がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>NK細胞療法について

87 名前: おうジョーダン 投稿日:2013/05/14(火) 22:44
父の肺ガン摘出手術後「癌は全て取ったと思います」と外科医よりの説明後約1年で脊髄転移が
見つかり放射線治療終了後、イレッサによる治療の効果があり先日退院しました。
主治医からはイレッサ投与前は2年での余命宣告をされたがイレッサ投与後はかなり効いている
との説明により退院後も飲み続けるようです。主治医から転移したら治療する旨の「待ち」の
説明をされ、あまり納得がいかず転移する前の予防治療として免疫細胞治療の可能性を期待し
ております。
今の状況で同治療を受けたほうが癌を抑制する可能性が広がるのか、イレッサが効いている状況
では必要ないのかご教授頂けませんでしょうか?
いずれにしても「待ち」の対応で再発後、取り返しが付かない状況を回避したいので。
よろしくお願いします。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]