がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>腫瘍マーカーの検査値について

1 名前: pakiko 投稿日:2004/08/24(火) 03:31
母が肺腺ガンです。闘病生活はステージ?b期の告知を受けてから1年が過ぎました。
腫瘍の活動をしるためのマーカーですが、母はSLXの値が異常値ででております。
正常値38以下、母97。この検査値の見方がわかれば教えて欲しいです。
38に対して97というのがどのくらいの異常度なのか目安がなくて主治医に言われても、そうですかとしか
答えられませんでした。主治医にきいても容量をえずでした。あまりきついいい表現をしませんので。。。
どなたかズバリ目安を(あくまで目安と承知しております)教えていただけないでしょうか?


2 名前: K 投稿日:2006/02/26(日) 18:06
SLXはムチン唐さ蛋白とよばれる抗体です。正常値は38未満です。
肺小細胞癌より肺腺癌に特異性が高いです。婦人科では上皮性卵巣癌、
内科では、他に胃がん、肝臓癌、膵臓癌に反応します。
100以上で癌を疑うというのが通常ですが、良性腫瘍にも反応するマーカーであり、
他の腫瘍マーカー数本と組み合わせた検査結果が診断の基準になります。
もし、内科検診で内臓に異常がない場合には婦人科や血液内科(悪性リンパ腫)の受診も念のためにされることをお勧めします。
体内の何処か(心臓、脳も含めて)に異常や異物があれば反応するマーカーとかんがえてください。
腺癌に特異性が高いのはホルモンの異常に敏感なマーカーであり、ホルモン異常でも異常値をしめすことがあります。
主治医の先生に尋ねられること、もし、不安が残るなら、病理標本と腫瘍マーカー数値のデータを主治医の先生からお借りになって症例豊富な病院でセカンドオピニオンをとられてはいかがでしょうか?

3 名前: ミコ 投稿日:2006/04/10(月) 13:25
私の母は昨年9月に肺癌の手術を行いました。そして抗がん剤治療を開始しました。しかし、頭の激痛と嘔吐を毎日訴えるようになり抗がん剤は中止になりました。そして脳CTを行ったところ水頭症と言う病気になっていました…主治医が言うには、もしかすると水頭症を引き起こした原因はパラパラと散らばっている癌細胞かもしれないと言われました…そしてシャント術を受けそれからは症状も良くなりました。そして、脳を詳しく調べる為、脳造影CTを行ったところ、腫瘍らしきものは写っておらず異常なしと言われました。1月からイレッサを服用し始めました。でも腫瘍マーカーの数値がCEA:7.5 CA19-9:43.5でした。全て正常範囲内を越えていました。これは、腫瘍がどこかにあるってことなのでしょうか?大体どこまで上がったら腫瘍が確実にあるってことがわかるのでしょうか?教えて下さい…

4 名前: みき 投稿日:2006/11/07(火) 18:15
肺腺がんの母は3B期です。
手術後抗がん剤治療を3クール終わったところです。

CEAは手術前6.8手術後4.6で抗がん剤3クール後は徐々に上がり8.1です。
SLXは手術前100手術後88で抗がん剤3クール後は68に下がりました。

抗がん剤治療し始めCEAは上昇しSLXは下がっているという事は
どういう場合が考えられるでしょうか?







5 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/11/07(火) 22:40
>>4
分かりません。こういったマーカーはがんでも上がらないこともありますし、がんが
なくても上がることがあります。もちろん再発を心配しておいでなのでしょうが、
このデータから判断を下すのは無理です。

逆に伺いたいのですが、こういうデータを主治医がお見せする時に、そういう
解説はしてくれないのでしょうか? お母さんも数字だけもらって、それをどう
理解すればよいか主治医にお聞きにもならず、黙って帰っていらっしゃるの
ですか?

6 名前: みき 投稿日:2006/11/07(火) 23:16
>>5
主治医に聞きましたら、調べてみないといけない・・というような
返答でしたので判りませんでした。

散らばった小さい癌が沢山あり、抗がん剤が効いているのか効いていないのか
よく判りませんでした。

7 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/11/08(水) 10:54
>>6
どのような検査を受けられたのかよく分かりませんが、>>5のような事情ですから、がんの状態を
マーカーだけで云々することは難しく、CTなどの画像による評価が必要です。もし、画像検査を
受けておいでで、「散らばった小さい癌が沢山あり、抗がん剤が効いているのか効いていないのか
よく判りません」ということだったのでしたら、それはその通りで現状ではよく分からないとしか言い
ようがありません。また数ヶ月をおいて検査を繰り返し、様子を見ていくということです。

8 名前: みき 投稿日:2006/11/08(水) 17:23
>>7
数日後に抗がん剤4クール目をするのですが、CTは手術前に一度
しただけでそれからはレントゲンと血液検査しかしていません。

多分4クール目が終わってからCTをとるのだと思います。
やはりCTの画像を見ないと判らないですよね・・。
ではもうしばらく待ちたいと思います。
有難うございました。

9 名前: きよ 投稿日:2007/02/15(木) 23:34
自分は6年前から急性膵炎に始まりその後何度か膵炎を繰り返し、今は慢性膵炎と診断されてます。一昨年に膵石症で手術をして膵尾と十二指腸を繋ぐバイパス手術をしました。その後痛みがたまに起こるので2週間に一度、外来で受診を受けてたのですが、去年の9月頃から腫瘍マーカ(DUPAN-2)が700程に上がりだし、11月頃からは1600以上まで上がりその他腫瘍マーカ(CEAが30位、CA19-9が今まで0に近かったのが32まで上がったきました)医師の意見もまちまちで、恐らく悪性の可能性が強いって意見とDUPAN-2だけでは、疑似陽性の可能性もあるとの事です。今月21日に手術をするのですが、癌の確率はかなり高いのでしょうか?どなたか詳しい方、色々と教えて貰えませんでしょうか

10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/16(金) 00:14
きよさん、ここではなく「胆肝膵」板に行かれてはいかがでしょう。

11 名前: むむ 投稿日:2007/09/09(日) 01:56
肺せん癌1期で部分切除をしてから1年2ヶ月が経ちました。術前3ヶ月はCEAが1.0
でした。術後も毎月検査しており数ヶ月は術前と同じく1.0でしたがここ
3ヶ月に1.7、2.2、3.1と上昇しています。基準値の5.0よりは下回っています
が術前に腫瘍があったときでも1.0で安定していたことを考えると詳細な検査
をしたほうが良いでしょうか。主治医は基準内だからとあまり気にしていない
様子でした。自ら検査をお願いするべきか迷っております。

12 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/09/09(日) 09:51
むむ様
私は、今年2月に上葉摘出(中分化腺癌ⅠB)と下葉部分切除(肺胞上皮癌と高分化腺癌ⅠA)
の手術を受けました。中葉の1個は、取り切れずに残っています。
腫瘍マーカーは、全て手術前から正常値です。
CT検査は受けられていますか?CTで陰影が見られなければ心配されなくても良いかと思います。
基準値ならば大丈夫!!


13 名前: むむ 投稿日:2007/09/09(日) 11:06
大まぬけ3号様、
アドバイス有難うございます。半年ちょっと前にPET-CTをしました。
手術の左上葉に集積はありましたが手術のところなので問題ないとのこと。
それ以来は撮っておりません。おっしゃるとおりあまり気にしないほうが
良いのかもしれませんね。CEA自体季節などで他の要因で変動することも
あるそうなのです。
しばらく様子見ようと思います。有難うございました。

14 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/20(水) 14:08
肺腺ガンⅢaで術後、放射線療法と化学療法を受けました。1年後、CEAの
値が320まで上がっています。しかし、CTでは明らかな病変は認められな
いとのことです。現在特に治療は行っていません。このまま経過観察でよいの
でしょうか。

15 名前: 肺がん外科医 投稿日:2008/02/23(土) 16:27
>>14
おそらくCEAの値が病勢を反映しているのでしょうから、それを頼りに化学療法を試みるという線はありえます。ただ、CEAの
値が病勢と関係なく多少は動く可能性もありますので、できれば画像で見える病巣を相手に行いたいと考えるわけです。
実際に化学療法をやってしまうかどうかは相談次第でしょう。

また、CTでは目立たない再発巣や撮影範囲外に再発巣があるのかもしれないので、PET検査を追加するという線もありでしょう。

16 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/25(月) 14:55
肺がん外科医様有り難うございます。実は半年前にCEAが20を
超えた時点でPET検査を受けています。腫瘍細胞はどのくらいの
期間でどのくらい変化するものなのでしょうか。3月にPET検査
を受けようと思っていますが。


17 名前: 肺がん外科医 投稿日:2008/02/25(月) 22:15
>>16
がん細胞も生き物ですから調子の波はあり、いつどのくらい変化するものなのかということは
分りません。最後のCTをいつ受けられたのか分りませんが、PETが半年前となると、CTは
せいぜい3ヶ月ほど前なのでしょうか。それなら、3月にPETというのでいいんじゃないかとは
思います。

18 名前: 投稿日:2008/02/27(水) 21:43
初めまして去年9月に母63歳が肺腺癌末期と診断され抗がん剤を4クールしてCTを撮った所原発は現状維持、他転移場所は小さくなっているとの事。抗がん剤は1ヶ月間休んで来月から再度投与予定でしたがこの2~3日血痰らしきものが出始め今日病院でレントゲンの結果癌は変わらず血痰らしきものは肺からではないと診断されました。そこでご質問なんですが母の場合血液検査をしても腫瘍マーカーは通常の数値で血液検査では出ない体質です。そう言った場合はやはりレントゲンやCTで確認をしなければいけないのでしょうか?又、抗がん剤で治まった血痰が再度出始めるのは癌が進行しているからなのでしょうか?耳鼻咽喉科でも以上なし。ちなみに血痰が出る二週間前に小脳に4ミリの腫瘍が見つかり先日ガンマナイフを行いました。ご存じの方是非ご返答宜しくお願い致します。

19 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/28(木) 08:35
>>18

元さん

腫瘍マーカーで確認できないのなら画像診断するしかないと思いますが、どのようなお答えをお望みなのでしょうか?
レントゲンやCT以外に画像診断の手段はないのかということ?


20 名前: 投稿日:2008/02/28(木) 11:29
ご返答ありがとうございます。やはりレントゲンやCTなどしかないのですね。血痰らしきものが出ているのに腫瘍マーカーは通常の数値、レントゲンは現状維持。CTも先週撮ったばっかりで…。血痰が出ているのは癌が進行しているのでしょうか?せめて血液でわかる体質だったらわかりやすいのに。

21 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/28(金) 09:47
CEA上昇について

肺がん4期でイレッサ治療中、1年と半年が過ぎました。
ずっとCEA1.0台で順調に来ていたのに、
二ヶ月前に3.2→昨日とうとう基準値を越え8.0になってしまいました。
この上昇率は転移・増大を疑うには十分でしょうか?
来週CTを撮ります。

ただ、昨日はずっとくすぶっていた風邪が悪化し、
少し熱があったので、風邪が原因と思われる白血球の上昇もみられました。
風邪が原因で急上昇することはあるのでしょうか?

レントゲンでは目立った変化はありませんでした。


22 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/28(金) 21:19
>21

基準値を超えたのですから疑った方がいいですね。
元々、CEAが反応していたのでしょうか?
CEAが反応する人は脳転移を起こしやすいというデータがあるそうなので、脳のMRIも撮ってもらって下さい。
それから、イレッサを隔日服用している場合は連日服用に戻してみるのもよいと思います。

23 名前: 投稿日:2009/09/23(水) 11:05
肺がん末期の母が風邪になりました。
風邪は肺炎を起こしやすくすると聞いたのですが、
肺炎の予防などはありますか?
誰か知ってる人がいたら教えてください。

24 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/09/23(水) 12:58
>23

肺炎球菌の予防接種はあります。
接種できるかは主治医にお聞きになってください。

25 名前: 幸子 投稿日:2009/09/28(月) 14:30
娘さん少し元気になられたのでしたら良かったです、でも私も伺いたいのです涙を出さずに余命0の30代の子供にそう接すればよいのか

26 名前: ポラリス 投稿日:2010/04/08(木) 10:36
私は、現在65歳です。2008年9月に右乳房全摘(浸潤性)いたしましたが、その後ホルモン(アリミデックス1㎜)1錠を服用し、今日に至っております。
ところが、この1年半余りで術後CEA値が5.1~6・2~7.3というふうに、徐々にマーカーが上がってきております。
実は、昨年9月に肺塞栓症で近くの病院に救急搬送され、運悪く当日は乳がんの検診日に当たっていまして、結局、入院先の病院に転院せざるを得なくなりました。
それで、現在の医師から、「どうして術後の放射線は受けていないのか」と不思議がられております。私は、全く「がん」に対しては無知でしたので、その時は疑う余地もなく今日に至っておりますが、そういえば、当時の執刀医の先生が、術後の定期検診の折に、「放射線治療したかったんだけどなぁ…」とパソコンの画面を見ながら小声で独り言のようにつぶやかれたのが頭にあり、後日、その先生の口から、「あなたの家が遠くて通院が大変だろうから…」とおっしゃったんです。
でも、どんなに家が遠くても、生命がかかわる問題に、「通院が大変」などと片づけることはあり得ないので、必要な治療は先生がおっしゃれれば受け入れるのが普通だと思うのです。
現在の先生は、今になっては副作用のある放射線も意味がないので、とりあえずお薬を同系列の「フェマーラ」に変更し、それでも変化があれば、抗がん剤にという方法もという現在の先生の処方を受けております。
そして、来月(5月)に詳しい検査をしましょうということになっておりますが、3年前には甲状腺ガン摘出手術も行っておりますので、大変不安な日々を送っております。人によって、またその時の症状によっても違いはあるとは思いますが、やはり術後の放射線は必要だったのでしょうか。

27 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/08(木) 12:19
>26

すみませんが、ここは「肺がん」板です。
乳がん板のほうで質問されることをお勧めします。

28 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/08(木) 14:26
>>26
リンパ節転移数など何一つ病理の詳しい結果が書かれていないこれだけの情報では例え乳癌板に書き込んでも回答は無理です。
=あなたの治療に放射線療法を加えることが標準だったのかこの書き込みだけでは誰にも答えられません。
”自分の病理結果を知り”乳癌のガイドラインと照らし合わせる、医師に聞くなどするのが早道です。
例え放射線療法の適用だったにせよ放射線療法は局所治療なので、
局所再発の可能性を低くは出来ますが今回もしも再発だとしてその再発が骨や肺や肝臓など遠隔転移だった場合は、
術後に放射線療法をしたしないはあまり関係ないでしょう。
もしも再発だとしたら私ならアリミデックスからそれに近い作用機序のフェマーラにするよりアロマシンに変えるようには思いますが、
重篤又は急速な転移でなければ
アリミデックス(アナストロゾール)→フェマーラ(レトロゾール)→アロマシン(エキセメスタン)→ノルバデックス(タモキシフェン)→フェアストン(トレミフェン)
(順序は必ずこれという訳ではない)
→抗がん剤 でもいいでしょう。(重複になりますが転移の速度や重篤さで治療の順序や選択は変わります。)
何より現時点では転移・再発は確定的とは言えません。
ご自分でも自分の病理結果や乳がん治療の基礎を勉強することが大切です。

板違いのレスを失礼しました。

29 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/15(木) 17:28
63歳で肺腺癌末期と診断され2年半経ちます。既に脳 骨 リンパ節などいろんな所に転移はしていますが今の所肝臓には転移は見当たりません。今抗がん剤治療をしています。昨日の血液検査で腫瘍マーカーのCA19-9が1300以上ありましたが主治医から特に説明はありませんでした。一週間前のCT結果では特に拡大や内臓などの変化はないのですが余りにも数値が高いので他に何か考えられる事があるのでしょうか?



30 名前: 史子 投稿日:2010/05/19(水) 18:10
67歳男性
大腸がん21年2月肛門リンパ節切除、人工肛門装着3月から抗癌治療開始、
6月肝臓、仙骨下、肛門、人工肛門少し上4ケ所に転移(癌センタ-セカンドオピニオンで発覚、
薬が変わって、2週間毎に抗癌治療、根昆布液、アロエベラジュ-ス、プロポリス、ポ-レン、他系列の錠剤服用、22年3月アバスチンの副作用で左後頭葉で出血、2ケ月治療、5月から又、がん治療に入る。今度は、根昆布液、
ナノバブル、野菜レモンりんごシュ-ス朝、夜2回、ミキプル-ン、ミキプロテインに変えました。
手足の痺れは、全く治りませんが住宅改修で今は、通院までに改善しました。
食欲もあり今のうちに(元気な)何とかならないのか、何をどの様に注意していけば良いのかDr.からは
何のアドバイスもいただけません。イラつき、不安でいっぱいです。
     7/15 9/16  10/21 11/18  12/24  22.3/10  4/14  5/19
CEA  5.2  8.1  10.6  14.5  16.5   22.3   50.5  63.3
CA19-9 642  1804  2307  2410  2712   5339   6718  6278
 腫瘍マ-カ-です。余命一年と告げられています。

31 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/20(木) 08:36
>30

食欲があり元気ならば、出来る限り思い残すことが少ないように過ごす。
がんとは、そのような病気なのです。(その意味では、優しい病気です。)

患者ができることは、自分の体調などに注意し、気づきがあれば主治医に報告することくらいでしょう。

32 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/21(金) 13:07
大腸がん患者です。
現在二箇所の大学病院に通院・治療中なのですがCEAの数値が9.2と24.6とまったく違う値が出ます。
こんな事あるのでしょうか?
2くらい違う事は今までにもありましたがこんなに差が出たのは初めてで。
どちらがほんとの数値なのか悩んでしまいます。

33 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/21(金) 19:30
マーカーは、検査機関によってズレがあるとよく言いますよね。

そのズレが適切かどうかはわかりませんが、
値そのものはそれほど気にするものではなく、
相対的に増えたか減ったかを見るべきものです。

なので、気にせず、それぞれの病院での径時変化を見ればよいのでは?

34 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/21(金) 22:28
あのう、判っているとは思いますが、
ここは肺癌板ですからね。

35 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/22(土) 09:43
32です。説明不足でした。。。大腸がんからの転移性肺がんで治療中です。
本人は値をすごく敏感に気にするタイプでこの差が不安でたまらないようです。
両方右肩上がりにあがってきてるのでしばらく様子をみてCT検査をしてみます。

36 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/22(土) 13:20
腫瘍マーカーの値は検査方法によって異なります。
CEAの基準値(カットオフ値)としてよく知られている5(ng/ml)とい
うのはCLIA法による場合であり、RIA固相法の場合は2・5になります。
基準値と同様に貴方の測定値も検査方法で大きく変わります。

ほかにも理由はありますので、33さんのおっしゃるとおり、
異なる病院の値同士を比較するのではなく、
同じ病院で検査した値同士をそれぞれ比較してください。

37 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/22(土) 18:35
>35

揚げ足をとるようだが・・・
「大腸がんの肺転移」は「大腸がんの肺転移」であり、「肺がん」ではありません。

治療も肺がんの治療ではなく、大腸がんの治療が適用されます。
(大腸がんが肺に来て、そこで成長したものですので、肺がんではなく大腸がんの性質を有しているため)

今回のご質問は一般的なものでしたので問題はありませんでしたが、今後は大腸がんのほうでお願いします。

38 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/22(土) 20:36
>>35
どうかお気になさらず。

ガンは原発の場所によって性質が違い、転移してもその性質が影響されますので、
今は肺に転移があっても、ここに来ている人たちとは
治療法も抗がん剤も違うのです

ですので、自分に必要な肺ガンの情報はたくさん集めて皆で知識を分け合えても、
大腸ガンの情報はほとんどの人には未知なのです

ここでは無く、大腸ガンの掲示板にて相談したほうが、より的確なアドバイスが得られると思います

皆、悪意があって指摘して居るのでは無いです


39 名前: みるく 投稿日:2012/01/08(日) 17:21
肺腺がん1B期、低分化から高分化まで、手術から2年経過しました。CEAは手術前から大体正常値、シフラも上がり下がりあるけれども、大体正常値。でも、手術前にも80以上あったSLXが100を超えて120を超えてだんだん上がってきています。卵巣がんを疑って婦人科を受診したけれど、婦人科ではそれは(SLX)気にしていないということでした。なので画像とか血液検査とかはしてもらえなかったのですが、大丈夫なのでしょうか。(子宮筋腫は全部の種類、大小さまざまあるらしい)また、胃は調べたら大丈夫でした。もっと他を調べた方がいいのでしょうか。それとも様子を見る方がいいのでしょうか。

40 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/01/08(日) 17:46
>>39

術後のSLXの推移はどんな感じで経過してきていたのですか?

>婦人科ではそれは(SLX)気にしていないということでした。

肺がん以外では消化器がんでよく聞きますよ。
SLXはがん以外では反応することが少ないと言われていますので、徹底的に調べてもらった方がよいかも知れません。。
詳しくは下記をどうぞ。

http://tumor-marker.com/cancer/slx.htm

41 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/01/08(日) 17:52
>>39
SLXが術後にいったん低下して、また上がってきたのであれば、一番疑わ
れるのは肺癌の再発です。ただ、SLXは肺線維症、気管支拡張症、肺
結核、びまん性汎細気管支炎などの呼吸器系の慢性両性疾患でも高値に
なるので、あまりあてにならない場合もけっこうあり、我々の病院では計測
していません。まずは肺癌の担当医に相談なさるのが良いでしょう。

42 名前: かずこ 投稿日:2012/02/18(土) 09:12
肺がん外科医さま、ご相談があります。母が肺線がん発症して、12年が経過
しました。初期だったので手術で経過良好だったのですが、6年前に再発にて
ステージ4となりました。現在はイレッサを服用して5年になります。
至って順調(CEA5以下)だったのですがここ最近半年でCEA腫瘍マーカーが
6台から徐々に上がってきて昨日時点で10.3とのことです。
今は毎日の服用なのでもうイレッサ効果がなくなっているのかどうか
わかりませんが、他の薬へ切り替えるべきかこのままイレッサを継続すべき
なのかアドバイスいただきたく。また、母のような癌の進行が遅いのにも
びっくりしているのですが、どのように思われますか。現在も副作用の下痢
はあるようですがいたって元気に過ごしています。

43 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/02/18(土) 22:48
いずれ検討すべき時は来ますがまだ時期焦燥に思えますが…

44 名前: かずこ 投稿日:2012/02/18(土) 23:14
ご返事ありがとうございます。やはりもう少しイレッサの服用を
続けるべきでしょうかね。1か月おきに検査確認をするようなので
どのくらいの数値を目安に代替薬の検討すればよろしいでしょうか。
参考までにご意見いただきたく。

45 名前: 肺がん外科医 投稿日:2012/02/19(日) 21:21
>>42
手術前、再発したときはCEAが高かったけれども、手術後やイレッサを
投与してからは一旦低下したと言うことでよろしいでしょうか? そうであれば、
現在はイレッサの効果が少なくとも低下してきていると考えてよいですが、
ではどういうタイミングで他の薬に切り替えるべきか、明確な基準はありません。
他の薬に変えれば副作用の出方も変ってきて、もしかすると体調をかなり崩す
かもしれませんから、他の薬を試すのはあまり調子が悪くならないうちに
なさるのが得策だとは言えます。今のところはいたってお元気ということです
から、3~6ヶ月ほど経過を見て、症状が出てきたり、なおCEAが上昇して
くるようなら、他の薬を試みるというあたりが落としどころかと思います。

46 名前: くつ下◆hqD9xq8SNU 投稿日:2012/03/27(火) 16:50
はじめまして。書き込み初心者です。誤字乱文ご容赦下さい。
夫(43)肺腺癌4期についてご相談です。

原発の肺癌を始め、転移した腎臓、頸部リンパ節について全て摘出済みです。
主人はCEAが病勢によく反応するとのことで、血液検査→CEA高値→画像検査
→病巣確認→手術→術後放射線による補助療法という流れで治療が上手く運んでおりました。

ところが現在…数値が上昇を続けているというのに病巣が見付からない状況に陥っています。昨年4月に頸部リンパ節を摘出したのですが、その時に正常値近くまで下がったのを最後に、ここ1年程の間徐々に数値が上がり続けてCEA75.0という高値に達してしまいました。(検査方法に種類があるそうですが、正常値は5.0までと言われています)

個人差もあると思いますが、原発の肺癌が5・・6㎝の時にCEA90.0、腎臓の転移巣が3・・4㎝の時にCEA38.1、頸部リンパ節が1.5・・2㎝を2ヶ所経験していますがそれぞれCEA27.9と21.4です。素人の私から見ても病勢と一致している印象でしたので、血液検査をアテにして心強く思っておりました。
このような経緯からも「画像検査で見付からないだけで、実際はかなり育ったものが存在しているのではないか」ととても不安です。

画像検査は頭部MDI、胸部CT、PET検査をくり返しています。PET検査では映らない膝下のMRIもやって頂きました。重複癌の可能性を視野に、CEAで共通する消化器の査として便も検査したりと、主治医も手を尽くしてくれますが見付かりません。

これまで局所的な治療を強く希望してきましたが、ターゲットの無い癌として抗癌剤治療を検討するべきか迷っています。 
最初のころサードラインまで試しましたが、効果が認められず苦しい損の部類で終わりました。ランダ+ナベルビン、カルボプラチン+パクリタキセル、タキソテール単剤以降希望していない経緯があります。

主人の場合、肺からは珍ししい腎臓(副腎はあるそうですが)への転移であることや、
4期という厳しい状況において転移巣を全て摘出してあるという点で、なかなか同じような症例に出会いません。

どんな事でも構いませんので、ご意見や体験をお聞かせ下さい。

長文になり申し訳ありません。

読んでくださった方有り難いございます。








47 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/03/27(火) 19:27
46 くつ下◆hqD9xq8SNU様

私は、2010年9月に、縦隔リンパ節転移がんが現れて肺がんⅣ期です。
CEAは、最高値が152ng/mlでした。放射線治療と抗がん剤治療で、
一時は正常値になりましたが、先日は7.4ng/mlでした。
肺がんⅣ期というのは、厳しい状況ではありますが、この状況は続くことですから、
今を普通の状態と認識して、少しずつでも良化を目指そうと思うことが必要です。
昨年の6月には、骨(肝臓横の胸椎10番)転移がんも現れて、双方の治療として
抗がん剤(アリムタ・ゾメタ)治療を受けています。
私の場合は、抗がん剤治療を受けていなかったら、
CEAは高くなっていたと思います。
右腋窩(脇)リンパ節に現れた転移がんは、抗がん剤治療で運良く消えています。
抗がん剤は、がん細胞の種類によって、また人によっても効果の有無は違うもの
だと思います。首から下の全身を巡りますから、がん予備軍の細胞にも
効くのではないかな?と考えています。
UFTは、私にとっては期待できる効果がありませんでしたが。
治療の選択は、患者本人が決めることです。考えることは大切ですね。

48 名前: くつ下◆hqD9xq8SNU 投稿日:2012/03/27(火) 20:31
大まぬけ3号様

ご自身の闘病で大変な中、とても丁寧なお返事を下さり有り難うございます。

転移先の詳細や具体的な薬の名前などをお知らせ下さり、本当に有り難いです。
そして患者ご本人である大まぬけЗ号様の冷静さに驚きました。
ご自身の病気を受け入れ、きっとたくさんのことを乗り越えて来られたのでしょうね。
数々の検査を淡々とこなしていく主人の隣で、なぜかグッタリしてしまう自分に反省しています。私の焦りが主人のプレッシャーにならぬよう気をつけます。
おっしゃる通り、治療方法を決めるのは患者本人です。
主人の気持ちを理解し、本人が決めたことをサポートしていくのが私の役目ですね。出しゃばって勝手に疲れている場合ではありませんでした。

大まぬけЗ号様におかれましては、抗癌剤の効果が出ているようで素晴らしい事ですね。リンパ節の転移が消えるなんて凄いと思います。
一度は良くなった数値が上がって来てしまった事は他人事に思えませんし、骨転移もとても心配ですがどうか良くなってくれるようにお祈りしています。









49 名前: かずこ 投稿日:2012/04/01(日) 00:08
今年2月にはじめてご質問させていただきました。
その後ですが、風邪をこじらせて長いこと治らずに免疫が落ちたようです。
ところで最近の腫瘍マーカーですが、数値は変わらずだったのですが
骨盤へ転移が見つかりました。
早速4/2から放射線治療も始めることになります。15回程度らしいです。
本人も落ち込んでいるのですが、この骨盤への転移はどのように判断すれば
よいでしょうか?副作用も出てくるのでしょうか?
また脳への転移についても検査する予定です。


50 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2012/04/01(日) 16:44
49 かずこ様

私の骨(胸椎10番)転移では、抗がん剤(ゾメタ)治療を受けています。
骨転移の予測される症状としては、もしも神経に触れると鋭い痛みになると
聞いています。痛みは、放射線で抑制するようです。
骨が脆くなるので、骨折もしやすくなるということです。
骨転移は、どこに現れるか判りませんから、何か違和感や痛みが現れた時には、
主治医に報告された方がいいですね。




 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]