みに悪戦苦闘しています。
問題はクリア出来ています。週1でヘルパーさんにきてもらっています。
痛みは回復するまでの辛抱ですね。

94 名前: pio大好き 投稿日:2010/03/16(火) 23:13
ミサさん

良かったですね。
1か月づつ ひと段落していきます。
母は、3カ月で随分と楽になったようで
半年経つと 病気の事なんて忘れてしまってるほど
元気になりました。
身体の傷もですが心も傷が出来たみたいに
弱気で塞ぎ込む日々でした。
でも今は以前のように豪快に笑う母に戻りました。
私たち家族も{あれは夢だったのか}と思うほど…
このまま 再発、転移もなく
静かに暮らして行けたら 他に望む事は何もありません。

これから暖かくなりますし
そうすれば身体はもっと楽になると思います。



95 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/28(水) 03:20
術後の生活 
   
 ~私の場合~

左肺を殆ど切除し、術後間もないので呼吸が苦しく
まだ短距離しか歩けないのですが
独り暮らしで生活苦しい為、
病気を隠して新しい職場に初出勤しました。

子供たちに歌を教える仕事なのですが
当日、いきなり「さんぽ」という曲をやってくれと言われました。
歌詞を見ると

歩こう~歩こう~
わたしは元気~
歩くの大好き~
どんどん行こう!
坂道~

もう、たまりませんでした。
でもやらなくてはならないので
心の中で泣きながら、その歌を教えました。
子供たちは、じっとしているのが辛そうなので、
私が先頭になって子供たちを引き連れ、歌いながら部屋中を歩きまわりました。

拷問のような日でした。

96 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2010/04/28(水) 17:29
95番様
新しい職場で、肺がんのことを隠し続けるというのも辛いですね。
私の場合は、状況を全て話す様にしています。
隠すということが、とてもストレスになってしまいます。
生活していくのは大変ですけど、少しでも気を楽にしたいですよね。


97 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/15(土) 13:24
摘出したのに、腫瘍があった部位だけ以前より増した深い痛みが
ある方いらっしゃいますか?
持続痛ではなく、時々指先ぐらいの範囲の痛みなのです。
医師に電話したら、気のせいだと言い切られてしまいました。

98 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2010/05/15(土) 16:22
97番様
医師は、「気のせいです」って言われますね。
痛いから気になる。気にすればするほど痛くなるのです。
肺がんの手術をされた医師だと、ご理解して頂けるかと思います。
私は、前回の手術から500日以上になりますが、痛みを感じない日はありません。
手術切除した部分の創は、胸郭内で動く度に擦れるからではないかと
素人判断で考えています。
暖かい風呂に入ったりしている時には、痛みが多少緩和するでしょうから
仕方がないと考えるようにしましょう。
七転八倒の痛さでなければ大丈夫ですよ!





99 名前: 97 投稿日:2010/05/15(土) 23:08
ご親切にお返事くださいまして
ありがとうございます。
あなたのお言葉は心強いです。
落ち着けました。
いつもホカロン貼ってます。

おおまぬけさんも、お体お大事になさって下さい。
心よりあなた様のご健康をお祈り申しあげます。

100 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/03(木) 16:26
摘出から約3か月経過しました。
1週間ほど前に風邪をひき、現在治ったのですが
声がつぶれたまま治らず、あせっております。
裏声が全然出なくなってしまいました。
肺がつぶれているような、つまっている感があります。
手術を境に、
風邪でこのような状態になってしまう方いらっしゃいますか?


101 名前: しん 投稿日:2010/07/03(土) 15:51
こんにちは、三か月ほどまえに線ガンのⅡaで肺の左下葉切除うけ現在uftの服用しています。二週間ぐらい前から手先がすこし痺れて震えるのですが何かご存知の方いらッしやいませんか。今、キーが少しうちにくいのです。



102 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/07/03(土) 22:08
>>101 しん様

ここは、診断を行う場所ではありません。
あなたのことを知らない人がネット上で分かるはずもありません。
主治医に聞くべきです。

ただ、UFTの副作用の可能性も多分にあり、
一般的に5-FU系には少ないですが末梢神経障害ならまだしも(これも十分嫌ですが)、
白室脳症の前症状の場合もあり早急に診断してもらうべきです。

103 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/07/05(月) 21:23
こういうしょうもない質問する人って、
大抵回答してもらっても音沙汰なしだよね~沈め


104 名前: ばぁ 投稿日:2011/01/10(月) 21:05
はじめまして、主人(64歳)が腺がんステージ1Aと診断を受け、
12月21日に「胸腔鏡補助下左上葉肺切除・リンパ節郭清」を受けました。
術後は抗がん剤や放射線治療もなく1月4日に無事退院できたのですが、
術後3週間目の1月10日時点で、
声がまだかすれ声だということと、
左側の上腕内側と脇の下に鉄板を巻きつけたように重く苦しいようです。
押さえていると楽になるらしいのですが、
なんどか押さえていたらそこが腫れてきたような気がしてきて怖くなりました。
冷やしたり、温めたり…どんなことをしたら楽になるのでしょうか?
14日に病院に行って診察していただくのですが、
その前に少しでも楽になったらと思い、投稿いたします。
どうぞお教えください。
なお、薬はロキソニン(痛み止め)・ムコソルバン(たん)・セルベックス(胃)と
コディンリン酸塩散(せき)・酸化マグネシウム(尿路結石)を服用しています。




105 名前: HT 投稿日:2011/01/11(火) 14:46
46歳男性です。
2009年10月に1Aで右上葉切除とリンパを取りました。

私の場合、咳は1カ月ぐらいはかすれていました。
脇の痛みは、肋間神経痛と思います。
個人差が大きいようです。
私は痛いところに、張るカイロを貼ります。
お風呂が良いという書き込みを見たこともありますね。
温めが基本と思います。

106 名前: ばぁ 投稿日:2011/01/11(火) 17:35
HT様
アドバイスありがとうございます。
肋間神経痛ですか…。
さわさわ・ざわざわと痛いようですので、そうかもしれませんね。
「体の中の切ったところがダメなんじゃないか、手術が失敗したのかも・・。」と
心配していたのでこのことを伝えれば本人も安心すると思います。
ありがとうございました。
14日に先生に言ってみますね。
そして、ホッカイロを張ってみます。
主人は生真面目で、入院中はまじめで手のかからない病人だったと思います。
それだけに、退院してから不安が渦巻いているのだと思います。
ありがとうございました。

107 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/01/11(火) 20:03
恥ずかしい話ですが
私、今まで肋間神経痛の意味を勘違いしていました。
字から肋骨の間の痛みだと思っていたのです。

だから、そんな痛みはないし、この掲示板見たら
結構、肋間神経痛を悩んでいる方が多いみたいなので
いつも主治医に
「先生の技術はすばらしいですね。
私、全然、肋間神経痛がないんです!結構悩んでいる方が多いのに・・。」と褒めちぎっていました。
しかし、その後で
「でも妙な痛みが体のあちこちにあるんです。」
と、付け加えていました。
主治医は、何にも言わないので
ずーーと肋間神経痛を勘違いしたままでした><
あまりに私が
先生を持ち上げるので、「違う」とは言えなくなっていたのかなぁ。。。
先生、もし見ていたら教えてください。

108 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/01/11(火) 20:13
連投すみません。
術後の定期検診の時、いつも主治医が首にしこりがないか
触診します。
首にも転移しやすいという話を聞いたことがあるので
それを調べているのだろうと思います。

先日、造影剤をつかったCT検査を全身にしましたが
異常無しで安心しました。
しかし、
首のリンパがチクチクする時があります。
そういう方はいらっしゃいますか?
前兆のような気がして不安です。
これも肋間神経痛の一種でしょうか?


109 名前: 肺がん外科医 投稿日:2011/01/12(水) 22:40
>>108
転移が生じたリンパ節が痛むことは普通はありません。それなりに腫れていなければ一般の
方はもちろん、医者にもどこにリンパ節があるかということすら普通は分りませんし。

肋間神経痛は肋間神経の障害に伴う痛みで、肋間神経は背骨に始まり、肋骨に沿って
背中側からお腹側へと伸びていますので、肋間神経痛は背中から胸、みぞおちの辺りまで
にしか現れません。

110 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/01/15(土) 20:53
詳しいご説明を有難うございます。
専門の方からのご回答は安心致します。

111 名前: 48歳の春 投稿日:2011/01/25(火) 06:02
つい最近こちらの掲示板を知りました。過去の皆様の書き込みを見て思いやり溢れるやりとりにホッとしております。私自身は昨年11月末に一週間の入院で胸腔鏡補助下手術、右肺上葉とリンパ切除し、病理の結果は腺がん1bでした。非喫煙者です。術後、日に日に回復しているものの、咳と食欲不振、気力減退に悩んでおります。咳については退院後、医師から薬を頂いたものの効果なく、市販の薬やのど飴でも効かず。家族がお世話になっている介護施設に面会に行きたいのですが、咳をしていると周りのかたに不安を与えるため行けなくなってしまいました。寝る時も含めて家の中でもマスクをして過ごしています。食欲は退院時のんでいた痛み止めをやめれば治ると医師に言われ、昨年末には薬をやめましたが未だに 味と匂いがよくわからず、食後喉から胃のあたりに何かつかえる違和感があり、少ししか食べられません。あと家族から口臭が強くなったと言われ、虫歯や歯周病も無いので手術の影響なのか?と悩んでます。家事をこなすのがやっとの状態ですが、手術後まだ2ヶ月も経ってないのだからと自分に言い聞かせて過ごす毎日です。お風呂に入るのと、眠っている時が幸せな時間です。

112 名前: HT 投稿日:2011/01/25(火) 11:19
>48歳の春さん

大事な時期ですので無理をしないで、
体を冷やさないようになさってください。

右肺上葉とリンパ切除、腺がん1aで
一昨年の10月末に手術をしたものです。

私の例でお話しします。
・咳:12月中ごろにテニスを再開しています。
   ですので、その頃には咳はかなり良くなっていたと思います。
   ただこの時期でも、エアコンの風で
   咳き込んでいたのでいたので、
   家や車ではエアコン使用禁止にしてもらいました。
   電気ストーブや灯油のストーブを使いました。
・食欲不振:
   最初は薬と思って食べました。
   食べないと治らないと思いましたので。
   ただ、咳込みにくいよう、喉にひっかかりにくい、
   ラーメン、そば、うどんなどを多く食べました。
・口臭:
   言われたことありません。
   家族が気を使ってくれたのかもしれませんが。
   薬を飲むと口臭に出ることはありそうですね。

あまり、お役に立てなくてすいません。

113 名前: 48歳の春 投稿日:2011/01/26(水) 09:27
>HTさん
ありがとうございます。参考になりました。術後2ヶ月くらいでテニスをされてたとの事で驚いております。エアコンも含め、咳が出るような刺激になるモノを避けて過ごしたいと思います。食事はHTさんも、おいしく食べるというよりは頑張って食べてたのですね。私も毎日基礎代謝分くらいは食べるよう心がけてます。やはり食べる時に咳こまないか緊張しながら食べてます。口臭は一度主治医に相談してみようと思ってます。HT さんも風邪、インフルエンザ等気をつけてお過ごしください。

114 名前: にの 投稿日:2011/02/03(木) 21:51
はじめまして。
先月末、医師より夫(64歳)腺癌ⅡBと診断を受けました。
気管支そばのリンパにもあるので、手術は開胸、左上半分か左全部切除の指示。

今まであまりにも癌について知らなかったのだと痛感。
以来、本やネットで調べれば調べるほど不安。
本当に手術がいいのか。他に方法がないのか悩んでいます。

というのも、5年生存率や合併症などなど、かなり難しい病気。
かつてかなりの喫煙者だったので尚更です。
「だったら何もせずに」と弱気になります。

さらに懇意にしている鍼灸医師は「肺癌は切ってはいけない。予後が悪い」と力説します。
ではどうしたら、他に方法あるのか、鍼だけで治る?!まさか・・もっと進行してしまったら・・・

考えたり悩んだりするのも疲れてしまいそう。
皆さんの体験など、特に手術後の生活の様子を知りたく投稿させていただきました。

同じステージを経験された方、どうぞよろしくお願いします。




115 名前: 肺がん外科医 投稿日:2011/02/03(木) 23:40
>>114
IIB期の肺腺癌で最も治癒が期待できるのは手術+術後の抗癌剤治療です。手術は可能な限り
取りきることが重要で、ご主人の状況では、肺をどの程度とる必要があるかはリンパ節への広がり
次第です。

「本当に手術がいいのか。他に方法がないのか」という疑問については、何を優先するかにより
ます。治る可能性が優先されるのであれば、上記しましたように手術+抗がん剤です。体力的に
手術が危険すぎる場合や、体に傷をつけるのを避けたければ、抗がん剤+放射線でも治ることを
期待できますが、分は悪いです。その他の方法については治ることはまず期待できませんが、
上の2つの方法を受け容れられない場合や、これらの方法が危険すぎると判断される場合には
治らないことを承知で他の方法によらざるを得ないこともあり、その中には何もしないという選択も
ありえます。

肺がんについて手術をすることが不適切な場合も確かにありますが、一般的に「肺癌は切っては
いけない。予後が悪い」と主張することは誤りです。逆に手術をすることがベストの選択と断言
できる場合もあります。ちなみに「鍼灸医師」という資格はありません。鍼灸師です。肺がんが鍼で
治ったりはしません。

手術後の生活の様子は、現在の体力、特に肺の能力によります。現在の肺の能力が十分にあり、
例えば駅の階段を急いで上っても平気であって、左肺の上半分(左上葉)を取るだけで済めば、
あまり変わりなく生活できます。逆に、駅の階段を上りきるのがきつい方に左肺全てを取る手術を
すれば、そもそも手術で死ぬ危険性を数%は見込まなくてはなりませんし、何とか乗り切っても
酸素を吸い続けなくてはいけない体になってしまう可能性が結構あります。つまるところ、手術後の
状態については、現在の肺の状態を把握されている担当医にお聞きになるのが最も確かで、こう
いうところで他人がどうだったかをお聞きになってもあまり役には立ちません。

116 名前: にの 投稿日:2011/02/04(金) 21:48
「肺がん外科医」様、早速のご返事ありがとうございます。こころより感謝いたします。
肺能力につきましては、検査で肺活量が4,000以上あり、残る右の方が機能が高いそうで酸素を吸わなくても大丈夫だそうです。
今夜、主人とも話し合い、主治医の先生を信じて手術を受ける決心をしました。

迷いと不安、まずそこから立ち上がらなければならないのですね。
まだまだ心配はつきませんが、お陰様で一歩進めました。






117 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/06(日) 23:44
右の肺の術後8ヶ月になるんだけど右に向いて息をすると、息が抜けたようになりおかしいです。このままでも大丈夫ですか

118 名前: にの 投稿日:2011/02/19(土) 21:31
15日に夫が手術を受けました。2Aです。
朝9時半に入室して午後3時前に終了。4時に面会。
リンパ節と肺動脈を離すのが難しかったので左肺全部の切除でした。

翌日の午後には食事開始、そしてベットから起きて立ち上がるリハビリ。
2日目には回復室から普通の病棟に戻り、トイレなど歩いていけるようになりました。
3日目からは歩くときだけ酸素を吸い、ベットでは酸素をはずす。

痛みは起き上がったり、寝たりするとき、咳やアクビをするときが辛そうです。
痛くて寝られない夜は座薬をいれてもらったそうです。
「会話は控えめ」の指示ですのでメモ用紙で筆談。
食事は完食してます。間食はせず水を飲んでます。

妻として何ができるのか・・・
熱いタオルで手足を拭いたり、足を揉んでみたりと・・・
快方に向かいますようにと祈るばかりです。



119 名前: HT 投稿日:2011/02/20(日) 07:09
>118

手術の無事の終了おめでとうございます。
順調に回復すると良いですね。
私の場合(右上葉切除)のことは、112に書きました。

退院後の準備もした方が良いと思います。

冷えは厳禁、エアコンは咳き込みますのでNGです。
私のお勧めは電気ストーブです。

左側が痛くても生活できる工夫が必要です。
思いつくままに書くと、
寝起きがしやすい(右側から体を起こせるような)寝室、
着替えやすい服(パーカーなどファスナー系の服)。

リハリビリのために歩くことになると思うので、
歩きやすい靴もあった方がよいです。

そんなところでしょうか。。。

120 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/22(火) 19:33
電気ストーブはいいよね。
自分も術後は電気ストーブにかえた。
とにかく、身体をあたためているよ。
外出、寝る時はマスクしてるよ。
傷の痛みが落ち着いたら、適度な運動だね。
姿勢が悪いと呼吸も苦しくなるから
背筋を伸ばす運動をしてるよ。(バランスボールは気持ちいい)
楽になるわ。

121 名前: >113 投稿日:2011/02/22(火) 19:42
>113さん
私も丁度、年齢と状態が同じ位です。
親の介護の話を伺い、私も親が入退院繰り返している時に
自分が肺癌になってしまい、>113のお気持ちとご苦労が
我が身のことのように感じます。
お互いに乗り切っていきましょうね。

122 名前: >121 投稿日:2011/02/23(水) 07:56
121さん、ありがとうございます。先日手術後初めて施設に面会に行ってきました。マスクをして咳は出そうになったら口を閉じて抑えれば大丈夫でした。短時間ならこれでいけそうで安心しました。今月末で術後3ヶ月になります。術後一年経つ頃には、更に回復して病気も介護も乗り切れる自分をイメージして毎日過ごしたいと思います。


123 名前: >113 投稿日:2011/02/23(水) 13:56
私は術後3カ月頃だと、まだ辛かったなぁ。先の不安もあった。
121さんより、少し広い範囲切除したわ。

でも術後1週間には、雪の中歩いて仕事に向ったわ。
重要な仕事があって休めない時期だったからね。
東京だから雪なんてあまり降らないのに
その日に限って、極寒で雪が降ったのよ。

自分て、なんてついてないんだろうって思ったわ。
でも、それだから悔しくて『負けるもんか!』って気持ちになり
意地で職場に向かったわ。

手術の前日にも、病院抜け出して仕事に向かったわ。
術前入院中、一度も医師に会えずに手術になってしまったわ。

肺癌の前は事故の被害に遭い、入院中に失業し、
しかもその間に、加害者が私のせいにする供述を警察に言って
警察はそれを元に嘘の事故図面を作成したのよ。
私、即座に救急車で運ばれたから、供述できなかったのよね。
苦しくて、出来る状態ではなかったから。
私は、結局1度も現場検証に立ち会っていないのよ。
今では証拠もないから、やらないと断られるし。

加害者が慰謝料を払わないから、私は生活苦に陥り、
鬱病にもなったわ。
両親も癌や心筋梗塞を患い
私が癌の疑いが判明しても
「あんたは、せっぱつまってないんだから
手術なんて、もっと先にしなさい。お父さんの方が
大変よ。」なんていわれる有様だった。

親は自分らのことで精一杯で私の心配なんかしてなかったわ。
術後も大喧嘩になってしまったわ。
私、肺が破裂するほど大泣きした。

いろいろあって、
身体も精神的にも辛かったけど
やっと先日、交通事故の提訴ができて(節約の為、弁護士頼まず自分で
やった)だんだん立ち直ってきたわ。

121さんをはじめ
患者のみなさんは、それぞれに辛いことがあるかと察しますが
心は自由に、楽しい事考えるようにしましょう。
心が元気になることが
苦難を乗り越える力の源だから♪

124 名前: >113 投稿日:2011/02/23(水) 14:40
追伸
長文すみません。
>>113さん
私も医師の処方薬では、咳が止まりませんでした。(ちなみに癌専門病院です)
薬変えてもらってもダメで、他の病院にも行きました。
そこの医師の話だと、風邪の咳と違い、術後の咳には
なかなか効かないと言われました。
ですから薬を飲むのをやめました。
術後3カ月頃でも、咳に悩まされましたよ。
ちなみに、風邪の咳には、その薬が効きました。
喉にも違和感があり、胃もおかしかったので
同じ状態です。

今では咳は殆どありませんし、胃も調子よく喉の違和感もなくなりました。

口臭は胃が弱っているせいだと思います。
しかし、それは初期の人の場合です。
末期になると
癌の口臭ってあると思います。
友達がそうでした。
あくまで自分の友人の場合ですが、かなり強烈でした。
その人は薬も飲んでいなかったので、薬のせいではないと思います。

奇遇ですが
その頃、自分も同じ病気にかかっていたのを気付かなかったんです。
あの時、同病者として接していたら
友人も心強かったのではないかと、残念に思います。


125 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/23(水) 14:48
>その人は薬も飲んでいなかったので、

その頃はであり、後に痛み止めの薬を飲んでいました。

126 名前: >123 投稿日:2011/02/24(木) 06:00
123さんありがとうございます。様々な事が重なり大変な時期に手術されたのですね。術後間もなく極寒の日にお仕事されたとの事、辛かったですね。
咳止めが効かない点や術後の経過も同じようで何だか安心しました。
私は食欲は落ちたまま3ヶ月が過ぎましたが1ヶ月に1キロ痩せる程度なので、どんどん太っていくよりはよいと思うようにしてます。
最近は花粉症のせいか喉から肺にかけてムズムズ痒いような感じです。肺のあたりまで痒い感じって初めてです。
気持ちは大切ですよね!こちらの掲示板から元気を頂きながら明るい気持ちで過ごしてゆけたらと思います。

127 名前: 匿名子 投稿日:2011/03/09(水) 22:24
はじめまして。上葉切除手術後4ヶ月になります。昨年夏に介護職につこうと資格をとり、採用も決まったところで肺癌が見つかり、仕事復帰は見送り、入院手術となりました。自分のイメージでは術後3ヶ月くらい経てば また面接を受けに行けると思っていたのですが、現状では咳や声がかすれたりする為、健康状態が良好とは履歴書に書けないなと感じています。個人差はあるのでしょうが、術後半年くらい経てば特に体調が悪い印象はもたれず仕事をする事は可能でしょうか?



128 名前: にの 投稿日:2011/03/14(月) 20:51
夫の手術から1カ月。今日外来で抜糸しました。
痛みは突っ張るようだったり、重かったりとあるようです。
(何分本人ではないのでなんとも言えませんが・・・)
それでも食欲はあり、天気の良い日は午前と午後30分以上散歩。
車も運転し、近所の図書館で気分転換。(もちろんマスクは必携)

狭い家の茶の間に布団を敷き暖房はつけっぱなしの日々。
退院してから足の踏み場もない状態で今日やっとパソコンを開くことができました。

昨日は趣味の家庭菜園へ。私が主に作業するつもりでしたがつい本人も手を出して作業。
あとで少し痛みが増したようですが、「少しづつ体力がついてくるよ」と励ましています。

ところで手術前は2Aでしたが、退院時の説明ではステージ4へ。
胸膜にCTやPETでみつけられない転移があったためとか。そして病理の結果は大細胞癌。
これは有効な抗がん剤があまりなく、さらに左肺全部切除なので体力的にすぐに抗がん剤治療はしないとのこと。
今は少しずつ日常生活に戻れていますが、再発のことを考えると落ち着かない日々です。



129 名前: HT 投稿日:2011/03/15(火) 05:43
>127

「良好」の定義次第ですが、、、
咳や声のかすれは、私の場合は半年もあれば取れました。
手術跡の痛みや肋間神経痛は手術から1年半たった
今でもあります(毎週テニスができる程度ですけど)。

130 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/03/15(火) 07:24
128 にの様
再発というのは、心配しすぎると“がん”が喜ぶだけです。
定期的な経過観察で、また現れたら治療を受けるという姿勢で良いのです。
体に負担の掛からない、ラジオ波焼灼治療もあります。
私は、過去2回の摘出及び部分切除とラジオ波焼灼治療を1回受けています。
 
痛みや突っ張り感というのは、4年間続いています。
長く続くものだと思えば、再発の不安も取れるでしょう。


131 名前: にの 投稿日:2011/03/15(火) 16:18
大まぬけ3号様、HT様アドバイスありがとうございます!
本当におっしゃる通りです。
こういう事って、医師にはなかなか質問できない内容ですが、実際かなり参考になります。
幸い本人はパソコンもせず「どうするのかねぇ・・・」とわりとのんびりしているように見えます。
周囲があくせくしてもどうにもなりませんよね。
前向きに明るく過ごしましょう。

それにしても、しばらくは地震の悲惨なニュース。
人の命とは何なのか、何が大切なのか、考えさせられる日々です。



132 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/17(木) 00:36
手術して1年経ちます。
手術前と違い、少し風邪をひくと異常に咳が多く出ます。
のどがむずがゆいのですが痰が多く出ます。
みなさんはどうですか?

今年の冬は外出時も勤務中もマスクをしています。
風邪をひきやすくなり、またひくと重くなるからです。
勤務中の室内でも、乾燥していると咳がでやすいため
マスクしています。

肺癌の症状として「咳」がありますが
手術してから、咳がでやすくなったので
手術した為の咳なのか、肺癌の咳なのかよくわかりません。
みなさんは
風邪ひきやすくなりましたか?
また、風邪ひくと咳が多くなりましたか?


133 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/03/17(木) 02:58
132番様
風邪を怖がっていたら、生きていくのは辛いよ~
定期検診を受ければ、怖がることはありません。

お時間があれば、参考にして下さい。

http://oh-manuke.blog.ocn.ne.jp/blog/

134 名前: HT 投稿日:2011/03/17(木) 05:07
>132

術後1年半です。
私も、術後同じ症状が強く出るようになりました。
医師に話しましたけど、(検査状況も踏まえて)
大丈夫というお話でした。

定期健診で医師に相談されるのが確実と思います。

135 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/17(木) 22:44
>>133>>134さん、お返事有難うございます。
術後、何カ月経っても咳が多いままなので
以前、職場の健康診断の医師に相談したところ
「肺の手術でドレーンを抜く時に~~のような(忘れてしまった)ミスがあると
そうなることがある」とおっしゃってました。
そういえば、ミスがありました。
でも、その時の事を訴えると癌の専門であるその病院へ今後、
通院しにくくなるので、泣き寝入りすることにしたのです。

話が変わりますが、おおまねけさんのブログを拝見させて
いただきました。
オフ会を大勢の患者さんで実施したいですね。
患者限定で。
どこかの温泉で1泊して観光を楽しみつつ、
体験談や、情報交換し合い和気あいあいと時間を過ごしたいですね。

136 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/18(金) 09:38
>>134さん、ありがとうございます。
安心しました。
134さんは担当医がおっしゃるように
何でもないと思います。
私も同じであることを願います。

でも自分の担当医までもが別の病院の(癌専門病院ではなく)呼吸器内科で診てもらうことを
勧めたり、健康診断医までもが
話してもいないドレーンの件を言い当てるので
少しひっかかります。
でも、気にしてもしょうがないので
>>134の言葉を励みにします。


137 名前: HT 投稿日:2011/03/19(土) 05:52
134です

>>134の言葉を励みにします。

いやいや、担当医が他の医者の診察を求めているのですから、
素直に診察を受けるべきと思います。
私はただの患者です。

138 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/03/19(土) 18:22
135番様
肺がん治療で、その内容が身をもって体験しているのが患者本人です。
私のように、開胸手術を2回経験すると、初回と2回目は全然違っていました。
放射線+抗がん剤治療で入院中に、多くの方とお話ししましたが、術後の辛さは
私が最高レベルということを認識しました。

情報交換の場となるオフ会は、是非開催したいと考えております。
患者が、自らがんのことを勉強するという姿勢が大切です。

HT様が、言われますように、素直に考えて考動すれば怖くないです。
耐える力というのは、人間凄いと思います。

139 名前: にの 投稿日:2011/03/19(土) 21:32
今日、前向きな一日を過ごせましたので聞いてください。

主人が癌を宣告され手術といわれた今年の1月末のこと。
家庭菜園が趣味の夫が言いました。
「手術して元気になって春の彼岸にはジャガイモを絶対植えるぞ!」

手術前の寒い日でした。
私も主人も口には出さなかったけど、不安でいっぱいでした。
ただ二人で黙々と草取りをし畑を耕しました。

2月15日に開胸手術をして一月たった今日、無事ジャガイモの植え付けができたのです。
痛みや息切れと上手に付き合いながら休み休みしながら、作業ができました。

できれば来年も再来年もずっとこうして二人でジャガイモを植えたいと願います。





140 名前: 136 投稿日:2011/03/19(土) 22:14
>>137>>138お返事有難うございます。

今後も時間のある時は、おおまぬけさんのブログを
拝見し、オフ会が実現できるように
そして自分も参加できればと思います。


141 名前: 735 投稿日:2011/03/20(日) 16:52
はじめまして。私の母が肺ガンで2月末に手術しました。
その際リンパ節を切除して転移がないかの精密検査をして結果は次回の診察の時教えてもらいます。
手術が終わり退院して一安心していてもその結果が出るまでは不安で仕方ありません…。



142 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/03/21(月) 07:40
141 735様
お母様の手術結果は、ご心配ですよね。
次回の診察時には、摘出したがんの生検結果が判ります。
病理診断と細胞診断、遺伝子診断によって、がんの正体が明確になります。

今は、手術がうまく施されたわけですから安心して下さい。
手術をしたくても、できない人と比較すると幸せなのです。
 
経過観察を怠らなければ、全然怖くはないです。


143 名前: 肺がん外科医 投稿日:2011/03/21(月) 10:47
肺癌の術後に咳に悩まされる患者さんは時々おいでです。様々な事情が絡みますが、
主たる原因は空気の通り道(気道)に歪みが生じることです。肺の一部を取り除いた結果、
その隙間を埋めるように残っている肺が移動し、その肺につながる気道も方向を変える
ために、本来の気道とは形が違ってきます。気道は、永年の進化の中で空気が最も効率
よく通り抜けるような構造になっているのですが、そこにこういった変形が起こると、空気の
流れに渦が生じ、これが刺激となって咳が出るのです。

また、リンパ節郭清に伴って、気道の粘膜が多少浮腫み加減になっていることも、この
ような「変形」に加担していると考えられています。この浮腫みのために痰も多くなりがち
ですし、それが風邪を引いたときに重くなりがちなことにもつながります。

「肺の手術でドレーンを抜く時にミスがあると」咳がでやすくなることがあるのは事実ですが、
そういう「ミス」によって体に生じた問題は、通常短期間のうちに自然に収まりますので、
そのために何ヶ月も咳が続くことはありません。ものごとを分っていない「健康診断の医師」
は余計なことを言って、患者さんと医師の関係に要らぬ不信を持ち込まないことです。

咳の出やすさは気道の変形の程度と、渦に対する気道の感受性の差、気道の粘膜の
もともとの状態によって違ってきます。まったく問題にならない患者さんの方が多いの
ですが、上葉を取った患者さんの方が気道の変形が強いため、咳に悩まされることが
多めです。また、喘息の方は感受性が高く、喫煙者は粘膜が浮腫みがちなので、その
ような患者さんは咳・痰に悩まされることが多めです。

このような咳は、いずれ気道が刺激に慣れてきて収まってきますが、その間、余計な
辛さを味わうのを避けるに越したことはありません。そこで咳止めを使いますが、普通の
カゼに使われるような咳止めでは不十分なことが多く、コデインのような麻薬系の薬が
必要になることが殆どです。このような薬は便秘になりがちという問題がありますが、
それは下剤を併用することで切り抜けます。このような咳止めだけでは治まりにくい方も
たまにいらっしゃって、ステロイドの吸入を併用して浮腫みを取ることが役立ちます。また、
冬場の冷たく乾いた空気は刺激が強いので、部屋の加湿、マスクの着用が勧められます。

このような対処で待っていただくと、3ヶ月ほどで落ち着いて薬をやめられる方が多い
ですが、中にはなかなか落ち着かず、1年ほど薬が必要だった方も私の20年ほどの
経験の中では1人おいででした。また、いったん落ち着いても、冬場で空気の刺激が強く
なったり、カゼで気道の粘膜が浮腫むとぶり返すことがあります。その場合は、また同じ
ように薬・加湿・マスクで対処します。

144 名前: にの 投稿日:2011/03/21(月) 11:22
肺癌外科医様ありがとうございます。
主人も咳があります。
それほどひどくはないのですが気になっていました。
ただ夕べは咳が多かったと言ってます。風邪かしらね。
今日は雨ですし散歩はなし。温かくしてマスクをして様子をみようと思います。

145 名前: 735 投稿日:2011/03/21(月) 12:38
大まぬけ3号様

コメントありがとうございます。
気持ちが楽になりました!
手術できた事に感謝し、これからも母を支えていきます!!



146 名前: 135 投稿日:2011/03/23(水) 01:14
肺外科医様

詳しく分かりやすいご説明を本当に有難うございます。
納得がいき、不安が解決致しました。

上葉全部と下葉一部を切除して1年になりますが
担当医ですら、咳の原因を今まで説明して下さらなかったので
健康診断医の言葉を信用してしまいました。
その為、ずっと不安を抱えておりました。

本当に有難うございます。
今後のご活躍もお祈りいたします。


147 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/03/23(水) 22:58
146135様
不安が解消されて良かったですね。
困ったことや悲しいことに辛いことなどは、第3者の意見をお聞きするのが一番です。
そして、それを全てゼロにするのはご本人なのです。
前向きに、人生を楽しみましょう!

148 名前: 146 投稿日:2011/03/24(木) 01:19
大まぬけさん、ありがとうございます^^
そうですね♪。・*


149 名前: にの 投稿日:2011/04/07(木) 21:33
4日の昼過ぎ夫(64歳2月15日に左肺全摘手術)が「胸がキリキリ痛い」といって横になりました。
1時間ほど休んだら治まったので病院へ。狭心症か帯状疱疹かもと言われました。
念のためと舌下錠(ニトロ?)を処方されましたが今日まで使用していません。

そういえば胸が痛くなる2~3日前から左の上腹辺りが赤くなっていました。
もともと皮膚が弱い方なので気にもしませんでしたので医師にも伝えませんでした。
病院から帰ってからみたらその赤み(少しぶつぶつあり)が広くなっています。
帯状疱疹だったのでしょうか。今日は赤みはうすらいでいます。

主治医が今週休みで来週月曜日に予約はしてありますが、明日病院へ行く方がよいか迷っています。
以前、仕事が変わったとき(日勤から夜勤のある仕事になった)に帯状疱疹を経験しています。

散歩や趣味の家庭菜園へとやる気が少しずつでてきていて食欲もあるのですが、やはり体力は落ちているのだなあと実感。
手術のあとの養生と体力回復って本当に大事なんですね。


150 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/04/08(金) 09:29
149 にの様
私もアレルギー体質です。皮膚薬を処方してして頂いた方がいいです。
術後は、いろいろと問題は生じます。
症状には出ない炎症が、多々あるのです。
風邪よりも、肺炎に注意しないといけません。

私は、右肺は約50%除去していますが、散歩はきついです。
ご主人は、左肺全摘ですから、ムリして運動はされない方が良いです。
腕を回したり、軽いスクワットなどのストレッチを
短時間でいいですから、意識的に行って下さい。
家の中を歩くだけでも、充分な運動です。
体力回復は、何年もかかります。気長にお過ごし下さい。

私のブログ 肺がんには負けない!を参考にしてやって下さい。
ヒントが多々あります。
http://oh-manuke.blog.ocn.ne.jp/blog/

151 名前: にの 投稿日:2011/04/09(土) 14:55
おおまぬけ3号様 早速の助言を本当にありがとうございます。
病院で軟膏と薬をもらいました。軟膏はすぐに痛痒さを解消してくれました。

ブログも読ませていただきました。
まだまだ分からないことがいっぱいあり参考になります。

今日学んだことは①無理は禁物②長い付き合いであること③ストレッチの大切なこと。
少しずつ賢い患者(正確には患者の家族)になりましょう!
だけど、癌って手強い相手ですねぇ・・・

152 名前: 735 投稿日:2011/05/18(水) 18:08
2月末に手術した母ですが、まだ咳が止まらずつらそうです。

お医者さまからは咳止めの薬を出されたんですが…あまり薬が増えるのも私はいい気分がしないんですが、みなさんはどうされてますか?

何かいい方法があれば教えてください・AZ6QHecw
proxy30066.docomo.ne.jp_DoCoMo/2.0 F05C(c500;TB;W24H16;ser352149042082270;icc8981100010562398298f)

153 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/05/18(水) 20:31
152735様
咳は、まだまだ続くと想って下さい。口の保湿が効果的です。
お風呂に入ると、咳は治まりますね。
睡眠時は、枕元に濡れたタオルを干して、室内を保湿して下さい。
顔にフェイスタオルを掛けて寝ると、効果があります。
埃や冷たい空気の吸い込みにも注意して下さい。
室内の清掃は大切です。

私のブログをご覧下さい。参考になるかと想います。
http://oh-manuke.blog.ocn.ne.jp/blog/

154 名前: 匿名 投稿日:2011/05/18(水) 21:37
>735様

私は昨年末に手術を受けましたが 最近ようやく咳が気にならなくなってきました。やはり咳止めを出されましたが、あまり効かないので主治医にも伝えて薬はのまずに過ごしました。咳がひどい間は在宅時でも寝る時も含めて常にガーゼのマスクをしていました。
あと食事の時に咳こむと大変なので、食べやすい物を食べていました。


155 名前: 投稿日:2011/05/19(木) 13:53
去年5月31日に開胸手術を受け6月21日に退院しました。昨夏は異常な
暑さのため8月頃までは午前6時頃散歩に出かけていました。
そのうち午前6時では暗いので外出をしなくなり、家でゴロゴロ
10月頃から近くを散歩するようになり、
やがて冬に、片肺なのでマスクが息苦しくてできません。
風邪を引くから冷たい風にあたらないように、人混みへ行かないよう
にまるでひきこもり状態になってしまいました。
今年の3月頃から腰痛に整形外科でMRIを撮りましたが異常なし、
単なる運動不足だそうです。
椅子に腰かけていても、寝ていてもおしりが痛くて、腰痛があって
術後の肋間神経痛もまだまだ痛いです。
術後は適度な運動が大切ですね。


156 名前: 735 投稿日:2011/05/25(水) 21:51
おおまぬけさん、匿名さん お返事いただきありがとうございます!!

早速試してみます☆
あまりに咳がとまらないのでまだガンが残ってしまっているのではないかと不安でした…

157 名前: 0243 投稿日:2011/08/20(土) 15:19
初めまして。何にも解からない年寄りですが、教えて頂きたく。

宜しくお願いします。7月に左下葉肺がんで手術しました。

退院後微熱と食欲不振で悩まされています。担当医に聞きますと。

三か月我慢しなさいとの事。本当に治るのか心配です経験ある方。

宜しくご指導お願いします、年齢が75歳です、


158 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/08/20(土) 19:44
157 0243様
80歳以上の方でも多くの方が、肺がん手術を受けられています。
手術は、うまく終えたわけですから、大丈夫ですよ。
肺炎になると、辛く回復も遅れますので、埃の吸い込みなどには注意して下さい。
大手術を、受けられたわけですから、手術前の元の状態に戻るのはムリです。
手術直後と比較して、良くなっていくのを感じて下さい。
焦っても、直ぐには良くなりません。
1年2年3年という長期なわたって、少しずつ良化していきます。
頑張って下さい。

159 名前: 投稿日:2011/08/22(月) 12:43
127様
私は61歳、昨年11月に肺癌ステージⅠAと診断され、右上葉、リンパ節を切除
し、手術をして6日目に退院をしました。
当初は咳が出て辛い毎日でしたが、主治医からは薬の処方もなく、6カ月位で
良くなると言われ、それを信じておりました。
咳は6ヶ月間を過ぎても出ておりましたが、7カ月目に入ると咳の出るのも少
なくなり、現在ではほとんど出なくなっています。
術後の運動は1カ月目位からウオーキングをし、6か月目位からは週1度の水泳
(1.5キロ)や週Ⅰ回マラソン10キロを走り、週2回のウエイトトレーニング
をしております。
8月上旬は、スイムラン大会に参加しましたが、水泳で苦しくなり500メートル
でリタイヤしました。しかし来年、再度挑戦するつもりです。
私の場合は、人並みの運動はできますが、運動をしていると呼吸が苦しくなり
ます。でも、その苦しさを乗り越えると、水泳やマラソンを続けることも可能
になります。
主治医からは、記録への挑戦は無理なので、楽しみなさいと言われております。
127さんも現在は、体調も良くなられたのではと思います。仕事もできますよ、
自分を信じて頑張ください。


160 名前: 山ちゃん 投稿日:2011/11/08(火) 09:28
はじめましてステージⅠAと診断されました(呼吸器内科)
その後呼吸器外科から連絡があり、手術にあたって元がかなり気管支側(手前)
にあるのでめったにやったことがない手術をするので説明したいと連絡がありました。
気管支鏡写真では3つ目の股の片方を塞ぐ形のがんの写真を内科の方に見せられましたが…。
ステージⅠAでもかなり難しい手術になるのでしょうか?
内科と外科では認識が変わるのでしょうか?
県では設備が整った方の「ほとんどが胸腔鏡補助下手術」という病院です。
胸開手術になるのでしょうか?
それとも呼吸器外科ではやはり稀な手術になるのでしょうか?
不安です。

161 名前: 山ちゃん 投稿日:2011/11/08(火) 09:41
↑すみませんマルチでした

162 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/22(火) 11:28
先週右上葉切除しました。少しずつ伸びるとは思うのですが、術前の普通の歩き方ですと200メートル程度で息切れします。昨日は階段上りで少し休んで再出発どころではない息切れを感じ(小学生の持久走並み)エレベーターに乗り換えました。これでは職場復帰はいつになるやら・・・通勤途中でグロッキーになりそうです。右上葉切除だけでそこまで苦しいのでしょうか?5-10%程度の減少と聞きましたが

163 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/11/22(火) 16:04
162 名無しさん
私は、右上葉摘出に右下葉部分切除で、2回の手術と
1回のラジオ波焼灼治療を受けています。
私の場合は、坂道とかは全然ダメです。
右手で鞄を持つということも痛くて、一年ぐらいはダメでした。
徐々に回復はしますが、焦らず気長にして下さい。
私は、以前縄跳びを10分程、毎日やっていました。
今では、3分程でしたら跳べます。
手術前と比較するのではなく、現在をスタートとして、
半年後1年後を比較して下さい。
手術前の健康だった頃は、過去の思い出としましょう。
肺炎防止のために、埃の吸い込みなどに留意して下さい。

164 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/22(火) 16:15
ありがとうございます。職場が肉体労働ですのでやや悲観的になってました。

165 名前: HT 投稿日:2011/11/23(水) 06:40
2年前に同じく右上葉切除です。

手術後2カ月経たないうちにテニスを再開。
半年後にはテニス大会に出てました。
違和感は、息が切れると少し回復が遅い程度です。

息切れに関しては、リハビリ(歩くこと)を
きっちり続ければ、大丈夫と思いますよ。
頑張ってください。

166 名前: 扁平 投稿日:2012/03/16(金) 23:08
2010年10月:右肩が痛くなり始めたが、毎週末テニスをやっていたのでその影響
 であると思っていた。実際、痛みは筋肉痛そのものであった。
2011年 1月:痛みは右上半身の様々な場所で起こる様になり、我慢できない程
 になった。
2011年 3月:検査により肺がんであることが判明。 >扁平上皮がん
2011年 5月:抗がん剤治療を実施。 >2回(日帰り)
2011年 6月:放射線治療を実施。 >20日間
2011年 8月:右上葉摘出手術を実施。 >肋骨2本切除
2011年10月:抗がん剤治療を実施。 >4週×2(入院)

2012年 4月:抗がん剤治療を予定。 >4週×3(入院)
 ※CTには写らず、PETで確認できる程のものがあるらしい。

手術前には年内から、年末には春先からテニスに復帰できるかと思ってましたが、
まだちょっとした運動でも息苦しさを感じてしまいます。
やはり術後1年くらいは激しい運動はキビシイのでしょう。
今は室内でマシン(リカンベントタイプの自転車)を購入して運動しています。

当方、48歳でブリンクマン指数は600以上でした。
千葉県内の大学病院で検査し、手術はKO病院で行ないました。
入院はおそらく24~25日だったと思います。

現在の症状は肋間神経痛があることぐらいです。咳や痰などは全く出ませんが、
くしゃみや鼻をかむときにとても胸が痛くなります。

今は運動できるまで回復するのか不安に感じながら日々暮らしていますが、
夏にはテニスがバリバリ出来ていること強く望みます。


167 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/27(金) 05:57
昨年会社の健康診断で肺がん発見されて手術しました。
普通の検診では当たり前のように胸部レントゲンを撮るし、肺がんは発見できて当然だ(実際は影があっても肺がんとは限らないが)
と思いますが、今の手術後定期的に病院で受けてるレントゲン&血液検査で他のガンは見つからないのでしょうか?
胃がんや大腸がんなど「確定ではないが血液検査で○○の数値が上がってるから他にガンがある可能性があるから
全身の検査をして下さい」程度とか。
この前の通院の時呼吸器内科の先生に聞いたが他の科の検査じゃないとわからないとおっしゃられました。(聞き方が悪かったかもしれませんが)

肺がん手術前のPETでは確かにガンのある肺の部位に光が集中してたが。
やはりがん検診を別に受けたほうがいいのでしょうか。

168 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/27(金) 08:14
癌健診で受ける胸部レントゲン検査では当然に発見できるわけではありません
また、血液検査では他の癌の有無を調べるような検査項目が入っていないので、こちらもわかりません

169 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/04/27(金) 11:15
167 名無し様

定期的な、胸腹部CT検査を受けられるかと思います。
胸腹部の異常は確認できますよね。
PET-CT検査は、私の場合、治療前のがんには反応しなくて
治療後の手術跡に反応しました。
精度の高い検査とは、言えませんね。
医師に、検査の必要があるのかをお聞き下さい。
心配な点なども、ご相談されると良いですね。


170 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/27(金) 13:26
>>167

>普通の検診では当たり前のように胸部レントゲンを撮るし、肺がんは発見できて当然だ(実際は影があっても肺がんとは限らないが)
と思いますが、

レントゲン検診というのは、本来、結核を発見するためのものであり、ついでに肺がんも見ているというのが実態です。
肺がんは進行が早いのでレントゲンに映るサイズに成長した時には既に転移していて手遅れになっている場合が多いのです。
にもかかわらず、患者や被験者にそのことを告げないのは「早期発見できなくてもかまわない」という未必の故意があると言われてもしょうがないでしょう。


171 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/28(土) 00:22
>早期発見できなくてもかまわない

ということではなくて、集団の中で癌を発見する割合とそれに要する
公費負担との兼ね合いで、どこらへんに着地点を見出すかというだけの
ことですね。


172 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/28(土) 02:08
しかしまあこれはこれで別カテゴリーでスレを立てるべき問題かもしれません。
誰も好きで癌になるわけでもない。有名な不治の病。「まさか俺がガンになんてなるわけない」
喫煙者でも口にします。がん検診も広まらず、症状が出た頃には手遅れ。
これが単なる健康食品を含むオカルト療法、先進医療とも代替医療とも取られるここで書くと叱責されるような
インチキ詐欺療法が跋扈する理由ではないかと思います。


173 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/30(月) 12:47
>>171

>公費負担との兼ね合いで、

言い訳がおかしいね。
CT検診にすれば確かに公費負担が増えるが、現状はそれ以前の問題。
まず、肺がんはレントゲン検診では早期発見できないという正しい知識を授けることが大事だろうが。
それを知れば、気になる人は自費でCT検診を受けることもできるわけで、公費うんぬんなど
は自分たちが知っていることを患者に教えないことを正当化する理由にならない。


174 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/05/01(火) 21:51
肺癌のような難治性の癌種の場合は、気になるからという程度の理由で
CTを受けることによるデメリットも考えないといけない。
また、CTを用いてもある程度の見落としは避けられない。

そもそも肺癌に限らず、癌の集団検診はどれもそれほど精度は高くはない
から、それが不満なら自腹で人間ドックを受ければいい。


175 名前: ガンコ 投稿日:2012/07/15(日) 21:47
1年半前に右上葉摘出手術を受けましたが、手術当日も術後も摘出した検体の写真すら見せてもらえません。電子カルテに入っている写真を一通り見せてはもらいましたが、肝心な摘出部位の写真はなく対応した医師も説明に戸惑っていました。
以前他の大学病院で摘出手術をした際には家族が摘出したものを見せてもらい説明を受けており、未だに納得がゆきません。
肺癌手術を経験された皆さんも私と同じく摘出部位の画像等は見せていただいていないのでしょうか?

皆さんの体験を教えてくださると助かります。

176 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/07/16(月) 12:02
>>175
こういうことは病院によってかなり違うと思いますが、肺の外科では写真は
ともかく、現物を見せるところは少ないのではないかと思います。肺では
肺の組織の中にがんが埋もれていることが普通なので、触れば、この硬い
ところが癌ですとお示しすることはできますが、癌そのものは見えません。
肺を薄く切って癌そのものを見るのは顕微鏡の検査部門に渡ってフォル
マリン(かエタノール)を注入された後ですので、生の状態ではお見せでき
ないのが普通です。見える状態にしたものは写真を撮りますので、それを
お見せできますが、電子カルテでない病院ですとカラーコピーを用意し
なくてはいけないので、希望しておかなければその場ですぐには見られ
ないでしょう。

177 名前: ガンコ 投稿日:2012/07/20(金) 22:06
>>肺がん外科医様

詳しいご説明ありがとうございます。
自分の癌がどのようなものなのか、遺伝子変異のことも含めてまた診察の際によく聴いてみます。
電子カルテの病院なので、今わかる情報は全て知らせてもらい納得したいです。


178 名前: はな 投稿日:2012/07/22(日) 00:27
71歳の父についてですが、肺腺癌ⅠAで昨年12月右中葉切除とリンパ節郭清の手術を受けました。
術後はUFTを飲んでいて、術後半年のCT検査も異常ありませんでした。

持病の高血圧と軽い脳梗塞は別の診療所で薬を頂いているのですが
診療所の方の医師が定期検査直後の胸のレントゲンの左胸の影が気に
なるという事で手術した病院に紹介状を持っていきました。
左の胸の影は手術の前にも昔のアバラの骨折の後だと確認していたのですが
診療所の医師は大きくなっている気がするとの事でした。
手術した病院はCT検査をしたばかりで、大丈夫だと思いますとの事でしたが
本人の強い希望で8月頭頃に再度CTを撮る予定です。

再検査の予約から、足のむくみ(右足くるぶしに水がたまった感じ)が
気になって仕方がないようです。
定期検査以外は診療所で受けるように言われているのですが、診療所では湿布
だけで様子を見ましょうとの事でした。
早めに手術した病院に診察も受けた方が良いかとも思っています。

父は術後、周りに手術したのか不思議に思われる程元気で、色々引き受けて
先日の選挙管理委員会の立会人も引きうけ、数日間12時間以上ジッと座って
いたのが原因のむくみとも思いますが…

肺がん術後の足のむくみは気にすべき症状でしょうか?



179 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/07/24(火) 13:43
178 はな様

足のむくみですが、ご自身で足のマッサージとかされていますか?
時々、つま先立ちを意識的にされては如何でしょうか?
こまめな水分補給で、排尿に心掛けることも必要かと思います。

180 名前: 見習い 投稿日:2012/10/01(月) 23:25
40代主人のことで相談です。
右肺下葉切除で 術後8日目退院
入院中は 順調な経過で こんなに軽くていいの?と思ったくらいでした。
ところが 退院した 翌日から傷の痛みを訴え始め
翌々日発熱38度まで上がったので 座薬で微熱まで下げました
3日めも微熱 相変わらず痛がる 手術跡を見ると 熱をもち腫れてこぶのよう
4日目朝 こぶが破れて液でパジャマが汚れてました これは普通じゃないと
本日主治医に相談 傷を開き膿を出し開放
した状態で 菌を出し切るとのことで 再入院となりました。

こちらの掲示板で 皆さん傷が痛むとのことだったので
痛がっていても自然の経過だと思っていました。
もっと 早く診て頂いていたら 再入院を避けられたのではとか
家の中の除菌をもっと真剣に取り組んでいればとか
救急を基本受けない病院で 緊急入院なんて そんなに危険なの?と
自分を責め 凹んでおります
膿を出す際 ピンセットで手術糸をとり出されていたので
ネットで検索すると 糸を異物として受け入れられない体質の人も
いるそうですね 主人はアレルギーがあり もしそうなら
まだ 肺にも糸はたくさん残ってるような気がして
ますます 恐怖・・・
傷がふさがらず 何ヶ月も開放して毎日ガーゼ交換している知人も
いますし 気分はふさぐばかりです

切除部の細胞検査の結果が これからなので そちらにばかり
気が向いてましたが まさかその山に立ち向かう前に
こんな事態になるとは・・・

似たような体験をされた方 いらっしゃいますか?

181 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/11/21(水) 22:40
1週間前、右上葉を摘出しました。(胸腔鏡下肺切除)現在傷の痛みは全く無いのですが
右大胸筋からワキの下にかけてやけどの様にヒリヒリした痛みが続いています。
これは時間がたつとともに消える痛みなのでしょうか?

182 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/11/22(木) 16:16
181 名無しさん

術後1週間で創の痛みがないというのは、今まで2回の開胸手術を受けている
私には考えられないことです。
ヒリヒリするとか突っ張った感じの痛みは、時間の経過というよりも
月々の経過で和らぐものだとお考え下さい。
冷気に当たったりすると、痛みを感じるかと思います。
お風呂に入っていると、痛みを感じないですよね?
私は、初回の手術からは5年以上経っていますが、
創痛や神経痛などは日々あります。
とても順調な回復だと思います。

183 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/11/25(日) 09:03
182さん

181です。丁寧な回答ありがとうございます。
痛みなどは長期的にあるものなのですね。
初めての手術だったので不安でしたが、参考になりました。
ありがとうございました。

184 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/12/06(木) 09:00
手術入院より一年経過。MRI頭部検査終了
「脳への転移はなく、レントゲンもきれい、種痘マーカーも正常値内」との事。
しかしMRIの断面図がパッパッと切り替わった一枚に星のような点々が散らばったような写真が見えた気がしたが…
あれは気にしなくてよかったのだろうか(汗)

185 名前: 184 投稿日:2012/12/06(木) 09:10
ある掲示板で脳への転移のあった人の身内が「映像で星のように小さなガンが散らばって」
という表現があったので気になりまして。
その他、手術後の傷跡(扁平上皮癌の開胸手術20数センチ程度)が外傷的痛みがたまにする。
最近激しい腰痛があり近所の整形外科で処置をしてもらいました。
背骨の経年劣化(椎間板の硬化による)と腰の筋肉の緊張によるものと診断されました。
昨年の手術後1~2ヶ月の範囲で何らかの薬のせいか血液検査のCK(筋肉の破壊)数値が常人の3~10倍、肝臓の数値も上がったということで
肝臓の薬をいただき、次回は正常になっていました。
個人的には痛み止めの薬が関係していたのではと自分で思っていましたが。
今回の腰痛でもしかしたら「筋肉の破壊」じきに減ってしまった腰の筋肉が緊張したのではと勝手に思い込んでいます。

186 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/12/07(金) 09:54
>>184-185
「背骨の経年変化」があるような方の場合、脳のMRで「星のような点々が散らばったような写真」が
示しているのはラクナ梗塞であることが普通で、心配ありません。これは、脳の細い動脈の枝
(穿通枝)が詰まってしまうことで起こる小さな脳梗塞で、直径 1.5cm 未満のものを言います。
四‐五十代から出始め、六十代以上では殆どの方に認められます。

手術の痛みは数年経ってもぶり返す方がけっこうおいでで、特に最近のように寒くなって傷周りが
冷えますと痛みがちです。温めることが対策の基本で、使い捨ての張るカイロがおすすめです。

CKの上昇は手術の時に筋肉を電気メスなどで切るために、筋肉細胞が壊れ、そこから血液中に
CKが放出されるために普通に起きることで、問題ありません。その他の肝臓の数値も、麻酔薬など
様々な薬が肝臓に与えた影響で動くことがしばしばあって、一時的なことに過ぎず、正常化した
今では無問題です。

今回の腰痛は整形外科で言われた通り「椎間板の硬化と腰の筋肉の緊張」による可能性が高い
です。まずは痛み止め・筋肉の緊張を和らげる薬で楽にしつつ、腰回りの筋肉を鍛えて行くことか
と考えます。

187 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/12/11(火) 07:01
ありがとうございます。主治医は信頼しております。良くも悪くもネット時代、迷信から最先端まで配信されてる時代ですし、
つい、気になる情報も掲示板で質問してしまいます(むしろ主治医に聞きづらい軽い質問も含めて)。

これもネット上の迷信でしょうがその部分からまた自分に当てはめて推測してしまいます。
昨年から爪の割れ方が異常です。縦ではなく横にぼろぼろ割れてきます。
職務で書類を扱ったり封かんのシール等を剥がしたりするのですが。
手が濡れた状態でも爪が柔らかくなるのかいきなり爪が反って(割れませんが)爪の表面に反った跡が残ってます。
元ネタは「がん患者はばち指になる」と言う話からなんですが。
これはガンの影響なのか、年齢的にそうなってくるのか、食生活のせいなのか悩んでしまいます

188 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/12/11(火) 07:55
ちなみに抗がん剤放射線を含む化学療法はしておりません

189 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/12/12(水) 09:24
>>187
「ばち指」は爪自体の性状の変化ではなく、指の先端が広くなり、爪の付け根の角度がなくなった
状態を指します。肺の病気など様々な状態で起きるもので、がん患者さんだからなるわけではあり
ません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B0%E3%81%A1%E6%8C%87

爪の状態については様々な要因が絡みますので、ご心配でしたら皮膚科を受診された方が良い
でしょう。

190 名前: 初めまして 投稿日:2014/10/17(金) 11:32
この掲示板を初めて知りました。今年の6月に肺がんの手術をし、左肺を全摘しました。ステージ2と診断され、化学療法を3クール終えましたが、副作用からなのか、今一番困ってるのが手足の冷えとしびれ、呼吸の苦しさ、腹の膨張感での食欲のなさ・体調が悪い状況が続いています。起きていると、息苦しさでつい横になってしまいます。あと1クール残っていますが、正直やめたくなります。同じ経験された方はいますか?

191 名前: 栄之進 投稿日:2014/12/13(土) 00:22
今年2月右肺下葉摘出、ステージ2A、一度退院し3月下旬より6月30日まで、抗がん剤治療4クール終了しました。
4クールめは、抗がん剤の量を減らしてもらいました。抗がん剤治療は苦しいものです。
しかし、病院にいるときは死ぬことはありません。耐えるしかないと思います。
仕事もやめ、療養に専念しています。復職することは、お勧めできません。友人のドクターは復職することは、命を削ることだと忠告してくれました。
風邪をひかないよう睡眠を十分とっています。



192 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/01/30(金) 20:10
ご意見ありがとうございました。私の場合、まだ子供が小さいので、働かないわけにもいかず、何とか仕事を続けています。体は手術後7ヶ月経過しましたが、再発もなく、体も大分慣れてきたというか、以前のような寒気や息苦しさもなくなってきました。

193 名前: 水玉かーさん 投稿日:2015/02/02(月) 16:12
こんな掲示板があったんですね!
四日前に上肺葉と中葉の一部をくさび型に切除しました。(迅速診断で腫瘍は良性だったのでリンパ節は触らず済みました)
三センチ大の腫瘍が健診で見つかり、すぐにCT→専門病院→pet検査→気管支鏡検査→脳MRIなどをして
気管支鏡では良性の細胞しか出なかったんですが、
十中八九肺腺癌だと言われて、早く手術しないと転移が始まってもおかしくないですよ!と言われたので即手術に。
仕事がいそがしく2月半から産休をとる人がいるからどうしてもその時期には回復して復帰しなきゃならないんですよ!と
言ったら、入院は術後一週間だし大丈夫ですよと言われたので、そのまま信じて、29日に手術して頂いたんですが。
今咳は出るし、傷は痛いし本当に大丈夫かと。皆さんの体験を読ませて頂いても、私はものすごい呑気者だったのか!と
ショックを押さえきれません。
とりあえず、ものすごく順調に回復したとして術後20日で仕事に行くのは可能でしょうか?
しかも立仕事なんですが…(T-T)


194 名前: 栄之進 投稿日:2015/05/03(日) 23:46
術後1年が過ぎました。4月24日、CTスキャンで異常は見られませんでした。
水のたまりもなく、今のところ順調です。この病は食事内容に気を付けるとよいと思います。
4足動物の肉はなるべく控えています。植物性タンパク質、豆腐・納豆を食べています。
魚も食べますし、竹輪もよいと思います。私は寅年ですが、兎になって菜食の比重を増やしています。
います。
水玉かーさん、お仕事順調ですか。立ち仕事は大変とは思いますが、疲労感はどうでしょうか。
疲労が過労にならないよう留意して下さい。

195 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2015/05/06(水) 12:47
昨年の6月に肺がんで左の片肺を全摘しました。5月間仕事を休み、12月から職場復帰しました。復帰した直後は痛みや苦しさを感じ、仕事を続けられるか、不安になり、本当に悩みました。精神的にも追い詰められました。
そして、今5月になって感じること・・ 全然大丈夫です。体調もすごく良く、仕事も順調です。あの時悩んだことが嘘のように
だから大丈夫ですよ

196 名前: パパが肺がん 投稿日:2015/05/08(金) 22:27
抗がん剤治療と並行して放射線治療をしてましたが、肋骨骨折、肺炎、真菌という事態になりました。
点滴してて真菌は消えることがなく、4クールするはずだった抗がん剤治療は2クール中止し、外科手術に踏み切るようです。
同じような経験のかたいらっしゃいますか?

197 名前: 栄之進 投稿日:2015/05/10(日) 00:26
この病は、ストレスをためないことが肝要と思っています。
気の持ちようで多少免疫力が向上するのではないでしょうか。
生き延びる可能性は高いと己に言い聞かせています。

198 名前: ルルちゃん 投稿日:2015/09/03(木) 17:49
私は8月3日に右肺上葉を切除プラスリンパ節郭清を行いました。取り除いた縦隔リンパ節の中に転移があったとの事でした。9月から抗がん剤治療を始める予定です。5日間の入院で2日目に、ビノレルビンプラスシスプラチンを、点滴で投与、5日で退院して三週間開けてまた入荷を4クール行います。このビノレルビンプラスシスプラチンの副作用は、どの程度のものなのかご存知の方教えていただけませんか、よろしくお願いします。

199 名前: 犬太郎 投稿日:2015/10/30(金) 21:58
 私は左肺の付け根にできる喫煙していたため今年5月に扁平上皮癌3cmと初めの検査で
言われましたが手術が6月15日5cmになっていました。左肺全摘出7月2日退院。
抗癌剤治療で1セット目は入院(毎週一回を3回点滴で1セットで1週休みで3セット)
今日3セット目の1回目の点滴を受けてきました。
 私はカルポプラチン(月1回)+アプラキサン(毎週3回)点滴を受けます。
 副作用は先生から受ける前に説明があります。もう受けたかな?
 私が今回で最終まで来ましたが、1回目からあった副作用を参考にお知らせします。
 まず2~3日目から便秘が始まり、吐き気が始まります。下剤を飲むと楽になります。
 その後口内炎、舌の先が痛くて味がわからない状態が1週間~2週間、3週間目以降
 髪の毛、眉毛、鼻毛、体毛が抜けてきます。鼻毛がなくなると嗅覚がおかしくなっています。
 白血球が低くなり1セット目の3回目は中止になりました。
 私は9月からフルタイムで会社復帰しながら治療を続けています。抗癌剤治療もなれてきますので
 休みには犬と1km~長いときで3km近く散歩に行ってます。
 前向きに頑張りましょう!!


200 名前: ゆうき 投稿日:2015/12/25(金) 22:02

235 名前: ゆうき 投稿日:2015/12/25(金) 21:59
79歳の祖母がステージⅡで、肺ガンの術後4カ月なのですが痰がなかなかでなくて苦しい咳を1日に3.4回します。定期検診では問題ないといわれましたが咳がなかなかとれません。とくに寒くなってからです。
入院中のような吸入器をするとよくなるのでしょうか(>_<)その場合生理食塩水でいいのでしょうか(>_<)

201 名前: ぽん吉 投稿日:2016/03/01(火) 20:23
ゆうき様 お祖母様はその後いかがですか?
私も昨年10月に左下の肺葉切除手術を受け、痰が怖くて退院時に携帯用ネブライザーを◯マゾンで購入しました。
気持ちのせいか、いくらかは役に立ちました。特に夜間の睡眠時に喉の奥が乾いてしまって、咳をすると激痛があったので、いつも枕元に置いて置きました。
主治医の先生は、「そんなの必要ないよ!」と言っていました。
でも、咳がうまくいかなくて、息がヒイーってなると本当に自分でも苦しかったです。
幸いにして退院後1ヶ月くらいするとほとんど痰がなくなったので、今は不要となりました。
使用したのは生理食塩水でした。
投稿からしばらく立っていますので、お祖母様はもうすっかり良くなっておられることを祈っております。


202 名前: みみ 投稿日:2016/07/21(木) 14:00
肺癌右側全摘出手術することなりすごく不安す。

203 名前: 三宅 投稿日:2016/11/13(日) 10:38
こんにちは私も16/7/26日に肺癌右側全摘出手術をして3ヵ月半立ちますが全身倦怠感だるさが取れなくて苦しんでいます。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]