がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>末期がん患者に対する大病院の医師達

11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/22(金) 09:38
父は約5年前、肝臓がんの手術を受けました。

その後、脳梗塞で倒れましたが、日常生活に支障なく暮らしていました。

父は、2か月に1度で外来で診察を受けていて、治して頂いた病院に感謝していました。

ところが半年前、診察の際に体の不調を訴えていたそうです。

しかし、夏バテやら風邪やら言われ、「体調が悪くなったら来てください。」

「お薬出しておきますね」などと言われ帰されたといっていました。

つい先日、咳が止まらずに苦しくて仕方がないからと、

かかりつけの病院に行ったところ、ようやくレントゲンを撮ってもらい、

癌の多発転移がわかり、うちの病院じゃ治療できないから、

ほかの病院に行ってくださいと言われたそうです。

紹介所を手渡された父は、衰弱しきった体で紹介された病院に行ったそうです。

そちらの病院でも、いい返事はもらえないかったようですが・・・即入院しました。

肺に水がたまっているからと肺から水を出すためのチューブをいれてもらい、

食べ物は受け付けず、左半身は腫瘍で腫れ上がっていました。

背中にはピンポン玉ぐらいの腫瘍とおもわれるデキものが体から突起していました。

私は、父と一緒に暮らしていなかったので、気づいてあげつことができませんでした。

悔しくてしかたがありません。

2か月に1度通院していたのは、経過観察だと信じていましたし、癌が再発したら

スグに気づいていただけるものだと思っていました。

後悔先に立たずです。父の余命は1か月です。




  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]