がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>アスベスト

1 名前: 4989 投稿日:2004/09/24(金) 22:44
 CT検査とPET検査で、左肺に影有り。
切ってみないとわからないけれど、「高分化型腺癌」の可能性有りと診断されました。

 煙草を吸わない、酒も月に1~2回の私が、何故?
原因は、何か?
ストレス・遺伝?

 電電公社・NTTの仕事をしていた、1980年~1988年の間、耐火工事に使用されていたアスベスト(石綿)を思い出しました。
フロア違いのケーブルを敷設する時は、耐火ホールを開け、石綿を取出し、ケーブルを敷設するのですが、ケーブルホールの下でケーブルを受ける役が多かった私は、アスベストを吸い込んでいる可能性があります。

 アスベストが原因の肺癌って、何か、特徴はあるのでしょうか?



2 名前: 774 投稿日:2004/09/25(土) 12:31
肺の組織に石綿小体など、アスベストの被爆による変化を認めます。

3 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/09/25(土) 16:56
>>1

中皮腫・じん肺・アスベストセンター
http://www.asbestos-center.jp/



4 名前: 4989 投稿日:2004/09/26(日) 23:20
774様

 レスありがとうございます。
早速、ネットで調べてみましたが、無知故、よく理解できませんでしたので、改めて、所がありますので、質問させていただきます。
 
>肺の組織に石綿小体など
 肺のどこかに石綿が残っていることでしょうか?
それは、検査でわかることものですか?
それとも、斬って、みないとわからないものなのでしょうか?

>アスベストの被爆による変化
 アスベストの被爆とはどのようなことでしょうか?





5 名前: 4989 投稿日:2004/09/26(日) 23:29
3 名無しさん@癌掲示板様

 HPの紹介ありがとうございます。

 全国には、数百以上の電話局があり、80年代・90年代は、石綿が使われたいたので、少なく見積もっても数百人の同業者が、石綿を吸っていた可能性があります。
他の会社の人はわかりませんが、一緒に仕事をしていた仲間の健康状態がどうなっているか興味あります。
しかし、危険な仕事は、末端の下請けがやる為、消息を探すことも難しいような気がします。
早速、『加入者名 中皮腫・じん肺・アスベストセンター』に入会してみようかなと考えています。




6 名前: 774 投稿日:2004/09/26(日) 23:41
石綿小体の確認は組織病理検査で行います。手術による切除肺組織や
肺生検などの検査で得られた組織から検索します。
アスベストの被爆とはアスベストの吸入とご理解ください。
3.名無しさんのレスされたHPをご覧になると、我々の周囲には今もなお
アスベストを使用した部材がいかに多いことかが分かります。
非加熱製剤に対する対応を持ち出すまでもなく、危機管理の意識が
非常に希薄で、また対応がいかに遅滞しているかがお分かりになるのでは
と思います。

7 名前: 774 投稿日:2004/09/27(月) 12:24
追記
余計なことかもしれませんが、現状では”肺癌疑い”に対する迅速かつ妥当な対応が
急務と思います。まず、組織検査(気管支鏡下細胞診や組織診、胸腔鏡下組織診など)
での確定診断に基く適切な治療法の選択が重要です。
組織学的に高分化型腺癌で、StageⅠAの状況であれば、手術による5年生存率
80%前後、施設によっては94%という良績を公開しているところもあります。
これは胃・大腸癌のStageⅠ・Ⅱでの手術成績に匹敵する良績です。
肺癌の場合も治療施設により治療成績の格差が指摘されていますので、肺癌
治療実績のある施設選びが重要です。

8 名前: 4989 投稿日:2004/09/30(木) 22:43
774様
 親切なアドバイスありがとうございます。

身辺の整理も、だいたいつきましたので、本格的に対処したいと考えています。

>組織検査(気管支鏡下細胞診や組織診、胸腔鏡下組織診など)
>での確定診断に基く適切な治療法の選択が重要です。
 素人でお医者様の言うことを判断する基準を持ち合わせていませんが、上記の検査は、私を診断したお医者様が言った、「体の3ヶ所に穴を開け、・・・・、最低、検査に4日間かかります。・・・・」とは、違うみたいですね。
あの時点では、仕事が忙しく、とても4日間も休める状況ではありませんでした。
>肺癌の場合も治療施設により治療成績の格差が指摘されていますので
 私は、都内に住んでいますが、肺癌手術に実績のある病院をご存知でしたら、ご紹介してくださるようお願い致します。


9 名前: 4989 投稿日:2004/09/30(木) 22:53
追記

 例えば、5年後の生存率80%の場合。
80%組と20%組の分かれ目は、何処にあると思われますか?
 
 

10 名前: 774 投稿日:2004/09/30(木) 23:51
「体の3ヶ所に穴を開け・・」は胸腔鏡下組織診のことです。術中迅速
病理検査により悪性なら定型的な肺切除+リンパ節郭清を、また良性なら
そこで終了し、3箇所の切開創を閉鎖して最小限の浸襲で検査を完了させよう
とするものです。
都内なら、国立がんセンター、癌研、三井記念、都立駒込などをはじめとして
多くの選択肢があります。
同じⅠA期の非小細胞肺癌でも腫瘍が小さいほど、腫瘍の局在が気管分岐部より
離れているほど、臓側胸膜への直接浸潤が認められないほど、部分的無気肺を
合併していないほど術後の予後が良好と考えられていて、そのために早期発見
早期の手術が推奨されているわけです。予後の分かれ目はこのあたりにありそう
です。
もちろん例外的なケースや他の予後を左右する要因もあるとは思いますが・・・。


11 名前: 4989 投稿日:2004/10/01(金) 00:33
774様
 早々のお返事ありがとうございます。
あの時のあの説明が、「胸腔鏡下組織診」だったんですね。
「手術の2日前に、入院し、諸々の検査をし、良性だったら、術後1日、様子をみて、4日で退院できます。」
「悪ければ、左の肺全部摘出となります。その場合は、10日くらいの入院となります。」
「術後は、皆さん、どのような生活を送られているのでしょうか?」
「マラソンを出来るまで回復された方もいます。」
最悪の場合を想定したら、とにかく、周囲に迷惑をかけないよう、仕事等身辺の整理を心がけてきました。

>国立がんセンター、癌研、三井記念、都立駒込
 どこで病理検査を受けるべきか悩みます。

 そこで、お尋ね致します。
もし、774様が癌にかかり、手術を受けるとしたら、何処の病院を選択しますか?
北海道でも沖縄でも構いませんので、判断の根拠を含め、聞かせて頂けませんか?

12 名前: 774 投稿日:2004/10/01(金) 15:50
上記施設等であれば、いずれの施設でも十分な治療が受けられるものと
思います。もし手術となった場合、いずれも、肺癌治療症例数、肺癌手術の経験数、
術中迅速病理診断や術前術後の集学的治療などの面、術後予後などを総合して十分
選択に値する施設と思います。中でも、国立がんセンターということになる
のでしょうが、あとは、診断・治療の本質とは離れた、診断・治療までの待機時間、
通院・入院に際しての利便性などでご検討されればと思います。

13 名前: 4989 投稿日:2004/10/04(月) 22:53
774様
 丁寧なアドバイスありがとうございます。
私の求めていた回答と異なりますが、このような場所では、差障りの無い文章が大切だと思います。

 

14 名前: roro 投稿日:2004/10/09(土) 13:58
がんセンターは手術は積極的にします。
成績も良いでしょう。
ただし、その後のfollow upはけしてほめられるものではありません。
癌治療は長期的な経過観察も必要ですし、利便性なども十分検討する必要があります。
今現在、ある程度の施設であればそれほど手術成績に大きな差はないと思います。
それと、がんセンター受診時はかなり厳しい話を聞かされると覚悟してください。

15 名前: さとみ 投稿日:2004/10/11(月) 08:41
私は18の高校生です。先日、いつものように学校から帰ってきてうがいをしていると血が出ていました。私は昔から鼻血はよくでるほうなのですが、なんだかいつもと違うようなんです。いつもは『なんだ、鼻血か』ですますのですが、こんかいはいつもと違うようなものが出てきたので『血のまじったたん?』と思いかなり心配しています。あれから数日たちましたがまだ心配しています。そこで、みなさんに質問なのですが血のまじったたんが一回でも出るとそのあとはずっと出続けるものなのでしょうか?ちなみに私は今は咳もなにもそれらしき症状は出ていません。本当に今、悩んでいるのでみなさんどうか教えてください。よろしくお願いします。

16 名前:   投稿日:2004/10/11(月) 15:44
血痰の原因
 1.喉の傷からの出血
 2.肺からの出血
    2-1.結核および非結核性抗酸菌症
    2-2.癌
    2-3.その他

17 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/10/12(火) 02:40
15さんへ 私は医者ではありませんので、参考としてお聞きください。肺がん関係の掲示板に書き込んでいるので、おそらく肺がんではと心配しているのと思いますが、肺がんは18歳のような若年者には決して多くないのでまずはその心配は少ないと思います。血痰とは鼻腔や気道内のいずれかの場所からの出血に気道の分泌物である痰が一緒に出てきたという状態であり、それだけではなんともいえません。通常鼻血が多いということですが、別に鼻孔からの出血が見えなくても、気づかないうちに出血し、鼻腔から気管支に血液が移動し、痰が出たときに一緒に外部に排除されたという可能性もあります。気道の粘膜が何らかの理由で傷ついていれば、多かれ少なかれ出血する可能性があるので、最近鼻血が全くでていないのに、再度、血痰がでるようであれば、気管支炎とか、ポリープとかの可能性を含めて検査した方がよいということになります。血痰中の血液の色や形態は、出血直後と数日後では、変化してしまうのでいつもの違うということだけではやはりなんともいえません。心配ならその旨(何がどのように違うか具体的に)を呼吸器科の医師に言って診断してもらったらどうでしょうか。ここは、肺がん、あるいはその可能性があるかもと言われた方の情報交換の場であり、「あなたの診断結果」を出すことはできませんので、心配なら病院で検査しなさいとしかアドバイスできません。これでよいですか?

18 名前: 17さんへ 投稿日:2004/10/12(火) 18:14
わかりやすい説明ありがとうございます。私は心配症なところがあって…なんかすっきりしました。ほんとうにありがてうございましたm(__)m

19 名前: 4989 投稿日:2004/10/16(土) 22:59
roro様
 アドバイスありがとうございます。
「その後のfollow up」が悪いとのことですが、患者の数に、スタッフの数が追いつかない為と解釈しています。


20 名前: アスベスト 投稿日:2005/10/11(火) 20:19
こんにちは。

最近、ものすごくアスベストにものすごく興味があります。

アスベストについての資格などとれるものがありましたら、

お返事ください。

taka8775@yahoo.co.jp ←ぜひMAIL待ってます。

21 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/12(水) 13:42
>>20
http://allabout.co.jp/study/cqualification/closeup/CU20050817A/?FM=cukj&GS=familymedicine

>最近、ものすごくアスベストにものすごく興味があります。

興味本位であると誤解を受ける書き込みだと思います。
社会に貢献できるように頑張って下さい。



22 名前: 綿坊主 投稿日:2006/03/23(木) 21:23
4989さん
 私もNTTの電話交換所でアスベストをマスクもせずに出し入れしていました。
NTTのグループ企業のひとつであるN会社の安全衛生委員会は、事務棟や社宅の
アスベストの調査には熱心ですが、機械棟のアスベストには関心を持ってくれません。
この安全衛生委員会は社宅や事務棟のアスベストの調査にはとても熱心ですが、
機械棟の上下のフロアーをケーブルが貫通する所で耐火(防火)の為に使用されていた
アスベストについては、無視しつずけています。
 機械棟で使用していたアスベストは日本工業規格に合格した物でそれに白色であるから
毒は弱ので問題は無い。という中間報告をしています。NTTの機械棟で使用されていた
アスベストは褐色でした、ヤニに染まったタバコのフィルターの色をしていました。
 NTTグループの建前はとても立派ですが現実の問題からは目をそらして臭いものには
蓋を決め込んでいるようです。









23 名前: よしひさ 投稿日:2010/04/17(土) 16:13
私の大切な方がアスベストで肺がんになり、余命も聞かされております。
手術で肺を、切除、以前では、毎年検診を受けており、何も無く、突然翌年の検診で肺がんと、診断され、その時点で、手遅れか、・・・何十年も検診を欠かさずうけてても、潜んでで見えない癌。彼を救いたいが、日に日に体力が、低下、食事も、でも何とか少しでも、可能な限り生きたい。と・・・痛みは、常にあり、私に奇跡を起こす力をください


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]