がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>骨腫瘍-余命3ヶ月 助けて下さい。

78 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2014/10/02(木) 11:29
 81歳の男性です。37年前に右骨盤腫瘍を患い、患部を切除しました。骨盤をとったので
ので左足一本の案山子姿になったわけですが、その後会社に復帰することもできて、小学
3年生だった長男をふくむ3人の息子たちを無事成人させることがかないました。
 京都の大学病院で腫瘍が見つかったとき余命6ヶ月と診断されたのですが、ある先生の
すごい努力で一命をとりとめることができたのです。たまたま私が余命いくばくもないこ
とを知っていたので、その先生は病についてまったく隠し立てをしませんでした。そのとき
知らされたのは、その病院での骨盤腫瘍手術は1例あるだけで、それも手術時の出血多量
で失敗している、だから手術するにはこれからその方法を勉強するしかないということで
した。ひと月半ほどの間だったと記憶しています、その先生は懸命に勉強してくれました。
その間、私の病状も進み、患部がどんどん大きくなってゆくのが分かりました。勉強を終
えた先生は万全の準備をして手術に臨んでくれました、先生はテニス仲間である外科医と
泌尿器科医にも立ち会いを求めていました。大きな出血なしに手術が無事に終わった後、
先生はニコニコ笑いながら「これで私は責任を果たしました。こんどはあなたが責任を果
たす番ですよ」と言いました。それは社会人として自立し子供をしっかり育てなさいよと、
私に言っているのでした。最小限限度の責任は果たせたのではないか、そして少しは先生
のご努力にお応えできたのではないか、いま私はそう思っています。
 このコーナーを読ませてもらうと、名医に出会えたこと、腫瘍が良性だったことなど、自分
がどれほど幸運だったかがよく分かります。したがって私の経験をここに書くことに意味が
あるのかと迷いますが、「こんなこともあるんだ、もう少し頑張ろうか」と思っていただける
方が少しでもおられればと考え、投稿しました。
 





  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]