がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>タルセバについて教えて下さい

1 名前: ゆき 投稿日:2004/05/05(水) 08:42
タルセバについて、教えて下さい。
今、使える病院を教えて下さい。

214 名前: 212 投稿日:2009/01/06(火) 00:11
>>肺がん外科医様、ありがとうございました。
教えて下さった論文をちゃんと解読して検討してみます。

215 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/06(火) 22:09
海外の治療情報らしいのですが、

>肺がんのがん治療情報
>進行性非小細胞肺がんに対するタルセバ併用療法時のセレブレックス最適投与量決定に関する第1相試験
>手術、抗癌剤、放射線治療などの標準癌治療が無効なステージIIIBまたはIVの非小細胞性肺癌患者22例に対し、
>定用量のタルセバ(エルロチニブ)と200-800mgのセレブレックス(セレコキシブ)を投与した。

>その結果、評価可能な肺癌患者21例のうち、7例(33%)にPR、5例(24%)にSDが認められた。反応を示した肺癌患者には、
>EGFRの活性化遺伝子変異を有する患者も有さない患者も含まれていた。反応を示した例で最も長いものでは93週であった。

>また今回のタルセバ+セレブレックス治療レジメでは、平均的進行肺癌患者の反応期間よりも、3-4倍も長いものであった。
>(clinical cancer research 2006 Jun 1;12(11 Pt 1):3381-8.)

というのを見かけましたが、日本でタルセバ+セレブレックス併用療法を行ってらっしゃる方はいますか?
やはり併用すると、タルセバの薬代も保険適用外となってしまうのでしょうか?

216 名前: やかん 投稿日:2009/01/11(日) 15:18
タルセバにより、私は今がんが消えているのですが、継続するか中止するか悩んでい
ます。
タルセバは耐性ができるようですが、中止しておけば再発したときにまた効果が期待
できるのではないかと想像するわけです。
主治医に先ず聞きますが、根拠となる情報をお持ちでしたら教えていただけません
か。

過去の経過は下記。
70才男。4年前、左右両肺腺がんを手術。1A期。
昨年2月PETーCT、MRIの検査後、多発した肺腺がんを一部手術。
昨年5月PET-CT、MRI検査後パクリタキセル、カルボプラチン1クールで
骨髄抑制のため中止。
7月にタルセバ150mg/日を開始。
8月に直腸ポリープ切除のため約10日間服用中断。主治医より再開意志の確認を
受ける。
9月に主治医より、効果ありと説明を受ける。
11月に主治医より、CTの検査でがんが見えなくなったと説明を受ける。
12月に服用継続か終了か意思確認を受け、100mg/日で継続に決まる。
タルセバの副作用は、湿疹、皮膚の乾燥、ひび、爪付近のひび、かゆみ、一過性の
飛蚊症、視力異常、湿疹部の皮膚感染、下痢、腹痛等です。皮膚科の薬も多数使って
います。
特に精製したワセリンは使えそうなところは先ず試しています。


217 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/13(火) 18:10
イレッサの動物実験のデータで、投与をやめると腫瘍が可逆的に増大したとあります。
タルセバのデータはどうであったか記憶があいまいなのですが、同じようなことではなかったかと思います。
副作用が我慢出来ないのでなければ、効果が続く限り投与を続けるかたが多いのが実情ではないでしょうか?
しかしながら、腫瘍が画像上消えてしまい、タルセバの耐性を考慮して投与をやめた方が次回のためにとっておくというのはデータがないので何ともいえないと思います。
結局は、本人が決めることにしかならないのではないでしょうか。
でも、十分すぎるほど気持ちはわかります。


218 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/15(木) 16:52
217さんへ。216へのレスありがとうございました。大変参考になりました。
08.7に大学病院でタルセバを始めた時に、担当医から、効果があれば一生続けて
もらいます、といわれていたのを思い起こしています。その後紹介された、現在の
主治医も続けるべきとのことでした。
続けることにきめます。
副作用とは共存しながらやるしかないと思います。




219 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/22(木) 14:01
08.4からタルセバを飲み始め、副作用はありましたが劇的な効果が得られました。
12月に入ってから、医師には「癌は少し大きくなっているが問題はないでしょう。」と言われていたのでこのままタルセバを飲み続けるつもりでした。
ところが今年に入ってから呼吸が苦しくなってきたので病院に行き詳しく調べたところ、左肺の7割に水が溜まっており癌性胸膜炎であると診断されました。
このため医師からはタルセバに耐性が出来たので一度止めましょうと言われましたが、こちらの掲示板で「胸水が溜まったからといって全ての癌にタルセバの耐性が出来たわけではない。」「イレッサの動物実験データで、投与をやめると腫瘍が可逆的に増大したことがある。」
などの書き込みを見て、先月までは医師から「癌は少し大きくなっているが問題はない。このままタルセバを続けましょう。」と言われていたので、「胸水は溜まってしまったが一部の癌にはまだ効果があるのでは?」と思えてなりません。
このままタルセバを止めてしまって良いのでしょうか?
またイレッサに変更するというのはどうなのでしょうか?
イレッサからタルセバに変更というのは聞きますが、逆は聞かないので効果はないのでしょうか?
この点について医師とも話をするつもりですが、他の方の意見も聞ければと思って書かせて頂きました。


220 名前: 患者 投稿日:2009/01/22(木) 15:55
タルセバ以前に、どのような抗がん剤治療をしていたのでしょうか?

まだ行っていない有効な(ことが多い)レジメンが残っているならば、無効になりつつあるタルセバや同系統のイレッサよりも、そちらをトライするのが優先しそうに思えますが。
有望な抗がん剤レジメンを使い果たしているならば、イレッサにかえてみるのか、(通常のやり方には反していることを承知で)進行速度を遅らしてくれる可能性を考えてタルセバを続行するのか、はたまた、積極的治療をあきらめるのが最善なのかは、主治医の意見をもとに考えられるべきものでしょう。

タルセバにて劇的な効果が得られたとのことなので、その分、時間的余裕はあるのではないかと「推測」します。
もしそうであれば、何か一つに絞るよりも、あれもこれもにチャレンジするというほうがチャンスが多そうに思いますが・・・

221 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/23(金) 15:03
220さん、219へのレスありがとうございました。
また、前後しますが、母の癌について書き込みさせて頂いております。

以前に以下の抗がん剤治療をいたしました。
パラプラチン+タキソール(1クールー効果はあったが副作用がひどく中止)
ジェムザール+ナベルミン(2クールー効果がなく中止)
その後タルセバへ。

医師と話をしたところ、現在胸膜癒着術の副作用でかなり状態が悪く抗がん剤治療が行える状態(高熱・痛み)ではないので、まずは状態が戻るまではそちらの治療を中心に行うということでした。
その後はタルセバは耐性が出来ていてこのまま続けても体に負担が掛るだけだなので、抗がん剤治療を行うということになりました。
しかし右肺にも水がたまってきているので、水の量が増えてくる様であればまた水を抜かなければならなりません。
現在癌に対しては無治療の状態なので、このまま癌がいっきに進行してしまうのではと不安でなりません。
しかし今の状態では抗がん剤の副作用に耐えられないので、まずは体調が良くなることを祈るばかりです。





222 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/26(月) 12:21
父が進行性の肺がんに懸り、タルセバ治療を開始するのですが
現在、自己免疫を高めると言う事でノニジュースを飲用しています。
タルセバに対して、禁忌ではないか何方かお教えねがいますでしょうか?

223 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/26(月) 22:13
>>222
私なら民間療法の域を超えない物を家族に勧めないです。
タルセバの添付文書には「グレープフルーツ」「セイヨウオトギリソウ」の禁忌は書いてありましたが、「ノニジュース」については書いてありませんでした。
禁忌かどうか返答は得られないと思います。無理して飲むシロモノではないと私は思います。
あくまで、個人的な見解ですので222さんがどう考えられるかは、ご自身がご判断を。

224 名前: 肺がん患者 投稿日:2009/01/30(金) 20:17
4年前に肺せんがんⅢAと診断され左肺下葉切除、タキソール、パラプラチン、リンパを放射線で小さくし、カルセドで薬疹したので、イレッサーを服用1年10ヶ月で耐性ができた。
1月からタルセバ16日間服用しているが、レントゲンのがんは縮小していない。効果はないようなので、放射線をやれるならやるということですが、他にいい治療法はないのか教えてほしい。

225 名前: 肺がん外科医 投稿日:2009/01/31(土) 13:03
>>224
そのような経過の後ですと、「これをやれば良く効きますよ」と言える治療法は残念ながらありません。
逆に、「何かやっても効きません」とも言えませんが、効く率は低く、それでいて副作用はそれなりに
ありますから、方針を決めるのは難しいです。

「縮小していない」というのが増大もしていないということなのであれば、とりあえずはタルセバが
がんを抑え込んでいると考えて、そのまま粘るというのが現実的かと思います。増大してきてしまう
のであれば、とにかく何か既存の治療を試みる、新薬の治験に賭ける、がんを叩くのは止めてみる、
の3つの路線から選ぶことになるでしょう。

226 名前: 226 投稿日:2009/02/08(日) 17:54
イレッサ、タルセバの間質性肺炎発症リスクに関する最新事情をどなたかご存知ありませんか?
中外製薬は副作用患者の最新データなるものをホームページで公開してはいるのですが、喫煙や放射線治療の有無、手術、他の抗がん剤使用の有無、あるいは、飲み合わせの薬といった情報は一切載っておらず、これでは、肝心の発症しやすいタイプの人の割り出しには到底役に立たないです。
知っているはずなので、公開するならもう少し細かい情報を公開してもらいたいものです。
また、以前から、免疫による拒否反応ではないかとの説も出ていましたが、その後、こういった仮説や噂のようなものをご存知の方はおられませんか?

227 名前: TAMA 投稿日:2009/03/07(土) 23:31
 うちの母はもう亡くなってしまいましたが

 タルセバによって、吐き気や肝臓の数値が急激に上昇してしまいました。
(間質性肺炎にはなりませんでした。)
 それにより、食事が取れなくなり2ヵ月後に亡くなりました。

 また、癌性髄膜炎に効くとネット上でうわさされていましたが
うちの親の場合には、副作用で肝臓の数値が上昇し
薬が飲めなくなる致命傷になった様な気がします。



228 名前: たか 投稿日:2009/04/13(月) 10:15
はじめまして。
私の父(3a、右肺全摘、放射線・タキソテール・TS1など一連の治療をしましたが肝臓に転移発覚、心臓周りにも癌細胞を含んだ水が溜まっています)が今月初からタルセバの治療に入りました。今はこれといった副作用(皮膚炎、下痢など)はないのですが身体がダルく気力がなくなって、ほとんどベッドで寝ころんでいる状態です。3週間入院での治療ですが、もしタルセバが効かなかった場合は次の治療はどのようなものになるのでしょうか?主治医を信用するしかないのですが不安で仕方ありません。どなたかお教えくださいませ。

229 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/04/13(月) 19:52
たか様
お父様の事、心配されるお気持ちお察しします。
タルセバの後の治療についてはこれを使うといったエビデンスのある治療は無いそうです。
お父様の体調や状態、主治医の先生の考え方によって変わってくるのではないでしょうか。
タルセバの効果判定をどのタイミングでされるのか、万が一効果が見られない時の次の治療はどういうものになるのか、主治医の先生としっかりお話しされる事をお勧めします。


230 名前: むらちゃん 投稿日:2009/04/24(金) 13:58
タルセバを服用してると動脈破裂症になりやすいって本当ですか?

231 名前: ぷう 投稿日:2009/04/27(月) 17:42
私の父の話です。タルセバ服用3日目に脳梗塞を引き起こし、後遺症で要介護5の認定を受け、半年後の先日亡くなりました。血圧は高くありませんでした。父は治療に前向きだったし、入院中のことだったので、悔しい思いをしました。とても元気で優しい父と突然話をすることもできないまま、最期を迎えることになりました。因果関係があるかどうかわかりませんが、タルセバ服用によって引き起こしたのでは・・・と、つい感じてしまいます。

232 名前: 肺がん外科医 投稿日:2009/04/30(木) 13:00
>>230
動脈破裂症、という病気はないと思いますけど。動脈+破裂ですと動脈瘤の破裂という話は
ありますが、動脈、静脈などの血管には、タルセバが攻撃する対象である上皮に関連した
組織は元々ありませんから、そういう話はガセだと思います。

>>231
脳梗塞は脳にいく血管が何らかの理由で詰まるから起こるので、血管の破裂とは関係あり
ません。血栓症は僅かに報告されているようですが、プラセボと変わらないようなので、
原因とは言えないでしょう。服用し始めてから起きた脳梗塞と関連を否定することは難しい
ですが、データや薬の性格からすると殆ど関係ないと言えると思います。

233 名前: トン 投稿日:2009/07/19(日) 21:16
父のことで相談させて下さい。
3年前に初期の肺がんの宣告をうけ、手術、切除。
昨年はじめに脳に転移が発見されましたが、
こちらもガンマナイフで処置。経過はきわめて良好です。
今年のはじめから(再発予防のため?)イレッサを服用していましたが、
合わないということで、先月よりタルセバに変更しました。
結果、食欲がすぐれず(イレッサ服用時からの症状。半年ほど)、
体重が10キロほど減ってしまいました。
主治医に相談しても、紹介された専門医に相談しても、
「副作用にしては長いけど、どうしようもない」という返事でした。
タルセバで数か月も食欲不振なんて、それも10キロ体重が減るような、
副作用ってあるんでしょうか?
主治医は最後の切り札的に使っているからか、
腫瘍マーカが下がるなどの効果が見えてきているからか、
タルセバの中断はしたくないようなのですが…。
とりあえず、精神的な原因も含めて、副作用以外の食欲不振の原因を
調べてもらおうと思っていますが。
どなたかご助言ください。よろしくお願いします。

234 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/07/19(日) 22:37
>233

本当に「再発予防」のためですか?
抗がん剤の選択にしろ、「主治医は最後の切り札的に使っているからか」とか「腫瘍マーカが下がるなどの効果が見えてきているからか」という書き込み(これがあなたの「あてずっぽ」ではなく、きちんと主治医から話を聞いたとしてですが)からは、そのようには思いがたいのですが・・・

ひょっとすると、あなたが知らされていない(ないしは、勘違いされている)ことがあるのではないかとの「疑問」を持ちますが、どうでしょうか。

235 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/07/20(月) 00:03
>233

脳への転移が発覚したからには、副作用を理由にイレッサ・タルセバをやめるのもこわいですね。
また、食欲不振の原因が脳転移からきていることもありますので、脳の検査は頻繁に行ってもらう方がよいと思います。

236 名前: トン 投稿日:2009/07/20(月) 10:11
みなさん、お返事ありがとうございます。
>>234さん
どうやら本当に再発予防のためのようなのです。
脳転移の時点でかなり深刻なステージにあることは、
本人も家族も認識しているのですが、定期健診の結果、
脳転移以降は再発は認められていません。
主治医からも「今度肺に出たらマズイから」という風な説明を受けています。
そもそも再発予防のための抗がん剤の使用って一般的なんでしょうか?
いつもは母だけが同席しているので、食欲不振の件も含め、
同席し主治医にしっかり確認したいと思っていますが、
ご助言ください。

>>234さん
上にも書いたように、主治医の抗がん剤をやめない理由も
おっしゃる通りのようです。
脳の方は定期的にMRIを実施し、マメに検査してもらっており、
再発も認められず、ガンマナイフ治療の効果が順調に出ているようですが、
そのような可能性があるようなら、服用している痙攣止めの薬などの影響も含め、
調べてみます。


237 名前: 235 投稿日:2009/07/20(月) 14:47
>236

脳転移の場合は小さな病巣でも場所によっては症状を引き起こすことがあるので要注意です。
また、頭部の検査は脳実質だけでなく、頭蓋骨への骨転移や髄膜なんかも見てもらうとよいと思います。
結構、見落としの多い部分です。
そのうえで、現在、目に見える病巣はないということなら、いわゆるワクチン療法も効果が期待できるかも知れません。

238 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/07/20(月) 15:38
>トンさま

過去に脳転移を起こしておられ、タルセバ服用後マーカーが減少していらっしゃるという事は、体内(血液中)に癌細胞があるのは間違いなく、放置すれば悪化が予想される為タルセバを服用されているのでしょう。
再発予防とはマーカーの上昇も無いが念のためという場合の事を指し、トンさんの場合は治療と認識された方が良いと思います。

お父様の年齢や元々の体重がわかりませんが、高齢の方や細身の方であれば、一度栄養状態が悪くなり腸の機能が衰えれば、回復は難しく命に関わる話になります。

また痙攣止めの薬は何故服用されているのでしょうか?脳転移との関連はあるのですか?

まずはトンさんが病院に同行されて正しい情報を聞かれる事が大切です。
癌の治療を続けながら、食欲を戻せるのが一番ですが、両立が難しい場合もあります。その場合どちらを優先するかを選択するのはご本人とご家族ですから。




239 名前: トン 投稿日:2009/07/21(火) 20:41
>>237さん
お返事ありがとうございます。
脳についてはMRIで慎重に検査してもらっているようですので、
食欲不振の原因からは排除していたのですが…。
板以外になるとあれなので、
教えていただきたいことは山ほどありますが、
とりあえずくれくらいにしておきます。

>>238さん
お返事ありがとうございます。
脳の処置後、とりあえず目に見える?転移がないのになんでタルセバ?
と思っていたので、教えていただいて助かりました(ショックでもありますが・・・)。
あまりにタルセバの中断を渋る主治医だったので、
素人なりに調べたタルセバの予防薬としてエビデンスの微妙さ加減を
つっこんでみようかと思っていたのでとても尚更です。
ありがとうございます。
ちなみに父は「70歳・165センチ・65キロ」からの
半年での10キロ減というのが大まかなデータです。
今週中にも主治医と会えそうなので、
タルセバ継続を第一義にしつつ、食欲回復の方法を聞いてみようと思います。
…にしても、腫瘍マーカーの定義などを一度勉強する必要はありそうです。

お二方とも、今後ともよろしくお願いします。


240 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/03(月) 20:07
私の母は五年前に肺がんの手術をして医師に胸膜播種で余命六ヶ月と言われました
五年間元気に生き延びていた訳ではなく、そのつど肺水が溜まると取ったり頚椎に転移した所を放射線治療したり頭に出ればガンマナイフをやったりしていました
抗がん剤もジェムザールとイレッサを試しましたが副作用がひどく断念しました ここ一年はタルセバを服用してますが体調がよく主治医もビックリしていたのですが、そのタルセバが先月から効いてない事がわかりました
さっそくと言ってなのか頭に新たに出来てガンマナイフ二度目の入院となりました もうこれ以上何をすればいいのでしょうか?タルセバが効かなくなったら他に何があるんでしょうか?

241 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/03(月) 23:48
>240

一応、アリムタという点滴薬が五月に保険適用になり評判もよいのですが、脳転移には効かないみたいです。
イレッサ・タルセバのように脳転移にも効果が期待できる薬となると、その後継の治験薬を各社が開発中です。
下記はその一つです。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/iaslc2009/200908/511748.html

242 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/09(日) 13:38
一般的にタルセバは下痢や皮膚湿疹などの副作用があると聞きますが、
イレッサよりは副作用は弱いのでしょうか?
又、効く患者のタイプ、効かないタイプというのもあるのでしょうか?

243 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/09(日) 14:00
>イレッサ・タルセバのように脳転移にも効果が期待できる薬…

薬を服用しても脳にはブロックのような物がかかっていて、
一般的には薬が効かないということを聞いた事があるのですが、
(だから、脳に転移した場合今のところ放射線等の治療しかない…)
イレッサ・タルセバには、脳に転移してしまった後でも、
効く可能性があるのでしょうか?
どなたか、脳転移に詳しい方教えてください。


244 名前: 肺がん外科医 投稿日:2009/08/09(日) 15:50
>>242
タルセバの方がイレッサよりもこれらの副作用が強めに出る印象はあります。ただ、タルセバは
3種類の用量の製剤がありますから、用量を調節することで、イレッサも用量は1種類ですが、
毎日ではなく1日おき、2日おきなど間隔をあけることで副作用をコントロールできることは多い
です。

皮膚に湿疹が出る患者の方ががんに対する効果が出やすいことは知られています。しかし、
最も効果を予測するのに役立つのは、癌細胞のEGFR遺伝子の特定の変異の有無を調べる
ことと考えられており、変異がある方では7-8割ほどの率で効果が得られます。それは逆に
言えば変異があっても2-3割の方では効かないということです。また、イレッサに対する耐性に
つながるEGFRなどの遺伝子の変異も複数判明していますが、結局のところ、実際に効くか
どうかは使ってみないと分りません。

>>243
血流から脳の組織への物質の移行には関所があって、血液脳関門と称します。そのため体の
他の部位には薬の効果があっても脳には効果が出ないということがしばしば起こります。しかし、
イレッサのような比較的小さな分子はこの関所をくぐり抜けやすいとか、放射線治療などが先行
して行われていると、この関所が壊れてしまっていることもあるらしいとかさまざまな理由があって、
これも実際のところは使ってみないと分りません。

245 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/10(月) 15:39
>236 トンさんへ
>ガンマナイフ治療の効果が順調に出ている、、
とありますが
ガンマナイフ治療をされる前に、この副作用については理解されていたのですか、
トンさんの書込みには副作用については具体的に主治医と話し合った経過が見えないので
ガンマナイフも含めて治療することでのテメリット(副作用)を整理して、
その上で食欲不振の原因を主治医にたずねてみてはどうでしょう。

246 名前: 216 投稿日:2009/10/17(土) 21:48
私の事例を参考にして、希望と勇気をもつ方が一人でも増えることを願って書き込みます。
肺腺がん、細気管支肺胞上皮がんを左右両肺同時手術して3年後、多発した両肺の再発がんのうち、右肺細気管支肺胞上皮がんのみを再手術。
残りは抗がん剤(カルボプラチン、パクリタキセル)で治療を試みるも、骨髄抑制のため中止。
そして、タルセバをはじめて5ヶ月で、影が見えなくなり、そのまま10ヶ月が過ぎました。
医師の提示に従っただけですが、タルセバは劇的に効くことがあるから試してみる価値はある、という情報に大きく背中を押されました。
明日にでも何が起こるかわからない状況ですが、悩んだり迷ったりしている方の参考になればと思います。
ただ、副作用は皮膚科 眼科 泌尿器科による治療のほか、日光からの防護による皮膚障害予防、腹部加温による下痢予防、等日常生活で実行しています。
米国のネットの情報も大変参考になりました。4年間タルセバを服用している事例では、がんばる気持ちになりました。
最近は日本のネットにも参考になるものが増えました。
肝機能の低下はアレルギー薬の選択で防げたものと思います。
毎日の副作用との付き合い方も、少しづつ分かってかなり楽になってきました。
まだ副作用の全容はつかめませんが、副作用を克服して少しでも長くタルセバを続けることが、少しでも長く生きることに繋がると思っています。
タルセバが著しく効いた人の割合、最も長く効いた年数、等の情報を教えていただけませんか。
明るい情報も必要と思います。

247 名前: 216 投稿日:2009/11/24(火) 17:46
タルセバをはじめて16ヶ月過ぎました。
今月のCT結果は、がんと断定できない小さな複数の影が半年前と変わっていない。
明日のことはわかりませんが、今日までは希望をつないできました。
春から夏にかけて、連日、蕁麻疹がでていました。
アレロックで治療しようと数ヶ月試して見ましたが、自分には副作用が多く、
タルセバそのものを中断したい気持ちになっていました。
アレロックは自分には合わないものと判断し中止しました。
タルセバによる光線障害を予防するために、日光に当たらない、肌を露出しない、
目からの紫外線カットのためにUV400のゴーグルを着用する、つば広の帽子をかぶる、手袋着用、等を
かなり厳密に実行しました。秋になって日差しが弱くなったことも含め、紫外線カットと、
クラリチンの服用で紅斑(蕁麻疹=紅斑?)からはまったく解放されました。
いま、タルセバの副作用は皮膚乾燥、爪囲炎、眼瞼炎、時々下痢、が残っていますが、
プロペトと目薬とホットパックとで克服できます。
皮膚感染が起こればダラシンTゲルを使います。
そしてタルセバを続けることに抵抗はありません。
冬はタルセバの副作用が少なくしのぎやすい季節ではないかと思っています。

248 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/01/02(土) 19:33
216さん、タルセバの副作用に負けずがんばっておられる様子、使用を迷われる患者さんの参考になると思います。
今後も効果が続くようお祈りしております。

249 名前: 216 投稿日:2010/03/09(火) 10:41
同時多発の肺腺がんと細気管支肺胞上皮がん混在
 1A期 野口typeB→C 、手術2回、プラチナ製剤1回。
その後、タルセバ開始。
EGFR、K-RAS、ALK-4に関しては不明。
禁酒禁煙。サプリメントなし。
上記のような状況で、なぜタルセバが20ヶ月間効いているのか、さらに、今後どうなるのか、と日米のウエブサイトの情報をつなぎあわせて見ると次のようになりました。

1.  タルセバを始めたのが初期であった。
2.  同時多発肺腺がん及び細気管支肺胞上皮がんは悪性度が低く進行が非常に遅い。
3.  3年生存率は100%。
4.  上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異ががん発生に関与している可能性がある。
5.  2次変異が生じ耐性ができる。
6.  タルセバによる縮小は可逆的でいずれ再発する。が、5年効いている人もいる。
7.  脳、骨、他臓器、の転移を警戒する必要がある。が、骨転移が消えた例もある。

コメントをいただければ幸いです。


250 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/03/28(日) 21:39
開始が遅かったので216さんには無用な事かもしれませんが、経験談だけ。肺腺がんで母を亡くした者です。
ステージ4で発覚当時、骨転移による痛みがあり放射線で痛みはなくなりました。
プラチナ製剤使用後1年少しで耐性ができたようで、認可からほどなくタルセバ開始。最初はかなりの縮小に驚きましたが、これも半年ほどで耐性ができたようです。
タルセバ開始と同時に骨転移防止のためゾメタ(月1回の点滴)を使いました。

あと経験はないのですが、脳転移防止にはアバスチンとの併用がよいのではないかという記事を見かけた覚えがあります。真偽はわかりません。
脳転移後の放射線治療は、ガンマナイフより施設は限られますが、ノバリスの方患部以外に当たる部分が少なく、頭を固定する際のダメージが少ないように見受けました。
たいした情報でなくてすみません。今後もタルセバが効くように祈っています。

251 名前: 250 投稿日:2010/07/01(木) 00:05
70才主人ですが2006.9月肺癌(腺癌、脳転移)が見つかり脳はガンマーナイフで取り再発無し、腺癌は3クール抗癌剤をしましたがとれず定位放射線をして消えました。3年半転移もありませんでしたが2010、2月扁平上皮癌が見つかり4月定位放射線をして経過は良く消えましたが脾臓が腫れてるのと血小板が低いので検査をしましたら骨髄に扁平上皮癌がみつかりタルセバを飲むことになり入院しました.6月3日から1週間飲んだところで誤診でしたと誤られて退院しましたが納得がいきません、これからも
結果を見ながら治療をしなければいけないので不安です・・・相談する人がいませんコメントお願いします。

252 名前: 神足 守正 投稿日:2010/09/23(木) 09:54
タルセバを飲み始めて1年たちました。
あと何年生きれるかわかりませんが、感謝感謝の日々です。

253 名前: HH 投稿日:2010/09/27(月) 17:40
当方73歳。一昨年9月末、肺がんと宣告を受け、タルセバ、アリムタを使い丁度2カ年が経過しました。
2年間経過しましたので、感謝すべきですが。もう少し生きたい。幸いなことに、血液分析結果は常に問題は無く、今はタルセバで処置しております。
始めの一年はサリムタを使い、耐性が出来たのでアリムタに移り丁度1年使った所でまた耐性が出来、主治医の指示に従い、始めに使用したアリムタに戻されました。
初回使用したタルセバは100単位でしたが、今回2回目のし用品は150単位です。
一度耐性が出来て辞めた薬を再度使うことは効かがあるのでしょうか。
分かる医師の方がおられれば教えて下さい。



254 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/27(月) 20:12
イレッサローテーションと言う言葉でググってみ。世の中全ての抗がん剤が一度耐性しても効かなくなる訳ではなさそうだよ

255 名前: HH 投稿日:2010/09/29(水) 13:43
イレッサローテーションを教えていただきありがとうございます。当方はタルセバですが、同じような分子標的約であり、効果があると自らに言い聞かせております。情報有難うござ生ます。少し気分がらくになりました。


256 名前: 216 投稿日:2011/02/20(日) 11:29
お礼が遅くなりましたが、前回の投稿に対しコメントをいただきありがとうございました。
さて、タルセバを始めて2年7ヶ月です。BACが混在する多発の肺腺がんは4ヶ月で消滅したままですが150mgを100mgにして服用はつづけています。
ありがたいことに当面再発や転移もありません。
副作用は下記のような経過です。
一年目は湿疹、爪や指の割れ、下痢、目の炎症、動悸等の治療を色々模索してきました。
二年目は症状が軽くなり何とかコントロールできるように感じておりました。
しかし三年目は、皮膚障害(皮膚乾燥、手足の指の割れ目の炎症の長期化、脱毛)が加わり負担感が増えました。 
これらの副作用はプロペト、プロラノン、ディフェリン、亜鉛華、救急ばんそうこう等でしのいでいます。
タルセバを服用していると他の薬(たとえば造影剤とかステロイドの点滴)の副作用にも過敏になるような気がします。また白血球や血小板がいつも基準値以下ですので、抗生物質やステロイドの服用はその後の副作用があり、極力さけたほうがよいと思っています。

自分で注意しているのは、紫外線の防御のために日よけ帽子と手袋とUVカットのゴーグル、禁酒禁煙、コーヒーと香辛料は避ける、すっぱい食品や飲み物(梅、かんきつ類、グレープフルーツは不可)は量を控えめにする、大豆やさつまいものような下痢の引き金になるものは量を控えめにする、冷たいものは摂らないと同時に腹を保温する、就寝前のタルセバ服用は避ける、等です。

副作用は繰り返しているうちに通常軽くなっていくものと理解していましたが重くなるのは何か要因があるのでしょうか。

タルセバの血中濃度によって服用量を調節すれば、最大の効果と最小の副作用について個々人の条件を見つけられるのではないでしょうか。
副作用のせいで服用を中断することも減らせ、ひいては助かる人も増えるのではないでしょうか。
タルセバに関してこのような考え方はないのでしょうか。
コメントを頂ければ幸いです。


257 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2011/03/14(月) 06:03
256 216様
私は、縦貫リンパ節転移がんに対して、放射線+抗がん剤治療(シスプラチン・ナベルビン)
4クールを終えたところです。
来月からは、アリムタの4クール追加が始まります。その後、肺がんのラジオ波焼灼治療
という予定になりそうです。
タルセバは、聞かないタイプの遺伝子のようです。抗がん剤は、何であれ同様の副作用が
生じますね。シスブラチンとナベルビンでも、手の指先は荒れています。簡単に切れます。
症状は、大なり小なりで人によって違うでしょうが、副作用は我慢しないで主治医には
気付いたことを報告するのが良いと思います。
状況によって、攻め方を変えれば良いのです。

258 名前: 216 投稿日:2011/03/21(月) 14:13
257様
治療の成果が出るとよいですね。
お説の通り、いかに状況適応していくかでQOLは大きく左右されることはたびたび体験しました。
私の場合、幸運であったのは、治療の経過によって10人を超える医師に順次お世話になったのですが、その中にはテレビで放送された有名な先生や若い先生もいらっしゃいますが、非常に誠実で信頼できる先生ばかりだったことです。
医師から多くのことを学んだのですが、その中のひとつに、「医師任せでなく、患者自身が主体性を持つ」ということがありました。
タルセバの副作用は注意深く自分を観察していれば気がつく程度のことがたくさんあります。医師にはすべて伝えますが、最近は抗生物質やステロイドはあまり処方してもらわなくてもすむようになりました。
他の薬への過敏、食物への過敏、紫外線への過敏等自分が気が付くことが最初の一歩と思っています。


259 名前: 250ヒデ 投稿日:2011/03/25(金) 19:59
昨年7月投函しました250です
腺癌、脳はガンマーナイフ、定位放射線できえたのですが昨年7月に見つかつた扁平上皮癌
はタルセバ、定位放射線、抗癌剤ドセキタルとしましたがよくならず
リンパ節に入り今年になり呼吸をするのが苦しい日つづき3月10日入院する事になっていた日に
救急車で運ばれ呼吸困難で苦しみ病院で亡くなりました。
2日前に診察をし在宅酸素を家に入れたばかりでした。
色々ありましたが前の日まで家族と少しのお酒と食事ができ突然でしたが
家で過ごせたので良かったのかな・・・悔いはのこりますが
余命2年と言われ5年頑張りました。最後の診断は癌性リンパ管症でした。
投函はしませんでしたがレスを読ませていただき助けられました。有難う御座いました。

260 名前: むねぼう 投稿日:2012/04/30(月) 08:04
私も、タルセバを服用中。当初2週間は、下痢、吐き気、胸やけ等に悩まされました。
6週間目に、癌が50%萎縮していました。その後は、下痢、吐き気、胸やけ
等の副作用は収まりました。新たに、皮膚の乾燥が始まり、体温が上昇すると
かゆみが、全身に出て来ます。水分を補給し、体を冷やし体温を下げると、この
かゆみは、収まります。50%の萎縮後6週後は、同癌は、現状維持です。
2週間後に又CTにて癌の大きさを調べる予定ですが、又少しでも萎縮して
くれていることを、祈っています。タルセバは、良い薬と思います。

261 名前: 神足守正 投稿日:2012/10/29(月) 07:57
252 削除してください。

262 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/11/01(木) 06:21
>>261
 削除は、削除依頼ですよ

263 名前: よし 投稿日:2017/02/08(水) 13:00
私は癌性胸膜炎で昨年11月末に入院し胸水が溜まっていたため年明けの1月に水を抜き癒着術をしました癒着術は背中から脇腹の方は着いたのですが胸の方はまだ上手くいかず胸水が溜まったままです12月からタルセバも服用し進行性の癌も横這いだと先生に言われました150㎎のタルセバですが薬代が高額な為2月で治療を止めるつもりです止めた時の余命だいたいでいいです教えてください、ちなみに最初の診断は癌性胸膜炎でステージ4 だと言われました。



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]