がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肺がん末期の呼吸困難

1 名前: server12.janis.or.jp 投稿日:2005/02/16(水) 23:27
父が小細胞癌末期で呼吸困難に苦しんでいます。緊急時には気管挿管をお願いしてあったためか、14日晩には明日からでも挿管をと勧められショックを受けました。苦しいのが治まれば、まだ会話もできる状態なのです。もちろん断り、次の日には、ベットの上で手をまわして体操できるくらいになり、あの時、同意していたらと恐ろしくなりました。現在は吸引のための管をのどぼとけのところから入れたので少し楽になっていますが、これでも、一週間くらいで苦しくなるから、その時は眠ってもらいますイコール意識戻らずと言われてしまいました。モルヒネで一時的に眠ると言うことは肺がんでは即窒息死と言われています。それでは、苦しみを取るモルヒネ使用は安楽死と同義ではありませんか。それしか本当に方法はないのでしょうか。

194 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/06(日) 01:58
>>193

後悔しないようにと考えていたのですが、結局、私も後悔してしまいました。
どうしても死んでしまったあとで気付くことというのがあります。
だから、そうやってお尋ねになるのはよいことだと思います。

私がいちばん後悔していることは、母と添寝をしてあげればよかったということです。
「何かして欲しいことは?」と聞いても、母はいつも「特にない」と答えていました。
年老いた母は、本当はいつも手を握ったり、頬擦りしたりして欲しかったのです。でも、恥ずかしくて言えなかったのです。
死ぬ間際になってから、そのことに気付きました。もう遅かった。

195 名前: ゆきりん 投稿日:2011/02/09(水) 02:59
父が他界して7ヶ月が経ちましたが、未だ、病院の前を通る度、病室を見ては、まだ居るんじゃないかなぁーって思う事もあります。
子供達も、病院を見ては、ジジ上におった!って…

病院からの電話…朝方五時過ぎに、意識が無くなりましたって連絡頂いて、病院に駆け付けた時にはもう…
看護士さんの話では、モルヒネのせいか、錯乱状態で、少し落ち着いて五時くらい迄話をしてたらしいのですがわずか10分足らずで意識が無くなったっと連絡が…

駆け付けた時には酸素マスクをした状態だったのですが、酸素はすでに止めてありました。

実家から病院まで車で10分もかからない距離なのに…
急変…本当に最後を看取れなかった事に悔いが残ってます。

父は1人で旅立ったのですから…

今は父に会いたくて仕方ありません。

196 名前: はるママ 投稿日:2011/04/13(水) 22:15
肺ガンで父を二年前に亡くしました。骨に転移していたので腰の骨も折れ、足の付け根も溶けてなくなっていたので寝たまま食事を食べていました。余命宣告は家族全員があまりにショックでしたが父本人が1番辛かったと思います。

197 名前: ゆきりん 投稿日:2011/04/29(金) 02:11
はるママさんの気持ちは凄く解ります。

私も父の余命を聞いた時は絶対に認めたくありませんでした。

母に、余命を告げられても何年、何十年と頑張って居る人もいるからって言いつつ、私本人に認めたくないっと言う気持ちがあったんだと思います。

やっぱり余命を告げられると家族はかなり落ち込みます。

まして本人が余命を知ると…

お父様の当時の気持ちを考えると辛く切なく遣り切れない気持ちになります。

病気…本当に憎いですね。

198 名前: ゆきりん 投稿日:2011/07/30(土) 02:29
7月29日…

父が他界して一年が経ちました。

父の入院先からの朝方の連絡の時刻近くに不思議と目が覚めました。

一年経った今も父の面影を思ってます。

199 名前: ちい 投稿日:2011/08/08(月) 02:26
母が昨年末小細胞肺癌の為入院化学療法を行ってきましたが、
5月にこれ以上治療方法がないと言われました。
6月に入り歩行困難になりなんとか頑張って自宅で過ごしていましたが
歩く事も出来なくなり8/4に胸の痛みを訴え入院。
麻薬投与を開始しましたが開始2日後ほとんどしゃべれなくなり
余計痛みを訴えています。
延命処置について問われこれ以上痛い思い辛い思いはさせたくないと思い
何もしないで下さいとお願いしましたが本当にこれでいいのか皆さんの
書き込みを見て思い悩んでいます。
先生や友人ナースには肺癌で苦しんでる人に呼吸器や心臓マッサージは辛く
痛いだけだと言われました。
11月に赤ちゃんが産まれます。初孫を一目でいいから見てほしいとただただ
願います。



200 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/08/08(月) 11:58
199 ちい様
お母様は、大変な状況で心が痛みますね。
ご家族としては、何とかいうお気持ちがよく判ります。
私も肺がんⅣ期で、とても長い闘病生活です。
同じ患者として考えるのは、このまま楽になった方が良いと思うことが多々あります。
心臓マッサージなどは、弱った患部を更に圧迫させるわけです。
骨折するかもしれません。ご本人の辛さは、健常者の想像を超えています。

赤ちゃんの誕生は、お母様もお判りのことですから安心されていますよ。
私の父も、がん12年前に亡くなりました。
意識のない状態の、亡くなる3日目のことです。
大好きだった孫(私の息子)の「おじいちゃん」という言葉に、父は一瞬笑顔を見せました。
最期まで、お母様のご意識は必ずあります。
今やられることは、足をさすってあげたり、「元気な赤ちゃんを産むよ!」って
言葉をおかけ下さい。お母様の心には届きますから。

201 名前: ちい 投稿日:2011/08/09(火) 02:16
大まぬけ3号様
ご自身がとても大変な時に励まして頂き本当に本当に有難うございます。
今日までずっと泣くまいと必死に明るく振舞って来ましたが、
お返事を見てたくさん涙が出て来ました。
お父様はお孫さんの「おじいちゃん」の言葉にとても幸せを感じられたんですね。
最後まで母の意識はある。そうですよね・・・
今私と妹が母にしてあげられることを精一杯してあげようと思います。
大まぬけ3号様もお大事になさって下さい。
本当に有難うございました。

202 名前: マロン 投稿日:2011/08/24(水) 16:02
私も全く同じ立場です。昨年末母が同じ癌で余命3ヵ月から半年と宣告されました。最初母は抗癌剤治療を嫌がり、私も母に『好きな様にして良いよ…』と言いました。悩んだ挙げ句2月半ばから入院し治療が始まりました。副作用も無く順調に進んでいたのですが、7月半ばで治療中止になりました。肝臓の数値が上がり発熱を繰り返し、これ以上は抗癌剤治療は無理との事でした。小さくなった癌細胞が今又大きくなり呼吸も辛いみたいです。軽い肺炎も起こしており歩くのも動くのもやっとです。娘としては、見てるのも辛く悲しい気持ちでいっぱいです… どんなに孝行をしても悔いは残ると思いますが今出来る事を精一杯しよう!と思っております。そして本人の意思を一番に尊重したいとも思います。それが私にとって辛い事でも母の気持ちを一番に… 1日でも1分1秒でも長く生きて居て欲しいですね…あなたの辛い気持ち本当に良く解ります…お互いくじけないで時間を大切にして頑張っていきましょうね!!

203 名前: 203 投稿日:2011/08/26(金) 14:42
>>202

たいへん気になるのですが、お母様はその後、どうされているのですか?
抗がん剤の副作用で肝機能が悪化することはよくあることで、その場合は「強力ミノファーゲン」や「ウルソ」といった肝機能を改善する薬剤を服用することで、そのまま抗がん剤を継続することが可能です。
ただ、これをやってくれる病院とやってくれない病院があるのです。
もし、やってくれない病院の場合は、やってくれる病院に転院するか、あるいは、肝機能を改善する薬剤だけを別の病院で処方してもらうかの対応をされた方がよいと思います。
せっかく、抗がん剤が効いているのに、そんな理由で命を縮める必要はありません。

204 名前: ちい 投稿日:2011/08/29(月) 23:34
8月19日母は旅立ちました。
皮肉なことにその日は父の誕生日でもあり言葉を失いました。
私自身切迫流産中だった為付き添い看護は病院からNGが出ており母の最後に
間に合いませんでした。
最後は肺炎を併発しており脳転移の影響か私と妹のことがわからなく
なっていたようでした。
そしてあんなに楽しみにしていた初孫さえも私のおなかにいることが
わからなくなっていたようです。
けど、最後まで諦めず手と足をさすりながら、大好きだったネイルをしてあげながら
とにかくひたすらいろんなことを話しかけました。
意識がもうろうとしてるなかでも一生懸命話を聞いていた母の最後の笑顔が
忘れられません。
母の苦しみと痛みは想像も出来ないものですが最後まで弱音も吐かず
生きてくれた母にただただ頑張ってくれて有難うと泣きながら
伝えました。
私達にとって母は本当に太陽のような人でした。
私もこれから母になります。
母に近づけるよう強く優しくありたいと思います。
同じ状況におられる方がたくさんいて本当に心が痛みます。
1日、1分、1秒を本当に大切に過ごしてあげて下さい。

205 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/08/30(火) 00:21
204 ちい様
お悔やみ申し上げます。
ご家族の励ましに、お母様が笑顔で答えられたのは良かったですね。
人は、最期まで笑顔を忘れてはいけないのです。
大事な赤ちゃんを授かったわけですから、安静にされて頑張って下さい。

206 名前: りぃ 投稿日:2011/09/08(木) 20:30
6/19父の日、父から肺がんの疑いがある事を聞きました。
7/5、医師から正式に肺がんであると診断が下り、手術をしても効果は期待出来ず、抗がん剤の治療をしても、3割程度の効果であるとの事でした。
しかし、父は、その僅かな効き目でも、抗がん剤での治療をする事を選択しました。一緒に頑張ろう…そう言ってたのに。
7/5深夜、脳梗塞を併発しました。
右側マヒ、言語障害、えんげ困難の後遺症が残り、医師から、肺がんの治療は出来ないと告げられました。
それから経鼻栄養のために動く左手を拘束する毎日。
話す事が出来ないから分からないけれど、きっと体も痛くて、拘束もされて、吸引もされて、辛い毎日だったと思います。

昨日、皮膚への転移(腹の表面に腫瘍)が確認され、末期であると診断されました。
残り、1~2週間位かも…と言われています。
現在、療養病棟にお世話になっており、ホスピスに移る予定ですが、信じたくなくてホントに胸が苦しいです。


207 名前: 203 投稿日:2011/09/09(金) 13:53
>>206

>抗がん剤の治療をしても、3割程度の効果であるとの事でした。

三割の人にしか効かないという意味です。その三割の人がどれくらい効くのかはやってみないとわかりません。

>昨日、皮膚への転移(腹の表面に腫瘍)が確認され、末期であると診断されました。

腹膜じゃなくて、体の表面ということですか?
珍しい転移ですね。原発皮膚がんとは違うのですか?

脳梗塞の発症経過については書かれていませんが、入院が必要な疾病の治療中に脳梗塞を併発するというのはよくあることです。
それで治療放棄をされたのではたまりませんね。
症状からして、左脳をやられた典型的な脳梗塞のようですが、意識はあるようですし、今は良い治療薬もありますし、リハビリ術も進んでいます。肺がん治療をあきらめる理由にはなりません。

がん患者の場合、何か大きめの合併症を併発すると、「どうせ、そのうち死ぬんだから」とやる気をなくしてしまう医者が多々いるのです。
患者側としては、たとえ助からないとしても、「一度だけでも家に帰らせたい」とか「やり残したことをやらせたい」とか思うのですが、「そんなの知ったこっちゃない」という医者もいるのです。
文面を拝見していると、あまり、やる気のある医者のようには思えません。脳梗塞の治療とリハビリはちゃんとやってくれてたのでしょうか?
今からでも良い病院を探した方がよいと思います。ホスピス行きはその後でしょう。
本人はその状態では動くことも調べることもできないのですから、あなたが奮闘するしかないです。
なかなかその状態で受け入れてくれる病院は少ないでしょうけど、民間病院を中心に探すしかないでしょう。

208 名前: まさ 投稿日:2011/09/17(土) 18:04
私も小細胞がん末期です。体が動くのは正月ぐらいまでと先生に言われています。体が動くうちに、身の回りを整理しようとおもいますが、なにも手がつきません。怖いし毎日涙が

209 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/09/18(日) 11:51
208 まさ様
今やっておきたいことを、リストアップして、一日一日を大切にお過ごし下さい。
少しでも楽しくなるや気分が良くなることを、心掛けて下さい。
咳や筋肉痛などの症状も、薬剤や体をほぐすなどのコントロールを図って下さい。
涙は、がんが喜ぶだけです。最期まで、諦めてはいけません。

210 名前: まさ 投稿日:2011/09/29(木) 10:39
昨日から入院しました。来週からまた抗がん剤です。
私のからだどうなるのでしょうか
GRPが8月は82まで落ちたのに、
今は760まで上がっています。
今の状態は、背中が少し痛いのと、ときどき息苦しさがある程度です。


211 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/09/29(木) 11:28
210 まさ様
炎症反応のCRPですよね。
症状が弱くなった時は、免疫力が上回った時だと思います。
痛みや息苦しさが、抑制されているというのは、
体が余裕を持って力を発揮されていると、
お考えになれば良いのではないでしょうか?
攻めて治す!の心で頑張って下さい。
闘病は、常に気を改めるという繰り返しが必要だと考えます。

212 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/09/29(木) 22:33
CRPではなく、Pro-GRPじゃないかと思ってみたり。

213 名前: えいこ 投稿日:2011/09/30(金) 10:07
パートで働きに出ている嫁さんを支えています。兄の肺がん末期の痛みを見ながら辛いです。隣市に嫁いだ私はメール文で兄を支える事しかできず、ほんと、泣くしかありません。痛がる毎日で薬も効かなくなってきています。嫁さんが夜勤のある仕事をこなしながら毎日世話をしに行っていますが心身疲れきっていて可愛そうです。それでも頑張るマークをメールに入れてくれる嫁さんに頭が下がる思いです。楽にしてあげたい。毎日そればかり考えています。でも長生きもして欲しいです。兄の最後なんて考えられません。私達兄妹は幼少期から年老いた親を支えてよりそい生きてきました。苦労ばかりの人生しか知りません。ここにこて肺がんで終止符をうたれるなんて、兄の人生は辛すぎます。神も仏もないものかと思う毎日です。

214 名前: まさ 投稿日:2011/09/30(金) 10:20
すみません。Pro-GRPです。今日は昼に外出して、一人寂しく
食事に行ってきます。何を食べようかな
来週から抗がん剤アムルビシン今はなにもやることがないみたい
昨日緩和ケアについて説明を聞きました。
なんと表現したらいいのか分かりません。
自分の死が一歩一歩
たまりませんな

215 名前: えいこ 投稿日:2011/09/30(金) 14:25
まささん。こんにちは。頑張りすぎず、状況を乗り越えて欲しいです。私の兄も一人の時間が多いですよ。顔を見に行けるのはせいぜい週一くらいです。専業主婦で農家手伝いもあり同居家族に気を使うので隣市ですが簡単ではないです。心配で泣いてばかりですが、当人は、その家族はもっと大変と思い我慢しています。まささんのことを心配している親族は身を切られる思いでいるはずです。応援しています。共に乗り越えたいです。

216 名前: まさ 投稿日:2011/10/02(日) 08:36
昨日姉が突然来まして、食事に誘われてステーキをたべてきました。
久々に美味しかった。でも、昔と違いなんと姉が強引になってきたと思いました。
横柄なしゃべり、あの態度先生、看護師さんすみません。幼いときにはいい姉だと思っていたが、
義兄ご愁傷様です。明日から抗がん剤がんばろう!
                                         

217 名前: ひで 投稿日:2011/10/03(月) 16:55
皆さんの書き込みを見て、涙が止まらない、同じように両親を亡くしたものです。
父の前立腺がんが、肺に転移し、幾度となく生死をさまよい、その度に一喜一憂を
繰り返しているころに、母の肝臓がんが発覚。二人は別々の病院に入院し、毎日
二つの病院を行き来する毎日でした。そうこうしている間に、母の様態が急変し昏
睡状態となり、その二日後に天に召されました。悲しみを堪えながら、父はと言
うと、胸水が両肺に溜まり、呼吸困難な状態にありました。父は、母の死を知りま
せん。しかし、父は何かを感じたかのように、「早く楽にしてくれ!天国からお
迎えが来ていると、しきりにうわ言のように言っていました。

そんな父も呼吸状態が著しく悪くなり、苦しみからかベッドで暴れるようになり、
ドクターにモルヒネの投与をお願いしました。モルヒネ投与から、父の顔に穏やか
さが、戻ってきた翌日に、眠るように息を引き取りました。

親族を失う胸中が、これほど過酷なものだとは、夢にも思いませんでした。
しかし、今改めて二人の遺影を見ていると、二人からこんな声が聞こえてきました。
○○(私の名前)!人とは、この辛い試練を乗り越えるようにできているんだよ。
乗り越えることで、大きく成長すると同時に、人に優しくなれるんだよ」と・・

どこかのドラマでも使われていた言葉で「神は乗り越えられない試練は与えない」。
やがて、自分もいつか同じ立場になると思います。その時、両親のように後に残され
た人たちが、同じように感じてくれればと、願いながら生きております。


218 名前: りきママ 投稿日:2011/10/24(月) 16:37
主人が 肺がんステージ 3Bを告知されて 1か月。 抗がん剤治療に望みを託し、
入院。 脳梗塞がみつかり 絶対安静といわれております。
どうなるものか、毎日いろんなことが発見されて頭がパニック状態です。
本人にまだ これといって苦しいことが起きていなくこれが幸いかと・・
でもだからなお辛いのか…とも思います。 私が頑張らなくは、と思いますが、
どうしたらよいか、考えると 心臓が締め付けられる思いです。
でも前向きに、あきらめずに本当に「神は乗り越えらえない試練は与えない」と
いう言葉を信じていきます。 
たくさん同じ境遇の方がいるんだと 主人が大病になり始めて感じました。


219 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/10/25(火) 11:37
頑張らないでよ
いろんな方々に助け求める事も選択肢です
頑張りすぎちゃあ駄目ですよ

220 名前: がや 投稿日:2011/11/03(木) 15:45
みなさんの話を見ていますと、自分も頑張らなきゃと勇気をもらえます。
7年前に余命2年といわれ(乳がん再発)、骨に転移いて 肺までにきました3か月前に余命を再び宣告され先日入院しました。あと2~3日といわれ今日で5
日目になります。現在はモルヒネで痛みを和らげています。
酸素量は12です。取りすぎではないかとおもっています。そのせいで母は楽になっています。
まだ少し話が出来るじょうたいです。ドクターは酸素の事は分かってあえて母の痛みを考えてしているのでしょうか?
前スレで取りすぎは良くないとかかれていましたので、
長文すいません



221 名前: しょう 投稿日:2011/11/05(土) 23:37
はじめまして、50半ばの一人もんです。小細胞がん末期です。
先週から実家に戻って、居候しています。死に場所を探して
最終的に実家に戻った訳です。来年早々にも体が大変になると先生から、
言われていますが、居候の身は今が一番辛いかも
今のところ呼吸が少し大変な時がありますが、生活には支障はありません。
さて申し訳ありませんが、一番心配なことがあります。
それは最後どのような症状が現れ、苦しまないようにどのように対処したのか、
もしよろしければお話を、お聞かせください。以前呼吸困難で苦しんだ経験あり、
あのような苦しみを、二度としたくはありませんから。




222 名前: ゆきりん 投稿日:2011/11/10(木) 02:23
父が亡くなって、早いもので一年3ヶ月が経ちました。

父が体調が悪くなり、病院へ行った際(母も同伴で)ドクターから、長生きは行られない!っと言い放ったらしいです。

その日、父は食事が出来なかったらしく、凄く母も落ち込んでました。

その事を弟に話したら、直ぐにドクターに連絡して話をしたそうです。でも、ドクターは、私は永い事医者をしてるが、そんな事を言った事は一度も無い!っと言い放ったらしいです。

父は、その話を聞いて、急激に悪くなって…入院…そして、ドクターが話した月に亡くなりました。

父は治療方が無く、でも頑張って生きろうとしてたのに、ドクターの一言が、精神的に…。

私は一生涯ドクターがいい放った言葉を忘れません。
○○鉄八幡病院の今永先生…

部長までしてる貴方は何故患者の気持ちも解らず、そんな事を言ったのが…

話しても水掛け論で、医者にはかないませんから…。

ても言われた父、母はかなりの落ち込み様でした。

ドクターの皆さん、簡単に人の死を口にして欲しくないです。

223 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/11(金) 16:26
医療以外でも
言った、言わない
は、よくある事
あるタイプの人間は
平気で自分の発言した事をお忘れになりますからね
私なんて、以前
あなたの聞き間違いでしょう
と、サラッと言われましたから

224 名前: ゆきりん 投稿日:2011/11/14(月) 09:40
223名無しさん…返答ありがとうございます。
どこにも人の気持ちを解らない人って居ますよね。


ですが、その当時の父の気持ちを考えると遣り切れない気持ちです。

父は肺ガンが見つかり、同時に血液の病気もみつかって、肺ガンの治療をすると、血液の病気が白血病に移行する…その確率は9割りと言われ、ただ月一の定期検診をするだけで、2つの病気の治療は全く出来ませんでした。

そんな父にドクターが言った一言…あまり長生きは出来ないやろ~…

父と母の初めて見る落ち込んだ顔…まだ覚えてます。

本当に酷いドクターです。

225 名前: りく 投稿日:2011/11/16(水) 21:36
初めて書き込みをします。
今月頭、母が肺がん末期で余命3ヶ月を宣告されてしまい
まだ頭の中の整理がつかずにいる者です。
母のがんは全身に転移し、腰に大きな転移箇所があるので
歩くこともおぼつかないような状態です。

つい先月までは大きな声で笑っていたのに
随分と痛みを我慢していたのだろうと思うと
涙が止まりません。

きっと、母もショックを受けているのだろうに
家族を気遣ってか痛みがない時は散歩につれて行ってとか
あれが食べたいとか言ってくれるのですが
やっぱり痛みは酷いようです。

この先、皆様のレスを読む限りでは
呼吸困難などの症状が現れるのですね・・・。
私も覚悟しなくてはいけませんね。

今まで、沢山心配をかけてしまったから
私にできることはすべてしてあげたい。
一日でも、一分でも一秒でも長く
母との時間を過ごせたらいいと願う毎日です。


ゆきりんさん>>
医師ってどうして無神経な人が多いのでしょうね。
私の母も最初、肺がんと診断される前に足が思うように動かなくなった事で
整形外科にかかったのですが、そこで
何でもないことのように

「あー、肺がんの末期だね。うちで治療できることないから呼吸器内科行って。」
と突き放すように言われました。
確かに整形では畑違いなのでしょうし
できることもないのかもしれませんが
もう少し気を使ってくれても良いのではないかと
後になって腹が立ってしょうがありませんでした。
その時はショックで呆然となってしまって
あ、そうですか。としか言えなかったんですけどね。

大きな病院の場合(うちの母の場合は某大学病院でしたが)
患者数が多い事もあって麻痺しちゃうんでしょうかね。


226 名前: まる 投稿日:2011/11/21(月) 21:44
りくさんへ。

うちの父も肺小細胞癌と診断されたとき、担当医に
余命が長くて1年といわれました。
その1年は、好きなことができますか?という私の質問に

「いやいや、まあこの先頭か肝臓か骨に転移して・・
あ、骨は痛いねー、尋常じゃなく。」と半笑で
言われました。

人間じゃないと思いました。

今、父は放射線治療による間質性肺炎でとても危険な状況に
あります。
苦しそうで見ていて本当に辛いです。毎日泣いています。

りくさんのお母様がどうか、少しでも苦痛のない
治療がありますように祈っています。

お互い辛いですが、がんばりましょうね

227 名前: りく 投稿日:2011/11/23(水) 19:05
226 まるさん>>

お父様が危険な状況にあるとのこと、心配ですね。
家族が苦しい時、何もしてあげられない事がとても辛いです。
できる事なら代わってあげたいとさえ思います。

患者が痛い時、家族も同様に苦しいのだという事を
理解できていない医者が多いように思います。
慢性的な医師不足なのでしょうし、日々多くの患者を診ている医師の
感覚が麻痺してしまうのも、仕方のない事なのかもしれませんが
医師にとっては大勢いる患者の一人でも私たちにとっては
かけがえのない家族だって事を忘れないで欲しいものですね。

まるさんのお父様が肺炎を乗り越えてくれる事を祈っております。




228 名前: レモン 投稿日:2011/11/25(金) 13:40
1週間ぐらい前にあたしの彼氏が癌で余命1ヶ月と宣告されました。

なかなか会える距離ぢゃなく、電話ぐらいしかできません

2、3日前から夜に喘息が出て意識なくなるとゆっていました

彼の家族によると彼の心拍数わ一回ゼロになったそうです

いつ喘息がでるかわからず
いつ死んでもおかしくない状態なんですが私わ彼を失いたくないです

でも何をしてあげればいいのかわかりません


229 名前: 投稿日:2011/11/25(金) 22:03
はじめまして。

祖父が余命あと1週間で入院中です。鼻カニューレに酸素マスク、心電図にサチュレーション、点滴にモルヒネのルート…。
もう辛そうで見てられない状態です。

毎日祖母とお見舞いに行きますが、ルートを引きちぎったり酸素マスクを外してしまったり、痛みと呼吸苦で暴れてしまい、医者からモルヒネの投与を進められ昨日から投与を始めました。
祖母も祖父のことで気がまいってしまい、鬱状態になってしまいました。

医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。
よかった。今日は起きてる。明日は起きてるかな?いつまで起きててくれるのかな?と思うと、モルヒネを了承した自分が祖父を殺してしまっている気分になりました。

祖父は早く治って家に帰りたいと言っており、このまま意識を無くしてしまうのは祖父の意思に反するのではないか、しかし痛みが強く、モルヒネを投与しなければどうしようもないという状況です。
祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。


明日は生きていてくれるでしょうか。明日はまだ起きていてくれるでしょうか。
自分の判断は間違っている気がしてなりません。
悔いが残らないようにと言いますが、何をしても後悔が残ってしまいます。

来年から看護師として働くのですが、こんな辛い思いをする仕事とは思いませんでした。祖父に何もしてあげられず、何のために看護師になろうと思ったのか、何の役にも立っていないじゃないかと自責の念にかられます。

愚痴だけをこぼす形になってしまい申し訳ありません。


230 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/25(金) 23:16
>>229

>医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。

なんと申しましょうか、それが普通の判断だと思います。
ただ、

>祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。

これはまずいかも知れません。
おじさいさまとおばあさまは夫婦なのですから、話すべきではないでしょうか。

>来年から看護師として働くのですが、こんな辛い思いをする仕事とは思いませんでした。祖父に何もしてあげられず、何のために看護師になろうと思ったのか、何の役にも立っていないじゃないかと自責の念にかられます。

しかし、そういう経験を持った人が看護師になっていただくのは患者としてはありがたい話です。
この先、人の死に慣れてしまって感覚が鈍感にならないように注意していただきたいと思います。


231 名前: りく 投稿日:2011/11/29(火) 02:00
>>229

私の母は余命3ヶ月と宣告されてから一ヶ月が経過しようとしています。
まだ抗がん剤の治療も始まっておらず、痛み止めを服用していますが
吐き気が強く、背中をさする事しかできない自分がもどかしく思う事が多いです。
いずれ、私もモルヒネ点滴の選択を強いられるのでしょうが
きっとMさんと同じ選択をするのだろうと思います。
痛みで苦しむ姿を見るのは辛いですし、あまりにも可愛そうですから。

それから、これはガンとは関係ありませんが
私自身腎不全を患い、入院、一生透析生活となった時
明るい看護師さんにどれだけ勇気付けられたかわかりませんし
泣いている私の母にもやさしい言葉で励ましてくださったそうです。
Mさんはご家族の気持ちも経験として分かってくださる
イイ看護師さんになられると思います。
どうか、頑張ってくださいね。

232 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/30(水) 17:52
今日 最後の親孝行で 母の葬儀が終わりました   見るもの 触れるもの 母を思い出しては涙が止まらず 苦しいです

233 名前: 肉親は母一人 投稿日:2012/02/24(金) 06:47
数年前・・市町村健診で肺がんが発見され・高齢の為放射線知調も。抗がん剤の適用も無く、投薬と1~2度昔から見て頂いている診療所に通っています

癌が見つかりがんセンターでは入院放射線『ピンポイントの放射線が大阪で一か所だけあるそうです』保険適用外何で信じられない高額です

肺は放射線当たりにくく・・当てるなら『ピンポイント』が一番いいらしいですが・・

患者が身体的に受ける打撃も大きいらしく。。

『近くの主治医の先生は』高齢の母には向かないと・抗がん剤も母には耐えられないとのこと

『幸い高齢なので進行はそんなに早くないだろうから、緩和剤と健康維持の注射や点滴を週1~2回で様子を見守るのが一番いいとの意見でした』

一週間位前から母が幻聴、が聞こえ出し病院へ、薬1つ増やし

主治医から病気が頭・他にも回って来てるので後2~3カ月と・・・・

ギリギリまで自宅で暮らせるだけ暮させてあげて・最終的に入院をと・・・

入院イコール旅立の為の入院で5日~1週間で・・・

今私が何かできる事は無いのでしょうか、母に何をしてあげれば・・・

私は働かなければ生活は一日も成り立ちません、母には告知すべきなのでしょうか?

234 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/02/24(金) 12:21
233 肉親は母一人様

お母様は、ご自身の状況については、体内サインでお判りのはずです。
自宅での療養は、大変なことです。
お勤めの関係で、病院での緩和治療についてのご相談を主治医になさって下さい。
やるべきことと悔いの無いように、励ます言葉掛けや好きな食べ物を
食べさせてあげたりなさって下さい。
頑張って下さい!

235 名前: hiro 投稿日:2012/04/08(日) 07:26
MMSというサプリメントは御存知ですか?
判断は自己責任ですが、一応リンクを貼っておきます
http://www.vernisaj.com/wordpress/

236 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/08(日) 14:27
サプリ禁止だから、ここは

237 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/09(月) 00:22
>>235
注意喚起されているMMSを貼らないように。

カナダ保健省
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1423.html
米国FDA
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1493.html

238 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/23(月) 20:36
母は肝臓癌で死に、今度は父が肺がんです。
これからどうしよう。

239 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/05/27(日) 17:35
父がいるのが当たり前で、末期癌を宣告されても割と元気だった父に
何もしてあげることができなかった。
仕事も最後までやり遂げたいと、亡くなる数日前まで会社へ行っていた。
体調が急変して入院してお見舞いに行った時には、変わり果てた
父の苦しむ姿に涙が止まらず、しかしどこまでも前向きだった父に
涙は見せてはいけないと、暖かい言葉をかけたくても余りかけることができず
自分の無力さに後悔がつのるばかり。
いつものように玄関の鍵をガチャリと開けて、帰ってきてほしい。

240 名前: ぽぽ 投稿日:2013/05/10(金) 09:35
昨日父の余命を聞きました。まだ父には告知していません。医師から治療はもう、何も出来ない、あとは痛みを取る事だけ…と言われました。昨年肺癌判明わ直ぐに1
~2カ月に渡る放射線治療して、腫瘍が小さくなったので退院。暫くは、元気に過ごしてきたが、昨年まつから、咳痰が増え、呼吸困難、肺炎発症し入院繰り返す。定期的に肺癌観察していて、今年の2月まではあまりかわらない診断、昨日の診察で腫瘍が大きくなってる。治療は何も出来ない!はぁ?なに?って感じでした。あげくのはてに余命宣告。父も薄々感じ取っているみたいでわ弱気な発言ばかり…元々、喘息持ちで、じん肺からの肺癌!他の病院に変わっても、治療はしてもらえないのか…痛み取るしかないのか…どうしたらいいのか、分かりません。父は76歳。母は17年前に乳癌で他界。

241 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2013/05/10(金) 11:48
240 ぽぽ様

厳しい状況が続くかと思いますが、家族としてできることは
お父様が食べたい物を食べさせてあげたり、
体をさするなどのマッサージで、少しでも気分良くさせてあげてください。
最期までご本人は、精一杯生きることに頑張られるはずです。
病状が進んで意識不明になられたとしても、励ましの声掛けは大切です。
お辛いでしょうが、今を大切になさってください。

242 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/05/10(金) 14:09
>>240

>今年の2月まではあまりかわらない診断、昨日の診察で腫瘍が大きくなってる。治療は何も出来ない!はぁ?なに?って感じでした。

どのような経過観察が行われてきたのかにもよりますが、残念ながら、その手の見落としの類いの話はよくある話です。

>他の病院に変わっても、治療はしてもらえないのか…痛み取るしかないのか…

病院にやる気がないなどの不信感をおぼえたのなら、当然、他の病院を探すべきでしょう。
ただ、日本のがん医療では早期発見された場合は世界でもトップクラスの医療が受けられるのですが、早期発見されなかった場合は一転して先進国でも最低水準の医療しか受けられません。
しかも、老人となると、さらに医者のやる気がなくなります。
さらに、呼吸器内科に回されているのなら、これまた、やる気のない医者が多い診療科なのです。
よって、やる気のある医者を探すには方々の病院を当ってみる必要があります。
内科医はやる気がない場合が多いので、内科的治療であっても、あえて、外科医に依頼するという人もいます。


243 名前: ぽぽ 投稿日:2013/05/10(金) 14:35
424:名無しさんありがとう。兄とも話したのですが、まず、本人の意思を最優先、治療を希望するなら、他の病院連れて行こうとかんがえてます。ただ、現在じん肺訴訟して、国からの援助受けてる状況。資金具利は厳しい状況もあります。それに、今まで、じん肺の方で、長いこと苦しい思いをしてきた父にこれ以上は苦しい思いをさせるのも…私の意地で他の病院つれついってもと、悩んでます

余命に関してはまだ、父はしりません。伝えて身辺整理をさせるか、今まで、父一人でしてくたので、私達は何もわからず、施設に父の母も健在していて…


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]