がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>上咽頭の腺癌

1 名前: ウサコ 投稿日:2007/07/03(火) 23:53
父(55歳)が大阪市内の病院にて上咽頭癌が原発の腺癌と診断を受けました。
両方の首のリンパ節と腹部のリンパ節に転移しているそうです。
現在受診中の病院では、上咽頭の腺癌での症例が殆どなく、
明確な治療法がない状態だそうです。
抗癌剤のみでとりあえず治療を行い、様子を見るとのことです。
ほかの上咽頭癌の方は放射線治療で、回復されている方もいるなか
なぜ抗癌剤のみなのかとの不安があります。
(もちろんお医者様にも確認したところ、腹部のリンパにも転移しているので
放射線治療はもう出来ないと言われました。
けど首だけでも治療できないのかと素人考えで思ってしまいます・・・)

同様の症状の方はいらっしゃいますでしょうか?
また、治療法や体験談など些細なことで結構ですので、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたがお教え願います。


2 名前: 2 投稿日:2007/07/08(日) 14:02
上咽頭の癌の多くは扁平上皮癌や未分化癌で、
腺癌は珍しいため治療経験のある病院が少ないです。
市中の一般病院にかかっておられるのなら、いちど、
成人病センターなど 癌治療を専門にしている所にも
相談されてはいかがでしょうか。
腺癌(系)の中でさらに細かい分類もあり、種類によって
進行の早さなどが異なるため、治療方法については
医師によって意見が分かれることが少なくないと思います。

上咽頭は手術が難しい(後遺症が大きくなる)のと、
ほとんどが扁平上皮癌など放射線がよく効くタイプのため、
手術は第一選択になりませんが、腺癌にはふつうの放射線
(X線・リニアック)が効きにくく、手術で根治を目指せる
場合は手術優先となるようです。
しかし、遠隔転移があると原発への手術・放射線だけでは
治すことにならないため、全身治療である抗がん剤をまず行う
ということではないでしょうか。
ただ、放射線にも、サイバーナイフ・粒子線など、
限られた病院でのみ行われている方法があり、リンパ節転移の
治療のめどが立てば、可能性として考えられるのではないかと
思います(お医者様にお聞きの通り、放射線は局所治療
ですので、複数箇所に転移がある場合は、原発への照射だけでは
対応しきれないわけですが)。

抗がん剤治療でリンパ節・原発ともに進行がおさえられ、
あらためて治療方法を検討できる状況になる
一番よい状況なのでしょうが、腺癌にはコレという決め手になる
抗がん剤がまだ見つかっていないようです。 臨床試験を
含め、試行錯誤の段階と思います。 
副作用対策など よく相談できる病院で治療されることも大事かと思います。

3 名前: ウサコ 投稿日:2007/07/10(火) 01:04
2さん、ありがとうございます。

実は市内の病院とは成人病センターになります。
そちらで上記の診断を受けました。
抗癌剤治療については、成人病センターのベッドが空くのに
1ヶ月前後かかるらしく、別の病院で治療を予定しています。
(お医者様からも、今回の病状の場合、使用する抗癌剤は
どこでも同じだから病院によって格差はないですと言われました)

サイバーナイフ・粒子線は今まで聞いたことがありませんでした。
少し調べて、担当の先生にも、今度相談してみようと思います。

あと、リンパに移転していることからも、体全体の癌の根治は
難しいとは、確かに思うのですが、せめて首だけでも治せないかと・・・。
やはり脳に近いところなので、脳移転が心配です。




4 名前: 2 投稿日:2007/07/10(火) 18:53
ウサコさん、こんにちは。 そうでしたか。
診断が確かであればまずは良いスタートをされたわけですね。
(...と思って元気を出してくださいね!)
ひとまずは抗がん剤が効いて、腫瘍が小さくなるのが一番ですね。 
脳転移は、首のリンパ節経由よりは原発に近い血管などのほうが
問題になるのではという気がします。 原発がおちついているなら
とりあえずあまり心配しなくてよいのかも?






5 名前: ウサコ 投稿日:2007/07/10(火) 23:43
2さんがおっしゃる通り、抗がん剤が効く事を祈ります。
励ましのお言葉、ありがとうございます。

殆ど症例のない癌のようなので、出来る限り色々な治療法を、
こちらから先生にお願いしてみたいと思います。

ちなみに原発自体は1cm位で、症状が出るほど大きくはないみたいです。
それなのに体中のリンパに転移してしまうなんて・・・
そのせいで、色々な科の先生から「リンパ腫じゃ?」と言われた
位です。最終的には血液内科の先生からリンパ腫の可能性は
限りなく低いとの診断でした。

こんな症状の方は、やっぱり父だけなんですかね。
どなたか同じような方が居ればいいのですが・・・

6 名前: 2 投稿日:2007/07/11(水) 14:27
ウサコさん、例がないということは心細いものですね。
でも、珍しいことと病気の重さは別ですし、
薬の効き目が不明といっても、それだけにだけに、
むしろ「珍しく良く効いたね!」ということもあるかも
知れないのですから、おなじ治療するなら、楽観的に
向かわれると良いと思います。

珍しいということに利点があるとすれば、先生方にもこれという
決まり手がないだけに、患者側の意見が受け止めてもらいやすい
ことかもしれません。 なにかと選択しなければならない
場面は出てきますが、その都度 率直に話し合える先生だと
いいですね。

がん治療は誰にとっても、いくらか予測不能なものの
ようです。 同じ状態の方がいても同じ治療とは
限りません。 専門病院なら家族相談室のような
窓口もあるのではないでしょうか。 ご家族の不安も
この病気の「症状」のようなものだと思います。 どうぞ
遠慮なくご自身のケアもお求めになってください。



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]