がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>癌と闘う!フリーソフト

6 名前: 名無しさん@がん掲示板 投稿日:2003/03/26(水) 12:37
2003.3.25 米国Sloan-Kettering記念癌センター、喫煙者の肺癌発症確率予測ツ
ールを開発

 米国Sloan-Kettering記念癌センターはこのほど、喫煙歴がある中高年者が、今後10年間に
肺癌を発症する確率を算出するソフトウェアを開発し、ホームページで公開した。年齢、性別と喫
煙年数、1日当たりの喫煙本数などを入力すると、たばこを吸いつづけた場合と禁煙した場合の
「肺癌10年発症率」が表示される。

 このソフトウェアを開発したのは、同センター健康予後研究グループのPeter B. Bach氏ら。長
期喫煙者(禁煙者含む)およびアスベスト曝露者を対象とした介入試験「CARET」(the
Carotene and Retinol Efficacy Trial)のデータを基に、喫煙歴がある人の肺癌10年発症率を算
定する計算式を作成した。

 「CARET」のデータからは、同じ「喫煙歴がある人」でも、肺癌の10年発症率は年齢や性別、
喫煙指数、禁煙年数などで大きく異なることが判明。肺癌のCTスクリーニング試験への参加者
データを用いた検証で、計算式の精度が高いことが確かめられたという。

 ソフトウェアの適用対象は、年齢が50?75歳でたばこを1日10?60本、25?55年間吸ってお
り、現在喫煙中または禁煙してから20年以内の人。ただし、日本人の場合、人種や大気汚染
など環境要因の違いにより、肺癌発症に及ぼすたばこの影響は米国人の数分の1と報告され
ている。こうした点に配慮は必要だが、たばこを吸い続けた場合、禁煙した場合の肺癌発症確
率が数字で呈示されるツールは、日常臨床で十分役立ちそうだ。

 ソフトウェアに用いられている計算式に関する論文は、「Variations in Lung Cancer Risk
Among Smokers」。Journal of the National Cancer Institute(JNCI)誌3月19日号に掲載され
ており、アブストラクトは、こちらまで。
ソフトウェアは、こちらから入手できる。
http://www.mskcc.org/mskcc/html/12463.cfm

http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/tpic/238074


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]