がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>虫下し薬が「がん」に効く?

6 名前: 名無しさん 投稿日:2009/09/05(土) 13:04
・関連情報・
哺乳類のミトコンドリア内でも回虫と同じく嫌気呼吸系がある。
http://ganjoho.ncc.go.jp/pro/taigan/result/pdf_17/28.pdf

哺乳類のミトコンドリア内でも回虫と同じく嫌気呼吸系がり、これを前提に、
ピルヴィニュームパモエート(※コハク酸⇔フマル酸代謝の嫌気呼吸に関係する
酵素活性を選択的に阻害する駆虫剤)が、低酸素下でも増殖するがん細胞に
有効なのではないかという考察。

ゲムシタビン、タキソール、ヴィンクリスチン、カンプトテシン、アドリアマイシンの
細胞毒性をヒト膵臓がん細胞において約1000倍に増強させる ギガマイシン と同様の
効果を示すものとして、ピルヴィニュウムパモエートなどが同定されている。

従来、がんの栄養飢餓耐性解除に着目した新規抗がん剤で、抗腫瘍性を確認していたのは、
ギガマイシンDとピルヴィニュームパモエートであった。

がん細胞の呼吸については、「世界は分けてもわからない」という新書に、実験の様子など
興味深く書かれている。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]