がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>看護は誰のため?

1 名前: 一人娘 投稿日:2006/07/18(火) 18:38
 先月、父を亡くしました。
父のおかげでいろんな事を学びました。
父は、悪性の肝細胞癌でした。
癌が見つかる一ヶ月前に私が結婚をして、実家から高速道路で2時間かかる距離の所に嫁ぎました。
最初は、なんでと神様を恨んだりしました。
やっと、両親に残りの人生をふたりで穏やかに暮らしてもらえる、そう、思っていたのに。

 看病中、ずっと自分に言い聞かせていたことがあります。
それは、父がどのような形にしろ、自分と父が後悔のないようにしようと。
どんなに看護のための通院がつらくても、父が、生きようと戦っているのだから、私も、戦う。
父の人生なのだから、私は、父の望む形を支える。
そう思い続けました。
父は、退院してもう一度母と店を開く、という夢を最後まで持ち続けがんばっていました。
 緩和治療に早くから踏み切っていれば、父も何か家族に言いたいことが言えたのかなぁ、とか思うこともあります。
でも、この一年の闘病生活、私は、後悔してませんし、父もきっと、後悔していないと思います。
 「病室でいろいろ話せたもの・・・・ね、お父さん。」

今、病気の親を抱えてる方にどうしても言いたくて投稿しました。
いろいろな家庭事情があると思います。
ずいぶん阿修羅のような発言だとは思います。
でも、でもね・・・
どうか今しかないことを肝に銘じて欲しいんです。
なんだかんだと理由を付けて、看病・看護から、お見舞いから遠のいていませんか。
もし、そうだとしたら、私は、とても悲しいです。そういう家族を病院で沢山、聞きました。
私の父はもう、いないんです。でも、みなさんのご両親は、まだ、元気でいらっしゃる。
だから、御願いです。大切にしてあげてください。
一日でも長く生きただけ、医学も進歩しているんです。明日、特効薬が生まれるかもしれないんです。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]