がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>明細胞腺癌でも妊孕性を残しました。

51 名前: さるぼん 投稿日:2018/02/09(金) 01:36
2009年の頃を初めに書き込ませていただきましたさるぼんです。

1年以上も経ってしまってもう見ていらっしゃらないと思いますが、
私も右卵巣のみの摘出のため、大網は切除していません。

2009年に手術を行い、明細胞腺癌1a期(微量にあった腹水からは
癌細胞出なかったため)抗がん剤(CPT-P療法)6クール行いました。
(途中スキップあり)

現在は手術と治療を行った大学病院で紹介された病院で
6か月ごとの検診を受けています。
基本的にマーカーと超音波は毎回で、どちらかが子宮頸がんの細胞診、
もう片方が体癌の検査になります。

大学病院に通院のころの2012年に妊娠がわかり、
同じ病院で出産いたしました。

ひかり様の2017年の書き込みを拝見して嬉しくなり、
久しぶりに書き込ませていただきます。

先日の検診で先生と話をしていたのですが、
私が妊孕性温存をした2009年からだいぶ経ちましたが、
今もまだ、先生方は「積極的には」明細胞腺癌の1aの妊孕性温存を
取るスタンスではないようです。先生がおっしゃるには
まだ「後ろ向きな」姿勢だそうです。(否定的な意味ではなく、
症例的にできないことはないけど、みたいな。積極的に
勧めていないという意味・・うまくニュアンスが伝わらずすみません)


「前向き」な姿勢になるために、ここ最近ようやく明細胞腺癌の
1a期でも妊孕性を残せるようになるための臨床試験が始まったところで、
このさき結果がでるまで10年単位で時間がかかるだろう、ということでした。

今をすでに生きている私たちには、歯がゆい思いにしかならない
スピードですが、一応少しずつ何かは進んでいるようです。

たぶん今現在も明細胞腺癌の告知を受け、妊孕性を残すか残さないか
選択で悩まれている方がいらっしゃることだと思います。

ここの掲示板はとても貴重だと思いますが、ここで
「妊孕性を残している人がいるから大丈夫」、「妊娠もしているから大丈夫」、
ではなく、人それぞれ癌の状態、体の状態は異なると思うので、
医学的に不安な部分は必ず専門の先生のお話を聞いて、
家庭内の悩みはご主人をはじめご家族と話し合って、
最後はちゃんと自分の気持ちと自分の体の事実と向き合って
ご自身で決めて頂けたら、と思います。

うまくまとまらずにすみません。

自分自身も含めてですが、みなさんがご自身にベストな判断が
できますように。




 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]